カザハナの会話

サクラ

サクラのページへ

オロチ

会話1

[オロチ]
カザハナ、ちょっといいかのう。
そなたに斬ってもらいたいものがあるんじゃ。▼
[カザハナ]
ああ、ノスフェラトゥだね。
わかった! どこのやつ?▼
[オロチ]
いや、ノスフェラトゥではなくて…
大きなカボチャなんじゃ。▼
[カザハナ]
は? カボチャ?▼
[オロチ]
そうじゃ、わらわはカボチャの
ランタンとやらを作りたくてのう。▼
そなたは白夜でも指折りの刀の使い手。▼
その刀さばきで、サッサッサッと斬って、
作ってくれんかのう。▼
[カザハナ]
そんなの嫌だよ!
刀はカボチャを斬るためのものじゃないわ。▼
[オロチ]
そこをなんとか、お願いできんかのう。▼
ランタンが増えたら、この祭りももっと
楽しくなりそうな気がするんじゃが…▼
[カザハナ]
そうかもしれないけど、
あたしは今、ノスフェラトゥで忙しいの。▼
他の人に頼んで。▼
[オロチ]
他の者ではダメじゃ。
そなたじゃないとのう。▼
[カザハナ]
もう、しつこいよ?
あたしはもう行くからね。▼
(カザハナ退場)

[オロチ]
ふむ…困ったのう…▼

会話2

[オロチ]
カザハナ。▼
[カザハナ]
もう、何よ。
またカボチャの話?▼
[オロチ]
ご名答。じゃが今度は、斬ってもらいたい
カボチャを用意してきたぞ。▼
[カザハナ]
…………▼
もう、わかったよ。
ザクザク斬って、顔の形にすればいいんだね?▼
[オロチ]
おお、やってくれるか!
感激じゃ!▼
[カザハナ]
じゃあ…と。▼
せい! やあ! はい! とうーっ!▼
こんな感じでどう?▼
[オロチ]
素晴らしい。
拍手喝采じゃ!▼
で、あと、この二つも頼むぞ。▼
[カザハナ]
は? まだあと二つもあるの?▼
[オロチ]
そうじゃ。
ササッとお願いできんかのう。▼
[カザハナ]
もう、仕方ないなぁ。▼
はい、これでいい?▼
[オロチ]
うむ、見事じゃ。立派な顔ができあがった。
カゲロウの作品を見ているような気分じゃ。▼
[カザハナ]
ちょ、ちょっと!
それ褒め言葉じゃないって!▼
[オロチ]
いいや、わらわにとっては最高の褒め言葉じゃ。
感謝するぞ。▼
[カザハナ]
でも、なんで三つなの?▼
[オロチ]
おお、鋭いのう。
この三つという数字が大事なのじゃ。▼
[カザハナ]
どういうこと?▼
[オロチ]
…実は、わらわのまじないに出たのじゃ。▼
今日、カボチャのランタンを三つ作ると、
カザハナとの友情が深まると。▼
[カザハナ]
え…
そ、そうだったの?▼
オロチ…あたしと仲良くなりたいって
思ってくれてたってこと?▼
[オロチ]
そうじゃ。▼
わらわたちは共に王城仕えの身でありながら、
話すことは滅多になかったからのう。▼
じゃが、わらわはカザハナのことを
よく見ておった。▼
王城を駆け回る元気な姿、
訓練にいそしむ姿…▼
そなたのおてんばな姿を見ていると、
楽しい気分になってくるんじゃよ。▼
[カザハナ]
ほんとに?
なんかうれしいな。▼
まあ、実を言うとあたしもなんだけどね。
あたしも、オロチのこと気になってた。▼
あなたのその髪はどうやって結ってるのかとか、
その手首の輪っかはどうなってるのかとか…▼
あと、そうそう。
まじないにも興味あるんだ!▼
[オロチ]
ほう、そうじゃったのか。
図らずも、相思相愛だったようじゃな。▼
ではノスフェラトゥを退治したら、
ともに祭りを回るのはどうじゃ?▼
この祭りの豊かな料理を口にしつつ、
積もる話をしようぞ。▼
[カザハナ]
うん、よろこんで!▼
[オロチ]
楽しみじゃ。
いい夜になりそうじゃのう。▼

