カンナ(男)の親子会話

マイユニット

+  マイユニット女性・私
+  マイユニット女性・あたし~だよ
+  マイユニット女性・あたし~よ

ギュンター

[ギュンター]
カンナ。
賊を倒したら、球投げをしないか。▼
[カンナ]
球投げ?▼
[ギュンター]
ああ。
昔、カムイとよくやったのだ。▼
二人でこの皮の球を投げ合って
取れなかったほうが、言うことを聞く。▼
そういう遊びだ。▼
[カンナ]
何それ!
おもしろそう!▼
[ギュンター]
この遊びは意外と白熱するぞ。▼
例えば幼少期のカムイは
勉学をしたくないときなど、▼
よく私に球投げを申し込んできた。▼
躍起になって取りにくい球を投げては、
私を困らせたものだ。▼
[カンナ]
あはは!
お母さんったら、頭脳派だね!▼
楽しそう!
今すぐやりたいなー!▼
[ギュンター]
今はならぬ
戦闘中だからな。▼
[カンナ]
えー、いいじゃーん。
一回だけ!▼
一回だけしてくれれば、素直に戦闘に戻るから!▼
[ギュンター]
…ふむ。仕方ないな。
では一回だけだぞ。▼
[カンナ]
やったー!▼
[ギュンター]
では、投げるぞ。
ほらっ!▼
[カンナ]
よし、取った!▼
[ギュンター]
うまいではないか。▼
[カンナ]
今度は僕が投げるよ。
それ!▼
[ギュンター]
!?▼
うぅっ…▼
[カンナ]
あー、お父さん!
取れなかったー!▼
お父さんの負けで僕の勝ち!
というわけで、僕の言うことを聞いてね!▼
[ギュンター]
ぐぅ…わかった…
で、何が望みなのだ?▼
焼き鳥をたくさん食べたいのか?
それともわたあめか?▼
[カンナ]
そんなんじゃないの。
僕がお父さんにお願いしたいことは…▼
ずっとずっと一緒にいようねってこと!▼
[ギュンター]
なに…?▼
[カンナ]
僕、お父さんのことが大好きなんだ。▼
将来はお父さんみたいな、みんなから尊敬される、
強くて立派な男になるのが夢なんだ!▼
そんなお父さんと、
ずっとずーっと一緒にいたいんだ!▼
[ギュンター]
…………▼
[カンナ]
どうしたの?
僕と一緒にいるのはやだ?▼
[ギュンター]
そんなわけなかろう。
ただただうれしいのだ…▼
[カンナ]
よかった…
そう言ってもらえて、僕もうれしい!▼
[ギュンター]
だが…▼
[カンナ]
だが、何?▼
[ギュンター]
いや、なんでもない。▼
…カンナ。
負けた私に言う権利がないことはわかっている。▼
だが、ひと言だけ…
老人の戯れ言だと思って聞いてくれ。▼
[カンナ]
なに?▼
[ギュンター]
何があっても動じない…
強い子になるのだぞ。▼
[カンナ]
何があっても動じない…▼
ああ、お父さんみたいな人になるってことだね!▼
[ギュンター]
…………▼
まったく…お前って奴は…
老人の喜ばせ方に長けている。▼
[カンナ]
もう、老人とか言わないでよね。
お父さんはちっとも老人じゃないんだから。▼
そんなことより、
賊を倒したら球投げの続きをやろう!▼
今度、勝ったら屋台のおいしいものを
みーんな買ってね!▼
[ギュンター]
ふふ、いいだろう…▼
せっかくの機会だ。
利き腕でないほうで投げてやる。▼
[カンナ]
えっ?
何か言った?▼
[ギュンター]
いや、気にするな。
老人の独り言だ。▼

ジョーカー

[ジョーカー]
どうした、カンナ。
深刻な顔をして。▼
[カンナ]
今朝ね、お母さんが言ってたんだ。
おいしい紅茶が飲みたいって…▼
だから入れてあげようとがんばってるんだけど、
なかなかうまくできなくて…▼
[ジョーカー]
ほう。そういうことか。
なら、味を見てやろう。▼
[カンナ]
え、ほんと?
ありがとう、お父さん!▼
これが、ついさっき入れた一杯なんだけど…
…どうかな…▼
[ジョーカー]
…………▼
悩ましいな…▼
[カンナ]
悩ましい?
どういうこと?▼
[ジョーカー]
…昔、カムイさんが入れた紅茶の味を
見て差し上げたことがある。▼
その紅茶は決しておいしいものではなかった。▼
しかし俺は真実を言わず、
こっそりお湯と砂糖を足したんだ。▼
結果、おいしい紅茶になったが…
俺は苦悩した。▼
それが果たしてカムイさんの
ためになる行いだったのかどうか……▼
…そして、お前の紅茶も同じこと。▼
ここで俺が手を加えれば、
すぐにでもおいしい紅茶になる。▼
しかし、それがお前のためになるのか。
そこが悩ましい。▼
親として、大事な息子には
自分の力で成長してもらいたいのだが…▼
[カンナ]
お父さん…▼
お母さんのことだけじゃなくて、
僕のことまで大事に思ってくれてるの?▼
[ジョーカー]
何言ってんだ。
当然だろ。▼
お前は俺とカムイさんの
大事な息子だ…▼
[カンナ]
…………▼
わかった…
僕…もう一回、自分の力でがんばってみる!▼
そしたらまた、味を見てもらえる?▼
[ジョーカー]
もちろんだ。
いくらでも付き合ってやる。▼
[カンナ]
ありがとう、お父さん!▼
[ジョーカー]
…………▼
ヒントは、色だ。▼
[カンナ]
えっ?▼
[ジョーカー]
俺なら、そんな濃い色にはしない。▼
…これぐらいのヒントだったら、
お前の成長の妨げにはならないだろ。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[ジョーカー]
さっそくもう一度、入れてみろ。
賊は俺に任せておけ。▼
[カンナ]
うん! ありがとう!
僕、がんばるね!▼

スズカゼ

[スズカゼ]
カ、カンナ!?
そんなに食べ物を抱えて、どうしたのですか!?▼
[カンナ]
あ、お父さん!
そうなんだよ、助けて…!▼
[スズカゼ]
綿あめにリンゴ飴…
焼き鳥にたこ焼き…▼
どうしてそんなに買ったんです?▼
[カンナ]
違うの。
僕、買ってないんだよ。▼
[スズカゼ]
買ってない…ですか?
では、どうしたのです?▼
[カンナ]
それが…▼
[スズカゼ]
…………▼
もしや、盗んできたとかではありませんね?▼
[カンナ]
そ、そんなことしないよっ!▼
[スズカゼ]
そうですか、ならばひと安心ですが…▼
[カンナ]
実は賊がくる前…
僕は屋台を見てまわっていたんだ…▼
そうしたら、見たこともない村の女の子たちが
僕のまわりに集まってきたの…▼
これ食べない?
これもどうぞ、って!▼
これはみんな、その子たちが
買ってくれたものなんだ。▼
[スズカゼ]
…………▼
な、なんと…
そういうことでしたか…▼
[カンナ]
どうしてあの子たちはこんなことを…▼
[スズカゼ]
ごめんなさい…
きっとそれは、私のせいです。▼
[カンナ]
お父さんのせい?
どういうこと?▼
[スズカゼ]
…私は昔から、見ず知らずの女性に
抱きつかれたり、手紙を渡されたり…▼
ちょうど、今日のカンナのように
たくさんの食べ物を渡されたり…▼
そういうことが多くありました。▼
きっと私のそう言った特性が、
カンナにも継承されてしまったのでしょう。▼
[カンナ]
…そ、そうだったんだ…▼
[スズカゼ]
でも安心してください。▼
カムイさんによれば、
これは悪いことではないようです。▼
[カンナ]
え、そうなの?▼
[スズカゼ]
はい。それは「モテている」という状態で、
むしろいいことらしいのです。▼
[カンナ]
モテている…
いいことだっていうなら嬉しいけど、▼
今日みたいなことがいっぱいあったら
どうしたらいいの?▼
[スズカゼ]
そうですね…賊を倒したら、
私がそういうときどうしているか、▼
ゆっくり話してあげますよ。
きっと、今後の参考になると思います。▼
[カンナ]
うん、わかった…
ありがとう、お父さん。▼
お礼に、女の子たちからもらった食べ物は
二人で半分こにしようね!▼
[スズカゼ]
ありがとうございます。
ぜひ、そうさせてもらいますよ。▼

ツバキ

[カンナ]
お父さん、大丈夫ー?▼
[ツバキ]
んー? 何がだいー?▼
[カンナ]
さっきお父さん…
転んでたからー…▼
[ツバキ]
えっ?▼
…………▼
うわわわわわ!!
み、みみ見てたのーーーーっ!!▼
転んだのを見てたの?
見てたんだねーっ!?▼
賊がやってきたドサクサで
誰にも見られてないと思ったのにー!▼
[カンナ]
涼しい顔で立ち上がったところまで
ちゃんと見てたよー。でも…▼
顔から思いっきり地面にぶつかってたから…
だから、大丈夫かなって…▼
[ツバキ]
…………▼
カンナ、その記憶…忘れてくれない?
お父さんが転んだこと、忘れてー?▼
[カンナ]
えっ!?
忘れてって言われてもー…▼
[ツバキ]
…あ、カンナはお腹空いてないかな?▼
たこ焼きが食べたいかなー?
それとも綿あめかなー?▼
[カンナ]
食べたいけど…
食べたから忘れるってわけじゃないよー?▼
[ツバキ]
だ、だよねー。
まったくその通りだよね…▼
でも、うううーっ!!
嫌だーっ!!!!▼
誰かに見られるのすら嫌なのに、
自分の子どもに見られちゃったなんてーっ!▼
[カンナ]
お父さん、どうしてそんなに困ってるの?
誰だって転ぶものだよ?▼
僕だってよく転ぶし…
この前なんか、▼
こっそり乗ったお父さんの天馬からも
落ちたしー…▼
[ツバキ]
カンナ、そんなことしてたの?
ま、まあいいや。▼
そりゃ誰でも転ぶものだけど、
俺はどんな失敗でも人に見せたくなくってねー。▼
俺はいつも完璧でいたいんだー。▼
[カンナ]
完璧?▼
[ツバキ]
うん、例えばね…▼
昔、カムイの前でお腹を
鳴らしちゃったことがあるんだけどね…▼
それって、完璧とはほど遠い失敗でしょう…
それで俺、取り乱してさぁー。▼
[カンナ]
…そのときお母さんは、
なんて言ったのー?▼
[ツバキ]
気にしなくてもいいって…▼
[カンナ]
お母さんの言う通りだよ。
今回のことも全然、気にすることないよー!▼
[ツバキ]
完璧じゃない父親なんて嫌だ…とか
言ったりしないー?▼
[カンナ]
あははは。
言うわけないでしょう?▼
だって僕、
お父さんのこと大好きだからー!▼
何をしたってお父さんはお父さんなんだ。
完璧でも、完璧じゃなくても…▼
お父さんがどんなことをしても
僕は大好きなんだよー!▼
[ツバキ]
カ、カンナ…▼
…………▼
うれしいよ…
ありがとう…▼
[カンナ]
でも、僕…心配だな…▼
[ツバキ]
何がー?▼
[カンナ]
お父さんは完璧が好きなんでしょー?
でも僕はちっとも完璧じゃないから…▼
[ツバキ]
!!  そんなことない!
お父さんはカンナのことが大好きさー!▼
さっきカンナが言ってくれたように、
完璧とか完璧じゃないとか関係ないよ。▼
というか俺にとってカンナは
完璧に可愛い息子だし…ね?▼
[カンナ]
ほんと?
ほんとにほんとー?▼
[ツバキ]
当たり前じゃないかー!▼
俺が子供のときは、
カンナみたいに強くもなかったし。▼
そもそもお父さんは子供時代、
完璧とはほど遠い子どもだったんだよー。▼
[カンナ]
えっ?
そうだったの?▼
[ツバキ]
そうさー。自分のことだってカンナみたいに、
僕って言ってて…▼
あーでも…
こんな話、興味ないよねー。▼
[カンナ]
ううん、聞きたい!
すっごく聞きたいよー!▼
[ツバキ]
えっ、そう…?▼
じゃあ賊を倒したら、
誰もいないところでこっそり話すよー。▼
[カンナ]
うん、お願いー!
楽しみにしてる!▼
[ツバキ]
もうカンナには隠すこともないしねー。
みーんな話してあげる!▼
カンナの素敵な成長に結びつくことを
祈りつつー!▼

