会話集/章別会話

外伝 願いの薬草

ナレーション

スズカゼの娘ミドリコは、
父の頼みで探していた神竜草を
探検家ドラジェに奪われてしまう。
スズカゼたちは、神竜草を取り返そうと
逃げるドラジェを追いかける。

オープニング

オープニング1

[ミドリコ]
いちに、いちに。▼
袋の中にはお父さんにたのまれた
うんとめずらしい薬草がたくさん。▼
お父さん、よろこんでくれるかな。
えらいねって言ってくれるかな。▼
ひきょうを出たから
待ち合わせ場所まであとすこし。▼
お父さん、待っててね。
ミドリコ、いつもよい子でがんばってるよ。▼
…ん?
あれは…▼
[お兄さん]
助けてくれ!
誰か…誰かー!▼
[賊]
うるせえ!
騒ぐとぶっ殺すぞ!▼
持ってる金を全部出せば
命だけは助けてやる!▼
[お兄さん]
ひっ!▼
[ミドリコ]
何やってるの!
弱い者いじめはだめなんだからね!▼
[賊]
…何だ。
このガキは。▼
[ミドリコ]
んもう!
ガキじゃなくて、ミドリコよ。▼
さあ、その武器をしまいなさい。
あぶない物は人に向けちゃだめだって、▼
お父さんとお母さんに
そう教わらなかったの?▼
[賊]
お前こそ教わらなかったのか?
口のきき方には気をつけなさいって。▼
そんな悪い子には…
お仕置きをしないといけないな!?▼
[ミドリコ]
…!!▼

(SE:攻撃音)

[賊]
ぐはっ!?▼

(SE:人が倒れる音)

[スズカゼ]
心配しましたよ、ミドリコ!!▼
待ち合わせ場所になかなか来ないから、
一体どうしたのかと…!▼
[ミドリコ]
お父さん!▼
[賊]
ちっ…!
ここは引いてやる!▼
[ミドリコ]
ありがとう、お父さん!
でも、ミドリコ全然こわくなかったよ。▼
[スズカゼ]
そうですか。強い子です。▼
それにしても…
また大きくなりましたね。▼
[ミドリコ]
うん。そうなの。
ミドリコ、もうおねえさんだもん。▼
たのまれてた薬草だって、
ちゃんととってきたんだよ。▼
…あれ?▼
[スズカゼ]
どうしたんですか?▼
[ミドリコ]
あのね…
薬草をいれた袋がないの…▼
[スズカゼ]
どこかに落としてしまったんでしょう。▼
いいんですよ、気にしなくて。
また採りにいけばいいんですから。▼
[ミドリコ]
ちがうもん!
おとしたんじゃないの!▼
だって、ミドリコ…
さっきまではちゃんと持ってたから…▼
…あ、もしかしたら
さっきのわるい人たちが…▼
お父さん、待ってて!
ミドリコ、取りかえしてくる!▼
[スズカゼ]
あっ!
ミドリコ、待ちなさい!▼

オープニング2

[ミドリコ]
おいたしちゃダメよ、
そこの人!▼
あなた…ミドリコの袋、取ったでしょ!▼
[ドラジェ]
ええっ!? よくあたしに気づいたわね。
ちょっとやせすぎのお嬢ちゃん?▼
[ミドリコ]
あなた、誰?
さっきのわるい人たちの仲間なの?▼
[ドラジェ]
はぁ…あんな野蛮な連中と一緒にしないで。
隠れ蓑に紛れてただけよ。▼
数々の伝説的な財宝を発見した
神出鬼没、正体不明のトレジャーハンター…▼
天才探検家ドラジェ様とは、
このあたしのことよ。▼
[ミドリコ]
たんけんか…?▼
[ドラジェ]
そ。お宝のことなら、
このドラジェ様におまかせよ。▼
世界に二つとないと言われるこの神竜草…
まさに、あたしのお宝にふさわしいわ。▼
[ミドリコ]
あっ! それ!!
かえしなさい!▼
人のものを取っちゃいけないのよ!▼
[ドラジェ]
あら、これはもともと
この森のものでしょ?▼
遺跡に眠るお宝は誰のもの?
誰のものでもないわ。▼
森に生えていたお宝は誰のもの?
誰のものでもないわ。▼
[ミドリコ]
へりくつよ!▼
[ドラジェ]
ふふん…何とでも言いなさい。▼
それじゃ、お嬢ちゃん。
あたしはこれで失礼するわ。▼
取り返したかったら、
追いついて奪い取ってごらんなさい。▼
言っとくけど、
あたしは体型の割に素早いわよ。▼
[ミドリコ]
だめよ!
ぜったい逃がさないんだから!▼

戦闘

vs ドラジェ

[ドラジェ]
へぇ…? 一瞬でも追いつくなんて、
なかなかやるじゃない。▼
でも、このドラジェ様は
体型の割に手強いわよ?▼

ドラジェ撃破

[ドラジェ]
あたしの完敗…ね……
不覚だわ。▼

クリア後

[ミドリコ]
よかった…
薬草を取りかえせて…▼
[スズカゼ]
…駄目ですよ、ミドリコ。
あんな無茶をしては。▼
頼んだ薬草は本当に、
次の機会でもよかったんです。▼
それよりミドリコに何かあったら…
私は…▼
[ミドリコ]
だって…だめなんだもん…
この次じゃだめなの。▼
お父さんは知らないだろうけど、
この薬草には願いをかなえる力があるのよ。▼
だからこれは、ただの薬草じゃないわ。▼
[スズカゼ]
願いをかなえる力…ですか?▼
[ミドリコ]
ええっと…
ミドリコ、ずっと前から決めてたの。▼
これを渡すときに、お父さんに
おねがいごとをしようって…!▼
そのおねがいごとはね…
お父さんのそばにいたいってこと…▼
お父さんと一緒に、こっちの世界で
くらしたいってことなの…▼
[スズカゼ]
ミドリコ…▼
[ミドリコ]
今日が駄目だったら、
次にこれが生えるのはうーんと先になるの。▼
お父さんたちの世界では、ほんの
ちょっとの時間かもしれないけど…▼
ミドリコたちのいるひきょうだと、
とっても長い時間なの。▼
ミドリコ…そんな待つのが
いやだから…!▼
とても…いやだから…
ぐすっ…▼
[スズカゼ]
ごめんなさい。
寂しい想いをさせて…▼
こんな小さな体で、
そんなことを思っていたんですね。▼
気付いてあげられなかったこと、
許してください…▼
秘境とこちらの世界の時間の進み方が
違うことは、もちろん知っています。▼
だからお父さんはミドリコに
たくさん会いに来ていたつもりでした。▼
でもミドリコにとっては、つらくなって
しまうほど長い時間だったのですね。▼
[ミドリコ]
…………▼
[スズカゼ]
わかりました。これからは
お父さんたちと一緒に過ごしましょう。▼
お父さんたちの仲間として
ずっと一緒にいるのです。▼
[ミドリコ]
えっ…
いいの…?▼
[スズカゼ]
大丈夫ですよ。▼
皆さんには、
私のほうから話しておきます。▼
心強い味方が一人増えましたと。▼
[ミドリコ]
ありがとう…お父さん!▼
この薬草の効き目…
ほんとうだったんだね。▼
ミドリコ、とってもうれしい。
今まででいちばん、うれしいよ…!▼
[スズカゼ]
さ、行きましょうミドリコ。
あなたには聞きたいことがたくさんあります。▼
今日からは…
たくさん私とお話してくださいね?▼
[ミドリコ]
うん!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-01 (土) 00:13:16