キサラギの親子会話

タクミ

[キサラギ]
父上、父上ーっ!
探したんだよーっ!▼
[タクミ]
ああ、キサラギ。▼
[キサラギ]
このお祭りすごいよね。
面白そうな出店がいっぱいあるね。▼
見て見て、的当てがあるよ!
僕、父上と一緒に的当てがやりたい!▼
父上と僕ならぜーんぶの景品を
落とせるに決まってるよ!▼
[タクミ]
そ、そうだね、キサラギ…▼
でも、そんなに大声を出すと
賊に見つかっちゃうかもしれないからね…▼
[キサラギ]
あっ、そうだね、父上。
僕、気をつけまーす!▼
[タクミ]
う、うん…
気をつけてね…▼
賊を全て倒し終わったら
好きなだけ騒いでいいからさ。▼
今日は子供の成長を祝うお祭りだからね。
できる限りのことをしてあげたいと思ってるよ。▼
[キサラギ]
やったー! 本当に!?
父上、ありがとう!▼
[タクミ]
声が大きい、声が。▼
[キサラギ]
あああ…ごめんなさい。▼
[タクミ]
はは…
でも、そんなに喜んでくれるなんて。▼
今まではずいぶん…
寂しい思いをさせていたからね。▼
ごめんね、キサラギ。
これからはずっと側にいるよ。▼
[キサラギ]
うれしいな。
僕も父上の側を離れないよ。▼
だって僕、父上のことが大好きだから。
何があっても、これからもずっと。▼
[タクミ]
キサラギ…▼
君は本当に、いい子に育ってくれたよね。
見ているとまぶしいほどだよ。▼
僕も本当は、キサラギみたいに
素直な人間になれたらよかったんだけど…▼
[キサラギ]
ううん。父上は今の父上のままがいい。
ぼく、どんな父上だって大好きだよ。▼
[タクミ]
ありがとう。▼
でも今日ぐらいは、
僕も素直になってみようかな。▼
…僕も大好きだよ、キサラギ。
君のことは僕が守ってみせる。▼
[キサラギ]
あはは!
ありがとう、父上!▼
父上が素直なの、すごくうれしいから
このままお話してたいけど…▼
あんまり話してたら、
賊に見つかっちゃうね!▼
[タクミ]
ははは。そうだった。
じゃあ一緒に戦いにいこうか。▼
敵を全部倒して…
そのあと、一緒に祭りを回ろう。▼
[キサラギ]
うんっ!!▼

マイユニット

+  マイユニット女性・私

フェリシア

[フェリシア]
あのあの…キサラギ、
何をやっているんですか?▼
[キサラギ]
なにって……見ればわかるでしょ。
的当てだよ。▼
[フェリシア]
的当て?
いや、それにしては…▼
[キサラギ]
どうしたの、そんな顔して?▼
[フェリシア]
でもでも、的当てって…
弓でやるものですよね。▼
でもあなたが持っているのは…▼
[キサラギ]
あっ!?▼
[フェリシア]
それ、楽器の弦じゃないですか!
どこから持ってきたんですか!?▼
[キサラギ]
ほんとだ。
どうりで当たらないと思ったよ…▼
[フェリシア]
しかも、それだけじゃないですよ。▼
あなたが持っている矢…
それ、矢じゃなくて割り箸です。▼
[キサラギ]
あーっ!!▼
実は最近、こういうことがよくあるんだ。▼
[フェリシア]
はわわ…私の性格が
受け継がれちゃったんですかね?▼
[キサラギ]
ど、どうかなあ…▼
[フェリシア]
えっとえっと…戦闘中はどうですか?
戦闘中もおっちょこちょいが出ちゃいますか?▼
[キサラギ]
ううん。
戦闘中は大丈夫!▼
[フェリシア]
よかった…
そこも私そっくりで。▼
私も戦闘中はドジはしないんです。▼
前に「使用人より軍人の方が千倍は向いている」
って言われたこともあるんですよ。▼
[キサラギ]
へえー、かっこいいなぁ!▼
[フェリシア]
でも、ごめんなさい。
私の変なところを受け継がせてしまって。▼
[キサラギ]
あはは、謝るなんてやめてよ!▼
僕、母上と似てることが誇らしいんだから。▼
[フェリシア]
本当に?▼
[キサラギ]
うん、そんなの当たり前だよ。▼
[フェリシア]
ふふ。
嬉しいことを言ってくれますね。▼
それじゃ、戦闘に戻りましょう。
賊の皆さんを倒して、お祭りを楽しむんです。▼
[キサラギ]
はーい!
よし、武器を持って、と…▼
[フェリシア]
キサラギ…!
だから、それは弦ですよー!▼
[キサラギ]
はわわ…▼

