会話集/章別会話

外伝 予期せぬ遭遇 

ナレーション

貴重な宝物を窃盗団の魔の手から
守ることになった一行。
だが、その計画を遂行したゼロは
窃盗団の中に娘エポニーヌが
いることを知り、愕然とする―

オープニング

オープニング1

[おじいさん]
来てくれてありがとう。
実は…君たちに頼みがあるのだ。▼
最近、私の屋敷の周りを
窃盗団が嗅ぎ回っている。▼
この屋敷には暗夜王国の
文化の粋と言うべき宝物が山ほどある。▼
それが狙われているかと思うと
夜も全く眠れないのだ。▼
頼む。
なんとかしてもらえぬか。▼
[サイラス]
はい…
事情はわかりました。▼
その件、将に報告し
我が軍で引き受けるよう進言しましょう。▼
こちらには盗みの専門家もいる。
きっと窃盗団を捕まえてみせます。▼
[ゼロ]
ああ。侵入経路から目的の品まで
盗人の考えることは手に取るようにわかるぜ。▼
既にプランは組んである。
大船に乗ったつもりでいてくれ。▼
[おじいさん]
ほう…そうか。
よろしく頼んだよ。▼
[ゼロ]
…ふふ。▼
チンケなコソ泥の悔しがる顔を
見るのが楽しみだ…▼

オープニング2

[ゼロ]
よし…窃盗団の侵入を確認した。
これより取り押さえる。▼
[サイラス]
気をつけろ…ゼロ。▼
[ゼロ]
ああ、大丈夫だ。
任せておけ。▼
………!▼
…捕獲完了だ。▼
[???]
ううっ!▼
[ゼロ]
逃がさないぜ…?
コソ泥さんよ?▼
さあ、見せてくれよ…
屈辱にまみれたその顔を…▼
[エポニーヌ]
…………▼
[ゼロ]
エポニーヌ!?
どうしてお前がここに!?▼
[エポニーヌ]
えっ!?
父さん!?▼
[ゼロ]
おい、何をしている!?
お前は秘境にいるはずだろ!▼
[エポニーヌ]
ふんだ。
最近はあまり秘境にいないの。▼
外の世界で義賊をやっているんだから。▼
[ゼロ]
義賊だと?▼
[エポニーヌ]
そうよ。▼
悪い奴らから財を奪って
貧しい人々に分け与えているの。▼
この屋敷の主は汚い商売をしているわ。
だからこうして盗みに来たってわけ。▼
[ゼロ]
待て!
俺の言葉を忘れたのか!▼
盗みだけはするんじゃないと
口を酸っぱくして言っただろ!▼
[エポニーヌ]
違うわ、これは盗みじゃない。
正しい行いなの。だから放して。▼
[ゼロ]
いや…駄目だ。
泥棒は泥棒だ。▼
[エポニーヌ]
ふぅん…昔、本物の泥棒だった人に
偉そうなこと言われたくないんだけど。▼
[ゼロ]
なんだと!?▼
父親に向かって
その口の利き方はなんだ!?▼
[エポニーヌ]
どいてよ! 父さんと違って
あたしは正しいことをしてるの!▼
どかないなら…
力ずくでも通るわよ!▼

(突き飛ばす音)

[ゼロ]
何すんだ…エポニーヌ。
今すぐ謝れ!▼
そうすれば見逃すことも考えてやる。▼
[エポニーヌ]
嫌よ!!▼
[エポニーヌ]
やるわよー、みんな!
屋敷のお金を持って行くのよ!▼
あいつらに捕まっちゃダメ!
正しいのはあたしたちなんだから!▼
[ゼロ]
やめろ、エポニーヌ!▼
[エポニーヌ]
あたしは正しいの。▼
屋敷の主の味方をするなら…
あたしだって容赦しない。▼
恥辱に塗れたカオを晒すのは、
あなたたちの方よ…!▼

戦闘

vsエポニーヌ

[エポニーヌ]
あたしはあなたなんかに…
絶対捕まったりしないんだから!▼

エポニーヌ撃破

[エポニーヌ]
そんな…あたしが…
捕まっちゃうなんて…▼

クリア後

[エポニーヌ]
放して! 放してよ!!▼
[ゼロ]
エポニーヌ…
暴れたって無駄だ。▼
今度こそは絶対に逃がさない。▼
[エポニーヌ]
…いいわ。じゃあ殺して。▼
[ゼロ]
はぁ?▼
[エポニーヌ]
娘に会いにも来ない。
娘のやってることを認めようともしない。▼
そんな父親に捕まるくらいなら
死んだほうがマシよ。▼
さっさと殺して。▼
[ゼロ]
やめろ…
そんなことを言うな…▼
[エポニーヌ]
んもう…!
やらないのなら、自分で…!▼
[ゼロ]
待て!!
そんなことをしたら…絶対に許さんぞ!!!▼
[エポニーヌ]
え…▼
[ゼロ]
いいか。
自分の命を軽々しく扱うな…▼
お前一人で生きてきたような顔をするな!▼
俺がどうして今まで、
お前にあの場所に居させたと思う!▼
[エポニーヌ]
し、知らないわよ、そんなこと…▼
[ゼロ]
叶うなら俺だって…
娘とずっと一緒に過ごしたかった。▼
成長するお前を、
傍で見守ってやりたかったさ。▼
でも、そうしなかったのは…▼
お前を戦乱に巻き込み、
死なせたくはなかったからだ。▼
お前が死んだら俺だって、
生きてはいられない…▼
[エポニーヌ]
…………▼
[ゼロ]
泥棒のことは認めるわけにはいかない。▼
だが、これからお前は
俺たちと一緒にいろ。▼
もう秘境に残したりはしない。▼
[エポニーヌ]
…わかったわ。▼
でも、義賊のことだけは
あたしの信念を譲れない。▼
だってやっぱり…どう考えたって、
悪いのはあの主人だと思うもの。▼
あいつは…自分の私欲のために、
貧しい人達からお金をだまし取ったの。▼
窃盗団の子の中には…
そのせいで親を亡くした子だっていたわ。▼
だから、さっきのことをあの主人に
謝るつもりはない。▼
でも…▼
[ゼロ]
でも?▼
[エポニーヌ]
父さん…さっき言ったことは、
本当にごめんなさい…▼
もう死んだ方がましだなんて言わない。▼
あたしのこと、父さんが大切に
思ってくれてたのは…▼
…わかったから。▼
[ゼロ]
エポニーヌ…▼
…ああ。
今は、それで十分だ。▼
俺たちが本当にわかり合うのは…
きっと、時間がかかる。▼
[ゼロ]
皆…今回はすまなかった。▼
行軍の最中なのに…
手を煩わせてしまったな。▼
[サイラス]
いや、気にすることじゃない。
おかげで屋敷の主の不正が暴かれた。▼
むしろ感謝していると、
カムイも言っていたぞ。▼
[ゼロ]
そんな…! しかし…▼
[エポニーヌ]
…………▼
あら…
あの二人…やけに距離が近くない?▼
同僚として付き合いを続けるうちに
互いの魅力に気付き…そして…▼
あぁ…悪くないかも。▼
[ゼロ]
どうした?
何か用か。▼~
[エポニーヌ]
…ううん。何でもないわ。
気にしないで話を続けて。▼
[ゼロ]
…ああ。▼
[エポニーヌ]
…………▼
ふふ。付いて行くのも…
悪い事ばかりじゃなさそう。▼
イイことがたくさんあるといいわね。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-02 (日) 21:46:02