サイラス

[サイラス]
カンナ、ちょっと待った!▼
[カンナ]
あ、お父さん。
どうしたの?▼
[サイラス]
お尻に土がついてるぞ。
払ってやるからな。▼
[カンナ]
ありがとう、お父さん。
じゃあ、賊を退治してくるねっ!▼
[サイラス]
いや、まだだ。
お前、お腹が空いてるだろ?▼
ほら、たこ焼きだ。▼
タレは甘めのものにしてもらったぞ。
お前好みの味になっているはずだ。▼
[カンナ]
あ、ありがとう。
でも…あとでいいよ?▼
[サイラス]
ダメだ。
お腹いっぱいじゃないと、しっかり戦えないぞ。▼
[カンナ]
…でも僕…お腹いっぱいだと、
お昼寝したくなっちゃうよ…▼
[サイラス]
そうか、じゃあ全部は食べなくていい。
お父さんと半分こにしよう。▼
[カンナ]
うん、わかった。
じゃあ、いただきまーす!▼
うわぁ、おいしーい!!
本当に僕が好きな味だよ!▼
[サイラス]
よかった。
…おお、本当にうまいな。▼
[カンナ]
うん!
ごちそうさまでした!▼
[サイラス]
…………▼
えらいぞ…▼
[カンナ]
えっ、何が?
僕はただ、たこ焼きを食べただけだよ?▼
[サイラス]
何を言ってるんだ…▼
いただきますも、ごちそうさまも、
しっかり元気に言えたじゃないか。▼
なんだろう…涙が出てくるよ…
お前の成長が胸に染みて…▼
…そうだ。
カンナにこれを渡さないと。▼
[カンナ]
これは何?▼
[サイラス]
一応、今日の屋台の詳細を
紙に書き出しておいたんだ。▼
賊を倒したら、祭りのどこをどうまわりたいか、
これを見ながら考えておいてくれ。▼
[カンナ]
うわぁ、すごーい。
ありがとう!▼
…でも、お父さん。
こんなにいろいろしてくれて、疲れない?▼
[サイラス]
疲れる?
そんなことあるわけないだろう。▼
父さんは大好きな人には
こういうことをする男だ。▼
例えば結婚前のカムイにだって、
こういう感じのリストを作ってあげたけど…▼
そのときだって…▼
[カンナ]
お父さん、ごめん。
その話、すごく聞きたいけど…▼
こんなことしてる間に
賊たちが、やりたい放題しちゃわないかな?▼
[サイラス]
そ、そうだな。
いかんいかん。▼
ではそろそろ戦闘に戻るとしよう。
賊どもを蹴散らすんだ!▼
[カンナ]
うん!▼
[サイラス]
…あ、ちょっと待て。
口にたこ焼きのタレがついているぞ。▼
取ってあげるからな。▼
[カンナ]
う、うん…
それより賊を倒しちゃおうよ…▼

サイゾウ

[カンナ]
ねえ、お父さん。
お父さんって、変な人なの?▼
[サイゾウ]
!?▼
な、なんだ、いきなり…
無礼だぞ。▼
俺は変な人などでは断じてない。▼
泣く子も黙る五代目サイゾウ。
圧倒的な剣術と忍術を誇る天才忍者…▼
それが人々の俺に対する評価であり、
変な人などと言われたことはない。▼
[カンナ]
ふーん。
じゃあ、これは何?▼
[サイゾウ]
!!!!!!!!!!▼
そ、それは…
「カムイ観察記録」ではないかっ!▼
どこでそれをっ!?▼
[カンナ]
さっき、お父さんが落としたんだよ。▼
[サイゾウ]
…………▼
そ、そうか…
とりあえず返してもらえるか?▼
[カンナ]
いいよ。
でも、これを書いたのはお父さんだよね?▼
お父さんは昔、お母さんのことを
ずっと監視してこれを書いたんだよね?▼
[サイゾウ]
…ま、まぁ…▼
[カンナ]
それって変だよね?
つまり、お父さんって、すごく変な人だよね?▼
[サイゾウ]
ち、ち、違うのだ!
これには様々な事情があり…▼
[カンナ]
お母さんが昔、暗夜にいたっていう
事情のこと?▼
[サイゾウ]
そうだ、その通りだ。▼
だから俺は彼女を
監視しなくてはと思ったのだ。▼
…って…けっこう読んでいるのだな。▼
[カンナ]
うん! ぜーんぶ読んだ!▼
[サイゾウ]
…………▼
くっ…
これを落としてしまうとは…なんたる失態…▼
[カンナ]
全部読んだけど、いろんなところに、
お父さんらしくないことばっかり書いてあった。▼
例えば、お母さんのかわいらしさについて
細かく書かれていたり…▼
[サイゾウ]
!!!▼
[カンナ]
あと、今日はお母さんの笑顔を何回見たとか…
それがどういう種類の笑顔だったとか…▼
[サイゾウ]
!!!!▼
[カンナ]
お母さんからいい匂いがしたとか…▼
[サイゾウ]
!?!?!?!?!?▼
[カンナ]
お母さんの目に吸い込まれそうになったとか、
直視できないとか…▼
[サイゾウ]
やめろーーーーーーーーーーーーっ!!
やめてくれーーーーーーーーーーーーっ!!▼
はぁ…はぁ…▼
…お願いだ。やめてくれ。▼
わかった…
そういうことを書いたことは認めよう…▼
ただ、俺は変な人ではない…▼
それが俺なりの、
人を好きになるときの生き様だったのだ…▼
[カンナ]
それだけ、お母さんのことが
好きだったっていうこと?▼
[サイゾウ]
そう。
そして、今でもずっとそうだ…▼
[カンナ]
そっか!
だったら別に変なことじゃないね!▼
[サイゾウ]
そうだ…
ちっとも変なことではないのだぞ…▼
カンナ…
頼むからこのことは黙っていてくれ…▼
[カンナ]
うーん…そうだなぁ…▼
今日は、屋台でいっぱい
食べたい気分なんだけど…
[サイゾウ]
よし、わかった。
何でも買ってやる!▼
それで手を打てるなら、安いものだ!
さっそく賊を倒すぞ!▼
[カンナ]
わーい!
お父さん、だーい好きーっ!▼

アサマ

[カンナ]
ねえ、お父さん。
僕、帰りたいよ…▼
[アサマ]
あっはっは。
なんですか、急に?▼
[カンナ]
帰りたいんだよぅ…▼
[アサマ]
困りましたねぇ…▼
誰かさんみたいに、今にも俳句を詠みそうな
勢いではありませんか…▼
しかし、今は戦闘中。
みなさん、賊と戦っている最中なんです。▼
帰りたいなどと言われては…▼
…ははぁ、わかりました。
あなた、賊が怖いのですね?▼
まったく…そんな弱い子に
育てた覚えはありませんけどねえ。▼
[カンナ]
全然、違うよ。
賊なんて怖くないよ。▼
賊にやられて死ぬのだって
怖くないぐらいなんだ。▼
[アサマ]
えっ?▼
[カンナ]
みんな今は生きてるけど、
でもいつか死ぬわけでしょう?▼
だったらいつ死んでも同じことだから、
だから、怖くないんだ。▼
[アサマ]
…………▼
その年で、その悟りっぷり…
末恐ろしい子ですねえ…▼
では、なぜ帰りたいのか言ってください。
賊を倒したら楽しいお祭りが再開するのですよ?▼
[カンナ]
そのお祭りが問題なんだよ…▼
実は僕…
うるさいところが苦手なんだ。▼
[アサマ]
へぇ、それは初耳ですね…▼
[カンナ]
人がいっぱいいて、ゴチャゴチャしてると、
落ち着かないんだよね…▼
[アサマ]
なるほど…
だったらこうしましょう。▼
賊を倒したらお祭りを抜け出して、
一緒にいいところに行きましょう。▼
[カンナ]
いいところって?▼
[アサマ]
森です。▼
[カンナ]
森?▼
[アサマ]
ええ。私は幼少期から
よく山や森で修行をしていましてね。▼
森はいいですよ。
空気が澄んでいて、人もいない…▼
森が奏でる心地よい音に
静かに耳を傾ける…▼
最高の娯楽です。▼
[カンナ]
へえー!
行ってみたいなぁ!▼
[アサマ]
あっはっは。
まったく、おもしろいものですねえ。▼
[カンナ]
何がおもしろいの?▼
[アサマ]
私とカムイさんも
よく森で過ごしたものですから…▼
[カンナ]
へえ、そうだったんだー!
僕も森に行きたい! 行きたい!▼
[アサマ]
わかりました。▼
賊を倒したら、
異界の森に行ってみましょう。▼
そのほうが、
あなたのためになるでしょうからね。▼
[カンナ]
うん。ありがとう、お父さん。
楽しみにしているね!▼
[アサマ]
私もですよ。▼
静かな森で、あなたの話を
たっぷり聞いてあげたいと思います。▼

ツクヨミ

[カンナ]
ぶつぶつぶつ…▼
ぶつぶつぶつぶつ…▼
[ツクヨミ]
…カ、カンナ。
何をしておるのだ?▼
[カンナ]
ああ、お父さん!▼
手紙だよ。僕が書いた手紙を、
読み直しているところなんだ!▼
[ツクヨミ]
手紙?▼
[カンナ]
うん。
お母さんに言われたんだ。▼
手紙って不思議で、お話しするより
相手に気持ちが伝わるって。▼
その話を思い出して、
初めて書いてみたんだ!▼
[ツクヨミ]
カムイと手紙が…
懐かしい思いがこみ上げてくるな…▼
[カンナ]
懐かしい?
何が懐かしいの?▼
[ツクヨミ]
だいぶ前の話だが…
私は故郷に手紙を書こうと思っていた。▼
しかし、私は手紙というものを
書いたことがなくてな…▼
さて、どうしたものかと悩んでおった。▼
するとカムイがやってきて、
優しく教えてくれたのだ。▼
彼女がいなければ、
私は手紙の素晴らしさを知らずにいただろう。▼
[カンナ]
へえーっ。
やっぱりお母さんは優しい人なんだね!▼
お母さんの優しさのこと、
書いておいてよかった!▼
[ツクヨミ]
ん? 手紙にカムイのことが
書かれておるのか?▼
[カンナ]
そうだよ!
これはお父さんとお母さん宛だから。▼
[ツクヨミ]
私たちに?▼
[カンナ]
うん。
今日は子どもの成長を願うお祭りでしょ。▼
でも、ここまで成長できたのは
お父さんとお母さんのおかげだから。▼
その気持ちを書いてみたんだ!▼
優しくしてくれてありがとうとか、
守ってくれてありがとうとか…▼
…………▼
あっ! せっかく手紙に書いたのに、
話しちゃった!▼
僕ってダメだね…
今のは忘れてね?▼
[ツクヨミ]
…………▼
うっ…!!▼
[カンナ]
お、お父さん、泣いてるの!?▼
[ツクヨミ]
な、泣いてなどおらぬ!
私は父親で、立派な大人だからな。▼
ただ…なんかこう…
胸が一杯になるというか…▼
不思議な感覚に襲われておるぞ…▼
…カンナ、紙は持っておるか?▼
[カンナ]
うん…
涙を拭くの?▼
[ツクヨミ]
違う! 書くための紙だ。
あと書くものも貸してくれ。▼
[カンナ]
お父さんも手紙を書くの?▼
[ツクヨミ]
…そうだ。
私もお前に、手紙を書こうと思う。▼
親を幸せにするまじないの力を持った
お前への感謝の気持ちをな…▼
[カンナ]
えへへ…ありがとう。
楽しみにしてるね、お父さん。▼

ヒナタ

[カンナ]
お父さん。
今日は子どもの成長を願うお祭りだよね。▼
お父さんは、僕のために
どんなお願いごとをしてくれるの?▼
[ヒナタ]
そりゃ、簡単には教えられねえな。▼
[カンナ]
えーっ!ケチー!
いいじゃーん。▼
[ヒナタ]
どうしても知りたいっていうんなら、
俺から一本取ってみな?▼
[カンナ]
せ、戦闘中なのに?▼
[ヒナタ]
俺の子なら細かいことは気にすんな!▼
[カンナ]
…わ、わかった!
じゃあ行くよ!▼
はぁ!▼
[ヒナタ]
おっ…
なかなかやるじゃねえか。▼
いいぞいいぞ!
もっと本気でこい!▼
[カンナ]
はぁーーーーーーっ!
とりゃーーーーーーーーーーーっ!▼
[ヒナタ]
うわぁ! やられたーっ!
こりゃ、一本だな!▼
[カンナ]
お父さんったら!
本気じゃなかったでしょう?▼
[ヒナタ]
あはは。
そんなことないぜ?▼
さすがカムイの子って感じだ。
お前たちは強いなぁ。▼
昔、カムイとも
似たような勝負をしたことがあって…▼
そのときも一本取られたんだ。▼
それで、俺は秘密にしてたことを
話さなきゃいけなくなってさ。▼
[カンナ]
へえ!
秘密って何?▼
[ヒナタ]
おいおい。それを教えるなら、
今日の願いごとは言わねえぞ?▼
どっちかひとつだ。▼
[カンナ]
じゃあ…願いごと!
今日の願いごとを聞きたい!▼
[ヒナタ]
うーん、そうだな…
…実は…ねえんだ…▼
[カンナ]
えーっ!?▼
何も願ってもらえないなんて…
なんか、悲しいよ…▼
[ヒナタ]
いやいや!
あったんだけどさ、なくなっちまったんだ。▼
お前には「強い男になってほしい」って
願おうとしたんだけどさ…▼
今のでお前の強さはわかったからな。
わざわざ俺が願う必要もねえだろ?▼
[カンナ]
ああ、そういうことか!
じゃあ代わりに何かお願いしてよ。▼
[ヒナタ]
…あ、じゃあこれで行くか。
「好きなように生きろ!」▼
[カンナ]
す、好きなように生きろ?▼
[ヒナタ]
カンナには難しいことは考えずに
好きに生きてほしいと思ってる。▼
俺もそうやって生きてきたんだ。▼
[カンナ]
お父さんみたいな生き方か。▼
へぇー、だったら楽しそう!▼
[ヒナタ]
そういや、お前の好きなことってなんだ?▼
[カンナ]
好きなこと…うーん…▼
僕の好きなことは、
家族みんなで一緒にいることだよ!▼
これからはずーっとみんなで一緒にいさせて。
それが一番幸せだよ。▼
[ヒナタ]
…………▼
あはは…なんだよ、それ…
反則だろ…▼
まったく…
涙腺が緩くなってきて困るぜ…▼
[カンナ]
お父さん、大丈夫?▼
[ヒナタ]
ああ、大丈夫だ。
また一本取られちまっただけさ。▼
こうなったら、
今日はとことんまでかわいがってやるからな。▼
[カンナ]
えーっ、ほんと!?▼
[ヒナタ]
ああ、本当だ。
覚悟しとけよ!▼
[カンナ]
わかった!
うんとうんと覚悟しておくね!▼

