カミラの親子会話

カンナ(女)

[カミラ]
…………▼
[カンナ]
お母さん? …怒ってるの?▼
[カミラ]
あら、どうして?▼
[カンナ]
お母さんの顔… 怒ってるときの顔になってるから…▼
[カミラ]
ふふふ。安心して。 カンナに怒ってるわけではないわ。▼ せっかくのお祭りを 台無しにした人たちに怒っているのよ。▼ とても楽しみにしていたのに… 賊め…▼ 殺してあげるわ… 一人残らず、みぃんな…▼
[カンナ]
お、お母さん… 怖いよ…▼
[カミラ]
ふふふ。ごめんなさい。 もう顔には出さないようにするわ。▼
[カンナ]
でも、あたしもお祭り すっごく楽しみにしてたよ!▼ だから悪い人たちをやっつけて 早くお祭りを再開させなくちゃね。▼ よーし、あたしもお母さんに負けないよ。 悪い子にはお仕置きしてあげる!▼
[カミラ]
まあ、頼もしい。▼ カンナはお祭りが再開したら 何をして遊びたい?▼
[カンナ]
えっとね… なんでもいいからいっぱい遊びたい!▼
[カミラ]
わかったわ。 今日はいっぱい遊びましょう。▼
[カンナ]
それでね、お祭りから帰ったら… お母さんと一緒にお風呂に入るの!▼
[カミラ]
ふふふ。▼ ずいぶんと成長したと思っていたけれど、 そういうところはまだ子供なのね。▼
[カンナ]
ダメ? もうそういうの卒業した方がいい?▼
[カミラ]
そんなことないわ。 いくつになっても一緒に入りましょう。▼
[カンナ]
よかったぁ!▼ だって、お父さんも言ってたんだよ!▼ 好きな人とは 一緒にお風呂に入るものだって!▼
[カミラ]
そ、そうね… お父さんの言っていることは正しいわ…▼
[カンナ]
お父さんとお母さんも ずっと一緒にお風呂に入ってるんでしょ?▼
[カミラ]
…内緒。▼
[カンナ]
えへへ。 内緒でもあたしは知ってるもん!▼
[カミラ]
ふふふ。 カンナは物知りなのね。▼
[カンナ]
そうだ、お母さん! あたし今度、ひとうに行ってみたい!▼
[カミラ]
ひとう? …もしかして、秘湯のことかしら?▼
[カンナ]
そう! それ! 秘湯! すごく綺麗なところなんでしょう?▼
[カミラ]
それもお父さんから聞いたのかしら?▼
[カンナ]
うん!▼
[カミラ]
ふふふ。じゃあ、落ち着いたら 家族揃って秘湯に行きましょう。▼
[カンナ]
やったー! 家族旅行だ! わーい!▼
[カミラ]
…カンナとはずっと離れて暮らしていたから、 家族旅行なんて今までできなかったものね。▼ この戦いが落ち着いたら… 家族で色々なところへ行きましょうね。▼ 青や金の花が地平線まで咲いている、 一面の花畑や…▼ 水晶の洞窟、 虹のかかる滝。▼ あなたやカムイと見たい景色は たくさんあるの。▼ いつか全部、一緒に行きましょう。 カンナと、私と、カムイと、三人で。▼
[カンナ]
うん! お母さん!▼

