マイユニット(女性・私)の会話

オボロ

会話1

[オボロ]
あら、カムイ様じゃないですか。
お怪我などありませんか?▼
[カムイ]
はい、大丈夫ですよ。
ありがとうございます。▼
オボロさんも大きな怪我がなさそうで
良かったです。▼
[オボロ]
一応、タクミ様の臣下ですからね。
これぐらいの戦闘では負けませんよ。▼
早く敵を倒して、
屋台なんか回りたいですね。▼
[カムイ]
そうですね。
ああ、屋台といえば…▼
オボロさんの好きそうな布地を売っている店が
向こうにありましたよ。▼
[オボロ]
えっ、本当ですか!
どんな布ですか?▼
[カムイ]
ええと…
少し前を通っただけですが…▼
見たことないような珍しい色の布とか、
レースやリボンもありました。▼
あとは…
少しですが、白夜の着物もありましたね。▼
すごく豪華な紋様のものが並んでいて…
もっとゆっくり見たかったです。▼
[オボロ]
…………▼
[カムイ]
オボロさん?▼
[オボロ]
すごい…王族であるカムイ様に
ここまで言わしめる反物屋…▼
恐るべし品揃えに違いないわ。
それは…▼
…それは早く見に行かなくては!▼
[カムイ]
うわっ、オボロさん!?
どうしたんですか!?▼
[オボロ]
どうもしていません。
敵を倒す力が湧いてきただけのこと。▼
カムイ様…お願いがございます。
このあたりの敵を一掃したら、▼
その反物の屋台を
見に行ってもいいでしょうか。▼
[カムイ]
せ、戦闘中にですか!?▼
[オボロ]
お願いします!!
少しだけ! 前を通るだけでも!!▼
[カムイ]
ひいっ!
わ、わかりました。▼
怪我をしないと約束するなら、
特別に許可します!▼
[オボロ]
ありがとうございます!▼
さて、そうと決まればこんな敵たち
一匹残らず屠ってしまいましょ!▼
死にたい奴はかかってきなさーいっ!!▼
[カムイ]
…す、すごい迫力でした…▼

会話2

[カムイ]
オボロさん、
お目当ての屋台は見に行けましたか?▼
[オボロ]
はい…▼
[カムイ]
あれ?
なんだか元気がないですね?▼
さっきまであんなに張り切っていたのに、
今は動きにキレがありません…▼
[オボロ]
…………▼
[カムイ]
まさか、あの屋台は敵に…▼
[オボロ]
あ…違うんです!
屋台は守りきりました。▼
ちょうど敵襲に遭っていたので
その敵を根こそぎ殲滅したんです。▼
そうしたら…▼
[カムイ]
そうしたら?▼
[オボロ]
店主にとても感謝されました。
お祭りが再開したらまた来てくれと言われて、▼
その時はお店にあるものの中から
お礼にどれかひとつ持って行っていいと。▼
[カムイ]
良かったじゃないですか!
欲しい布地ばかりだったんでしょう?▼
[オボロ]
そうなんです!
どれも良くて選べないんです!!▼
豪奢な柄の反物もいいし、
思い切って異国のリボンもいい…▼
私、こんなのとてもとても決められません!
カムイ様~~!!▼
[カムイ]
そ、そんなに悩んでるんですか?▼
あのしっかり者のオボロさんが
こんな風になるだなんて…▼
何とかしないと…▼
そ、そうだ!
用途を決めればいいんじゃないですか?▼
[オボロ]
用途?▼
[カムイ]
今はとにかく布を選べって言われて
迷っているんでしょう?▼
でも、その布を何に使いたいか決めれば、
ある程度は絞れるのではないかと…▼
[オボロ]
おおっ、なるほど!!!!
流石はカムイ様です!!▼
では早速用途を決めましょう。
私としてはやはり着物を仕立てたいですね。▼
となると白夜風の反物が第一候補。
着る人は…そうですね…▼
カムイ様、
袖を通していただけますか?▼
[カムイ]
えっ、私ですか?▼
[オボロ]
はい。
よく考えれば布地がもらえるのは、▼
屋台のことを教えてくださって、
見に行く許可をくださったおかげです。▼
ですから…そのお礼に。
だめですか?▼
[カムイ]
だ、だめじゃないですが…▼
いいんですか?
せっかくの布地を私なんかのために。▼
[オボロ]
もちろんですよ!
私、人のために仕立てるのが好きなんです。▼
カムイ様のためとなれば、
いつもの倍の力が出せるに決まっています。▼
[カムイ]
そうですか。ではお願いします。
ありがとうございます、オボロさん。▼
[オボロ]
こちらこそ!▼
では戦っている間…
仕立てる着物の計画を練っておきます。▼
カムイ様の好きな色や
好きな意匠などもお伺いしたいので、▼
宜しければ後ほど
屋台に付き合っていただけますか?▼
お時間は取らせませんから!▼
[カムイ]
そうですね、一緒に行きましょう。▼
楽しみですね…
どんな着物になるんでしょうか。▼
[オボロ]
きっと最高のものにしてご覧に入れますよ。
では、早く布を選ぶためにも…▼
…残りの敵は根こそぎ倒しましょう!!▼
[カムイ]
わわっ!?
またさっきの顔に!?▼
ふふ…でも元気が戻ってよかったです。
力を合わせて頑張りましょうね!▼
[オボロ]
はい!!▼