リンカ

[キサラギ]
母上、早く賊を退治して
お祭りを再開させようね!▼
僕、今日は母上と一緒に
いっぱい遊びたいと思ってたから!▼
[リンカ]
…………▼
[キサラギ]
あれれ…母上?
具合でも悪いの?▼
[リンカ]
キサラギ、ちょうどいい機会だから
お前に1つ、確かめたいことがある。▼
[キサラギ]
確かめたいこと?▼
[リンカ]
最近、あたしが夜中に目を覚ますと…
枕元にしとめたばかりのウサギが置いてある。▼
[キサラギ]
あっ…▼
[リンカ]
やはりアレはお前の仕業か?▼
[キサラギ]
ありゃ…ばれちゃった。
ご、ごめんなさい、母上…▼
[リンカ]
なぜ人の枕元にウサギを置く?
まじないの一種か何かなのか?▼
[キサラギ]
ち、違うよ…
その、母上が…お腹減ってると思って…▼
[リンカ]
なに?▼
[キサラギ]
えっとね、僕…
父上から聞いたんだ。▼
母上はよく夜中にお腹を減らして
野山を駆け巡り獲物を狩ってた、って。▼
[リンカ]
た、タクミめ…
そんなことを話さなくてもいいだろうに…▼
[キサラギ]
だから僕、
母上が喜んでくれるかなと思って!▼
[リンカ]
なるほど。
それであたしの枕元に獲物を置いたんだな。▼
お前の気持ちはわかった。
でも、想像をしてみてくれ。▼
夜、目を覚ますと
眼前にウサギが横たわっているのだ。▼
さすがのあたしも…
何度か大声をあげてしまったぞ…▼
[キサラギ]
ごめんなさい、母上…
もうしないって約束するよ…▼
[リンカ]
…いいや、謝る必要はない。
悪ふざけのたぐいではなかったのだからな。▼
むしろ、あたしのことを思っての行動だ。
…とても嬉しく思う。▼
[キサラギ]
本当に?
それなら安心したよ!▼
[リンカ]
今までお前が置いてくれた獲物…
どれもおいしかったぞ。▼
[キサラギ]
あはは。ちゃんと食べてくれてたんだね。
じゃあ、これからもやっていいのかな?▼
[リンカ]
もちろんだ。▼
だが、置くならせめて足元にしてくれ。
心臓に悪いからな。▼
[キサラギ]
はーい!
わかったよ、母上!▼

