ジョーカーの会話

ゼロ

会話1

[ゼロ]
なあ、ジョーカー。▼
[ジョーカー]
…ゼロか。▼
[ゼロ]
今日はイイ夜だ…▼ 月が妖しく輝き、 路地裏からは誰のものとはわからない叫び声…▼
[ジョーカー]
…………▼
[ゼロ]
こんな夜は気持ちが昂ぶる。▼ どうしようもなく 自分を解放してしまいたくなる…▼ お前もそう思うだろ、ジョーカー?▼
[ジョーカー]
いや、思わん。 じゃあな。▼
[ゼロ]
待て。 そっけなさ過ぎるだろ。▼
[ジョーカー]
ああ。俺はお前にそっけない。 じゃあな。▼
[ゼロ]
まあ聞け…俺は嫌いじゃないぜ。 お前のそういう冷たい態度。▼ いいか、ジョーカー。 今日は特別な夜だ。▼ この祭りでは身分も立場も関係なく、 楽しく語り合うことができるらしい…▼ だから、大いに語ろうぜ。 闇より深い夜に包まれながら…▼
[ジョーカー]
拒否する。▼ そもそも俺とお前に立場の違いなどない。 人格は俺の方が上だがな。▼ てめぇは黙って敵と戦え。 じゃあな。▼
[ゼロ]
…ふっ。 相変わらず面白い奴だ。▼ ああいう奴の苦しむ顔は スゴく魅力的なんだよな。▼ なんとかして拝めないものかねえ… あいつの屈辱に濡れたカオを。▼

会話2

[ジョーカー]
…うう…▼
[ゼロ]
ん? 苦しんでいるのか?▼
[ジョーカー]
はあ… もう…俺はだめだ…▼ この世の終わりだ… 死んだほうがましだ…▼
[ゼロ]
ジョーカー… なんて表情をシていやがるんだ…▼ 確かに俺はあいつのあんなカオを 見るのを望んでいたが…▼ …まるで達成感がない。▼ というか、あいつをここまで苦しめるとは。 さすがにナニがあったか気になるな。▼ おい、ジョーカー。 何をそんなに苦しんでるんだ?▼
[ジョーカー]
…お前には関係ない。 黙って失せろ。▼
[ゼロ]
へぇ…それならそれでいい。 陰からお前の苦しむカオを眺めてやるよ。▼ 隅から隅まで… 余すトコロなく、じっくりとな…▼
[ジョーカー]
ちっ。 性根の悪い奴め。▼ わかった。 心底面倒だから特別に教えてやる。▼ 俺は…さっき出店で買った、 カムイ様用の茶葉を、▼ あろうことか戦闘中に どこかに落としちまったんだよ…▼
[ゼロ]
なんだ。 そんなことで苦しんでいたのか。▼
[ジョーカー]
てめえ、なんだとはなんだ! ぶっとばすぞ!▼ 俺はカムイ様のあの素晴らしい 笑顔を見れる機会を失ったんだぞ…▼ あんな貴重な茶葉、きっともう手に入らない… これ以上の苦しみがあるか…?▼ あの茶葉で紅茶をお入れしたら… 必ず喜んでくださったはずなのに!!▼
[ゼロ]
その茶葉というのは この趣味の悪いカタチの箱か?▼
[ジョーカー]
な、なぜお前がそれを持っている!?▼
[ゼロ]
さっき、お前が落としたのを拾ったんだ。▼
[ジョーカー]
か、返せ!▼
[ゼロ]
ふーん…そう来るか。 吐く台詞が違うんじゃないか?▼ モノを拾ってくれた恩人に対しての 言い方ってもんがあるだろう…?▼
[ジョーカー]
ぐっ…▼ …ひ、拾ってくださって… ありがとうございます…▼ どうかそれを… 俺に返してください…▼
[ゼロ]
…まあまあだな。▼ だが、その屈辱的なカオ… とんでもなく気分がイイぜ。▼
[ジョーカー]
もういいだろ!!? さっさと返せよ、性悪男!!!!▼
[ゼロ]
…この茶葉を燃やしちまえば もっと苦しむ顔が見れるかもな。▼
[ジョーカー]
!! やめてください! お願いします…▼
[ゼロ]
ふっ。そこまで言うなら返してやろう。 もう十分、お前の苦しむところは見れたしな。▼ なかなかイイ声だったぜ…? ほらよ。▼
[ジョーカー]
…よし。 茶葉の安全は確保した。▼ てめえ…調子に乗りやがって! 敵を殲滅し終わったら覚悟しておけよ!?▼ 言っておくが、俺はこのまま終わらない。 今度はお前が苦しむ番だからな!▼
[ゼロ]
へぇ… こいつは面白くなりそうだ。▼ いいぜ。その誘い乗ってやる。 俺をどう苦しめるのか、見ものだな…?▼