カミラ

会話1

[カミラ]
素敵だわ…カムイとこうして
お祭りに来られるだなんて。▼
お姉ちゃん、とっても嬉しい。▼
[カムイ]
はい、私も嬉しいです。
カミラ姉さん。▼
[カミラ]
それなのに…
魔物たちのせいで台無しだわ。▼
早くお祭りを再開させるために、
キツいお仕置きをして回らなくちゃ。▼
もちろん…とびきり痛いやつをね。▼
[カムイ]
うふふ…
カミラ姉さん、容赦ないですね。▼
でも早く祭りを再開させたいのは
私も同じです。▼
こんなに雰囲気のいい場所なんです。
戦いに使うなんて勿体無いですよ。▼
[カミラ]
そうね。
さっき屋台の人に聞いたのだけれど…▼
このお祭りには特別な魔力を持つ装飾が
飾られているんですって。▼
その装飾に願いをかけると、
叶うとされているそうよ。▼
[カムイ]
へえ…なんだかロマンチックですね。▼
[カミラ]
その装飾、なんだと思う?▼
[カムイ]
うーん…なんでしょう。▼
噴水の真ん中にある、
魔女の帽子ですか?▼
[カミラ]
いいえ。▼
答えは祭樹のてっぺんにある、
お月様の飾りよ。▼
[カムイ]
そうだったんですか。
私も後で願い事をしてみます。▼
[カミラ]
じゃあ次の問題ね。▼
[カムイ]
えっ?▼
[カミラ]
この広場にお月様の飾りは
いくつあるかしら?▼
[カムイ]
え、ええと…
1,2,3…▼
…………▼
[カミラ]
うふふ…
答えるまでには時間がかかりそうね。▼
いいわ。
そのまま数えていてちょうだい。▼
数えている間、あなたを狙う敵はみぃんな、
私が殺してあげるから。▼
また後で声をかけるわ。▼
[カムイ]
あ…カミラ姉さん!?▼
こ、困りましたね…
月の数…月の数…▼

会話2

[カミラ]
お月様の数はわかったかしら?
カムイ。▼
[カムイ]
す、すみません、カミラ姉さん。
戦いながらだとわからなくて…▼
この樹はさっき数えたかとか
こんがらがってしまって。▼
[カミラ]
うふふ…
仕方のない子ね。▼
答えは30個よ。▼
この広場に、祭樹は30本。
お月様の飾りもそれと同じだけあるの。▼
[カムイ]
へえ…!
そうだったんですか。▼
なら、たくさんお願い事ができますね。▼
[カミラ]
そうね…
私、お願い事はもう決まっているの。▼
[カムイ]
30個も!?▼
[カミラ]
ええ。ひとつめは…
カムイが元気でいられますように。▼
ふたつめは、
カムイが幸せでいられますように。▼
みっつめは、
カムイが…▼
[カムイ]
ええっ!?
ちょっと待ってくださいカミラ姉さん!▼
まさかとは思いますが…
全部私についてのお願いじゃないですよね?▼
[カミラ]
あら、もちろんそうだけれど。
何か問題があるかしら?▼
[カムイ]
問題だらけです。▼
そんな風にされたら、
カミラ姉さんの分の願い事が…▼
…………▼
あ…そうか。
いえ、大丈夫です。▼
[カミラ]
まあ、いいの?▼
[カムイ]
はい。カミラ姉さんが私のことを
願ってくれた分だけ、▼
私もカミラ姉さんのことを
願えばいいだけですからね。▼
[カミラ]
!▼
[カムイ]
えっと…ひとつめは、
カミラ姉さんが元気でいられるように。▼
ふたつめは、
カミラ姉さんが幸せでいられるように。▼
みっつめは何でしたっけ?
私も同じことを願うので言ってください。▼
[カミラ]
カムイ…!
なんて優しい子なの!!▼
お姉ちゃん、もうあなたを放さないわ!▼
[カムイ]
うわっ、カミラ姉さん!?
そんなに抱きついたら苦しいです!▼
あと危ないですよ!
敵に狙われますよ!!▼
[カミラ]
あなたの盾になれるなら
お姉ちゃん本望だわ。▼
[カムイ]
そんな、
縁起でもないこと言わないでください!
私のお願い事が叶わなくなります!▼
[カミラ]
…それは困るわね。▼
[カムイ]
ふうっ。
わかってくれてよかったです。▼
ありがとうございます、カミラ姉さん。
私にお願い事を教えてくださって。▼
でもせっかく30個もあるんですから、
私だけじゃなくて…▼
他のきょうだいたちの事や、
みんなのことも願いませんか?▼
[カミラ]
仕方ない子ね…カムイが言うなら、
そうしましょうか。▼
戦うのが終わったら一緒に、
残りのお願い事を考えましょう。▼
[カムイ]
そうですね。
ではまず、みっつめのお願い事は…▼
「ここでの戦いが早く終わりますように」
 なんて如何でしょう?▼
[カミラ]
そうね、それがいいわ。
二人で願えば、きっとすぐに叶うもの。▼
無理はしないでね、カムイ。
あなたは私が守るわ。▼
[カムイ]
ありがとうございます。カミラ姉さんも…
私が絶対に守ってみせます!▼

