カンナ(女)の親子会話

マイユニット

+  マイユニット男性・僕
+  マイユニット男性・俺
+  マイユニット男性・私

フェリシア

[カンナ]
お母さん、大丈夫?
ケガとかしてない?▼
[フェリシア]
はい、大丈夫ですよ。
気遣ってくれてありがとうございます。▼
[カンナ]
お礼なんていいって!▼
でも、無理はやめてね。
何かあったら、すぐにあたしを呼んで!▼
あたし、お母さんのためなら
なんでもしちゃうから。▼
[フェリシア]
…………▼
[カンナ]
どうしたの、お母さん。▼
[フェリシア]
優しい子に育ってくれたなぁって…
すごく誇らしい気持ちになったんです。▼
[カンナ]
ほんと!?
そう言ってもらえてすごくうれしい。▼
あたしね、人の役に立てることが
とっても幸せなんだ。▼
そのためなら自分はどうなってもいいって
思うときもあるぐらいで…▼
[フェリシア]
…………▼
それ…私と一緒です。▼
[カンナ]
えっ。そうなの?
お母さんも?▼
[フェリシア]
実は結婚前、カムイさんとも
話したんですが…▼
私はどうしようもないぐらい
ドジでおっちょこちょいです。▼
でも、みなさんをお世話したいという
気持ちは誰にも負けません。▼
みなさんのために生きることが、
私の幸せなんです。▼
[カンナ]
お母さん…!
あたし、それすっごくわかる!▼
あたしの性格は
お母さん譲りだったんだね。▼
[フェリシア]
カンナ…!!
わ、私嬉しいです…!▼
私のドジなところじゃなくて
なけなしの真っ当な部分が受け継がれて…!▼
[カンナ]
な、なけなしのって…
そんなことないよ…▼
[フェリシア]
では、幸せいっぱいの気分になったところで、
そろそろ戦闘に戻りましょうか。▼
[カンナ]
うん! わかった!
でも…▼
お母さんが手に持ってるの…
武器じゃなくて、焼き鳥の串だよ。▼
[フェリシア]
はわわわわーーーーーーーっ!▼
もう…私ったら…▼
[カンナ]
あはは、しっかりしてね。
じゃ、あたしは行くから!▼
[フェリシア]
あ!
カンナ、ちょっと待ってください!▼
カンナも…
それ…武器じゃなくて、木の枝です…▼
[カンナ]
はわわわわーーーーーーーっ!▼
[フェリシア]
ああ、ごめんなさい…
真っ当じゃないところも受け継がせてしまって…▼
でも、自分に似た我が子を見るのは
とっても可愛いですし…▼
これはこれでアリですね!▼
[カンナ]
うん! お互い気をつければいいよ!
手に持ってるものは…大丈夫そうだね。▼
[フェリシア]
…では、いざ!
みなさんのために! 戦いましょうーっ!▼

リンカ

[カンナ]
炎の部族の心得、そのいちー!
炎の部族はここうをおもんじる!▼
[リンカ]
ふっ、
カンナ、どうしたんだ急に。▼
[カンナ]
あたしはお母さんの娘でしょ?▼
だから、あたしも
立派な炎の部族になりたいの!▼
[リンカ]
なるほど、
それで心得を復習しているのか。▼
[カンナ]
じゃあ、もう一度言うから
お母さんはちゃんと聞いていてね?▼
[リンカ]
ああ。
わかった。▼
[カンナ]
炎の部族の心得、そのいちー!
炎の部族はここうをおもんじる!▼
[リンカ]
そのとおりだ。
だが、意味はちゃんとわかってるのか?▼
[カンナ]
も、もちろんだよ!▼
こ、ここうは重くて大変だな…
っていうことでしょ?▼
[リンカ]
ふっ。
少し違うな。▼
孤高を重んじるとは
一人であることを大切にするということだ。▼
あえて集団に属さないことで
見えてくる道もあるからな…▼
[カンナ]
…………▼
[リンカ]
…ん?
カンナには少し難しかったか?▼
[カンナ]
あたしやっぱり…
炎の部族にはなりたくない…▼
[リンカ]
…どうしてだ?▼
[カンナ]
だって、せっかく…
お母さんと一緒に暮らせるようになったのに…▼
ここうをおもんじて…
ひとりぼっちになるのは嫌だもん…▼
[リンカ]
…なるほどな。▼
カンナ、孤高を重んじろというのは
ひとりぼっちになれと言っているわけではない。▼
[カンナ]
…本当に?▼
[リンカ]
ああ、本当だ。▼
現に炎の部族も
一族みんなで一緒に暮らしているだろう?▼
あたしだって今は
この部隊と共に共同で生活をしている。▼
[カンナ]
そっか。
確かにそうだね!▼
[リンカ]
みんなで一緒に暮らしていても、
孤高を重んじることはできる。▼
ときに集団を離れ、
一人で考える時間をもうける…▼
カンナはそういうことから始めてみればいい。▼
[カンナ]
うん! わかったよ!▼
ずっとひとりぼっちは嫌だけど、
たまに一人になるならできると思う!▼
[リンカ]
…無理はするなよ?▼
ただでさえカンナには…
寂しい思いをさせてしまったからな…▼
長いこと離れ離れで暮らしていたのだ…▼
普通の子供よりも…
孤独を感じさせていたに違いない…▼
[カンナ]
そんなのもう気にしないで!
だって、これからはずっと一緒なんだから!▼
[リンカ]
ありがとう…
カンナ…▼
[カンナ]
じゃあ、炎の部族の心得を続けるね?
ちゃんと聞いててよ、お母さん!▼
[リンカ]
ああ。
わかった。▼
[カンナ]
炎の部族の心得そのにー!
苦い野菜もちゃんと残さず食べるー!▼
[リンカ]
ふふふっ。
大切なことだが…炎の部族の心得ではないな。▼

サクラ

[カンナ]
ねえねえ、お母さん!
あたし、聞きたいことがあるの!▼
[サクラ]
ふふふ、なんでしょうか?
私に答えられることだといいのですけど。▼
[カンナ]
あのね…
おにいちゃんと結婚するってどんな感じ?▼
[サクラ]
…えっ!?
ええええええええっ!?▼
ど、どうしてそんなことが聞きたいのですか?▼
[カンナ]
だって、お父さんとお母さんって
血の繋がらないきょうだいだったんでしょ?▼
それがどうして夫婦になったのかな、って!
あたし、ずーっと気になってたの!▼
[サクラ]
そ、そ、そ、そうですか…▼
[カンナ]
もしかして、
聞いちゃいけないことだった?▼
[サクラ]
い、いえ、そんなことはありません。▼
私たちの結婚に関して…
後ろめたいことなど一切ないですから!▼
上手く説明できるかはわかりませんが…
一生懸命、話してみますね。▼
[カンナ]
わーい!
ありがとう、お母さん!▼
[サクラ]
ええと…私にとってカムイ兄様は…
初めてお会いした時から大切な人でした。▼
強くて、優しくて…
温かい心を持った憧れの人…▼
それは兄に対する憧憬だと
思っていたのですが…▼
あるとき、気づいてしまったんです。
これは恋なんだって。▼
[カンナ]
でも、おにいちゃんだから
その気持ちは言えないよね…?▼
[サクラ]
はい。でも、母様…
あなたのおばあ様が遺したお手紙を読んで、▼
その時初めて、私と兄様に
血の繋がりがないことがわかったんです…▼
それで、私は…
すごく泣いてしまいました。▼
[カンナ]
これで恋人になれるって、嬉しくて?▼
[サクラ]
いいえ。私とカムイ兄様が
家族ではないことが悲しくて。▼
[カンナ]
…!▼
[サクラ]
私はあの人と家族でいたかった。
一生傍にいられる絆が欲しかった。▼
だって、ずっと傍にいたいぐらい…
大切な人だったんですもの。▼
[カンナ]
そっか…
大切な人は大切な人だもんね。▼
だからお母さんは、
お父さんと結婚したんだね。▼
[サクラ]
はい…▼
[カンナ]
大切な人と結婚できたんだから…
お母さんは幸せなんだよね?▼
[サクラ]
もちろん。
とってもとっても幸せですよ。▼
カンナというとっても可愛い子供も
授かることができましたし。▼
[カンナ]
えへへー。▼
[サクラ]
こんな答えで大丈夫でしょうか?▼
[カンナ]
うん!
お母さんが幸せだってわかったから!▼
[サクラ]
ふふふ。
それならよかったです。▼
[カンナ]
お母さんはこれからも
ずっとずっと幸せでいてね!▼
じゃないとあたし…
悲しくなっちゃうから!▼
[サクラ]
ありがとうございます、カンナ…
カンナは優しいですね。▼
人の幸せを願えるその心…
カムイさんそっくりです。▼
[カンナ]
えへへ…
でも、優しいのはお母さんもおんなじだよ。▼
だからあたしは、
お母さんにもそっくりだね!▼
[サクラ]
カンナ…▼
はい、あなたは私たち二人にそっくりです。
あなたは私たち家族の証…▼
私たちを家族にしてくれて、
ありがとう…▼
[カンナ]
うん。
これからはずっと、一生傍にいる。▼
あたしが大好きなお父さんとお母さんの…
…二人の絆なんだから。▼

アクア

[アクア]
カンナ。
今日は子どもの成長を願うお祭りよね。▼
カンナは私に何を願ってもらいたい?▼
[カンナ]
うーん…
急にそう言われても…▼
[アクア]
どういう大人になりたいとか、ないの?▼
[カンナ]
あ、それならあるよ!▼
うんとね、あたしは、
お母さんみたいな大人になりたいな!▼
[アクア]
えっ?
私みたいな大人?▼
[カンナ]
うん!▼
[アクア]
…いや、私みたいな大人には
ならないでほしいわ。▼
[カンナ]
えーっ? どうしてー?▼
[アクア]
どうしてって…▼
私は無口だし、人に拒まれることを恐れるあまり、
感情を表に出すことも苦手でしょう。▼
一方、あなたは明るくて素直で、健気で…
私にはないものをたくさん持ってる。▼
あなたには私に似ることなく、
今のまま大人になってほしいと思うわ。▼
[カンナ]
そうかなぁ…
あたしはお母さんをそんな風には思わないけど…▼
[アクア]
…えっ?
あなたは私をどう見てるの?▼
[カンナ]
お母さんは凛としていて、自分を持っていて、
すごくかっこいい女の人だと思ってるよ!▼
[アクア]
…もう、そんなに褒めても
何も出ないわよ。▼
[カンナ]
ほんとのことだよ?
お父さんもそう言ってたし!▼
[アクア]
カムイが?▼
[カンナ]
うん!
もし人として、女性として道に迷うことが
あったら、お母さんを見習いなさいって。▼
お母さんほど強くてたくましい女性を
見たことがないって!▼
お父さん、そう言ってた!▼
[アクア]
…………▼
まったく…
あなたたちには困ったものだわ。▼
私のことを買いかぶりすぎよ。▼
[カンナ]
でもほんとなんだもーん!▼
[アクア]
うふふ。
もう、わかったわ。▼
何を言っても聞いてもらえそうにないし、
今日は素直にその気持ちを受け取っておく。▼
[カンナ]
じゃあ、あたしがお母さんみたいに
なれるようにお願いしてくれる?▼
[アクア]
ええ、あなたのよさを失わない程度に
私に似ますようにってね。▼
[カンナ]
わーい!▼
あ。そうだ、お母さん。
最近、お歌の練習を全然できていないね。▼
また一緒に練習したいな。▼
[アクア]
そうなのよね。
新しい歌を作るのに手間取ってたの。▼
[カンナ]
新しいお歌?▼
[アクア]
ええ。▼
…私ね、カムイが
初めて竜になったときのことが忘れられなくて…▼
それを歌にしていたの。▼
[カンナ]
お父さんが初めて竜になったとき?▼
[アクア]
そう。昔、ミコト様…
つまり、あなたのおばあちゃんが亡くなって…▼
その怒りでカムイが竜になったの。▼
私は、暴れるカムイを
歌の力で鎮めようとしたわ。▼
最終的に、このペンダントの力で
なんとかできたけど…▼
優しいカムイの中に、
こんなに荒々しい神祖竜の血が入っている…▼
その衝撃は、ものすごいものがあった。▼
そのときのことを…
歌にしてみようと思ったのよ。▼
[カンナ]
わぁー、すっごく興味ある!
歌ってみたーい!▼
[アクア]
カムイと同じように
竜になれるカンナなら…▼
何か、感じてもらえるかもしれないわね。▼
[カンナ]
そうだね。
楽しみにしてる!▼
[アクア]
さてと。
そろそろ戦闘に戻りましょう。▼
さっさと賊を片付けて、
お祭りを楽しまないと。▼
[カンナ]
うん。
あたしの成長を願うこと、忘れないでよね?▼
[アクア]
もちろんよ。
心を込めて願っておくわ。▼

