マイユニット(男性・僕)の支援会話

アクア

※アクアとの支援は、白夜・暗夜・透魔で内容が異なる

支援C

[カムイ]
はぁ…はぁ…
うっ…くっ…!▼
[アクア]
誰…?
こんな夜更けに一体何を…▼
…!? カムイ?
一体どうしたの!?▼
[カムイ]
くっ…
だ、大丈夫だよ…アクア。▼
[アクア]
とてもそうは見えないわ。
足元もふらついてるし…顔も真っ青よ。▼
それに…床に割れたグラスの破片…▼
[カムイ]
ほ、本当に大丈夫なんだ…ちょっと
嫌な夢を見てうなされただけなんだよ。▼
水を飲もうとしてふらついただけなんだ。▼
[アクア]
そうだったのね。
とりあえず…水を飲んで落ち着いて。▼
[カムイ]
ごくっ…ごくっ…
はぁ…▼
ありがとう、アクア…▼
[アクア]
で…どんな夢を見ていたの?▼
[カムイ]
いや、別に大したことじゃないよ。▼
[アクア]
…もしかして…悩んでいるの?
暗夜王国の側についたことを?▼
[カムイ]
…!!▼
は、ははは…さすがはアクアだね。
隠しごとはできないってわけか。▼
[アクア]
ここ数日のあなたの様子がおかしかったもの。
時々、俯きがちにため息もついていたし。▼
[カムイ]
もちろん後悔はしていないよ。▼
よく考えて決めたことだし、今でも
これが世界を救う唯一の方法だと思ってる…▼
[アクア]
カムイ…▼
[カムイ]
でも…毎晩夢に見るんだ…▼
殺された白夜の人たちが夢に出てきて…
僕のことを恨んでると言って襲ってくるんだ…▼
[アクア]
でも…カムイ。それも覚悟の上で、
この道を選んだんじゃなかったの?▼
[カムイ]
もちろんだよ…でも…僕の心は、
そこまで簡単に割り切れてはいないらしい。▼
[アクア]
…確かにそうね。▼
あなたにとって白夜は本当の家族だし、
私も本当に…彼らには感謝しているわ…▼
[カムイ]
でも…迷うことはあっても、歩み始めてしまった
事実は変わらないんだよね。▼
僕たちはこの先に平和があると信じて、
茨の道を進むしかないんだよね。▼
[アクア]
ええ…そうね。▼
[カムイ]
アクアの口からそれが聞けて良かった。
僕は…この道を進むよ。▼
[アクア]
………………▼

支援B

[カムイ]
さて…夜の見回りもそろそろ終わろうかな。
特に異常もないようだし…▼
…?
いや、あの柱の陰に…誰か…?▼
…っ!? 白夜兵…!?▼
[白夜兵]
見つけたぞ…
暗夜王国の王子…カムイ!▼
[カムイ]
え…!?▼
[白夜兵]
貴様にはここで死んでもらうっ!!
きえええーっ!!!▼
[カムイ]
うっ! くっ…!!▼
やられて…たまるかっ!!▼
うおおおっ!!▼
[白夜兵]
ぐっ! ぐああああーーーっ!!▼
[カムイ]
はぁっ…はぁっ…!▼
[アクア]
カムイ!!
ど、どうしたの…カムイ!?▼
…っ!? まさか…
敵がここまで忍び込んでいたの!?▼
[カムイ]
う、うん…どうやらそうみたいだね。▼
[白夜兵]
ぐぬっ…
お…俺は絶対に許さない…▼
家族を皆殺しにした…暗夜王国を…!
カムイ…お前のことを…!▼
[カムイ]
…!!▼
[白夜兵]
貴様らには…天罰が下されるだろう…
暗夜の者は必ず…滅びる運命にある…▼
その日が来るまで…
精々…束の間の平穏を楽しむがいい…▼
ぐはは…はは…
ぐふっ…!▼
……………▼
[カムイ]
……………▼
[アクア]
カムイ…大丈夫?▼
[カムイ]
うん。怪我などはしてないよ。▼
[アクア]
そうじゃない。
あなたの心が…よ。▼
[カムイ]
…心。▼
[アクア]
今言われたことを、
いつまでも気にしていてはダメ。▼
ここで立ち止まっては…
この人の命までが無駄になるわよ。▼
[カムイ]
そっ、そう言われても…!▼
今家族の復讐のために僕を殺そうとした彼には、
彼なりの正義があったんだ…!▼
その正義を奪ったことに違いはないだろう!?▼
[アクア]
それなら…悔めばいいわ。▼
[カムイ]
えっ…!?▼
[アクア]
後悔して、悩んで、落ち込んで…
涙を流しながらも前に進めばいいのよ。▼
本当はもうこれ以上あなたには
悩んでほしくなかった…でも…▼
この真実から目を背けてはダメなの。▼
[カムイ]
どういう意味…?▼
[アクア]
カムイ…
あなたが今悩むのは、あなたに…▼
そして私たちに力がないからよ。▼
[カムイ]
…!!▼
[アクア]
そして今ここで白夜兵の彼が命を落としたのも、
あなたと私たちに力がないから。▼
本当はもうわかってるんでしょう…?▼
[カムイ]
………………▼
[アクア]
私たちはその真実を突きつけられながらも、
進むしかないの。▼
きっとこれからもこういうことは何度もあるわ。▼
それでも進むしかないのは…大きな力を手に
入れるためなんだから…仕方がないでしょう?▼
[カムイ]
…アクア。そうだね、ごめん。
弱音を吐いてしまって…▼
[アクア]
ううん、私なら平気。▼
あなたが道に迷いそうな時は、
いつでもこうして背中を押してあげるから。▼
[カムイ]
うん…アクア。ありがとう。▼


支援A

[アクア]
はぁ…はぁ…!
カムイ!!▼
[カムイ]
アクア、どうしたの?
そんなに息を切らして。▼
[アクア]
どうやらまた白夜兵が侵入したらしいの…
またあなたを襲いに来たのかもしれない…!▼
[カムイ]
えっ…!?▼
[白夜兵]
カムイ…
暗夜王族のカムイだな!▼
[カムイ]
っ!?▼
[アクア]
くっ…!
すでにここまで来ていたのね!▼
[白夜兵]
我が仲間を殺した恨み…ここで晴らす!!
死ねえええーっ!!!▼
[カムイ]
あっ…▼
[アクア]
カムイ!?
どうしたの!? 武器を構えるのよ!?▼
何をぼさっとしているの!?▼
[カムイ]
で…でも!▼
[アクア]
カムイ!?▼
くっ…仕方ないわ。
ここは私が…!!▼
はああっ!!▼
[白夜兵]
な、なにっ!?
ぐ!! ぐああああーーーっ!!!▼
[カムイ]
…!!▼
[アクア]
はぁ…はぁ…▼
[カムイ]
ア、アクア…▼
[アクア]
カムイ…大丈夫?▼
[カムイ]
アクア…ごめん。
でも…急に身体が動かなくなってしまって…▼
[アクア]
ううん…いいのよ。
悩めばいいって言ったのは私だもの。▼
[カムイ]
で、でもこんな情けない姿…!!▼
僕はこんなにも弱い人間だったのか…!!
これじゃあみんなにも申し訳ない…▼
[アクア]
いいえ、カムイも人間だもの。
そういう時だってあるわ。▼
だからね…あなたが自らの手を血で汚すことに
疲れてしまった時は…私が手を汚す。▼
[カムイ]
えっ…?▼
[アクア]
倒した敵の血で汚れるのはあなただけじゃない。
私だって同じ覚悟でいることを忘れないで。▼
[カムイ]
アクア…▼
[アクア]
もしカムイが罪を犯して
地獄に落とされるなら、それは私も同罪だから。▼
…私も罪を背負い、一緒に地獄に落ちる覚悟よ。▼
[カムイ]
…アクア。
わかったよ。もう僕は…迷わない。▼
いや…まだ迷うことはきっとあるんだろうけど、
そのたびに君が背中を押してくれるなら、▼
この茨の道を最後まで歩くと約束するよ。▼
[アクア]
ええ、私もあなたを支えると…約束するわ。▼
[カムイ]
よし…アクア。行こう。
地獄に落ちるなら…二人一緒だ。▼
[アクア]
ええ。▼


支援S

[カムイ]
アクア、ちょっといいかな?▼
[アクア]
あら、カムイ。
こんな夜更けにどうしたの?▼
また怖い夢を見て眠れなくなったのかしら?
ふふっ…▼
[カムイ]
そ、それはさすがに…ないよ。
子供じゃないんだからさ。▼
[アクア]
カムイ、前に比べて
瞳に生気が宿っているように見えるわ。▼
もう吹っ切れたのかしら…?▼
[カムイ]
うん、たいぶね。それに…僕はアクアに
言っておかなきゃならないことがある。▼
覚悟を伝えるために、ね。▼
[アクア]
覚悟?▼
[カムイ]
うん。この前僕は、地獄に落ちるなら
二人一緒だと言ってしまったけど…▼
正直言うと僕は
君に地獄には行ってほしくないし、▼
その手を血で汚したくもない。▼
[アクア]
そ、それは…▼
[カムイ]
もちろんたとえ話だとはわかってるよ。
でも…そうじゃないんだ。▼
仲間としてではなく、暗夜と白夜で生きた
似た者同士としてでもなく…▼
愛する君に…
僕は幸せになってほしい。▼
[アクア]
…!▼
[カムイ]
こんな頼りない僕にそんなことを言う資格は
ないのかもしれないけど…▼
愛する人と一緒に
悲しい結末になる覚悟をするなんて…▼
嫌だなと思ったんだ。▼
[アクア]
ありがとう、カムイ…▼
もちろん私だって好きな人と共に
地獄に落ちる約束をするなんて…嫌だわ。▼
[カムイ]
アクア…! じゃあ…?▼
[アクア]
ええ。この前の約束は撤回。
改めて約束を結び直しましょう。▼
…愛し合う私たちはこの苦境を乗り越えて、
世界を明るく照らしてみせる、と。▼
この暗き道を共に歩き、
光差す着地点を目指しましょう…カムイ。▼
[カムイ]
もちろんだよ…!▼
ありがとう、アクア。
これからも…よろしくね。▼
[アクア]
こちらこそ、カムイ。▼

(モーション、CV有り。)

[アクア]
好きよ。
私たち、幸せになりましょうね。
もし離れてしまう日が来ても…
あなたに…愛してほしい…

エリーゼ

支援C

[エリーゼ]
えいっ! えいっ!▼
[カムイ]
エリーゼ、何をやっているんだい?
こんな野原で拳を突き出して…▼
[エリーゼ]
わわっ!
カムイおにいちゃん!▼
こ、これは違うの…!
あたしはここで…▼
ここで…そう!
お花を摘んでたの!▼
[カムイ]
お、お花?▼
[エリーゼ]
うん!カムイおにいちゃんに、
花束をつくってあげようかなって!▼
[カムイ]
いや…どう見ても
殴る練習をしていたとしか…▼
[エリーゼ]
…………▼
ばれちゃったなら仕方ない。
本当のことを言うね。▼
実はあたし…悩んでるんだ。▼
もしかして、みんなの足手まとい
なんじゃないかなって。▼
だから、カムイおにいちゃんみたいに
強くなれるように、こっそり鍛えてたの。▼
[カムイ]
エリーゼが足手まとい?
そんなわけないよ。▼
[エリーゼ]
カムイおにいちゃんは優しいね。
あたしのことを心配してくれて。▼
でも、だからこそ鍛えたいの。
誰にも心配されなくなるくらいに!▼
[カムイ]
そうか。
けっこう本気なんだね。▼
[エリーゼ]
そう! あたしは本気なの!▼
ほら見て、右からパンチ!
そして流れるように左からもパンチ!▼
えい、えいえいえーーーい!▼
[カムイ]
おお…確かにこれは本気だね。▼
よし、わかった。
だったら僕も付き合うよ。▼
一人でやるより二人でやったほうが
トレーニングもはかどると思うんだ。▼
[エリーゼ]
カムイおにいちゃん…▼
ありがとう! もう大好き!
ほーんと大好きー!▼
[カムイ]
あはは。
よし、じゃあまずは走り込みからだ!▼
[エリーゼ]
はーい!▼

支援B

[カムイ]
さあ、今日も特訓を始めるよ。▼
[エリーゼ]
…………▼
[カムイ]
どうしたんだい?
元気がないみたいだけど。▼
[エリーゼ]
あたし、あんなに特訓したのに…
まだみんなの足手まといな気がするー。▼
[カムイ]
それは考えすぎなんじゃない?▼
[エリーゼ]
そうかなぁ…▼
[カムイ]
まあ、どちらにしたって、
コツコツ頑張るしかないよ。▼
[エリーゼ]
そうだね…わかった!
あたし、がんばるよ!▼
[カムイ]
いいぞ、その意気だ。▼
[エリーゼ]
じゃあ今日は何をする?
カムイおにいちゃん!▼
[カムイ]
そうだな…
今日は…▼
腕立て伏せなんてどうだろう。▼
[エリーゼ]
う、腕立て伏せ?▼
腕立て伏せって…
ムキムキの人たちがやるやつでしょ。▼
[カムイ]
そうだ。本気で鍛えたいなら、
腕立て伏せは誰もが通る道だ。▼
[エリーゼ]
…わかった。
カムイおにいちゃん!▼
いーち…
にーい…▼
さーん…
しーい…▼
[カムイ]
いいぞ、その調子だ!▼
[エリーゼ]
ごー…▼
ああっ…▼
[カムイ]
どうした。もうやめるのかい?▼
本気で鍛えたいんだったら
こんなところでやめちゃ駄目だ。▼
[エリーゼ]
でも…腕がプルプルして…▼
[カムイ]
エリーゼ、つらくなったら、
腕立て伏せをしている理由を思い出すんだ。▼
自分を鍛えたい。
もっと強くなりたい。▼
そうだろ、エリーゼ。▼
[エリーゼ]
わかった…
あたしがんばる…▼
[カムイ]
さあ、まずは十回を目指そう。▼
[エリーゼ]
うん!▼
いーち! にーい!
さあーーーーーん!▼

支援A

[カムイ]
さあ、今日も特訓を始めよう。▼
[エリーゼ]
…………▼
[カムイ]
…え、エリーゼ!?
泣いているのかい!?▼
[エリーゼ]
うっ…!ひっく、ぐすっ…!
…ごめんなさぁい。▼
でもなんか…
自分が情けなく思えちゃってー…!▼
[カムイ]
どういうことなんだい。
話してごらん。▼
[エリーゼ]
…………▼
カムイおにいちゃんのおかげで、
あたし何となく強くなった気がしたの。▼
でもね、敵と一対一になったりすると、
やっぱりちょっと弱気になっちゃうんだ。▼
こんなんじゃ…
いつまでたっても足手まといだよね。▼
[カムイ]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
あたしね、みんなの役に立ちたいの…▼
マークスおにいちゃんも…
レオンおにいちゃんも…▼
カミラおねえちゃんも…
それから、一緒に戦ってるみんなも…▼
…みんなみんな、
平和に暮らせるようになってほしい。▼
そのためには、
この戦争に勝つしかない。▼
足手まといになってる暇なんて
ないのに…▼
[カムイ]
エリーゼ…▼
もういいんだ。
君の気持ちはとても強く伝わってきたよ。▼
[エリーゼ]
カムイおにいちゃん。▼
[カムイ]
その気持ちさえあれば
いつかきっと君の望み通りになるよ。▼
ただ戦っているだけでは戦争は終わらない。
エリーゼみたいな強い思いが大事なんだ。▼
だから、涙を拭いて。
エリーゼの気持ちはちゃんと伝わったから。▼
…よしよし。
エリーゼはよく頑張ってるよ。▼
[エリーゼ]
カムイおにいちゃん…▼
んもー、大好き…!
ほんとにほんとに、だーーーい好き…!▼
[カムイ]
あはは…僕もだよ。▼
[エリーゼ]
よぉぉぉし!
あたし、がんばる!▼
がんばって最強無敵の暗夜王女に
なってみせるんだからーーー!!▼
[カムイ]
いいぞ!
その意気だ!▼