レオン

会話1

[カムイ]
…………▼
[レオン]
カムイ姉さん、どうしたの?
ぼーっと突っ立って。▼
[カムイ]
ああ…レオンさん。▼
なんだか…
綺麗なお祭りだなと思っていたんです。▼
私はこういう場所に来る機会が
少なかったですから。▼
外の世界に出てから、
初めて訪れたのは白夜のお祭りでしたし…▼
[レオン]
そうだね…
暗夜の祭りは、結局行かずじまいか。▼
[カムイ]
自分でも恥ずかしい話なんですけど、
そこに行くまで物を買う経験もなかったんです。▼
だから最初はお金と物が交換できることも
わからなくて。▼
[レオン]
カムイ姉さん…▼
[カムイ]
でも…▼
[レオン]
…………▼
[カムイ]
でも今ならお金もあるし、
物の買い方だってわかります!▼
思い切りお姉さんらしいことができますよ!▼
[レオン]
ええっ?
お…お姉さんらしいこと?▼
[カムイ]
はい!▼
さ、何がほしいですか?
何か食べたいものはありますか?▼
今日ぐらいかわいい弟のことを
思い切り甘やかさせてください!▼
[レオン]
わわっ…くっつかないでよ姉さん!
祭りだからってはしゃぎすぎ!▼
こんなの珍しくも何ともないし、
第一、今は戦闘中なんだから落ち着きなよ。▼
[カムイ]
…そりゃあレオンさんにとっては
珍しくないかもしれませんが。▼
私にとってはそれが
どれだけ新鮮なことか…▼
[レオン]
うっ…▼
[カムイ]
北の城塞にいるときから、
ずっと憧れていたんです。▼
レオンさんやみんなとお祭りに行くのを。
そうしたら…▼
私はお姉さんらしく、
レオンさんに何か買ってあげたかったんです。▼
小さいときからの…
私の夢だったんですよ。▼
[レオン]
な、なんだよそれ…▼
子どもの頃ならまだしも、
今そういうことされてもちょっとなあ…▼
欲しいものがあったら自分で買うし…▼
[カムイ]
子どもの時の夢を今叶えて
何が悪いんですか!▼
いいからレオンさんは私に甘えてください!
何か欲しいものを言ってください!▼
[レオン]
もう…
これじゃどっちが年上なんだか。▼
でも、そこまで言われちゃ
断るわけにはいかないよね。▼
わかったよ、カムイ姉さん。
戦闘中に考えておくから、▼
今はそれで勘弁してよ。
敵も近くまで迫ってるしさ。▼
[カムイ]
!! そうですね。
わかりました、レオンさん。▼
じゃ、敵をあらかた倒したら…
また声をかけますね。▼
[レオン]
ああ、また後でね。▼

会話2

[カムイ]
レオンさん!
欲しいものは考えられましたか?▼
[レオン]
ああ、考えたよ。▼
[カムイ]
そうですか、良かった…
ああ、でもまだ言わないでください。▼
私はお姉さんなんですから、
弟の欲しいものを見事当ててみせます。▼
えーと…
たぶんこれですね、▼
屋台で一番人気の串焼き肉!▼
[レオン]
ぶー、外れ。▼
[カムイ]
うーん…▼
じゃあ向こうで売ってたベリーでしょうか。
それとも青い色した砂糖菓子…?▼
わかりました!!
新鮮なトマトですね!▼
[レオン]
いや、どれも違うよ。▼
[カムイ]
うう…
トマトは自信あったんですが…▼
[レオン]
あはは、姉さんはまだまだ僕のことを
わかってないみたいだね。▼
[カムイ]
すみません…そうみたいです。
答えを教えてくれますか?▼
[レオン]
答えはね、
カムイ姉さんとの時間だよ。▼
[カムイ]
…!!▼
[レオン]
なに?
感動して言葉が出ない?▼
[カムイ]
レオンさん…▼
それじゃあ私はレオンさんに
何も買ってあげられないじゃないですか!▼
[レオン]
は?▼
[カムイ]
私は私の時間を買えばいいんですか?
自分にお金を払えばいいんでしょうか…!?▼
[レオン]
も、もう姉さんはどうしようもないな!▼
…一緒にいてくれれば良いってことだよ。
物なんて買ってくれなくたって、▼
一緒にお祭りを回れる時間が、
僕たちにとっては特別なんだ。▼
そうだろう?▼
[カムイ]
そう…ですね。
はい。確かにそうです。▼
[レオン]
だからさ、
何か買うとかじゃなくて…▼
お祭りを一緒に回ってくれたらそれで
僕は満足だよ。▼
何より僕は、その気持ちが嬉しかったから。
ありがとう、カムイ姉さん。▼
[カムイ]
レ、レオンさん…!
レオンさーーーーーーーーん!!▼
[レオン]
ちょっ…
だから抱きつくなって…!▼
今が戦闘中だってこと
定期的に忘れてるだろ!!▼
[カムイ]
大丈夫です!
今誰かが襲ってきても…▼
私は絶対にレオンさんを
守る自信があります!▼
だって、強くなりましたから。
あの城塞を出てから…▼
私は外の世界も…物を買うことも、
人を守る術も知りました。▼
変わった私をいつか…
レオンさんに見て欲しかったんです。▼
私との時間が欲しいと言ってくださるなら、
これほど嬉しいことはありません。▼
[レオン]
うん…
僕も嬉しいよ。▼
姉さんはいつも人に囲まれているし、
なかなかこうして話せないからね。▼
[カムイ]
言ってくだされば、
いつでも時間を作ったのに…▼
[レオン]
僕が言えるような性格だと思う?▼
[カムイ]
…思いませんね。▼
[レオン]
さすがだね、姉さん。
そこはよくわかってるじゃないか。▼
それじゃあ戦いが終わってひと段落したら
噴水の前で待ってるよ。▼
[カムイ]
ありがとうございます。
楽しみにしていますね。▼
[レオン]
でも、せっかく何か買ってくれるって
話だったし…▼
もし良いトマトがあったら
僕にいっぱい買ってよね、姉さん。▼
[カムイ]
はい、任せてください!▼