カザハナ

[カンナ]
はっ!
せいっ! やぁっ!!▼
[カザハナ]
カンナ、こんなときにも訓練?▼
[カンナ]
あ、お母さん!
そうだよ、訓練中なんだ!▼
最近、時間がもったいない気がして。
ちょっとでも時間があれば訓練してるの!▼
[カザハナ]
へえー、あたし譲りの精神が
しっかり根付いてきてる感じだね。▼
でも、あまり無理はしないで、
過ぎたるは及ばざるがごとしって言ってね。▼
やり過ぎはよくないから。▼
[カンナ]
えーっ、そ…そうなの?
でも…▼
[カザハナ]
でも、何よ?▼
[カンナ]
お母さんはそれでもいいと思うよ。
すごく強いから。▼
でもあたしみたいな未熟者は…▼
やり過ぎくらいじゃないと…
お母さんを守れる人にはなれないと思うの。▼
[カザハナ]
あたしを…守る?▼
[カンナ]
そう、内緒にしてたけど…
あたし、お母さんを守りたくて訓練してるの。▼
お母さんは何度も何度も
あたしを守ってくれたよね。▼
あたし、そんなお母さんに
すこしでも親孝行したいんだ!▼
大好きなお母さんを守るためなら
死んでもいいっていうくらいの気持ちだよ。▼
[カザハナ]
…………▼
カンナ、気持ちはうれしいけど、
死んでもいいっていうのは間違いだよ。▼
[カンナ]
えっ?▼
[カザハナ]
気持ちはよくわかる。▼
昔、あたしもカムイに
似たようなことで怒られたっていうか…▼
指摘されたことがあるから…▼
[カンナ]
お母さんが…お父さんに怒られたの?▼
[カザハナ]
ええ。
はっきり言われた。▼
大事な人を守っても、
自分が死んだら意味がない…▼
その残された大事な人を
深く悲しませることになるから、って。▼
[カンナ]
…………▼
[カザハナ]
カンナはあたしを悲しませたい?▼
[カンナ]
お母さんが悲しむのは嫌…
絶対に嫌…▼
[カザハナ]
そっか。だったら…
死んでもいいなんて二度と言わないでね。▼
[カンナ]
わかった…
もう二度と言わない…▼
[カザハナ]
わかってくれてありがとう。▼
ねえ、カンナ。
お祭りが再開しても訓練するつもり?▼
[カンナ]
もちろんだよ!▼
[カザハナ]
じゃ、あたしも付き合う。▼
あなたがどんな人でも守れるように
ビシバシ鍛えてあげるわよ!▼
[カンナ]
うん!
楽しみにしてるねっ!▼

オロチ

[カンナ]
ねえ、お母さん。
あたし…聞きたいことがあるの!▼
[オロチ]
なんじゃ?
そんなに改まって。▼
[カンナ]
あたし…
ずっと聞きたかったの。▼
お父さんとお母さんはどうやって知り合って、
どうやって仲よくなったのか!▼
[オロチ]
な、ななななっ!?▼
何故それが気になるんじゃ…
そんなことを聞いてどうするんじゃ。▼
[カンナ]
あたし、二人とも大好きだから!
どんな風に仲良しになったのか知りたいの。▼
[オロチ]
ううむ…そんな純粋な瞳で見られたら
断るに断れんのう。▼
では今、ちょっとだけ
特別に話してやろう。▼
[カンナ]
やった!
ありがとう!▼
[オロチ]
…カムイと最初に二人きりで
話すようになったのは…▼
カムイが、わらわに
声をかけてくれたからじゃ。▼
[カンナ]
いきなり「好きです」とか?▼
[オロチ]
ち、違うわい。
彼はそんな男ではないぞ。▼
…カムイはわらわにこう言ったんじゃ。
「母上について知りたい」と。▼
[カンナ]
お父さんの母上ってことは…
あたしのおばあちゃん?▼
[オロチ]
ああ。
ミコト様という方じゃ。▼
で、わらわはミコト様のことを
カムイ様に教えてあげた。▼
わらわはまずミコト様の楽しい話をし…
次にミコト様の心優しいところを…▼
最後にミコト様がカムイを
いかに愛していたかという話をしたのじゃ。▼
するとカムイは言った。
これからは、母上が愛した人たちを守る、と…▼
その中に、わらわも入っておると…▼
[カンナ]
キャーッ!!▼
[オロチ]
そんなこんなで少しずつ距離が縮まり…
めでたく結婚となったわけじゃ。▼
[カンナ]
そ、そうだったんだ…
すてきーーー!!▼
でも、なんか…
母さんに焼きもち焼いちゃうな。▼
お母さんはあたしの知らないお父さんのこと
たっくさん知ってるから。▼
[オロチ]
それはまあ、仕方のないことじゃ。
付き合いの長さというやつじゃな。▼
しかし、世界が平和になれば、
そなたと過ごす時間も格段に増えるはず。▼
その時はカムイを独占すればいい。
そこでたくさん知っていくのじゃ。▼
[カンナ]
うん、そうだね。
わかった!▼
[オロチ]
…ああ、でもまだ話し足りないのう。▼
婚姻の申し込みのあたりの話を
端折ったのは間違いだったわい。▼
[カンナ]
あたし、それも聞きたーい!▼
[オロチ]
…では、どうじゃ。祭りが再開したら、
わらわと共に過ごさぬか。▼
カムイのことだけではなく、
まじないも教えてやろうぞ。▼
前から興味があると言っておったろう。▼
[カンナ]
でも…いいの?
あたし、まじない道具持ってきてないし…▼
[オロチ]
屋台で調達すればなんとかなろう。
珍しい薬草も売っておったし。▼
[カンナ]
探すのも楽しそうだね!
じゃあ、やる!▼
[オロチ]
そうしよう、そうしよう。
ふふっ、楽しい祭りになりそうじゃ!▼

ヒノカ

[カンナ]
こらっ!
お祭りを台無しにした不届き者たち!▼
どこからでもかかってきなさい!
あたしが相手になってあげるわ!▼
[ヒノカ]
ふっ。
勇ましいな、カンナ。▼
[カンナ]
うん!
だって、あたしはお母さんの娘だもん!▼
敵のことなんてちっとも怖くないよ!▼
[ヒノカ]
そうか。
さすが私の娘だな。▼
[カンナ]
えへへ~。▼
[ヒノカ]
だが、あまり無茶なことはしないでくれ。▼
戦場で背伸びをしても、
いい結果に結びつきはしないからな。▼
相手の力量を見極め、
自分にできることを堅実に遂行していく。▼
それが生き延びるコツだと私は思うぞ。▼
[カンナ]
でも、あたし…
お母さんみたいに強い人になりたいから…▼
[ヒノカ]
ふっ。
ありがとう、カンナ。▼
だが、私も最初から
強かったわけではない。▼
カンナと同じくらいの年のときは
まだまだ泣き虫だった。▼
[カンナ]
えっ!? 本当に!?
お母さんが泣き虫だったの!?▼
[ヒノカ]
あ、あまり大声で言わないでくれ…
少し恥ずかしいからな…▼
だが、泣き虫だったのは真実だ。▼
カムイが暗夜王国に
さらわれてから…▼
私は自分の手で大切な人を
守れるようになりたいと思った。▼
それから天馬兵としての訓練を始めたのだが…
初めのころは訓練の辛さに泣いてばかりだった。▼
それまでの姫としての生活とは
全く違った日々になってしまったからな。▼
馬に乗るときは毎回、足が震えたし、
初めて空を飛んだときは…▼
…その…いろいろとやらかしたものだ。
頭から落ちたりな。▼
[カンナ]
あはは!
今のお母さんからは想像できないね!▼
[ヒノカ]
だから、カンナも無理をする必要はない。
少しずつ成長していけばいいんだ。▼
[カンナ]
うん! わかった!
あたし、もう無茶なことはしないよ!▼
[ヒノカ]
ああ。
そうしてくれると私も安心だ。▼
[カンナ]
でも、お母さん…
本当にお父さんのことが好きだったんだね!▼
[ヒノカ]
な、なっ!?
と、突然、何を言い出す?▼
[カンナ]
だって、そんなに辛い訓練を続けられたのも
お父さんを助けたかったらでしょ?▼
[ヒノカ]
…そうだな。
それを心の支えにしていたのは事実だ。▼
[カンナ]
お父さんは幸せ者だね。
お母さんにこんなに愛されて。▼
[ヒノカ]
わ、私だって幸せ者だ…▼
カムイとカンナにすごく愛されていると…
日々、時間しているのだからな。▼
[カンナ]
ふふふー。
それ、お父さんに伝えておくね!▼
[ヒノカ]
い、言わなくていい!
言わなくても…わかっているだろうしな!▼
[カンナ]
お母さん、照れちゃってる!
可愛いー!▼
[ヒノカ]
は、母親をからかうんじゃない!▼
ほら、話はこの辺で終わりにしないと。
お祭りで遊ぶ時間がなくなってもいいのか?▼
[カンナ]
そ、それはやだ!
わかった、じゃあお話はここまでね!▼
でも、天幕に帰ったらもっともっと…
お母さんの子どものころのお話を聞きたいな!▼
[ヒノカ]
ああ、わかった。
たっぷりと聞かせてあげよう。▼
カンナと一緒に過ごせる時間は…
たくさんあるのだからな。▼

セツナ

[カンナ]
お母さーん…▼
[セツナ]
あ、カンナ…
宙ぶらりんで、何してるの…▼
[カンナ]
見ての通りだよー!
また罠にかかっちゃった…▼
[セツナ]
それなら仕方ない…
いま助けてあげる…▼
これをこうして…
はいできた…▼
[カンナ]
ありがとう、お母さん!▼
[セツナ]
カンナは最近…
よく罠にかかるわね…▼
[カンナ]
ほんとだよ…!
お母さんに似てきたのかも。▼
[セツナ]
要らないものを受け継いだのね…
かわいそうに…▼
[カンナ]
えへへー
そんなに喜んでくれて嬉しい!▼
[セツナ]
別に喜んでない…▼
でもあなたもそろそろ…
助けてくれる人を見つけたほうがいいかも…▼
[カンナ]
助けてくれる人?▼
[セツナ]
そう…
例えば、私の場合はヒノカ様ね…▼
[カンナ]
確かに、お母さんが罠にかかると
いつもヒノカ様が助けてくれるよね。▼
じゃああたしもヒノカ様がいいっ!▼
[セツナ]
それはダメよ…
ヒノカ様は私専用なの…▼
あとアサマもダメ…
彼は笑って見てるだけだから…▼
[カンナ]
ええっ…
じゃあ誰にすればいいの…▼
[セツナ]
あなたの場合…
助けてくれる人はここにいるわ…▼
[カンナ]
ここにって…
お母さんのこと?▼
[セツナ]
そう…
私が助けてあげる…▼
[カンナ]
ええーっ!?
そ、それはちょっと…▼
あたしが罠にかかって、
お母さんも罠にかかったらどうなるの?▼
二人とも身動きがとれなくなっちゃうよ?▼
[セツナ]
そういうときはヒノカ様よ…
ヒノカ様が助けにきてくれるわ…▼
[カンナ]
な、なるほど!
結局、ヒノカ様なんだね!▼
[セツナ]
そうよ…
ヒノカ様は偉大なお方だから…▼
[カンナ]
でも、助けにきたヒノカ様も
罠にかかったらどうするの?▼
[セツナ]
そうね…▼
…ああ、そのときは
カムイよ…▼
[カンナ]
そっか!
お父さんがいるね!▼
[セツナ]
彼もなかなか頼もしいわ…
それなりに私を救出した実績もあるし…▼
私が抱きついた拍子に、
二人まとめて罠にかかったこともあるし…▼
[カンナ]
えっ…それ…
ちょっと不安…▼
[セツナ]
まぁ…
細かいことは言いっこなしよ…▼
大事なのは、
あなたが幾重にも守られているということ…▼
いろんな人があなたを助けてくれる…
だから、安心して…▼
[カンナ]
うん、わかった!▼
[セツナ]
あなたは本当に、幸せ者…
でも…慢心は禁物よ…▼
幸せ者であることを噛みしめて…
謙虚な気持ちで罠にかかるの…▼
[カンナ]
うん!
その言葉、胸に刻んでおくね!▼

