[広告]

サイゾウの会話

サイラス

サイラスのページへ

アサマ

会話1

[サイゾウ]
くそ…ノスフェラトゥめ…
目にもの見せてくれる!▼
[アサマ]
まあまあ、そう興奮なさらず。
恐ろしいお顔になっていますよ?▼
[サイゾウ]
?▼
[アサマ]
ここはちょっと発想の転換をして
緊張を解きませんか?▼
[サイゾウ]
…発想の転換だと?▼
[アサマ]
はい。
例えば…▼
ノスフェラトゥの皆さんは「人間追い」を
していると考えるのはいかがでしょう?▼
[サイゾウ]
それは人間たちの
「ノスフェラトゥ追い」みたいなものか…▼
[アサマ]
はい。▼
彼らには彼らなりのお祭りがある。
ほら、そう考えるとどうでしょう。▼
人間にもノスフェラトゥにも優劣はない。
そういった真実が見えてくるとは思いませんか?▼
[サイゾウ]
いや、思わない。▼
[アサマ]
えっ?▼
まあ、そうですよね。それもそうだ。
あっはっはっは。▼
[サイゾウ]
…何も、おもしろくないが?▼
[アサマ]
そうですか…
それは残念ですねえ…▼
[サイゾウ]
だが、とりあえずは感謝する。▼
[アサマ]
おや、緊張がほぐれたのですか?▼
[サイゾウ]
いや、お前の戯れ言を聞いていたら
無性に腹が立ってきた。▼
おかげで戦闘意欲が倍増しだぜ。▼

会話2

[サイゾウ]
おい、アサマ。
もう少し話をするぞ。▼
[アサマ]
あっはっは。
なんですか、突然。▼
ははあ、なるほど…
いや、わかりました。▼
このお祭りには、
参加者の友情が深まるとの謂われがあるそうです。▼
あなたは早くも、
私に友情を抱いてしまったというわけですね?▼
[サイゾウ]
いいや、違う。▼
お前のくだらない話を聞いていると、
異様に頭に血が上ってくるんだ。▼
戦闘意欲が限界値を超えるほどにな。▼
[アサマ]
あっはっは。▼
天才忍者の5代目サイゾウ様に
そんなお褒めの言葉をいただけるとは。▼
これ以上、光栄なことはありませんねえ。▼
[サイゾウ]
いや、別に褒めたつもりはないがな。▼
[アサマ]
しかし、私と距離を縮めるには
覚悟が必要ですよ?▼
[サイゾウ]
どういうことだ?▼
[アサマ]
私は遠くから眺めている分には割と無害ですが、
懐に入れるとやっかいな存在らしいのです。▼
一度、ヒノカ様にそのようなことを
言われたことがありましてねえ。▼
[サイゾウ]
ふっ、ヒノカ様は
わかっていらっしゃらないな。▼
俺は戦闘前、
必ずお前と会話したいくらいなのに。▼
[アサマ]
あっはっは。
その言葉、そのままヒノカ様にお伝えください。▼
あなたがそう言ってくだされば、
少しは私の地位向上にも繋がることでしょう。▼
[サイゾウ]
よし、そろそろ十分だ。
かなり戦闘意欲が高まった。▼
これからも頼むぞ、アサマ。
戦闘前はお前と話がしたい。▼
この頼み、聞いてくれるな?▼
[アサマ]
はぁ…面倒ですが、仕方ありませんねえ。▼
では、お祭りの謂われに流される形で、
わかりました、とお答えしましょうか。▼