タクミ

[カンナ]
お父さん、お父さん!
弓のコツを教えて!▼
[タクミ]
えっ、また?
昨日、教えたばかりじゃないか…▼
それに今は戦闘中だ。
賊を倒すことに集中しないと。▼
[カンナ]
うん…わかった…
でも…▼
[タクミ]
でも、なんだ?▼
[カンナ]
…お父さんはお祭りなんかに
興味ないかもしれないでしょ。▼
だから、戦いが終わったら
どこかに行っちゃうかもしれないし…▼
[タクミ]
ちょっと待った…
どうしてそんな悲しそうな顔するんだよ…▼
[カンナ]
…………▼
…わかった。
本当のことを言うよ。▼
僕、お父さんに
弓を教えてほしいわけじゃないんだ▼
[タクミ]
えっ?▼
[カンナ]
だって、弓のことでもないと、
お父さんが一緒にいられないと思うから…▼
[タクミ]
…………▼
そういうことだったのか…▼
僕って、ほんとダメだなぁ…▼
[カンナ]
えっ?▼
[タクミ]
弓のことでもないと、近づきがたいというか…▼
一緒にいられないような雰囲気を
出してしまっているってことだろう?▼
悪かった。反省するよ。▼
[カンナ]
ううん、お父さんは悪くないよ。
だから全然いいんだ。▼
[タクミ]
よくない。▼
実は、カムイにも
似たようなことを言われたことがあるんだ。▼
[カンナ]
えっ? お母さんにも?▼
[タクミ]
昔のことだけど…カムイは
僕と話をしたがっていたんだ。▼
でも、僕はそれを拒否していた。▼
そしたらカムイも
弓を教えてほしいって言ってきたんだ。▼
[カンナ]
そうだったんだ…▼
[タクミ]
カンナ、今日は思い切り甘えていいぞ。
今まで寂しくさせてしまったからな。▼
[カンナ]
ほんと? 弓の話をしなくても、
僕と一緒にいてくれる?▼
[タクミ]
当たり前だよ。
これからもずっとそうだ。▼
[カンナ]
うっ…
うれしいよぅ…!!▼
うえええええん…!!▼
[タクミ]
ええっ!?
な、なんで泣くんだよ!!?▼
仕方ないなあ。ほら、おいで。
抱きしめてやるから。▼
[カンナ]
ぐすっ、ぐすっ…
お父さん、あったかい…▼
[タクミ]
もう、そんなに泣くなよ。
泣いたら僕にも移るだろ…▼
あーあ。僕がこんなことで涙ぐむなんて…
父親になるって不思議なものだね。▼
今日は子どもの成長を願うお祭りだけど、
僕もひとつ成長させてもらった気がするよ。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[タクミ]
さあ、もう大丈夫だね?
早く邪魔な賊を倒して、親子の時間を楽しもう。▼
本当の祭りはそこからだよ。▼
[カンナ]
うん!
すっごく楽しみ!▼

ニシキ

[ニシキ]
カンナ!
調子はどうだい?▼
[カンナ]
あ、お父さん!
僕は元気だよ!▼
[ニシキ]
それはよかった。▼
今、したい遊びはあるかい?
あればお父さんが協力してあげるよ?▼
[カンナ]
んー、今はないかな。
まずは賊を倒さなくちゃいけないし!▼
[ニシキ]
あはは、確かにそうだね。
偉いぞ、さすがはボクの子だね!▼
じゃあ、お腹は?
お腹は空いていないかい?▼
食べたいものがあれば、
お父さんが持ってきてあげるよ?▼
[カンナ]
お腹も今は大丈夫かな!▼
[ニシキ]
じゃあ、かゆいところとかない!
背中とかかゆかったら、ボクがかいてあげるぞ?▼
[カンナ]
か、かゆいところ!?
…………▼
…ねえ、お父さん。
ずっと聞こうと思ってたんだけど…▼
[ニシキ]
なんだい、なんだい?▼
[カンナ]
お父さん、さっきから僕に
恩返ししようとしてない?▼
[ニシキ]
どうしてわかったんだい!!?▼
[カンナ]
そりゃあ、そんなに世話焼きされれば
何かあるのかなって思うよ!▼
でも、わからないこともあるんだよね…▼
[ニシキ]
何が?▼
[カンナ]
どうしてお父さんが僕に
恩返ししようとするのか。▼
だって僕、お父さんに恩返しされるようなこと
何もしてないから…▼
[ニシキ]
あはは。
もう、何を言ってるんだ。▼
ボクはカンナに一生かかっても
恩返しし切れないよ?▼
[カンナ]
どうして?▼
[ニシキ]
なぜって、キミみたいな素敵な子が、
この世に生まれてきてくれたからさっ!▼
[カンナ]
!!▼
[ニシキ]
キミみたいな子の親になれたことに、
ボクは心から感謝している。▼
だから、いつでも恩返ししたい気分なんだ!▼
[カンナ]
お父さん…!
そんな風に思ってくれてたんだ…!▼
でも、それじゃ恩返しするのは僕のほうだよ。
僕のお父さんになってくれてありがとう。▼
[ニシキ]
いや、お礼なんていいのさ。
むしろボクが言いたいぐらいなんだから。▼
…あ、そうだ。
さっきいいもの買ったんだ。▼
ほら、見て?
万華鏡だよ。▼
[カンナ]
万華鏡?▼
[ニシキ]
ここに穴があるだろう?
そこを覗いてごらん?▼
[カンナ]
…うわぁ!
なにこれ! すごくきれいだよ!▼
[ニシキ]
あはは、やっぱりそうか。
よろこんでもらえてよかった。▼
そういうところ、カムイそっくりだね。▼
[カンナ]
お母さんに?▼
[ニシキ]
うん。昔…万華鏡を買って、
カムイに見せてあげたことがあるんだ。▼
そしたらすごくよろこんでくれてね。
その姿と今のカンナが重なってしまったんだよ。▼
屋台には、他の種類の万華鏡も売られていたよ。
あとで見にいってみるかい?▼
[カンナ]
ほんと?
見てみたいなー!▼
[ニシキ]
よし、じゃあ賊を倒したら
一緒に見に行こう!▼
[カンナ]
うん!
楽しみにしてるね、お父さん!▼

リョウマ

[リョウマ]
カンナ。
賊を成敗した後、祭りを一緒に過ごさないか?▼
[カンナ]
えっ、ほんと!?▼
…あっ、でも…▼
[リョウマ]
どうした?
先約でもあるのか?▼
[カンナ]
ううん、そうじゃないんだ。▼
[リョウマ]
では、なんだ?
俺と過ごすのは嫌か?▼
[カンナ]
嫌じゃないよ。
声をかけてくれて、すごくうれしいよ。▼
でも…▼
[リョウマ]
でも?▼
[カンナ]
お父さんはお母さんとか…他のきょうだいの
人たちと過ごした方がいいと思うんだ。▼
[リョウマ]
ん?▼
なぜそう思う?▼
[カンナ]
だって…僕といるより、
その人たちといるほうが楽しそうだから…▼
[リョウマ]
そんなことはない。
何を言っているんだ。▼
[カンナ]
そんなことあるよ。
お父さんと僕の間には話題もあまりないし…▼
でも、お母さんたちとは
いろいろ話すことがあるでしょう?▼
僕だってバカじゃないから…
それぐらいわかるんだ…▼
[リョウマ]
…………▼
すまない。▼
そんな風に思わせてしまったのは、
完全に俺のせいだ。▼
俺たちは親子でありながら、
なかなか一緒に過ごすことができずにいた。▼
だから自ずと共通の話題も少なく…▼
…カンナ。
寂しい想いをさせてしまっていたな。▼
[カンナ]
ううん…いいんだ…▼
[リョウマ]
本当にすまない。
しかし、これからは違うぞ。▼
…昔、俺はカムイに
こんなことを言った。▼
過去は変えることができない。
だが、未来はいくらでも変えられる。▼
思い出がないならこれから作ればいいと…▼
それは俺たち親子も同じだ。▼
[カンナ]
思い出がないなら、
これから作ればいい…▼
[リョウマ]
ああ。この祭りで1つ、
俺たちの大きな思い出を作ろう。▼
…いや、作らせてくれ。▼
[カンナ]
…父さん。▼
[リョウマ]
…そうだ。
今日は渡したいものがあるのだ。▼
忘れないうちに渡しておこう。▼
[カンナ]
これは…指輪?▼
[リョウマ]
ああ。カムイとともに、
お前のために作った。▼
護身の願掛けをしてある指輪だ。▼
見ろ。俺と揃いの形だ。
もちろん、カムイともな。▼
[カンナ]
うわぁ! すごーい!
ありがとう!▼
[リョウマ]
祭りが終われば、また厳しい戦いに
戻らなければならない。▼
寂しくなったら、この指輪を見てもらいたい。
ここには俺たち両親の思いが詰まっている。▼
[カンナ]
わかった…
なんか、すごく胸が温かくなってきたよ!▼
僕、もうクヨクヨしない!
約束するよ!▼
[リョウマ]
そうか…
そう聞けて安心した。▼
では祭りが再開したら
神社のところで待っている。▼
忘れずに来るんだぞ。▼
[カンナ]
忘れるわけないよ。
すぐに賊を倒して、全速力で駆けつけるから。▼

アシュラ

[アシュラ]
おい、カンナ…
お前、大丈夫か?▼
[カンナ]
大丈夫って?
僕は大丈夫だけど…▼
どうかしたの?▼
[アシュラ]
いや…最近…お前が暗いとか…
様子が変だっていう噂を聞いたんだ。▼
[カンナ]
僕が暗い? 様子が変?▼
…うーん…なんのことだろう…
別に悩みごととかもないけどなぁ…▼
…………▼
…あ。
もしかしたら、あれのことかなぁ?▼
[アシュラ]
なんだ?
心当たりがあるのか?▼
[カンナ]
うん。僕、最近よく
お父さんの真似をしてるんだ。▼
[アシュラ]
は? 俺の真似?
なんだそれ?▼
[カンナ]
知りたい?
だったら見せてあげるよ?▼
…俺はカンナ。
薄汚れた盗賊だ…▼
…俺に近寄らないほうがいいぜ…
あんたたちの名誉のためにもな…▼
こんな感じ。
けっこう似てるでしょう?▼
[アシュラ]
…………▼
[カンナ]
これが、暗いとか
様子が変とか思われたのかなぁ…▼
[アシュラ]
…しかし、どうしてまた俺の真似を?▼
[カンナ]
かっこいいからだよ。
僕、お父さんに憧れてるんだ。▼
[アシュラ]
えっ?▼
[カンナ]
僕、大きくなったら、
お父さんみたいな男になりたいんだ。▼
お父さんみたいなかっこいい男になって、
一緒にコウガ公国を再建したいんだ。▼
[アシュラ]
…………▼
カ、カンナ…▼
そんなこと思っているなんて…
ちっとも知らなかったぜ…▼
[カンナ]
お父さん、泣いてるの?▼
[アシュラ]
…いや、泣いちゃいないさ。
薄汚れた盗賊に涙は似合わねえからな。▼
[カンナ]
僕が真似しているのが嫌だった?
お父さんに憧れているのが嫌だった?▼
[アシュラ]
そうじゃねえ、その逆だ…
極上にうれしいんだよ…▼
[カンナ]
ああ、よかったー。
心配しちゃったよー。▼
[アシュラ]
だが、本気で国を再建したいなら、
俺みたいな奴の真似はやめたほうがいいかもな。▼
[カンナ]
えーっ、どうして?▼
[アシュラ]
昔、カムイに絆の大切さ、
仲間の大切さを教わったことがあってな…▼
それを聞いて、俺は考えさせられた…▼
一人じゃ国は再建できねえ。
再建のためには絆の深い仲間たちが必要だってな。▼
で、仲間と絆を深めるには、俺みたいな奴より、
お前みたいな人間のほうが適している。▼
[カンナ]
僕みたいって、どういうこと?▼
[アシュラ]
笑顔だよ。
お前のような純粋な笑顔に人は集まる。▼
せっかくの長所なんだから、
自分の手で壊しちゃいけねえよな。▼
[カンナ]
そっかー。じゃあ僕、お父さんの真似は
しないほうがいいのかなぁ。▼
せっかく今日…
夢がかなうと思ったんだけどな…▼
[アシュラ]
夢?▼
[カンナ]
うん。今日のお祭りはお父さんの真似をして、
お父さんと一緒に歩きたかったんだ。▼
[アシュラ]
えっ?▼
[カンナ]
僕、お父さんみたいな盗賊の服を作ったんだ。
それを着て、親子で歩きたいと思ってるの。▼
…俺は薄汚れた盗賊…
…焼き鳥は塩しか受けつけねえぜ?▼
みたいなことを屋台で言いたかったのに…▼
[アシュラ]
ふっ…なんでそんなことを思いつくのか。
子どもって奴は不思議な生き物だ…▼
…よしわかった。
じゃあ今日はそうしようじゃねえか。▼
せっかくのお祭りだ。
とことんまで付き合ってやるぜ!▼