ディーア

[カミラ]
あら、ディーアあれを見て…▼
[ディーア]
ん… あれって的当てのことか?▼
[カミラ]
面白そうね。 ちょっとやっていかない?▼
[ディーア]
今からやるのか? 賊がいるっていうのに…▼
[カミラ]
すこしくらい寄り道しても大丈夫よ。 ほら、勝負をしましょ。▼
[ディーア]
仕方ねえな… でも、勝負っていうのなら手加減しないぜ?▼
[カミラ]
ふふふ… 望むところよ。▼ あの一番大きいクマのぬいぐるみを 先に落とした方が勝ちでいいわね?▼
[ディーア]
ああ、それでかまわないぜ…▼
[カミラ]
じゃあ、私から… えい!▼
[ディーア]
…かすりもしてないな。 母さんって的当ては苦手なのか?▼
[カミラ]
…………▼ …最初から落としちゃったら ディーアの出番がなくなっちゃうもの。▼
[ディーア]
ははは… 優しいんだな、母さんは…▼ んじゃ、俺もやるぜ… よっと…▼
[カミラ]
あっ…▼
[ディーア]
勝負は俺の勝ちだな… 案外、簡単だったぜ…▼
[カミラ]
…………▼ …おめでとう。 さすがは私の愛すべき息子ね。▼
[ディーア]
ありがとう、母さん… んじゃ、賊退治を再開…▼
[カミラ]
第二回戦。▼
[ディーア]
…えっ?▼
[カミラ]
勝ち逃げなんてさせないわよ。 たとえ愛する息子だとしても。▼
[ディーア]
母さん… 目に殺気が宿ってる気がするんだけど…▼
[カミラ]
ふふふ…気のせいよ… ふふふふふふふ…▼
[ディーア]
これ、母さんが勝つまで… 終わらないんだろうな…▼

ゾフィー

[ゾフィー]
母さん、怪我とかしてない?▼
[カミラ]
ええ、平気よ。 それよりも…▼ 私とゾフィーの大切な時間を奪った罪… 決して許せないわ…▼
[ゾフィー]
か、母さんって… 戦いのときになると顔が少し変わるよね。▼
[カミラ]
ごめんなさい、ゾフィー。 あなたを怖がらせてしまったわね…▼
[ゾフィー]
ううん! ちょっと驚いちゃっただけよ。▼ 母さんはいつも、すっごく優しいもん。 本気で怖がってるわけじゃないからね。▼
[カミラ]
それならよかったわ。▼
[ゾフィー]
そんなことよりもさ、 このお祭りが再開したらいっぱ遊ぼうね!▼
[カミラ]
ええ、いっぱい遊びましょう。▼ そのために… 日課は全て終わらせてきたのでしょう??▼
[ゾフィー]
もちろん! アヴェルのブラッシングに アヴェルのごはん、全部済ませたわ。▼
[カミラ]
うふふ…さすがね。▼
[ゾフィー]
いつもみたいに愛情たっぷりに したつもりよ。▼ 「ああ…あたしの可愛いアヴェル…  愛しているわ…」って、▼ 呟きながら手入れをしたの。▼ そうしたら、頭を思い切りかじられたわ。 どうしてかしら。▼
[カミラ]
落ち込むことはないわ。 愛情は伝わりにくいものだから…▼ 根気強くいきましょう?▼
[ゾフィー]
そうね。いくらアヴェルがなびかなくても、 根気強く愛を伝えるわ。▼ そう、例え馬屋の扉に穴を開けたとしても 根気よく…▼
[カミラ]
馬屋の扉に穴? それは大変ね。 もちろん、その扉は修理したのよね。▼
[ゾフィー]
…あっ。 そっちは忘れてた。▼
[カミラ]
…ゾフィー。▼ お祭りを楽しむのは、やるべきことを 全部終わらせてからと約束したはずよ。▼
[ゾフィー]
か、帰ってからちゃんとやるわ! 絶対に約束する!▼
[カミラ]
その約束を信じるわけにはいかないわね…▼ 最初の約束を守れない子に 次の約束なんて守れないわ。▼
[ゾフィー]
うっ…!▼
[カミラ]
この戦いが終わったら、 先に扉の修理を終わらせること。▼ 終わらない内は… お祭りは無しですからね。▼
[ゾフィー]
は、はいっ! わかりました!▼ やっぱり、母さんを怒らせちゃダメね…▼

