ヒナタの会話

アサマ

アサマのページへ

ツクヨミ

ツクヨミのページへ

タクミ

会話1

[ヒナタ]
タクミ様ー! タクミ様ー!▼
[タクミ]
うるさいなぁ、ヒナタは…
そんな大声で言わなくても聞こえてるよ。▼
[ヒナタ]
それが大変なんですよ。
タクミ様は知ってましたか!?▼
[タクミ]
何を?▼
[ヒナタ]
このお祭りって実は…目上の人に
何をしてもいいお祭りなんですって!▼
[タクミ]
ふーん。いきなり手合わせしたいとか言っても
僕は応じないからね。▼
[ヒナタ]
戦闘中にそんなこと言いませんよ!
とにかくすごいお祭りだと思いません?▼
[タクミ]
曲解だよ。
目上の者に何をしてもいいわけじゃない。▼
[ヒナタ]
えっ!?
そうなんですか?▼
[タクミ]
ヒナタが言っているのは
このお祭りのしきたりのことだろ?▼
今夜だけは身分や立場の差を気にせず、
誰とでも仲良く話すことができるというだけだ。▼
[ヒナタ]
えーっ!?
そういうことなんですか!?▼
でも、それじゃ…
いつもと何も変わらない気がします。▼
[タクミ]
ヒナタにとってはそうだね。
僕をちっとも敬わないし。▼
[ヒナタ]
そ、そんなことないですってば!
ものすごく尊敬しています!▼
俺の刀を捧げるのはタクミ様ただ一人。
この言葉に嘘偽りはありません。▼
[タクミ]
ヒナタ…▼
[ヒナタ]
あーあ、でも残念です。
お祭りの意味を間違えてただなんて。▼
わくわくしちまって損したぜ…▼
[タクミ]
…………▼
…わかったよ。
今日だけは特別に、願いを聞いてやる。▼
[ヒナタ]
えっ!?
それ、本当ですか!?▼
[タクミ]
ああ。
本当だ。▼
ヒナタが僕に何をしでかすかも興味あるし。
やってみなよ。▼
[ヒナタ]
わかりました!
じゃあ、ちょっと待っててくださいね。▼
(ヒナタ退場)
[タクミ]
…準備が必要なのか?
ヒナタのやつ、何をする気なんだ。▼

会話2

[ヒナタ]
タクミ様ー! タクミ様ー!!▼
[タクミ]
だからそんな大きな声で言わなくても
聞こえてるって…▼
[ヒナタ]
すみません。
準備ができましたよ!▼
へっへっへー。
本当に何をしてもいいんですよね?▼
[タクミ]
あ、ああ…▼
[ヒナタ]
言い出したのはタクミ様なんですからね。
今更、撤回はなしですよ?▼
[タクミ]
ああ。もちろんだ。▼
[ヒナタ]
では、これをどうぞ!!▼
[タクミ]
へっ? わ、わたあめ?
それからお面に、砂糖菓子まで…▼
[ヒナタ]
タクミ様は今から、俺の弟です!▼
[タクミ]
はあ!?▼
[ヒナタ]
いやー、俺、羨ましかったんですよね。
タクミ様達みたいに大勢きょうだいがいるの!▼
タクミ様、
今日だけは俺の弟になってください!!▼
[タクミ]
えええええ!?▼
[ヒナタ]
おー! よしよしよし!
今日はヒナタお兄ちゃんに甘えていいんだぞ!▼
いつもがんばってて偉いですねー!
タクミ様は世界一ですよーっ!▼
[タクミ]
ちょ…!
やめろ、髪が乱れるだろ!!▼
お前…主君の頭を撫でるなんて
ちょっとは失礼だと思え!!▼
[ヒナタ]
…………▼
…何でもしていいんじゃなかったんですか?▼
[タクミ]
うっ…
それは…▼
[ヒナタ]
…俺、真剣に考えたんです。
タクミ様に何をしたいか、って。▼
タクミ様がお困りの時は、
臣下の俺でも手助けをすることはできます。▼
ですが、タクミ様が辛い時に
甘えさせてあげることはできません。▼
主従関係ってやつがありますから。
タクミ様だって俺には甘えてこないだろうし。▼
[タクミ]
まあね。
僕は間違っても絶対にヒナタには甘えない。▼
[ヒナタ]
でも、人って辛いことがあると、
誰かに甘えたくなるときもありますよね?▼
だから、今日だけは
タクミ様は俺の弟になってください!▼
俺が「お兄ちゃん」なら、
タクミ様も甘えてこれるでしょう?▼
[タクミ]
ヒナタ…▼
[ヒナタ]
ほらほら。▼
[タクミ]
…………▼
仕方ないな。
今日だけはヒナタに甘えてやるか。▼
[ヒナタ]
はいっ!
どーんと甘えてきてください!▼
おー! よちよちよち!
お兄ちゃんがなんでも買ってあげますよー!▼
[タクミ]
でもそれはやめろ!
頭を撫でるのもなしだ!!▼
誰かに見られでもしたら
僕はこの先、生きていけない。▼
[ヒナタ]
す、すみません…▼
[タクミ]
でも…▼
お面とわたあめ、ありがとう。
嬉しかったよ。▼
…兄さん。▼
[ヒナタ]
!!
…はいっ!!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-19 (水) 00:47:19