支援S

[エリーゼ]
カムイおにいちゃん。
お花畑で何しているの?▼
[カムイ]
わわわっ!
い、いや、別に…その…▼
そ、そうだ。
僕はここで腕立て伏せしてるんだよ。▼
[エリーゼ]
どう見ても違うと思うよ。
お花を摘んでるんでしょ?▼
すごくきれいなお花ね!
見せて!▼
[カムイ]
あっ。▼
[エリーゼ]
うーん! いい匂い!▼
あっ、わかった。
なんでコソコソしていたのか。▼
これで花束を作って、
誰かにあげるつもりだったんでしょ?▼
[カムイ]
…………▼
[エリーゼ]
やっぱりそうだったのね!
誰にあげるつもりなの?▼
この花の花言葉は永遠の愛。
本命さん以外には渡しちゃいけないお花よ。▼
[カムイ]
ああ。
花言葉のことは知ってるよ。▼
…だから。
…そのまま持っててよ。▼
[エリーゼ]
えっ?▼
[カムイ]
その花束は…
君に渡そうと思っていたんだ。▼
[エリーゼ]
…………▼
…嘘でしょ?▼
[カムイ]
嘘じゃないよ。▼
[エリーゼ]
だ、だってこの花は!?▼
[カムイ]
ああ。
そうだよ。▼
僕は君ともう一度…家族になりたくて、
その花束を渡そうと思ったんだ。▼
[エリーゼ]
…………▼
えっ?▼
そ、それって…▼
[カムイ]
エリーゼ。
僕と結婚してほしい。▼
君となら…素敵な家庭を
築けそうな気がするんだ。▼
[エリーゼ]
でも…あたしたち、
きょうだい…なんだよ?▼
[カムイ]
うん。でも…
エリーゼは僕と血が繫がっていない。▼
結婚するのに、
何も問題はないはずだよ。▼
[エリーゼ]
うれしい…▼
うれしいけど…
あたし…奥さんになんてなれるかな?▼
カムイおにいちゃんの
足手まといになったりしないかな。▼
[カムイ]
そんな。
結婚しても今まで通りでいいんだよ。▼
[エリーゼ]
…今まで通り…▼
カムイおにいちゃんのことを想って
遊んで…▼
カムイおにいちゃんのことを想って
闘って…▼
カムイおにいちゃんのことを想って
朝一番に、起こしに行く…▼
…それでいいのかな。▼
[カムイ]
うん。完璧だよ。▼
でも、一つだけ。
結婚したら「おにいちゃん」はなしだ。▼
[エリーゼ]
そ、そっか。そうだよね。▼
でも…なんて呼べばいいんだろう…▼
[カムイ]
エリーゼの好きなように呼べばいいさ。▼
[エリーゼ]
…………▼
それじゃあ…▼
「あなた」…なんていうのはどう?▼
[カムイ]
!▼
も、もう一回言ってみてくれるかな?▼
[エリーゼ]
あなた…▼
[カムイ]
…!!▼
[エリーゼ]
ど、どうしたの?
やっぱり変? 駄目?▼
[カムイ]
い、いや…
変どころか…▼
すごく素敵だった…▼
[エリーゼ]
そ、それならよかった。
…あなた。▼
[カムイ]
エリーゼ…
ありがとう。▼
…悪いんだけど、
最後にもう一回だけ、聞かせてくれる?▼
[エリーゼ]
ふふふ。▼
これから永遠に言ってあげるから、
そんなに慌てなくても大丈夫だよ。▼

(モーション、CV有り。)

[エリーゼ]
あたし頑張って、素敵な奥さんになってみせるからね!
世界で一番、大好きだよ
…ね?あなた…

ハロルド

支援C

[ハロルド]
よし、任務完了と。▼
[カムイ]
あれ、ハロルド。
どこに行っていたんだい?▼
[ハロルド]
ある村が悪党どもに
襲われたという知らせを受けたので…▼
そこまで行って帰ってきたのだよ。▼
[カムイ]
悪党?
それで…どうなったの?▼
[ハロルド]
もちろん成敗してやったさ!
正義という名のもとに!▼
[カムイ]
素晴らしいね。
さすが暗夜王国の庶民のヒーローだよ。▼
人助けに余念がないんだね。▼
[ハロルド]
ははは!
嬉しいお言葉、感謝するよ。▼
だが、王都のごろつきに比べたら、
村の悪党なんて楽勝だ。▼
[カムイ]
でも、その割には
ズボンが泥だらけだけど…▼
[ハロルド]
ああ、これは別件だ。
帰りに荷馬車に三度ほどはねられたのだよ。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ハロルド]
あと、自警団に悪党と間違えられ、
追い回されたというのもある。▼
[カムイ]
はぁ…▼
本当だったんだね…
不運の星のもとに生まれたという噂は…▼
[ハロルド]
おっと、いけない。▼
近所の老婦人に
薬を届ける約束をしていたのを忘れていた。▼
それでは失礼するよ!▼
[カムイ]
今度は何もないといいけど…▼

支援B

[ハロルド]
さて。任務完了、と。
今日も正義に徹することができたぞ。▼
[カムイ]
あれ、ハロルド。
今日はどんな人助けをしてきたんだい?▼
[ハロルド]
今日は極秘の食事会の警備を、
これまた極秘に頼まれたのだ。▼
だが何の心配もない…
先程、完璧にこなしてきた。▼
[カムイ]
素晴らしいね。
ご苦労さま。▼
[ハロルド]
ただ食事会の料理に、腐っているかもと
疑われた料理があってね。▼
毒見させられたら、
少しお腹が痛くなったよ。▼
まあ、他の料理は腐っていなかったので、
食事会は無事に終わったがね!▼
何故か私の毒見した箇所だけが
ピンポイントで腐っていたようだ!▼
[カムイ]
はぁ…
やっぱり、そういう目に遭ったんだね…▼
[ハロルド]
まったく…
世の中、何が起きるかわからないものだ!▼
ははは!▼
[カムイ]
は、ははは…▼
[ハロルド]
…さてと。
次の私の予定は…と。▼
今日はもうなしか。
では明日に備えて寝るとしよう。▼
[カムイ]
明日は何があるの?▼
[ハロルド]
街の防災訓練の臨時講師だ!▼
[カムイ]
防災訓練の講師…?▼
[ハロルド]
ああ!
火事の対処法を実演する予定だ!▼
[カムイ]
か、火事の対処法?▼
…………▼
ハロルド、ちょっといいかな?▼
[ハロルド]
なんだね?▼
[カムイ]
防災訓練のときだけど……
まず頭から水をかぶっておいてね。▼
[ハロルド]
む?▼
[カムイ]
いい? 約束だよ。▼
全身をしっかり濡らしてから
防災訓練を始めるんだよ。▼
[ハロルド]
わ、わかったよ…▼
なんだかよくわからないが、
あなたがそう仰るのであれば、従おう!▼

支援A

[カムイ]
ハロルド。
防災訓練はどうだった?▼
[ハロルド]
カムイ様!
ああ、あなたには頭が上がらないよ!▼
言われた通りに体を濡らしてから
防災訓練を始めることにしたのだが…▼
結果…大成功だったよ!▼
[カムイ]
やっぱり。▼
火事って聞いて嫌な予感がしたんだ。
念のため言っておいてよかったよ。▼
[ハロルド]
火事?▼
火事は関係なかったのだがね?▼
[カムイ]
えっ?▼
[ハロルド]
防災訓練は川の近くで行われたのだが、▼
カムイ様の忠告を思い出して
体を濡らそうと川に近付いたら…▼
足下が崩れて…
そのまま川に落ちてしまったのだ。▼
[カムイ]
…………▼
それのどこが…大成功だったんだい?▼
[ハロルド]
話はここからだよ!▼
落ちた川は運悪く、
かなりの激流でね。▼
泳ぎには自身があった私も
あっけなく流されてしまった。▼
[カムイ]
…だから、それのどこが
大成功だったんだい?▼
[ハロルド]
まだまだ話は続くのだよ!▼
私はただ流されたわけではなく、▼
前日の大雨のせいで流れてきた
土砂や流木に飲み込まれたのだ。▼
だが、私はくじけなかった!▼
不屈の闘志を胸に必死で流れに逆らい、
無事に生還した!▼
その様子に人々は拍手喝采。▼
火事の対処法よりもいいものが見られたと
皆に喜んでもらえたという寸法だよ!▼
[カムイ]
…はあ。▼
[ハロルド]
世の中、
何が起こるかわからないものだね。▼
しかし、これもカムイ様の
ご忠告のおかげだ!▼
これからも、何かあるときは
カムイ様に相談しようと思う。▼
カムイ様の助言は私の人生において
欠かせないものになりそうな予感がするのだ!▼
[カムイ]
い、いや…
そ、そこまでのことでは…▼
[ハロルド]
いや、これはきっと間違いない!
これからもよろしくお願いするよ!▼
あなたは私の、
幸運のキーマンに違いない!▼
[カムイ]
は、はあ…
それはどうも…▼

エルフィ

支援C

[エルフィ]
もぐもぐ…
うん、おいしい…▼
[カムイ]
エルフィ。
すごいな…▼
[エルフィ]
あっ、カムイ様…
すごいって、何がでしょうか?▼
[カムイ]
何がって…
これ…みんな君一人で食べるのかい?▼
[エルフィ]
はい…
わたしの使命はエリーゼ様を守ること。▼
ひいてはエリーゼ様が大事になさっている
皆さんを守ることもわたしの使命なのです…▼
そのためには普段から人一倍
訓練をする必要があります…▼
そして、訓練するとお腹が減ります。
だから人一倍、食べるのです…▼
[カムイ]
な、なるほど…▼
そんなに想ってもらって
エリーゼは幸せ者だね。▼
[エルフィ]
そうでしょうか…
だといいのですが…▼
ただ、わたしは臣下として
当然のことをしているだけです。▼
エリーゼ様には多大な恩義がありますから…▼
[カムイ]
恩義?▼
[エルフィ]
はい。▼
今のわたしがあるのは
エリーゼ様のおかげなのです…▼
[カムイ]
それは興味あるな。
よかったら聞かせてくれるかい?▼
[エルフィ]
わかりました。
言って誰が困るような話でもありませんし…▼
ただ…
また今度にしてもらってもいいですか?▼
今は食べることに集中したいのです…▼
[カムイ]
わ、わかった。
じゃあ次の機会を楽しみにしているよ。▼

支援B

[カムイ]
やあ、エルフィ。
こんなところにいたんだね。▼
何をやっているんだい?▼
[エルフィ]
この石垣が傾いていたので、
訓練を兼ねて修繕を…▼
[カムイ]
石垣の修繕?▼
[エルフィ]
はい。
このように。▼
よいしょ、と…▼
[カムイ]
うわわわわ!
そんな巨大な石を軽々と!▼
な、なんて怪力だ…▼
[エルフィ]
たいしたことではありません…▼
そしてこの力を得られたのも
エリーゼ様のおかげなのです…▼
[カムイ]
そうだ。
その話を聞きたかったんだ。▼
[エルフィ]
そうでしたね…
では作業がてらお話ししましょう。▼
わたしとエリーゼ様は
元々、幼なじみでした。▼
わたしはある都市の地下街の出なのですが…
そこに身分を隠したエリーゼ様が来たのです。▼
[カムイ]
へえ。そうだったんだ。▼
[エルフィ]
ふん。
よいしょと。▼
わたしたちはすぐに意気投合して
仲良くなりました…▼
せい。
どっこいしょ。▼
ある日、わたしたちが遊んでいると
ガラの悪い衛兵に絡まれてしまいました。▼
するとエリーゼ様は自らの身分を明かし、
その威光で衛兵たちに土下座させたのです…▼
[カムイ]
うん…▼
[エルフィ]
そのとき、わたしは初めて知りました。
エリーゼ様が王女であると…▼
おら。
どっせい。▼
あの時のエリーゼ様の輝きと言ったら…
それはもう…言葉にできないほどの…▼
[カムイ]
エ、エルフィ…
悪いけど、一つお願いがあるんだ。▼
[エルフィ]
何でしょう…▼
[カムイ]
修繕を止めて話してもらってもいいかな?▼
なんかすごすぎて…集中できないんだ。▼
[エルフィ]
そうですか…
わかりました。▼
ああ…ではわたしのほうからも
お願いしてもいいでしょうか…▼
[カムイ]
なんだい?▼
[エルフィ]
お腹が空きました…
何か食べて来てもいいでしょうか?▼
[カムイ]
も、もちろんだとも…▼
[エルフィ]
では、続きはまた後日ということで…▼

支援A

[カムイ]
やあ、エルフィ。
話の続きを聞かせてもらえるかい?▼
[エルフィ]
どこまでお話ししたでしょうか…▼
[カムイ]
ガラの悪い衛兵に絡まれて、
エリーゼが身分を明かしたところまでだね。▼
[エルフィ]
そうでした…▼
あの時エリーゼ様は
悲しいお顔をして言いました…▼
身分がバレてしまったから、
もう一緒には遊べない、と…▼
去っていかれるエリーゼ様の背を見ながら、
わたしは泣きました…▼
そして考えました…▼
またエリーゼ様に会うには
どうすればいいのかと…▼
結果、わたしが導き出した答えは
王城兵になるということでした…▼
[カムイ]
なるほど。▼
[エルフィ]
こんなわたしでも王城兵になれば、
お城の中に行くことができる…▼
そうすればまたエリーゼ様と
お会いできると考えたのです…▼
わたしはその日から
王城兵になるための猛特訓を始めました…▼
…特訓の内容も話した方がいいでしょうか?
…かなり長い話になりますが…▼
[カムイ]
じゃ、じゃあそこは飛ばしてもらおうかな。▼
[エルフィ]
はい。
わかりました…▼
特訓を続けた結果、わたしは王城兵となり…
エリーゼ様との再会を果たしたのです…▼
[カムイ]
そうだったのか…▼
[エルフィ]
エリーゼ様はわたしを
初めての臣下として迎えてくださいました。▼
そして、今のわたしがあるのです…▼
わたしは毎日がとても楽しいです。
これもエリーゼ様のおかげ…▼
わたしはエリーゼ様のためであれば、
死すら恐れない覚悟があります…▼
お話は以上です…▼
[カムイ]
ありがとう。
いい話だったよ。▼
前にも言ったけど、
エリーゼは本当に幸せ者だね。▼
[エルフィ]
ただ…▼
[カムイ]
ただ?▼
[エルフィ]
…カムイ様。
最近はあなたも大事な人になってきました…▼
[カムイ]
えっ?▼
[エルフィ]
もちろんエリーゼ様には及びませんが…▼
[カムイ]
でも、どうして僕が?▼
[エルフィ]
あなたには出撃時に
たくさん守ってもらっています…▼
[カムイ]
そうかな。むしろ僕の方が
守ってもらっている気がするけど。▼
[エルフィ]
そうですか…▼
だとすれば…
わたしたちはなかなか悪くない関係ですね…▼
[カムイ]
うん。そうだね。
これからも一緒に頑張って行こうね。▼
[エルフィ]
はい…▼