アクア

[キサラギ]
ねえねえ、母上。
ちょっと質問があるんだ。▼
母上は、どうして歌が好きなの?▼
[アクア]
おもしろいことを聞くわね。
どうしたの?▼
[キサラギ]
どうもこうもないの。
答えて。▼
[アクア]
うーん…
いろいろと理由はあるけど…▼
でも、一番の理由は
歌っていると楽しいからね。▼
[キサラギ]
やっぱり!
僕も歌ってるとすごく楽しい!▼
[アクア]
えっ?
あなたも歌が好きなの?▼
[キサラギ]
そうだよ。
ときどき森に行って歌ってるんだ。▼
[アクア]
それは初耳ね。
びっくりだわ。▼
[キサラギ]
僕が歌ってるとね、
動物たちが集まったりするよ。▼
[アクア]
…歌っていると動物が集まる?▼
[キサラギ]
うん! だから狩りの時は便利なんだよ。
歌っておびき寄せて弓でバシーッとね!▼
[アクア]
まさか、そんな使い方をしてるなんて…
豪快というかなんというか。▼
でもその力は少し、うらやましいわ。▼
[キサラギ]
え、なんで?▼
[アクア]
だって、私が歌っても
動物が集まるなんてことはないもの。▼
[キサラギ]
あれれ、そうなの?▼ おかしいなぁ。
母上が歌っても集まると思うんだけどなー。▼
[アクア]
…………▼
本当にそう思う?▼
[キサラギ]
うん。
だって僕の母上なんだもん。▼
[アクア]
ねぇ、キサラギ。
賊を倒したら一緒に森に行きましょう。▼
私も試してみるわ。
歌で動物が集まるかどうか。▼
[キサラギ]
母上なら絶対できるよ!▼
[アクア]
ええ。
私はキサラギの母親ですものね。▼
でも、私がおびき寄せた動物たちを
片っ端からバシーッと狩るのはだめよ?▼
[キサラギ]
はーい。▼

カザハナ

[キサラギ]
78243、78244…▼
よし。コツコツ、コツコツ…
完了!▼
[カザハナ]
キサラギ、何を数えていたの?▼
[キサラギ]
鳥の数だよ。▼
[カザハナ]
ええっ、と、鳥の数!?
7万匹も鳥がいる!?▼
[キサラギ]
ううん、今いたのは2羽だよ。
だから足すと合計で78244羽なんだ。▼
[カザハナ]
…………▼
…あ、あたし、よくわからないわ。
どういうこと?▼
あなた…まさか7万匹も
鳥を数えていたっていうの?▼
[キサラギ]
うん、そうだよ!
すごいでしょ!▼
[カザハナ]
すごいけど…
なんでそんなに数えてるのよ。▼
[キサラギ]
ま、いっか。母上にだけ教えてあげる。
これは秘密にしてることなんだけど…▼
実は僕、
努力家の母上を尊敬してるんだ。▼
[カザハナ]
それはありがとう。▼
[キサラギ]
母上ってすごいよね。
強くなるために沢山訓練してて…▼
若い頃は父上を木刀で
ボコボコにしたこともあるんでしょ?▼
[カザハナ]
!! どうしてそれを…
タクミ、キサラギに言ったわね…▼
[キサラギ]
でね、僕も母上みたいに毎日コツコツ、
努力がしたいって思ったんだ。▼
でも、何をコツコツやればいいのか
分かんなくて…▼
とりあえず鳥を数えることにしたんだー▼
[カザハナ]
ふーん。
ちなみに、どうして鳥なのかしら…▼
[キサラギ]
それはねー、えへへ!
思い立った時に綺麗な鳥が飛んでたから!▼
さっそくその鳥から数え始めて、
さっきので78244羽目の鳥だったんだ。▼
[カザハナ]
…………▼
…な、なんという天然の発想なの。▼
ね、ねえ、キサラギ。
尊敬してくれているのはすごくうれしいよ。▼
それに、毎日コツコツ努力したいっていう
気持ちもとても素敵なことだと思う。▼
でもね、せっかく努力するんだから、
別のことをやってみない?▼
[キサラギ]
え?
鳥を数えるのはダメなの?▼
[カザハナ]
ううん、ダメってわけじゃないけど…
数えた先には特に何も無いわよ。▼
例えばあたしみたいに、
稽古をコツコツがんばるとかはどう?▼
[キサラギ]
うーん。それも考えたんだけど、
母上とは違うことをしたいんだ。▼
母上のことは尊敬してるけど、
でも僕は僕であって、母上じゃないでしょう。▼
[カザハナ]
くっ…わが子ながら、
なんて頼もしい物言いなの…▼
いやいや、今は感動している場合じゃないね。
この子の努力を正しい方向に導いてあげないと。▼
…キサラギ。この話の続きは、
賊を倒してからじっくりしましょ。▼
わたあめとかたこ焼きとか食べながら。
どうかな?▼
[キサラギ]
わーい! わかった!
僕、リンゴ飴がいいな!▼
[カザハナ]
あはは、よかった。
そうと決まれば、いざ賊退治だね!▼
[キサラギ]
あ、また鳥だ。
78245、78246…▼

