グレイの親子会話

サイゾウ

[サイゾウ]
グレイ。▼
[グレイ]
なんだ、父さん。▼
[サイゾウ]
賊を倒したら、
一緒に祭りを回らないか。▼
お前の望みの屋台に
付き合ってやらんでもないぞ。▼
[グレイ]
は? どういう風の吹きまわしだよ。
頭でも打ったか?▼
[サイゾウ]
そう思うのも無理はない…
しかし今日は子どものための祭り。▼
俺も今日ぐらいは父親らしく
子に付き合おうというのだ。喜べ。▼
[グレイ]
物言いは偉そうで腹立つが、
まあ気持ちは有難い…のか?▼
けど俺は祭りが再開したら、
甘いものの屋台を片っ端から回るつもりだ。▼
父さんが一番嫌がる計画だ。
全然楽しくないと思うが?▼
[サイゾウ]
くっ…!
まあ、たまにはいいだろう。▼
[グレイ]
なに? たまにはって…
父さんも甘いものを食べるってことか?▼
[サイゾウ]
そうだな…覚悟はしてきた。▼
[グレイ]
…………▼
父さん、何か裏があるだろ?▼
[サイゾウ]
いや…裏などない。▼
俺たち親子は互いにいろいろとあり、
語り合う時間を見い出せずにきた。▼
だから、この祭りを機に
お前と腹を割って話したい。▼
…ふと、そう思ったのだ。▼
[グレイ]
本当に、父さんにしちゃ珍しいな。
この祭りの雰囲気のせいか?▼
珍しいついでに、今日は甘味を食べる父さんを
目に焼き付けておくことにするぜ。▼
リンゴ飴を食す父さん。
わたあめをむしりとる父さん。▼
団子に舌鼓を打ち、
栗の甘露煮を口に運ぶ五代目サイゾウ…▼
[サイゾウ]
……うっぷ。▼
[グレイ]
想像するだけでキツいんじゃねえか。
やっぱやめとけよ。▼
父さんが途中で嫌になるのは明白だから、
俺は今のうちに腹を割って話しておくぜ。▼
[サイゾウ]
…わかった。
言ってみろ。▼
[グレイ]
…………▼
礼を言うぜ、父さん。
俺がここまで育ったのは、両親のおかげだ。▼
あんたは名取だの何だのうるさいが…
子を愛してくれてる気持ちは本物だ。▼
感謝してるって…
一応、伝えておく。▼
[サイゾウ]
…グレイ。▼
[グレイ]
なんだよ、嬉しさのあまり泣きそうか?▼
[サイゾウ]
たわけが。
俺は目から塩水を垂れ流したりはしない。▼
だが…
今の言葉は素直に受け取っておく。▼
子からの最大の賛辞だからな。▼
[グレイ]
…ああ。▼
じゃ、そろそろ賊を倒しに行けよ。
俺の言いたいことはおしまいだ。▼
[サイゾウ]
おい、俺はまだ腹を割って話していないが?▼
[グレイ]
俺が息子で嬉しいとか、
立派に育ったとか、そんなんだろ?▼
あんたの気持ちは聞かなくてもわかるさ。
一応…親子なんだからな。▼
[サイゾウ]
ふっ…生意気な口を。▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[グレイ]
母さん、ちょっといいか。▼
[フェリシア]
はい、なんでしょう。▼
[グレイ]
これ、屋台で買っておいた。
たこ焼きとリンゴ飴だ。▼
[フェリシア]
あら、私にくれるんですか?
どういう風の吹きまわしで?▼
[グレイ]
今日は親の成長を願うお祭りなんだろ?
だから、俺からの気持ちだ。▼
[フェリシア]
いえ、グレイ…▼
今日は親の成長を願うのではなくて、
子どもの成長を願うお祭りですよ?▼
[グレイ]
えっ?
そうだったっけ?▼
[フェリシア]
そうですよ…既に育ちきっている
親の成長を願ってどうするんです。▼
全く、グレイはおっちょこちょいですね。
もっとしっかりしてください。▼
[グレイ]
母さんに言われたくないな。
ていうかこれ、母さんの血だぜ。きっと。▼
[フェリシア]
ま、まぁ…
それは確かだと思いますけど…▼
[グレイ]
まあいいや。▼
とにかく、たこ焼きとリンゴ飴は
もらっておいてくれ。▼
たこ焼きが母さんで、リンゴ飴が父さんだ。
父さんには母さんから渡しておいてくれよな。▼
[フェリシア]
…………▼
…サイゾウさんに甘いものですか?
ものすごーく嫌がられると思いますよ?▼
…あっ、それともわざと?
父親に対する嫌がらせですかっ!?▼
[グレイ]
はわわわわわわわっ!
違う、違う!▼
ま、間違えただけだ!
たこ焼きが父さんでリンゴ飴が母さんな!▼
[フェリシア]
それなら大丈夫でしょう。
たこ焼きなら食べてくれそうですね。▼
[グレイ]
んじゃ、頼んだぞ。
俺は戦闘に戻る。▼
[フェリシア]
はい、わざわざ気を遣ってくれて
ありがとうございました。▼
もう、あの子のおっちょこちょいにも
困ったものですね…▼
…………▼
…な、なんでしょう。
なんだか変な胸騒ぎがしますね。▼
念のため…▼
はわわわわわわわ!
たこ焼きにハチミツがたくさん!▼
いったい、どういうドジな注文したら
こうなるんでしょう…▼
…………▼
…これはサイゾウさんには渡さず、
私だけでいただいちゃいましょう。▼

