子世代編 壱:空蝉描く夢

オープニング

オープニング1

これは、私の憶えている、或る世界の話。▼
戦乱の時代、秘境と呼ばれし『星界』で
ひっそりと育てられた子どもたちがいた。▼
彼らは長きにわたる戦争が終結した後、
ついに元の世界へ戻ることとなる。▼
しかし待ち望んだその日、
秘境に謎の兵が襲来。▼
子どもたちは父や母に庇われ逃げ延びたが、
親たちはそろって行方知れずとなってしまう。▼
父を失った娘、
カンナは一人彷徨っていた。▼
雨に濡れながら進む彼女は知らない。▼
その先にどんな出会いと別れが
待ち受けているのかを。▼

オープニング2

[カンナ]
ひっく、ひっく、ぐすっ…▼
お父さん…
お父さん…▼
ごめんなさい…あたし…
お父さんを守れなかった…▼
あたしがもっと強かったら…
お父さんみたいに戦えたら…▼
こんなことにはならなかったのに…▼

オープニング3

[カンナ]
どうして…
あたしには何の力もないんだろう…▼
うっ… ぐすっ…▼
[ミタマ]
あなた、どうしましたの?▼
[カンナ]
え…?▼
[ミタマ]
ここで一句…
見知らぬ地 泣く子を見つけ 声かける▼
お怪我をしているのでしたら、
治して差し上げますけれど。▼
[キヌ]
んー…でも見た感じ、
怪我はしてないみたいだよ。▼
[カンナ]
えっと、あなたたちは…?▼
[キヌ]
アタシはキヌだよ。▼
[ミタマ]
わたくしはミタマと申します。
あなたのお名前は?▼
[カンナ]
あ、あたしはカンナ。▼
[ミタマ]
なるほど、カンナといいますのね。
どうして泣いていたんですの?▼
もしかして…迷子にでもなりました?▼
[カンナ]
ま、迷子じゃないよ!
あたしはそんな…▼
…………▼
ううん。やっぱり、迷子なのかも…
あたし…もう帰る場所が無いから…▼
[キヌ]
帰る場所が無い…?▼
[カンナ]
家も、村も、
めちゃくちゃに壊されちゃった…▼
助けに来てくれたお父さんも…
し、死んじゃったかもしれない…▼
あたしのせいだ…
あたしが戦えないから、お父さんは…!!▼
どうしよう、どうしよう…!!▼
[ミタマ]
落ち着いてくださいな。
一体何がありましたの。▼
[カンナ]
わ、わかんない…
あたし、逃げてきたから。▼
突然、あたしが住んでた場所に
姿がもやもやした、見えない敵が現れて…!▼
[キヌ]
見えない敵…!?▼
[ミタマ]
キヌ、これは…▼
[キヌ]
うん…カンナも、アタシたちと同じなのかも。▼
[カンナ]
…?▼
[ミタマ]
…カンナ。わたくしたち、
あなたのお話をもっと聞きたいですわ。▼
[カンナ]
う、うん…わかった。▼
あいつらが暴れまわるから、
あたし、戦わなきゃって思ったんだけど…▼
やっぱり…ぜんぜん敵わなくて。
負けそうになった時に、お父さんが来てくれたの。▼
でもあいつらすごく強くて、
お父さんでも勝てなくて、▼
お父さんはあたしに逃げるよう言ったんだ。▼
あたし、嫌だって言ったんだけど…