オロチ

[キサラギ]
ぶつぶつ…▼
[オロチ]
キサラギ。
何をしておるのじゃ?▼
[キサラギ]
あっ、母上。
ちょっと今話しかけないで。▼
[オロチ]
そうは言われても気になってしまうじゃろう。
動物の骨やら…奇妙なものを手に取って…▼
[キサラギ]
大丈夫大丈夫。これはただの薬草、
こっちは狩りで仕留めた鹿の骨だし…って、▼
だめだめ、集中切れちゃった!
もうちょっとで見えそうなんだ。▼
ぶつぶつ…ぶつぶつ…
ぶつぶつ…▼
[オロチ]
…キサラギ?
ほ、本当に、どうしてしまったのじゃ?▼
もしやそなた…よからぬ呪いになど
かかってしまったのではないか?▼
こんな、わけのわからぬ状態は
呪いとしか思えぬ…▼
[キサラギ]
…………▼
…あ!!▼
[オロチ]
ど、どうしたんじゃ!?▼
[キサラギ]
…母上、死んじゃうかも。▼
[オロチ]
なに…!?
わらわが死ぬじゃと?▼
[キサラギ]
いま、そんなのが見えたんだ…▼
でも大丈夫!
次に戦うときは、右足から踏み出して。▼
そうしたら死なない。
ギリギリ避けられるから。▼
避けたらすぐに左を見て。▼
そこに思い切り叩き込めば、無傷で勝てるよ。▼
ほらほら、あの敵!
あの敵に気をつければなんとかなるからね!▼
[オロチ]
これはもしや、予知の力か…?▼
そなた、もしかして…
まじないをしておったのか?▼
[キサラギ]
なになにー?
これ、まじないっていうんだ?▼
最近、こうやってブツブツ言ってるとね、
たまに未来が見えることがあるんだよ。▼
[オロチ]
!! 大変じゃ…!▼
そのまじないの精度…
わらわの遥か上を行っておる!▼
すごいことじゃ…
とんでもないことじゃっ!▼
[キサラギ]
え!? 僕すごいの!?
やったあー!▼
[オロチ]
キサラギ、この事は他の者には秘密じゃぞ。
よいな?▼
[キサラギ]
え、どうして?
せっかく褒めてもらえたのに…▼
[オロチ]
こういうことができると、何かと面倒なのじゃ。
危険な目に遭うこともあるしのぅ。▼
そなたの才能は、わらわがこっそり
じっくり育ててやる。約束する。▼
[キサラギ]
はーい、わかった!▼
じゃあ母上の言う通りにする!
でも父上には言ってもいいよね?▼
[オロチ]
まあ、それなら良いぞ。
タクミも喜んでくれることじゃろ。▼
[キサラギ]
わーい!▼
[オロチ]
まさか息子がこんな成長を遂げるとは…
人生、わからんもんじゃのう。▼
[キサラギ]
えっとね、母上。
そろそろ戦闘に戻ろう?▼
これ以上おしゃべりしてたら…▼
僕たち、死んじゃうかも!▼
[オロチ]
わわわわ、わかった!
おしゃべりはやめ! すぐに戦闘に戻るぞ!!▼