リンカ

[リンカ]
聞くがいい!
祭りを襲う賊どもめ!▼
あたしの名前はリンカ!
誉れ高き炎の部族の族長の娘!▼
何人でも束になってかかってくるがいい!
あたしは逃げも隠れもしないぞ!▼
[グレイ]
…母さん、
別に名乗りを上げなくてもいいんじゃないか?▼
[リンカ]
なぜだ、グレイ?
戦時に名乗りを上げるのは普通のことだぞ。▼
そうだ。お前も名乗ってみればいい。
体に猛々しい気が満ちてくるぞ。▼
[グレイ]
いや、母さんみたいに
派手に名乗ったら忍べないし…▼
[リンカ]
忍ぶ必要などない。
敵には正面からぶつかっていけばいい。▼
[グレイ]
いやいや。人にはそれぞれ
自分に合った戦い方があるんだって…▼
俺は小さいときから
父さんに忍びの心得を教わってたからな。▼
[リンカ]
なるほどな。
幼少時の教育はずっと残るというからな。▼
[グレイ]
ああ、そういうことだ。▼
[リンカ]
なら今から、あたしがグレイに
炎の部族の戦い方を教えてやろう!▼
[グレイ]
え? い、今から?
なんでまた急に…▼
[リンカ]
…ずるいではないか。サイゾウだけ。
お前はあたしの子供でもあるんだ。▼
あたしの魂もお前の内に宿したい。
だから、今から教えるぞ。▼
[グレイ]
…ふっ。
そういうことなら断るわけにもいかないか。▼
[リンカ]
では、まずは名乗りを上げてみろ!
雄々しく! 猛々しく! 力いっぱいに!▼
[グレイ]
わ、わかった…▼
お、俺の名はグレイ!
炎の部族の母さんの子だ!▼
[リンカ]
ふふっ。さすがあたしの息子。
初めてにしては上出来だ。▼
[グレイ]
母さん、そんなに嬉しそうな顔して…▼
これからは母さんからも
色々と教わりたいと思うよ。▼
一緒にいられる時間は…
秘境で暮らしてたときよりもあるんだからさ。▼
[リンカ]
ああ。
そうだな、グレイ。▼

サクラ

[サクラ]
グレイ、大丈夫ですか?
あまり無理はしないでくださいね。▼
[グレイ]
心配するな、母さん。
俺なら大丈夫だ。▼
それに、
いつも無理をするのは母さんの方だろ。▼
仲間を治療するためなら
敵が群がる前線にも平気で行ってしまう。▼
[サクラ]
そ、それはその…
気をつけてはいるのですが…▼
[グレイ]
父さんも言っていた。▼
母さんは怪我をしている人を見ると
絶対に放っておけない人だってな。▼
父さんと初めて2人きりになったときも
そんな状況だったんだろ?▼
追っ手がくるかもしれない緊迫した中で
母さんは父さんを治療したって聞いてる。▼
[サクラ]
そうですね…
あのときもそのような状況でした…▼
私、ダメですね…
みなさんに心配ばかりかけてしまって…▼
[グレイ]
いや、そんなことはない。▼
俺も父さんも仲間たちも…
母さんのそんなところを尊敬してるんだ。▼
怪我をしている人のためなら、
どんな危険な状況も恐れない…▼
そんな勇気を持った、母さんのことをな。▼
[サクラ]
グレイ…▼
[グレイ]
だから、母さんは安心して
仲間の治療のことに専念しろよ。▼
母さんのことは…
俺が絶対に守ってやるからさ。▼
[サクラ]
ありがとうございます…!▼
本当に…優しい子に育ってくれて、
私は心から幸せです。▼
そうだ。戦いが終わったら、
一緒に甘いものの屋台でも回りましょう。▼
私、グレイが好きそうな和菓子の屋台を
沢山見つけてあるんですよ。▼
[グレイ]
お、流石は母さんだな!▼
俺も母さんの好きそうな団子を売ってる店、
いくつか目星を付けてある。▼
それから果実を固めた飴と、わたあめと、
栗の甘露煮と…▼
[サクラ]
うふふ…グレイ。
それは自分が食べたいんでしょう?▼
甘党なところは、
私に似ちゃったんでしょうか。▼
[グレイ]
父さんがああいう嗜好な以上、
確実にそうだな。▼
だが俺はそのことを嬉しく思ってる。
甘味を楽しめないなんてごめんだぜ。▼
戦いが終わったら思う存分楽しもう、母さん。▼
[サクラ]
はいっ!
甘いものなら、いくらでも食べちゃいますよ。▼