オボロ

[オボロ]
カンナ、悪いんだけど…▼
…今日のお祭りはカムイたちと
楽しんでくれる?▼
私は一人で過ごしたいから…▼
[カンナ]
えーっ?
どうしてそんなこと言うのーっ?▼
[オボロ]
ごめんね…
なんか、悲しくなっちゃって…▼
[カンナ]
何が悲しいの?
話して?▼
[オボロ]
…………▼
その…今日は子どもの成長を
願うお祭りでしょう。▼
私はあなたに…私に似た子に
育ってほしいって願おうと思っていたの。▼
そしたら気の合う似たもの親子二人、
和気あいあいとおしゃべりしたりして、▼
楽しそうだなって。▼
でもね…さっき、
それじゃダメだって気付いたのよ。▼
だって私は平凡で、小うるさくて…
魔王みたいな顔をしちゃう女よ…▼
本当にあなたのためを思うなら、
私に似たらダメ…▼
[カンナ]
…で、悲しくなったってこと?▼
[オボロ]
ええ。▼
[カンナ]
もうー!
何言ってるのよ。▼
お母さんは気が利いて、
世話好きで、仲間想いな、素敵な人。▼
私、そういうお母さんが大好きだし、
そういう大人になりたいって思ってる!▼
[オボロ]
カンナ…▼
[カンナ]
魔王みたいな顔だって、どこが悪いの?
私はかっこいいって思ってるんだからね?▼
[オボロ]
えっ? かっこいい?▼
[カンナ]
だって、お母さんがその顔をすると、
敵はびっくりして腰を抜かすでしょ?▼
私、うわーすごーいって思ってるんだから!
とってもかっこいいよ!▼
だから、そんな風に考えないで?▼
[オボロ]
カンナ…
ありがとう…▼
ごめんね。
こんな弱音を吐いて…▼
[カンナ]
気にしないで、
私たち、家族なんだから。▼
たくさん弱音を吐いていいんだよ。
私でよかったら、いつでも聞いてあげる。▼
[オボロ]
…………▼
あぁ…なんか…
懐かしい感覚…▼
[カンナ]
何が?▼
[オボロ]
あなたの優しい言葉を聞いていたら
結婚前のカムイを思い出しちゃって…▼
[カンナ]
結婚前のお父さん?
なにそれ、聞きたいな!▼
[オボロ]
私…夜になると悲しくなって、
夜の森を眺める癖があって…▼
カムイがそんな私に気付いて、
元気づけてくれたことがあったの。▼
私が自分の弱さを打ち明けると、
カムイはこう言った。▼
「弱くてもいい」って。
「弱くたって、支えるから」って…▼
「一人じゃないんだから」って…▼
その姿が…
今のあなたと重なったのよ…▼
ほんと、あなたはカムイに
似たものを持っているわね。▼
[カンナ]
…そうなんだ。
なんかすごく嬉しいな。▼
でもね、お母さん。
私、お母さんにも似たいんだからね。▼
だから、今日の願いごとはこういう風にして?
「カンナが、私にも似てきますように」って。▼
さっきお母さん、言ったよね。▼
気の合う似たもの親子二人で、
和気あいあいとおしゃべりしたいって。▼
私もそれ、すっごくしたいから!▼
[オボロ]
ほんと?▼
[カンナ]
うん、私、そういうの憧れる!▼
[オボロ]
…だったら…
そうさせてもらおうかしら。▼
[カンナ]
うん、胸を張って願ってね!
私の大好きなお母さん!▼
[オボロ]
…ありがとう…
さっきまでの重い気分が嘘みたいよ…▼
娘と本音で語り合えた今日の日に
感謝するわ。▼

カゲロウ

[カゲロウ]
…………▼
[カンナ]
…………▼
お母さん…
いるんでしょ…?▼
[カゲロウ]
…くっ、気付かれてしまったか…▼
[カンナ]
もー!
今日は警護しないって約束でしょ?▼
[カゲロウ]
そうは言っても、見よ。
この賊を。▼
祭りだからといって
気を抜いてはならなかったのだ。▼
[カンナ]
…確かに賊の襲撃はあったけど、
あたしはもう大人だもん!▼
そろそろ警護なんてしなくていいよー!▼
[カゲロウ]
…ふっ。カムイにも
似たようなことを言われたものだ。▼
だが、私が警護の重要性を説くと
カムイは納得してくれたのだ。▼
あの人は立派で聡明だ…▼
[カンナ]
…………▼
そ、そうだ!
いいこと思いついた!!▼
お母さん、お父さんの警護に戻ってよ!▼
お父さんはとっても重要人物なんだから。
警護しなきゃ! ね! そうだよ!▼
[カゲロウ]
いいや。
今はカムイよりカンナだ。▼
[カンナ]
ええええっ…▼
…あ、そうだ!▼
私、お母さんの創作したもの、
また見たいなぁ!▼
母さんの創作物って、味があって
私、大好きなんだよね!▼
[カゲロウ]
みえみえだな。▼
私を創作に没頭させて、
警護をやめさせようという魂胆だな。▼
しかし、無駄だ。
今は創作よりお前の警護が大事なのだ。▼
[カンナ]
うぅ…
うぅーーーっ!▼
じゃあ、いつになったら警護されなくなるの!?
それだけでも教えて!▼
[カゲロウ]
この子は一人前と思えるようになったらだな。▼
[カンナ]
わかった!▼
じゃあ、今から賊と戦ってくるから、
私が一人前なところを見てて!▼
[カゲロウ]
いいだろう。▼
[カンナ]
よーし!
じゃあ、本気を出しちゃうぞ!▼
カゲロウの娘カンナ推参いたした!
いざ、参らんっ!!▼
[カゲロウ]
ほう…あの勇ましさ。
この分ではすぐに、一人前になるかもな…▼

ユウギリ

[ユウギリ]
カンナ。▼
[カンナ]
あ、お母さん!▼
[ユウギリ]
あとでお時間よろしいかしら?
お渡ししたいものがありますの。▼
[カンナ]
えーっ!▼
[ユウギリ]
なんですか、そのお返事は…
嫌なのですか?▼
[カンナ]
嫌っていうか…
だって…その…▼
…せっかく敵がたくさん現れたのに、
時間がもったいないよ…▼
敵がたくさん現れたから、
あたし、たくさんたくさんやっつけたいの!▼
[ユウギリ]
もちろん、それでいいですわ。
私は賊を殲滅したあとのお話をしているのです。▼
[カンナ]
あ、そうなんだ!
それならいいよ!▼
じゃあ、あたしは戦闘に戻って、と…▼
[ユウギリ]
ちょ、ちょっとお待ちになって!
カンナは今もしかして…▼
戦いたくて戦いたくてしょうがないという
気持ちなのかしら?▼
[カンナ]
よくわかるね!
実はそうなの!▼
最近、敵を見るとこう…▼
体の中がボーって燃えるような感じになって、
たまらなくなるの!▼
[ユウギリ]
…………▼
薄々感づいてはいましたが…
ついに発現したのですね。▼
[カンナ]
えっ?▼
[ユウギリ]
カンナ、それは私の気質ですわ。
私も敵前でそういう気持ちになるのです。▼
[カンナ]
えっ、お母さんも?▼
[ユウギリ]
教育に悪いと思い、あなたの前では極力
見せずにおりましたが…▼
私は人呼んで、白夜の戦闘狂…▼
敵と戦うことが最大の喜びで、
断末魔の声を聞くとうっとりしてしまいますの。▼
[カンナ]
わかるよ…
その気持ち、すっごくわかる!▼
[ユウギリ]
そうでしたか…▼
…うっ…▼
[カンナ]
あ、あれ? どうしたの?
いけないことなの?▼
似ないほうがよかったの?▼
[ユウギリ]
いいえ、その逆ですわ…▼
私に似てくれて、ありがとうございます。
愛しい我が子…▼
…今の私は、そういった気持ちでおります。▼
[カンナ]
そっかー!
それならよかった!▼
…あ、こんなことしている間に
せっかくの敵が倒されちゃう…▼
[ユウギリ]
確かに、そうですわね!
では、いざ…
[カンナ]
…あ、でも待って、お母さん。▼
お母さんさっき、言ってたよね。
あとで渡したいものがあるって。▼
あれは何?
なんか気になってきたから今、言って?▼
もしかして…
すんごく強い武器とかっ!?▼
[ユウギリ]
違いますわ。
前掛けです。▼
[カンナ]
…前掛け?▼
[ユウギリ]
私が昔、親からもらった前掛けと
同じものを、あなたのために作ったのです。▼
[カンナ]
あ、ありがとう…
でも、どうして前掛け?▼
[ユウギリ]
親が作ってくれた前掛けが、
子どもに幸運をもたらす…▼
私がそう信じているからです。▼
…昔、私は親からもらった前掛けを
落としてしまいました。▼
しかしそれを…カムイさんが
拾ってくれたのです。▼
そこからカムイさんとの友情が始まり…
そして、結婚に至りました。▼
全ては親からもらった前掛けのおかげ、
私はそう思っています。だから…▼
[カンナ]
へえー、そんなことがあったんだ…▼
…ってことは、あたしも前掛けを
どこかで落とせばいいの?▼
[ユウギリ]
い、いえ…落とさないでください。
あとで渡しますから、大事にしてくださいね。▼
[カンナ]
わかった。大事にするっ。
どんな前掛けなのかなー! 楽しみ!▼
[ユウギリ]
…あら、長話をしてしまいましたね。
戦闘狂にあるまじき行為です。▼
[カンナ]
うふふ、本当だね!▼
[ユウギリ]
では、思い切り暴れましょう。
お互い、本能をむき出しにしてっ!▼

クリムゾン

[カンナ]
うんしょ、うんしょ!▼
よし、取れたーっ!▼
[クリムゾン]
…カンナ?
地面を掘り起こして、何をしているんだい?▼
[カンナ]
ああ、お母さん!▼
実はね、ここに埋まってた石を
取り出したところなんだー!▼
ほら、この石を見て?
ここだけキラキラ光ってるでしょ?▼
[クリムゾン]
おや、本当だね。▼
[カンナ]
これを見つけて、どうしても
ほしくなっちゃったんだ!▼
[クリムゾン]
へえ…驚いたね。
私とおんなじだ。▼
実は私も、そういうのが大好きでね。▼
[カンナ]
えっ、そうだったの?▼
[クリムゾン]
そうさ。
カムイと仲よくなって…▼
結婚に至ったのも、こういうキラキラ石の
話題が始まりだったんだ。▼
[カンナ]
へえー! 知らなかったー!▼
[クリムゾン]
ふふっ…
カムイったら、おかしくってね。▼
「愛という名のデコレーションで
 飾り付けてほしい」だなんて言ってさ。▼
それが、あいつなりのプロポーズだった。▼
まったく、あのときは
笑いをこらえるのに必死だったよ。▼
[カンナ]
愛という名の…デコレーション?▼
[クリムゾン]
あはは…なんだか照れくさくなってきた。
まあ、この話はいつかするよ。▼
とにかくカンナは、
このキラキラした部分だけほしいんだろ?▼
[カンナ]
うんうん!
でも、石を壊すのが難しそうで…▼
[クリムゾン]
そこは私に任せな。
そらっ!▼
ほら、キラキラした部分だけ取れたよ。▼
[カンナ]
うわぁ! すごい!
ありがとう、お母さん!▼
[クリムゾン]
で、これをどうするつもりだい?▼
[カンナ]
うーん…
それはわかんないや…▼
[クリムゾン]
だったら、私が教えてあげるよ。▼
武器に貼り付けたり、
いろんな楽しみかたがあるんだ。▼
ただ、この話は賊を倒してからにしよう。
奥が深くて、長話になるからね。▼
[カンナ]
うん、わかった!
楽しみにしてるね!▼
[クリムゾン]
私もさ。▼
カムイに似てるとばっかり
思ってたお前が、私にも似てきた…▼
私は、すごくうれしいよ…▼