フランネル

会話1

[フランネル]
うわっ! やっべー! お宝が山のようにあるじゃねえか!▼
[ジョーカー]
おい、フランネル。 ゴミ箱を漁るんじゃねえ。▼
[フランネル]
なんでだよ、ジョーカー! お宝がいっぱい眠ってるんだぞ!▼
[ジョーカー]
お前のそのゴミを漁る無様な姿は 飼い主であるカムイ様の評判を落とす。▼ そんなことは俺が許さねえ。▼
[フランネル]
飼い主!? ばかにするな! 俺は誰にも飼われてねえ!▼ …あれ? 飼われて…ないよな?▼ でも、毎日決まった時間にメシをくれるし… 一緒に散歩に出かけることもある…▼ も、もしかして… 俺は飼われてたのか!?▼
[ジョーカー]
…………▼
[フランネル]
狼なのに! 俺、気高い狼なのに!▼ うわーーーん!▼ 俺、仲間のつもりだったのに! そんなのあんまりだぁぁぁぁぁ!▼
[ジョーカー]
…………▼ 勝手に一人で盛り上がって どこかへ行ってしまったな。▼ …………▼ 号泣しやがって。 情けないやつだ。▼ …………▼ …俺が悪いのか?▼ …………▼ ちっ、面倒くさい …どこに行ったんだ。▼

会話2

[フランネル]
うううっ… 俺は気高い狼なんだ…▼ 誰も俺を… 飼うことなんてできねえぞ…▼ うううっ…▼
[ジョーカー]
フランネル、ここにいたのか。 探したぞ。▼
[フランネル]
ジョーカー!?▼ ち、近寄るんじゃねえ! 俺はもうガルーの山に帰る!▼
[ジョーカー]
…道はわかるのか?▼
[フランネル]
わ、わからない…けど、 カムイに頼ったりなんかしないぞ!▼ 俺は誰にも飼われない! 野生の気高い狼に戻るんだ!▼
[ジョーカー]
はあ… 誰もお前を飼ってなどいない。▼
[フランネル]
で、でも、お前が言ったじゃねえか… カムイが俺の飼い主だって…▼
[ジョーカー]
あれは言葉のあやだ。 …傷つけたならすまん。▼
[フランネル]
でも、でもでもでも! メシが決まった時間に出てくるぞ!▼
[ジョーカー]
集団で暮らしてるんだ。 当たり前のことだろう。みんな同じだ。▼
[フランネル]
…あれ? 確かに言われてみればそうだな…▼ じゃあ、俺… 誰にも飼われないのか!?▼
[ジョーカー]
当たり前だ。 お前を飼えるものなどこの世に一人もいない。▼ お前は気高き、 ガルーの一族だからな。▼
[フランネル]
ジョーカー…!▼ ああ、その通りだぜ、ジョーカー! ワオーーーーーーーン!!▼ 俺、何か勘違いしちまったみたいだな! 危うく仲間の下を離れるところだったぜ!▼
[ジョーカー]
誤解が解けたならそれでいい。 さっさと戦いに戻りやがれ。▼
[フランネル]
ああ! ありがとな、ジョーカー!▼
[ジョーカー]
ふっ。 単純なやつだ。▼ それでもまぁ… 頼りになる仲間ではあるな。▼ 今度、褒美に骨でも買ってやるか。 薄汚れた感じの。▼