ミドリコ

[ミドリコ]
お母さん。▼ 今日はこどものせいちょうをねがう おまつりなのよね。▼
[カミラ]
そうよ、ミドリコ。▼ でも私はこんなお祭りなんてなくても あなたの成長を願っているけれど。▼
[ミドリコ]
じゃあお母さん、 次からはこうねがって。▼ 「ミドリコがとってもいろっぽい  おとなのじょせいになれますように」って!▼
[カミラ]
ふふふ。 いきなりどうしたのかしら。▼
[ミドリコ]
だって、お母さん すっごくびじんさんなんだもん。▼ ミドリコもお母さんみたいな びじんさんになりたいの。▼
[カミラ]
ありがとう。でもミドリコはもう、 じゅうぶん美人だと思うわよ。▼
[ミドリコ]
…ほんとうに?▼
[カミラ]
ええ、本当よ。▼
[ミドリコ]
でも… お母さんみたいなかんじじゃないと思うの…▼
[カミラ]
ふふ。そんなこと気にしなくても、 あなたはそのままでとっても素敵なのに。▼ 安心して。 あなたは私の娘…▼ 大人になればきっと、 嫌でも私のような女性になるわ。▼ いえ…もしかしたら、それ以上かもね。 あなたはスズカゼの娘でもあるから。▼
[ミドリコ]
お父さんの?▼
[カミラ]
ええ。 あの人はすごくもてるのよ。▼ 昔一緒にお茶会をしたときだって、 たくさんの女性に囲まれていたわ。▼ 今もよく、見ず知らずの女性に 言い寄られているし…▼ まあ、あまり近づくようなら 少し痛い目を見てもらうのだけれど。▼
[ミドリコ]
お、お母さん。 お顔がこわいよ。▼
[カミラ]
あらごめんなさい。▼ とにかく、あなたは私たちの娘… 今にきっと、素敵な女性になるわ。▼ 色っぽくて、たくさんの人から 言い寄られるような…ね。▼
[ミドリコ]
わあ…すてき。▼ じゃあじゃあ、ミドリコそうなったら、 お母さんみたいなお洋服をきれるかな。▼ ぼーん、ってしてて きゅきゅきゅーってなってるおようふく。▼
[カミラ]
もちろんよ。 きっと似合うと思うわ。▼
[ミドリコ]
やったー! わーいわーい!▼ はやくそうなりたいな。 ミドリコとってもたのしみ。▼
[カミラ]
じゃあミドリコがそうなれるよう お願いをするためにも…▼ 悪い賊たちを早く倒さないとね。▼
[ミドリコ]
うん。めいっぱいかわいがって おしおきしてあげるわ!▼
[カミラ]
まあ…うふふ。▼

シノノメ

[シノノメ]
みんな、無事か!?▼ くそっ…賊の奴らめ! 絶対にみんなを守ってみせる!▼
[カミラ]
シノノメ。 気合い十分って感じね。▼
[シノノメ]
ああ、そうさ。 俺は未来の白夜王だからな!▼
[カミラ]
ふふ、頼もしいわ。▼
[シノノメ]
俺にとって仲間は家族同然! 手出しをする奴らはみんな殺してやる!▼
[カミラ]
…みんな殺してやる。 皆殺しってことね。▼
[シノノメ]
…ちょっと物騒な物言いだったな。 今の話は父さんには言わないでくれよ。▼
[カミラ]
うふふ、わかったわ。▼ でも、その物騒な感じ… きっと母さんの血だと思うわ。▼
[シノノメ]
えっ、そうなのか?▼
[カミラ]
ええ。 まるで自分を見ているみたいよ。▼ あなたにも私の血が流れている… それが実感できて、とてもうれしいわ。▼
[シノノメ]
実感したって… 具体的にどういうことだ。▼
[カミラ]
実は私、昔… カムイによく言っていたの。▼ あなたに手を出す者は みんな私が殺してあげる、って…▼
[シノノメ]
人が言うのを聞くと確かに物騒だな… でも、本当にやったわけじゃないだろ?▼
[カミラ]
いいえ、もちろんやったわ。 かなりの数を。▼
[シノノメ]
かなりの数って… ど、どのぐらい?▼
[カミラ]
数百は下らないわね…▼
[シノノメ]
な、なんだって!?▼
[カミラ]
蒸し暑い夜は決まって、 連中がカムイの血を吸いにくるから…▼ 私が魔法で撃退してあげたの。▼
[シノノメ]
血を吸いにくる? そんなノスフェラトゥがいたのか!?▼
[カミラ]
いいえ。▼ カムイに襲いかかってくる羽虫を 皆殺しにしてやったのよ。▼
[シノノメ]
な、なんだ…蚊のことか…▼
[カミラ]
そういえば、白夜ではあの羽虫を 蚊というのよね…▼
[シノノメ]
ああそうだ。 線香でも焚いておけばいなくなる。▼ 全く、驚かさないでいくれよ。 俺はてっきり人かノスフェラトゥなのかと…▼
[カミラ]
うふふ。 そんなに取り乱して、かわいい子。▼ …そうだわ。賊を退治したら、 神社の境内で膝枕をしてあげる。▼ 母親になったら、子どもの耳掃除を してあげたいなって、ずっと思っていたの。▼
[シノノメ]
ひ、膝枕!? 耳掃除!?▼
[カミラ]
だめ? あなたには母として、 大したことをしてあげられなかったし…▼ だから、今日くらいはせめて…▼
[シノノメ]
い、いいけど…なんか照れくさいな。▼
[カミラ]
照れることはないわ。 私たち、親子なんですもの。▼ でも、その照れた顔もかわいいわ。 あとでたくさん眺めさせてね。▼ もしも蚊が飛んできたら、 私がみぃんな…殺してあげる。▼
[シノノメ]
あ、ああ…▼