アクア

[アクア]
グレイ。
賊を倒したら歌の練習をしない?▼
[グレイ]
いや、いい。
また今度にしようぜ。▼
[アクア]
また今度って…
あなた最近、そのセリフばっかりじゃない。▼
[グレイ]
………▼
ずっと言い出しにくかったが、
はっきり言うと、もういいかなと思ってる。▼
[アクア]
もういい?▼
歌に興味があるから
教えてほしいって言ったのはあなたよ?▼
[グレイ]
ああ。まあ、そうだけど…▼
[アクア]
あなたが「愛の歌」を唄いたいっていうから、
楽譜も用意したのに…▼
[グレイ]
いや、母さん。▼
それは違うぜ?▼
俺は「甘い歌」を唄いたいって言っただけだ。▼
[アクア]
ええ。だから「愛の歌」でしょう?▼
[グレイ]
「甘い歌」だよ。▼
[アクア]
えっ?▼
[グレイ]
あーもう、違うんだよ!▼
俺は、飴とかまんじゅうとか、甘いものが
たくさん出てくる歌をうたいたかったんだ。▼
でも母さんが出してくる課題曲は、
みんな愛がどうのこうの言うものばかりで…▼
俺、ちっとも楽しくなかったんだ。▼
[アクア]
…あ、ああ!
甘い歌って、そういう意味だったの!?▼
[グレイ]
そうだよ。俺が言う「甘い」に、
それ以外の意味があると思うか?▼
まあ、言い出せなかった俺も悪いけどさ。▼
[アクア]
まさかそういうことだったなんて…
ずっと、恋人同士の甘い雰囲気の歌だとばかり…▼
じゃあどうかしら? 賊を倒したら、
お祭りにある甘いものをモチーフにして、
二人で作詞作曲するの。▼
[グレイ]
お、いいね。▼
[アクア]
じゃ、祭りが再開するまでに詞を考えておいて。
私は曲のイメージを作っておくから。▼
[グレイ]
わかった。
なんか、久々にやる気が出てきたぜ、母さん!▼
[アクア]
ふふ、よかったわ。▼
[グレイ]
さて、どんな詞にしようかな…▼
綿あめはーふわふわふわふわ雲のようー♪▼

カザハナ

[グレイ]
母さん、偵察してきたぜ。
一番強い賊は、あそこにいる、あいつだ。▼
[カザハナ]
ふーん、あいつね。
ありがとう、グレイ。▼
はい、報酬のリンゴ飴。
屋台で買っておいたよ。▼
[グレイ]
何だよ、1個かよ…▼
[カザハナ]
それじゃあたしは、あいつに戦いを挑みにいくよ。
母さんの戦いっぷり、見ててよね。▼
[グレイ]
…ちょ、ちょっと待った。
やっぱり俺があいつと戦ってもいいか?▼
[カザハナ]
は? なに言ってんの?
ダメに決まってるでしょう。▼
偵察を依頼したのはあたしだよ?
報酬だって払ったでしょう?▼
[グレイ]
確かにその通りだ。
少ないが、報酬ももらった。▼
…でも、俺もあいつと手合わせしたい。▼
強そうな奴を見ていると、
手合わせしたくて仕方なくなってくるんだ。▼
[カザハナ]
まったく…いい加減にしてよ…▼
[グレイ]
強い奴と手合わせしたくなるのは
母さん譲りの性格だ。仕方ないだろ。▼
[カザハナ]
じゃあ言わせてもらうわ。▼
あなたにあいつと
手合わせする資格はあるの?▼
[グレイ]
どういう意味だよ…▼
[カザハナ]
強い者と手合わせできるのは、
本当に強い者だけなの。▼
[グレイ]
待った。
俺は強くないって言うのか?▼
[カザハナ]
さあ、どうかな。▼
[グレイ]
くっ…▼
…………▼
…わかったよ。
確かにその通りだ。▼
あいつは母さんに譲る。
本当に一番強いのは母さんだからな。▼
[カザハナ]
えっ?▼
[グレイ]
…母さん。
祭りが再開したら、俺と手合わせしてくれ。▼
この条件をのんでくれるなら、あの賊は譲るぜ。▼
[カザハナ]
…………▼
あなた、大人になったね。
軽く感動しちゃったよ。▼
以前のあなただったら、意地でも
手合わせの相手を譲らなかったと思う。▼
[グレイ]
あはは、確かにな。▼
[カザハナ]
わかった。賊を倒したら、
心を込めて手合わせしてあげる。▼
成長した姿を見せてよね。▼
[グレイ]
ああ、楽しみだ!▼
さあ、行けよ母さん。
絶対に勝ってくるんだぜ!▼
[カザハナ]
うん、任せて!▼