レオン(支援S)

会話1

[カムイ]
…………▼
[レオン]
カムイ、どうしたの?
ぼーっと突っ立って。▼
[カムイ]
ああ…レオンさん。▼
なんだか…
綺麗なお祭りだなと思っていたんです。▼
私はこういう場所に来る機会が
少なかったですから。▼
外の世界に出てから、
初めて訪れたのは白夜のお祭りでしたし…▼
[レオン]
そうだね…
暗夜の祭りは、結局行かずじまいか。▼
[カムイ]
自分でも恥ずかしい話なんですけど、
そこに行くまで物を買う経験もなかったんです。▼
だから最初はお金と物が交換できることも
わからなくて。▼
[レオン]
カムイ…▼
[カムイ]
でも…▼
[レオン]
…………▼
[カムイ]
でも今ならお金もあるし、
物の買い方だってわかります!▼
思い切りお姉さんらしいことができますよ!▼
[レオン]
ええっ?
お…お姉さんらしいこと?▼
い、今さら何言ってるんだよ。
あんたは僕の奥さんだろ?▼
[カムイ]
はい! でも今日だけ姉弟に戻るのも
趣があっていいじゃないですか。▼
さ、何がほしいですか?
何か食べたいものはありますか?▼
今日ぐらい、愛しいレオンさんのことを
思い切り甘やかさせてください!▼
[レオン]
わわっ…くっつかないでよカムイ!
祭りだからってはしゃぎすぎ!▼
こんなの珍しくも何ともないし、
第一、今は戦闘中なんだから落ち着きなよ。▼
[カムイ]
…そりゃあレオンさんにとっては
珍しくないかもしれませんが。▼
私にとってはそれが
どれだけ新鮮なことか…▼
[レオン]
! ごめん…▼
[カムイ]
北の城塞にいるときから、
ずっと憧れていたんです。▼
レオンさんやみんなとお祭りに行くのを。
そうしたら…▼
私はお姉さんらしく、
レオンさんに何か買ってあげたかったんです。▼
小さいときからの…
私の夢だったんですよ。▼
[レオン]
な、なんだよそれ…
だから姉弟に戻るとか言ってたの?▼
子どもの頃ならまだしも、
今そういうことされてもちょっとなあ…▼
夫っていう面目もあるし、
欲しいものがあったら自分で買うよ。▼
[カムイ]
子どもの時の夢を今叶えて
何が悪いんですか!▼
いいからレオンさんは私に甘えてください!
何か欲しいものを言ってください!▼
[レオン]
もう…
これじゃどっちが年上なんだか。▼
でも、そこまで言うんなら…
わがまま聞いてあげようかな。▼
わかったよ、カムイ。
戦闘中に考えておくから、▼
今はそれで勘弁してよ。
敵も近くまで迫ってるしさ。▼
[カムイ]
!! そうですね。
わかりました、レオンさん。▼
では、敵をあらかた倒したら…
また声をかけますね。▼
どうか気をつけて…
怪我をしないでください。▼
[レオン]
ああ、カムイもね。
必ず、無事でいて。▼