頼むから逃げてくれって…▼
だから…
あたし思いっきり走ってきたの。▼
そうしたら逃げる途中、
後ろから叫び声がひとつ聞こえて…▼
お父さんとは…それっきり。▼
森の中に隠れて
ずっと待ってたけど…▼
結局、あたしのところには…
帰ってこなかった…▼
[ミタマ]
…………▼
[カンナ]
お父さんはこの刀をあたしに渡したの。
確か…夜刀神、っていうんだ。▼
ここは父さんが何とかするから、
カンナはこの刀を守ってくれって…▼
[ミタマ]
まあ、刀を…?
敵に襲われているのに武器を手放したんですの?▼
[カンナ]
お父さんは竜になれるから…
刀が無くても戦えるの。▼
[キヌ]
カンナのお父さんも変身できるんだ。
じゃあアタシとおそろいだね。▼
アタシはこの石で、綺麗で大きな狐…▼
妖狐になれるんだよ。▼
[カンナ]
妖狐?
すごいんだね…▼
あたしはなんにもできない…▼
キヌみたいに変身できたら‥
ミタマみたいに傷を治せたら…▼
そうしたら…
お父さんを助けられたかもしれないのに…▼
うう…っ。▼
[キヌ]
カンナ…▼
…気持ちはわかるよ。
アタシたちもカンナと同じだもん。▼
ミタマもアタシも、
住んでた場所に見えない敵が来て…▼
それで、ここまで逃げてきたんだ。▼
[カンナ]
!!▼
[ミタマ]
杖が使えても、変身できても、
わたくしたち、何もできませんでしたわ。▼
だからカンナ。
そんなに自分を責めないでくださいまし。▼
…わたくしなんか、
本当に馬鹿でしたのよ。▼
お父様が必死で呼びかけてくださっているのに、
屋敷で呑気に眠っていたんですの。▼
わたくしが外に出た時は、
既に家は囲まれていて…▼
お父様はわたくしを逃がすために
戦ってくれました。▼
途中までは一緒にいたんですけれど、
ほんの一瞬はぐれてしまって…▼
振り返ったらもう、
お父様の姿はどこにもありませんでしたわ。▼
生きているのかどうかすら、
わたくしには…▼
[カンナ]
そんな…▼
[ミタマ]
死は平等ですわ。例えくたばっていたとしても、
嘆くことはありませんの。▼
でも、どうしてでしょう…▼
もし早く起きていたら、
もしあの時はぐれなければと…▼
そう思わずにはいられませんわ。▼
…そういえばキヌはどうでしたの?
お父上とは秘境ではぐれたんですの?▼
[キヌ]
アタシは…わかんない。
父さんとは会ってないから。▼
見えない敵に気づいたあと、
アタシは一人でここまで逃げてきたの。▼
でも、秘境から出る前、森の中に…
父さんのボロボロになった襟巻きが落ちてた。▼
もしかしたらアタシを守ろうとして、
そこで戦って…負けちゃったのかも。▼
…けど、別に死んだところ見たわけじゃないし、
アタシは諦めてないよ。▼
父さんは生きてアタシを探してるんだって…
そう思ってる。▼
[カンナ]
うん…そうだよね。
まだ死んだって決まったわけじゃない…▼
でも…あたしたちこれから、
どうしたらいいんだろう…▼