ハロルド

[カンナ]
お父さん。
僕、見てたよ。▼
[ハロルド]
おお、カンナ。
何を見ていたのだ?▼
[カンナ]
お父さん、このお祭りだけで
5回は落とし穴に落ちたよね。▼
[ハロルド]
…………▼
ああ、忘れてくれたまえ。
父親として見せたくない、情けない姿だ。▼
カンナ。前々からずっと
お前に言いたかったことがあるのだが…▼
[カンナ]
何?▼
[ハロルド]
…こんな父親で、すまないな…▼
[カンナ]
えっ?▼
[ハロルド]
私は不幸の星の下に生まれてしまったようで…
普通に生きているだけで、様々な災難に遭う。▼
お前には、かっこいいヒーローの姿だけを
見せていたいのだが…そうもいかず…▼
みっともない姿を見せてしまって…
本当に、すまない。▼
[カンナ]
そ、そんなことないよ!
お父さんはちっとも、みっともなくなんかない!▼
黙ってたけど、
僕、そういうお父さんも尊敬しているんだ。▼
[ハロルド]
…ど、どういうことだ?▼
[カンナ]
僕、思うんだ…
お父さんは正義のヒーローとして…▼
みんなの代わりに、
不幸な目に遭ってくれてるんじゃないかって。▼
[ハロルド]
みんなの代わりに?▼
[カンナ]
そう。本当は他の人が受けるはずの不幸を、
お父さんが一人で引き受けてくれてるんだ。▼
だからみんなは楽しく過ごせてるんだ。▼
今日もお父さんは何回も落とし穴に落ちて、
その度に穴を埋めてくれていたでしょう?▼
だからこそ、僕たちは穴に落ちることなく
安全に戦うことができている…▼
そんなお父さんが真のヒーローなんだよ。▼
[ハロルド]
…………▼
カンナ…▼
うっ…このハロルド…
不覚にも涙が…▼
お前は私の全てを見ていてくれて、
全てを理解してくれている…▼
そう思うだけで、無敵になったような気分だ…▼
賊の奴らなど
片手だけでひねり潰せそうだぞ…▼
[カンナ]
よかった…
そう思ってくれて僕、ホッとしたよ!▼
[ハロルド]
…よし、ひねり潰す前に
頭から水でもかぶるとするか。▼
[カンナ]
頭から水をかぶる?
どうして?▼
[ハロルド]
…昔…防災訓練の講師に呼ばれたことがあってな。
そのとき、カムイに言われたのだ。▼
頭から水をかぶってから行って、と。▼
理由はわからなかったが、
私はその忠告に従った。▼
するとその結果…
私は講師として大成功を収めることになった。▼
以来、げんかつぎではないが…ここぞと
いうときには、水をかぶることにしているのだ。▼
[カンナ]
へえー。
じゃあ、僕もそうしてみようかな!▼
[ハロルド]
…いや、それはダメだ。▼
[カンナ]
なんで?▼
[ハロルド]
…頭から水をかぶる前後、
私は様々な不幸に遭う可能性が考えられる。▼
そんな私と一緒だと、
お前も不幸に巻き込まれる可能性が高い。▼
[カンナ]
じゃあ僕もお父さんと一緒に、
みんなの不幸を…!▼
[ハロルド]
いや…お前は、不幸を一身に背負う私を
尊敬してくれているのだろう?▼
だったら、尊敬する父親でいさせてくれ。
お前を巻き込みたくないのだ。▼
[カンナ]
…か、かっこいい…▼
かっこよすぎるよ、お父さん!▼
[ハロルド]
…………▼
ふぅ…今日はおかしな日だ…▼
まだ水をかぶっていないのに…
私の視界はさっきから…びしょ濡れ状態だ…▼

オーディン

[カンナ]
我が父よ…▼
今宵、賊を成敗した暁には
果たすべき天啓があるのか…?▼
[オーディン]
…は、はい?▼
[カンナ]
だから、賊を成敗した暁には
果たすべき天啓があるの?▼
簡単に言うと…
賊をやっつけたあと、何か予定とかある?▼
[オーディン]
いや…言っていることはなんとなくわかるが…
お前…その言い方は…▼
[カンナ]
えへへ、そうだよ。
大好きなお父さんの真似をしてみたんだ!▼
[オーディン]
…………
…ふっ…ふふふっ。▼
か、からかわないでもらいたいな。
今日は子どものための祭り。▼
だからと言って調子に乗っているのなら、
ろくな大人にならないぞ。▼
[カンナ]
もう、からかってなんかいないよ?
僕はお父さんに憧れてるんだから!▼
お父さんのしゃべり方とか仕草とか、
全部かっこいいなーって思ってるんだ。▼
[オーディン]
えーっ!?
そ、そそそそうだったのか!?▼
そうならそうって言ってくれよ!
俺、全然知らなかったぞ!▼
[カンナ]
どうして?
選ばれし者は鈍感なの?▼
[オーディン]
いやいや、だってさー。▼
お前はどっちかっていうと
カムイ寄りの子だと思ってたから…▼
てっきり白い目で見られてるのかと
思ってたぜ…▼
[カンナ]
お母さんはこういうの、嫌なの?▼
[オーディン]
嫌かどうかはわからないが…
普通にしゃべってみてとは言われるな。▼
あとは俺がこういう物言いをするとよく、
沈黙する。▼
それはまるで泉に惑う
幽玄の魂たちの静謐…▼
だめだー!
絶対あきれられてるに決まってるー!!▼
[カンナ]
そ、そんなことないと思うけどな。
僕、ときどきお母さんに▼
そういう言い方をしてるけど、
何も言われないよ?▼
[オーディン]
…………▼
えっ?▼
[カンナ]
何も言われないどころか、
かわいいって言われるよ?▼
[オーディン]
な、なんだとーっ!?
さ、さ、さ、差別だっ!▼
これは明白な家庭内差別の事案だっ!!▼
[カンナ]
…あ、でもお母さん…
こんなことも言ってたっけ…▼
お父さんのそういうしゃべり方も
僕と同じでかわいいって。▼
[オーディン]
?▼
[カンナ]
でもお父さんの場合、自分に酔いすぎてて、
お母さんが笑いをこらえるのが大変なんだって。▼
だからお父さんには
普通に話してって言ってるらしいよ。▼
[オーディン]
…………▼
カムイが…
俺をかわいいと思っている…▼
俺はあきれられていたんじゃなくて、
かわいいと思われていた…▼
冷たい態度に見えたのは、
俺がおもしろすぎるから…▼
…………
…な、なんだこの感覚は…▼
我が漆黒の体躯から…
紅蓮の情意が爆出してくる…っ!!▼
これは俺の理想の夫婦関係、そのものだっ!!▼
[カンナ]
あはは、そうなんだ。
よかったね、お父さん!▼
[オーディン]
ああ、最高だ…
家族って、最高だぁ…っ!!▼
なあカンナ。今日のお祭りは
家族で思いっきり楽しもうな!▼
[カンナ]
うん、そうだね。
僕はそれを言いにきたんだ。▼
[オーディン]
ああ、そうだったのか。
では正式に答えよう。▼
銀朱の情調に熾る選ばれし者…
このオーディンは…▼
光華の欣喜を放散させながら、
選ばれし珠玉のような家族と帯同しよう!▼
[カンナ]
わかった!▼
…多分だけど…簡単に言うと、
よろこんで一緒に過ごすよってことだね?▼
[オーディン]
その通ーーりっ!!▼
よーし、こうなったら
アウェイキング・ヴァンダー連発だ!▼
この漆黒のオーディン…
一瞬でお祭りの平和を取り戻してやるぜっ!▼
[カンナ]
うわぁ!
お父さん、今日もかっこいいー!!▼

ゼロ

[ゼロ]
カンナ、暗いカオしてどうした?▼
[カンナ]
…お父さん。
僕、悩んでるんだ…▼
[ゼロ]
悩んでる?
何を?▼
[カンナ]
実は、ちょっと計画してることがあって…▼
お父さんにはバラしちゃうことになるけど、
言ってもいいかな?▼
[ゼロ]
ああ、気にせず言え。▼
[カンナ]
僕、日ごろの感謝を込めて、お父さんと
お母さんにお礼を言おうと思ってるんだ。▼
「いつもありがとう」「大好きだよ」って。▼
お父さんは男だから、
普通に言えると思うんだけど…▼
でも…お母さんには…言いにくいっていうか…
照れくさいっていうか…▼
ちゃんと言えるか不安なんだ…▼
[ゼロ]
へぇ…
そういうことか…▼
ならこうすればイイ。▼
言葉にしなくても、
一瞬で思いを伝える手があるぞ。▼
[カンナ]
えっ、何それ!?
教えて!▼
[ゼロ]
噛みつくんだ。▼
[カンナ]
えーっ?
噛みつく?▼
[ゼロ]
そうだ。
ガブッとな。▼
それだけで、一瞬で気持ちが伝わる。▼
[カンナ]
そんな話、聞いたことないけど…▼
[ゼロ]
そうか。
じゃあ今聞かせてやろう。▼
…あれはまだ
俺たちが結婚する前のことだ…▼
カムイが不意に俺に
話しかけてきたことがあってな…▼
正直、そのとき俺は嬉しかったんだが、
気持ちをうまく言葉にできなかった。▼
だから噛みついてやったんだ。
カムイに、ガブッとな。▼
…そこからは早いモノだった…▼
その日を境に俺たちの距離は縮まり、
ついには結婚を申し込んでいた。▼
[カンナ]
…………▼
ホントに? それで結婚?
細かいトコロ省いてない?▼
[ゼロ]
確かに省いた。
子どもにはまだ早いトコロをな…▼
だが、俺が噛み付いた結果、
結婚をしたのは本当だ。▼
[カンナ]
そっか…
じゃあ本当に、気持ちが通じたのかもね…▼
じゃあ賊をやっつけたら、
お母さんにガブッてしてみる!▼
[ゼロ]
ああ、そうするといい。▼
[カンナ]
でも…
どうやって噛みつけばイイの?▼
[ゼロ]
普通に噛みつくだけだ。
俺が練習台になってやる。▼
俺に噛みついてみろよ。
ありったけの思いを込めて。▼
[カンナ]
…わ、わかった…
じゃあ行くよ!▼
ガブッ!▼
[ゼロ]
ダメだ。
そんなんじゃ、ちっとも悦ばせられない。▼
もっと心を込めるんだ。▼
[カンナ]
わかった。
じゃあ竜になってから…!▼
[ゼロ]
それはやめろ。
さすがに昇天しちまう。▼
[カンナ]
だ、だよね。
父さんがあの世にイっちゃうのはやだな。▼
さっきより心を込めて…
もう一回…▼
お父さん。いつもありがとう…▼
ガブッ!▼
[ゼロ]
ああ…イイな、今のは。
お前の気持ちが奥まで伝わってきたぞ。▼
[カンナ]
良かった…!▼
賊を倒したら、
今みたいな感じでヤってみるね!▼
そしてお父さんとお母さんを
悦ばせてあげるんだー!▼
[ゼロ]
イイぞ…その意気だ。
きっと最高の祭りになるだろう。▼
がんばれよ、カンナ。▼
[カンナ]
うん!
ありがとう、お父さん!▼
[ゼロ]
…さてと。▼
さっさと賊を蹴散らして、
カムイの驚いた顔を拝むとしよう。▼
想像するだけで温かいモノで満たされる…
これが家族を持つ幸せってやつか。▼
…ありがとう、カムイ…
何もかも、お前のおかげだ…▼

ラズワルド

[カンナ]
ねえ、お父さん。
あとで一緒に来てくれない?▼
[ラズワルド]
ん?
行くって、どこに?▼
[カンナ]
的当てだよ。
僕、的当てをやりたいんだ。▼
[ラズワルド]
ああ、そういうことか。
もちろん、一緒に行こう!▼
[カンナ]
よかった、ありがとう!▼
でね、そのとき、的当ての屋台の人には
お父さんから話しかけてほしいんだ。▼
[ラズワルド]
えっ、どうしてまた?▼
[カンナ]
あの人…僕の目を覗き込む感じで、
じーっと見ながら話すから…▼
は、恥ずかしくて…
…僕、そういう人が苦手みたいなんだ。▼
[ラズワルド]
そうだったの?
全然、知らなかったよ…▼
でも安心して。
そういうのは、がんばれば克服できる。▼
どんなにじーっと見られても、
それほど恥ずかしくなくなってくるよ。▼
[カンナ]
ほんと?
でも、がんばるって…どうがんばればいいの?▼
[ラズワルド]
そうだね…
女の子にたくさん話しかけてごらん。▼
[カンナ]
えっ?▼
[ラズワルド]
男の子が度胸をつけるには、
女の子に声をかけるのが一番なんだ。▼
[カンナ]
女の子に…声をかける…▼
[ラズワルド]
実は昔…っていうか未来なんだけど…
これと同じことを、母さんに言われてね。▼
[カンナ]
お父さんのお母さんってことは、
僕のおばあちゃんってこと?▼
[ラズワルド]
そう。僕も子どものころ、
けっこうな恥ずかしがり屋だったんだけど…▼
母さんにそう言われて、
がんばって女の子に声をかけてみたんだ。▼
結果、それなりに度胸もついたし、
人と目を合わせても平気になった。▼
その上、高嶺の花のカムイに
話しかけることもできた。▼
つまり、カムイと結婚できたのも、
いわばこの助言のおかげみたいなものだね!▼
[カンナ]
へぇー!
おばあちゃんの助言、すごいね!▼
じゃあ、僕もがんばってみようかな。
僕も、お父さんみたいに変わりたいし。▼
でも、女の子に
何て言って声をかければいいの?▼
[ラズワルド]
「一緒にお茶でも行かない?」
このひと言でいいんだ、簡単だろ?▼
[カンナ]
一緒に、お茶でも行かない?▼
[ラズワルド]
あー、いい感じ。
さすが僕の息子だね!▼
カンナみたいなかわいい子に言われたら、
断る子なんていないと思うな。▼
[カンナ]
ほんと?▼
[ラズワルド]
うん、本当だよ。僕だって、
クラッときちゃったぐらいだからね。▼
がんばってごらん。
きっと、いい経験になると思うよ。▼
[カンナ]
わかった、ありがとう。
僕、がんばってみる!▼
[ラズワルド]
うんうん、その意気だよ。▼
ま、今日の的当ての店主には
僕から話しかけてあげるよ。▼
…で…念のため聞くけど…
その人は女性?▼
[カンナ]
ううん、違うよ。
怖い感じのおじさんだよ。▼
[ラズワルド]
えーっ!?
おじさん!?▼
なんか…
やる気がなくなってきちゃったよ…▼
[カンナ]
もう、そんなこと言わないで。
いいお手本を見せてよね?▼
[ラズワルド]
冗談だよ、冗談。
わかってるって。▼
ふふふ…僕は相手が誰でも
笑顔で話しかけてみせるよ。▼
[カンナ]
でね、的当てが終わったら
おばあちゃんの話を聞かせてほしいんだ。▼
僕、そのおばあちゃんに会ったことないし…
いろいろお話を聞きたいの。▼
[ラズワルド]
わかったよ!▼
じゃあ、おいしいものを食べながら
たくさん話してあげる。▼
[カンナ]
やった!
楽しみにしてるね!
[ラズワルド]
じゃ、賊を倒したら
的当ての屋台の前に集合ってことで!▼
[カンナ]
うん!▼
よーし頑張るぞー!
賊はみーんな、踊らせてあげるっ!▼