キサラギ

[キサラギ]
はあ…▼
[カミラ]
まあ…キサラギ。 そんな遠い目をして、どうしたのかしら。▼
[キサラギ]
あ、母さん! なんか、急に森が恋しくなっちゃってさ。▼ さっき出店で綺麗な山とか、 自然の絵が売ってたんだよ。▼ それを見たら、 ああ…森に行きたいなあ…って。▼
[カミラ]
そうなの…可哀相に。 でも、もう少しの辛抱よ。▼ ここでの戦いが終わったら、 一緒に裏手の山に行きましょう。▼ そこで思いきり森を満喫すればいいわ。 そうだ、タクミにもついてきてもらいましょ。▼
[キサラギ]
ほんと!? 父上も母上も一緒に!?▼
[カミラ]
ええ。 今日は子どものためのお祭りの日だもの。▼ あなたが喜ぶことなら私、 なんでもしてあげるわ。▼
[キサラギ]
やったー!! 母上、だーいすきー!!▼
[カミラ]
あらあら、可愛い子。 よしよし。▼
[キサラギ]
ねえねえ母上。▼ 今日は僕の喜ぶこと、 ほんとに何でもしてくれるの?▼
[カミラ]
あら、もちろんよ。 愛しい息子のためなら私…▼ 一人でここの敵を全滅させるぐらい 造作も無いことだわ…▼
[キサラギ]
わあ、頼もしい! じゃあじゃあ、母上にお願いがあるんだけど。▼
[カミラ]
なにかしら?▼
[キサラギ]
えっとね…その、よしよしっていうの、 僕もやりたい!!▼
[カミラ]
え?▼
[キサラギ]
僕も母上をよしよししたい!▼ 思う存分なでなでしたいなー! ねえ、だめ?▼
[カミラ]
だ、だめじゃないけれど…▼
[キサラギ]
じゃあいいんだね! わーい、やったー!!▼ …ふう。よしよし、母上。▼ 僕このやわらかい髪の毛とっても好きだなあ。 今日は僕にうんと甘えていいんだよ…?▼
[カミラ]
あらあら…優しいのね。▼
[キサラギ]
あ、こんなところに擦り傷が。 母上に傷をつけた悪い賊はどこだろう。▼ 僕、母上のためなら 賊ぐらい皆殺しにできるんだからね…?▼
[カミラ]
…………▼ な、なんなのかしら、これは…▼ まさか、私の母性本能が この子にも…?▼ だとしてもこれは少し、 調子が狂うわね…▼ …キサラギ。▼
[キサラギ]
なあに?▼
[カミラ]
ありがとう…もう撫で撫ではいいわ。 お母さん、じゅうぶんあなたに甘えたから。▼ それにあんまり二人で仲良くしていると、 タクミに嫉妬しちゃうかもしれないわよ。▼
[キサラギ]
そ、そっか。 そうだよね…わかった!▼ じゃあ戦うのが終わったら、 森に行く前に父上を撫で撫でしてあげよう!▼
[カミラ]
そうね。二人でたくさん撫でて、 甘えさせてあげましょうね。▼

