エリーゼの会話

サクラ

サクラのページへ

エルフィ

会話1

[エリーゼ]
見て見て! エルフィ!
可愛いお菓子がいっぱいあるよ!▼
[エルフィ]
エリーゼ様、油断しないでください…
まだ敵が残っているのですから…▼
[エリーゼ]
そ、そんなのわかってるもん!
ちょっとだけ楽しくなっちゃったの!▼
っていうか、
エルフィはなんで敬語なの?▼
今は二人でお話してるんだよ?
いつもみたいに話して!▼
[エルフィ]
でも…どこかで誰かがわたしたちの会話を
聞いているかもしれませんから…▼
[エリーゼ]
それなら大丈夫だよ!▼
今日は特別なお祭りなんだから、
身分の差とか気にしなくていいんだもん!▼
[エルフィ]
…そうだったわね。
じゃあ、普段どおりに話すわ…エリーゼ。▼
[エリーゼ]
わーい!
うれしいっ!!▼
あとでまたお祭りが始まったら、
一緒に色んなところを回ろうね!▼
[エルフィ]
ええ…
もちろんよ…▼
エリーゼはお祭りが再開したら…
まず初めに何をしたい?▼
[エリーゼ]
んー、さっきからまわりで
おいしそうな匂いがしてるし…▼
最初は何か食べよっか?▼
[エルフィ]
賛成…
大賛成よエリーゼ…▼
早速お腹がすいてきたわ…▼
[エリーゼ]
さっき、可愛いお菓子が
売ってる屋台を見つけたの!▼
エルフィと一緒にその屋台に行きたいな!▼
[エルフィ]
わたしもその屋台は見かけたわ…▼
でもね、エリーゼ…
花より団子なの…▼
可愛くてもあんなに少ない量では…
わたしの胃袋は納得してくれないわ…▼
だからまずは…
かぼちゃの煮物の屋台は行きましょう…▼
[エリーゼ]
え、ええええ~!?
かぼちゃの煮物は可愛くないよーっ!▼
[エルフィ]
でも、お腹にたまるわ…▼
[エリーゼ]
やだっ!
可愛いお菓子の方がいい!▼
[エルフィ]
かぼちゃの煮物…
これだけはゆずれないわ…▼
[エリーゼ]
むむむ…そ、それなら…
一人で行けばいいじゃない!▼
かぼちゃの煮物を食べて
かぼちゃみたいになればいいわ!▼
うわーーーん!!▼
(エリーゼ退場)
[エルフィ]
…エリーゼ。▼

会話2

[エルフィ]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
あっ、エルフィ…▼
[エルフィ]
あのね…▼
[エリーゼ]
あの…▼
[エルフィ]
さっきは本当にごめんなさい…▼
[エリーゼ]
ごめんね、エルフィ!
あたし、ひどいこと言っちゃった!▼
[エルフィ]
…ふふふ。▼
[エリーゼ]
…あはは。
同時に…謝っちゃったね。▼
[エルフィ]
ええ、そうね…
完全に同時だったわ…▼
[エリーゼ]
じゃあ…仲直り?▼
[エルフィ]
もちろんよ…
仲直りしましょう…▼
[エリーゼ]
よかったぁ…
すごくほっとしたよぉ…▼
大好きな人とお祭りを回れないなんて…
そんな悲しいことないもんね。▼
[エルフィ]
ええ、そうね…
後悔する前に仲直りできてよかったわ…▼
[エリーゼ]
あのね、実はあたし…
かぼちゃの煮物、買ってきたの…▼
[エルフィ]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
お店の人はいなかったけど、
お金はちゃんと置いてきたよ!▼
これを渡して、
ごめんなさいって言うつもりだったの。▼
[エルフィ]
ふふふ…
エリーゼ、これを受け取ってちょうだい…▼
[エリーゼ]
あっ!?
さっき言ってた可愛いお菓子だ…▼
じゃあ、エルフィも
あたしと同じことを考えてたの?▼
[エルフィ]
ええ…▼
[エリーゼ]
あははは!
あたしたちって本当に気が合うね!▼
[エルフィ]
そうね…
親友だもの…▼
[エリーゼ]
うん!
ずっとずっと友だちだからね?▼
[エルフィ]
もちろん…
ずーっとずーっと友だちよ…▼
[エリーゼ]
うれしい…!
エルフィ、だーいすきだよ!▼
じゃ、ささっとこれ食べて、
一緒に戦いに行こう!▼
[エルフィ]
ええ…わたしたちには…
誰も敵わないわ…▼