会話2

[カムイ]
レオンさん!
欲しいものは考えられましたか?▼
[レオン]
ああ、考えたよ。▼
[カムイ]
そうですか、良かった…▼
でもまだ言わないでください。
私はレオンさんの姉で、妻なんです。▼
誰よりもあなたを分かっているはず。
欲しいものを見事当ててみせますよ。▼
えーと…
たぶんこれですね、▼
屋台で一番人気の串焼き肉!▼
[レオン]
ぶー、外れ。▼
[カムイ]
うーん…▼
じゃあ向こうで売ってたベリーでしょうか。
それとも青い色した砂糖菓子…?▼
わかりました!!
新鮮なトマトですね!▼
[レオン]
いや、どれも違うよ。▼
[カムイ]
うう…
トマトは自信あったんですが…▼
[レオン]
あはは、カムイはまだまだ僕のことを
わかってないみたいだね。▼
[カムイ]
すみません…反省します。
答えを教えてくれますか?▼
[レオン]
答えはね、
カムイとの時間だよ。▼
[カムイ]
…!!▼
[レオン]
なに?
感動して言葉が出ない?▼
[カムイ]
レオンさん…▼
それじゃあ私はレオンさんに
何も買ってあげられないじゃないですか!▼
[レオン]
は?▼
[カムイ]
私は私の時間を買えばいいんですか?
自分にお金を払えばいいんでしょうか…!?▼
[レオン]
も、もう!
カムイはどうしようもないな!▼
…一緒にいてくれれば良いってことだよ。
物なんて買ってくれなくたって、▼
一緒にお祭りを回れる時間が、
僕たちにとっては特別なんだ。▼
そうだろう?▼
[カムイ]
そう…ですね。
はい。確かにそうです。▼
[レオン]
だからさ、
何か買うとかじゃなくて…▼
お祭りを一緒に回ってくれたらそれで
僕は満足だよ。▼
何より僕は、その気持ちが嬉しかったら。
ありがとう、カムイ。▼
[カムイ]
レ、レオンさん…!
レオンさーーーーーーーーん!!▼
[レオン]
ちょっ…!
だから抱きつくなって…!▼
今が戦闘中だってこと
定期的に忘れてるだろ!!▼
[カムイ]
大丈夫です!
今誰かが襲ってきても…▼
私は絶対にレオンさんを
守る自信があります!▼
だって、強くなりましたから。
あの城塞を出てから…▼
私は外の世界も…物を買うことも、
人を守る術も知りました。▼
変わった私をいつか…
レオンさんに見て欲しかったんです。▼
私との時間が欲しいと言ってくださるなら、
これほど嬉しいことはありません。▼
[レオン]
うん…
僕も嬉しいよ。▼
カムイはいつもたくさんの
人に囲まれているし…▼
結婚したからっていっても、
なかなかゆっくり話せないからね。▼
[カムイ]
言ってくだされば、
すぐにお部屋に帰りますよ?▼
[レオン]
僕が言えるような性格だと思う?▼
[カムイ]
…思いませんね。▼
[レオン]
さすがだね、カムイ。
そこはよくわかってるじゃないか。▼
[カムイ]
さみしい思いをさせてしまってすみません。
明日からは…もっと早く帰りますね?▼
[レオン]
ああ…待ってるよ。
そうしたら二人でいっぱい話そう?▼
今日のお祭りのこととか、
昔の思い出とか。▼
それから、カムイに
もっといっぱい触りたいな…▼
こんな風に…▼
[カムイ]
んっ…!!▼
[レオン]
…………▼
[カムイ]
…………▼
レ、レオンさん…
いきなり何を…▼
[レオン]
どうしたの? カムイ姉さん。
そんなに顔真っ赤にして。▼
弟にキスされて、
そんなに恥ずかしかった?▼
[カムイ]
な、なんでこんな時に
急に姉さん呼びなんですか…!▼
[レオン]
だめなの?▼
さっき姉弟に戻ろうっていったのは
カムイ姉さんじゃないか。▼
僕はそれを聞いてあげただけだよ?▼
[カムイ]
レ、レオンさんはいじわるです…!
明日から早く帰るって言いましたけど、▼
やっぱり、すごくすごーく
遅く帰っちゃいますよ!?▼
そ、それから、好物のトマト料理だって
しばらく作ってあげません!▼
[レオン]
うーん…それは困るな。▼
悪かったよ、カムイ。
謝るから機嫌直して。▼
[カムイ]
…………▼
もう一回キスしてくれたら、
機嫌直します。▼
[レオン]
えっ!?▼
[カムイ]
お姉ちゃんにキスしたくないなら、
別にいいですけど。▼
[レオン]
まったく…
カムイはすぐ拗ねるんだから。▼
…わかったよ。
さっきはごめん、カムイ。▼
…す、好きだよ…▼
[カムイ]
…………▼
…えへへ、レオンさんの唇…
いつもより熱いですね。▼
[レオン]
や、やめろって…
そういうこと言うの。▼
仕方ないだろ?
カムイが可愛いから…▼
[カムイ]
ん? 何て言いました?
カムイが? そのあとは?▼
[レオン]
あーーもう! 二度と言わないよ!
今は戦闘中だ! 続きは帰ってから!▼
じゃあ僕は戦ってくるけど…
もし怪我なんかしたら許さないよ。▼
絶対に死なないで…▼
戦いが終わったら一番に
僕のところに来ること。いいね?▼
[カムイ]
…はい。▼
[レオン]
いい返事だ。じゃあまたね。
カムイ。▼
[カムイ]
レオンさんたら…
あんなに耳を真っ赤にして。▼
いじわるなところもあるけど、
ほんとは誰よりも優しいんですよね。▼
愛しています…レオンさん。
これからも、ずっと。▼

