オボロの会話

マイユニット

マイユニット(男性・僕)のページへ
マイユニット(男性・俺)のページへ
マイユニット(男性・私)のページへ
マイユニット(女性・私)のページへ
マイユニット(女性・あたし~よ)のページへ
マイユニット(女性・あたし~だよ)のページへ

サクラ

サクラのページへ

ヒノカ

ヒノカのページへ

カゲロウ

会話1

[オボロ]
…………▼
[カゲロウ]
オボロ、どうしたのだ。▼
祭りを楽しんでいるという
雰囲気には見えないが。▼
[オボロ]
そりゃそうよ。
ノスフェラトゥは暴れてるんだもの。▼
[カゲロウ]
それを差し引いても、だ。
…祭りに嫌悪感を抱いているように見えるが。▼
[オボロ]
…さすが、くノ一。
察しがいいわね。▼
…………
なんだか、気が乗らなくて。▼
きっとこのお祭りの
暗夜っぽさが気に入らないんだわ。▼
[カゲロウ]
…そうか。
確か…お前の両親は暗夜の賊の襲撃で命を…▼
[オボロ]
そう。
それ以来、暗夜の連中を見るだけで…▼
こういう顔になっちゃうの。▼
[カゲロウ]
…なるほど。納得した。
ならば、心地よくはないだろうな。▼
…私にできることはあるだろうか。▼
[オボロ]
ないわ。
その気持ちだけもらっておく。▼
私のことは気にしないで、
祭りを楽しんで。▼
ま、その前にノスフェラトゥを倒さなきゃ
いけないんだけどね。▼
[カゲロウ]
…そうだな。▼

会話2

[カゲロウ]
ふぅ…あとひと息だな。▼
[オボロ]
カゲロウ、何やってるの?
木材なんか組み合わせて…▼
[カゲロウ]
…おっと。
見られてしまったか。▼
仕方ない。
全てを話そう。▼
私はこの祭りの会場に、
白夜の雰囲気を持つ一角を作ろうと思ってな。▼
[オボロ]
白夜の雰囲気…?▼
[カゲロウ]
オボロは暗夜の雰囲気が苦手なのだろう。▼
せっかくの祭りを楽しめないなど、
勿体無いではないか。▼
[オボロ]
カゲロウ…
これ…私のためにやってくれてるの?▼
[カゲロウ]
そうだ。▼
[オボロ]
そんな…▼
でも、ずいぶん…まがまがしい雰囲気に
なってるけど…▼
[カゲロウ]
や、やはりそうか…▼
[オボロ]
…ふふふ、冗談よ。すごく嬉しいわ。
カゲロウはいい人なのね。▼
[カゲロウ]
いい人というわけではない。▼
この祭りには、友情を深めるという
謂われがあるらしいからな。▼
そう思うのはきっと、
その力のせいなのかもしれぬ。▼
[オボロ]
そんなことないわ。
不思議な力なんてなくても…▼
私がカゲロウに好感を持ってた。
絶対そうに決まってるわ。▼
[カゲロウ]
…ふっ。そうか。▼
実を言うと私も、以前からオボロと
深く話してみたいと思っていた。▼
[オボロ]
じゃあもっと早く話しかければよかったわね。▼
カゲロウは忍びだし、▼
任務の邪魔になっちゃいけないと思って
控えていたんだけど、▼
私、あなたのまがまがしい作品に
興味を持っていたの。▼
[カゲロウ]
なに…?▼
[オボロ]
あの色遣い。あの感性。
着物にしたら斬新なものになるわ。▼
だから、塗り方とかいろいろ
聞いてみたいことがあったの。▼
[カゲロウ]
そうか。
物好きな奴もいたものだな。▼
[オボロ]
ねえ、ノスフェラトゥを倒したら、
これ作るの手伝わせて。▼
ちゃんと完成させて、
ここでおしゃべりでもしましょ。▼
[カゲロウ]
こんなまがまがしい場所でもいいのか?▼
[オボロ]
これも白夜の特色の一つだと思っているわ。
暗夜にはこういうものは無いもの。▼
だからここなら、私も心を落ち着かせて
楽しく過ごせそう。▼
[カゲロウ]
私のまがまがしさが
白夜の特色の1つか…▼
わかった。
では、ぜひそうさせてもらおう。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-15 (土) 12:16:30