シャーロッテ

会話1

[エリーゼ]
ねえねえシャーロッテ!▼
[シャーロッテ]
あら~、エリーゼ様っ。▼
話しかけていただけるなんて光栄です。
私に何か御用でしょうかぁ?▼
[エリーゼ]
あのね、ノスフェラトゥを倒したら、
一緒に屋台を回らない?▼
[シャーロッテ]
…………▼
…ど、どうして私なんですかぁ?▼
[エリーゼ]
ほら、あたしたちって
あんまり深く話す機会がなかったでしょ?▼
たまにはたくさん、
おしゃべりしてみたいなって!▼
[シャーロッテ]
たくさん、おしゃべり…
ええと…▼
その…おしゃべりは、
私以外の者とのほうがいいと思います。▼
[エリーゼ]
どうして?
…あ、もしかして…二人じゃ嫌かな?▼
そうだよね、急に馴れ馴れしくしてごめん。▼
じゃあみんなも誘おう!
それならシャーロッテ、嫌じゃないよね?▼
[シャーロッテ]
うっ、まぶしい…!▼
この純粋さ、本物だわ…!
やばいっ…まぶしすぎて蒸発しそう…!▼
[エリーゼ]
シャーロッテ?
どうしたの?▼
[シャーロッテ]
い、いえ…なんでもありません。
ただの独り言ですわ。▼
あの、エリーゼ様。
折角の申し出、とっても有難いんですけど…▼
今回は遠慮させてもらいますね。
ほんと、すみません。▼
[エリーゼ]
えっ…▼
…そ、そっか…
じゃあ仕方ないね。▼
[シャーロッテ]
ごめんなさい、エリーゼ様。▼
(シャーロッテ退場)
[エリーゼ]
シャーロッテ…
あたしのこと嫌いなのかな…▼
(エリーゼ退場)
(シャーロッテ登場)
[シャーロッテ]
はー、はー…
やっぱり思ったとおりだわ。▼
あの純粋さ! 天然のかわいさ!
狙っていないあどけなさ!▼
あれ以上話してたら
己のドス黒さで図らずも自殺するところだったわ。▼
あぶないあぶない…▼
…でも、エリーゼ様には、
悪いことしちゃったわね…▼

会話2

[シャーロッテ]
エリーゼ様、
先ほどは申し訳ありませんでした…▼
私、ちょっと嫌な感じに
立ち去ってしまいましたよね。▼
[エリーゼ]
シャーロッテ…▼
そんな、別にいいのよ。
無理に誘っちゃったのが悪かったんだし。▼
それに人間だもん。
みんなそれぞれ好き嫌いとかあるよね。▼
[シャーロッテ]
…いえ。
好きとか嫌いとかいう話ではないのです。▼
[エリーゼ]
ん? どういうこと?▼
[シャーロッテ]
…………▼
…お察しの通り、私は純粋ではありません。▼
男性の前では純粋そうに振る舞うという
二面性のある女です。▼
そんな私からすると、真の純粋さを持つ
あなたはあまりに輝いて見えるのです。▼
見ているだけで
自分が虚しくなってしまうというか…▼
瞬時に蒸発してしまいそうになるというか…▼
[エリーゼ]
蒸発…?▼
[シャーロッテ]
今まで話す機会があまりなかったのも、
私のほうからあなたを避けていたからなんです!▼
ほんとうに!
ほんとうにごめんなさい!!▼
[エリーゼ]
そ、そうだったんだ…▼
でもあたし、シャーロッテが
純粋な人だってこと知ってるよ。▼
[シャーロッテ]
いえ、慰めは不要です。
余計に虚しくなりますから…▼
[エリーゼ]
ううん、違うの。
あたし、ほんとに知ってるの。▼
誰もいない早朝…あなたはお腹を空かせた
子犬の群れにご飯をあげてるよね。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[エリーゼ]
そのとき、一匹一匹をなでてあげて、
優しい言葉をかけてあげてる。▼
「お前らは野良犬だけど、負け犬じゃない」とか
「立派になりなよ」とか「根性を見せな」とか…▼
あたし、そういう姿を何度も見てるの。▼
[シャーロッテ]
…そ、そんなところを
目撃されていたのですか…▼
朝っぱらから犬に声をかけている
わたくしめの姿を…▼
[エリーゼ]
そうだよ。だから、シャーロッテって
優しい人だなってずっと思ってた。▼
…動物って不思議で、
純粋な人のところに集まるよね。▼
きっと、あの子たちは
あなたの純粋さに惹かれてるんだと思う。▼
シャーロッテは純粋な人。
あたしが保証するよ。▼
[シャーロッテ]
そ、そんな…!▼
あんな態度をとってしまった私に…
こんな優しい言葉をかけてくださるなんて…▼
やばい、今度こそ本気で蒸発しそう…
がんばれ、耐えるのよ。耐えるの!▼
[エリーゼ]
だ、大丈夫?▼
[シャーロッテ]
もちろんですわ。エリーゼ様…
やはり、お祭りをご一緒してもいいでしょうか?▼
[エリーゼ]
えっ、ほんと?
よかった、もちろんだよ!▼
[シャーロッテ]
あなたの側にいると、私も変われるかも。
そんな予感がしてきました…▼
…あなたに感化され、純粋な心を持ち始めた私を
男たちはどういう目で見るのでしょうか…▼
[エリーゼ]
えっ?▼
[シャーロッテ]
いえいえいえ! すみません!
つい癖が…▼
そうではなくて、純粋に、エリーゼ様との
お祭りを楽しみにしています!▼
[エリーゼ]
わーい、ありがとー!▼