エリーゼ

[カンナ]
ぷるぷるぷるぷる…▼
[エリーゼ]
か、カンナ?
どうしてぷるぷるしてるの?▼
どこか具合が悪いのなら、
無理に戦わなくてもいいんだよ?▼
[カンナ]
…ぷっはー!
長い時間、つま先立ちできたー!▼
[エリーゼ]
つま先立ち?
あっ、だからぷるぷるしてたのね。▼
でも、どうしてそんなことしてたの?▼
[カンナ]
特訓だよ!
あたし、もっと強くなりたいから!▼
[エリーゼ]
そうだったんだ。
カンナは偉いね。▼
[カンナ]
ねえ、お母さん、あたし…
みんなの足手まといになってないよね?▼
[エリーゼ]
カンナが足手まとい?
そんなはずないよ。▼
[カンナ]
でも、不安なんだ…
みんなはすごく強いしさ…▼
あたし、今のままじゃ…
居場所がなくなっちゃいそうで…▼
[エリーゼ]
カンナの気持ち…
あたしもすごくよくわかるよ。▼
あたしも昔…カムイにね、
特訓に付き合ってもらってたの。▼
カンナとおんなじ、
みんなの足手まといになりたくない、って。▼
[カンナ]
お母さんもそうだったんだ…▼
じゃあ、あたしも…
今のお母さんみたいに強くなれるかな?▼
[エリーゼ]
カンナはなんで強くなりたいの?▼
[カンナ]
強くなって悪い人たちに勝つためだよ!▼
みんなが笑顔で平和に暮らせる世界、
そういう世界にあたしはしたいから!▼
[エリーゼ]
その気持ちがあれば絶対に強くなれるよ。
強い思いこそが、何よりの力なんだから。▼
[カンナ]
お母さん、ありがとう!▼
あたし、強くなれる気がしてきた!▼
[エリーゼ]
ふふふ。あたしが言ったことは
お父さんの受け売りなんだけどね。▼
[カンナ]
そうだ、お母さん!▼
あたしが特訓してるところを
お母さんに近くで見てて欲しいな。▼
そうしてくれたら
あたし、もっとがんばれる気がする!▼
[エリーゼ]
もちろんいいよ、カンナ。
もう離れ離れの生活はないし。▼
これからはできるだけ
カンナと一緒にいたいと思ってるよ。▼
[カンナ]
やったー! お母さん、だーい好き!
とーっても好き好き好きーっ!!▼
[エリーゼ]
ありがとー! あたしもカンナのこと
だーい好きだよーっ!!▼
[カンナ]
じゃあ、早速見ててね!
あたし、腕立て伏せするから!▼
[エリーゼ]
えっ!?
今からやるの? ここで?▼
[カンナ]
いーち! にー!
さーん! しー!▼
[エリーゼ]
あはは。
じゃあ、あたしも一緒にやろうかな。▼
あたしもまだまだ強くならないと!
守りたい人が増えたしね!▼
[カンナ]
うん!
お母さん!▼
[エリーゼ]
いーち! にー!
さーん! しー!▼
[カンナ]
ごー! ろく!
しーち! はーち!▼

エルフィ

[エルフィ]
カンナ…
準備はちゃんとしてきたかしら?▼
[カンナ]
うん。
もちろんだよ、お母さん…!▼
持ち物だって確認したし、
装備だって最高のものを揃えたよ。▼
[エルフィ]
さすがカンナね…
でも、まだ安心はできないわ…▼
[カンナ]
そうだね、お母さん…▼
あたし、お母さんが言ってたこと
この場所にきてようやく理解できたよ…▼
[エルフィ]
お祭りは…▼
[カンナ]
おいしそうなものがいっぱい!▼
大丈夫かな、お母さん?
あたしたち、ちゃんと全部、食べれるかな?▼
[エルフィ]
お腹を圧迫しないように
大きめの装備にしてきたんでしょう?▼
[カンナ]
うん。もしものときの
お持ち帰り用の箱も用意したよ!▼
でも、料理はできたてがおいしいからなぁ…▼
[エルフィ]
そうね…
できるだけこの場でいただきたいわ…▼
[カンナ]
じゃあ、食べる順番も重要だよね?▼
[エルフィ]
さすがカンナね…▼
それを考えることこそ…
わたしたちが目的を達するための鍵よ…▼
まずはお腹にたまらないもの…
そこから攻めましょう…▼
[カンナ]
じゃあ、わたあめ!
それから、焼き鳥!▼
[エルフィ]
いい線よ、カンナ…
でも、甘いものから始めて大丈夫?▼
甘味は最後に食べた方が
おいしく食べれるんじゃない?▼
[カンナ]
そっかぁ、そうだよね…▼
じゃあ、やっぱり最後にする!
甘いものは別腹だって言うし!▼
[エルフィ]
そうなると初めは…
たこ焼きや焼きそばになるわね…▼
[カンナ]
ぐー…▼
[エルフィ]
ぐー…▼
[カンナ]
お母さん…
あたし、もう我慢できないよ…▼
食べ物の名前を聞いただけで
お腹がぐーぐー鳴っちゃってるもん…▼
[エルフィ]
わたしも同じよ、カンナ…▼
でも、まだ我慢しないと…
敵が残ってるからね…▼
[カンナ]
じゃあ、早く悪い人たちを倒さなきゃ!
お祭りの時間がなくなっちゃうよ!▼
[エルフィ]
そうね、カンナ…▼
[カンナ]
そうだ、お母さん!
大暴れしちゃおうよ!
その方がお腹も減って
後でおいしいものいっぱい食べれるし!▼
[エルフィ]
わかったわ…▼
でも、お腹を減らし過ぎて…
動けなくなっちゃわないようにね…▼
[カンナ]
いっくよー! お母さん!
てりゃあーっ! 叩きつぶしちゃうぞーっ!▼
[エルフィ]
ふふふ…▼
元気な子に育ってくれて…
わたしあとっても嬉しいわ、カンナ…▼

ニュクス

[ニュクス]
残念ね。
せっかくのお祭りだというのに。▼
[カンナ]
そうだね、お母さん。
楽しそうな出店もいっぱいあるのに。▼
[ニュクス]
でも、賊を全て倒したら
お祭りもきっと再開されるわ。▼
[カンナ]
うん!
お母さん!▼
…あれ? お母さん、見て見て!
あそこの出店で売ってるやつ!▼
「真実を映す伝説の鏡」だって!
すごーい!▼
[ニュクス]
…本当ね。
まさかこんなところで見つかるなんて、▼
しかも、ずいぶんと安いわね。
在庫もたくさんあるようだし。▼
[カンナ]
でも、ちゃんと「伝説の鏡」って
書いてあるもん!▼
書いてあるなら本物だよ!▼
[ニュクス]
ふふふ。
そうかもしれないわね。▼
[カンナ]
この鏡を見れば、
お母さんが大人になった姿が見れるのかな?▼
[ニュクス]
そうね、
本物なら、ね。▼
[カンナ]
じゃあ、あたしのおこづかいで買ってあげる!▼
[ニュクス]
こんなものにおこづかいを使わなくてもいいわ。
もっと有意義なものに使いなさい。▼
[カンナ]
でも、伝説の鏡だもん!
これ以上の使い道なんてないよ!▼
[ニュクス]
…わかったわ。
嘘だったら返品すればいいし。▼
[カンナ]
うん!
じゃあ、買うね!▼
えっと…お金を払って…
はい! 伝説の鏡だよ、お母さん!▼
[ニュクス]
ありがとう、カンナ。▼
[カンナ]
早速、覗いてみる?
鏡はあたしが持っててあげるし!▼
[ニュクス]
そうね。
試してみましょう。▼
…………▼
[カンナ]
…どう?
大人の姿は見れた?▼
[ニュクス]
…いいえ、変わらない私の姿が見えるわ。▼
[カンナ]
そっか。やっぱり偽物だったんだね…
ごめんね、お母さん…▼
[ニュクス]
いいえ、カンナ。
この伝説の鏡は偽物ではないようよ。▼
[カンナ]
えっ!?
でも、大人の姿は映らなかったんでしょう?▼
[ニュクス]
ええ、今の私、ありのままの姿が映ってるわ。
でもね、カンナ…
貴方の瞳にも、同じ私の姿が映っているの。▼
[カンナ]
鏡と同じ姿が私の瞳に?▼
[ニュクス]
そう。
だからこの伝説の鏡は本物だわ。▼
貴方の瞳を見て気づいたの。▼
貴方の母親としての私は…
今も昔も変わらずにこの姿…▼
それならこの姿こそが私の真実だとしても…
私は充分、幸せよ。▼
[カンナ]
お母さん…▼
[ニュクス]
ふふふ。ありがとう、カンナ。
この伝説の鏡、大事に使うわね。▼
[カンナ]
うん!
お母さん!▼

カミラ

[カミラ]
…………▼
[カンナ]
お母さん?
…怒ってるの?▼
[カミラ]
あら、どうして?▼
[カンナ]
お母さんの顔…
怒ってるときの顔になってるから…▼
[カミラ]
ふふふ。安心して。
カンナに怒ってるわけではないわ。▼
せっかくのお祭りを
台無しにした人たちに怒っているのよ。▼
とても楽しみにしていたのに…
賊め…▼
殺してあげるわ…
一人残らず、みぃんな…▼
[カンナ]
お、お母さん…
怖いよ…▼
[カミラ]
ふふふ。ごめんなさい。
もう顔には出さないようにするわ。▼
[カンナ]
でも、あたしもお祭り
すっごく楽しみにしてたよ!▼
だから悪い人たちをやっつけて
早くお祭りを再開させなくちゃね。▼
よーし、あたしもお母さんに負けないよ。
悪い子にはお仕置きしてあげる!▼
[カミラ]
まあ、頼もしい。▼
カンナはお祭りが再開したら
何をして遊びたい?▼
[カンナ]
えっとね…
なんでもいいからいっぱい遊びたい!▼
[カミラ]
わかったわ。
今日はいっぱい遊びましょう。▼
[カンナ]
それでね、お祭りから帰ったら…
お母さんと一緒にお風呂に入るの!▼
[カミラ]
ふふふ。▼
ずいぶんと成長したと思っていたけれど、
そういうところはまだ子供なのね。▼
[カンナ]
ダメ?
もうそういうの卒業した方がいい?▼
[カミラ]
そんなことないわ。
いくつになっても一緒に入りましょう。▼
[カンナ]
よかったぁ!▼
だって、お父さんも言ってたんだよ!▼
好きな人とは
一緒にお風呂に入るものだって!▼
[カミラ]
そ、そうね…
お父さんの言っていることは正しいわ…▼
[カンナ]
お父さんとお母さんも
ずっと一緒にお風呂に入ってるんでしょ?▼
[カミラ]
…内緒。▼
[カンナ]
えへへ。
内緒でもあたしは知ってるもん!▼
[カミラ]
ふふふ。
カンナは物知りなのね。▼
[カンナ]
そうだ、お母さん!
あたし今度、ひとうに行ってみたい!▼
[カミラ]
ひとう?
…もしかして、秘湯のことかしら?▼
[カンナ]
そう! それ! 秘湯!
すごく綺麗なところなんでしょう?▼
[カミラ]
それもお父さんから聞いたのかしら?▼
[カンナ]
うん!▼
[カミラ]
ふふふ。じゃあ、落ち着いたら
家族揃って秘湯に行きましょう。▼
[カンナ]
やったー!
家族旅行だ! わーい!▼
[カミラ]
…カンナとはずっと離れて暮らしていたから、
家族旅行なんて今までできなかったものね。▼
この戦いが落ち着いたら…
家族で色々なところへ行きましょうね。▼
青や金の花が地平線まで咲いている、
一面の花畑や…▼
水晶の洞窟、
虹のかかる滝。▼
あなたやカムイと見たい景色は
たくさんあるの。▼
いつか全部、一緒に行きましょう。
カンナと、私と、カムイと、三人で。▼
[カンナ]
うん!
お母さん!▼

ルーナ

[ルーナ]
カンナ! 急いで敵を倒すわよ!
手加減なんて一切しなくていいからね!▼
[カンナ]
お母さん、
なんか今日はすごく気合が入ってるね!▼
[ルーナ]
だって、モタモタしてたら
お祭りの時間がどんどんなくなるのよ!▼
そんなの絶対にダメよ!
あたし、すごく楽しみだったんだから!▼
[カンナ]
あはは!
お母さんはお祭りが好きなんだね。▼
[ルーナ]
別にそういうわけじゃないけど…
今日だけは特別っていうか…▼
[カンナ]
特別?▼
[ルーナ]
お、親子でお祭りにこれるなんて…
あたしたちの暮らしから見れば特別でしょ?▼
だから、すっごく楽しみにしてたのよ!▼
[カンナ]
うん、お母さん。あたしも同じ。
お祭りすっごく楽しみだったよ。▼
じゃあ、早く悪い人たちを倒さないと…!▼
[ルーナ]
…あれ?
ちょっと待って!▼
[カンナ]
なあに、お母さん?▼
[ルーナ]
カンナもしかして…少し背が伸びた?▼
[カンナ]
うーん…どうだろう?
伸びた気もするし、変わってない気もする。▼
[ルーナ]
伸びてたらまずいわね…
背丈が合わなくなっちゃうわ…▼
[カンナ]
背丈?▼
[ルーナ]
な、なんでもないの!
後でのお楽しみなんだから!▼
[カンナ]
後でのお楽しみ!?
なにかあたしにくれるの!?▼
そんなこと言われたら気になっちゃうよ!
戦うのに集中できなくなっちゃう!▼
[ルーナ]
それは困ったわね…▼
…じゃあ、いいわ。
教えてあげる。▼
実は後であなたに…
浴衣をあげようと思ってたの。▼
[カンナ]
浴衣!?▼
[ルーナ]
いつかこんな日がくるかと思って
あたしが作っておいたものがあるの。▼
赤紫地で桜柄の生地なのよ。
とてもステキなんだから。▼
…今まではあまり
そういうことしてあげられなかったからね。▼
寂しい思いもいっぱいさせただろうし…
だから作ったっていうわけじゃないけど…▼
[カンナ]
ありがとう、お母さん!
あたし、大事に着るね!▼
[ルーナ]
…そ、そう?
そんなに喜んでくれると作った甲斐があるわね。▼
…あと、背が伸びたら言ってね。▼
これからは…
新しい浴衣なんていくらでも作ってあげるから。▼
[カンナ]
うん…
あたし、すごく嬉しい…▼
よーし!
それじゃあ急いで敵を倒しちゃお!▼
早く早く!▼
[ルーナ]
あら、いきなり急かしてきたわね。
浴衣の話でやる気になったかしら?▼
[カンナ]
え!? だ、だってほら…
お祭りの時間が減ったらお母さん嫌でしょ?▼
べ、別に…早くお母さんの浴衣を
着てみたいわけじゃないんだからね!▼
[ルーナ]
ふふふ。
わかってるわよ、カンナ。▼