マークス

会話1

[カムイ]
暗夜王国のお祭り…ですか。▼
[マークス]
どうした? カムイ。
そんなにキョロキョロして。▼
[カムイ]
マークス兄さん。▼
…異界とはいえ、
ここも暗夜王国なんだと思っていたんです。▼
私たちのいた暗夜のお祭りも、
こんな感じだったんですか?▼
[マークス]
ああ。
これほど美しい装飾はなかったが…▼
星の光りに感謝する祭りや、
豊穣を願う祭りがあったな。▼
[カムイ]
そうですか…
良いお祭りだったんでしょうね。▼
そういえば兄さんたちはよく、
祭りの日に土産を持ってきてくれましたね。▼
珍しい雑貨とか、
見たことないようなお菓子とか。▼
[マークス]
そうだったな。
懐かしい話だ。▼
[カムイ]
私も一度…
お祭りに行ってみたかったです。▼
マークス兄さんやきょうだいみんなで、
屋台を回って…▼
きっと楽しかったでしょうね。▼
[マークス]
カムイ…▼
[カムイ]
あっ…そんな顔しないでください!
昔の思い出として受け取ってほしいんです!▼
私は私で楽しかったですから。
お祭りの会場には行けませんでしたが、▼
みなさんが珍しいものを
持ってきてくれる日だと思っていましたし。▼
[マークス]
そうだな…お前はいつもあの日、
遅くまで私たちを待っていてくれた。▼
そしてこう思ったものだ。
この笑顔を祭りの会場でも見られたら…と。▼
私たちも、
お前と祭りを楽しみたかったぞ。▼
[カムイ]
マークス兄さん…▼
[マークス]
大丈夫だ。今からでも遅くはない。
異界とはいえ、この地も暗夜王国…▼
この祭りが暗夜の祭りであることに
変わりはない。▼
お前さえ望むなら、賊を倒した後…
皆で一緒に祭りを回ろう。▼
[カムイ]
はい、ぜひ。
きっと楽しいでしょうね。▼
[マークス]
…そうだ、
今思い出したぞ。▼
カムイが城塞を出られたら、
共に祭りを楽しむ以外にも…▼
やりたいことがあったのだ。▼
[カムイ]
え? なんですか?▼
[マークス]
…準備をしてこよう。
少し待っていてくれ。▼
[カムイ]
わかりました。ではまた後で、
マークス兄さん。▼

会話2

[マークス]
待たせたな、カムイ。▼
[カムイ]
マークス兄さん。
準備って何をしていたんですか?▼
[マークス]
これだ。▼
[カムイ]
わあ、ぼんやり光っていて綺麗です。
これって…▼
カボチャのランタンですか?▼
[マークス]
ああ。私が作った。▼
[カムイ]
え…作った!?▼
[マークス]
そうだな。カボチャをくりぬいて、
中に蝋燭を入れるのだが…▼
いつも城塞に着く前に
灯が燃え尽きてしまうんだ。▼
流石にこれはお前に
持ち帰ってやれなくてな。▼
[カムイ]
蝋燭なら、
城にあるのを使えば良かったのでは…▼
[マークス]
いや、城にある蝋燭を使っては
普通のランタンと変わらないだろう。▼
祭りの会場で灯される火であるからこそ
価値がある。▼
だから今日はお前に、
この祭りの灯りを…▼
ここでしか見ることのできない、
ランタンの灯りを見せたかった。▼
[カムイ]
マークス兄さん…▼
うふふ。
何をしてるのかと思えば…▼
兄さんともあろう方が、
戦闘中にカボチャをくりぬいてたんですか?▼
暗夜の第一王子が戦闘中にカボチャを…
…ふふふっ。▼
[マークス]
こら、兄をからかうな。▼
戦闘中とはいえ、
もちろん周囲の敵は殲滅してからだぞ。▼
[カムイ]
ありがとうございます…
兄さん。▼
私はこんなに温かな光を
見たことがありませんよ。▼
[マークス]
ふっ…
喜んでくれたのであれば何よりだ。▼
訳を話したら軍の皆も、
カムイの為ならと手を貸してくれてな。▼
お前はやはりどこにいても、
皆に愛されるのだな。▼
…この灯は大切な人に見せると
その者は幸せになるという謂れがあるらしい。▼
カムイ…
お前はもう自由だ。▼
今度はお前が、自分で選んだ大切な者に…
この地の灯りを見せるといい。▼
[カムイ]
はい。そうします。
マークス兄さんが私にしてくれたみたいに…▼
今度は私が、
誰かに幸せを運びたいです。▼
[マークス]
ではその時は、
ランタンを手作りすることを勧めよう。▼
[カムイ]
手作り?▼
[マークス]
いいか? これは私の持論だが…
既存のランタンでは温かみが半減する。▼
贈る相手の幸せを真に願うのなら、
祭りの会場で心を込めて手彫りするに限るぞ。▼
[カムイ]
わ、わかりました。
ではマークス兄さん…▼
戦闘が終わった後に、
是非ご指導をよろしくお願いします。▼
[マークス]
そうか…言っておくが、
私のランタン指導は厳しいぞ?▼
[カムイ]
大丈夫です。
剣の稽古と同じように…▼
なんとしてでも食らいついて、
モノにしてみます。▼
そうしたら、
最初に作ったランタンは…▼
マークス兄さん。
あなたに差し上げたいです。▼
[マークス]
!▼
[カムイ]
私は今まで沢山、
兄さんに幸せをもらいましたから。▼
…そのお返しです。▼
[マークス]
お前という奴は…
うれしいことを言ってくれるのだな。▼
礼を言う。
楽しみにしているぞ、カムイ…▼