イザナ

会話1

[エリーゼ]
イっザナっさんっ!▼
[イザナ]
うわわわわわわ~っっっっっ!
やった~っっっっっっっっっっっっ!▼
[エリーゼ]
ど、どうしたの?
あたしは名前を呼んだだけなのに…▼
[イザナ]
いや~そのねっ、キミに話しかけてもらって、
すごくうれしかったんだ~!▼
でね、でね、どうしてボクに
話しかけてくれたのっ?▼
[エリーゼ]
うんとね、あなたを初めて見たときから
仲よくなれそうな気がしていたの。▼
[イザナ]
それで今日、ボクに思い切って
声をかけてくれたってことっ?▼
[エリーゼ]
うん! まさにそうなの!▼
[イザナ]
でも、けっこう緊張したでしょう?▼
だって一応、中立国ではあるけど、
イズモ公国は白夜の側だからね~。▼
[エリーゼ]
そうなの、そうなの!▼
[イザナ]
でもせっかくの機会だから、声をかけたいな~!
そう思ってくれたんだね?▼
[エリーゼ]
そうなの、そうなの!
よく知ってるね!▼
[イザナ]
当然だよ~!
だって、みんな出てたんだから~!▼
[エリーゼ]
出てたって?▼
[イザナ]
ほら、ボクは占いが得意でしょう?▼
今日こうして、キミが話しかけてくれることは
ずーっと前から占いで見えていたんだ~っ!▼
[エリーゼ]
えーっ!▼
[イザナ]
でも占いは、当たるも八卦当たらぬも八卦…▼
本当に話しかけてきてくれるかな~?
どうかな~って思ってたら…▼
今、実際に、話しかけてくれた!!
だから、すご~くうれしかったんだ~っ!!▼
[エリーゼ]
すごーい!
そうだったんだー!▼
[イザナ]
あ、ちょっといいかな~。
ちょっとだけ時間をちょうだい?▼
[エリーゼ]
うん、わかった。▼
[イザナ]
またあとでね~っ!▼

会話2

[イザナ]
トントントントン…▼
ザク! ザク!▼
[エリーゼ]
イザナさん…なにしてるの??▼
[イザナ]
あ、見られちゃったか~!
これはね、料理だよ、料理。▼
[エリーゼ]
料理!!!?
せ、せ、戦場のど真ん中で!!?▼
[イザナ]
大丈夫! 占いで今この瞬間この場所は
なぜかすっごく安全だって出てるから!▼
今からせっせと仕込んでおかないと、
お祭りが再開したときに間に合わないしね。▼
今日はがんばって、
キミをもてなさないと~!▼
[エリーゼ]
…あたしをもてなすって…どういうこと?▼
[イザナ]
ボクは人をおもてなしするのが
大好きなんだ~!▼
で、今日は特別に、ボクの手料理で
キミをおもてなししようと思ってるのさ~!▼
[エリーゼ]
えーっ! すごーい!▼
でも、いいの?
そんなことしてもらって…▼
イズモ公国でも、
すごくおもてなししてくれたし…▼
なのに、
あたしは何もしてあげられてないし…▼
[イザナ]
そんなこと、気にする必要ある~?▼
これはボクからの友情の証っ!▼
おもてなしが苦痛ならまだしも、
ボクはおもてなしが大好きなんだから~!▼
好きにやらせておけばいいのさ~!
キミさえ迷惑でなければっ!▼
[エリーゼ]
わ、わかった!
じゃあお言葉に甘えることにするね!▼
[イザナ]
うんうん、甘えちゃって甘えちゃって!▼
[エリーゼ]
それにしても、珍しい食材ばかりだねー!▼
[イザナ]
よく気付いたね~!
どれもイズモ公国の、特別な食材なんだっ!▼
キミとこうなることを見越して、
国から取り寄せて、持参していたのさっ!▼
[エリーゼ]
へえーっ、すごーい!▼
[イザナ]
この食材で、イズモ公国のお祭りに出る
伝統料理を作っちゃうからね~っ!▼
この料理を食べると、とても幸せな人生を
送れるっていう謂われがあるんだよっ!▼
[エリーゼ]
ほんとー!?▼
[イザナ]
ほんとさ~! キミの幸せのためにも
腕によりをかけて作っちゃうからね~っ!▼
よ~し!
とりあえず下ごしらえは、こんな感じかな~っ!▼
あとはこのままちょっと
寝かせておくだけっと~!▼
というわけで、ちょっと
ノスフェラトゥの相手でもしよっか~?▼
料理ばっかりしてただろ~とか言われて、
みんなに怒られちゃうからね~っ!▼
[エリーゼ]
うん、そうだね!▼
[イザナ]
じゃ、料理のほう、
楽しみにしててね~っ!▼
[エリーゼ]
うん! 今からすっごく楽しみ!
今日はあなたに声をかけてよかったっ!▼
[イザナ]
こちらこそさ~!
声をかけてくれてありがとう~っ!▼
素敵な友情の始まり始まり~っ!!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-23 (日) 02:25:23