ブノワ

[カンナ]
お父さん。
今日は子どもの成長を願うお祭りだよね!▼
お父さんはどんなことを願ってくれるの?▼
[ブノワ]
そうだな…▼
俺のような大人にはならないでくれと…
そう願おうか…▼
[カンナ]
えっ!?▼
[ブノワ]
俺は見た目も怖いし…
人見知りで無愛想…▼
…その上とても臆病だ。▼
もしお前が俺みたいな
大人になってしまったら…そう考えると、▼
俺は申し訳なくて、
いてもたってもいられなくなる…▼
[カンナ]
そんな…! やだよ!
僕、お父さんみたいな大人になりたい!▼
僕は、お父さんを尊敬してるんだよ!▼
[ブノワ]
なに?▼
[カンナ]
僕、お父さんのすごいところ、
たくさん知ってるんだ。▼
[ブノワ]
あぁ…
いつものあの話か…▼
この際だ。
全てを打ち明けよう。▼
まず…俺が一万の軍勢を一人で殲滅した
とかいう伝説があるが…▼
あれは嘘だ。▼
[カンナ]
…………▼
[ブノワ]
あとは、俺が巨大な熊を素手で倒して、
その山の長になったとか…▼
咳をしただけで、火山が噴火したとか…▼
どれもみんな嘘だ。
勝手に作り上げられたニセの伝説だ…▼
結婚前、カムイもこういう話を
信じてしまって…迷惑をかけてしまった。▼
だからお前も、今のうちに…▼
[カンナ]
知ってるよ。▼
それがみんな嘘だってことは、
僕、知ってるよ!▼
[ブノワ]
そ、そうなのか?▼
[カンナ]
僕がお父さんを尊敬してるのは、
そういうところじゃないよ。▼
例えば、昨日の夜のこととか…▼
[ブノワ]
昨日の夜…?▼
[カンナ]
うん。妙な物音がしてから…お父さんは、
わざわざ起きて外の見回りをしてくれたよね。▼
そしてそのまま朝までずっと、
隊のために警備してくれていたよね?▼
[ブノワ]
あ、あぁ…
確かにそうだったが…▼
[カンナ]
でも朝になって…物音の正体は、お腹を空かせた
動物たちだったってことがわかったよね。▼
でもお父さんは怒る素振り一つ見せずに、
動物たちにご飯をあげて…▼
眠い目をこすりながら、
楽しそうに動物たちとおしゃべりしてた。▼
[ブノワ]
…………▼
ど…どうして昨晩のことを知っている…?▼
[カンナ]
お父さんのあとをこっそりついていって、
陰で見てたからだよ。▼
[ブノワ]
!!▼
[カンナ]
…前、お母さんに言われたんだ。▼
お父さんの広い背中から
たくさん学びなさいって。▼
あの背中には、大人になるにあたって
大事なことが、たくさん書かれてるんだって。▼
だから僕、お父さんの背中を
見失わないようにしているんだ。▼
[ブノワ]
そんな…▼
[カンナ]
僕の気持ち、わかってくれた?▼
わかってくれたなら、
今日のお願いごとはこれにして?▼
「カンナが、俺みたいな大人になりますように」▼
そう願ってくれたら、
僕、すっごくうれしいよ!▼
[ブノワ]
…………▼
うぅ…▼
[カンナ]
お父さん…泣いてるの?▼
[ブノワ]
な、泣いてなどいない…
砂埃が目に入っただけだ…▼
…正直、俺は不安だった。▼
カムイの結婚相手が
俺なんかでよかったのかと…▼
しかし今、お前の話を聞いて
不安がみんな消え去った…▼
[カンナ]
お父さん…▼
[ブノワ]
わかった。
今日はその通りに願っておくことにしよう!▼
[カンナ]
うん、ありがとう!▼
[ブノワ]
いや、こちらこそありがとう…
お前にも、カムイにも…▼
家族って、いいものだな…▼

レオン

[カンナ]
ねえ、お父さん。
宿題やってきたよ、見て見て!▼
[レオン]
え、宿題? あとでもいいかな。
今は戦闘中だからね。▼
[カンナ]
やだやだ、せっかくがんばったんだから
今がいいのーっ。▼
[レオン]
…もう、わかったわかった。
ちょっとだけだよ?▼
…………▼
うーん…
また同じ間違いをしているね。▼
これじゃあ戦力の無駄遣いだ。
この前も言ったけど…▼
戦いっていうのは、
みんなで戦うものなんだ。▼
なのにカンナの戦術は、
いつもこの二人が先陣を切るだろう?▼
でもこの二人が突撃したところで、
すぐにやられるのがオチ。▼
無駄死にってやつだよ。▼
[カンナ]
でもでも、この二人は強いんだよ?
絶対にやられないんだよ?▼
[レオン]
うーん…わかってないというか…
現実的じゃないというか…▼
戦術を教えるには早すぎたかな…▼
[カンナ]
ううん、僕は現実的なことを言ってるんだよ。
本当にこの二人はやられないもん。▼
[レオン]
いや、だって…
わかった、カンナのためにはっきり言おう。▼
そんな、絶対にやられない人なんてどこにいる?
どこにもいないじゃないか?▼
[カンナ]
ううん、ここにいるよ。
この二人は、お父さんと僕なんだ。▼
[レオン]
えっ?▼
[カンナ]
お父さんはすっごく強い人だから、
一人で突っ込んでいっても絶対に負けないんだ。▼
でも一人で行かせたら寂しいと思うから、
僕がついていく。▼
最強の二人だから、絶対に負けないんだよ。
これが、僕の戦術の秘密なんだ。▼
[レオン]
…………▼
…ふっ。
僕はそこまで信用されているんだね…▼
なんだろう。
胸が一杯になって…▼
父親になるって…
こういうことなのか…▼
[カンナ]
どうしたの、お父さん?▼
[レオン]
いや、なんでもない…
カンナの戦術を聞いて、すごく力をもらったよ。▼
カンナは優しいね。
そういうところ…カムイそっくりだ。▼
[カンナ]
ほんと?▼
[レオン]
ああ、最高の宿題だった。▼
じゃ、そろそろ戦いに戻ろうか。▼
[カンナ]
うん!▼
[レオン]
…今なら誰にも負ける気がしない。
どんな敵にも勝ってみせるよ。▼
[カンナ]
わー! かっこいい!!
さすが僕の、最強のお父さんだね!▼

フランネル

[カンナ]
お父さん、賊を倒したら
僕に付き合ってくれない?▼
[フランネル]
おう!
屋台でうまいものいっぱい食おうぜ!▼
[カンナ]
ううん、そうじゃないんだ。▼
実は、お父さんに見せたいものがあるんだ。
それを今日、たくさん持ってきてるの。▼
[フランネル]
なんだよ、見せたいものって?▼
[カンナ]
僕の宝物だよ。▼
[フランネル]
宝物!?
だったら、今、見せてくれよ!?▼
[カンナ]
…い、今はダメだよ!
あとで勇気を出して見せてあげる。▼
ていうかさ、
見せても…変なこと言わない?▼
[フランネル]
言うわけねえだろ!
俺はお前の父親だぞ?▼
[カンナ]
宝物は神社の奥に隠してあるから
どっちみち今は見せられないんだけど…▼
一番お気に入りの宝物を
こっそり教えてあげるくらいならいいよ?▼
[フランネル]
わかった。
教えてくれるだけでいい!▼
宝物って聞くと、
なんかワクワクしてくるんだよ!▼
[カンナ]
わかった。
じゃあ教えてあげる!▼
…今日持ってきてる
一番お気に入りの宝物は…▼
ノスフェラトゥの爪だよ!▼
[フランネル]
へ?▼
ノスフェラトゥの爪って…
あのノスフェラトゥの?▼
[カンナ]
うん!すっごく大きい爪なんだ!
見つけたときは、ほんとびっくりしたよ!▼
[フランネル]
カンナ、お前…
そんなものに興味があるのか?▼
[カンナ]
う、うん…
おかしいかな…▼
[フランネル]
い、いやいやいや、全っ然おかしくねえ!
むしろその逆だっ!!!▼
俺もお前とまったく同じ!
そういうのを集めるのが大好きなんだ!▼
[カンナ]
やっぱり!
僕、そんな気がしてたんだよ!▼
[フランネル]
見てくれ、俺の尻尾!▼
ブンブン!ブンブン!
興奮して、思いっ切り振れてきたぜ!▼
[カンナ]
ほんとだ、すごーい!▼
で、お父さんは、何を集めてるの?▼
[フランネル]
いっぱいあるぜ。
例えば…吸血コウモリの牙の首輪とかな!▼
[カンナ]
あ!
それなら僕も作ったよ!▼
[フランネル]
えっ、本当か!?▼
[カンナ]
うん、尖ってたりツンツンしてたり…
首に巻くと、チクチクしたり!▼
[フランネル]
そうそう!
それがまた気持ちいいんだよな!▼
まあ、カムイは
俺のどの宝物を見ても引いてたけどな…▼
[カンナ]
そっかー、お母さんは
こういうの好きじゃないんだね。▼
[フランネル]
ああ。だから、結婚するときは
お宝をみんな捨てようと思ったぐらいさ。▼
[カンナ]
ええっ!?
みんな捨てちゃったの!?▼
[フランネル]
いや、カムイは優しいからな。▼
愛する人の悲しむ顔は見たくないって、
俺の宝物集めを許してくれたぜ!▼
[カンナ]
お母さん、優しいー!▼
じゃあ僕が集めてるものも
わかってくれるかなぁ。▼
[フランネル]
ああ、変な顔はするだろうけど
捨てろとは言わないと思うぜ!▼
[カンナ]
よかったぁ…▼
[フランネル]
なあ、お前のお宝を見たあと、
神社の奥の森に行ってみようぜ?▼
見たことのないようなチョウチョの羽とか…
得体の知れない生き物の毛玉とか…▼
いろんなものが落ちてたんだ!
あそこはお宝の宝庫だぜ!▼
[カンナ]
わぁーっ!
ワクワクする!ワクワクする!▼
[フランネル]
だろ!
分かり合えてうれしいぜーっ!▼
お前にも確実に、
俺のガルーの血が流れてるんだな!▼
[カンナ]
うんっ!竜だけじゃないよ!
お父さんのガルーの血も流れてるよーっ!▼
[フランネル]
へへっ、そうと決まったら
早く賊を蹴散らしちまおうぜ!▼
[カンナ]
うん!おいしそうな敵がいっぱいだもんね!
狩りの時間だーっ!▼

マークス

[マークス]
ふんっ!
はあっ!▼
[カンナ]
お父さん…
素振り、休んだ方がいいよ。▼
[マークス]
ん?
なんの話だ?▼
[カンナ]
だってイライラしてるでしょ。
剣が少し荒れてるよ。▼
せっかくの楽しいお祭りなのに
賊に邪魔されちゃったから?▼
[マークス]
…………▼
…ふっ。私の剣が荒れていることを見抜いたか。
お前は本当にカムイそっくりだ。▼
お前たちの洞察力には頭が上がらないな。▼
[カンナ]
僕とお母さんの?▼
[マークス]
そうだ。私は昔、カムイにも
剣の荒れを指摘されたことがある。▼
そんなときは決まって
父上のことで気持ちが乱れた日だった。▼
いつも通りに振る舞っていたつもりでも
あいつにはお見通しだったというわけだ。▼
その洞察力がお前にもあるとは…
血の繋がりというのは面白いものだな。▼
[カンナ]
うーん。
洞察力ってよくわからないけど…▼
僕はお父さんとだって血が繋がってる。
だからちょっとは気持ちもわかるし…▼
剣の荒れに気付いたのは、
お父さんのことをよく見てるからだよ。▼
[マークス]
どういう意味だ?▼
[カンナ]
僕はお父さんみたいな
強い人になりたいから、▼
いつもこっそり剣の素振りを
覗いたりしてるんだ。▼
[マークス]
そうだったのか。
なら声をかけてくれればよかったのに。▼
[カンナ]
素振りの邪魔をしちゃ悪いかなと思って。▼
[マークス]
邪魔なものか。▼
そうだ。賊を倒したら
一緒に素振りをしようではないか。▼
[カンナ]
僕と二人で?▼
[マークス]
ああ。剣とは不思議なものだ。▼
隣で素振りをしているだけでも
気持ちが通じ合ったりする。▼
先ほど、お前は私の気持ちが
わかると言ったな。▼
私も、その感覚を味わいたい…
私はお前の心を知り、お前は私の心を知る。▼
[カンナ]
へえ…!
それって、親子らしくていいね。▼
[マークス]
一汗流したら、家族で屋台を巡ろう。▼
何を食べたいか、
今のうちから決めておくんだぞ。▼
[カンナ]
じゃあ、それを素振りのときに頭に浮かべるね!
念じながら剣を振るから…▼
[マークス]
…なるほど。
心を通わせて、察してみろというのか。▼
[カンナ]
そういうこと!▼
[マークス]
いいだろう。当ててみせよう。▼
[カンナ]
よーし、じゃあどうしようかなー。
何を思い浮かべようかなー。▼
たこ焼きもいいし、焼きそばもいいし…▼
[マークス]
ははは、口に出したらダメだろう。▼
[カンナ]
あ、そうだったね!
じゃあもう言わないよ! 内緒、内緒!▼