セツナ

[セツナ]
!▼
[キサラギ]
わあ、母上が落とし穴に落ちた!▼
やったーやったー!
楽しいなぁ!▼
[セツナ]
…………▼
[キサラギ]
ねえねえ楽しかった、母上?
これ、僕が作ったんだよー!▼
[セツナ]
そう…▼
[キサラギ]
さ、引っ張り出してあげるね。
よっこいしょ、と!▼
[セツナ]
…キサラギ…▼
今日は子どもの成長を願うお祭りだから、
あなたのために、はっきり言う…▼
ずっと言えなかったけど…
実は母上、こういうの楽しいわけではない…▼
[キサラギ]
えっ?▼
[セツナ]
私が落ちるとあなたが楽しそうだから、
今まではがんばって落ちてあげていただけ…▼
[キサラギ]
あれれ、そうだったの!?▼
[セツナ]
あなたには、そろそろ大人になってもらいたい…
こんなことはやめて成長するの…▼
[キサラギ]
そんな…でも大人になるって?
成長するって、どういうこと?▼
[セツナ]
母上のための穴はもう掘らなくていい…
私は二度と落ちないから…▼
[キサラギ]
えーっ!?▼
僕、母上と落とし穴遊びするのが
人生の楽しみだったのに…!!▼
[セツナ]
つべこべ言わない…
じゃあ…私は戦いに戻るわ…▼
…あ。▼
[キサラギ]
あ、母上が落とし穴に!▼
もうやらないんじゃなかったの?
楽しくないんじゃなかったの?▼
[セツナ]
…………▼
…今日は子どものためのお祭り…
だからもう一回だけサービスよ…▼
[キサラギ]
わーい! サービス大好き!!
母上、優しいね!!▼
僕、感動したよ!
母上の愛情をすっごく感じたよ!▼
うん、僕、決めた。
大人になれるよう、努力するよ!▼
[セツナ]
うふふ…
その言葉が聞けて、母上うれしい…▼
でも、その前にここから出して…▼

オボロ

[キサラギ]
母上、面白そうな出店がいっぱいあるよ!
どれから回るか迷っちゃうね!▼
[オボロ]
ふふふ。嬉しいのはわかるけど
あんまりはしゃぎすぎないでね。▼
まだ賊がそこら中にいるんだから。
油断しちゃだめよ?▼
[キサラギ]
うん! 母上!
ちゃんと気をつけるよ!▼
でも、賊がいなくなったら
一緒にいっぱい遊ぼうね!▼
[オボロ]
そうね。
今まではあまりこういう機会がなかったから…▼
今日くらいは
あなたの気の済むまで遊んでいいわよ。▼
[キサラギ]
本当に!? やったー!
ありがとう、母上!▼
何から遊ぼうかな?
どれも楽しそうだもんなー。▼
[オボロ]
ふっふっふ…
お楽しみはそれだけじゃないわよ。▼
あとで、とっておきのアレを
用意してるし。▼
[キサラギ]
それってもしかして、
母上が新しく見立ててくれた着物のこと?▼
[オボロ]
えっ!? な、なんで知ってるのよ!?
驚かそうと思って隠したのに!▼
[キサラギ]
この間、母上がニヤニヤしながら
お部屋でコソコソしてたでしょ?▼
だから、気になって見てたんだ。▼
[オボロ]
な、なんてことするのよ!
せっかくの計画が台無しじゃない!▼
[キサラギ]
あはは。ごめんね、母上。
でも僕、すごく驚いたし、嬉しかったよ。▼
母上の部屋の前で、
目が真ん丸になっちゃたもん。▼
[オボロ]
私はその驚く顔が見たかったのよ…▼
でも、あなたも日に日に成長しているし…
服を見立てる機会はまたすぐくるわよね。▼
次こそは絶対にバレないように用意するから、
そのときは盛大に驚きなさい。▼
[キサラギ]
はーい!
わかったよ、母上。▼
そういえば母上は、
父上の着物も見立てていたんでしょ?▼
[オボロ]
な、何で知ってるの?▼
[キサラギ]
えっへへー。父上と話しているとき、
嬉しそうに言っていたんだよ。▼
それから、戦争が終わったら
母上の呉服屋を応援するって話も。▼
[オボロ]
そんな話まで…▼
[キサラギ]
うん。母上は父上のこと、
本当に大好きなんだね。▼
[オボロ]
…それは違うわ。▼
[キサラギ]
え?▼
[オボロ]
私のほうがタクミ様…
いえ、タクミのことを…▼
…ずっと好きだったんだから。▼
[キサラギ]
母上…▼
[オボロ]
だから思いが通じて…
あなたみたいな可愛い子供までできて…▼
本当に幸せに思っているわ。
ありがとうね、キサラギ…▼
[キサラギ]
…うん。
僕も二人の子供で、ホントに嬉しい。▼
[オボロ]
…………▼
あーーなんか恥ずかしいじゃない!
なんてこと言わせるのよ!▼
[キサラギ]
あれれ!?
勝手に言ったのは母上じゃないかー!▼
[オボロ]
あら? そうだったかしら。
…悪かったわね。▼
じゃ、着物をあなたに渡すためにも…
早く賊を倒しちゃいましょう!▼
[キサラギ]
頑張ろうね! 終わったら着物をもらって
さっさと野山にしけこむから!▼
父上と母上を二人っきりにするために!▼
[オボロ]
余計な気は遣わないでよろしい!▼