マークス(支援S)

会話1

[カムイ]
暗夜王国のお祭り…ですか。▼
[マークス]
どうした? カムイ。
そんなにキョロキョロして。▼
あまり気を抜いていたら危ないぞ。▼
[カムイ]
マークスさん。▼
…異界とはいえ、
ここも暗夜王国なんだと思っていたんです。▼
私たちのいた暗夜のお祭りも、
こんな感じだったんですか?▼
[マークス]
ああ。
これほど美しい装飾はなかったが…▼
星の光に感謝する祭りや、
豊穣を願う祭りがあったな。▼
[カムイ]
そうですか…
良いお祭りだったんでしょうね。▼
そういえばマークスさんたちはお祭りの日、
よくお土産を持ってきてくれましたね。▼
珍しい雑貨とか、
見たことないようなお菓子とか。▼
[マークス]
そうだったな。
私たちが兄妹だった頃の…懐かしい話だ。▼
[カムイ]
私も一度…
お祭りに行ってみたかったです。▼
マークスさんやきょうだいみんなで、
屋台を回って…▼
きっと楽しかったでしょうね。▼
[マークス]
カムイ…▼
[カムイ]
あっ…そんな顔しないでください!
昔の思い出として受け取ってほしいんです!▼
私は私で楽しかったですから。
お祭りの会場には行けませんでしたが、▼
みなさんが珍しいものを
持ってきてくれる日だと思っていましたし。▼
それに…マークスさんに会えるのも、
とても楽しみだったんです。▼
[マークス]
そうだな…お前はいつもあの日、
遅くまで私を待っていてくれた。▼
そしてこう思ったものだ。
この笑顔を祭りの会場でも見られたら…と。▼
私もお前と祭りを楽しみたかった。
ずっと前から、そう思っていたんだ。▼
[カムイ]
はい…
その気持ち、とても嬉しいです。▼
[マークス]
大丈夫だ。今からでも遅くはない。
異界とはいえ、この地も暗夜王国…▼
この祭りが暗夜の祭りであることに
変わりはない。▼
お前さえ望むなら、賊を倒した後…
夫婦一緒に祭りを回ろう。▼
夫として、お前の欲しいものは
何でも買ってやるぞ。▼
[カムイ]
ありがとうございます。
じゃあ何かおねだりしちゃいましょうかね。▼
[マークス]
…そうだ、
今思い出したぞ。▼
カムイが城塞を出られたら、
共に祭りを楽しむ以外にも…▼
やりたいことがあったのだ。▼
[カムイ]
え? なんですか?▼
[マークス]
…準備をしてこよう。
少し待っていてくれ。▼
私のいない間に…
怪我などするんじゃないぞ。▼
[カムイ]
わかりました、ではまた後で。
マークスさん。▼