イザナ

[カンナ]
お父さん!いろんな出店があるよ!
すごくワクワクしちゃうね〜!▼
[イザナ]
だよねだよね〜カンナ!
ボクも興奮しっぱなしだよ〜!▼
でもさ、まだ敵が残ってるからね〜。
あんまり油断しちゃダメだよ〜。▼
[カンナ]
そんなこと言われても…
どうしてもお店に目がいっちゃうよ…▼
[イザナ]
わかる。わかるよ〜その気持ち。
この誘惑にはなかなか勝てないよね〜。▼
でも、油断して怪我しちゃったらさ〜、
この後、遊べなくなっちゃうでしょ〜?▼
そうなっちゃったら後悔すると思うんだよね〜。
カンナもボクもさ〜。▼
[カンナ]
そうだね、お父さん!
じゃあ僕、がんばって戦いに集中するよ!▼
[イザナ]
ありがとうね〜カンナ。
それを聞いて安心したよ〜。▼
でも、ぶっちゃけちゃうとさ〜、
本当はカンナには戦って欲しくないんだよね〜。▼
[カンナ]
えっ…どうして?▼
[イザナ]
子供を戦わせるなんてさ、親失格じゃない?
実はけっこう気にしてるんだよね〜。▼
[カンナ]
…………▼
僕、お父さんの足手まといになってる?▼
[イザナ]
…そうじゃない。
ボクはカンナの身が心配なんだ。▼
カンナが戦いで傷つきでもしたら…
ボクは絶対に自分を許せない。▼
だから、できればカンナには
安全な場所で静かに暮らして欲しい。▼
[カンナ]
…僕も安全で静かな場所で暮らしたいよ。▼
でも、一人で暮らすのは嫌だ!
みんなで一緒に暮らしたいんだ!▼
だから、僕はがんばって戦ってる!
お父さんも同じじゃなかったの!?▼
[イザナ]
カンナ…▼
…すまない。
ボクが間違ってたよ。▼
もう二度とカンナとは離れない。
約束する。▼
[カンナ]
…うん!▼
[イザナ]
でも、やっぱりボクってダメな父親だよ〜。▼
自分が戦ってる理由を
子供に思い出させてもらっちゃうんだからさ〜。▼
[カンナ]
ううん!
そんなことないよ!▼
明るくて、楽しくて、優しくて、頭がよくて…
僕にとっては世界で一番のお父さんだよ!▼
[イザナ]
カンナ…▼
うわぁ〜もうなんだろこれ〜!
ボク、今が人生で1番幸せな瞬間かも〜!▼
結婚してよかった〜!
カンナが生まれてきてくれて超よかった〜!▼
というかもう…生きててよかった〜!▼
[カンナ]
うん!
僕もよかった〜!▼
[イザナ]
カンナ、キミのことは
ボクが絶対に一生、守っていくからね。▼
[カンナ]
あはは〜!
ありがとう、お父さん!▼

フウガ

[カンナ]
お父さん!
お祭りってすごく楽しそうだね!▼
おいしそうなものを売ってる屋台もあるし、
面白そうな出店もいっぱいあるよ!▼
[フウガ]
カンナ、あまり浮かれるな。
今はまだ戦闘中だぞ。▼
[カンナ]
ご、ごめんなさい…
お父さん…▼
[フウガ]
いや、すまん。
私も強く言い過ぎた。▼
祭りが楽しいのは、
子供のお前には無理もないことだというのに。▼
[カンナ]
お父さんは謝らなくていいよ。
僕を心配して注意してくれたんだもん。▼
[フウガ]
…お前には苦労をかけてしまっているな。▼
普通の子供なら、
無邪気に遊びまわっている年頃だろうに…▼
[カンナ]
そんなことないよ!▼
僕、お父さんたちのお手伝いができて
すごく嬉しいと思ってるもん!▼
[フウガ]
そうか。
それなら私としても救われる思いだ。▼
だが、今日くらいは思い切り遊んでほしい。
特別な祭りの日くらいはな。▼
無論、賊を殲滅した後の話だが…▼
[カンナ]
うん!もちろんだよ!
お父さんも一緒に遊んでくれるんだよね?▼
[フウガ]
一緒に遊ぶ?▼
[カンナ]
あ、迷惑だった?▼
[フウガ]
いや、そうではない。▼
ただ、私は幼少時より
次期族長として育てられたのでな…▼
こういった祭りの場で遊ぶということに
あまり慣れていない。▼
それゆえ、一緒に遊ぶと言われても、
どうすればいいものかと思索していた。▼
[カンナ]
そんなの簡単だよ!
一緒に楽しんでくれればいいんだもん!▼
輪投げをしたり、金魚すくいをしたり!
絶対に楽しいと思うよ!▼
[フウガ]
う、うむ…
輪投げとはどのような遊びなのだ?▼
[カンナ]
木でできた輪っかを
的に向かって投げる遊びだよ!▼
[フウガ]
なるほど…
では、金魚すくいとはどのようなものだ?▼
[カンナ]
桶に入った金魚を
破れやすい網ですくう遊びだよ!▼
[フウガ]
ふむ…
風の部族の祭りにはなかったものだ…▼
どれもこれも初めての経験ではあるが、
できるだけがんばってみるぞ。▼
[カンナ]
あはは!
遊びをがんばるなんて、変なお父さん!▼
[フウガ]
ふっ。
確かにそうだな。▼
では、そろそろ戦いに集中するとしよう。
祭りの時間をこれ以上奪われてはかなわん。▼
[カンナ]
うん!
お父さん!▼

ユキムラ

[ユキムラ]
よし…
絡操は壊れていないみたいですね…▼
賊に壊されたかと思って
ヒヤヒヤしましたよ…▼
[カンナ]
お父さん、それ何?▼
[ユキムラ]
うわわっ!
カンナ…!▼
こ、これは絡操ですよ。▼
[カンナ]
それはわかるよ。▼
そうじゃなくて、今…紙みたいなものを
隠したよね? それは何?▼
[ユキムラ]
そうですか?
紙みたいなものなど持っていませんが…▼
[カンナ]
嘘はダメだよ。
ほら、うしろに持ってるでしょ?▼
[ユキムラ]
うぅ…
気付かれてしまいましたか…▼
[カンナ]
それって、絵だよね?
見せて見せてー!▼
[ユキムラ]
すみません。
見せることはできないんです。▼
一緒に描いたカムイさんに、
怒られてしまいますからね…▼
[カンナ]
…………▼
悲しいな…▼
お父さんとお母さんだけ仲良く絵を描いてて、
僕には見せてもくれないなんて…▼
僕だけ仲間はずれ…▼
[ユキムラ]
ち、違うんですよ?
貴方にはあとで見せようと思っていたのです。▼
カムイさんと、
そういう計画を進めてきたのです。▼
[カンナ]
計画って?▼
[ユキムラ]
…わ、わかりました。
言える範囲で教えちゃいましょう。▼
今、私が隠し持っているのは
貴方を描いた絵です。▼
この絵を、あとでこの中に
入れるという計画です。▼
[カンナ]
僕の絵を絡操の中に入れるの?▼
[ユキムラ]
これは絵を自動的に
見せてくれるという絡操なんですよ。▼
中にはミコト様…
つまり貴方のおばあ様の絵や…▼
そして、カムイさんが
生まれたばかりのころのものなど…▼
いろんな絵が入っています。▼
[カンナ]
へえー、家族の絵がたくさん入ってるんだ!▼
[ユキムラ]
はい、そういうことです。▼
で、あとでその中に、
カンナを描いた一枚を加えるという計画です。▼
家族みんなで絡操を囲み、
この絵をあなたの手で入れてもらいたいのです。▼
だから、ちっとも仲間はずれなんかでは
ないんですよ?▼
むしろ子どものための…
カンナのための計画です。▼
[カンナ]
そうだったんだ…
変なこと言ってごめんなさい。▼
[ユキムラ]
いいんですよ。
気にさせてしまった私が悪いんですから。▼
貴方は何も悪くありません。▼
[カンナ]
でも僕の絵…
今、ちょっとだけ見てみたいなぁ…▼
[ユキムラ]
ふふふ、それはいけませんよ。▼
今は我慢しておいて、あとで一気に見たほうが
感動すると思いますよ?▼
[カンナ]
はーい!
じゃあ我慢する!▼
[ユキムラ]
えらいですね。
では、賊を倒してしまいましょう。▼
早く倒せば、それだけ早く
絵を見られますからね。▼
[カンナ]
…そうだね!
よーし、一瞬でやっつけてやるんだから!▼
仕掛けるなら、今だ!▼
[ユキムラ]
ははは…▼
思い立ったらすぐに作業を開始する。
まるで若い頃の私のようですね…▼

シグレ

[カンナ]
ユラリ、ユルレリ…♪▼
[シグレ]
あれ?
カンナ、その歌はどこで覚えたんですか?▼
[カンナ]
これ?
お父さんがよく口ずさんでるでしょ?▼
ユラリ、ユルレリ…うたかた…
おもい…めぐるはかり♪▼
お父さん、天馬で飛んでるときとか、
泉のそばで歌ってるでしょ?▼
[シグレ]
ははは。
見ていたんですか。▼
[カンナ]
僕もこの歌、大好き!▼
意味はよくわからないけど、
歌うとなんか楽しい気分になれるから!▼
つたう、みなすじ…
そのてが…ひらく…あすは…♪▼
[シグレ]
上手ですよ、カンナ。
つい聞き入ってしまいます。▼
[カンナ]
ほんと? じゃあ僕も今度
お父さんと空を飛びながら歌いたいな。▼
お母さんが言ってたんだ!▼
お父さんと一緒に空を飛んだとき、
すっごく楽しかったって!▼
[シグレ]
カムイさんがそんなことを…
ふふ、嬉しいですね。▼
わかりました。
では、今度、一緒に空の散歩をしましょう。▼
[カンナ]
やったー!
ありがとう、お父さん!▼
僕ね、歌も歌いたいけど
空からの景色を絵にも描きたいなーっ!▼
[シグレ]
ははは。
それはいい考えですね。▼
俺は嬉しいですよ。カンナのようないい子が
俺の子供として生まれてきてくれて。▼
[カンナ]
…ホントにそう思ってる?▼
[シグレ]
当たり前じゃないですか。▼
[カンナ]
だって、僕まだ…
お父さんにいっぱい迷惑をかけちゃうし…▼
[シグレ]
いくらでも迷惑をかけていいですよ。
俺はカンナのお父さんなんですから。▼
たくさん失敗して、たくさん迷惑をかけて、
そうやって成長していけばいいんです。▼
子供の成長を見守れる、
それが親の幸せでもあるんですから。▼
[カンナ]
ありがとう、お父さん…▼
[シグレ]
…おや、虹が出ていますね。▼
[カンナ]
ホントだ!
綺麗だね!▼
[シグレ]
…今度、カンナを
素敵な場所に連れて行ってあげますね。▼
[カンナ]
素敵な場所?▼
[シグレ]
お父さんとお母さんしか知らない
とびっきりの秘密の場所です。▼
[カンナ]
そうなんだ!
でも、秘密なのに教えてくれていいの?▼
[シグレ]
もちろん。
カンナは特別ですから。▼
[カンナ]
わーい!
やったー!▼
[シグレ]
ユラリ、ユルレリ…♪▼
[カンナ]
あっ!
いつもの歌だ!▼
[シグレ]
ははは、幸せだなあと思ったら…
つい、口ずさんでしまいました。▼
[カンナ]
じゃあ、僕も歌う!
僕も今、とっても幸せだから!▼
ユラリ、ユルレリ…♪▼
[シグレ]
ユラリ、ユラレリ…♪▼

ディーア

[ディーア]
カンナ…
カムイから聞いたんだけど…▼
[カンナ]
お父さん。
な、何を聞いたの?▼
[ディーア]
お前、最近…カムイによく
珈琲を入れてあげてるらしいじゃん…▼
[カンナ]
ドキッ!!▼
[ディーア]
もしかして…奪う気なわけ?
俺の大事な役目を…▼
[カンナ]
そ、そんなつもりじゃないよ!▼
僕はただ、お母さんに
おいしい珈琲を飲んでもらいたいだけだもん!▼
[ディーア]
それなら俺がカムイに珈琲を入れる…
お前に執事の真似事はまだ早いだろ…▼
[カンナ]
でも、お母さんは僕の入れた珈琲…
とってもおいしそうに飲んでくれるよ?▼
お父さんが入れたときと同じくらい…
僕が入れたときも喜んでくれるもん!▼
[ディーア]
そりゃ息子から入れてもらったら…
どんな出来でも喜ぶだろ…▼
[カンナ]
ふふん…
でも僕の珈琲はちゃんとおいしいもんね!▼
僕、教えてもらったんだ。珈琲の入れ方。
ジョーカーおじいちゃんから。▼
[ディーア]
まじかよ…
父さんめ…余計なことを…▼
[カンナ]
だって、お父さんずるいじゃん!
お母さんに珈琲を入れるのを独り占めして!▼
僕だって…僕の珈琲で
お母さんに喜んでもらいたいのにーっ!▼
[ディーア]
まあその気持ちはわかるけど…
それは俺だけの特権なわけじゃん…?▼
カムイは渡さないぜ…
たとえ息子が相手だとしてもな…▼
[カンナ]
ずるいずるいずるい!
僕のお母さんなのに!▼
[ディーア]
俺の妻でもある…
あきらめるんだな…▼
[カンナ]
じゃあ、半分こにしよ。
お母さんに珈琲を入れる当番。▼
そうじゃないと僕、お父さんのこと…
嫌いになっちゃうかもしれないよ?▼
[ディーア]
…………▼
そうきたか…▼
俺はカムイこと好きだけど… (原文ママ)
カンナのこともすげー好きだし…▼
…わかった。
珈琲の当番は…半分こにする。▼
[カンナ]
ホントに!?▼
[ディーア]
本当だ…
約束する…▼
だから、俺のことを…
嫌いになるな…▼
[カンナ]
お父さん…▼
お父さん、ごめんなさい…
僕、変なこと言っちゃった…▼
僕、お父さんのこと
嫌いになんてなるわけないのに…▼
こんな脅かしみたいなことして
お父さんを悲しませたよね?▼
だから、僕…
やっぱり半分こじゃなくていい…▼
いつもみたいに木の陰で
訓練サボって寝てるほうがお似合いだよ…▼
[ディーア]
カンナ…
そんなことしてたのかよ…▼
[カンナ]
あのね! 僕、お母さんと同じくらい
お父さんのことも大好きだから!▼
ずっとずっとずーーっと大好きだから!
お父さんが嫌なことはしたくないんだ!▼
[ディーア]
ふっ…
嬉しいこと言ってくれるじゃん…▼
ありがとうな、カンナ…▼
まぁ、でも…
お前のカムイに対する気持ちはわかった…▼
だから、珈琲の当番も…
約束通り半分こでいい…▼
[カンナ]
えっ!?
ホントに?▼
[ディーア]
ああ…
本当だ…▼
但し、そうと決まれば…
珈琲以外の執事業務も叩き込むぜ…▼
だから、これからも俺たちで…
カムイを喜ばせてやろうな…▼
[カンナ]
うん! お父さん!
僕がんばるよ!▼