カゲロウ

[カゲロウ]
キサラギ、何をしている。▼
[キサラギ]
…………▼
[カゲロウ]
…小枝の山など作って
遊んでいる場合ではない。▼
今は戦闘中だ。
やるなら賊を倒してからにしろ。▼
[キサラギ]
小枝の山じゃないよ。▼
[カゲロウ]
ほう…では何だ?
たき火でもしようという魂胆か?▼
[キサラギ]
ううん、違うよ。
母上の真似してるんだ!▼
[カゲロウ]
私の真似?▼
[キサラギ]
母上もしょっちゅう、
1人でこういうことしてるでしょ?▼
お花を集めて生けたり、
筆を使って何か書いたり。▼
[カゲロウ]
ああ、私の創作活動のことか。▼
…しかしな、キサラギ。
創作活動と小枝の山を一緒にされても困る。▼
まあ、広義では小枝の山も創作活動と
言えなくはない。しかし…▼
[キサラギ]
でーきたっ! 見て見て!
これ、白夜王国のお城なんだーっ!▼
[カゲロウ]
…………▼
なに?
お前、小枝で城を作っていたのか!?▼
よく見ると、この完成度…
そして細部まで作り込まれた造形美…▼
これはすごい。
立派な創作だ!▼
キサラギ、小枝の山だなどと言ってすまなかった。
心から詫びる。▼
[キサラギ]
ねえねえ、これで僕も母上と同じ?▼
[カゲロウ]
同じではない。▼
[キサラギ]
ありゃ…
まだまだか…▼
[カゲロウ]
いや、逆の意味で言ったのだ。▼
私の作るものはどれも、まがまがしいなどと
言われて人々に忌み嫌われる。▼
しかし、お前の創作物にはそれがない。
透き通った…極上の透明感と言うべきか…▼
どうやら私とは別の感性を
お前は持っているようだな。▼
[キサラギ]
んー、難しいことはよくわかんないけど、
いいことなんだよね?▼
[カゲロウ]
いいどころのものではない。
極上だ!▼
[キサラギ]
わあ、よかったー!
母上に褒められたよーっ!▼
[カゲロウ]
さあキサラギ、戦闘に戻ろうではないか。
賊を倒したらこの続きだ。▼
お前の成長を、この目に焼き付けさせてくれ。▼
[キサラギ]
はーい! わかったよ!
戦いもお城作りもがんばるね!▼