ベルカ

[カンナ]
ふんふんふ~ん♪
今日は楽しいお祭りだぁ♪▼
しかもお母さんと一緒~♪
とっても楽しみ~♪▼
[ベルカ]
…………▼
[カンナ]
あれ?
どうしたの、お母さん?▼
[ベルカ]
ふふっ、別になんでもないわ…
ただ幸せそうなあなたを眺めていただけ…▼
[カンナ]
あたしのことを?
じゃあ、もっと眺めていいよ!▼
ほらほら、お母さん! カンナだよ~!
お母さんの娘のカンナだよ~!♪
[ベルカ]
ふふふっ。
確かに私の可愛いカンナね。▼
でも、あまり油断しないように…
まだ敵を殲滅していないからね。▼
[カンナ]
はい!
気をつけます、お母さん!▼
[ベルカ]
素直でいい返事ね…
本当にいい子…▼
…そう。
カンナは本当にいい子に育ってくれたわ…▼
私と離れて暮らしていたのは…
正解だったかもしれないわね…▼
[カンナ]
…どういうこと?▼
[ベルカ]
ごめんなさい、カンナ。
あなたは悪くないの。▼
でも、あなたも知ってると思うけど…
私は暖かな家庭とは無縁の世界で育った…▼
そんな私が子供のころのあなたに…
いい影響を与えられたとは思えないわ…▼
[カンナ]
…………▼
[ベルカ]
私の影響を受けなかったおかげで…
あなたは素直な子に育ってくれた…▼
今のあなたを見ていたら…
つい、そんな風に思ってしまったわ…▼
[カンナ]
ぶっぶー!
お母さん! それは大間違いだよ!▼
子供のころ、お母さんがずっと一緒だったら
あたしはもっといい子になってたもん!▼
お部屋のお片づけだってできるし、
食べ物の好き嫌いだってない子になってたよ!▼
あたしにはわかるもん!
一緒に暮らしてた方が絶対によかったもん!▼
[ベルカ]
カンナ…▼
[カンナ]
あたしにはわかるもん…
絶対に絶対にだもん…▼
[ベルカ]
…………▼
…ごめんなさい。
あなたが正しいわ。▼
もう二度と…
離れて暮らしていてよかったなんて言わない。▼
そしてこれからは
二度とあなたのそばを離れないと誓うわ。▼
[カンナ]
…本当に?
やったー! わーい!▼
じゃあ、お祭りでも
いっぱい一緒に遊んでくれる?▼
[ベルカ]
もちろんよ。
たくさん一緒に遊びましょう。▼
でも、その前に敵を倒さないとね。▼
[カンナ]
うん!
お母さん!▼
[ベルカ]
…カンナ、ありがとう。▼

ピエリ

[カンナ]
うっ…
ふぐっ…ふぐっ…▼
ふえぇーーーん!▼
[ピエリ]
カンナ!?
どうしたの!?▼
[カンナ]
お、お母さん…
ふえぇーーーん!▼
[ピエリ]
どこか怪我したの!?▼
[カンナ]
ううん…
怪我はしてないよ…▼
[ピエリ]
じゃあ、敵にいじわるされたのね?
だったらそいつは許さないの!▼
カンナを泣かせるやつは
ピエリが全員、殺しちゃうのよ!▼
[カンナ]
大丈夫だよ、お母さん。
誰にもいじわるされてないよ。▼
あのね、あたし…
出店でおいしそうなお料理を買ったの…▼
お店の人はいなかったけど…
ちゃんとお金は置いておいたのよ?▼
でも、さっき石につまづいて…
そのお料理を落としちゃって…▼
[ピエリ]
本当だ。
お料理がぶちまけられてるの。▼
[カンナ]
うん…
それで悲しくなっちゃって…▼
[ピエリ]
そうだったの…
それは悲しいの。▼
でも、それなら安心するの!
後で同じものをピエリが買ってあげるのよ!▼
[カンナ]
そ、それじゃあダメなの!▼
[ピエリ]
どうしてなの?
おんなじものが食べられるのよ?▼
[カンナ]
だって、このお料理…
お母さんにあげるつもりだったんだもん…▼
だから、お母さんに買ってもらったら
意味ないでしょ?▼
[ピエリ]
カンナ…▼
[カンナ]
ごめんね、お母さん…▼
本当は新しいの買いたいけど
もうおこづかいなくなっちゃったし…▼
ふ、ふ、ふええ…▼
[ピエリ]
な、泣かないでなの!
ピエリ、その気持ちが嬉しいの!▼
カンナがピエリのためを思って
このお料理を買ってくれた事実だけで…▼
その気持ちだけで…
お腹と胸の中がいっぱいなのよ!▼
[カンナ]
お母さん…▼
[ピエリ]
ありがとうなの、カンナ…▼
優しい子に育ってくれて
ピエリはとっても嬉しいのよ。▼
だからもう泣かないの。
可愛いお顔が台無しなの。▼
[カンナ]
うん…わかった。
あたしもう泣かないよ。▼
今日は失敗しちゃってごめんなさい。
でもあたし、いいこと考えたの。▼
お祭りが終わったら…
お母さん、お料理教えてくれる?▼
[ピエリ]
あ、もしかして…▼
[カンナ]
そうなの!
さっきのお料理、あたしが作っちゃう!▼
[ピエリ]
それはいい考えなの!
ピエリ、頑張って教えちゃうのよ!▼
[カンナ]
ありがとう!
これでお祭りに楽しかった思い出が増えるよ!▼
[ピエリ]
うふふ、楽しかったって思い出って、
ピエリたちまだお料理できてないのよ?▼
それにまだ、おいしいかわからないの。▼
[カンナ]
おいしいに決まってるもん!
お母さんと一緒に作るんだから!▼
[ピエリ]
…そっか。
カンナの言うとおりなの!▼
じゃあ、早くお祭りで遊ぶために
賊を片っ端から倒してやるのよ!▼
[カンナ]
うん! お母さん!
賊なんてバラバラにしちゃうよーっ!▼

シャーロッテ

[シャーロッテ]
カンナ。
今日はなんのお祭りかしら?▼
[カンナ]
子どものためのお祭りだよ、お母さん!▼
[シャーロッテ]
そうよね、よく言えたわ。
というわけで、あなたにこれを贈るわ。▼
じゃーん!▼
[カンナ]
うわーっ! お弁当だーーーーーーーっ!
すっごくおいしそうーーーーーーーーーっ!▼
これ、あたしのために作ってくれたの!?▼
[シャーロッテ]
当たり前じゃない。▼
あなたのことを考えながら、
心を込めて作ったわ。▼
心を込めすぎて、
気付いたら朝になっていたくらいよ。▼
[カンナ]
えーっ! うれしい!
ありがとう、お母さん!▼
[シャーロッテ]
お礼なんていいの。
母として当然のことをしただけだから。▼
[カンナ]
さっそく食べてみていい?▼
[シャーロッテ]
いえ、まだダメ。▼
[カンナ]
ダメって…どうして?
あっ、戦闘中だからか!▼
[シャーロッテ]
それもあるけど…
あなたには使命があるの。▼
まずはお弁当の香りをよくかいで。
そして、じーっとお弁当を眺めて。▼
[カンナ]
香りをかいで、じーっと眺めるの?▼
[シャーロッテ]
そう。
でも、ただ眺めるんじゃダメよ。▼
どの色合いの、どういう食材が
どこにどう配置されているか…▼
そこまで完璧に、
全てを目に焼き付けておいて。▼
[カンナ]
…ど、どうして?▼
[シャーロッテ]
…このお弁当は、
あなたに食べてほしくて作ったわ。▼
でも、もう一つ目的があるの。▼
「一世一代の勝負をかけたいとき、
 こういうお弁当を作ってほしい」
そういうメッセージをあなたに伝えたくて、
母として、女性として手本を提示したの。▼
[カンナ]
よ、よくわからないけど…▼
お母さんは、
このお弁当で勝負したことがあるの?▼
[シャーロッテ]
ふふ、いい質問だわ。▼
ええ、そうよ。
その通り。▼
私は以前、そのお弁当で
世紀の大勝負に出たわ。▼
その結果、カムイという
最高の男性を手にしたの。▼
彼と結婚できたのは、このお弁当の
おかげと言っても過言ではないわ。▼
[カンナ]
へえーっ、そうなんだ…▼
…はっ! じゃああたしがここにいるのは、
このお弁当のおかげなのか!▼
[シャーロッテ]
まあ、言うなればそうね。
あなたの存在を決定付けたものよ!▼
だから今は食べることなく、
お弁当を目に焼き付けておいて。▼
[カンナ]
うん、わかった!▼
[シャーロッテ]
…あと、このことは絶対に人に言っちゃダメよ。
そのお弁当は、私の研究の粋の結晶だから。▼
どんなに多忙で疲労していても、
暇を見て図書館に通い…▼
あらゆる学問を勉強して…
努力に創意工夫を重ね、▼
食べた者の味覚、視覚、嗅覚以外にも
無意識までをも虜にする仕様になっているの。▼
食べた者を総合的に骨抜きにする…
これは謂わば、女の兵器なのよ…▼
[カンナ]
す、すごい…
女の世界って厳しいんだね…▼
あたし、絶対に誰にも言わないよ…▼
[シャーロッテ]
よろしい。では、お祭りが再開したら
また会いましょう。▼
食べながら、丁寧に解説してあげるから。▼
私が持つ、全ての技術を
今日、あなたに伝授するからっ!▼
[カンナ]
…う、うん!
わかった!▼
あたし…このお弁当できっと
母さんみたいにモテてみせる!!▼

フローラ

[カンナ]
お母さん。
私たち、今日も朝からがんばったね。▼
[フローラ]
ええ。隊のみんなのお世話を、
二人できちんとできたわね。▼
[カンナ]
お母さん、いい動きしていたよ。▼
[フローラ]
あなたもよ。
その小さい体で、縁の下の力持ちみたいだった。▼
[カンナ]
えへへ、そうかなぁ?
ありがとう!▼
でも…お母さんにだから言うけど…▼
気疲れがすごいよぅ…▼
[フローラ]
ええ、顔を見ればわかるわ。
ほんと、ごめんね。▼
あなたが気配りに余念のない
完璧主義に育ってしまったのは…▼
私の気質があなたに
受け継がれてしまったのかも。▼
[カンナ]
でも、この性格は全然嫌じゃないよ。▼
みんなのお世話してると
すごく楽しいし!▼
ときどきこんな自分に疲れちゃうけど、
こればっかりは仕方ないよ。▼
[フローラ]
よかった…
そう言ってもらえると救われるわ…▼
[カンナ]
あ、そうだ。昨日お父さんが、
すごくうれしい言葉をかけてくれたよ。▼
[フローラ]
何?▼
[カンナ]
「カンナ、毎日よくかんばってるね」って。
「みんな、すごく感謝してるよ」って。▼
お父さんは、私たちの細かいお世話まで
しっかり見てくれてる…▼
そう思ったら、すっごくうれしかったの!▼
[フローラ]
うふふ。
さすがカムイさん。▼
私が彼と結婚したのも
そういうところに惹かれたからなのよ。▼
[カンナ]
えっ?
そうなんだ!▼
[フローラ]
…昔ね、私が今みたいに疲れて
一人でしゃがみこんでいたことがあったの。▼
そしたらカムイさんが
声をかけてくれて、相談に乗ってくれた。▼
完璧にやろうとする自分に
疲れてしまうって話したら…▼
カムイさんは、
こう言ってくれたわ。▼
「優秀なメイドにも悩みがあるなんて
人間らしくていい」▼
「親近感を覚える」って…▼
「疲れているなら
何も考えずにぐっすり眠って」って。▼
そう言うカムイさんの目は
とても優しくて…愛情に満ちていたわ…▼
[カンナ]
わー、素敵!!▼
[フローラ]
私はカムイさんの言う通り、
何も考えずにぐっすり眠ったの。▼
そしたら、すっかり元気になっちゃって。▼
[カンナ]
何も考えずにぐっすり眠る…か…
私、そんなことしたことないかも…▼
[フローラ]
そうよね。
私たちの性格だとなかなか…▼
ねえ、カンナ。賊を倒したら
何も考えずにぐっすり眠らない?▼
神社の境内かどこかで
二人でお昼寝するの。▼
[カンナ]
興味ある…
お母さんにぴったりくっついて寝てもいい?▼
[フローラ]
もちろんよ!▼
[カンナ]
…ああ、でも…
それだと…お世話が…▼
[フローラ]
えっ?▼
[カンナ]
…お昼寝している間、
みんなのお世話は誰がするの?▼
[フローラ]
そこは大丈夫。
さっきカムイさんに言われたの。▼
お祭り中は、お世話のことは気にしないで
自由に過ごしてって。▼
カムイさんが私たちの代わりに
みんなのお世話をしてくれるんだって。▼
[カンナ]
うわーっ!
お父さん、優しい!▼
[フローラ]
というわけで、賊を倒したらお昼寝!
もう一踏ん張りよ!▼
[カンナ]
そうだね!▼
お父さんがどういうお世話をするのか
すっごく気になるけど…▼
でも、そこは頭から追い払って、
お昼寝のことだけ考える!▼