支援S

[カムイ]
こんなところにいたんだね。
探したよ。▼
[エルフィ]
カムイ様…▼
どうしたのですか。
そんなにたくさんの食べ物を持って…▼
[カムイ]
多分、訓練中だろうから
お腹を空かしてるかなって思ってね。▼
[エルフィ]
確かにその通りです…
お気遣いありがとうございます。▼
[カムイ]
エルフィ、食事の前に
聞いてほしいことがあるんだけど。▼
[エルフィ]
? なんでしょう…▼
[カムイ]
実は…結婚の申し込みにきたんだ。▼
[エルフィ]
…え!?▼
[カムイ]
僕と結婚してくれないか。▼
[エルフィ]
そ、そんな…
本気で言っているのですか?▼
ですが…わたしとカムイ様では、
身分が違いすぎます。▼
[カムイ]
身分? そんなの関係ないよ。
少なくとも、僕は気にしないから。▼
[エルフィ]
そうだとしても…
やはり駄目です…▼
こんなたくさん食べる女は…
家計を圧迫するだけで結婚には向きません…▼
[カムイ]
心配はいらないよ。▼
僕は君の食事をしている姿が大好きなんだ。▼
[エルフィ]
ですが…
エリーゼ様はどう思われるでしょうか…▼
[カムイ]
喜ぶんじゃないかな?▼
僕と結婚したらエルフィとエリーゼは
姉妹になるわけだから。▼
[エルフィ]
姉妹!?▼
[カムイ]
そう。
君たちは義理の姉妹になるんだ。▼
つまり、エルフィがエリーゼの
姉ということになるね。▼
[エルフィ]
…わたしがエリーゼ様の姉?▼
とりあえず…先程の差し入れを
いただいてもいいでしょうか…▼
空腹と驚きと緊張でもう限界です…
いただきます…▼
[カムイ]
あ、いや。
ちょっと待って!▼
[エルフィ]
っ!? 固い…!?▼
[カムイ]
…あぁ。
…遅かったか。▼
[エルフィ]
このパン…何なのでしょう?
猛烈に固い…いえ、▼
中に何か入っている…?▼
[カムイ]
うん。その中に入っていたんだよ…
指輪が…▼
[エルフィ]
!! …そんな。▼
ごめんなさい。
今、指輪を確認しましたが…▼
どうやら割れてしまっているようです…▼
[カムイ]
えっ!?
か、噛む力もすごいんだね…▼
[エルフィ]
ああ…せっかくの宝石も
この通り…▼
[カムイ]
…ま、真っ二つになっちゃってるね。
驚かそうと思ったのが裏目に出た…▼
[エルフィ]
すみません…▼
でも、結婚はお受けします…▼
[カムイ]
えっ?▼
[エルフィ]
わたしも…あなたに
惹かれていましたから。▼
わたしの話を飽きずに聞いてくださり、
食べ物までくださる優しいあなたが…▼
わたしも、大好きです。▼
[カムイ]
エルフィ…
ありがとう。▼
[エルフィ]
せっかくいただいた指輪を
こんなにしてしまって、ごめんなさい…▼
わたし、急いで鍛冶屋さんに
直してもらってきますから…▼
[カムイ]
ううん。
直す必要は無いよ。▼
指輪は、新しいのを作りに行こう。
宝石も綺麗に二つに割れたことだし…▼
これを使って、僕と君でつけられる、
お揃いの指輪を作ればいいよ。▼
[エルフィ]
そうですか…▼
ありがとうございます…
カムイ様…▼

(モーション、CV有り。)

[エルフィ]
お揃いの指輪、楽しみにしています…
わたし、今度こそ壊しません。
大好きなあなたとの絆みたいに…一生、大切にします。▼

オーディン

支援C

[カムイ]
オーディン。▼
[オーディン]
ああ、カムイか。▼
[カムイ]
何をしているの?
そんなところにぽつんと立って…▼
[オーディン]
見ればわかるだろう。
今は晏如の幕間だ…▼
俺という名の舞台のな…▼
[カムイ]
晏如の…幕間…?▼
[オーディン]
そうだ。容易に言うならば、
のどかな休憩中ということだ。▼
[カムイ]
…………▼
そ、そうなんだ…
最初から簡単に言ってくれればいいのに…▼
でも…それで休憩になるの?
手をそんな風にしてたら、疲れそうだけど…▼
[オーディン]
手?
ああ、我が漆黒の隻手のことか…▼
[カムイ]
漆黒の隻手…?
…まあ、手だけど…▼
僕が言いたいのは、その…
手を前に伸ばしてるポーズのことだよ。▼
そのポーズ…何か意味があるの?▼
[オーディン]
…………▼
…ふっ。▼
くくく…
はははははははは…!▼
[カムイ]
?▼
[オーディン]
ついに来たのか…
この造作の原義を詳説する時が…▼
まあ、よかろう。
話せば長くなるが…▼
[カムイ]
じゃあ、いいよ…▼
(カムイ退場)
[オーディン]
な、なんだと!?▼
ちょ、ちょっと待て!
待ってくださいよー!▼
カムイ様―っ!!▼

支援B

[オーディン]
カムイ、見つけたぞ。▼
[カムイ]
何?▼
[オーディン]
例の造作の件だが、
仕方ないから縷説してやろう。▼
[カムイ]
い、いや…別にいいよ。
ちょっと気になっただけだから…▼
[オーディン]
この造作は、選ばれし者にだけ
許されたもの…▼
ちなみに、誰に選ばれたのかというところが
気になるだろうが…そこは言及不可能だ。▼
[カムイ]
そ、そうなんだ…▼
[オーディン]
そこで一つ発議したいことがある。
この漆黒の造作の呼称を制定したいのだ。▼
[カムイ]
そのポーズの名前を
決めたいってこと?▼
[オーディン]
平たく言うと、そういうことだ…▼
貴様にも命名の権利を授与しようと思う。
これも天より舞い降りし縁だろうからな。▼
[カムイ]
えっ?▼
[オーディン]
では授与しよう。
我が鍾美な造作の命名権を!▼
さあ、言うのだ…▼
悠久の後世に語れ継がれるであろう
この造作の呼称を!▼
[カムイ]
今…言うの?▼
[オーディン]
そうだ…▼
命名権を授与された喜びを…
そのまま着想とし、滑翔させるのだ!▼
[カムイ]
じゃあ…
うーん…そうだなあ…▼
…………▼
…………▼
[オーディン]
わくわく…▼
[カムイ]
…………▼
…………▼
[オーディン]
…まだか?▼
[カムイ]
あの…ごめん。
いい名前が思いつかないんで、▼
やっぱりまた今度でもいい?▼
[オーディン]
な、なにっ…!?▼
燐光の名称候補に与する栄光の機会を、
自ら棄却するというのかっ!?▼
[カムイ]
…うん。▼
[オーディン]
ガーン…▼
そ、そんなぁー!
期待させといて酷いですよ、カムイ様ー!▼
[カムイ]
オ、オーディンの話し方が
普通に戻った!?▼
[オーディン]
そりゃ戻りますよ!
こっちは必死なんですから!▼
かっこいい名前、付けたいんですよ!
お願いしますよ!▼
まずはとりあえず俺のほうで案を出しますから、
最後まで付き合ってくださいよー!▼
ね? ね??▼
[カムイ]
はぁ…
そこまで言うのなら、わかったよ…▼
[オーディン]
やった!
じゃあまた今度、よろしくお願いしますね!▼

支援A

[オーディン]
カムイ…しばし時はあるか?▼
[カムイ]
ギクッ…
見つかっちゃった…▼
[オーディン]
例の件だが…
いい案は出なかった。▼
永遠に語り継がれる選ばれし者の造作だ。
そう考えると肩に力が入ってしまってな。▼
[カムイ]
そうなんだ。
それじゃ。▼
(カムイ退場)
[オーディン]
…えっ?▼
ちょ、ちょっと待ってくださいよ!
それは冷たくないですか…!?▼
もっとおしゃべりしましょうよー…!▼
[カムイ]
…………▼
[オーディン]
わいわい案を出し合うとか、
いやいや、こっちはどうかなとか、▼
名前に込めた想いとか…
そういうおしゃべりをしたいんですよ!▼
[カムイ]
…………▼
ご、ごめん…
僕…他にもやらなきゃいけないことが…▼
[オーディン]
そんなこと言わないでくださいよー!▼
お時間取らせないようにしますから!
疲れさせないようがんばりますから!▼
努力し・ま・す・か・ら!▼
[カムイ]
はぁ…
そこまで言われると弱いなあ…▼
わかったよ。
少しだけだからね…?▼
[オーディン]
ありがとうございます!
さすがカムイ様!▼
俺、あなたに話しかけられた時、
すごくうれしかったんですよ…▼
このポーズに着目してもらえるなんて、
全然思ってなかったんで。▼
だからどうしても、
あなたと名前を決めたいなと思いまして…▼
俺のポーズの名前、
どんなのがいいですかね?▼
イメージだけでも全然いいんで、
話してもらえないですかね…?▼
[カムイ]
…………▼
そうだね…
イメージだけでいいなら…▼
やっぱり…オーディンらしく、
かっこよく頼もしいものがいいと思うよ。▼
[オーディン]
俺らしく、かっこよく…?
ちょ、ちょっと待ってください!▼
カムイ様、俺のこと…
そんな風に思っていてくれたんですか!?▼
[カムイ]
うん。▼
普段の言葉遣いは理解しづらいけど…
隣で戦う君はとても魅力的だよ。▼
だから、そういう意味で…▼
[オーディン]
ほ、本当ですか!
どうしよう、これは嬉しいなんてものじゃない…▼
灼熱の感激が…筆舌尽くしがたい思念が…
俺の心の臓を食い破った!▼
そして俺はその思念を腕に宿し、
眼前の光煌へと手を伸ばす…!▼
それが俺の衝動!
そう…この造作の名称は…▼
闇を裂く魂の憧憬!
<シャドウ・グリッツェン>だ!▼
[カムイ]
…………▼
自分でつけちゃったね。
そのポーズの名前。▼
[オーディン]
あ。▼
あああーーーすみませんつい勢いで!
一緒に決めるって言ったのに!!▼
[カムイ]
…大丈夫だよ。▼
僕がその名前を付ける手伝いができたなら、
一緒に決めたことに変わりはないよ。▼
<シャドウ・グリッツェン>…
素敵な名前じゃないか。▼
君に、ぴったりだよ。▼
[オーディン]
あ、ありがとうございます…!▼
カムイ様にそう言っていただけると俺…
ほんとに嬉しいです。▼
この気持ちはまるで我が魂の深淵から
燦爛とした光彩が竜顔を剔出し…▼
[カムイ]
え、えーと?▼
[オーディン]
わわ、すみません。▼
えっと、俺、がんばりますね!▼
俺のこと、頼もしい仲間だって…
これからもそう思ってもらえるように!▼
[カムイ]
うん。
オーディンの活躍、期待してるよ!▼

ゼロ

支援C

[カムイ]
ゼロ。
こんなところで何をしているんだい?▼
[ゼロ]
カムイ様か…
ふっ…何をしていると思う?▼
[カムイ]
ええと…
ちょっとここからじゃわからないよ。▼
[ゼロ]
なら、もっと近づけばいい。
大丈夫、いきなり噛み付きはしない。▼
[カムイ]
わかった…
じゃあ、おじゃまするね…▼
[ゼロ]
ガブッ!▼
[カムイ]
うわあっ!
ぜ、ゼロ!?▼
[ゼロ]
すまん。
ちょっとした悪ふざけだ。▼
さあ、気を取り直して、
もっと近づけばいい。▼
俺がここで何をしているか…
知りたいのだろう?▼
[カムイ]
う、うん…
でも…▼
[ゼロ]
何だ? 怖いのか?
まあ、無理もない。▼
俺はカムイ様にまだ
信用されていないからな。▼
[カムイ]
そ、そんなことないよ!
僕はゼロを信用してるよ?▼
[ゼロ]
それはおかしいな。▼
俺の方はまだカムイ様を
信用していないというのに。▼
[カムイ]
えっ?
何で?▼
[ゼロ]
俺たちはまだ、
そんなに深い付き合いをしていないからな。▼
信用ってのは激しくぶつかってから
生まれるものだと思うが…▼
まあ、育ちの違いかね。
お優しいことだ。▼
[カムイ]
…………▼
[ゼロ]
ああ、すまん。
今のは言い過ぎたかもしれん。▼
だが、簡単に人を信用できるような
生き方はしてこなかったんでね。
[カムイ]
…わかった。▼
でも、僕はもっと…
ゼロと話をしたいと思ったよ。▼
[ゼロ]
…物好きなことだ。
ま、好きにすればいい。▼

支援B

[カムイ]
ゼロ。
少し、話をしないかい?▼
[ゼロ]
お互いのことを
信用できるようになるためか?▼
もしそうだとするなら、
話すよりも有効な手段があるぞ。▼
何ならそっちを試してみるか?
きっと気にいると思うが…▼
[カムイ]
う、ううん、僕は普通に
話がしたいだけだから…▼
[ゼロ]
そうか。それは残念だ。
では、別の方法はまたの機会にするか。▼
[カムイ]
あの…▼
ゼロは以前、
こう言ってたよね?▼
「人を簡単に信用できるような生き方は
 してこなかった」って。▼
だから、もし嫌でなければ、
ゼロがどう生きてきたのかを知りたくて…▼
[ゼロ]
なるほど。▼
その人を知るにはまず過去から知るべき…
ということか。▼
人となりを理解する上では、
なかなか有効な手段かもしれないな。▼
[カムイ]
話してもらえるかな?▼
[ゼロ]
別にかまわない。
大したことではないからな。▼
生きるために
俺はガキの頃から何でもやってきた。▼
盗み、強請り、暴行、殺し…
やってない悪事を探す方が難しいな。▼
[カムイ]
…………▼
[ゼロ]
何だ? 驚いたのか?
すごいのはまだまだこれからだぞ?▼
売れるものなら何でも売った。
形あるものも無いものも全て…な。▼
一番、強烈だったのはアレだな…
まさかあんな大男が…▼
[カムイ]
ごめん!
やっぱり…そこまででいいよ。▼
…簡単に聞いていい話じゃなかったね。▼
僕に配慮が足りなかったよ。▼
[ゼロ]
ま、俺は別にいいんだが…▼
このまま話を続けたら
カムイ様が卒倒してしまうだろうしな。▼
[カムイ]
…ごめん。
僕、ゼロに辛い思いをさせちゃって…▼
[ゼロ]
いや、謝るのは俺の方だ。▼
あんたがあんまり神妙な顔で聞くもんだから、
少し大袈裟に言ってしまった。▼
[カムイ]
え…?▼
[ゼロ]
カムイ様が困る顔を、
見てみたかったんだよ。▼
俺の悪い癖だな。すまなかった。▼
[カムイ]
そうだったんだ。
もう、驚いたよ…▼
[ゼロ]
カムイ様は騙されやすいんだな。▼
[カムイ]
う、うん。
僕、簡単に人を信用しちゃうんだ。▼
こんなんじゃ、いつまで経っても
ゼロに信用してもらえないね。▼
[ゼロ]
ふっ。
…確かにその通りだな。▼

支援A

[ゼロ]
カムイ様。▼
[カムイ]
ゼロ。
どうしたの?▼
[ゼロ]
いや…少し話でもしようかと思ってな。
時間はあるか?▼
[カムイ]
もちろんだよ。▼
僕、嬉しいよ。
僕もゼロと話をしたいと思ってたから。▼
[ゼロ]
そうか…だが話だけでいいのか?
もっと色々とできることはあるぞ?▼
[カムイ]
た、例えばどういうこと?▼
[ゼロ]
そうだな…
相撲なんてどうだ?▼
[カムイ]
相撲?▼
[ゼロ]
ああ。
白夜王国では有名な武道らしい。▼
俺とカムイ様の体が激しくぶつかり、
二人の汗がキラキラと周囲にほとばしるんだ。▼
それが終わった後には、
二人の距離感はぐっと縮まることだろう。▼
[カムイ]
…とりあえず相撲はやめておくよ。▼
[ゼロ]
そうか。
では、大人しく話をしよう。▼
[カムイ]
うん。▼
[ゼロ]
…………▼
[カムイ]
…………▼
…ゼロ?▼
[ゼロ]
いや、よく考えたら、
特に話があるわけでもなかったな。▼
[カムイ]
そ、そうなんだ…▼
[ゼロ]
面白いものだ。▼
話すことは特にないのに、
俺はカムイ様と話がしたいと思った。▼
これはなぜだ?▼
[カムイ]
…いや、僕に聞かれても。▼
[ゼロ]
またいつものようにカムイ様が
困る顔を見てみたかったのか?▼
いや、違うな…▼
…もしかしたら、俺もカムイ様と
信じあえるようになりたいと思っているのか?▼
[カムイ]
はは。
それなら嬉しいよ。▼
[ゼロ]
これからも話をしたいときは
ここに来ていいか?▼
[カムイ]
うん、ぜひ。▼