エリーゼ

[キサラギ]
行ってきまーす!▼
[エリーゼ]
キサラギ?
行ってきますって、どこに行くの?▼
[キサラギ]
え? 狩りだよ。▼
[エリーゼ]
狩り? 何の狩り?
賊の狩りじゃなくて?▼
[キサラギ]
賊の狩りなんかしてもしょうがないでしょ。
食べたっておいしくないもん。▼
僕が狩るのは鳥だよ。▼
[エリーゼ]
鳥って…
どうしてまたこんなときに…▼
[キサラギ]
どうしてって…
焼き鳥にするに決まってるじゃない。▼
僕がおいしそうなやつを狩ってくるから、
あとで屋台の人に料理してもらうんだ。▼
そうしたら屋台で美味しい焼き鳥が
食べられるようになると思うんだ。▼
[エリーゼ]
ええー! ダ、ダメだよ。
今はそんなことしてる場合じゃないもん。▼
[キサラギ]
やだ、行く。▼
[エリーゼ]
ダメ!▼
[キサラギ]
ダメじゃない。行く!▼
[エリーゼ]
もう、ダメだよーっ!▼
[キサラギ]
行くって言ったら行くからねっ。▼
[エリーゼ]
はぁ…はぁ…
何度、言ってもわかってもらえない…▼
いつもは聞き分けがいいはずなのに、
よくわかんないトコこだわるんだよね…▼
このわがままさって、
もしかしてあたし譲りなんじゃ…▼
そうじゃなかったら、
タクミさんの頑固さだよね…▼
…ううん、そんなこと
言ってる場合じゃないや。▼
…コホン。▼
わかったよ、キサラギ。
じゃあ、賊はほんとにすぐ倒すから。▼
そしたら、お母さんと一緒に狩りに行こう。▼
[キサラギ]
母上も?
そんなのダメだよ。▼
[エリーゼ]
どうして?▼
[キサラギ]
だって、母上はお客さんだから。▼
[エリーゼ]
えっ? お客さん?▼
[キサラギ]
僕はおいしい焼き鳥を
母上に食べてもらいたいんだ。▼
いつもありがとうっていう気持ちを込めて…▼
[エリーゼ]
キサラギ…!
そういうことだったの…!▼
[キサラギ]
…あぁ。でも、よく考えたら、
お客さんを困らせちゃダメだよね。▼
僕、母上の言う通り、まず賊を倒すよ。
それから狩りにいってくるね。▼
[エリーゼ]
わあ…!
わかってくれて、ありがとう。▼
お母さん、キサラギの焼き鳥
とっても楽しみにしてるからね!▼
じゃあ一緒にがんばって
賊を倒しにいくよーっ!▼
[キサラギ]
はーい!▼