カゲロウ

会話1

[カゲロウ]
…カザハナ。▼
お前、さっきノスフェラトゥに
何か投げつけていたな。▼
[カザハナ]
うん、そうだよ。▼
だってノスフェラトゥの奴ら、
お祭りを台なしにして、憎ったらしいんだもん。▼
だから屋台にあったゴミを思いっきり投げて、
ぶつけてやったんだ。▼
[カゲロウ]
…………▼
あれは、ゴミではない。▼
[カザハナ]
え、じゃあ何?▼
[カゲロウ]
…屋台にこっそり展示していた、
私の作品だ。▼
[カザハナ]
作品?▼
あれが?▼
…………▼
いやいやいや、見間違いだって。
あれが作品のはずないもん!▼
[カゲロウ]
いや、間違いない。
自分の手で拾って確認したからな。▼
あれは丹精込めて作った
私の彫刻作品だ。▼
ノスフェラトゥに踏まれたのだろう。
見事に壊れていたがな。▼
[カザハナ]
…………▼
そ、そうだったんだ…
ごめんね…▼
やっちゃったことも、言っちゃったことも、
本当にごめん!▼
[カゲロウ]
…いや、いい。▼
ゴミに思われるようなものを展示した
私が悪いのだからな…▼
では、失礼。▼
(カゲロウ退場)

[カザハナ]
うう…どうしよう…
ひどいことしちゃった…▼

会話2

[カザハナ]
とう!▼
はぁ! せいやっ!!▼
ガリガリ…▼
ガリガリガリ…▼
うーん、これでいいかな…▼
[カゲロウ]
何をやっているのだ?▼
[カザハナ]
うわわわっ!
びっくりしたぁ!!▼
見られちゃったかぁ。
でも一応、完成したし、いいかな。▼
実はね、あなたの彫刻…
見よう見まねで復元してみたんだけど…▼
これで…どうかな?▼
[カゲロウ]
…………▼
浅い。▼
[カザハナ]
へっ!!?▼
[カゲロウ]
彫りが浅い。
これではとても復元しきれていない。▼
[カザハナ]
うう…そっかあ…▼
[カゲロウ]
創作に必要なのは気持ちだ。▼
喜び、悲しみ、怨念を
一刀一刀に込めなければならない。▼
形ばかり真似ても、何にもならないのだ。▼
[カザハナ]
へえー、深いんだね…
それ、剣術と一緒だよ…▼
[カゲロウ]
そうなのか?▼
[カザハナ]
なんか、すごく興味出てきちゃった。
ねえ、あたしを弟子にしてくれない?▼
[カゲロウ]
何?▼
[カザハナ]
さっきの壊しちゃったやつを
復元するまでだけでもいいから。▼
カゲロウの創作の奥深さ、
あたしもぜひ味わってみたいの!▼
[カゲロウ]
…………▼
…いい目だ。
しかし、創作の道は険しいぞ。▼
[カザハナ]
望むところだよ。
あたし、やると言ったらやる子だから!▼
[カゲロウ]
わかった、いいだろう。
期間限定という条件でな。▼
[カザハナ]
やったぁっ!
じゃあ、これからよろしくね、師匠!▼
[カゲロウ]
師匠…▼
[カザハナ]
嫌だった? その呼び方。▼
[カゲロウ]
そうではない。
少し、くすぐったい気分だっただけだ。▼
[カザハナ]
あはは、照れてる。
珍しいなー、忍びも照れるのねー。▼
[カゲロウ]
う、うるさい。▼
ノスフェラトゥを倒したら、
さっそく私の美学から聞いてもらおう。▼
そして、あの彫刻がゴミではないと
思ってもらえるとうれしい。▼
[カザハナ]
はいっ、師匠!!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-08 (土) 14:00:30