イグニス

[カミラ]
あら、イグニス。 的当ての景品にぬいぐるみがあるわよ。▼ お祭りが再開したら私が取ってきてあげるわ。 楽しみにしていてね。▼
[イグニス]
お、俺は別に… ぬいぐるみなど欲しくない…▼
[カミラ]
うふふ。 この間まで抱いて寝ていたのに?▼
[イグニス]
そ、それはその… 単に抱き枕の代わりにしていただけで…▼ というか… 母さん、なんでそれを知っているんだ?▼
[カミラ]
イグニスの寝顔が可愛いから、 たまーに覗いていたのよね。▼
[イグニス]
こ、今後はそんなことはやめてくれ… 恥ずかしいからな…▼
[カミラ]
恥ずかしがることないわよ。 私はあなたの母親なんだから。▼ だから、ね。 ぬいぐるみのことも隠さなくていいのよ。▼
[イグニス]
別に隠しているわけではない。 …もう、たまにしか抱いて寝ていないしな。▼ そう。たまにだ。▼
[カミラ]
それは残念ね。▼ ぬいぐるみを抱いて寝るイグニス、 とても可愛かったのに。▼
[イグニス]
俺はもう子どもじゃないからな…▼
[カミラ]
いいえ、あなたは子どもよ。 私にとってはいつまでも可愛い子ども。▼ でも、子どもは成長するもの…▼ 私の手を離れていくようで、 なんだか少し寂しい気もするわ…▼
[イグニス]
寂しくなる必要はない… 俺はいつまでも母さんの子どもだ…▼
[カミラ]
ふふふ。 ありがとう、イグニス。▼ それで、本当にぬいぐるみはいらないの?▼
[イグニス]
…取れてしまったら、もらう。 捨てるのはもったいないからな…▼
[カミラ]
うふふ。 わかったわ。▼

ベロア

[カミラ]
大丈夫、ベロア?▼ どこも怪我はしていない? 相手が賊とはいえ、油断は禁物よ。▼
[ベロア]
もぐもぐ…はい、ママ。▼ わたし、ケガはしていません…それに、 もぐ…ごっくん…油断もしません。▼
[カミラ]
…何を食べてるのかしら? もしかして、また拾い食い?▼
[ベロア]
ごめんなさい、ママ…▼ ママにもあげるつもりだったんですけど… 全部、食べちゃいました。▼
[カミラ]
…気にしないでいいわよ。 私は落ちているものは食べないから。▼
[ベロア]
え…▼ じゃあ、落ちている食べ物は わたしが独り占めしていいってことですか?▼
[カミラ]
ふふふ。 そういうことになるわね。▼
[ベロア]
うれしい… ママは優しいですね。▼
[カミラ]
食べ物を探す貴方はとっても可愛いけど… 下ばかり見て歩くのは良くないわ。▼ 食べ物なら賊を片付けたあとに いくらでも買ってあげるから、▼ 今は戦いに集中しましょう。▼
[ベロア]
はい。 賊は全員、わたしが可愛がってあげます。▼
[カミラ]
可愛がる?▼
[ベロア]
そのままの意味じゃありませんよ… 殺しちゃうって意味です…▼ きついお仕置きをして、 可愛がってあげるんです…▼ …だめですか?▼
[カミラ]
いいえ。 全然、ダメじゃないわ。▼ ただ、あなたのそういう激しいところ… 私に似ちゃったのかしら、と思ってね。▼
[ベロア]
きっとそうだと思います。 わたし、ママの子どもですから。▼ 大好きなママに似ているなら、 こんなに嬉しいことはありません…▼
[カミラ]
まあ…その言葉、感激してしまったわ。 なんて可愛い子なの。▼
[ベロア]
ママも可愛いです。 可愛くて、とってもステキです…▼ わたし、いつかママみたいな 強くてステキな大人になりたいです…▼
[カミラ]
ええ、きっとなれるわ。 あなたには私の血が流れているのだもの。▼ さ、そろそろ行きましょうベロア。 2人で賊を可愛がってあげましょうね。▼
[ベロア]
はい、ママ…▼