オープニング4

(3人の前に透魔兵が現れる)
[透魔兵]
…………▼
[カンナ]
!!▼
あのゆらゆらした見た目の兵士…
お父さんにひどいことした奴らだ!▼
[キヌ]
アタシの秘境に来たのもあいつらだよ!
むーっ!! 今すぐやっつけてやる!!▼
[ミタマ]
退いてください、キヌ!
やられてしまいます!!▼
[キヌ]
なんで!?
やってみないとわかんないじゃん!!▼
[ミタマ]
いえ、やらずともわかりますわ。
敵の数を御覧なさいな。▼
戦力は 我らの中で あなただけ…▼
カンナは戦えませんし、
わたくしは杖しか使えませんのよ!?▼
なにより全員、戦場に出たことなど無い
ずぶの素人なんですの!▼
ここは争いを避けるのが
得策というものですわ!!▼
[キヌ]
でも…▼
[ミタマ]
あなた、お父上に守っていただいた命を
無下にしても良いと仰るんですの?▼
[キヌ]
!!▼
ううー…
わかったよう…▼
でも、向こうに戦ってるヒトがいるみたいだよ!
助けてあげなくていいの!?▼
(3人の南西方向にキサラギ、ヒサメ)
(キサラギ、透魔兵を攻撃するも、外す)
[キサラギ]
あれれ、また失敗した。▼
やっぱり僕なんかじゃ、
父上の神器は使えないのかな…▼
[ヒサメ]
危険です、キサラギ!
もうやめましょう…!▼
(ミタマ達がキサラギ達に近づく)
[ミタマ]
危ないですわ、あなたたち!
何をしていますの!▼
[ヒサメ]
わかっています!
ですがキサラギが…!▼
[ミタマ]
キサラギ…?▼
[キサラギ]
ヒサメ、君は逃げていいよ!▼
これ以上僕のわがままで
ヒサメを危ない目に遭わせられないから!▼
[ヒサメ]
何てことを言うんですか…!
置いていけるわけないでしょう!▼
今のキサラギでは敵いません。
私の父さんも、あなたの父上ですら…▼
こいつらと戦ったせいで、
いなくなってしまったんですよ!?▼
[カンナ]
この二人も…▼
[キサラギ]
父上…
そうだよ、父上を助けに行かなきゃ。▼
そのためには、こいつらと戦うしかない!
よーし、もう一度…▼
うわっ!?▼
(キサラギ、再度攻撃するも外す)
[キサラギ]
ありゃ…また失敗か。▼
[キヌ]
ぶーぶー!
いい加減諦めなよ!▼
アナタにはその弓、使えないんだよー!▼
[キサラギ]
…………▼
[ミタマ]
諦めが肝心ですわ。
わたくしたちと一緒に逃げましょう!▼
こいつらを倒せないということは、
もうおわかりでしょう?▼
[キサラギ]
…うん。わかってるよ。
それでもやっぱり、ここは退けない。▼
[ヒサメ]
!? 聞き分けてください、キサラギ!
私はあなたを死なせたくないんです!!▼
[キサラギ]
ありがとう、ヒサメ。▼
でも、もうすぐ…
もうすぐうまくいく気がするんだ。▼
今まで全然だめでも、
次も同じだなんてこと絶対ない。▼
こうして信じてたらきっと…
風神弓は応えてくれる。▼
[カンナ]
…風神弓?▼
[キサラギ]
この弓のこと。
父上から渡された神器だよ。▼
ホントは、僕には使えないんだ。
でも諦めたりしないよ。▼
父上を取り戻すまで、
絶対に諦めない。▼
[カンナ]
…!▼
[キサラギ]
僕はここで戦う!
僕にだって、絶対にできる!▼
他の誰でもない…
僕がやるんだ!!!!!!▼
(キサラギ、攻撃を命中させる)
[ヒサメ]
!! キサラギ、あなた…
風神弓を…▼
[キサラギ]
やったー! 大成功!!
見た見た? 今の見たでしょ!?▼
僕だって風神弓を使える!
父上みたいに戦えるんだ!!▼
[カンナ]
すごい…▼
[ミタマ]
た、確かにすごいですけれど、
それでも戦力的に不十分なことに変わりは…▼
[カンナ]
キサラギ!
もう一回やってみせて!▼
[ミタマ]
ええ!? カンナ!?▼
[カンナ]
ねえ教えて、キサラギ!▼
今のどうやったの!・
どうやったら使えるようになった!?▼
あたしもこの刀のこと信じたら、
使えるようになるのかな?▼
そうしたらあたしも戦える?
お父さんを助けられる?▼
[キサラギ]
…………▼
それ「夜刀神」?▼
[カンナ]
知ってるの!?▼
[キサラギ]
父上から聞いたことあるんだ。