リョウマ

会話1

[リョウマ]
サイゾウ、いるか。▼
[サイゾウ]
はっ! ここに。▼
[リョウマ]
今宵はそんなに畏まらなくていい。
特別な祭りの日なのだから、▼
こんな日くらいは
お互いに腹を割って話そうではないか。▼
[サイゾウ]
腹を割って…ですか?▼
…リョウマ様がお望みとあらば、
お言葉のままに。▼
[リョウマ]
ではサイゾウ、お前からだ。
お前は俺に何か言いたいことはないか?▼
[サイゾウ]
主君に忠言をするなど、
恐れ多くてできませぬ。▼
[リョウマ]
…まあ、そう言うと思ったぞ。
だが今日くらいは身分や立場は気にするな。▼
共に屋台をまわるでも、
南瓜の行灯を持ち歩きたいでも構わんぞ。▼
そうでなければ、
この祭りに来た意味がない。▼
[サイゾウ]
そ、そうは申されましても…▼
いや、でも南瓜の行灯を持つリョウマ様は
少し拝見したい気もするが…いやしかし。▼
[リョウマ]
遠慮はするな。
さあ、何でも言え。▼
[サイゾウ]
わ、わかりました。
では、恐れながら申し上げます。▼
できれば明日からでも、
俺がしてみたいことなのですが…▼
[リョウマ]
ほう。
何がしたいんだ?▼
[サイゾウ]
俺はリョウマ様のお履物を…
己の懐で温めてみたいと願っています!▼
[リョウマ]
!?▼
…う、うむ。
俺の履物を懐で…▼
だが、この通り俺の履物はでかいぞ。
しかも重いし…▼
懐に収まるのか?▼
[サイゾウ]
戦装束ではございません。
草履など、普段のお履き物でございます。▼
主君の履物を己の懐で温めると、
主従の絆がより高まると聞きました。▼
それを聞いてから
一度でいいから試してみたいと…▼
[リョウマ]
な、なるほどな。
そんな逸話は初めて聞いたが。▼
[サイゾウ]
正直に言うと着物も温めてみたいと思います。▼
[リョウマ]
なに!?▼
[サイゾウ]
その方がより絆が深まる気がいたしますので。▼
[リョウマ]
着、着物も懐で…▼
[サイゾウ]
…如何でしょうか。▼
[リョウマ]
…す、少しだけ考えさせてくれ。▼
[サイゾウ]
や、やはりそうですよね…
大変失礼しました…▼
俺は…俺は…
偵察に向かうことにします。▼
(サイゾウ退場)
[リョウマ]
サイゾウ…
傷つけてしまったか。▼
…懐か。
…うーむ…▼

会話2

[サイゾウ]
…………▼
[リョウマ]
サイゾウ、決心がついたぞ。▼
[サイゾウ]
り、リョウマ様!?▼
もうあのことはお忘れください…
ただの世迷言でございますから…▼
[リョウマ]
いや、元はといえば俺が言ったことだ。
何でもやりたいことを言えと。▼
それに今宵は特別な祭りの夜。
俺はサイゾウの願いを真摯に受け止めたい。▼
[サイゾウ]
で、では…
履物と着物を懐で温めても?▼
[リョウマ]
…ああ!
お前がそうしたいなら温めてくれ!▼
[サイゾウ]
ありがとうございます。リョウマ様。
では今後は毎日そうさせていただきますゆえ…▼
[リョウマ]
毎日!?▼
[サイゾウ]
だめでしたか?▼
[リョウマ]
い、いや、いい!
お前が望むようにしてくれ!▼
[サイゾウ]
有難き幸せ。
真心を込めて温めますゆえ…▼
[リョウマ]
あ、暖かな日はほどほどに頼むぞ…▼
[サイゾウ]
心得ました。▼
[リョウマ]
だが、お前もおかしなやつだ。▼
主従の絆をより深めたいと言っているが、
これ以上、深まりようもないだろうに。▼
俺はサイゾウのことを
心の底から信用しているのだからな。▼
[サイゾウ]
リョウマ様…▼
もったいなきお言葉、
ありがとうございます…▼
我が命尽きるまでリョウマ様に
お仕えいたします。▼
[リョウマ]
ふっ。
これからも世話になる、サイゾウ。▼
さあ、では参るぞ。
残った敵を一掃する!▼
[サイゾウ]
はっ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-14 (金) 16:27:04
[広告] Amazon.co.jp