オロチ

[グレイ]
母さん!▼
[オロチ]
なんじゃ、グレイ。
怖い顔をして。▼
[グレイ]
なんじゃ、じゃねえ!
母さん、俺に何かしただろ!▼
[オロチ]
さぁ…なんのことやら?▼
[グレイ]
とぼけても無駄だぜ!
俺に変な妖術をかけたな!▼
[オロチ]
おお、おお。やっと効いてくれたか。
効果が出るんで時間がかかったのう。▼
[グレイ]
やっぱり、そうだったか!▼
[オロチ]
そなたは甘いものが大好き。
しかし、甘いものの食べ過ぎは体によくない。▼
そこで、そなたには甘いものに
興味がなくなる妖術をかけておいた。▼
若いころから甘いものばかり摂っていたら、
そのうち取り返しのつかない病になるからのう。▼
これは母心のこもった妖術なのじゃ。▼
[グレイ]
何が母心だ! 今すぐ解いてくれっ!
せっかくの祭りが楽しめないだろ!▼
[オロチ]
ダメじゃ。
全てはそなたの健康のためなんじゃ。▼
[グレイ]
じゃあはっきり言わせてもらうけどな…
この妖術、ちっとも健康的じゃないぞ!▼
[オロチ]
どうしてじゃ?
精神衛生上の問題があるとか言いたいのか?▼
じゃったら心配はいらない。
今はつらいじゃろうが、そのうち慣れて…▼
[グレイ]
違う! そうじゃない!▼
…確かに俺は甘いものに興味をなくした。▼
その代わりに、めちゃくちゃ塩っ辛いものに
興味が出ちまってるんだよ!▼
[オロチ]
な、なんじゃと?
そんな副作用がっ?▼
[グレイ]
口にくわえてるのだって飴の棒じゃない!
たこ焼きの楊子だ!▼
しかも、思いっきり塩辛く味付けしてもらった
たこ焼きのな!▼
このままじゃ塩分の摂り過ぎで
不健康人生まっしぐらだ!▼
[オロチ]
…そ、そうじゃったか。
それはよろしくないのう。▼
今すぐに妖術を解いてやろう。▼
…ほれ。
解けたと思うぞ…多分…▼
[グレイ]
…ほ、ほんとだろうな?▼
[オロチ]
賊を倒したら、わらわと一緒に
屋台めぐりをしようではないか。▼
そなたが甘いものに興味を示せば解除成功。
塩っ辛いものに飛びつけば解除失敗。▼
また別の解除法を試してみよう。
これでどうじゃ?▼
[グレイ]
わ、わかったよ。じゃああとでな。
賊を倒したら、すぐ始めるぞ!▼
[オロチ]
…まさか、そんな副作用があったとはのう…▼
しかし、おかげで息子とお祭りを
練り歩く約束ができた。▼
そういう意味では、副作用に感謝じゃ。▼