それは世界を救う刀だって。▼
選ばれた人にしか持てない、
すっごい神器だって。▼
[カンナ]
うん…でも、あたしは選ばれてない。
これはお父さんので、あたしのじゃない。▼
あたしは…
…あたしにはなんにもできなかった。▼
お父さんが戦うのを、
ただ見てただけ。▼
キサラギみたいに…
戦えなかったの…▼
[キサラギ]
ううん。
僕もカンナと同じだよ。▼
僕もあの時何もできなくって、
大好きな父上を守れなかった。▼
すごくつらくて悲しくて…
悔しかった。▼
でも、ダメだったこと考えても仕方ないよ。
大事なのはこれからどうするかだと思う。▼
カンナはどうしたい?▼
[カンナ]
…………▼
あたしも戦いたい。
戦って、お父さんを助けに行きたい。▼
ほんとはあたしも、
この刀を使えるようになりたいの…▼
[キサラギ]
じゃあ今から試してみよう、何度でも。
そうしたらいつかカンナにもできるよ。▼
同じ神器を持つ人として保証する。
君になら、きっとできるって!▼
[カンナ]
…信じてくれるの?
こんなあたしでも、戦えるって…▼
[キサラギ]
もちろん!
僕、カンナのこと信じるよ!!▼
[カンナ]
ありがとう、キサラギ…!▼
(風神弓が光を放つ)
[キサラギ]
あれれ、なにこれ…!?
風神弓が光ってる!!▼
[カンナ]
あ、あたしの刀も光ってるよ!
な、なんで? どうして?▼
あたし何か変なことしちゃったのかな…▼
…ひゃあっ!?▼
(夜刀神が夜刀神・空夜に変化する)
[カンナ]
夜刀神の形が変わった…!?▼
[キサラギ]
すごーい!
かっこいいね!▼
さっき風神弓から力がぶわーっと出て、
夜刀神に入っていったみたいなんだ!▼
[カンナ]
風神弓の力が…?▼
[キサラギ]
嬉しいな…これで僕、
カンナの力になれる。▼
たぶん、この風神弓の力が、
その刀に繋がったんだよ!▼
よくわかんないけど…
なんかそんな気がしたんだ!▼
[キヌ]
わわっ!?
なんかいっぱい敵がきたよ!?▼
[カンナ]
まさか…
この刀のせい?▼
[ミタマ]
さっきの光に反応したんですの?
それとも…▼
[ヒサメ]
もしかしたらこの刀が、奴らにとって
何らかの脅威となるのかもしれませんね。▼
だからこうして、潰しに来た。▼
[キサラギ]
大丈夫だよ、カンナ。
できるって信じてみて。▼
落ち着いて夜刀神を構えるんだ。
討ち損じたら、僕が片付けてあげる。▼
[カンナ]
うん、わかった。▼
…………▼
待ってて、お父さん…
あたし絶対に、諦めたりしないから。▼
お願い…
力を貸して、夜刀神!!▼
(カンナ、敵を倒す)
[キサラギ]
カンナ!!▼
[カンナ]
うまくいったよ!
あたしにも使えた!!▼
ありがとうキサラギ!
キサラギが信じてくれたおかげだね!▼
[キサラギ]
ううん。これはカンナの力だよ!
これで一緒に戦えるね!▼
[カンナ]
うんっ!!▼
[ヒサメ]
…………▼
…仕方ありません、逃げるのはやめです。
私も共に戦いましょう。▼
[キサラギ]
ヒサメ!? でも…▼
[ヒサメ]
あなたたちを放って行くだなんて、
危なっかしくてできませんよ。▼
…それに、言ったでしょう?
私はあなたを守りますと。▼
この刀はあなたに捧げます。
あなたは、私の主君なんですから。▼
[キサラギ]
ヒサメ…!
ありがとう!! 大好きだよ!!▼
[キヌ]
うう~~…!
ごめんミタマ、やっぱりアタシも戦う!▼
[ミタマ]
ええっ!?
ちょっとキヌ!?▼
[キヌ]
あのね、このまま逃げ回るなんて、
やっぱり性に合わないんだもん!▼
カンナも戦えるようになったし、
今ならいけるんじゃない!?▼
それにさ…アタシ、試してみたい。
自分の力でどこまで戦えるか。▼
今まで一度も、自分の力でそんなこと
したことないんだもん!▼
[ミタマ]
キヌ…▼
…ああもう、わかりましたわ。▼
戦力が 4人もいれば 勝機あり▼
面倒ですが、助力して差し上げます。▼
もしお怪我をしたら、
わたくしのところに来てくださいまし。▼
[カンナ]
さあ、行くよ!
お父さんたちはきっと生きてる…▼
そう信じて、戦おう!▼