ルッツ

[ルッツ]
お母さん、見て! そこでお財布を拾っちゃったよ!▼
[カミラ]
あらまあ…▼ じゃあ後で届けてあげないとね。 落とした人は困っているでしょうから。▼
[ルッツ]
うん!▼ …って、あれ? あそこで光ってるのはなんだろう?▼ お母さん、指輪だよ! すごく大きな宝石がついてる!▼
[カミラ]
それも落とした人を見つけてあげなきゃね。▼
[ルッツ]
うん! わかったよ!▼
[カミラ]
ふふふ。▼ ルッツは確かに運がいいと思うけれど… 毎回、落とし主を探すのだから大変よね。▼
[ルッツ]
本当だよ! 運がいいのも考え物だよね!▼
[カミラ]
でも、知ってた?▼ あなたの運のよさは… 世界で2番目なのよ。▼
[ルッツ]
えっ!? じゃあ、1番は誰!?▼
[カミラ]
世界で一番運がいいのは…わたし。▼ ハロルドのような素敵な だんな様と結婚できて…▼ あなたのような可愛くて 素晴らしい子をもてたのだから、ね。▼
[ルッツ]
お母さん…!▼
[カミラ]
今まではあなたに 寂しい思いをさせてしまってけれど…▼ (原文ママ) これからはすぐ側で あなたの成長を見守っていかせてね。▼
[ルッツ]
…………▼ ねえお母さん。▼ 世界で1番運がいいのは、 やっぱり僕だと思う!▼
[カミラ]
あら、どうして?▼
[ルッツ]
だって、お母さんの子どもとして 生まれてこれたんだもん!▼ 優しくてきれいなお母さんと、 最高にかっこいいお父さん。▼ 二人の子どもとして生まれてこられたことが 最高にラッキーだよ。▼
[カミラ]
ふふふ。そうね。 ありがとう、ルッツ…▼ こんな愛おしい子を守るためにも、 お母さん張り切っちゃうわよ。▼
[ルッツ]
うん!僕も。 敵はみんなお仕置きしちゃうよ!▼