ヒノカ

[グレイ]
こんな日を狙って襲ってくるとは。
賊も粋じゃねえな。▼
[ヒノカ]
ああ。皆が楽しんでいる時に奇襲をかけるなど
卑怯極まりない…▼
せっかくの祭りが台無しになってしまった。
グレイも楽しみにしていただろうに。▼
[グレイ]
いや、母さん、俺はもう子供でもない。
祭りではしゃぐ時期はとうに過ぎたさ。▼
[ヒノカ]
そうか? だが、この祭りには
甘いものを売っている屋台もたくさんあるぞ。▼
わたあめに果物を使った飴…
甘い匂いがそこかしこから漂ってくる。▼
[グレイ]
ああ。この香り…俺も気になっていた。
後で回る店は既に目星をつけてある。▼
母さん、迅速に賊を排除するぞ!
一刻も早く祭りを再開させるためにな!▼
[ヒノカ]
ふふっ。口では大人ぶっていても
まだまだ子どもだな。▼
[グレイ]
うるさいな…
砂糖が俺を呼んでるんだよ。▼
[ヒノカ]
お前は本当に甘いものに目がないな。
私も甘味は好きだが、これほどではないぞ。▼
いったい誰に似たんだか…
グレイは甘いものの何がそんなに好きなんだ?▼
[グレイ]
そんなのわからない。
好きなものは好きとしかいいようがない。▼
母さんだって、
父さんのどこが好きかは説明できないだろ?▼
[ヒノカ]
な、なななっ!?
なんでそういう話になるんだ!?▼
[グレイ]
好きなものの話をしてたからな。
母さんの好きな人は父さんだろ?▼
[ヒノカ]
そ、それは…そう…だが…▼
[グレイ]
なんだ、歯切れが悪いな。
もう気持ちが冷めているのか?▼
[ヒノカ]
そんなわけないだろう!
あんなに誠実な男は他にはいない!▼
わ、私は今でもサイゾウのことが…
サイゾウの…ことが…▼
…好きだ。▼
[グレイ]
ふっ。
顔が真っ赤だぜ、母さん。▼
[ヒノカ]
お、お前! 母親をからかったな!
罰として今日は甘いものは買ってやらん!▼
[グレイ]
ええっ!?
それはちょっとひどすぎだろ!▼
[ヒノカ]
いいや、ちっともひどくはない!
私の純情をもてあそんだ罪、思い知るがいい!▼
[グレイ]
す、すまない、母さん!
俺を許してくれ! 母さーーん!▼

セツナ

[グレイ]
母さん、戦いなんかしないで、
屋台でも見てまわろうぜ。▼
[セツナ]
どうして…▼
[グレイ]
だって、俺たちが行ったって
どうせ落とし穴に落ちたり…▼
動物用の罠にかかったりして、
みんなに迷惑かけるだけだ。▼
ま、俺は母さんと違って器用だから
自力で抜けられるけどな。▼
[セツナ]
確かに…
そこはサイゾウ似…▼
中途半端に両親に似たために…
あなたは延々と独り相撲を…▼
[グレイ]
…おい、それは言うな。▼
[セツナ]
ところでグレイ。
あなた、口が罠にかかってる…▼
[グレイ]
ん? 本当か!?▼
[セツナ]
ええ…棒が刺さってるわ…
それってイノシシ用の吹き矢じゃ…▼
[グレイ]
違う! これは飴の棒だ!
だいたいこんな罠あるかよっ!▼
[セツナ]
そう…▼
知ってた…▼
[グレイ]
な、なんだよっ!
からかわないでくれよなっ!▼
[セツナ]
…グレイ。
私たちちゃんと戦ったほうがいい…▼
いくら落とし穴に落ちようと…
いくら罠にかかろうと…▼
私たちは私たちなりに、
勇敢に戦わなければならないの…▼
あなたの言う通りにしたら、
それは、堕落…▼
[グレイ]
母さん…今日はどうしたんだよ。
えらく真面目じゃないか。▼
[セツナ]
この間、ヒノカ様にきつく言われたの…
子どもの教育をしっかりしろって…▼
[グレイ]
そういうことか。
じゃあ母さんの意志ってわけじゃないんだな?▼
だったらいいだろ。
屋台で甘いものでも食べようぜ。▼
[セツナ]
ダメ…二人でそんなことしたら、
ヒノカ様との約束を破ったことになる…▼
そしたら今度から
ヒノカ様に守ってもらえなくなる…▼
[グレイ]
なに言ってるんだ。▼
ヒノカ様が守ってくれなくなったら
俺が守ってやるよ。▼
[セツナ]
えっ…▼
[グレイ]
母さんのことは、俺が守ってやる。
だから安心しな。▼
[セツナ]
あなた、頼もしくなったわね…▼
[グレイ]
はは、母さんの知らないところで
しっかり成長してるんだぜ!▼
…さて。
じゃあ戦いに戻るか。▼
母さんを守りたいとか言ってる人間が、
母さんとヒノカ様の関係を壊しちゃダメだからな。▼
それに、さっきの母さんの言葉…
すごくかっこよかったし。▼
[セツナ]
そう…
うれしい…▼
[グレイ]
そんじゃ、いざ出撃といくか。
落とし穴でも罠でも、かかってきやがれ!▼