モズメ

[モズメ]
わぁ!
すごいなあ、カンナ!▼
屋台がこんなにたくさん並んでるし、
飾りつけもすごく凝ってる。▼
やっぱり都会のお祭りは違うな。
村のお祭りとは比べ物にはらんわ。▼
[カンナ]
あはは!
お母さん、きょろきょろし過ぎだよ!▼
[モズメ]
し、仕方ないやろ?
めずらしいものがたくさんなんやから。▼
でも、せっかくのお祭りやのに
こないなってしまってえらい残念やわ。▼
[カンナ]
でも、悪い人がいなくなれば
きっとお祭りも再開されるよ。▼
だから、早くお祭りで遊ぶために
がんばらなくっちゃ。▼
[モズメ]
カンナはお祭りが再開したら
なにで遊びたい?▼
[カンナ]
あたし、的当てをやりたい!▼
それでもし、
あたしが上手に的に当てられたら…▼
あたしもお母さんと一緒に
山へ狩りに行きたいの。▼
[モズメ]
狩りに?▼
[カンナ]
うんうん!▼
的当てが上手だったら、
一緒に行っても迷惑じゃないよね?▼
[モズメ]
せやけど…
的当てと狩りはかなり違うで…?▼
[カンナ]
えっ!?
そうなの?▼
[モズメ]
せやなあ。的当ては的が動かんけど
狩りは的が動き回るし…▼
それに、動物に自分の気配を
さとられないようにもせなあかんしな。▼
ちょっと心配かもしれんな…▼
[カンナ]
じゃあ…あたしは狩りに行っちゃダメ?▼
あたし、お母さんと…
もっと一緒にいたいな。▼
[モズメ]
カンナ…▼
そっか…
せやから狩りに行きたい言ったんやね…▼
あんたには今まで
いっぱい寂しい思いをさせたもんな…▼
[カンナ]
…………▼
[モズメ]
カンナ、今度あたいが狩りに行くとき
あんたもついてきてくれるか?▼
[カンナ]
えっ!?
いいの、お母さん!?▼
[モズメ]
もちろんや!
あたいがカンナに一から狩りを教える!▼
最初は色々と難しいかもしれんけど、
あんたならきっとすぐに一人前になれるわ。▼
[カンナ]
うん!
あたし、がんばる!▼
[モズメ]
これからはできるだけ
カンナに寂しい思いはさせへんからね。▼
[カンナ]
ありがとう、お母さん!▼

ゾフィー

[カンナ]
…………▼
[ゾフィー]
あら、カンナ。
なんだか元気がないわね。▼
[カンナ]
だって、お祭りやってないんだもん…▼
あたし、お母さんと一緒に遊ぶの
すごく楽しみにしてたのにな…▼
[ゾフィー]
大丈夫! 敵を全部倒したら
お祭りだってきっと再開されるわ!▼
[カンナ]
そうかなぁ?▼
[ゾフィー]
ええ!
みんなが楽しみにしてたお祭りだもの!▼
[カンナ]
それならあたしがんばる!
お母さん、早く敵をやっつけちゃおうよ!▼
[ゾフィー]
よーし! じゃあ、カンナ!
あたしについてきなさい!▼
てりゃあーー!
突撃ーーーー!▼
[カンナ]
お、お母さん危ないよ!
そっちには屋台が…▼
[ゾフィー]
きゃあああああ!▼
[カンナ]
だ、大丈夫!? お母さん!?
どこも怪我してない!?▼
[ゾフィー]
あ、安心して、カンナ…へっちゃらよ…
これくらいのはいつものことだから…▼
[カンナ]
ほっ…
それならよかったけど…▼
[ゾフィー]
でも、娘の前でドジしちゃうなんて…
なんだか落ち込んできちゃったわ…▼
あぁ…
天幕に帰って砂粒を数えたい…▼
[カンナ]
そ、そんなことしたら
余計に落ち込んじゃうよ!▼
[ゾフィー]
そうだ、カンナ、
あたし、前から聞きたかったことがあるの。▼
[カンナ]
なぁに?
お母さん?▼
[ゾフィー]
あなたにあたしのドジ…
うつってないよね?▼
[カンナ]
あはは。
ドジってうつるのかな?▼
[ゾフィー]
だって親子だもの!
うつってても不思議じゃないわ!▼
どう?
心当たりはない?▼
馬にやたら嫌われるとか、
なんにもないところで転ぶとか、▼
戦場で戦ってたら突然、
相手の装備がはじけ飛ぶとか!▼
[カンナ]
うーん…
多分、大丈夫だと思う!▼
[ゾフィー]
よかった…
それを聞けてとっても安心したわ。▼
万が一、ドジがうつってたりしたら、
母親として申し訳なさ過ぎるもの…▼
[カンナ]
そんなことないよ!▼
あたし…お母さんのドジなら
うつってもいい!▼
だってあたし、
お母さんの全部が好きだから!▼
大好きなお母さんのドジなら
喜んで受け止めるよ!▼
[ゾフィー]
カンナ…
今の言葉、すごく嬉しかったわ。▼
ありのままのあたしを受け入れてくれて…
本当にありがとう…▼
[カンナ]
うん!▼
じゃあ、今度はお母さんがドジしないように、
あたしが先陣をきってあげるね!▼
とりゃああああ!
突撃ーーーーー!▼
[ゾフィー]
か、カンナ!?
そっちには木があるわ…▼
[カンナ]
きゃあああああああ!▼
[ゾフィー]
大丈夫!?
怪我はしてない!?▼
[カンナ]
だ、大丈夫!
こんなのへっちゃらだもん!▼
[ゾフィー]
やっぱり、あたしのドジな血は…
カンナにしっかり流れちゃってるみたいね…▼

ミドリコ

[カンナ]
ふぅ…▼
[ミドリコ]
カンナ、元気がないわね?
どこか具合でもわるいの?▼
[カンナ]
うん…
実はちょっとだけ…▼
[ミドリコ]
それはたいへんだわ!
すぐにおくすりを処方してあげるからね!▼
えっと、この天然の薬草と…
あとはこの粉末をまぜて…▼
…はい!
できたわ!▼
これは「しょうやく」だから、
のめばすぐに元気になるはずよ!▼
[カンナ]
…………▼
[ミドリコ]
どうしたの?
なんでのまないの?▼
[カンナ]
だって、にがそうなんだもん…▼
[ミドリコ]
りょうやくは口ににがし!
にがくても、のまなきゃダメよ!▼
[カンナ]
じゃあ、まずはお母さんが飲んでみて。
お母さんが飲めたらあたしも飲む。▼
[ミドリコ]
み、ミドリコは元気だもの!
おくすりをのむ必要はないわ!▼
[カンナ]
じーっ…▼
[ミドリコ]
も、もう! しかたない子ね!
ミドリコがのめたら、ちゃんとのむのよ?▼
[カンナ]
うん!
約束する!▼
[ミドリコ]
じ、じゃあ…のむからね?
ちゃんと見ているのよ?▼
[カンナ]
うん!▼
[ミドリコ]
…本当ににがそうね。
…とんでもなくにがそうだわ。▼
[カンナ]
じーっ…▼
[ミドリコ]
…………▼
そ、そうだ!
おもいだしたわ!▼
おくすりをこの溶ける紙につつめば
にがさを感じずにのめるはずよ!▼
はい、どうぞ!
これならカンナも大丈夫よ!▼
[カンナ]
…お母さんもにがいの苦手?▼
[ミドリコ]
ち、ちがうわ! 今日はたまたまよ!
ほら、そんなことはいいから!▼
[カンナ]
…わかった。
ごくごくごく…▼
本当だ!
全然、にがくなかったよ!▼
[ミドリコ]
それでどう?
からだの調子はよくなった?▼
[カンナ]
うーん…
あんまり変わってないかも…▼
[ミドリコ]
それはおかしいわね。
このおくすりなら間違いないはずなのに…▼
…はっ!?
もしかしてカンナ…寝不足なのかな?▼
[カンナ]
あっ!
確かに最近はそんなに寝れなかったかも!▼
[ミドリコ]
やっぱりね。
カムイさんのときと同じだわ。▼
でも、どうしてカンナは眠れないの?
なにか悩みごとでもあるのかな?▼
[カンナ]
実は最近、おくすりの勉強をしてるの…
お母さんのお手伝いがしたいなって思って…▼
[ミドリコ]
そ、そうだったの…!?▼
そのきもちはうれしいわ、カンナ。
やさしい子に育ってくれてありがとう。▼
でも、みんなの健康を気づかうひとは、
じぶんの健康に気をつかわなきゃダメなの。▼
だからね、
夜はちゃんとねむるようにしなさい。▼
おべんきょうならミドリコが、
昼間におしえてあげるから。▼
[カンナ]
本当に!?
それならあたし、夜はちゃんと寝る!▼
[ミドリコ]
ふふふ。
約束だからね?▼
[カンナ]
うん!
約束する!▼

キヌ

[カンナ]
お母さん!
今日はとってもいい日だね!▼
[キヌ]
んー?
どうしてカンナはそう思うの?▼
[カンナ]
だって、お祭りだけでも楽しいのに、
悪い人たちと戦うこともできるんだよ?▼
こんなに楽しいことだらけの日なんて
そうめったにあるものじゃないでしょ?▼
[キヌ]
あははー!
カンナも戦うのが好きなんだね。▼
きっとアタシに似たのかなー。
ふふふ。嬉しいなー。▼
でも、戦うときは気をつけなきゃダメだよ?
カンナが怪我でもしたら大変だもん。▼
[カンナ]
あたし、怪我するのなんて怖くないもん!▼
[キヌ]
うーん…
その気持ちはわからなくもないんだけど…▼
でも、やっぱり気をつけて欲しいな。
カンナが怪我したら、アタシが悲しいし。▼
[カンナ]
じゃあ、
お母さんも気をつけて戦ってくれる?▼
[キヌ]
アタシ?
アタシはいつもどおり楽しく戦うよ!▼
[カンナ]
それじゃあダメなの!
お母さんが怪我したらあたしが悲しいの!▼
[キヌ]
そっかー。
カンナもアタシと同じ気持ちってことか。▼
それじゃあ気をつけて戦わなきゃね。
カンナを悲しませたくないもん。▼
[カンナ]
うん!
お母さん!
[キヌ]
というか、アタシ気づいちゃった。▼
今まではアタシ、
怖いと思うことってそんなになかったけど…▼
カンナが怪我したら、って想像したら…
ものすごく怖くなっちゃった…▼
自分が怪我をすることなら
今でも全然、怖くないのにな…▼
[カンナ]
お母さん…▼
[キヌ]
まずい! これはまずいよ!
早く世界を平和にしなきゃ!▼
カンナが怪我をしないような世界!
それをがんばって作らなきゃ!▼
じゃないとアタシ、
ずっとずっと怖がってなきゃいけないもん!▼
[カンナ]
じゃあ、あたしもがんばる!▼
お母さんが怪我しなくていいような
そんな平和な世界を作るために!▼
[キヌ]
カンナ、ありがと…
一緒にがんばろうね!▼
…あれ?
でも、おかしいな?▼
平和な世界を作るためには
戦わなきゃダメなんだよね?▼
でも、戦ってたら
カンナが怪我をしちゃうかもしれないじゃん!▼
えっ、どうしよう?
逃げる? 走って一緒に逃げる?▼
[カンナ]
ダメ! 逃げない!
みんなを置いてはいけないでしょ?▼
[キヌ]
…うん!
仲間は大事だもんね!▼
じゃあ、やっぱり戦うしかないよね!
それならアタシ、カンナを守りながら戦う!▼
[カンナ]
じゃあ、あたしは
お母さんを守りながら戦う!▼
[キヌ]
よーし、それなら…
一緒に守りあいっこしながらがんばろう!▼
[カンナ]
うん!
お母さん!