オフェリア

[オフェリア]
あ、母さん! あの屋台を見て!▼ あれ、伝説の水晶じゃない?▼
[カミラ]
伝説の? わたしにはただの石ころに見えるけど…▼ (原文ママ)
[オフェリア]
うふふ…そんなことないわ… この水晶の煌きは格別だもの…▼ とっても可愛い子… 私がぴかぴかに磨いてあげるわね…▼
[カミラ]
うふふ。 オフェリア、口調が私に似てきたわね。▼
[オフェリア]
あ、当たり前だよ。 だって母子だもん。▼ この水晶、手に取るだけなら お店の人も怒らないよね?▼ じゃあ、ちょっとだけお借りして…▼ うっ!▼ 何よ、これ…血が騒ぐ…! 私の乙女心が暴走しそうだわ…!▼
[カミラ]
オフェリア!?▼
[オフェリア]
私は悪の魔王を殲滅する者…! その名も純白のオフェリア…!▼ ひゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーん! ばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!▼
[カミラ]
ちょっと、オフェリア…▼ やっつけるのは悪の魔王じゃないわ。 賊よ。▼ というか、悪の魔王って誰かしら?▼
[オフェリア]
賊?選ばれし者であるこの私に そんな小者を相手にしろっていうの?▼
[カミラ]
…お祭りを賊にメチャクチャにされたら、 この後、遊ぶことができなくなるわよ?▼
[オフェリア]
た、確かに…。 それはとても困るわ…▼ わかったわ…! 魔王の前に賊を片付ける!▼ お仕置きして欲しい子は前に出なさい…! 私の呪いでお仕置きしてあげる…!▼ さぁ、共に戦うわよ…!▼ 麗しき月の精に愛された戦乙女! 母さん!▼
[カミラ]
…………▼ 月魄の加護を受けし豊麗… <グロースアルティヒ・モーント>…▼ 今こそその力を示し… わたしたちを守りたまえ…▼ (原文ママ)
[オフェリア]
か、母さん! 今のセリフ、すごく格好よかったわ!▼
[カミラ]
うふふ…▼ たまにはあなたの趣味に付き合ってあげる。 今まではあまり一緒に遊べなかったものね…▼
[オフェリア]
母さん…! ありがとう…!▼ よし!宵闇のオフェリア! きらめく乙女心を胸に、いざ出撃!▼ …あ、そうだ。▼ 母さんもこういう決めゼリフが必要ね。▼
[カミラ]
…そうなるのかしら。▼
[オフェリア]
どんなのが似合うかなぁ…▼ 母の愛は大海峡より深し! …とか?▼
[カミラ]
母の愛は大海峡より深し… カミラ、出撃するわ。▼
[オフェリア]
うんうん!とってもいい感じ! それじゃあ一緒に、いざ出撃よ!▼
[カミラ]
うふふ… やってみると意外に楽しいのね…▼ …クセになっちゃいそう。▼

ソレイユ

[カミラ]
ああ…ここにいたのね、 わたしの可愛いソレイユ。▼
[ソレイユ]
わーい!麗しの母さん! 母さんこそ、今日は一段と綺麗だね。▼
[カミラ]
とっても嬉しいわ… ありがとう。▼ ねえソレイユ… 今日は子どもの成長を願うお祭りよ。▼ 母さん、あなたの成長をたくさん願うわね。▼
[ソレイユ]
ありがとう! あたし、また強くなったと思うんだ。▼ これから賊にきついお仕置きをして回るから、 成長っぷりをしっかり目に焼き付けてね!▼
[カミラ]
そうねえ… うーん…▼
[ソレイユ]
あれ、母さんが不服そう。 どうして? これじゃ足りない?▼ 母さんを狙う族たちをみぃんな、 殺しちゃえばいい?▼
[カミラ]
うふふ…それを見るのもいいけれど、 ソレイユが強いのはもう知っているもの。▼ わたしが知りたいのは別の成長… そっちを目に焼き付けさせて?▼
[ソレイユ]
べ、別の成長って?▼ あ…ああ、体の事か! 脱げばいいの?▼ 言っておくけど、あたしこう見えて 胸のほうは母さんのおかげで順調に…▼
[カミラ]
こら、違うわよ。 胸はしまいなさい▼ 私が見たいのはあなたの中身… 心の成長よ。▼ あなた最近、女の子の口説き方が うまくなったって聞いたわ。▼
[ソレイユ]
そ、そんな噂があるの!?▼
[カミラ]
素敵だわ…さすがは私のソレイユ。 今日はそっちの成長を見せてちょうだい?▼
[ソレイユ]
見せてって言われても… どうすればいいの?▼
[カミラ]
簡単じゃない。 母さんを口説けばいいわ。▼
[ソレイユ]
えっ?▼
[カミラ]
…ほら。口説いてみなさい?▼
[ソレイユ]
………▼ な、なんだろう。このやりにくさ。 テストされてるみたいで、気持ちが萎える…▼
[カミラ]
ほら、早く…▼ 「母さん、今日もセクシーね」とか、 素敵な言葉をかけてみて頂戴?▼
[ソレイユ]
…ちょっと待った。 母さん、ただ褒められたいだけじゃない?▼
[カミラ]
あら、バレちゃった?▼
[ソレイユ]
バレちゃった? じゃないよ!▼ 褒められたいなら父さんに頼みなって。 どうしてあたしなのよっ!▼
[カミラ]
だって… たまには別の刺激もほしいじゃない?▼ 私、たまにはソレイユみたいな可愛い女の子に 思い切り褒められたいわ。▼
[ソレイユ]
もう、今日は子どもの成長を 願うお祭りであって、▼ 母さんを褒めるお祭りじゃないんだからねっ! ちゃんと、あたしの強さの成長を見て!▼ 賊にきついお仕置きして回る かっこいいあたしを見てよーっ!▼
[カミラ]
まったくもう… あなたはお転婆さんね。▼ …わかったわ。 あとでじっくり見てあげる。▼ だからほら、今は母さんをたくさん褒めて? あとで膝枕してあげるから。▼
[ソレイユ]
うわーん! 父さん、助けてーーーっ!!▼