オボロ

[オボロ]
グレイ、私は今まで
あまりあなたにかまってあげられなかったわ。▼
[グレイ]
突然、どうしたんだよ?
俺は別にそんなこと気にしてないぜ?▼
[オボロ]
私が気にしてるの。
あなたには何もしてあげられなかったって。▼
特に…着物の助言に関して。▼
[グレイ]
…気にしてるってそのことかよ?▼
[オボロ]
ええ。あなたはサイゾウに似て
着るものに無頓着だわ。▼
だから、それを解消するために今度…
一緒に着物を買いに行くわよ。▼
[グレイ]
別にいい。
着物なんか着れればなんでもいいしな。▼
[オボロ]
その意識がダメなのよ!▼
あなたの服、ほつれてるところもあるし!
破れてるところもこんなに!▼
[グレイ]
そのくらい自分で直せるさ。
手先は器用な方だからな。▼
[オボロ]
むむっ。それじゃあダメなの!
私がグレイの着物を見立てたいんだから!▼
[グレイ]
見立てたい?▼
ははーん…
やっぱりそういうことか。▼
俺の身だしなみを気にしてるんじゃなくて、
自分の好きな着物を着せたいんだろ?▼
[オボロ]
うっ!
で、でもそれの何が悪いの?▼
息子にかっこいい着物を着せてあげたい…
そんな純粋な親心じゃない。▼
[グレイ]
へいへい…わかった。
じゃあ今度、一緒に着物を買いに行こうぜ。▼
[オボロ]
あら。
素直な子に育ってくれて嬉しいわ。▼
[グレイ]
抵抗をあきらめただけだ。
ずっと父さんに言われてたんだよ。▼
[オボロ]
何を?▼
[グレイ]
母さんが着物の見立てをしたいと
言い出したら、すぐに諦めろってな。▼
[オボロ]
なによそれ! サイゾウの奴…
後でとっちめてやらなくちゃ。▼
[グレイ]
でも母さんと買い物なんて
ほとんどしたことなかったからな。▼
わりと楽しみな気はするぜ。▼
[オボロ]
…ごめんね、グレイ。
やっぱり秘境での暮らしは寂しかったわよね?▼
[グレイ]
別に気にしてないさ。
俺、よく秘境を抜け出してたしな。▼
それに今はこうして一緒にいられるし。
過去のことなんかどうでもいいだろ。▼
[オボロ]
ありがとう、グレイ…▼
[グレイ]
言っとくが俺は着物には無頓着だが
甘味の色合いにはうるさいからな。▼
着物はこの腰に差してる飴に似合う色に
してくれよ?▼
[オボロ]
こ、この飴に?▼
[グレイ]
ああ。俺が作ったんだ。
お洒落だろ?▼
[オボロ]
…………▼
ふふっ。グレイったら…
変なところ、私に似たのね。▼
なんか嬉しい。▼
[グレイ]
そうか。なら俺も嬉しい。
格好いい服を見立ててくれよな、母さん。▼
[オボロ]
もちろんよ、グレイ。
最高の着物を見立ててあげるわ。▼

カゲロウ

[カゲロウ]
グレイ…こんなところに
私たちの神輿を持ってきていたのか?▼
[グレイ]
おっ、母さん。そうなんだ。
俺たちの作品をお披露目したくてな。▼
俺と母さんの合作の神輿が、
この異界の祭りで担がれる…▼
その姿を想像するだけで興奮するぜ!▼
…そう思って持ってきたら、
さっき賊の奴らに壊されちまってさ…▼
今、必死で修理しているところだ。
祭りが再開するまでには修理を完了させるぜ。▼
[カゲロウ]
そうだったのか…
しかし、グレイ、かなり作業を進めたものだな。▼
私が最後に見た日から
そんなに経っていないはずだが…▼
もう完成させていたとは。▼
[グレイ]
あはは、母さんのおかげさ。▼
母さんからどんどん上がってくる
追加分の設計図を見て…俺、確信したんだ。▼
俺は母さんの感性が好きなんだってな。
他の誰がどう言おうとも。▼
[カゲロウ]
!?▼
[グレイ]
知ってたか? 俺、そう感じてから
ほぼ寝ずに作ってるんだぜ?▼
[カゲロウ]
そんな…▼
[グレイ]
なあ母さん。▼
国が平和になって、今ほど忙しくなくなったら、
二人で本気で組まないか?▼
[カゲロウ]
く、組むとは?▼
[グレイ]
今回の神輿だけじゃないってことだよ。▼
暇を見て、俺と母さんでこれからもたくさん、
こういう創作の仕事をやっていくんだ。▼
母さんには類い稀な感性がある。
そして、俺は手先が器用。▼
俺たちが組めば、
かなりおもしろいことになると思うぜ。▼
[カゲロウ]
…………▼
[グレイ]
どうしたんだよ?
嫌なのか?▼
それとも父さんの跡を継ぐために
邪魔になるとか思ってるんじゃ…▼
[カゲロウ]
いや…その点は心配していない…
お前は器用だから、きっとうまくやるだろう。▼
ただ、胸がいっぱいになってしまったのだ…
あまりに嬉しくてな…▼
[グレイ]
嬉しい?
じゃあ、了承ってことか?▼
[カゲロウ]
もちろんだ…
そのような提案を断るわけがなかろう…▼
[グレイ]
ありがとな。
未来が楽しみになってきたぜ。▼
じゃあまずは、修理を完了させないとな。
ここをこうして…っと。▼
[カゲロウ]
…………▼
…今、親としては「その前に賊の退治だ」と
言わなければならないのだろう…▼
しかし、私は言わぬぞ。▼
完成の瞬間は、この目でしっかりと
見届けたい。▼
[グレイ]
ああ!
じゃ、一気にたたみかけるぞ!▼