支援S

[ゼロ]
カムイ様。▼
[カムイ]
ゼロ。
こんにちは。▼
[ゼロ]
突然だが、聞いてくれ。
今から少し大人の話をしようと思う。▼
[カムイ]
ええっ?
大人の話っていうのは…ちょっと…▼
[ゼロ]
そうか。▼
確かに俺の大人の話は
カムイ様には刺激が強いかもしれん。▼
しかし、今日の大人の話は
その手のものではない。▼
[カムイ]
わ、わかったよ。
それで、話って?▼
[ゼロ]
カムイ様は…
語れぬ過去を持つ男のことをどう思う?▼
[カムイ]
…それは、ゼロのこと?▼
[ゼロ]
ああ。そうだ。▼
[カムイ]
どうしたんだい?
突然、そんなことを言うなんて…▼
[ゼロ]
カムイ様は、
過去を語れぬ男と共に未来を築けるか?▼
[カムイ]
未来を…築く…▼
[ゼロ]
つまり…結婚はできるか、ということだ。▼
[カムイ]
け、結婚!?▼
[ゼロ]
そうだ。▼
…俺には決して語れぬ過去がある。▼
そのことを受け入れた上で
俺を信用してくれる人間…▼
そんな人間はこの世界に
カムイ様しかいない。▼
[カムイ]
で、でも僕は…
男なんだよ?▼
[ゼロ]
そんなことはわかっている。▼
男であることも、身分が違いすぎることも、
承知の上で言っているんだ。▼
俺は…カムイ様が好きだ。
誰に何を言われようとも。▼
この気持ちを告げずにいることは、
俺にはもうできない。▼
[カムイ]
本気…なんだね。▼
[ゼロ]
ああ。
こんな気持ちは初めてだ。▼
レオン様への忠誠心とは違う、
熱いモノがずっと身体から離れない。▼
変なんだ…
俺は他人の苦しむ顔が好きなのに、▼
カムイ様の顔が曇ると、
胸の奥が痛くなる。▼
俺のこの手で守って、大切にして、
ドロドロに甘やかしてやりたくなるんだ。▼
そして…できることならあなたを、
誰より幸せにしたいと願っている。▼
[カムイ]
…ゼロ…▼
[ゼロ]
カムイ様…
俺と結婚をしてくれないだろうか?▼
[カムイ]
…………▼
[ゼロ]
…やはり駄目か。▼
女からならまだしも、
男からこんな話をされては…▼
[カムイ]
…………▼
過去の話は語れなくても…▼
[ゼロ]
えっ?▼
[カムイ]
未来のことなら、
一緒に語れるんじゃないかな?▼
過去の分まで未来のことを
二人で一緒に話さない?▼
それなら僕は…
この申し出、受けるよ。▼
[ゼロ]
カムイ様…▼
いいのか? 本当に?
後悔は…しないか?▼
[カムイ]
後悔なんてしないよ。▼
確かに…びっくりしなかったって言ったら
嘘になるけど、▼
さっきの言葉…とても嬉しかった。▼
僕はゼロの気持ちを受け止めたい。
君と幸せになりたい。▼
…この先もずっと、
一緒にいたいって思ったから。▼
[ゼロ]
…………▼
…ありがとう。
…やはり俺の目に狂いはなかった。▼
[カムイ]
…はは。
お眼鏡にかなって光栄だよ。▼

(モーション、CV有り。)

[ゼロ]
…温かい。これが愛情か。
俺の中が、お前でいっぱいになるのを感じる。
俺はいつの間に、こんなに…
お前を好きになっていたんだろうな。

ニュクス

支援C

[ニュクス]
はぁ…
ここにもないのね…▼
[カムイ]
ニュクス、どうしたの?
表情が暗いけど…▼
[ニュクス]
カムイ…
何でもないわ。▼
[カムイ]
言ってよ。協力できることがあれば
力になりたいんだ。▼
[ニュクス]
ありがとう。
優しいのね。▼
でもね、カムイ…
貴方、お節介っていう言葉は聞いたことある?▼
今の貴方はまさにそれよ。▼
[カムイ]
そ、そうか…ごめん。
そんなつもりはなかったんだけど…▼
[ニュクス]
まあ、その若さなら仕方ないわ。▼
[カムイ]
えっ、その若さって…
ニュクスのほうが若いと思うんだけど…▼
[ニュクス]
何か言った?▼
[カムイ]
い、いや…▼
[ニュクス]
…そうね。
お節介というのは言い過ぎたかも。▼
せっかく声をかけてくれたのに、
悪かったわね。▼
ただ、大人の女性が
こっそり何かをしているときは…▼
あまり詮索するものじゃないわ。
これからは気をつけることね。▼
[カムイ]
…わ、わかったよ。▼
[ニュクス]
わかったなら行って。▼

支援B

[ニュクス]
ああ、この文献もだめね。
どうしてどこにも記載がないの…▼
[カムイ]
探し物かい?▼
[ニュクス]
カムイ…言ったわよね。
大人の女性がこっそり何かをしているときは…▼
[カムイ]
うん。
ちゃんと覚えてるよ。▼
でもよかったら協力させてほしいんだ。
仲間が困っているところを見過ごせないんだよ。▼
[ニュクス]
…仲間、ね。▼
[カムイ]
それでも嫌だと言うなら向こうに行くけど…▼
[ニュクス]
…ふふ。
若いっていいわね。▼
[カムイ]
…えっ?▼
[ニュクス]
…いいわ。そこまで言うなら教えてあげる。
私は伝説の鏡を探しているの。▼
[カムイ]
伝説の鏡?▼
[ニュクス]
そう。いにしえの神の力が宿る神器で…
その鏡には真実しか映らないとされているの。▼
話は以上よ。▼
[カムイ]
わかった。
教えてくれてありがとう。▼
どこかで珍しい鏡を見つけたら教えるよ。▼
…あと…一つだけいいかな。
鏡とは関係ない話なんだけど。▼
[ニュクス]
ええ、いいわよ。▼
[カムイ]
ニュクスは何かと
僕のことを若いって言うよね。▼
でも、君のほうが
よっぽど若いと思うんだけど。▼
[ニュクス]
…………▼
やっぱり知らなかったのね。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ニュクス]
まあいいわ。
いつかわかることだろうし…▼
私は幼く見えるけど
本当は貴方より年上なの。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ニュクス]
幼い頃に犯した過ちのせいで、
私は子供の姿のまま…▼
でも本当はもっともっと
大人の女性なのよ。▼
私は知りたい。
今の自分がどんな姿をしているのか…▼
[カムイ]
あっ。まさか…▼
[ニュクス]
そう。
だから私は伝説の鏡を探しているの。▼
あの鏡さえあれば、
私は自分の本当の姿を見ることができる。▼
これで話が飲み込めたかしら?▼
[カムイ]
う、うん…
ちょっと心の整理が必要そうだけど…▼
話してくれてありがとう…▼

支援A

[ニュクス]
うううううう…▼
はあっ!!▼
[カムイ]
ニュクス!
何をやっているんだ!▼
自分を術で攻撃するなんて!▼
[ニュクス]
攻撃していたわけじゃないわ。▼
伝説の鏡がどうしても見つからないから
代わりに自力で呪いを解除しようと思って…▼
[カムイ]
呪いの解除?▼
[ニュクス]
…そう。▼
私は呪いのせいで
子供の姿のまま変わらなくなったの。▼
[カムイ]
どういうことだい?▼
[ニュクス]
私は幼い頃から呪術の才能があって、
周りから天才とちやほやされたわ。▼
…でも、それがいけなかった。
私は調子に乗って術を暴走させてしまったの。▼
そのときの代償で呪いがかかり、
体の成長が止まってしまったのよ。▼
[カムイ]
そんなことが…▼
[ニュクス]
肉体の成長は止まったまま、
心だけが年を重ねていく…▼
周りの私を見る目は、
天才から化け物に変わったわ。▼
まあ、気持ちはわからなくもないけど。
本当に化け物みたいだし。▼
[カムイ]
そんなことないよ。
僕は君を化け物だなんて思わない。▼
[ニュクス]
本当かしら…▼
[カムイ]
本当さ。▼
化け物だと思っている相手に
お節介を焼きに来る人なんていないよ。▼
[ニュクス]
…ふふ。確かにそうね。▼
[カムイ]
この前も言ったけど、
君は大事な仲間だから。▼
そして今は、出会った頃よりも
もっと大事な存在になっている。▼
[ニュクス]
…カムイ。▼
[カムイ]
いろいろと
話してくれてありがとう。▼
うれしいよ。
君のことを知ることができて。▼
伝説の鏡…
あれから僕も探してるんだ。▼
まだ情報は少ないけど、
いつかきっと見つけてみせる。▼
[ニュクス]
…ありがとう。▼
でも、もし伝説の鏡が見つけられなくても、
それはそれで…構わないわ。▼
まだ、私もために必死になってくれる人が
いるってわかっただけで…十分よ。▼
[カムイ]
ニュクス…▼
でも、
見つかったらそれに越したことはないだろう?▼
僕は諦めない。
だから、信じて待っていてよ。▼
[ニュクス]
そうね。
じゃあ、期待せずに待とうかしら。▼
すぐには諦めないその気持ち…
若いのにやるじゃない。▼
年は私が上だけど…
貴方の方がしっかりしているかも…▼

支援S

[ニュクス]
あら、カムイ。
どうしたの。▼
[カムイ]
ニュクス。
この鏡で自分を見てみて。▼
[ニュクス]
えっ?
まさか…伝説の鏡が見つかったの?▼
み、見せて!▼
…………▼
…違うわ。▼
これは私の探している鏡じゃない。▼
[カムイ]
うん。
それは伝説の鏡じゃないよ。▼
[ニュクス]
えっ?▼
[カムイ]
この鏡に結婚を申し込む相手を映すと、
すごく縁起がいいんだって。▼
[ニュクス]
…?
どういうこと?▼
[カムイ]
どういうことって、そういうことさ。▼
ニュクス、僕と結婚してほしい。▼
[ニュクス]
…………▼
…いただけないわね。
年上の女性をからかうなんて。▼
[カムイ]
からかってなんかいない。
僕は真剣だよ。▼
[ニュクス]
そう…
なら、余計にたちが悪いわ。▼
私が結婚だなんて、できるわけがない。
だって、私の姿は若いままなのよ。ずっと。▼
貴方だけどんどん歳を取って…
隣には子供のままの私がいて…▼
そんな夫婦…おかしいわ。▼
[カムイ]
他の人にどう見えても関係ない。▼
僕には君の本当の姿が見えるんだから。▼
[ニュクス]
えっ?▼
[カムイ]
いや…
見えるっていうのはおかしいかな。▼
イメージできるんだよ、
成長した君の姿が。▼
身長は僕の肩くらいまで伸びていて…
体型は普通よりちょっと細めかな…▼
髪が長くて神秘的な女性だけど…
顔は意外と童顔なんだ。▼
[ニュクス]
カムイ…▼
[カムイ]
笑うときに目元に少し小じわができるけど
それも君の魅力の一つだ。▼
[ニュクス]
小じわの話は不要だったわね。▼
[カムイ]
そ、そうだね。
それはともかく…▼
本当の自分を知りたくなったら
僕に言ってくれればいい。▼
僕が伝説の鏡になるよ。▼
[ニュクス]
ふふっ。何よそれ…
伝説の鏡は、やけに大きくてお喋りなのね。▼
…でも、いいわ。
ありがとう、カムイ。▼
私、こんな物好きは見た事がない。
貴方となら、一緒に歳を重ねていけそうよ。▼
[カムイ]
…じゃあ、結婚してくれるのかい?▼
[ニュクス]
ええ…
こんな私でよければ。▼
[カムイ]
ありがとう、ニュクス…!
君の事、絶対に幸せにするよ。▼
僕たちがおじいちゃんおばあちゃんになっても、
…ずっとね。▼
[ニュクス]
ふふ…
その言葉…信じているわ。▼

(モーション、CV有り。)

[ニュクス]
本当の私を見てくれようとして、ありがとう。
あなたのおかげで、年甲斐もなく
熱い気持ちを思い出してしまったわ。
…私、貴方が好きよ。

カミラ

支援C

[カミラ]
カムイ、探したのよ。
…こんなところにいたのね。▼
[カムイ]
えっ、どうしたの?▼
[カミラ]
よいしょ、と。
さぁ、いらっしゃい。▼
[カムイ]
…また、それ?▼
[カミラ]
ええ、そうよ。
私の膝枕で疲れを癒してあげるわ。▼
今日は耳かきもしてあげましょうか。
あなた、これが大好きだったものね。▼
いつも最中に気持ち良さそうに寝ちゃって…
寝言で「カミラ姉さん」って…何度も。▼
[カムイ]
そ、それって僕が子供の頃の
話じゃないか…▼
[カミラ]
そうだったかしら? 私は、まるで
昨日のことのように思い出せるわよ。▼
あなたの寝顔は、
いつまでも見ていたいほど可愛くて…▼
おねえちゃん、
思わずキスしちゃいたいぐらいだったわ。▼
…あ、もちろん今でもそうだけれどね?▼
[カムイ]
…………▼
カミラ姉さん…
一度はっきり言おうと思っていたんだ。▼
[カミラ]
なあに?▼
[カムイ]
こういうのはもうやめようよ。
みんなからおかしな関係に思われる。▼
[カミラ]
おかしな関係って、なにかしら?▼
[カムイ]
そりゃたまに、やけに仲のいい
きょうだいっていうのはいるけど、…▼
でも姉さんは度が過ぎると思うんだ。▼
[カミラ]
あら。
人の目が気になるってこと?▼
[カムイ]
気になって当然だよ…▼
僕はもう子供じゃない。
一人の大人なんだ。▼
[カミラ]
まぁ…▼
立派なことを言うようになったわね。
おねえちゃん、誇らしいわ。▼
ますますカムイのこと…
いとおしく思えてきちゃう。▼
[カムイ]
だ、駄目だ…
話が通じない…▼

支援B

[カミラ]
カムイ、こんなところにいたのね。▼
[カムイ]
言っておくけど、膝枕と耳かきのセットは
要らないからね。▼
[カミラ]
わかったわ。
私…もうそんなことはしない。▼
[カムイ]
!▼
姉さん、わかってくれたんだね。▼
[カミラ]
代わりに温泉にでも行って、
一緒にお風呂に入らない?▼
[カムイ]
えっ、ええーっ!?▼
[カミラ]
まぁ…どうしてそんなに驚くの?▼
きょうだいが一緒のお風呂に入ったら、
そんなにおかしい?▼
[カムイ]
駄目だ…
もっとひどくなってる。▼
[カミラ]
あなたはずっと
城塞に閉じ込められていた。▼
本当だったら
一緒に買い物や散歩を楽しんだり…▼
広い草原で追いかけっこしたり…
海で水のかけあいっこしたり…▼
遠くまで旅をしたり…
温泉に行ったりしたかったの。▼
でも、そんなこと許されるわけもなく…▼
…カムイ。▼
[カムイ]
…は、はい。▼
[カミラ]
かわいい弟に何もしてやれなくて、
私がどれだけ自分を責めたと思う?▼
うっ…!
ううっ…!▼
[カムイ]
…………▼
姉さん…
そんなに僕のことを…▼
もう泣かないで。▼
[カミラ]
ごめんなさい…私ったら。
つい気持ちが抑えられなくなっちゃって。▼
…わかったわ。
もう泣かない。▼
だから一緒にお風呂に入りましょ?
そうしたら…涙も止まると思うの。▼
[カムイ]
…………▼
お風呂と涙って関係ないでしょ。▼

