リョウマの会話

サイゾウ

サイゾウのページへ

クリムゾン

会話1

[クリムゾン]
和やかな雰囲気を邪魔者がぶち壊す…
どこかで体験したような…既視感のある状況だね。▼
[リョウマ]
…ああ。あのときか。▼
[クリムゾン]
そう。
私がリョウマと出会ったばかりのころ…▼
リョウマが白夜の第一王子ってことを隠して、
私たち反乱軍に潜入してきたばかりのころの話さ。▼
[リョウマ]
俺たちが和やかに食事をしていたら
賊の大軍に囲まれたのだったな。▼
お前は獅子奮迅の戦いを繰り広げ、
賊を一蹴したのだ。▼
[クリムゾン]
ふふ。あのときはたまたまさ。
実力以上の力が出ちゃってね。▼
[リョウマ]
実力以上の?▼
[クリムゾン]
そう。リョウマのおかげで、
いつも以上の力が出せたんだ。▼
[リョウマ]
俺のおかげ?
よくわからないが。▼
どういうことだ。▼
[クリムゾン]
まったく。
どうしてわからないかね。▼
あのとき…賊に襲われる直前…▼
リョウマが、あるものを私に
プレゼントしてくれたんじゃないか…▼
[リョウマ]
プレゼント?
なんの話だ?▼
[クリムゾン]
…………▼
いや、なんでもないよ。
それよりも早く邪魔者を倒さないとね。▼

会話2

[リョウマ]
クリムゾン、気が散っているように見えるが?▼
[クリムゾン]
えっ?▼
[リョウマ]
何をチラチラと見ている?
屋台に何かあるのか?▼
[クリムゾン]
…やれやれ。▼
肝心なことは鈍感なのに、
変なところで鋭いから困るよ。▼
[リョウマ]
何?▼
[クリムゾン]
ああ、こうなったら白状するよ。
私は花屋の屋台が気になっているのさ。▼
[リョウマ]
花屋の屋台?▼
[クリムゾン]
そう。▼
さっきの話に戻るけど、賊に襲われる前、
リョウマは花をプレゼントしてくれたんだ。▼
[リョウマ]
ああ。思い出したぞ。▼
反乱軍に手ぶらで
潜入するわけにはいかなかったからな。▼
せめてもの贈り物をさせてもらったのだ。▼
[クリムゾン]
シュヴァリエ公国の女騎士には、一世一代の
勝負の前に胸元に花を挿すというしきたりがある。▼
だから私はリョウマがくれた花を胸に挿して、
賊を蹴散らしたんだ。▼
[リョウマ]
ああ、そうだったな。▼
[クリムゾン]
あのときリョウマがくれた花の花言葉は、
永遠の親愛。▼
それがうれしくってさ。
で、いつも以上の力を出して戦えたというわけさ。▼
[リョウマ]
…そうだったのか。▼
[クリムゾン]
リョウマったら、お堅いナリをして
隅に置けない男だよね。▼
[リョウマ]
いや、そんな花言葉があるとは知らなかった。
本当に偶然だ。▼
[クリムゾン]
…もう、興ざめだよ。
そんなことイチイチ言わなくていいんだ。▼
[リョウマ]
…そ、そういうものなのか…▼
[クリムゾン]
とにかく。▼
あのときのお礼がまだだったから、
リョウマに花のお返しをしたいと思っていてね。▼
それで、さっきから花屋の屋台が
気になっていたのさ。▼
どんな花言葉の花にしようかな…ってね。▼
[リョウマ]
で、どんな花言葉の花にしようと思うのだ?▼
[クリムゾン]
りょ、リョウマ!?
そんなこと普通、聞くかい?▼
[リョウマ]
聞かないのか?
普通は。▼
[クリムゾン]
…………▼
…とにかく、ノスフェラトゥを倒したら花を贈る。
花言葉を知りたかったら、自分で調べるんだね。▼
[リョウマ]
わ、わかった。
楽しみにしている。▼

アシュラ

会話1

[アシュラ]
リョウマ様、ご無事でしたか。▼
[リョウマ]
もちろんだ。▼
それよりアシュラ。▼
こんな状況になっても今日は祭りだ。
立場など忘れて気楽に接していいのだぞ。▼
[アシュラ]
は、はい…
いえ、しかし…▼
[リョウマ]
この異界の祭りには、参加した者たちの友情が
深まるという言い伝えがあるらしい。▼
そこに参加している以上、言い伝えに則るのが
粋というものではないか?▼
[アシュラ]
…そうですね。
わかりました。▼
[リョウマ]
いいや、まだ固いな。
もっとだ。もっと気さくになれ。▼
[アシュラ]
もっとと言われても、しかし…▼
[リョウマ]
お前、もしや…。
俺と気さくに接するのは嫌か?▼
[アシュラ]
そ、そんなわけでは!
俺の気持ちは決まっています!▼
祭りの間だけでもいい。
リョウマ様と気さくに接したい!▼
[リョウマ]
よく正直に言ってくれた。
では、今日は気さくな関係で行こうではないか。▼
[アシュラ]
…ありがたきお言葉。▼
[リョウマ]
だから、それが固いと言うのだ。▼
[アシュラ]
す、すみません…▼

会話2

[リョウマ]
アシュラ。
このような祭りをどう思う?▼
[アシュラ]
人々が仮装をし、作物や雑貨が
販売されている…▼
白夜とはまた違った雰囲気ですが、
嫌いではありません。▼
[リョウマ]
俺も同感だ。
いつかこのような祭りをやりたいものだな。▼
[アシュラ]
いいですね。
白夜でもこんな祭りを楽しみたいです。▼
[リョウマ]
いや、俺は白夜ではなく
お前のコウガ公国でこんな祭りを開きたいのだ。▼
[アシュラ]
!?▼
[リョウマ]
もちろん、無事に再建を済ませたあとでだがな。▼
[アシュラ]
リョウマ様…▼
[リョウマ]
そのためにも、この祭りをしっかりと
目に焼き付けておく必要があるな。▼
ノスフェラトゥたちを追い出してから、
ともに屋台を巡ってみようではないか。▼
[アシュラ]
ありがとうございます。
感無量です…▼
このアシュラ、これからも
あなたの力になることを約束します。▼
[リョウマ]
…おい、固いぞ。▼
[アシュラ]
し、しかし…▼
[リョウマ]
よし、わかった。
再建の協力には条件を設けよう。▼
今後、お前はずっと俺に気さくに接するのだ。▼
[アシュラ]
ええっ?▼
[リョウマ]
コウガ公国再建の話し合いでも、
そんな調子では言いたいことも言えないだろう。▼
[アシュラ]
…すみません。
そうかもしれません。▼
いつかリョウマ様に気さくに
話しかけられるよう努力します。▼
[リョウマ]
ははは。
気さくな態度に、努力などいらない。▼
ただ、肩の力を抜けばいいだけだ。
わかったな?▼
[アシュラ]
…はい。
ありがたいお言葉、心に染みます。▼
[リョウマ]
いや、だから…
その返事が…▼
アシュラとの気さくな関係…
これはなかなかに手強いぞ。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-19 (水) 00:45:58