フローラ

会話1

[ジョーカー]
フローラ、ちょっといいか。 ずっと言おうと思っていたことがあるんだ。▼
[フローラ]
…えっ? な…何よ…▼
[ジョーカー]
言わずに我慢していようかと思ったが、 そろそろ限界のようでな。▼ 今日ははっきり言わせてもらおうと思う。▼
[フローラ]
…………▼ な、な、な、なに? 何を言いたいの?▼
[ジョーカー]
…フローラ。お前の気持ちは、 俺にしっかり届いているぞ。▼
[フローラ]
…………▼ ええーーーーーーーーーーーーーーーーっ!?▼ えっ? えっえっ!? ちょ、ちょっと待って! ちょっと待って!!▼ ダメダメ! それはダメ! 困る! 急ぎすぎる! 急展開すぎるわ!!▼
[ジョーカー]
お前らしくない取り乱しよう… やはり自覚があるのか。▼
[フローラ]
えっ?▼
[ジョーカー]
…フローラ。 お前、俺のこと…▼
[フローラ]
…あなたのこと…▼
[ジョーカー]
嫌いだろう?▼
[フローラ]
…はい?▼
[ジョーカー]
はっきり言え。お前の悪意は しっかりと俺に伝わってきている。▼ お前の嫌がらせには我慢の限界なんだ。▼
[フローラ]
嫌いだなんて… そ、そ、そんなわけ…▼
[ジョーカー]
嘘をつくな。▼ お前、いつも俺の皿にだけ キノコを多く盛りつけるだろう。▼
[フローラ]
…え、あ…そ、そう? 気のせいじゃなくて?▼
[ジョーカー]
気のせいであるものか。▼ 俺がキノコを大嫌いなことを知ってて、 俺が苦しむ姿を見て…楽しんでいるんだろう?▼
[フローラ]
キ、キ、キノコが嫌いって… で、でも、あなたは…▼
[ジョーカー]
とりあえず、もう二度とやるなよ。 いいな、これは真剣な忠告だ。▼
[フローラ]
ちょ…ちょっと待って…▼ ちょっと待ってーーーーーーーーーっ!!▼

会話2

[フローラ]
ジョーカー! あなた、いつからキノコが嫌いになったのよ?▼
[ジョーカー]
はあ? いつからって、生まれた時からだ。▼
[フローラ]
そんなはずないわ! だってあなた、言ってたじゃない…▼ …以前、カムイ様と一緒に キノコ料理をおいしそうに食べていて…▼ 「キノコ、大好きなんですよ」って… 言ってたじゃない…▼ だから私は…てっきり…▼
[ジョーカー]
…………▼ ああ、そういうことだったのか…▼ …いや、あれはカムイ様が おいしいからと分けてくださったからだ。▼ 嫌な顔をして、カムイ様の 気分を害したくなかった。▼
[フローラ]
え…▼
[ジョーカー]
俺は昔からキノコが大嫌いでな…▼ 今日の屋台で売られているものだって、 香りをかぐだけで気分が悪くなる。▼
[フローラ]
…そ、そうだったのね… そうとは知らず…ごめんなさい…▼
[ジョーカー]
いや、俺こそすまなかった…▼ 無駄な勘違いをさせてしまったことと、 無礼な言葉を詫びたいと思う。▼
[フローラ]
ううん、いいの。 じゃあ念のため、聞いておいていい?▼ あなたは、何が好きなの?▼
[ジョーカー]
そうだな… 俺が好きなのは、フ…▼
[フローラ]
!?▼ フローラ!?▼
[ジョーカー]
何? 何か言ったか?▼
[フローラ]
いえいえいえいえいえ! なんでもないわ!▼
[ジョーカー]
俺が好きなのは、フルーツ全般だ。▼
[フローラ]
…フ、フルーツ全般ね。 わ、わかったわ。▼ 今度フルーツが余ったときは あなたのお皿に多めに入れておく…▼
[ジョーカー]
別にそんなことしなくていい。 何か企んでるのかよ?▼
[フローラ]
…い、いえ…特に意味なんてないのよ? ただ、ほら…そう…これまでのお詫びに…▼
[ジョーカー]
…ああ。いや、余ったときは 隊の連中にまわしてやれ。▼ 戦況は刻一刻と深刻なものになってきている。 隊の主力の腹に入れてやるべきだ。▼
[フローラ]
…え、ああ… そうよね…▼
[ジョーカー]
隊が力を出し切れるかどうかは、 俺たちバトラーやメイドの世話にかかっている。▼ これからも協力していくぞ。▼ 俺はお前を信頼している。 有能で切れ者のお前のことをな。▼ 同じ立場の使用人として、 尊敬しているところも多い…▼ これからもお前がいてくれたら 心強い。▼
[フローラ]
…………▼
[ジョーカー]
どうした?▼
[フローラ]
…珍しいと思って。 ジョーカーが人を褒めるなんて。▼
[ジョーカー]
褒める? ふざけるな。 俺は思ったことを言ったまでだ。▼
[フローラ]
…ありがとう。▼ そうね…私たちがしっかり支えないと、 みんな、がんばれないわ。▼ これからは今までよりも、 もっともっと協力していきましょう。▼ 私も頼りにしているわ、ジョーカー。▼ これからも、よろしくね。▼
[ジョーカー]
ああ。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)

  • フローラってジョーカー好きやったっけ?(笑) -- 2019-09-16 (月) 04:31:17
  • 亀レスだけど暗夜8章でそういう描写がる -- 2020-04-16 (木) 21:56:55


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-16 (木) 21:56:55