ベルカ

[ベルカ]
賊め、許さないわ…▼
今日は殺しなど関係なく
グレイと過ごせると思っていたのに…▼
[グレイ]
そんな険しい顔すんなって、母さん。
俺にかかれば、賊なんて皆殺しだ。▼
[ベルカ]
…そうね。▼
あなたには私とサイゾウの
暗殺の術を叩きこんだ…▼
きっと、誰もあなたに敵わない。
でも…▼
[グレイ]
でも?▼
[ベルカ]
こんな世の中でなければ、
私たちが早く戦争を終わらせていれば…▼
あなたにこんなことを
させずに済んだのに…▼
戦場に立つあなたを見るたび、
そう思ってしまうのよ…▼
[グレイ]
…………▼
…なあ母さん。
これやるよ。▼
さっき屋台で買ってきたんだが…
この飴、すごくうまいぜ?▼
[ベルカ]
グレイ…
私はいらないからあなたが食べなさい。▼
甘いもの、好きでしょう?▼
[グレイ]
大丈夫だって。
俺の分ならすでに何本も確保済みだからさ。▼
[ベルカ]
そう…
抜け目がないのね。▼
[グレイ]
…知ってるか、母さん?▼
甘いものを食べると
人は自然に笑顔になっちまうんだ。▼
ま、今は戦闘中だから、
気を張っていなくちゃいけないんだろうが…▼
[ベルカ]
グレイ、あなたはもしかして…
私に気を使ってくれたの?▼
[グレイ]
別にそんな大したもんじゃねえけど。
俺のせいで曇った顔は俺が晴らそうと思ってな。▼
母さん。俺は何も気にしちゃいない。
暗殺の術は軍のみんなの役に立ってる。それに…▼
母さんが生き抜いてきた証を受け継げたなら、
俺は誇らしいことだと思うぜ。▼
[ベルカ]
グレイ…▼
…飴、ひとつもらってもいいかしら?▼
[グレイ]
ああ。
ほらよ、母さん。▼
[ベルカ]
…………
ふふっ…おいしいわね。▼
[グレイ]
だろ?
甘いものは間違いないよな。▼
[ベルカ]
そうね。
思わず頬が緩んでしまう…▼
[グレイ]
へへ。
俺は知ってるんだぜ。▼
実は母さんが…
甘いものが好きだってこと。▼
[ベルカ]
…………▼
…あなたに渡せたものが、
暗殺の術だけでなくてよかったわ。▼
でも、私を一番、笑顔にしてくれるのは…
グレイ、あなたという存在よ。▼
これからも側で…
あなたのことを見守らせて。▼
[グレイ]
ああ、母さん。▼