カミラ

[キサラギ]
はあ…▼
[カミラ]
まあ…キサラギ。
そんな遠い目をして、どうしたのかしら。▼
[キサラギ]
あ、母さん!
なんか、急に森が恋しくなっちゃってさ。▼
さっき出店で綺麗な山とか、
自然の絵が売ってたんだよ。▼
それを見たら、
ああ…森に行きたいなあ…って。▼
[カミラ]
そうなの…可哀相に。
でも、もう少しの辛抱よ。▼
ここでの戦いが終わったら、
一緒に裏手の山に行きましょう。▼
そこで思いきり森を満喫すればいいわ。
そうだ、タクミにもついてきてもらいましょ。▼
[キサラギ]
ほんと!?
父上も母上も一緒に!?▼
[カミラ]
ええ。
今日は子どものためのお祭りの日だもの。▼
あなたが喜ぶことなら私、
なんでもしてあげるわ。▼
[キサラギ]
やったー!!
母上、だーいすきー!!▼
[カミラ]
あらあら、可愛い子。
よしよし。▼
[キサラギ]
ねえねえ母上。▼
今日は僕の喜ぶこと、
ほんとに何でもしてくれるの?▼
[カミラ]
あら、もちろんよ。
愛しい息子のためなら私…▼
一人でここの敵を全滅させるぐらい
造作も無いことだわ…▼
[キサラギ]
わあ、頼もしい!
じゃあじゃあ、母上にお願いがあるんだけど。▼
[カミラ]
なにかしら?▼
[キサラギ]
えっとね…その、よしよしっていうの、
僕もやりたい!!▼
[カミラ]
え?▼
[キサラギ]
僕も母上をよしよししたい!▼
思う存分なでなでしたいなー!
ねえ、だめ?▼
[カミラ]
だ、だめじゃないけれど…▼
[キサラギ]
じゃあいいんだね!
わーい、やったー!!▼
…ふう。よしよし、母上。▼
僕このやわらかい髪の毛とっても好きだなあ。
今日は僕にうんと甘えていいんだよ…?▼
[カミラ]
あらあら…優しいのね。▼
[キサラギ]
あ、こんなところに擦り傷が。
母上に傷をつけた悪い賊はどこだろう。▼
僕、母上のためなら
賊ぐらい皆殺しにできるんだからね…?▼
[カミラ]
…………▼
な、なんなのかしら、これは…▼
まさか、私の母性本能が
この子にも…?▼
だとしてもこれは少し、
調子が狂うわね…▼
…キサラギ。▼
[キサラギ]
なあに?▼
[カミラ]
ありがとう…もう撫で撫ではいいわ。
お母さん、じゅうぶんあなたに甘えたから。▼
それにあんまり二人で仲良くしていると、
タクミに嫉妬しちゃうかもしれないわよ。▼
[キサラギ]
そ、そっか。
そうだよね…わかった!▼
じゃあ戦うのが終わったら、
森に行く前に父上を撫で撫でしてあげよう!▼
[カミラ]
そうね。二人でたくさん撫でて、
甘えさせてあげましょうね。▼

モズメ

[モズメ]
せっかくのお祭りやのに
こないなってしまって残念やな。▼
[キサラギ]
大丈夫だよ、母上!
時間はたっぷりあるもん!▼
賊をぜーんぶ退治してからでも、
まだまだ遊べると思うよ。▼
[モズメ]
それもそうやな。
ほな、早いとこ賊を退治してしまおか。▼
[キサラギ]
そうだ、母上!
僕、お願いがあったんだ!▼
[モズメ]
お願い?
なんのお願いがあるん?▼
まぁ、今日は
子供の成長を祝うお祭りやからね。▼
無茶なお願いじゃなかったら、
なんでもきいてあげたい思てるよ。▼
[キサラギ]
あのね、母上…
僕、母上と一緒に畑仕事がしたい!▼
[モズメ]
あはは、変わったお願いやね。
あんたは一応、王子やのに。▼
[キサラギ]
むー…王子とかは関係ないよ。
僕は僕がやりたいからお願いしてるだけ。▼
[モズメ]
せやったな。ごめんごめん。
でも、どうして畑仕事がしたいん?▼
[キサラギ]
だって、父上が言ってたんだもん。▼
一緒に畑仕事をしたから
母上の素晴らしさに気づくことができたって。▼
[モズメ]
た、タクミがそんなことを?
な、なんか…恥ずかしなってくるわ…▼
[キサラギ]
僕も母上の素晴らしいところを
もっともっとよく知りたいんだ!▼
だから、お願い!
僕にも畑仕事をさせてください!▼
[モズメ]
しゃあないなあ…そこまで言われたら断れへん。
手伝ってくれるんやったら歓迎するで。▼
でも、楽な仕事やないよ?
ちゃんと最後までやりきれるん?▼
[キサラギ]
まかせてよ!
僕、体力には自信があるからさ!▼
[モズメ]
あはは、それは楽しみや。
じゃあ、早速明日からお願いするわ。▼
[キサラギ]
やったー!
ありがとう、母上!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-23 (火) 12:31:41