シノノメ

[カンナ]
お父さん、見て!▼
屋台においしそうなものが
いーっぱい並んでるよ!▼
[シノノメ]
おっ、本当だな。
あっちには焼き魚もあるみたいだぞ。▼
[カンナ]
や、焼き魚はいいよ!
お父さんいつもお魚とってきてくれるし…▼
うん…そうそう…
今日くらいは…焼き魚はちょっと…▼
[シノノメ]
そうか? あ、さてはカンナ。
俺の捕ってきた魚じゃないと嫌なんだな?▼
[カンナ]
へっ!?▼
[シノノメ]
よしよし、じゃあ祭りが終わったら
俺たちで焼き魚祭りの開催だ!▼
[カンナ]
わ、わーい…▼
[シノノメ]
カンナも俺に似て、
魚を捕るのは名人級だもんな。▼
けど、そのためには
賊を倒して祭りを再開させないと。▼
[カンナ]
あっ、それなら僕にまかせて!
賊なんてちょちょいのちょいだよ!▼
[シノノメ]
ははは!
ずいぶんと強気だな。▼
[カンナ]
だって僕はお父さんの子供だもん!
強い敵なんてやっつけてやるよ!▼
[シノノメ]
なるほどな。威勢は一人前だ。
けど、本当に賊を相手にできるのか?▼
戦うって意思は大事だが、
肝心の力がなけりゃ話にならねえぞ。▼
[カンナ]
そ、それは大丈夫だと思う…
…多分。▼
[シノノメ]
多分って、お前なー。▼
[カンナ]
で、でも、僕…
お父さんの子供だから…▼
戦いからは逃げちゃダメなんだ。
強いお父さんの子供は強くなきゃダメだもん!▼
強い人と戦って勝てたらすごいもん。
一人でだって賊と戦えるもん!▼
[シノノメ]
カンナ…▼
…ったく。勘違いするなよ?
戦いから逃げることは恥なんかじゃない。▼
むしろ、勝てない勝負から逃げろ!
勝てるようになってからまた挑め!▼
[カンナ]
に、逃げてもいいの!?▼
[シノノメ]
ああ、大事なことは勝つことだからな。
勝てなきゃ誰も守れないだろ?▼
[カンナ]
…うん。▼
[シノノメ]
俺も父さんの背中を見て育ったからな。
カンナの気持ちはよくわかるぜ。▼
強くなろうとする気持ちはわかる。
でも、無茶はダメだ。▼
無茶なことしてなんかあったら…
俺もお母さんもすごく悲しむんだぞ?▼
[カンナ]
お父さんとお母さんが…?▼
…わかったよ、お父さん。
僕、もう無茶なことはしない。▼
お父さん、僕に力を貸して!
一人じゃやっぱり、まだ不安だから!▼
[シノノメ]
おう、もちろんだ!
一緒に戦おうぜ!▼
[カンナ]
でもね、いつかは僕…
お父さんより強くなりたい!▼
お父さんみたいに毎日、訓練して…
きっとお父さんを超えてみせる!▼
[シノノメ]
はっはっは!
俺は相当、強いぞ?▼
だが、確かに訓練を続ければ…
カンナなら俺を超えられるかもな。▼
[カンナ]
かも、じゃなくて、
絶対に超えるもん!▼
[シノノメ]
…ふっ。
さすがは俺の子、だな。▼
…………▼
[カンナ]
あれ、お父さん?
もしかして泣いてるの?▼
[シノノメ]
…いいや、カンナ。
焼き魚の煙が目に染みてるんだ!▼
[カンナ]
もう…お父さんたら。
今はどの屋台も魚なんか焼いてないよ。▼

キサラギ

[キサラギ]
見てみて、カンナ。
面白そうな屋台がいっぱい並んでるよ!▼
的当てに金魚すくいだって。
全部やってみたいなー!▼
[カンナ]
うん、どれも楽しそうだね、お父さん!
僕もすっごくワクワクしてる!▼
[キサラギ]
でも、賊をなんとかしないと
お祭りも再開しないんだよね。▼
せっかく楽しそうなのに
人がぜーんぜんいなくって変な感じ。▼
[カンナ]
じゃあ僕、がんばって賊を倒すよ!
早くお父さんとお祭りで遊びたいし…▼
それに賊を倒すのだって
お父さんと一緒ならとっても楽しいしね!▼
[キサラギ]
あはは! 確かに!
じゃあどっちが多く敵を倒せるか競争だー!▼
こういう特別な日くらい、
たくさん一緒に遊ばなきゃソンだよね!▼
[カンナ]
うん!
お父さん!▼
でもね、僕、本当言うとね…▼
…特別な日じゃなくても
もっとお父さんと一緒にいたいな。▼
[キサラギ]
カンナ…▼
うん、ごめんねカンナ。
僕もまだ子供っぽくって…▼
自分のことばっかり、
狩りのことばっかり考えてたね…▼
[カンナ]
ううん !謝らないで。
僕、どんなお父さんもだーい好きだから!▼
そうだ、お父さん。
今度、僕も一緒に狩りに連れて行ってよ!▼
[キサラギ]
うん!もちろんいいよ!
カンナとならたくさん獲物も獲れるだろうし…▼
…あ、でも、危なくないかなあ?
カンナにはまだ早かったりして…▼
[カンナ]
そんなことないよ。
僕は大丈夫!▼
[キサラギ]
でも…
山には危険なこともいっぱいあるし…▼
[カンナ]
…ねえお父さん。
お母さんが言ってたよ。▼
お父さんも昔、
お世話係の人に狩りを止められたって。▼
でも、それがお父さんは
すごく嫌だったんでしょ?▼
[キサラギ]
あ…▼
そっか。
そういうことか。▼
今になってやっと
世話係の人たちの気持ちが実感できたよ。▼
あの人たちも僕のことを本当に大事に
思ってくれてたから狩りを止めたんだね!▼
今度会ったらちゃんと謝りたいな。
あと、お礼も伝えなきゃ。▼
僕を大事に思ってくれて、
本当にありがとうってね。▼
[カンナ]
うん! それがいいよ。▼
[キサラギ]
よーしカンナ、
今度狩りに一緒に行こう!▼
[カンナ]
えっ!?
本当に?▼
[キサラギ]
うん! 僕が知ってることは、
ぜーんぶカンナに教えてあげる!▼
カンナのことは僕が命に代えても守るから、
だから安心してよ!▼
[カンナ]
やったー!
わーい!▼
でも、その前に
お祭りでもいっぱい遊びたい!▼
[キサラギ]
あはは! そうだったね!
じゃあ、やることをやっちゃいますか!▼
[カンナ]
負けないよ、お父さんっ!▼

グレイ

[カンナ]
うわぁ~!
お父さん、おいしそうな匂いがするよ!▼
[グレイ]
なんだ、もう腹減ってるのか?
なんか食うか?▼
[カンナ]
えっ! いいの!?
でも、お店の人、逃げちゃっていないよ?▼
[グレイ]
金を置いておけば問題ないだろ。
あとで説明すれば怒りゃしないだろうし。▼
[カンナ]
…いいのかな?▼
[グレイ]
子供が遠慮なんかするんじゃねえ。
特に食い物に関してはな。▼
[カンナ]
じゃあ、僕…この和菓子が食べたい!▼
[グレイ]
ったく…甘党なとこは誰に似たんだか。
…ほらよ。▼
[カンナ]
ありがとう!
お父さん!▼
もぐもぐ…
これ、甘くてすっごくおいしい!▼
[グレイ]
そうか。
そいつはよかった。▼
…ふっ。▼
子供がうまそうに食べてる顔ってのは…
いいもんだな。▼
やっぱこうじゃねえとダメだろ。
空腹の子供なんて存在しない方がいい。▼
[カンナ]
うん! 僕もそう思う!
だから僕、将来はぎぞくになりたい!▼
[グレイ]
ぎ、義賊だと?
お前、そんなのどこで覚えたんだよ?▼
[カンナ]
お母さんから教えてもらったんだ!▼
ぎぞくっていうのは悪い人からお金を盗んで
貧しい人に分けてあげる人のことなんだよ!▼
[グレイ]
まぁ、間違っちゃいねえな。
俺もカムイにそう教えた記憶がある。▼
[カンナ]
僕、困ってる人を助ける人になりたい!
だから、将来は絶対にぎぞくになる!▼
[グレイ]
お前の気持ちはよーくわかった。
その思いは忘れるんじゃねえぞ。▼
だがな、別に義賊じゃなくたって
人助けはできるぜ?▼
[カンナ]
そうかな?▼
[グレイ]
ああ、そうさ。▼
教師に大工、肉屋に魚屋、
花屋や医者だって人助けはできる。▼
大事なのは職業じゃなく、
人助けしたいっていう気持ちだからな。▼
[カンナ]
そうなんだ…▼
[グレイ]
カンナ、お前は何にだってなれる。▼
そして俺は
お前が何になったとしてもかまわねえ。▼
お前が決めた生き方なら
俺は絶対に否定しないって約束してやる。▼
まあ、俺の父さんなんかはお前のこと
七代目サイゾウにしようとするだろうが…▼
そんなことは気にしなくていい。
自分の将来は焦らず自分で決めろ。▼
いろんな生き方を見て、学んで、
自分にあった道を選べばいいさ。▼
[カンナ]
うん…わかった。
僕、いっぱい考えてみる。▼
[グレイ]
…ま、できることなら
危ねえ仕事は選んで欲しくねえけどな。▼
俺はよくても…
カムイが心配するからよ。▼
[カンナ]
あはは。
お母さんは心配性だもんね。▼
[グレイ]
じゃ、腹ごなしも済んだし賊を倒しに戻るか。
祭りが再開したら、また何か買ってやるよ。▼
[カンナ]
わーい!
僕、次はりんごあめがいいー!▼

ヒサメ

[ヒサメ]
カンナ、今日は特別なお祭りの日です。
再開したらいっぱい遊びましょうね。▼
[カンナ]
うん! お父さん!
僕、お化け屋敷に入ってみたい!▼
[ヒサメ]
ははは。わかりました。
では、後で一緒に入りましょうか。▼
[カンナ]
やったー!
わーい!▼
[ヒサメ]
…む。
でも、待ってください。▼
お化け屋敷の中はきっと薄暗いですよね。
カンナが転んで怪我をしたら大変です。▼
提灯でも持って
明るさを確保して入りましょう。▼
[カンナ]
ええ~!
それじゃあ怖くなくなっちゃうよ!▼
[ヒサメ]
いえ、それくらいでは
まだまだお化け屋敷は怖いですよ。▼
…むむ。
まだ怖い、か。▼
お化けのあまりの怖さに
カンナが泣いてしまったらかわいそうです。▼
カンナには目隠しをしてあげましょう。
お化けが見えないように。▼
[カンナ]
えっ!?
僕、それじゃあ何にも見えないよ!▼
[ヒサメ]
しかし、カンナのことを考えると
こうするのが一番だと思うのですが…▼
[カンナ]
それだと…
あんまり面白くなさそう…▼
[ヒサメ]
た、確かにそうですね…▼
お化け屋敷に行く意味が
なくなってしまいました…▼
[カンナ]
…………▼
[ヒサメ]
そ、そうだ!
何か食べたいものとかはありませんか?▼
屋台もたくさん並んでますし。
おいしそうなものがいっぱいですよ。▼
[カンナ]
僕、お漬物が食べたい!
あと渋いお茶も飲みたいな。▼
[ヒサメ]
ははは。さすが私の子供ですね。
食の嗜好も私に似ましたか。▼
[カンナ]
でも僕ね、お父さんの作るお漬物が
いちばん大好きだよ!▼
しょっぱくて、こりこりしてて…
いい香りがふわぁってなって!▼
僕、お父さんのお漬物があれば、
ごはん何杯でも食べれるもん!▼
[ヒサメ]
ありがとうございます。▼
[カンナ]
それに、お父さんとお母さんは
お漬物があったから結婚できたんでしょ?▼
[ヒサメ]
…確かに。
それは間違いではありません。▼
カムイさんと会話をする
きっかけにはなりましたからね。▼
[カンナ]
やっぱりそうなんだ!
お漬物ってすごいなー!▼
おいしいだけじゃなくて、
結婚までできちゃうんだもんね!▼
糠床をかき混ぜながら
好きな人のことを考える…▼
そういう浪漫もあるもんね!
いいなー! 僕もそれやりたいなー!▼
[ヒサメ]
あ、憧れてくれるのはうれしいですが…▼
あまり漬物と結婚を結び付けられると
ちょっと困ってしまうかもしれません。▼
ほら、結婚ってもっと
神聖で素敵なものですから…▼
[カンナ]
そうかな?
僕は漬物婚も素敵だと思うよ!▼
[ヒサメ]
つ、漬物婚?
そんな風に言うのはやめなさい…▼
特にお母さんには絶対に言っちゃダメです。
素敵な思い出が台無しになりますから…▼
[カンナ]
うん!
わかったよ、お父さん!▼
でも僕、お漬物の話をしてたら
なんだかお腹が空いてきちゃったよ!▼
早く戦いを終わらせて、
家でごはんを食べようね、お父さん!▼
[ヒサメ]
ええ。
そうしましょう。▼