支援A

[カムイ]
カミラ姉さん、ちょっといい?▼
[カミラ]
もちろんよ。
私のかわいいカムイ。▼
こないだはすぐにどこかに行っちゃって…
おねえちゃん、寂しかったわ。▼
一緒にお風呂に入れるって思ったのに…▼
[カムイ]
ご、ごめん。
あのときは考える時間がほしかったんだ。▼
[カミラ]
考える時間?▼
[カムイ]
そう。▼
姉さんの話を聞いて、いろいろ考えたんだ。▼
それでわかったんだよ。
僕が間違っていたって。▼
[カミラ]
えっ?▼
[カムイ]
姉さんの愛情は大きすぎて
僕にはちゃんと理解できていなかった。▼
自分は大人だなんて言っておきながら、
僕はまだ器の小さい子供だったんだね。▼
これからは本当の大人になれるよう、
もっともっとがんばるよ。▼
[カミラ]
…………▼
うっ…!▼
[カムイ]
姉さん…?▼
[カミラ]
ごめんね。あなたの成長が嬉しくて…
涙がとまらないの…▼
でもカムイ、
いったい何をがんばるというの?▼
大人っていうものは
がんばったからなれるものではないわ。▼
[カムイ]
そう言われてみれば…確かに。▼
[カミラ]
ええと…それじゃ、
私と色々な場所に行くのはどう?▼
私があなたを飛竜に乗せて、
広い世界を見せてあげる。▼
見聞が広がればきっと、
あなたも大人になれるはずよ。▼
[カムイ]
なるほど…
さすがはカミラ姉さん。▼
[カミラ]
うふふ…私、あなたを連れて行きたい
場所がたくさんあるの。▼
もちろん、今は戦争中だから、
行けないところも多いけれど…▼
ああ、確か地図があったわ。
カムイと行きたい場所リストが…▼
…よいしょ、っと。▼
[カムイ]
どうして胸元から出てくるのかは
突っ込まないでおこう…▼
これって暗夜王国の地図?
うわぁ、いろんな場所に丸がついてる。▼
[カミラ]
ええ。 あなたに見せたい景色がある場所に、
全部印をつけてあるの。▼
あなたが幼いころから…ずっと、
そうするのが習慣なのよ。▼
[カムイ]
カミラ姉さん…▼
[カミラ]
一番のおすすめはここよ、一面の花畑。
蒼や金の花が地平線まで咲いているの。▼
それからここには水晶の洞窟…
こっちには、虹のかかる滝があるわ。▼
そしてその近くにはなんと、
…知る人ぞ知る秘湯があるの。▼
[カムイ]
へぇ…すごいね。▼
…って、ひ、秘湯?
まさか、カミラ姉さん…▼
[カミラ]
ええ。絶対に、ここにも行きましょうね。
そしてもちろん、一緒にお風呂に入りましょう。▼
[カムイ]
やっぱり…▼
カミラ姉さん…
強引に話をお風呂にもっていってない?▼
[カミラ]
気のせいよ。▼
私はあくまでも、他の景色のついでとして
秘湯を挙げただけ。それだけよ。▼
ええ、本当に…それだけなの。▼
[カムイ]
…………▼
わかった。
まだ覚悟はできてないけど…▼
いつその日が来てもいいように、
心の準備をしておくよ。▼
[カミラ]
もう…心の準備だなんて大げさね。
でもいいわ。待ってあげる。▼
今までの時間と比べたら…
あなたの心が決まるまでの時はほんの一瞬。▼
この地図に記した全ての場所に、
あなたを連れて行けるというだけで…▼
私…とても幸せだわ。▼
[カムイ]
ありがとう。
カミラ姉さん…▼

支援S

[カミラ]
カムイ。
私とお風呂に入る決心はついた?▼
[カムイ]
か、カミラ姉さん。
えと…ごめん。それはその…▼
もう少し、時間が欲しいかな…▼
[カミラ]
それって、
私たちがきょうだいだから…▼
周りの人に、おかしいって思われるから、
決心がつかないのよね?▼
[カムイ]
う、うん。▼
[カミラ]
そう。なら、もう大丈夫よ。
私…いいことを思い付いたの。▼
[カムイ]
いいこと?▼
[カミラ]
ええ。
私たち、結婚しましょ。▼
[カムイ]
え…
ええええーーーーっ!?▼
[カミラ]
私たちが夫婦になれば、
一緒にお風呂に入るのもおかしくないわ。▼
[カムイ]
い、いやいやいや、おかしいよ!▼
きょうだいが結婚するのが、
そもそもおかしいからね!?▼
[カミラ]
でも、血は繋がっていないわ。
ただの一滴も。▼
[カムイ]
そ、そうだけど…▼
[カミラ]
私…そのことがとても寂しかった。▼
姉と呼ばれても、こんなに傍にいても、
所詮私たちは他人なのかなって…▼
でも、今はそのことに感謝してるわ。
そのおかげで、私たちは夫婦になれる…▼
[カムイ]
ね、姉さん。僕の話を聞いて。
いきなり夫婦だなんて言われても、その…▼
[カミラ]
だめ?▼
[カムイ]
だ、駄目なんじゃないかな…▼
[カミラ]
…………▼
そう…
うふふ、私…振られちゃったわね…▼
覚悟はしていたけれど…
やっぱり寂しいものね…▼
うっ、うう……▼
[カムイ]
泣かないでよ、姉さん…▼
[カミラ]
だって…私…
あなたのこと、こんなに好きなのに…▼
弟としてじゃなくて、一人の男として。▼
…もう、ずっと前から。
…あなたをはじめて見たときから。▼
[カムイ]
え…▼
[カミラ]
…すきなの。カムイ。
誰よりも愛しているの。▼
こんなにあなたを見つめてきて…
こんなにあなたを想うひとは、他にはいないわ。▼
あなたがいつか、他の女性を選んで…
私から離れていくなんて耐えられない…▼
お願い…私と永遠に…
家族でいる約束をちょうだい…▼
[カムイ]
…カミラ姉さん…▼
[カミラ]
…ごめんなさい…
さすがに、引いちゃうわよね…▼
こんなこと言ったら…
もう普通のきょうだいにすら戻れないわ…▼
でも…それでも…私は…▼
[カムイ]
…………▼
…………▼
いいよ。▼
[カミラ]
…え?▼
[カムイ]
いいよ、カミラ姉さん。
僕たち…結婚しよう。▼
[カミラ]
カムイ…?▼
[カムイ]
姉さんは…最初から、周りの目なんか
気にしないで…僕を愛してくれてたんだね。▼
誰に何て言われても、
僕自身に拒絶されても、ずっと。▼
…強いよ、すごく。
そんな人、他にいないよ。▼
これからは僕が…
今まであなたに貰った愛を返す番だ。▼
[カミラ]
カムイ、いいの…?▼
私を、あなたの…
お嫁さんにしてくれるの…?▼
[カムイ]
…その覚悟はできてるよ。▼
本当の大人なら、周りなんて気にせずに
自分の気持ちを貫くべきだったんだ。▼
…今のカミラ姉さんみたいにね。▼
僕は、そんなあなたが好きだよ。
一人の女性として、だいすきだ。▼
[カミラ]
! …ど、どうしよう、
嬉しくて…涙が止まらないわ。▼
ええ、私も好き。私も…だいすきよ。
ありがとう…カムイ。▼
私たちこれから、ずっと一緒ね…?▼
[カムイ]
うん。戦争が終わったら、
二人で色んなところに行こう。▼
あの秘湯にも行って…
一緒にお風呂に入ろう。▼
男として、まだ頼りないかもしれないけど…
これからもよろしくね。▼
[カミラ]
もちろんよ…カムイ。▼
今までも、これからも、ずっと…
あなたを見ているのは、私だけなの…▼

(モーション、CV有り。)

[カミラ]
もう…あなたはほんとうに仕方のない子。
これからはおねえちゃんを…
ううん…あなたの妻を、困らせちゃだめよ?

ルーナ

支援C

[ルーナ]
うぅー…
無いわねぇ…▼
一体どこにいっちゃったの…?▼
[カムイ]
ルーナ、探し物かい?▼
[ルーナ]
ああ、カムイ様。
ちょうどいいところに来たわ。▼
実は浴衣をなくしちゃったの。▼
[カムイ]
浴衣?
それって、白夜王国の着物だよね?▼
[ルーナ]
そうよ。▼
[カムイ]
へえ。暗夜王国出身の君が
着物を探してるなんて、意外だな…▼
[ルーナ]
…別に、あたしは
暗夜王国出身なわけじゃないんだけど…▼
[カムイ]
え…何か言った?▼
[ルーナ]
何でもないわよ。▼
あたしでも白夜の着物ぐらい
着るわよって言ったの。▼
まあ、着るっていうよりは旅先で無理矢理
着せられたみたいなものだったんだけど…▼
意外と可愛くて、
気に入っちゃったのよね。▼
そのときのことが忘れられなくて、
自分で浴衣を作ってみたってわけ。▼
[カムイ]
そうか。ルーナが浴衣かあ。
さぞかし似合うんだろうな…▼
[ルーナ]
あ、ちょっと。
今、あたしの浴衣姿を想像したでしょ。▼
[カムイ]
う、うん。
した…▼
[ルーナ]
はぁ!?
やめてよね、気持ち悪い。▼
まあ、あんたの頭の中のことだから、
あんたの勝手だけど。▼
[カムイ]
だ、だよね…▼
[ルーナ]
とにかく、事情はわかったでしょ、
さっさと探すのを手伝って。▼
[カムイ]
ええっ!?▼
[ルーナ]
つべこべ言わない!▼
あたしはすごーく困ってるの。
当然、助けてくれるわよね?▼
あんたがカミラ様の弟だからって、
特別扱いなんかしないんだから!▼
[カムイ]
うぅ…▼
わ、わかった。
探してみるよ。▼
[ルーナ]
よろしい。▼
それじゃ、お願いね!▼

支援B

[ルーナ]
あ、カムイ様。
浴衣は見つかった?▼
[カムイ]
それが…▼
[ルーナ]
それがって…
もっと明るい返事がほしかったんだけど。▼
[カムイ]
あの後、いろんなところを探したよ。
それからみんなにも聞いてまわった。▼
でも手がかりすらなかったんだ。▼
[ルーナ]
そ、そう…
けっこう頑張ってくれたのね…▼
で、でも別に感心したわけじゃないから。
勘違いしないでよね。▼
[カムイ]
はぁ…▼
[ルーナ]
もう、ため息ついてる暇があったら
さっさと探しにいってくれる?▼
[カムイ]
わ、わかった。▼
でもその前に、浴衣の話を
もっと聞かせてもらえないかな。▼
色とか…そういう情報がないと…▼
[ルーナ]
あ、そっか。
それはまだ話してなかったわよね。▼
赤紫地で桜柄の浴衣よ。
母さんの服と同じ色にしてみたの。▼
[カムイ]
ルーナのお母さん?▼
[ルーナ]
ええ。才色兼備で非の打ちどころのない、
立派な人だったわ。▼
…もう死んじゃったけどね。▼
[カムイ]
! ご、ごめん…▼
[ルーナ]
別に。謝ることじゃないわ。
あたしから言い出したんだし。▼
それより浴衣!
ちゃんと覚えたでしょうね!?▼
[カムイ]
うん。赤紫地で桜柄の浴衣だね。
覚えたよ。▼
あと、寸法は?▼
[ルーナ]
寸法?▼
…あんた、
見かけによらず、サイテーね。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ルーナ]
人助けするふりをして、あたしの見事な
スリーサイズを知ろうって魂胆でしょ!▼
[カムイ]
い、いや。
そんなわけじゃ…!▼
[ルーナ]
あっ!
その視線!▼
今、胸が小さいとか思ったでしょう!?
くうー! 腹立つ―!▼
でもね、胸がないほうが
浴衣は似合うらしいわよ!▼
[カムイ]
いや…待ってよ。
本当にそんなこと考えてないから…▼
[ルーナ]
そ、そう?
だったら別にいいんだけど。▼
とりあえず、寸法は普通よ。
取り立てて大きくも小さくもないわ。▼
[カムイ]
寸法は普通…と。▼
[ルーナ]
聞きたいことは終わり?
だったらさっさと探しに行って。▼
[カムイ]
わかった。
これで探しやすくなりそうだ。▼
[ルーナ]
今度こそちゃんと結果を出してよね。
言い訳なんかしたら、許さないんだから。▼

支援A

[ルーナ]
カムイ様!
どう? 浴衣は見つかった?▼
[カムイ]
それが…▼
[ルーナ]
はーん…その返事、その表情…
結果は聞かなくてもわかるわね。▼
でも、まあいいわ。▼
[カムイ]
えっ?
いいの?▼
[ルーナ]
諦めるしかないわよ。
二人でこんなに探してもないんだもの。▼
悪かったわね…
忙しいのに、探して貰っちゃって。▼
[カムイ]
ルーナ…▼
[ルーナ]
べ、別にあんたを
ねぎらってるわけじゃないからね。▼
勘違いしないでよね!▼
[カムイ]
ふふっ、わかってるよ。▼
[ルーナ]
仕方ないからまた作るわ。
作るって言っても簡単じゃないんだけど…▼
優秀なあたしにとっては
それくらい造作もない事よ。▼
[カムイ]
そうだね。
君ならすぐにできると思うよ。▼
ルーナはとっても器用だし…▼
カミラ姉さんも、いつも君の事
できる子だって褒めてるよ。▼
[ルーナ]
…そ、そう。
…………▼
ちなみに…
あんたの寸法は?▼
[カムイ]
寸法?▼
[ルーナ]
そ。あんたの身体の寸法って
どれくらい?▼
[カムイ]
どうして、そんなことを…▼
[ルーナ]
いいから言いなさいよ!▼
[カムイ]
え、えと…
すぐにはわからないから、▼
ちゃんと測ってから
教えるっていうのでもいいかな…?▼
[ルーナ]
…そうね。
仕方ないから、それでもいいわ。▼
[カムイ]
でも、そんなこと聞いてどうするんだい?▼
[ルーナ]
…………▼
あ、あんたには頑張ってもらったから…
浴衣でも作ってあげようかなって思ったのよ。▼
…で、でも勘違いしないでよね!?
あくまで、ついでだから!▼
まずあたしの浴衣を作ってから、
余ったゴミみたいな布きれで…▼
暇があったら、仕方なく作って
あげてもいいわよって話だから!▼
[カムイ]
わ、わかったよ…
ありがとう。▼
[ルーナ]
さてと。そうと決まれば、
さっそく生地を探しにいかなきゃね。▼
カムイ様。今からお買い物に行くわよ?▼
[カムイ]
ええっ、僕も!?▼
[ルーナ]
あったりまえよ。
他に誰がいるのよ。▼
こーんな可愛い子とお出かけできるんだから
もっと嬉しそうな顔しなさいよね!▼
そうだ、お買い物のついでに
何か美味しいものでも食べに行きましょ!▼
それから、浴衣に似合う装飾品も
いくつか見繕って…▼
欲しいと思ってた小物も見に行きたいわね。▼
[カムイ]
なんだか、長くなりそうな予感がする…▼
[ルーナ]
うふふ。なんだか楽しくなってきちゃった!
さ、カムイ様、いっくわよー!▼
[カムイ]
ちょ、ちょっと待ってよ、ルーナ!
足が速いよ!?▼
そんなんじゃ僕、追いつけないんだけど!?
ルーナーーー!?▼
はぁ…でもまあ、
あんなに楽しそうだから…いいか。▼