ミタマ

[カンナ]
…………▼
[ミタマ]
カンナ。
あなた、具合でも悪いのですか?▼
最近は外にも出ず、訓練もせず、
引きこもってばかりと聞きましたが…▼
[カンナ]
うん…なんか最近…
眠くて仕方ないんだよ…▼
だから、暇さえあれば寝てるの…▼
[ミタマ]
えっ?▼
[カンナ]
お母さん、賊のことなんてほっといて
帰ろう?▼
寝ていたい ああ寝ていたい 寝ていたい…▼
[ミタマ]
…………▼
俳句といい、発言内容といい…
わたくしに似てきたみたいですね…▼
それはそれでうれしいのですが…
ぐうたらなところが似てしまっては…▼
…ああ、そうですわ。
いいことをひらめきました。▼
カンナは俳句に興味が
ありますわよね?▼
[カンナ]
うん、実はお母さんの真似をして、
ときどき詠んでるんだ。▼
…なんか、気持ちを表現したいときとか、
ああいう風に詠むと気分がよくなるの。▼
[ミタマ]
そうですか。ではいつか、すごくいい句を
詠みたいと思いますわよね?▼
[カンナ]
もちろん、思うよ。▼
[ミタマ]
ならば引きこもってばかりいてはダメです。
外に出ると、いい句が詠めますわよ。▼
[カンナ]
えっ、本当?▼
[ミタマ]
ええ。経験者のわたくしが言うのですから
間違いありません。▼
…というのも昔、カムイさんに
教えていただいたのです。▼
彼は、引きこもってばかりのわたくしを、
俳句を口実に外に連れ出してくださいました。▼
そしたらどうでしょう。
本当に素敵な句が次々と浮かんできましたの。▼
[カンナ]
へえー、すごい。
そんなことってあるんだね…▼
[ミタマ]
というわけで、いかがですか?▼
今度、わたくしと一緒に
俳句を詠むための小旅行に行くというのは。▼
鮮やかな自然を句にしていく…▼
その素晴らしさを味わってしまうと
寝ているどころではなくなりますわよ。▼
[カンナ]
わかった。
楽しそうだし、試してみたいな。▼
[ミタマ]
ふぅ、よかったですわ…
なんとかいい方向に向かえそうです…▼
[カンナ]
でも、それまでは寝ててもいい?▼
[ミタマ]
ダ、ダメですわ…
賊が襲ってきているのですよ…▼
[カンナ]
…わかった…
じゃあ賊を倒すのはがんばる…▼
でも、そのあとは寝ていてもいいよね?▼
[ミタマ]
…まあ、倒したあとならいいでしょう。
わたくしの膝枕でゆっくりお眠りなさい。▼
わたくしも、たまには母親らしいことも
してあげたいですし。▼
[カンナ]
えっ、膝枕?
してみたいしてみたい!▼
[ミタマ]
わかりました。
ではそういたしましょう。▼
寝ていたい 寝ていたい、でも 寝る間なし…▼
…親というのも大変ですわね…▼
両親の苦労が
初めて理解できるようになりましたわ…▼
でも、張り合いがあって楽しいです。▼

マトイ

[マトイ]
カンナ、ごめんなさいね。
お祭り、すごく楽しみにしてたでしょう?▼
[カンナ]
もちろん楽しみにしてたよ!▼
でも、お母さんが謝る必要はないよ。
悪いのはお祭りを襲った人たちだもん。▼
だから、早く悪い人たちをやっつけようよ。
そうしたらお祭りも再開すると思うし。▼
あたし、今日はお母さんと
いっぱいいっぱい遊びたいの!▼
[マトイ]
ええ、わかったわ。▼
お祭りが再開したら、
一緒にいっぱい遊びましょう。▼
[カンナ]
やったー!
わーい!▼
[マトイ]
今日のお祭りは
子供の成長を祝う特別なお祭り…▼
だから、カンナのお願いごとは
できるだけ聞いてあげたいと思っているわ。▼
一緒に遊ぶこと以外にも
何かあたしにして欲しいことはある?▼
[カンナ]
えっとね…
お母さんにひとつだけお願いがあるの…▼
[マトイ]
何かしら?
そのお願いごと、聞かせてくれる?▼
[カンナ]
あのね、あたしを…
お母さんの弟子にして欲しいの!▼
[マトイ]
弟子?▼
[カンナ]
あたし、お母さんみたいに
なんでもできるすごい人になりたいの!▼
だから、あたしを弟子にしてください!
お願いします!▼
[マトイ]
うふふ。
なんだか思い出すわ。▼
あたしもカムイに
弟子にしてください、ってお願いしたっけ…▼
[カンナ]
お母さんはお父さんの弟子だったの?▼
[マトイ]
ええ。そうよ。▼
お父さんはあたしに
大切なことをたくさん教えてくれたわ。▼
それにそのことが…
お父さんと結婚するきっかけにもなったの。▼
[カンナ]
そうだったんだ!▼
じゃあ、よかった!
お母さんがお父さんに弟子入りしてくれて!▼
[マトイ]
うふふ。本当ね。
カンナっていう素晴らしい子供も授かったしね。▼
[カンナ]
それで、あたしの弟子入りの件は…▼
[マトイ]
もちろん喜んで迎え入れるわ。▼
あたしの知っていることは全部、
惜しみなくカンナに教えてあげる。▼
[カンナ]
本当に!? やったー!
あたし頑張るね、できるだけ完璧に!▼
[マトイ]
もう、カンナったら。
そんなに完璧じゃなくてもいいわ。▼
離れて暮らしていたときは
そういうこともできなかったものね…▼
でも、これからはずっと一緒だもの。
あたしにできることはなんでもするつもりよ。▼
[カンナ]
うん!
あたしがんばるね! お師匠さん!▼
[マトイ]
うふふ。
呼び方は今までどおりのお母さんがいいな。▼

シャラ

[シャラ]
憎い…賊が憎いわ…
お祭りを台無しにするなんて…▼
カンナの笑顔が…
たくさん見れるいい機会だったのに…▼
絶対に許さない…
末代まで呪ってやるわ…▼
[カンナ]
大丈夫だよ、お母さん。▼
悪い人がいなくなれば、
お祭りだって再開されると思うし…▼
[シャラ]
カンナは優しいのね…
本当にいい子に育ってくれた…▼
そんないい子を悲しませた賊め…
永遠に解けない呪いをかけてやるわ…▼
[カンナ]
お、お母さんったら…
やり過ぎちゃダメだからね?▼
[シャラ]
カンナがそう言うなら…
できるだけ我慢するわ…▼
[カンナ]
そ、そうだ!
お母さんはお祭りで何がしたい?▼
食べたいものとか、
遊びたいものとかないの?▼
[シャラ]
私は特にないわ…
というか、お祭り自体に興味はないの…▼
私はただ…
カンナの幸せそうな顔が見れればいい…▼
[カンナ]
本当に?
それなら…はい!▼
[シャラ]
えっ…カンナ、顔を突き出してるけど…
どういうことなの?▼
[カンナ]
あたし…
今、幸せそうな顔をしてるでしょ?▼
[シャラ]
ふふふ…そうね…
とても幸せそうな顔をしているわ…▼
[カンナ]
なんであたしが
幸せそうな顔をしているかわかる?▼
[シャラ]
…この後のお祭りのことを考えてるの?▼
[カンナ]
違うよ!
お母さんと一緒にいるから幸せなの!▼
[シャラ]
カンナ…▼
[カンナ]
あたしはいつだって
お母さんがそばにいてくれれば幸せだよ!▼
[シャラ]
…………▼
[カンナ]
…お母さん?▼
[シャラ]
…泣いてないわよ。
少し日の光がまぶしいだけ…▼
[カンナ]
あはは!
今日はいい天気だもんね!▼
[シャラ]
夢としか思えないわ…▼
こんなに素直でいい子が…
私の子供として生まれてきてくれたなんて…▼
しかも愛して止まない
カムイとの間に…!▼
…もしかして、本当に夢なのかしら?▼
カンナ、お願いがあるの…
私のことをつねってみてくれる…?▼
[カンナ]
うん! わかったよ、お母さん!
えいっ!▼
[シャラ]
…痛いわ。▼
[カンナ]
あはは!
当たり前だよ、お母さん!▼
[シャラ]
…………▼
[カンナ]
…お母さん?
まだお日様がまぶしいの?▼
[シャラ]
…いいえ、違うわ。
…今は嬉しくて泣いているのよ。▼
[カンナ]
涙が止まるおまじないしてあげようか?▼
[シャラ]
要らないわ…
それ、目がカラカラになるやつだもの…▼
今は気が済むまで、
幸せを噛み締めさせて…▼

ベロア

[カンナ]
あっ!?
あそこにあるのはもしかして…▼
[ベロア]
どうしたんですか、カンナ…?▼
[カンナ]
えへへ!
いいもの拾っちゃったー!▼
[ベロア]
それは…割れたお面ですか?▼
もうかぶれないし、飾れもしない…
だからこそはかなさを感じることができる…▼
とてもいい物を拾いましたね。
最高のセンスだと思います…▼
[カンナ]
じゃあ、お母さんにあげるよ!▼
[ベロア]
えっ、いいんですか…?
せっかくカンナが拾ったのに…▼
[カンナ]
うん!
お母さんの宝物の仲間に入れてくれる?▼
[ベロア]
もちろんです…
一番の宝物にしますよ。▼
[カンナ]
えへへー。
それならよかったー!▼
今日はお祭りの日だから
きっとまだまだ素敵な物が落ちてると思うの!▼
だから、悪い人を全部やっつけたら
お母さんと一緒に宝物探しをしたいな!▼
[ベロア]
それはいい考えですね…
ぜひ、一緒にやりたいです。▼
[カンナ]
やったー!
わーい!▼
[ベロア]
…でも、少し心配なこともあります。▼
[カンナ]
何が心配なの?▼
[ベロア]
カンナは…変わり者だって言われませんか?▼
わたしに似てしまって…
人とは違う感性を持っているようですから…▼
[カンナ]
あたし、別に変わり者でもいいもん!▼
[ベロア]
ですが、周囲に理解者がいないと
寂しい思いをすることもあると思います…▼
わたしはカンナに…
寂しい思いをして欲しくありません…▼
[カンナ]
それなら安心して!▼
あたしを理解してくれる人は
すぐそばにいるから!▼
[ベロア]
そうなのですか?▼
[カンナ]
お母さん!
あたしの一番の理解者はお母さんだよ!▼
[ベロア]
カンナ…▼
[カンナ]
だから、お母さんがそばにいてくれたら
あたしは絶対に寂しくなんてならないの!
[ベロア]
…わかりました。▼
わたしはもう絶対に…
カンナのそばを離れません。▼
カンナの一番の理解者として…
常にあなたを見守ります。▼
[カンナ]
えへへ!
ありがとう、お母さん!▼
あ、見て見て!
あっちに割れたお皿が落ちてるよ!
[ベロア]
ふふふ…本当ですね…
カムイにも見せてあげたい…▼
ここが安全な場所になったら、
家族みんなで宝物を探しましょうか…▼
[カンナ]
うん!▼