シャーロッテ

[グレイ]
母さん、偵察の報告だ。▼
[シャーロッテ]
待ってたわよ、グレイ。▼
[グレイ]
母さんの好みの奴は三人いたぜ。
屋台で焼きそばを買っていた。▼
[シャーロッテ]
三人も?
けっこう大漁だったじゃない…▼
それなのに賊のせいで…
ちくしょうっ!!▼
で、賊を倒したら、その三人は戻ってきそう?
今は近くに避難しているだけよね?▼
[グレイ]
とりあえず三人とも金は払ったけど、
焼きそばは受け取ってなかったな。▼
[シャーロッテ]
なるほど。なら戻ってくるわね。
よくやったわ。謝礼よ。▼
[グレイ]
おお、でっかいべっこう飴だ!
やったぜ!▼
…って、謝礼をもらってから
言うのもなんだけど…▼
母さん。
いい加減、モテの追求とかやめたらどうだ?▼
仮にも人妻で、母親なんだぞ?▼
[シャーロッテ]
ふふ。
あなたにはわからないのよ。▼
女の人生はモテが全て。
少なくとも私には、モテが全ての源なの。▼
モテてちやほやされたら何かこう…
全てにやる気が出てくるのよ。▼
[グレイ]
…まあ、気持ちはわかるけどさ…
息子としては恥ずかしいんだよ…▼
[シャーロッテ]
あら、味方だと思ってたのに、
そういうこと言うのね。▼
じゃあ私も言わせてもらうわ。▼
さっきあなた、偵察するとか言って…▼
屋台の女の子の輪の中で
楽しそうに話ししてたじゃない。▼
鳥肌が立つような
インチキイケメンキャラになりきって。▼
[グレイ]
ぎくっ!!▼
…………▼
俺、たまに母さんの血に
支配されかけるときがあるんだ…▼
でも、大丈夫。▼
悔しいが父さんから受け継いだ
強い理性を働かせて…▼
母さんの血に飲まれないようにしている。
さっきだって、途中でやめたんだぜ。▼
[シャーロッテ]
あっそ、まあ好きにすればいいわ。▼
私は賊を退治して、三人の男性が
戻ってくるのを待つとするわ。▼
[グレイ]
…ああ、でも、その三人は
やっぱりあきらめたほうがいいかもな。▼
[シャーロッテ]
ど、どうしてよ?▼
[グレイ]
三人とも彼女連れだったから。▼
[シャーロッテ]
それを早く言いなさいよ!▼
私に惚れさせて、
チヤホヤしてもらおうと思ったのにっ!▼
せっかくのお祭りなのにっ!
ちくしょうちくしょう!▼
[グレイ]
そんなにカリカリするなって。
今日の祭りは、俺が相手してやるよ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
そうね。
たまには親子水入らずで過ごしましょ。▼
ふふ…こんなに成長した息子なら、
きっと恋人同士に見えるでしょうね。▼
でも、その前に賊に八つ当たりよ!▼
[グレイ]
ああ!!
思う存分やっちまおうぜ!▼

モズメ

[モズメ]
グレイ、今日は特別なお祭りの日や。
なんでもわがまま言ってええよ。▼
[グレイ]
母さん、気持ちはありがたいが、
まだ賊がうろうろしてるんだぜ?▼
祭りの話は賊を追い出してからでいいだろ。
気を抜いたら危ないからな。▼
[モズメ]
あはは。
グレイはしっかり者に育ってくれたんやなぁ。▼
[グレイ]
な、なんだよそれ…
褒めてもなにも出ないぞ。▼
[モズメ]
あっ、グレイ見てみ。
あそこの屋台においしそうなものがあるで。▼
[グレイ]
母さん…
俺の話を聞いてなかったのかよ…▼
って…んんん!?▼
こ、これは…わたあめか!?
…母さん、買ってくれ!▼
[モズメ]
へ?
でも、今はお店の人がおらんし…▼
[グレイ]
金を置いておけば問題ない。
敵のことも最新の注意を払う。▼
だから…今すぐ綿菓子を買ってくれ。
今、食べたい。今。今すぐ。▼
[モズメ]
あはは。
グレイは本当に甘いものに目がないんやね。▼
はい、どうぞ。▼
[グレイ]
もぐもぐ…▼
うまい…
もう1本食べたい…▼
[モズメ]
あんまり食べ過ぎると
他のものが食べられなくなるよ?▼
[グレイ]
それなら問題ない。
甘いものは別腹だ。▼
[モズメ]
あはは。ほんまにもう。
今日だけは特別やで?▼
[グレイ]
ああ。俺はこれで満足だ。
だからもう何も気を遣わなくていい。▼
…俺は秘境で育てられたことは、
別に何も思っちゃいないからな。▼
[モズメ]
えっ…▼
[グレイ]
母さんがこんなに気を遣うのは、
俺に何か負い目があるからだろ?▼
[モズメ]
…せやね。▼
今日は子供の成長を祝うお祭りや。
だから、特に意識してしまったかもな。▼
[グレイ]
やっぱりな。
だが、もう気にするな。▼
母さんたちが俺を
どんな想いで秘境に預けたか…▼
それはわかっているつもりだからさ。▼
[モズメ]
グレイ…
ありがとう…▼
[グレイ]
母さん、あっちにはリンゴ飴もあった。
賊を倒したら今度はそっちを食べてみたい。▼
母さんも一緒に食べようぜ。
きっと、すごくうまいから。▼
[モズメ]
あはは!
わかったわ、グレイ。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-12 (木) 00:15:36