支援S

[カムイ]
あ、ルーナ。
よく来てくれたね。▼
[ルーナ]
話ってなによ。
こっちは忙しいのよ。▼
[カムイ]
忙しいって?▼
[ルーナ]
この前一緒にお買い物に行ったとき、
結局いい生地が見つからなかったでしょう?▼
あれから何度も色んなところに
足を運んでるのに、いいのが全然ないのよ。▼
だからあたしはまた、
生地探しの旅に出ないといけないの。▼
今度こそ絶対に
いい生地を見つけてやるんだから。▼
[カムイ]
…いや、だったら行く必要はないよ。
もう見つけてあるから。▼
[ルーナ]
えっ?▼
[カムイ]
ほら。これだよ。▼
[ルーナ]
これは…
赤紫地で桜柄の生地…▼
[カムイ]
君がなくしてしまった浴衣と同じもの。
店に頼んで仕立ててもらったんだ。▼
この生地で着物を作ろうと思っている。
君のためにね。▼
[ルーナ]
えっ?
着物? どういうこと?▼
あたしが作ろうとしているのは浴衣で、
着物じゃないんだけど。▼
[カムイ]
…………▼
ルーナ、僕は君に結婚を申し込みたい。▼
[ルーナ]
は、はぁ!?▼
[カムイ]
で、結婚式にはその着物を着てもらいたいんだ。▼
[ルーナ]
あんた…馬鹿じゃないの!?
自分が何言ってるか自覚ある!?▼
[カムイ]
もちろん。
大まじめだよ。▼
ルーナ…僕は、君の事が好きなんだ。
僕と、結婚して欲しい。▼
[ルーナ]
…………▼
ちょっと、やめてよ…▼
き、気持ちはうれしいけど…
やっぱり無理よ…▼
[カムイ]
どうして?▼
[ルーナ]
あたしは帰らなきゃいけないの…▼
倒さなきゃいけない奴を倒して…
帰らなきゃいけないから…▼
あたしを待ってる、みんなの所に…▼
[カムイ]
どういうこと?▼
[ルーナ]
うーん…
どうしよう…▼
…………▼
ちょっと、その生地を見てもいい?▼
[カムイ]
もちろん。▼
[ルーナ]
…やっぱり、素敵だわ。
ほんとに、綺麗…▼
これで着物を作ったら、
それをあたしが着られたら…▼
幸せ…なんだろうな。▼
…………▼
…いいわ。
とりあえず着物を着て…式には行ってあげる。▼
[カムイ]
ルーナ!
じゃ、じゃあ…▼
[ルーナ]
あ、あたしもその…
あんたのこと、なんていうか…▼
す、す、好き、だし…▼
結婚の申し出…
受けてあげてもいいわ。▼
[カムイ]
!! 本当に!?
ありがとう…ルーナ。▼
[ルーナ]
帰らなきゃいけないこととかは…
そのあとで考えることにする。▼
その代わり…幸せにしてくれなかったら
許さないんだからね?▼
[カムイ]
も、もちろんだよ!▼
君の事、世界一幸せにしてみせる。
約束するよ。▼
[ルーナ]
世界一…か。うん、いいわね。
あたし、一番って大好きよ。▼
他の誰も敵わないぐらい、
あたしを幸せにしなさいよね。▼
ここに来て良かった、って…
心の底から、そう思えるぐらい。▼

(モーション、CV有り。)

[ルーナ]
…その、あたしもあんたのこと、好きだから…
さっきの約束、信じてるわ。
…もし世界一幸せにしてくれなかったら
ぜーったい、許さないわよ?

ベルカ

支援C

[カムイ]
やあ、ベルカ。
何をしているんだい?▼
[ベルカ]
…………▼
[カムイ]
…ベルカ?▼
[ベルカ]
…見ればわかるでしょう。
武器の手入れよ。▼
[カムイ]
そ、そうだよね。▼
ベルカは偉いよね、いつもこうして
武器の手入れをしてるし…▼
そう言えばこの前、
僕は戦場で君の戦いぶりを見て…▼
[ベルカ]
用件は何?▼
[カムイ]
えっ?
特に用があるわけじゃないけど…▼
一度、話してみたいと思っていたんだ。▼
[ベルカ]
どうして?▼
[カムイ]
ど、どうしてって…▼
[ベルカ]
用が無いのなら、
話しかけないで。▼
[カムイ]
ベルカ…▼
…そっか。ごめん。
君は武器の手入れに集中したいんだよね。▼
[ベルカ]
…ええ。▼
用があるわけでもないのに…
話したいって感覚が理解できないわ。▼
出撃の話があるというならわかる。
殺しの依頼があるというならわかる。▼
でもそれ以外に話す必要って…何?▼
[カムイ]
えっと、話す必要って言われると
ちょっとすぐに思いつかないけど…▼
ここまでの短い会話でも
君のことを少し知ることができたよ。▼
[ベルカ]
私のことを知るとどうなるの?▼
[カムイ]
知ると…そうだなぁ…
君に対しての親密さが増すというか…▼
[ベルカ]
親密さが増えるとどうなるの?▼
[カムイ]
ええっ!?
えっと、そうだね…うーん…▼
[ベルカ]
あなたは、変な人ね。▼
…そろそろいいかしら。
武器の手入れがあるから。▼
[カムイ]
わ、わかった。
邪魔してごめん。また話そうね。▼

支援B

[カムイ]
ベルカ。
また武器の手入れかい?▼
[ベルカ]
また、あなた…▼
でも、ちょうど良かった。
私もあなたに話したいことがあったから…▼
[カムイ]
えっ? 話したいこと?
なんだろう。▼
[ベルカ]
この間、あなたと話をして思った。
やはり、私は会話が好きではない。▼
話してお互いのことを知っても
それが何になるの?▼
[カムイ]
何になるって言われても……▼
僕は君のことをもっと知りたいんだ。
仲間としてね。▼
[ベルカ]
私のことを知りたい…
仲間として…▼
…………▼
…じゃあ、端的に話す。
今まで私が他人から言われてきた言葉を。▼
『ベルカは無表情で寡黙。
 人を寄せ付けない雰囲気を持っている』▼
『ベルカはすご腕の殺し屋。
 でもそれには理由がある』▼
『依頼があれば顔見知りでも躊躇なく殺すのは、
 人間らしい感情や善悪の判断力がないから』▼
『どうしてないかと言えば、
 愛情というものを知らずに育ったから…』▼
[カムイ]
ベルカ…▼
[ベルカ]
『あいつは寂しい奴だ。
 冷たくて可哀想な…人殺しだ』▼
…以上、私に対する他人の評価よ。
これで少しは、私のことが知れた?▼
[カムイ]
…………▼
[ベルカ]
私には殺しの技術を教えてくれた
恩人がいた。▼
でも、私はその人も殺したわ。
この手で、何の躊躇もなく…▼
[カムイ]
…どうして?▼
[ベルカ]
どうして?▼
そういう依頼を受けたから。
ただそれだけのことよ。▼
[カムイ]
…………▼
[ベルカ]
わかった?
私はそういう子なの。▼
知ったところで、
いいことなんて何もない。▼
それじゃ、もう行くわ。▼
[カムイ]
ベルカ…▼

支援A

[ベルカ]
カムイ…▼
[カムイ]
また来たよ。
君の話を聞きたいと思ってね。▼
[ベルカ]
あんなに嫌な話をしてやったのに?
…変なやつ。▼
[カムイ]
ははは。
まあいいじゃないか。▼
[ベルカ]
それで?
今度は何が聞きたいの?▼
[カムイ]
そうだなぁ…
じゃあ…君の家族のこととか?▼
[ベルカ]
家族…▼
…………▼
家族のことは、よく覚えてない。▼
[カムイ]
えっ?▼
[ベルカ]
私は物心ついた頃に捨てられていた。
だから、父親も、母親も知らない。▼
[カムイ]
そうだったのか…
ごめん…無神経だった。▼
[ベルカ]
気にしなくていい。
本当のことだから。▼
…親に捨てられた私は
貧民街で育った。▼
あそこには悪人が大勢いた。
でも、私に優しい人もいた。▼
幼い私にパンをわけてくれたのは
殺人の罪で追われている人だった。▼
貧民街の人たちにとっては
善も悪もたいした意味はない。▼
明日も生きていること…
それだけが真実。▼
[カムイ]
明日も…生きていること…▼
[ベルカ]
そう。▼
私が殺しの仕事を始めたのも、
生きていくためだった。▼
初めてお金をもらったのは
十歳に満たない年齢のとき。▼
それから本当に…
いろんな人を殺した。▼
[カムイ]
…そうなんだ。▼
[ベルカ]
こんな話、
聞いてどうするの?▼
この話を続けることに…
意味なんて全くない。▼
[カムイ]
…ううん。
何度も言うけど、そんなことはないよ。▼
大事な仲間のことが
少しだけど理解できた気がする。▼
[ベルカ]
仲間?▼
[カムイ]
ああ。それに話を聞けば聞くほど
僕はベルカに興味を持ち始めている。▼
[ベルカ]
仲間だなんて、
本気で言ってるの?▼
私は恩人でも殺すような子。▼
依頼さえあれば、
あなたでも殺すかもしれない。▼
[カムイ]
あはは。いいよ。
そのときは真剣勝負だ。▼
[ベルカ]
勝負…?▼
私に勝てると思ってるの?▼
[カムイ]
どうだろうな。
でも、きっといい勝負になると思う。▼
[ベルカ]
…………▼
…ふふ。
本当にあなたは…変わった人。▼
でも…嫌いじゃないわ…▼

支援S

[カムイ]
ベルカ、こんなところにいたんだね。▼
[ベルカ]
また話が聞きたいの?▼
[カムイ]
それもいいけど…
今日は僕から話したいことがあるんだ。▼
[ベルカ]
なに?▼
[カムイ]
単刀直入に言うよ。▼
僕は君と家族を作りたい。▼
[ベルカ]
…え?▼
[カムイ]
いや…
これじゃ単刀直入とは言えないね。▼
もっとはっきり言うよ。▼
ベルカ、僕は君が好きなんだ。
僕と…結婚してくれないか。▼
[ベルカ]
…………▼
[カムイ]
あ、あの…
ベルカ?▼
[ベルカ]
大丈夫。聞こえているわ。
意味もちゃんと理解した。▼
けれど…▼
言う相手を
間違えているんじゃない?▼
[カムイ]
いや、間違えてないよ。
僕が一緒に家族を作りたいのはベルカだ。▼
[ベルカ]
そう…▼
でも、悪いけど…
結婚なんて私には無理。▼
[カムイ]
どうして?▼
[ベルカ]
…私は愛情というものを受けずに育った。
だから家族とかどんなものかわからない。▼
わからないものを作ることは…
できない。▼
[カムイ]
そんな心配いらないよ。
だって僕だってわからないんだから。▼
[ベルカ]
あなたも…?▼
[カムイ]
うん。僕だって、
本当の家族がどんなものかわからない。▼
両親がいて、きょうだいがいて、みんなで
一つの家で暮らす…そんな生活を知らない。▼
だからこそ君と家族を作りたいんだ。▼
これ…受け取ってくれるかい?▼
[ベルカ]
これは…▼
[カムイ]
結婚指輪だよ。
君のために特別に作ったんだ。▼
[ベルカ]
…………▼
[カムイ]
ベルカ?
どうしたの?▼
[ベルカ]
本当にわからない…
こういうとき、どうすればいいのか…▼
[カムイ]
僕のことが嫌いでなかったら
受け取ってくれればいいんだ。▼
君のことをきっと大事にする。
約束するよ。▼
[ベルカ]
…………▼
じゃ、じゃあ…
とりあえず受け取っておく…▼
[カムイ]
ありがとう。
とてもうれしい。▼
[ベルカ]
…でも、一つだけ頼みがある。▼
[カムイ]
なんだい?▼
[ベルカ]
これまでずっと、私ばかり
自分のことを話していた…▼
だから今度は…▼
…あなたの話も、聞かせてほしい。▼
[カムイ]
もちろん、そのつもりだよ。
これからはたくさん話そう。▼
時間はたくさんあるんだから。▼
[ベルカ]
…うん。▼

(モーション、CV有り。)

[ベルカ]
こんなあったかい気持ち、初めて。
これが嬉しいってことなの?
私はいつの間にか…
あなたを、好きになっていたのね…

ラズワルド

支援C

[ラズワルド]
あっ!
カムイ様。▼
[カムイ]
ラズワルド?▼
[ラズワルド]
今、目が合っちゃったけど、
もしかして、僕のこと見てた?▼
[カムイ]
えっ?
いや、特には見てないけど…▼
[ラズワルド]
ほんとに?
おかしいなー。▼
ビシビシと視線を感じたんだけどな。
絶対に見てたと思ったのに。▼
[カムイ]
わ、悪いけど…
全く見てなかったよ。▼
[ラズワルド]
なるほど。
じゃあ、僕の勘違いか。▼
まぁ、見られてないなら良かったよ。
あんまり視線を感じると恥ずかしいからね。▼
…っと、それはさておき。▼
せっかくこうして会えたんだから、
一緒に食事でも行かない?▼
[カムイ]
食事かい?
別にかまわないけど…▼
[ラズワルド]
本当に!? やった!▼
二人連れならあんまり警戒されずに
ナンパができるかも…!▼
[カムイ]
…やっぱりやめとくよ。▼
[ラズワルド]
あ、やばい。
完全に失敗した感じだ…▼
[カムイ]
ではこれで失礼するよ。▼
[ラズワルド]
ちょ、ちょっと待ってよ~。▼
ほら、人生なんて
不確定要素がいっぱいなんだから…▼
もう二度と、
僕には会えないかもしれないよ?▼
[カムイ]
そんなの知らないよ。▼
[ラズワルド]
め、めんどくさそうだね…
まぁ、僕のせいだから仕方ない。▼
では、次の出会いを願いつつ、この場は諦めるとしようかな。▼
ではまた、いつかどこかで!▼
[カムイ]
ラズワルド…
行ってしまったか。▼
なんていうか…面白い人だね。▼

支援B

[ラズワルド]
カムイ様!
また会えたねー!▼
[カムイ]
ラズワルド。
こんにちは。▼
[ラズワルド]
まさかまた偶然出会えるなんて…
これはもう運命じゃないのかな?▼
[カムイ]
そんなに大袈裟なものかな?
普段も一緒にいるじゃないか。▼
[ラズワルド]
うーん…
まあそうなんだけど…▼
僕はわりと出会いを大切にする方だから、
毎回、運命の出会いだと思いたいんだ。▼
[カムイ]
おお…なかなかロマンチストなんだね。▼
[ラズワルド]
うん。ロマンチストついでに
この運命の出会いを祝して、▼
カムイ様に
渡したいものがあるんだ。▼
[カムイ]
え、なに?▼
[ラズワルド]
はい。
癒しの効果のある香水だよ。▼
[カムイ]
! ありがとう。
もらっていいのかい?▼
[ラズワルド]
もちろん。
運命の出会いの記念だからね。▼
[カムイ]
出会いを大切に…か。
確かにそれは素晴らしいことだね。▼
[ラズワルド]
あ、共感してくれるの?
嬉しいなー。▼
だって、いつ誰がどこに行っちゃうか、
そんなことは誰にもわからないからね。▼
そう…▼
例えばさっきまで笑ってた人が、そのまま
二度と会えない人になったりすることだって…▼
[カムイ]
ラズワルド…?▼
[ラズワルド]
あ…えへへ。
なんでもないよ。▼
とにかく目の前にいる人と
次も会える保障はないってこと。▼
僕だってそう。
いつまでもここにいるとは限らないんだよ?▼
[カムイ]
え…?▼
ラズワルド…
どこかに行ってしまうのかい?▼
[ラズワルド]
んー、どうだろうね?▼
とりあえず今は、
町に買い物でもしに行こうかな。▼
カムイ様も一緒にどう?▼
[カムイ]
別にいいけど…▼
いえ、やっぱり遠慮しておくよ。
どうせ僕をナンパのダシに使う気だろう?▼
[ラズワルド]
この間のことをまだ覚えてるんだね。
憎たらしいくらいの記憶力をお持ちで。▼
でも、真剣な話、
僕たちは戦場にいるから…▼
次も笑い合って対面できるなんて
保証はどこにもないよね。▼
[カムイ]
それは…そうだけど。▼
[ラズワルド]
というわけで、一緒に出かけない?
この出会いを大切にしようよ。▼
[カムイ]
ラズワルド。▼
[ラズワルド]
はい。▼
[カムイ]
その言葉、今日は
何人の仲間に言ったのかな?▼
[ラズワルド]
カムイ様で八人目だね。▼
…あっ。▼
[カムイ]
町へは一人でどうぞ。▼
[ラズワルド]
またやっちゃったかな…
あーあ…▼
仕方ない、次の出会いを願いますか。
では、いつかどこかでー!▼
[カムイ]
ははは。
また会おうね。▼