会話2

[マークス]
待たせたな、カムイ。▼
[カムイ]
マークスさん。
準備って何をしていたんですか?▼
[マークス]
これだ。▼
[カムイ]
わあ、ぼんやり光っていて綺麗です。
これって…▼
カボチャのランタンですか?▼
[マークス]
ああ。私が作った。▼
[カムイ]
え…作った!?▼
[マークス]
そうだな。カボチャをくりぬいて、
中に蝋燭を入れるのだが…▼
いつも城塞に着く前に
灯が燃え尽きてしまうんだ。▼
流石にこれはお前に
持ち帰ってやれなくてな。▼
[カムイ]
蝋燭なら、
城にあるのを使えば良かったのでは…▼
[マークス]
いや、城にある蝋燭を使っては
普通のランタンと変わりないだろう。▼
祭りの会場で灯される火であるからこそ
価値がある。▼
だから今日はお前に、
この祭りの灯りを…▼
ここでしか見ることのできない、
ランタンの灯りを見せたかった。▼
[カムイ]
うふふ。
何をしているのかと思えば…▼
マークスさんともあろう方が、
戦闘中にカボチャをくりぬいてたんですか?▼
暗夜の第一王子が戦闘中にカボチャを…
…ふふふっ。▼
[マークス]
まったく…夫をからかうな。
もちろん周囲の敵は殲滅してからにしたぞ。▼
[カムイ]
ありがとうございます…
マークスさん。▼
私はこんなに温かな光を
見たことがありませんよ。▼
[マークス]
ふっ…
喜んでくれたのであれば何よりだ。▼
訳を話したら軍の皆も、
カムイの為ならと手を貸してくれてな。▼
お前はやはりどこにいても、
皆に愛されるのだな。▼
だが、お前のことを…
一番愛しているのはこの私だ。▼
…この灯は、大切な人に見せると
その者は幸せになるという謂れがあるらしい。▼
カムイ。
私はお前を幸せにしたい。▼
北の城塞で、兄妹でいた頃からずっと…
そう思っていた。▼
[カムイ]
…嬉しいです。あなたはずっと、
私の幸せを願っていてくれたんですね。▼
でも、私だってずっと
マークスさんの幸せを願っていました。▼
夜に剣を振るあなたを見て、
その剣筋が荒れるのを感じるたびに…▼
その心が早く穏やかになるようにと
そう願ったものです。▼
[マークス]
ありがとう…カムイ。
大丈夫、私はもう幸せだ。▼
お前がいてくれる限り…
私の剣はもう、荒れることはないだろう。▼
[カムイ]
そうですか…
それなら、安心です。▼
[マークス]
私は怖かったんだ。
お前が城塞を出て、行方不明になった日…▼
もう二度と私の元に
戻ってこないのではと思った。▼
あの日の鍛錬は剣筋も定まらず
酷いものだった…▼
[カムイ]
大丈夫です。私はこうして、
マークスさんの元にいます。▼
もうどこにもいきませんよ。▼
[マークス]
ああ。私たちは再びこうして
同じ道を歩いている。▼
私はそのことが何より幸せだ。▼
[カムイ]
私も幸せです。
あなたと結婚してからいつも。▼
この先いつ命を落としても悔いはない…
そう思えるほどに。▼
[マークス]
!! カムイ、
なんてことを言うんだ!▼
[カムイ]
マークスさん…?▼
[マークス]
いいか…
私はお前を失うのが何よりも怖い。▼
そんなこと、冗談でも言ってくれるな。
私の幸せを願ってくれるのなら、▼
命を落としてもいいなどと、
二度と口にしないでくれ。▼
[カムイ]
すみません。
軽率なことを言いましたね。▼
この命は皆が守ってくれたものなのに…
許してください。▼
私は必ず、生き残ります。
そして、マークスさん…▼
いつまでも、あなたのお傍に。▼
[マークス]
私だけを見ていてくれ…
カムイ。▼
お前は私が守る。
決して死なせたりなどしない。▼
お前のいない世界なんて、
私には考えられない…▼
求婚の時に告げた通り、
その髪も肌も…もう私のものだ。▼
二度と私に黙って
遠くに行くことは許さんからな。▼
[カムイ]
はい。マークスさんも、
絶対にいなくならないでくださいね。▼
もしもあなたが死んだりしたら、
私は…▼
悲しくて、どうにかなってしまいます。▼
[マークス]
カムイ…▼
…好きだ。カムイ。▼
少しだけ…許せ。▼
[カムイ]
え?
マークスさ…▼
…んっ!▼
[マークス]
…………▼
[カムイ]
…………▼
マークスさん…
どうして急に…キス…したんですか…▼
[マークス]
すまない。約束をしたくなった…
お前の身体に。▼
私はお前の傍を離れない。
決してお前を置いて死んだりしないと。▼
…不服だったか?▼
[カムイ]
い、いえ…!
ちょっと恥ずかしかっただけです。▼
でも、嬉しいです。
なんだか唇に熱が残って…▼
これで別々に戦ってるときも、
マークスさんが守ってくれているような、▼
そんな気持ちになれます。▼
[マークス]
…そうか。
お前ともう少しこうしていたいが…▼
そろそろ戦に戻らねばならんな。
いけるか、カムイ?▼
[カムイ]
もちろんです。▼
あ…そうだ。戦いが終わったら、
さっきのランタンの作り方を教えてください。▼
[マークス]
ん? 構わんが…
1つでは足りなかったか?▼
[カムイ]
違いますよ。▼
あのランタンは見せた人が
幸せになる灯なんでしょう?▼
だったら、私も…
マークスさんに差し上げたいんです。▼
私の最愛のあなたに。▼
[マークス]
お前という奴は…
うれしいことを言ってくれるな。▼
わかった。
では戦が終わったら待っている。▼
私が教えれば、お前もすぐに
美しいランタンを作ることが出来るだろう。▼
[カムイ]
頼もしいですね。▼
そのランタンには、
あなたへの愛をたくさん詰め込みますよ。▼
[マークス]
よく言った。
楽しみにしているぞ。▼
愛している…カムイ。▼
[カムイ]
はい、私も愛しています…
マークスさん。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-07 (金) 11:08:04