ジークベルト

[ジークベルト]
カンナ、せっかくのお祭りだというのに、
こんなことになってしまって申し訳ないね。▼
[カンナ]
なんで謝るの?
悪いのはお父さんじゃないよ!▼
[ジークベルト]
でも、カンナはこのお祭りを
すごく楽しみにしていただろう?▼
[カンナ]
それはそうだけど…
賊を退治したらお祭りもはじまると思うし!▼
それに僕、お父さんと一緒にいられれば
どんなときだって嬉しいもん!▼
[ジークベルト]
ははは。
私も同じだよ、カンナ。▼
[カンナ]
あっ、そうだ!
僕、お父さんにひとつお願いがあるんだ。▼
[ジークベルト]
お願い?
私にできることならなんでもするけれど…▼
[カンナ]
僕、お父さんから絵を描くのを教わりたい!▼
[ジークベルト]
絵か…
カンナは絵の勉強がしたいのかい?▼
[カンナ]
僕、お母さんから聞いたんだ!
お父さんはとっても素敵な絵を描くって!▼
[ジークベルト]
ははは。カムイは大袈裟だな。
私はそんな大した絵は描けないよ。▼
[カンナ]
でも、言ってたんだもん!▼
お父さんの絵を見ていると
とっても暖かい気持ちになる、って!▼
僕もそういう絵を描いてみたい!▼
[ジークベルト]
なるほど、
カンナの気持ちはわかったよ。▼
では、カンナには
一流の絵描きの先生をつけてあげよう。▼
[カンナ]
えっ?▼
[ジークベルト]
専門家にまかせた方が
カンナのためになると思うからね。▼
私も父上に一流の先生をつけてもらって
多くのことを学んだんだよ。▼
だから、私も同じようにカンナに…▼
[カンナ]
…………▼
[ジークベルト]
…カンナ?▼
[カンナ]
僕、お父さんがいい。
お父さんに絵を教えてもらいたい。▼
僕、もっともっと
お父さんと一緒にいたいんだもん!▼
[ジークベルト]
カンナ…▼
すまない。
カンナの気持ちに気づくことができなくて…▼
…わかった。
私がカンナに絵を教えてあげよう。▼
[カンナ]
本当に!?▼
[ジークベルト]
ああ、本当だよ。▼
と言っても、絵の先生のように
上手くは教えてあげられないと思うけれど…▼
[カンナ]
それでもいい!
僕、お父さんがいい!▼
[ジークベルト]
カンナ…▼
カンナには今まで、
とても寂しい思いをさせてしまっていたよね。▼
でも、これからはできるだけ
カンナと一緒の時間を作りたいと思っている。▼
それで今までのことを
許してもらおうというわけではないのだが…▼
[カンナ]
お父さん! 昔のことはもういいの!
僕は今、とっても幸せなんだから!▼
[ジークベルト]
…ありがとう、カンナ。▼
[カンナ]
さ、じゃあ早く賊を倒しに行こう!
お父さんとお祭りを回って…▼
その時の思い出を絵に描きたいから!▼
[ジークベルト]
ははは。わかったよカンナ。
では、いざ出撃だ!▼

フォレオ

[カンナ]
お父さん!
僕も可愛いお洋服が着たい!▼
[フォレオ]
うふふ。
いきなりどうしたんですか、カンナ?▼
可愛いお洋服とは
僕みたいな格好のことでしょうか?▼
[カンナ]
うん! 僕、可愛い小物とか
キラキラの装飾品とか大好きだし…▼
それに僕も、お父さんみたいに
かっこよくて可愛い人になりたいんだもん!▼
[フォレオ]
カンナは僕をそういう風に
見てくれていたんですね。▼
ありがとうございます。
とっても嬉しいですよ。▼
[カンナ]
えへへ…じゃあ僕も、
お父さんみたいなお洋服を着てもいい?▼
[フォレオ]
…………▼
[カンナ]
お父さん?▼
[フォレオ]
少しだけ心配です…
僕みたいなお洋服をカンナが着ることは…▼
[カンナ]
どうして?
あっ、髪型がよくない? 短すぎるかな?▼
[フォレオ]
いえ、そういうことではありません。
僕もそうだったんですが…▼
周囲の人に
変な目で見られてしまうかもしれません…▼
[カンナ]
どうして変な目で見られちゃうの?
お父さんはとっても可愛いのに!▼
[フォレオ]
世の中には色々な人がいますからね。▼
男の子が女の子みたいな格好をしているのを
変だって思う人もいるんです。▼
カンナが僕みたいな格好をしたい
という気持ちは嬉しいですが…▼
僕はカンナが傷つく姿を見たくありません…▼
[カンナ]
そんなのへっちゃらだもん!▼
格好いいものは格好いい!
可愛いものは可愛いもん!▼
僕が好きなお洋服を変だって言う人がいても
僕は好きってちゃんと言えるもん!▼
[フォレオ]
カンナ…▼
僕は今、とっても嬉しいです。▼
僕の内にあるささやかな勇気が
あなたの中にも宿っているのを知れましたから。▼
[カンナ]
それにお母さんみたいな人もいるでしょ?▼
お母さんはお父さんの格好を
変だなんて言わないもんね!▼
[フォレオ]
はい。
確かにそうですね。▼
カムイさんは僕の格好のことを
とても似合っていると褒めてくれました。▼
それから…二人だけで挙げた結婚式も、
ドレス姿の僕のことを褒めてくれて…▼
あんなに素晴らしい人は、
他にはいません…▼
[カンナ]
…そうだったんだ。
素敵な二人…なんだか憧れちゃうな。▼
でも僕は、そんな素敵な二人の
子供なんだもんね!▼
だから、僕は自分の好きなことは
ちゃんと好きだって言えるよ!▼
[フォレオ]
はい、カンナ。
あなたの気持ちはわかりました。▼
では、今度、街へ一緒に
可愛いお洋服を買いに行きましょうね。▼
[カンナ]
うん! それからね、
自分でも作ってみたいんだ。▼
お父さん…
僕にお洋服の作り方、教えてくれる?▼
[フォレオ]
もちろんです。▼
洋服の作り方も
可愛い刺繍の入れ方も教えちゃいますよ。▼
[カンナ]
やったー!
お父さん、大好き!▼
[フォレオ]
ふふふ。
僕もカンナのことが大好きですよ。▼

イグニス

[カンナ]
ひえっ! お父さん!
あそこに何かいるよ!▼
[イグニス]
何かってなんだ…?
はっきりと質問しろ、カンナ…▼
[カンナ]
そ、そんなこと言われてもわかんないもん!
わかんないから何かって言ってるの!▼
でも、ほら!
あそこの屋台の裏で何かが動いてる!▼
黒くてぎょろぎょろしてて…
あれ、本当になんなんだろう…▼
[イグニス]
ちゃ、ちゃんと確認してくれないと困るぞ…
変な想像をしてしまうからな…▼
[カンナ]
もしかして、あれ…
お化けとかじゃないかな?▼
[イグニス]
おおおおおお、お化け!?
そ、そんなわけないだろう!▼
ほら、空を見上げてみろ、カンナ…
太陽がさんさんと輝いているじゃないか。▼
こんな真昼間に…
お化けなど出てこない…はずだ…▼
そう。出ない、絶対に出ない…
絶対に絶対に…▼
[カンナ]
そ、そうなの?
でも僕、すごく怖いよ…▼
[イグニス]
何もそういうところが…
俺に似なくても良かったのにな…▼
[カンナ]
お、お父さん、
ちょっとあそこ確認してきてよ…▼
[イグニス]
お、俺が!?
俺がか!?▼
[カンナ]
だって僕、怖くて動けないもん!
お父さんなら大人だから平気でしょ?▼
[イグニス]
そ、そうだな…
俺は大人だから平気だ…▼
[カンナ]
じゃあ、お願い!
あそこに何がいるのか見てきてよ!▼
[イグニス]
…………▼
[カンナ]
…お父さん?▼
[イグニス]
カンナ、お祭りが再開したら何がしたい…?
俺はお前と楽しく遊びたい…▼
[カンナ]
う、うん。
僕もお父さんといっぱい遊びたいよ。▼
[イグニス]
輪投げや金魚すくいなど…
楽しいことが盛りだくさんだ…▼
祭りの喧騒、周囲から聞こえる楽しそうな声…
そして、眩しいほどのカンナの笑顔…▼
[カンナ]
お父さん、屋台の裏のお化けの確認は…▼
[イグニス]
もう少し待て…
今、準備をしているところだからな…▼
楽しい気持ちを体内に充満させれべ
恐怖という感情などすぐに消え去る。▼
[カンナ]
もしかして、お父さんも…
お化けのことが怖いの?▼
[イグニス]
いいや、怖くはない…▼
俺はこの世で唯一、怖いと思うのは…
お前やカムイを失うことくらいだ…▼
[カンナ]
お父さん…▼
[イグニス]
あと、お化けだ…▼
[カンナ]
…えっ!?
お父さん、今、お化けが怖いって言ったの?▼
[イグニス]
言っていない…
お前の気のせいだ…▼
[カンナ]
そ、そっか…
僕、何か勘違いしちゃったんだね。▼
[イグニス]
…カンナ、賊を退治しにいくぞ。▼
[カンナ]
えっ!?
でも、屋台の裏のぎょろぎょろは…▼
[イグニス]
お前と祭りで遊ぶことを考えていたら…
早く祭りを再開させたくなってきた…▼
[カンナ]
確かに僕も早く
お父さんとお祭りで遊びたいけど…▼
[イグニス]
なら、やることはひとつだ…▼
賊を退治する…
それ以外にかまっている暇などない…▼
[カンナ]
…そうだね、お父さん!
僕もそう思う!▼
よーし!
早くお祭りを再開させて、いっぱい遊ぶぞー!▼
[イグニス]
…ほっ。▼

ルッツ

[ルッツ]
むむむ。
お祭りが中止になっちゃって残念だよ。▼
こんなに面白そうな屋台が
たーくさん並んでるのにさ。▼
[カンナ]
僕、お父さんとお祭りで遊べるの
すっごく楽しみにしてたんだ!▼
[ルッツ]
あはは! 僕もだよ、カンナ!
お祭りが再開したらいっぱい一緒に遊ぼうね!▼
[カンナ]
うん!
お父さん!▼
[ルッツ]
そうだカンナ、賊を倒しに行く前に…
当てもの屋のくじを引いてみてくれない?▼
お金は置いておいたから。
お店の人にも怒られないはずだよ。▼
[カンナ]
うん! いいよ!▼
ええと、景品は…っと。
1等はお花の髪飾りかあ!▼
僕、1等を当てて、
お母さんにこの髪飾りをあげたい!▼
[ルッツ]
ははは。
きっとカムイも喜ぶはずだよ。▼
[カンナ]
よーし!
えーっと…これだぁぁぁぁ!▼
[ルッツ]
…残念、4等だね。
このお面が4等の景品かな。▼
[カンナ]
やったー!
僕、お面でも嬉しいよ!▼
あっ、でもお母さんに
髪飾りをあげるはずだったのに…▼
[ルッツ]
それなら僕にまかせてよ!
あとでばっちり1等賞を引いておくから!▼
[カンナ]
すごーい! それなら安心だね!
お父さんは僕たち家族のヒーローだよ!▼
[ルッツ]
えっへへー。
そう言ってくれるとうれしいな!▼
でも…カンナも1等を引くかと思ったのに
なんだか意外だったよ。▼
僕の子どもだから、
きっと運がいいと思ったんだけどなぁ。▼
[カンナ]
お父さん…
僕、すごく運がいいよ?▼
[ルッツ]
ん? そうなの?
何か心当たりがあるかい?▼
たとえばすごい大金を拾ったりだとか、
何もしなくても敵が逃げていったりとか。▼
[カンナ]
ううん。そういうのはないよ。
でも僕はすっごく運がいいんだ!▼
だって…お父さんとお母さんの
子供に生まれたからね!▼
[ルッツ]
…!!▼
…カンナ、残念だけどそれは違うよ。▼
[カンナ]
えっ!? ど、どうして!?▼
[ルッツ]
世界一運がいいのはやっぱり、僕の方さ。▼
だってカンナが僕の子供として…
生まれてきてくれたんだからね。▼
1等賞を当てるより、お金を拾うより…
ずっとすごい奇跡が僕を選んでくれたんだもん。▼
ありがとう、カンナ。▼
[カンナ]
あ…▼
えへへ…
ありがとう、お父さん!▼
じゃあ、僕とお父さんは
世界一運がいい親子だね!▼
[ルッツ]
うん! その通りだね!▼
さっきカンナは僕のことを
ヒーローみたいって言ってくれたけど…▼
カンナこそ、僕のヒーローなんだよ。▼
[カンナ]
じゃあヒーロー同士、
早く賊を倒しに行こう!▼
正義の味方、カンナ参上!▼
[ルッツ]
同じく正義の味方、ルッツ参上!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-03 (月) 23:17:18