支援A

[ラズワルド]
カムイ様。
また会えたね。▼
[カムイ]
ラズワルド。
こんにちは。▼
[ラズワルド]
もうそろそろ、僕と一緒に
食事に行ってもいいんじゃない?▼
[カムイ]
うん。
行こっか。▼
[ラズワルド]
あはは、やっぱり普通に断るよね…▼
…って、ええ!?
今、行こっかって言った!?▼
[カムイ]
うん。
だって、出会いは大切にしないと。▼
この次にラズワルドがまた
食事に誘ってくれるとは限らないだろう?▼
[ラズワルド]
それは、そうなんだけど…▼
[カムイ]
僕、ラズワルドの言葉を
よく考えてみたんだ。▼
確かに出会いは一期一会。
次に必ず会える保証はないよね。▼
だから、ラズワルドの考えに、
僕も乗っかろうかなって。▼
[ラズワルド]
ありがとう。
カムイ様。▼
[カムイ]
でも…次も会える保証はないって
話を聞いてから…▼
僕、お別れが少し
怖くなっちゃったよ。▼
またね、って何気なく手を振った人とも、
これっきりお別れかもしれないなんて…▼
そんなこと、今まで考えたことも
なかったから。▼
[ラズワルド]
…うん。
お別れってさみしいよね。▼
僕だって、もし叶うのなら、
誰ともお別れなんてしたくない。▼
目の前にいる大切な人や大切な仲間たちと…
みんなでずっとずっと、一緒にいたい。▼
でも、別れの寂しさが嫌だから
出会うことを恐れるのも違うかなー、って。▼
だから僕は出会いを
精一杯楽しもうと思うんだ。▼
それがどんな場所でも。
いつか別れることが、わかっていても。▼
[カムイ]
うん。
僕もそうありたいよ。▼
[ラズワルド]
それに、たくさんの人と出会ったら、
たくさん帰れる場所が増えるってことだからね。▼
何度お別れしたって、会いたくなったら…
また何度でも、戻ってこればいい。▼
僕はカムイ様に出会えて、
本当に良かったなあ。▼
[カムイ]
僕もラズワルドと出会えて嬉しいよ。▼
きっと、君の周りにいるみんなも、
そう思ってるはずだ。▼
だから…これからもよろしくね。▼
[ラズワルド]
うん。こちらこそ、
よろしくお願いします。▼
じゃあ、真面目な話はここまでにして、
さっそく、食事でもしに行こっか!▼
[カムイ]
うん!
僕たちの出会いを祝して、だね。▼


ピエリ

支援C

[ピエリ]
ぐすっ…
ぐすっ…▼
[カムイ]
ピエリ…どうしたんだい?
こんなところで涙を流して…▼
[ピエリ]
カムイ様…▼
うっ…
ふぐっ…▼
ふえぇーーーん!▼
[カムイ]
泣いてばかりじゃわからないよ。
何があったのか話してごらん。▼
[ピエリ]
話したくないの…▼
[カムイ]
話したくないって…
どうして?▼
[ピエリ]
だって…
きっとあなたも他の人と同じだと思うの…▼
………▼
殺してやるんだから…▼
[カムイ]
えっ?▼
[ピエリ]
ピエリを泣かせる人は
殺してやるんだからあっ!▼
[カムイ]
こ、殺す?▼
[ピエリ]
冗談じゃないのよ…
ピエリ、ほんとにやっちゃうのよぉっ!▼
[カムイ]
いったい何があったんだろう。▼
…いずれにしても危険な状態だな。
落ち着くまで一緒にいてあげよう。▼
[ピエリ]
うっ…
ふぐっ…ふぐっ…▼
ふえぇーーーん!▼

支援B

[ピエリ]
うっ…
ふぐっ…ふぐっ…▼
ふえぇーーーん!▼
[カムイ]
ピエリ、また泣いているんだね。▼
今度こそ理由を話してくれるかな。▼
[ピエリ]
…どうしてそんなに
気にしてくれるの?▼
[カムイ]
どうしてって…
仲間だからだよ。▼
[ピエリ]
………▼
仲間…▼
マークス様が、
仲間は大切だって言ってた…▼
あなたがピエリの仲間なら、
話してあげてもいいの…▼
[カムイ]
ありがとう。▼
[ピエリ]
ピエリが悲しいのはね、
みんながピエリのこと変な目で見るからなの…▼
[カムイ]
変な目で?▼
[ピエリ]
そうなの。▼
ピエリのおうちは名門の貴族なの。
だからみんなの中で浮いちゃうのは仕方ないの。▼
[カムイ]
貴族の子だったのか。
それは初耳だ。▼
[ピエリ]
そうなの。▼
おうちではピエリ様、ピエリ様って
みんなすごく大事にしてくれるの。▼
例えばピエリが何人お屋敷の従者を殺しても
誰も文句を言わなかったし…▼
[カムイ]
ちょ、ちょっと待って。
従者を殺した?▼
[ピエリ]
そうなの。▼
なんか暇なのーって思ったら、
えいってやるの。▼
ピエリは返り血をいっぱい浴びて
すごくきれいになるの。▼
[カムイ]
…………▼
…き、君はマークス兄さんの
直属の部下だよね。▼
[ピエリ]
その通りなの。▼
ピエリと、それからラズワルドは
マークス様のいちばんの部下なのよ。▼
マークス様はピエリがきれいになれる機会を
たくさん作ってくれるから大好きなの。▼
[カムイ]
マークス兄さん…どういうつもりなんだ。
ちょっと心配になってきたな。▼
[ピエリ]
何か言ったの?▼
[カムイ]
いや、何でもないよ。▼
[ピエリ]
マークス様は変な目で見ないけど、
他の人たちは違うの。▼
お城にいた兵士たちもみんな、
ピエリを怯えるような目で見るの。▼
[カムイ]
そうなのか…▼
[ピエリ]
そんな人たちは…あなたの言葉で言うと
仲間じゃないと思うの。▼
ピエリを怖い目で見る人たちなんて
殺さないといけないと思うの!▼
[カムイ]
い、いや…
どうして殺すまで話がいくのかな…▼
…それにしても困ったな。
仲間内で殺しが起きたら大変だ。▼
[ピエリ]
話を聞いてくれてありがとうなの。
気分がスッキリしたの。▼
お礼に焼き菓子をあげるの。
これみんな、ピエリが作ったの。▼
ピエリ、お料理が得意なのよ。▼
[カムイ]
へえ…なんだか意外だけど、
せっかくだからいただくよ。▼
ありがとう、ピエリ。▼
[ピエリ]
どういたしましてなの!▼

支援A

[ピエリ]
あっ!
カムイ様なのー!▼
[カムイ]
ピエリ。
今日は泣いていないんだね。▼
[ピエリ]
そうなの。
まだちょっと怖い目で見られてるけど…▼
でもみんな、ピエリの焼き菓子おいしいって
食べにきてくれるようになったの!▼
[カムイ]
それはよかった。
[ピエリ]
…ピエリ、知ってるの。
みんなにカムイ様が話してくれたってこと。▼
ピエリの焼き菓子がおいしいって
みんなに言ってくれたのよね。▼
[カムイ]
そうだよ。
だって本当においしかったから。▼
[ピエリ]
ありがとうなの、カムイ様!▼
[カムイ]
従者を殺すっていう話は
誰にも言ってないけどね。▼
[ピエリ]
えっ?
[カムイ]
い、いや…何でもない。
こっちの話だよ。▼
[ピエリ]
ピエリ、うれしいの。
これからもお料理がんばるの!▼
カムイ様のために、
もっともっと美味しいものを作るのよ。▼
[カムイ]
僕のために?▼
[ピエリ]
そうなの。ピエリね、
あなたに仲間って言ってもらって…▼
本当にうれしかったの。▼
あなたは優しい人なの。
ピエリ、あなたが大好きなの。▼
だから、ピエリもあなたのことを大事にするの。
あなたがピエリのお話聞いてくれた時みたいに。▼
[カムイ]
ピエリ…▼
ありがとう。
君のその気持ち、嬉しいよ。▼
マークス兄さんが
なぜ君を直属の部下にしたのか…▼
何となくわかったような気がする。▼
[ピエリ]
そうなの?▼
[カムイ]
うん。その理由は…
強さだけじゃないと思うんだ。▼
きっと、マークス兄さんは君の優しさにも
気付いていたから、君を臣下にしたんだろうね。▼
僕もこれから、君のそういう魅力にも
気付いていきたい。▼
[ピエリ]
ありがとなの、カムイ様。▼
ピエリもカムイ様のいいところを
これから探していきたいの!▼
だから、これからもよろしくなの…▼
[カムイ]
ああ。こちらこそ。▼

支援S

[ピエリ]
カムイ様、見つけたの!
ずっと探してたの!▼
[カムイ]
ピエリ、僕もちょうど君を
探していたところだったんだ。▼
[ピエリ]
えっ、そうなの?
でも、ピエリの用が先なの。▼
こっちきて、こっちきて!▼
[カムイ]
わっ、なんなんだい?▼
[ピエリ]
じゃーんなの!▼
[カムイ]
うわわわ!
どうしたんだい、この料理は?▼
[ピエリ]
カムイ様のために作ったの!▼
[カムイ]
本当に?
すごく嬉しいよ。▼
[ピエリ]
お肉料理は好き?▼
[カムイ]
もちろんさ。▼
[ピエリ]
よかったの。
さっそく食べてほしいの!▼
[カムイ]
うん、いただくよ。
…では…がぶりと。▼
もぐもぐ。
もぐもぐもぐ。▼
!?▼
なんだ、これ!?
すごくおいしいんだけど!?▼
[ピエリ]
よかったの…▼
いい食材がなかなか見つからなかったから
おうちから従者に運ばせたの!▼
[カムイ]
…その従者を殺したりしてないだろうね?▼
[ピエリ]
もちろんなの。
うんといい子いい子してあげたの!▼
[カムイ]
それはよかった…▼
…………▼
こんなおいしい君の手料理を…
毎日食べられたら、どれだけいいだろうね。▼
[ピエリ]
えっ?▼
カムイ様…
それって、もしかして…▼
[カムイ]
うん。僕は今日…それを伝えたくて、
君を探していたんだ。▼
[ピエリ]
そんな…▼
でもピエリ…カムイ様の
専属コックにはなれないの…▼
[カムイ]
え!? 専属コック!?▼
い、いや…
そういうことじゃないんだ。▼
君に料理人になって
ほしいっていう意味じゃなくて…▼
僕が言いたいのは…
実は…その…▼
僕は…君に結婚を申し込みに来たんだ。▼
[ピエリ]
…け、結婚…なの?
カムイ様が、ピエリと?▼
うそ…▼
[カムイ]
嘘じゃない。
本当の気持ちなんだ。▼
[ピエリ]
…………▼
うっ…
ふぐっ…ふぐっ…▼
ふえぇーーーん!▼
[カムイ]
ど、どうしたの?
まさか…泣くほど嫌だった!?▼
[ピエリ]
そうじゃないの。
ピエリが泣くのは悲しいときだけじゃないの。▼
嬉しくても泣いちゃうの…▼
ピエリ今、とっても嬉しいの!
ピエリもカムイ様が好きなのよ!!▼
[カムイ]
そうだったのか…ありがとう。
じゃあ…受け入れてくれるのかい?▼
[ピエリ]
…うん、なの。▼
[カムイ]
よかった。
とてもうれしいよ!▼
新居は従者のいるような
しっかりした屋敷にするよ。▼
君に不自由な思いはさせたくないからね。▼
そして、従者は強い奴で揃える。
君が斬りかかっても死なないような奴だ。▼
[ピエリ]
それは楽しみなの!
完璧なの!▼
カムイ様にはありがとうでいっぱいなの!
ピエリ、絶対にいい奥さんになるの!▼

(モーション、CV有り。)

[ピエリ]
だーい好きなの!
あなたには、毎日おいしいお料理を作ってあげる!
二人の邪魔をする奴は、始末しちゃうから!
…ピエリたち、ずっと、幸せなのよ。

ブノワ

支援C

[カムイ]
ブノワ。
やあ。▼
[ブノワ]
…カムイ様か。▼
[カムイ]
ここで何をしているんだい?
あれ、それは…▼
[ブノワ]
ああ…
…お守りを…作っていた…▼
[カムイ]
お守り?▼
[ブノワ]
…気にするな。
それで…何か用か…?▼
[カムイ]
あの、前から聞いてみたかったことが
あるんだけど…▼
[ブノワ]
…何だ…?▼
[カムイ]
ブノワには、
数々の伝説があるよね?▼
そのことについて、
本人に聞いてみたいなと思っていて…▼
あの、ブノワは一万の軍勢を
たった一人で殲滅したことがあるとか…▼
[ブノワ]
…!?▼
[カムイ]
あ、ご、ごめん!
何か気に障ってしまうことだった?▼
[ブノワ]
…いや。▼
[カムイ]
あとは、ブノワを怒らせると
国が一夜にして滅びるとか…▼
[ブノワ]
…!!▼
[カムイ]
お、怒らせちゃった?
ごめん! 滅ぼさないで!▼
[ブノワ]
…怒ってはいない。
…滅ぼしもしない。▼
[カムイ]
ほっ…。
良かった。▼
[ブノワ]
…もっと肩の力を抜け。
…俺は何も気にしてはいない。▼
[カムイ]
ありがとう。
ブノワって優しい人なんだね。▼
[ブノワ]
…!?▼
[カムイ]
ご、ご、ご、ごめん!
ま、また怒らせちゃったかな?▼
ごめんよ…
出直してくるね…▼
(カムイ退場)
[ブノワ]
…どうしてこうなるのだ…▼

支援B

[カムイ]
ブノワ…
この間はごめんよ。▼
僕、一人で勝手にバタバタしちゃって…▼
[ブノワ]
…大丈夫だ。
…気にしていない。▼
[カムイ]
ありがとう。▼
[ブノワ]
…悪いのは俺だ。▼
…愛想がないせいで、
人を怖がらせてしまうから。▼
気を使わせてしまって…すまない。▼
[カムイ]
いや、ブノワが謝る必要はないよ。
悪いのは僕の方だ!▼
[ブノワ]
いや…自分のことは…
自分が一番わかっている…▼
怖がらせるつもりはないんだが…
どうもうまく人と接することができない…▼
[カムイ]
それで誤解されやすいってこと?▼
[ブノワ]
…そうだな。▼
俺に関する逸話も…
勝手に一人歩きしてしまっているしな…▼
[カムイ]
えっ?
あの伝説の数々は真実じゃないの?▼
巨大な熊を素手で倒して、
ブノワがその山の長になったとか…▼
ブノワが咳をしただけで、
火山が噴火したとか…▼
[ブノワ]
…そんな事実はない。▼
[カムイ]
そ、そうだったんだ…
僕、信じてたよ…▼
[ブノワ]
…それも俺の責任だ。
否定や説明も苦手だからな。▼
伝説が真実ではないと知って、
失望したか…?▼
[カムイ]
失望だなんて…
そんなことはないよ。▼
それよりも、もっともっと
本当のブノワのことを知りたくなったよ。▼
誰かから聞いたものじゃなく、自分で接して…
ブノワのことが知りたいな。▼
[ブノワ]
!!▼
[カムイ]
…怒ってはいないんだよね?▼
[ブノワ]
…ああ。
そんなことを言われて…驚いただけだ。▼
[カムイ]
ふふふ。▼
僕も少しずつ
ブノワのことがわかってきたよ。▼
[ブノワ]
…ふ。▼
…礼を言う。
俺を怖がらず、話に付き合ってくれて。▼