戦闘

撤退時のセリフ

カンナ

[カンナ]
ごめん、みんな…あたし失敗しちゃった…
後ろに下がってるね…▼

キヌ

[キヌ]
そんなあ、アタシの負け…?
悔しいけど、下がるしかないかあ…▼

ミタマ

[ミタマ]
丸腰の 女性相手に なんてこと…
ここは引かせていただきますわ…▼

キサラギ

[キサラギ]
ありゃ…君って結構強いんだね…
死んじゃう前に、引いておこうっと…▼

ヒサメ

[ヒサメ]
くっ…! これでは戦えません…
足手まといになる前に撤退します…▼

クリア後

クリア後1

(透魔兵ジークベルト、走り去る)
[カンナ]
あっ!?▼
[キサラギ]
あの敵、逃げたよ!
追いかけてみたら、何かわかるかも!▼
[カンナ]
行くよ、みんな!▼
[???]
…待って。▼

クリア後2

(アクアらしき人影が現れる)
[???]
これ以上、追わないほうがいいわ。▼
…今は。▼
[カンナ]
あなたは?▼
[???]
私は…▼
…………▼
名乗るほどのものではないの。▼
一つだけ言えるのは、
私はあなたたちの敵ではないということ。▼
悪いことは言わないから、
深追いはやめておきなさい。▼
[カンナ]
…………▼
…わかった。▼
あたしも、あなたは敵じゃないと思う。▼
それに、どこかで見たことあるような…▼
[???]
…………▼
[カンナ]
あれ? でも思い出せないや。
なんか変な感じ。▼
[キヌ]
アタシもアタシも。この人…どこかで
見たことあるような気がするんだよね。▼
[キサラギ]
んー、僕は見覚えないけどな。▼
でも普段から忘れっぽいから、
もしかしたら忘れたこと忘れてるだけかも。▼
[ミタマ]
あらまあ、みなさんったら…
まだお若いのに早くも物忘れですの?▼
[ヒサメ]
ですが…
忘れたという事実を覚えていない以上、▼
私たちが何も忘れていないということも
言い切れないのでは?▼
[ミタマ]
…あなた、難しいこと仰いますわね。
頭が痛くなって参りましたわ。▼
[???]
大丈夫よ。時が来れば…
全てが終われば…▼
その頭のもやは晴れる。
きっと元に戻るから。▼
…それよりカンナ。
あなた、竜石は持っている?▼
[カンナ]
ううん、持ってないよ。
あたしは竜になれないから…▼
[???]
いいえ、なれるわ。▼
あなたの竜の衝動は、
いつ暴れだすかわからない。▼
私があなたの衝動を、
石に込めてあげる。▼
[???]
…さあ、これがあなたの竜石よ。
肌身離さず持っていて。▼
[カンナ]
ありがとう…!
これを使えばあたし、竜になれるの?▼
[???]
そうね。この竜石とその夜刀神、
『空夜』があれば立派に戦えるはずよ。
[カンナ]
夜刀神…くうや?▼
[???]
ええ。その刀の名前。▼
夜刀神は神器の力を繋げる度に、
その姿と名前を変化させるの。▼
『空夜』の次は『白夜』へ。
そしていつかその刀は『終夜』…▼
『ファイアーエムブレム』になるわ。▼
[カンナ]
ファイアーエムブレム…▼
[???]
それは…とても美しく、強い刀よ。
ファイアーエムブレムがあれば、▼
きっとあなたたちの大切な人を
救うことができる。▼
[カンナ]
大切な人って…お父さんたち?
あなた、何か知ってるの?▼
知ってたらなんでもいいから教えて!
お父さんたち、どこに行ったの!?▼
まさか、死んだりしてないよね…!?▼
[???]
わからないわ。
それは私にも見通せないの。▼
でも、約束しているはずなのよ…
私の分まで幸せになってって。▼
だから、私のように消えさせはしない…▼
[カンナ]
あなたのように…?▼
[???]
ごめんなさい。
私に言えることはこれ以上何もないわ。▼
これはあなたたちが、
自分で気付かないといけないことだから。▼
でも最後にひとつだけ聞いておくわ。
あなたたちと戦った敵…▼
何か、おかしいと思わなかった?▼
[カンナ]
…………▼

クリア後3

(透魔王国らしきところで一人佇むシグレ)
[シグレ]
光へ 手を伸ばす…▼
穢れなき銀の剣
微睡み 思いを断ち切りて…▼
…………▼
これは、白き道を選んだ世界の歌。▼
歌は時に、相手の心をも
支配するほどの力を持つ。▼
竜の遺した石と合わせれば、
世界を救えるほどの奇跡が起こる。▼
けれど…▼
一度でもその所持者となれば、
魂は水底に落ち…▼
力はその身に及ばなくなる。▼
新たな所持者が力を行使しても、
落ちた水底まで、歌声は決して届かない。▼
そう知っていても…
それでも俺は…▼
…………▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-04 (水) 00:21:18