エポニーヌ

[エポニーヌ]
あー、ダメ! ダメ! ダメ! 空想とまれ! 空想とまれーーーっ!!▼
[カミラ]
まあ。どうしたのエポニーヌ。 大声なんか出して…▼
[エポニーヌ]
はぁ…母さん… 聞いてよ…▼ 最近ね私… ときどきおかしな空想をしちゃうのよ…▼
[カミラ]
今更じゃない。 あなたはいつもおかしな空想をしているもの。▼
[エポニーヌ]
んもう。 そういう意味じゃないのっ!▼ 今までのあたしは、 男の人たちを見て空想を楽しんでいたわ。▼ あの人とあの人… 仲イイわね…とか。▼ …でもね、最近は…▼ 赤ちゃんを見て、 空想をしちゃうのよ…▼
[カミラ]
赤ちゃん? ど、どういう空想なのかしら。 なんだか怖いんだけれど。▼
[エポニーヌ]
どうして怖いの? めちゃくちゃ健全な空想よ。▼
[カミラ]
よかった… とりあえず、ひと安心だわ…▼ で、どういう空想をするの?▼
[エポニーヌ]
…例えばさっきは、お祭りにきていた 赤ちゃんを見て空想を開始したわ。▼ 空想の中で… あたしは始終、赤ちゃんを愛でるの。▼ 抱っこして、頭をなでて。 もう、猫っかわいがり状態!▼ それで、終わり。 ただそれだけの妄想。▼ でも、それがけっこう楽しくって… 頭がイッちゃいそうになるの。▼
[カミラ]
ようこそ。▼
[エポニーヌ]
えっ?▼
[カミラ]
ようこそ、母さんの世界へ。▼
[エポニーヌ]
…ど、どういうことよ?▼
[カミラ]
それは、母性本能というものよ。 あなたは私の強烈な母性本能を継承したのね。▼ 懐かしいわ…私も昔、 よくそういう空想をしたものだわ。▼ …私は妄想の中で、 その赤ちゃんを思いきりかわいがった。▼ 本当に猫っかわいがりで… 愛を与えることが、本当に幸せだった。▼ …ゼロと結婚してからは その空想にも拍車がかかって… 空想の中の赤ちゃんには、 エポニーヌっていう名前をつけたわ。▼
[エポニーヌ]
えっ? それ…あたしの名前…▼
[カミラ]
ええ、そうよ。▼ あなたの名前は、 ゼロと結婚してからずっと…▼ 空想の中で大事に大事に 愛でてきた子の名前なの。▼
[エポニーヌ]
そ、そうだったんだ…▼
[カミラ]
でもごめんなさいね。 毎日、戦い戦いの連続で…▼ 空想の中では思い切り 愛を注いできたのに…▼ 実際のあなたには、 その一割もあげられていない気がするの。▼ ねえ、エポニーヌ。 今日は親子水入らずで過ごさない?▼ せっかくの機会だから、 今までの償いをしたいの。▼
[エポニーヌ]
償いなんていいわ。 あたしも母さんと一緒に過ごしたいもの。▼
[カミラ]
よかった。じゃ、賊を倒したら、 屋台のところで待ち合わせ。いいわね?▼
[エポニーヌ]
ええ。母さんの素敵な空想… たくさん聞かせてね!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-05 (日) 22:34:20