オフェリア

[カンナ]
お母さん…
あたし…病気かも…▼
[オフェリア]
えっ?▼
[カンナ]
だって…
見て、このアザ…▼
最近、できたアザなんだけど…
何もしてないのに、いきなり出てきて…▼
[オフェリア]
!?▼
…………▼
ガクガクガクガクガク…
ブルブルブルブルブル…▼
[カンナ]
ど、どうしたの?
そんなに震えて…▼
お母さんも病気なの?▼
[オフェリア]
ち、違うよ!
私は感動してるの!▼
というのもね、カンナ…
それは病気じゃないの。▼
選ばれし者の紋章なんだよ!▼
[カンナ]
えっ?
選ばれし者?▼
選ばれし者って、お母さんとおじいちゃんが
いつも楽しそうに言い合ってる、あれ?▼
[オフェリア]
そうそう! あれだよ!▼
まあ、このアザのことは
ホントは私もよく知らないんだけど…▼
とにかく! じゃじゃーん!
その選ばれし者の紋章は、私にもあるわ!▼
つまり、あなたも私と同じ
選ばれし者の仲間入りってこと!▼
[カンナ]
そ、そうなんだーっ!
やったー!!▼
[オフェリア]
ああ、うれしい…
うれしすぎる…▼
…そうだ、あれを渡さないと。
満を持して、あなたにこれを贈るわ。▼
[カンナ]
わぁー、なにこれ!?
きれいな石!!▼
[オフェリア]
それは選ばれし者だけが所持を許される
選ばれし石よ。▼
子どもの成長を祝うこのお祭りで、
あなたに渡そうと思っていたの!▼
キラキラして、かわいいでしょう?▼
[カンナ]
うん、すっごくかわいい!▼
[オフェリア]
でもね、まだ名前がないの。
さっそく名前をつけましょう。▼
[カンナ]
名前?▼
[オフェリア]
ええ、この選ばれし石は
選ばれし者による命名を欲しているわ。▼
これは選ばれし者としての初仕事…
そう思って、気合いを入れて取り組んで…▼
[カンナ]
わ、わかった。
でも、どんな名前がいいのかなぁ…▼
うーん…難しい…▼
[オフェリア]
うふふ。
今は難しく感じるかもね。▼
カムイさんも昔、
選ばれし者の真似ごとをしたことがあってね…▼
あのときは、すごく苦労してたよ。▼
[カンナ]
お父さんも?
[オフェリア]
そう。あの人が初めて考え出した名前は
ビューティフルストーンという凡庸なものだった。▼
正直、私はガッカリしたんだけど、
彼は初心者なりにがんばって…▼
結果、「ガムシャラ・ガムガム」っていう
衝撃的な名前を生み出したのよ!▼
あの刹那…私の乙女心が躍動して、
慈愛の恋心へと変幻したの…▼
[カンナ]
ガムシャラ・ガムガム…▼
すごい…
あたしもそんな素敵な名前、つけられるかなぁ…▼
[オフェリア]
難しく考えることはないわ。
気を楽にして、己の魂に問うのよ。▼
あなたは選ばれし者なんだから、
自然とぽんぽん出てくるはず。▼
いわゆる、血の定めってやつね。▼
[カンナ]
わかった…とりあえず賊を倒しながら
いくつか考えてみるから…▼
お祭りが始まったら
聞いてもらってもいい?▼
[オフェリア]
もちろんよ。▼
あぁ…このこと、みんなに話したいなー!
父さんなんて、腰抜かしてよろこぶと思うわ…▼
[カンナ]
おじいちゃんとかみんなには…
あたしから話そうと思う。▼
[オフェリア]
えっ?▼
[カンナ]
これはあたしの大事な成長だからね。
自分の言葉で発表したいの。▼
[オフェリア]
カンナ…
あなた、大人になったわね…▼
母さん、うれしいわ。▼
[カンナ]
えへへ。
そう言ってもらえて、あたしもうれしい。▼
[オフェリア]
ああ、浮かれてる場合じゃないわね。
石の名前を決めないと。▼
何がいいかな…
ぶつぶつ…ぶつぶつぶつ…▼

ソレイユ

[カンナ]
ねえ、お母さん! さっき屋台に
すっごくかわいい女の子たちがいたね!▼
[ソレイユ]
うん! いたいた!
カンナ、よく見てたねー。▼
…って、やけにうれしそうだね?▼
[カンナ]
…なんか…あたし…
あの子たちを見てたら、ドキドキしちゃったの…▼
[ソレイユ]
…………▼
えっ?
なになになに? どういうこと?▼
そ、それって…
どういう感じの気持ちなの?▼
もしかして、無性に彼女たちと
おしゃべりしたくなったりする?▼
[カンナ]
するするっ!▼
[ソレイユ]
も、もしかして…すっごく
情熱的な口説き文句を言いたくなる感じ?▼
[カンナ]
そうそう! それそれ!
お母さん、すごいね!▼
お母さんったら
あたしの心を見透かしているみたい!▼
な、なんかちょっと恥ずかしいよ…▼
[ソレイユ]
おお…
神様…▼
[カンナ]
どうしたの、お母さん?▼
[ソレイユ]
ご、ごめん…
ちょっと気が遠くなりかけて…▼
[カンナ]
気が遠くなるって、
具合でも悪いの!?▼
[ソレイユ]
ううん! 違うの!
ついに同士が舞い降りたと思うとつい…!▼
こりゃあ神に感謝だね…▼
[カンナ]
お母さん?▼
[ソレイユ]
カンナ、よく聞いて。
その感じ…あたしもなるんだ。▼
あたしもかわいい女の子たちを見ていると
ドキドキして話しかけたくなるんだよ!▼
[カンナ]
えーっ? そうだったの?
じゃああたしとお母さんは仲間だねっ!▼
[ソレイユ]
うん。
女の子好きな仲間ができて嬉しい!▼
しかも同士が、
こーーんなに可愛いあたしの娘だし!▼
んーーーホントかわいいなあ!
カンナは世界一可愛い女の子だよ!▼
[カンナ]
あはは! お母さんも素敵だよ!
食べちゃいたいぐらいー!▼
[ソレイユ]
ありがとうー!▼
今日はせっかくの子どものお祭りだし、
可愛いカンナをもっと喜ばせたいなー。▼
なにか無いかな…
…あっ。▼
もしかしたら
魔法の粉が使えるかも…▼
[カンナ]
…魔法の粉?▼
[ソレイユ]
そう。
昔、カムイがくれたんだ。▼
その粉を飲むと、
性別が逆に見えてくるっていう代物でさ!▼
[カンナ]
なにそれっ?
おもしろそう!▼
[ソレイユ]
でしょーっ!?
それを使うとね、▼
華の無い野郎どもがみーんな
可愛い女の子に見えちゃうんだよ!▼
カムイはもちろん…
父さんもめちゃくちゃ可愛かった…▼
[カンナ]
それやりたいやりたーい!▼
[ソレイユ]
わかった!
じゃあお祭りが終わったら持ってくるね。▼
あっちにいるふんどしの人も
うちの軍の男たちもみーんな、▼
可愛い女の子に見えるから
楽しみにしてて…▼
[カンナ]
ふんどしの人も!?
恥ずかしい! でも楽しみーっ!▼
賊を倒したら待ってるからね、
あたしの可愛い母さん!▼

エポニーヌ

[カンナ]
…ねえ、お母さん…
…相談があるの…▼
[エポニーヌ]
ど、どうしたの…
そんなにモジモジして…▼
[カンナ]
その、ちょっと恥ずかしい相談なの…
ココじゃ大きな声で言えないけど…▼
[エポニーヌ]
わかったわ、ゆっくりでイイから…
聞かせてちょうだい?▼
[カンナ]
あのね…今…あたしたちは
賊と戦ってるでしょ…なのにね…▼
なんか、あたし…考えちゃうの…▼
あの賊と、この賊が…
好きどうしだったら、どうしよう…とか…▼
[エポニーヌ]
!?!?▼
な、なんですってーっ!?!?▼
[カンナ]
それがすごく恥ずかしくて、
でもすごく楽しくて…▼
でも、そんなこと考えててイイのかなって…
不安で…▼
[エポニーヌ]
えええええっと…
カムイには言った?▼
[カンナ]
言ってない…
言えないよこんなコト…▼
でもなんとなく、お母さんなら…
わかってくれそうな気がしたから…▼
[エポニーヌ]
ま、まあね…わかるけど…
いろんな意味で、わかるけど…▼
でも、めちゃくちゃ複雑な心境よ…
子どもにはまともな道を進んでほしいし…▼
[カンナ]
やっぱりこれ…
良くないコトなんだよね…?▼
[エポニーヌ]
…………▼
ちょっと待って、その答えは考えさせて!
今から一人で会議する!▼
[カンナ]
…わ、わかった…▼
[エポニーヌ]
…エポニーヌ。
よーく考えるのよ、エポニーヌ…▼
この子にとってとても大事な瞬間がきたわ。
人生の分岐点と言っても過言ではない…▼
それがよくないことと言えば、
この子は健全な道に進む。▼
でもそうなると、母子がこの話題で盛り上がる
奇跡の楽しみはなくなってしまう…▼
だからといって、推奨してしまったら、
この子の未来は…▼
そもそも、そんなことをしたら…▼
カムイに
めちゃくちゃ叱られるような気が…▼
…ん?▼
ああ、でもカムイも
指輪とあたしの薬指で妄想していたし…▼
いやいや、あれとこれではモノが違うわ…
問題の規模が大違いよ…▼
[カンナ]
お母さん…たくさん汗かいて、
怖いカオして、大丈夫?▼
なんか、さっきと比べて
すごくやつれたような気もするけど…▼
[エポニーヌ]
…………▼
…と、とりあえず、カンナ…
この問題は、いったんあたしが預かるわ…▼
賊を倒したら、改めて考えましょう。
いいわね?▼
[カンナ]
わかった。それまで敵を昇天させてくるね。
あたしのすごいモノで…▼
[エポニーヌ]
くっ…!
言葉遣いまで浸透している…!▼
あたしに似てくれたといううれしさと…
似てしまっていいのかという苦悩…▼
どうしたらイイのかしら…▼

アンナ

[カンナ]
お母さん、こんなことになっちゃったけど…
今日、商売はするんだよね?▼
[アンナ]
もちろんよ。
さっさと賊を倒して、ガンガン稼ぐわ。▼
あと、そうだ。
今日のお祭りの願いごと、やっと決まったわよ。▼
[カンナ]
えっ、何にしたの?▼
[アンナ]
「この子が私みたいな、優秀な商人に
 なりますように」ってお願いするつもりよ。▼
[カンナ]
…優秀な商人かぁ…
私、なれるかなぁ…▼
[アンナ]
大丈夫、あなたは私の子。
優秀な商人の血が引き継がれているはずよ。▼
[カンナ]
わかった。
その言葉を信じてがんばる!▼
[アンナ]
うふふ、その意気よ。
で、今日売るのは、この花よ!▼
この花には「私を集めて」っていう
特殊な花言葉があって…▼
集めれば集めるほど、
いいことが起きるという不思議な花なの。▼
[カンナ]
へぇー、おもしろいね!▼
[アンナ]
そうでしょう。▼
で、花を売る際に一つ、
商人としての新たなテクニックを伝授するわ。▼
[カンナ]
わかった。
で、どういうテクニックなの?▼
[アンナ]
…心して聞きなさい。
あなたはこの花を持ってお祭りを練り歩き…▼
あなたのことを知らないお客さんに
花を売ってまわるの。▼
[カンナ]
私のことを知らないお客さんに?▼
[アンナ]
そう、そこが肝心よ。▼
…まずは見知らぬお客さんを見つけるわよね。
で、その人に花を買ってもらう。▼
そしたらしばらくして、
またその人のところに行って、▼
「花を買って」って言うの。▼
その人は、きっとこう言うわ。
「さっき買ったよ」って。▼
[カンナ]
うん、そうだよね。▼
[アンナ]
そこであなたは、すかさずこう返すの。▼
「ああ、多分それ、私の双子の姉妹だよ」
「私の花も買って」って。▼
こんな感じで、いろんな見知らぬ人に
売って歩くの。▼
[カンナ]
え、えーっ!?
それって、嘘をつくってことじゃない?▼
そんなのやだよー! やりたくないーっ!
私、そんな商人にはなりたくなーい!▼
私にそんなことやらせようとするなんて
お母さん、見損なったよ!▼
[アンナ]
…………▼
…こ、心にグサリときたわ…▼
今のは教えちゃいけないテクニック
だったのかも…▼
[カンナ]
ほんとだよー。▼
[アンナ]
あぁ…私ってダメね…▼
お金が絡むとつい…
よからぬことを考えちゃう癖があって…▼
この手はもう使わないって、
あのとき反省したのに…▼
[カンナ]
あのときって?
もしかして、実際にやったことあるの?▼
[アンナ]
…え、ええ…
実は…カムイに…▼
[カンナ]
えーっ!?
お父さんにーっ!?▼
[アンナ]
彼…いい人だから、
真実を打ち明けても怒らなかったわ。▼
それどころか、二度も買ったのは
花を気に入ったからだとか言ってくれて…▼
うぅ…
思い出すだけで…恥ずかしい…▼
[カンナ]
もう、お母さんったら…
ほんと、気をつけたほうがいいよ?▼
娘にそんな手を教えようとしたってバレたら、
さすがのお父さんも怒るんじゃない?▼
[アンナ]
そ、そうよね…▼
[カンナ]
…でも、この花…ほんときれいだね。▼
そんなズルい手を使わなくても
たくさん売れると思うな。▼
だからちゃんと普通に、
正々堂々と売ろう?▼
[アンナ]
ええ、そうよね。
わかった、そうしましょう。▼
反省の印に、
今日のお祭りの願いごとは変更しておくわ。▼
「この子が私みたいな商人になりますように」
じゃなくて…▼
「私みたいに、がめつくない商人に
 なりますように」にしておく。▼
だから、さっきのテクニックは
聞かなかったことにして?▼
[カンナ]
うふふ、わかった。
さ、賊を倒して商売を始めよう?▼
[アンナ]
そうね。
さっさと倒して、じゃんじゃん稼ぐわよっ!▼
[カンナ]
わーい!
サービスしちゃうよーっ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • ヒノカとの会話、「実感」が「時間」になってしまっています。 -- 2019-02-11 (月) 11:25:39


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-03 (月) 22:52:44