支援A

[カムイ]
ブノワ。
何をしているの?▼
[ブノワ]
…カムイ様。▼
森の動物たちに…
エサをあげていたところだ…▼
[カムイ]
すごい。
みんなブノワになついてるね。▼
[ブノワ]
幼い頃の遊び相手は…
こいつらだったからな…▼
…扱いなら慣れている。▼
[カムイ]
ふふふ。▼
[ブノワ]
…おかしいか?
…俺が動物好きだと。▼
[カムイ]
ごめん。
でも、違うんだよ。▼
ブノワの今の姿と、
伝え聞いた伝説との落差が激しくて…▼
[ブノワ]
…ふ。
伝説など…そんなものだ。▼
[カムイ]
ふふふ。
本当にそうだね。▼
[ブノワ]
…そうだ。
これをやろうと思っていたのだ。▼
[カムイ]
これは…お守り?
前にブノワが作っていたものかな?▼
[ブノワ]
…ああ。
…受け取って欲しい。▼
[カムイ]
ありがとう。
でも、どうして僕に?▼
[ブノワ]
お前に死んで欲しくないと…
そう思ったからだ。▼
俺も…戦場には同じお守りを必ず持っていく。
気休めにすぎなくても、ないよりはましだ…▼
[カムイ]
ブノワ…▼
ありがとう。
大切にするよ。▼
僕、ブノワと接してみて、
色々とわかってきたんだ。▼
本当はすごく優しい人で、
仲間思いの人なんだって…▼
[ブノワ]
!!▼
…そ、そんなことは…▼
[カムイ]
そんなことあるよ。
ブノワは仲間思いだよ。▼
[ブノワ]
…そう思いたければ、
勝手に…思えばいい…▼
[カムイ]
うん。 でも僕だけじゃなくて、
みんなも心の中ではそう思ってるはずだよ。▼
ブノワは確かに口下手だけど…▼
行動を見ていれば、
優しい人だってわかるから。▼
[ブノワ]
…それは困ったな。▼
だが…そう思われているのならば、
その気持ちに応えねばならない。▼
[カムイ]
ははは。
そうだね。▼
[ブノワ]
…これからもよろしく頼む。▼
[カムイ]
うん。
こちらこそ。▼

シャーロッテ

支援C

[シャーロッテ]
あ〜! カムイ様!
こんなところにいらっしゃったんですね〜!▼
[カムイ]
シャーロッテ。
どうしたの?▼
[シャーロッテ]
私、お弁当を作ってきたんです〜。
受け取ってもらえますか?▼
[カムイ]
えっ…いいの?▼
[シャーロッテ]
いいに決まってるじゃないですか〜。▼
だって、カムイ様は
いつも先頭に立って戦ってるんですから。▼
お弁当でも食べて、
疲れを癒やしてください。▼
[カムイ]
それはありがとう。▼
[シャーロッテ]
ちょっと開けてみてもらえます?
お嫌いなものがないか心配で…▼
[カムイ]
…おお。
僕の好きな食べ物ばかりだよ。▼
[シャーロッテ]
え〜!
ほんとですか〜!?▼
カムイ様のことを考えながら、
一生懸命作ったんです。▼
でもカムイ様のことを
いろいろ考えすぎちゃって…▼
気付いたら朝になってました…
テヘッ!▼
さあ、食べてみてください。▼
[カムイ]
うん。▼
…もぐもぐ。▼
!▼
なんだこれ!
味も最高だよ!▼
[シャーロッテ]
本当ですか!?▼
よかった…
がんばりがちょっと報われたかも…▼
ぐすん…▼
ごめんなさい…
私、感激しすぎちゃって…▼
これからもかっこいい姿、見せてくださいね。
私、陰から応援してます!▼
[カムイ]
うん。ありがとう。▼

支援B

[シャーロッテ]
ちょっと!
なんなのよこれ!▼
どうして今月の給料こんなに少ないわけ!?
ガチな意味で死ぬほど働いただろっつーの!!▼
ったく…
ふざけんなって話よ!▼
ふんっ!▼
[カムイ]
あ、あの…
シャー…ロッテ…?▼
[シャーロッテ]
…………▼
…あ、あら〜。
カムイ様〜!▼
…う、うふふ!▼
こ、こんなところで…
どうされたんですか〜?▼
[カムイ]
い、いや…
お弁当箱を返そうと思ったんだけど…▼
[シャーロッテ]
あっ、そんな。
わざわざありがとうございます。▼
[カムイ]
確認だけど…
君はシャーロッテ…だよね?▼
[シャーロッテ]
そ、そうですよ?▼
[カムイ]
今…怒鳴りながら素手で
木をへし折ってたけど?▼
[シャーロッテ]
怒鳴る? 木をへし折る?
な、なんのお話でしょう?▼
[カムイ]
…………▼
[シャーロッテ]
…………▼
違うんですよ〜。▼
今のは…えっと、そう!
敵の変な魔法のせいです〜!▼
一瞬、意識を失っていたのかもしれません。
怖いですね〜。▼
[カムイ]
敵の魔法?
敵なんていないけど…▼
[シャーロッテ]
…………▼
ちっ!▼
(シャーロッテ退場)
[カムイ]
あ、ちょっと、シャーロッテ!?▼
行っちゃった…▼
…さっきの話し方はなんだったんだ?
まるで別人のようだったけど…▼
…ん?▼
なんだこれ。
何か落としていったみたいだ。▼
これは…▼

支援A

[カムイ]
シャーロッテ、探したよ。▼
[シャーロッテ]
ふん、何の用?▼
びっくりしたかもしれないけど、
これが本当の私なのよ。▼
[カムイ]
み、みたいだね…▼
[シャーロッテ]
でも女なんてみんなこんな生き物よ。▼
自分にとって利益のある人間に
よく思われたいためなら…▼
どんな仮面だってつけられるんだから。▼
[カムイ]
これからはずっと、
仮面を取ったままにするのかい?▼
[シャーロッテ]
まさか。媚を売りたい人間は
あなただけじゃないもの。▼
これからも仮面はつけさせてもらうわ。▼
でも…そうね。
あなたの前なら外してもいいかも。▼
ここまでバレちゃったら…もう仕方ないわ。▼
この先どう転んでも
あなたにはよく思われないでしょうし。▼
[カムイ]
そんなことないよ。▼
だって僕は仮面をつけたシャーロッテより
本音のシャーロッテと話したいから。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[カムイ]
まずこれ。
お弁当箱を返すよ。おいしかった。▼
お弁当を食べて感動したのなんて、
初めての経験だったかもしれない。▼
[シャーロッテ]
ほ、ほんと?▼
[カムイ]
うん、ありがとう。▼
あとこれ。
こないだ落としていったよね。▼
[シャーロッテ]
そ、それは…▼
か、返して!▼
[カムイ]
やっぱり大事なものだったんだね。▼
[シャーロッテ]
これは仕送りの覚え書きよ…▼
[カムイ]
仕送り?
両親に?▼
[シャーロッテ]
ええ。そうよ。
こう見えても親のことは大事にしているの。▼
あまり裕福じゃない家だったけど
両親は私を愛情いっぱいに育ててくれた…▼
仕送りはその恩返しのつもり。▼
ふふ。
仕送りなんてガラじゃない?▼
信じられないっていうなら
別にそれでもいいけど…▼
[カムイ]
いや、信じるよ。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[カムイ]
だって、今のシャーロッテは素なんだろ?
だったら嘘は言わないはずだしね。▼
実は正直言うと…
仮面をかぶってた頃の君は…なんかこう…▼
グイグイ来られてちょっと怖かった。▼
[シャーロッテ]
…………▼
ふふ。
そんなこと言う人は初めてよ。▼
だいたいみんな、
あなたとは逆のことを言うから。▼
…あなたの隣なら、
何も気にすることなく戦えそう。▼
[カムイ]
僕もだよ。今まで以上に。▼
[シャーロッテ]
カムイ様。
これからもよろしく。▼
…でも、私の素顔に関しては他言無用よ?▼
[カムイ]
あはは、わかったよ。▼

支援S

[シャーロッテ]
どうしたのよ。
いきなり呼び出して。▼
[カムイ]
僕も君を見習って、
心をさらけ出そうと思ってね。▼
僕は今から…
自分を偽ることなく、本当の気持ちを言う。▼
[シャーロッテ]
は?
なんなのよ、一体。▼
[カムイ]
…………▼
君が好きだ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
は、はぁ!?▼
あんた、頭は大丈夫!?▼
[カムイ]
大丈夫だ。▼
[シャーロッテ]
ひ、人を馬鹿にすんのも
いい加減にしなさいよ!▼
[カムイ]
馬鹿になんてしていない。
僕は本気だ。▼
[シャーロッテ]
だって…私よ?
私なのよ!?▼
口汚くて性格悪い上に、
木を素手で折るような女なのよ!?▼
[カムイ]
そんな言い方はよくないよ。▼
[シャーロッテ]
い、いや。だって。▼
[カムイ]
裏表があるっていうのを気にするのは変だよ。
誰しもそういう部分を持っているからね。▼
とにかく僕は、
君の人間らしいところが好きだ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
…うっ。
ううっ。▼
[カムイ]
どうしたの?▼
[シャーロッテ]
うえーーーーーーーーーーーーーーん!▼
[カムイ]
えええええ!?▼
[シャーロッテ]
涙が…
涙が止まらないよーーー!▼
あ、言っておくけど、これは本当の涙だからね。▼
一瞬で涙を流すテクニックは持ってるけど、
これは違うの。信じて。▼
[カムイ]
わかってる。
わかってるよ。▼
[シャーロッテ]
でも、本当に私なんかでいいの?▼
[カムイ]
うん。全然、大丈夫。▼
[シャーロッテ]
ほんとに?▼
[カムイ]
君といたら、楽しそうだよ。
毎日が刺激にあふれていて。▼
[シャーロッテ]
…………▼
…あなたって相当な変わり者じゃない?▼
[カムイ]
かもね。
でも、そっちの方がいいと思うよ。▼
変わり者同士のカップルなら
永遠に一緒にいても飽きないだろう?▼
[シャーロッテ]
…………▼
…カムイ、ありがとう。▼
ふつつか者ですが、
末永くよろしくお願いします。▼
こ、これは本音なんだからね!▼
[カムイ]
うん、わかってるよ。
こちらこそ、これからもよろしくね。▼

(モーション、CV有り。)

[シャーロッテ]
今まで、この言葉…
本気で言ったこと無かったんだけど…
あんたになら、心の底から言えるわ……大好き。
あたし…あなたといられて…幸せよ。

レオン

支援C

[カムイ]
レオン。
少しいいかな?▼
[レオン]
カムイ兄さん。
どうしたの?▼
[カムイ]
また勉強を教えてもらいたいな、と思って。▼
[レオン]
戦地に出てまで勉強するの?
いつからそんなに真面目になったのさ?▼
[カムイ]
知識を身に付けることが、
誰かを守る術になるかもしれない。▼
戦地だからこそ、勉強をすれば
すぐに役に立つかもしれないと思ったんだ。▼
[レオン]
けど、そんな付け焼刃が通じるほど、
戦場は甘くないよ。▼
カムイ兄さんだって、
そんなことはわかってるでしょ?▼
[カムイ]
それはそうなんだけど…▼
[レオン]
でもまあ、カムイ兄さんが
しっかり者になろうとするのはいいことか。▼
いいよ。勉強、教えてあげる。▼
[カムイ]
! ありがとう。
レオン。▼
[レオン]
その代わり、手加減はなしだからね。▼
[カムイ]
ええっ!?
お、お手柔らかにお願いします…▼
[レオン]
だめだめ。それは無理だよ。
徹底的に厳しくするんだから。▼
勉強をしたいって、
カムイ兄さんが望んだんだからね。▼
[カムイ]
う、うん…わかったよ。
よろしくお願いします…▼
[レオン]
うん。いい返事だね。
僕の生徒に相応しいよ。▼

支援B

[カムイ]
レオン。
この間の戦術の宿題をやってきたよ。▼
[レオン]
うん。
じゃあ、確認するね。▼
[カムイ]
ど、どうかな?▼
[レオン]
…全然、駄目だね。
この立ち回りじゃ、部隊は全滅だよ。▼
[カムイ]
ええっ!?▼
[レオン]
目の前の軍勢にとらわれ過ぎたのが原因かな。
これじゃあ簡単に背後を突かれてしまう。▼
この場合はまず、少数の精鋭部隊で
敵前面を軽く刺激して…▼
相手の出方を確認しつつ、
敵をこちらにおびき寄せる。▼
充分に引き寄せることさえできれば、
その後の選択肢が広がることはわかるよね?▼
裏を回って敵大将を討ち取る…
なんてこともできるかもしれない。▼
[カムイ]
すごい…
さすがレオンだね。▼
[レオン]
こんなのは戦術の基礎中の基礎だけど。
よくそんなんで今まで生き延びてこれたね。▼
[カムイ]
そ、そうだね…
僕一人じゃ無理だったと思うよ。▼
[レオン]
…………▼
[カムイ]
レオン?▼
[レオン]
カムイ兄さんは、
いつも周囲に目をかけてもらえる。▼
それはなぜだと思う?▼
[カムイ]
僕が…頼りないからかな?▼
[レオン]
…そうだよ。まさにその通り。
自分でもわかってるんじゃないか。▼
だから、カミラ姉さんもマークス兄さんも、
僕よりカムイ兄さんに目をかけていた…▼
[カムイ]
レオン…▼
[レオン]
強者はいつだって孤独だ。
誰の力も必要としていないと思われるからね。▼
でも、そんなことはない。
僕だって誰かが側にいて欲しいときもある。▼
だからと言って…
弱者のフリをするほど子供じゃない…▼
なら…どうすればいいんだよ。▼
[カムイ]
ごめん…▼
僕のせいで、
レオンを傷つけていたんだね。▼
[レオン]
…………▼
[カムイ]
僕はレオンが優秀なのは否定しないよ。
それで孤独を感じることもあると思う。▼
でも、弱者が望んで
弱者でいるとは思わないでほしい。▼
僕だって…必死で…▼
[レオン]
…今のは言い過ぎた。
僕達は共に進んでいく仲間なのに…▼
…ごめん。
…本当にごめん。▼
[カムイ]
いいんだよ。レオン。
僕の出来が悪いのは本当だし。▼
これからも指導をよろしく頼むよ。▼
[レオン]
ああ。わかった。▼

支援A

[カムイ]
レオン。
また戦術の宿題を持ってきたよ。▼
[レオン]
うん。
じゃあ、確認するね。▼
…………▼
[カムイ]
どうかな?▼
[レオン]
だいぶ良くなったね。
これなら部隊の生存率も高いよ。▼
[カムイ]
本当かい!?
よかった。嬉しいよ。▼
[レオン]
まあ、僕ならもう少し上手く立ち回るけど。
最初に比べたらすごい進歩だと思うよ。▼
[カムイ]
レオンのおかげだよ。
僕一人ではここまで成長できなかった。▼
[レオン]
それはそうだろうね。
もっと僕に感謝してくれていいんだよ?▼
[カムイ]
ははっ、レオンったら。
先生なのに意地悪だね。▼
[レオン]
ははは。
ごめんごめん。▼
でもさ、僕もカムイ兄さんの勉強に
ここまで付き合うとは思わなかったよ。▼
[カムイ]
レオンは優しいからね。
ありがとう。▼
[レオン]
いや、そうじゃないよ。▼
[カムイ]
え…?▼
[レオン]
僕、少しだけ
カミラ姉さんの気持ちがわかったんだ。▼
カムイ兄さんと一緒にいると、
何だかすごく落ち着くんだ。▼
[カムイ]
そ、そうなの?▼
[レオン]
うん。人をひきつけるのには
それなりの理由がある。▼
弱者だから人が寄ってくる。
強者だから孤独になる。▼
そんなのは僕の傲慢さが生んだ、
ただの勘違いだったみたいだ。▼
[カムイ]
レオン…▼
[レオン]
気づかせてくれたのは
カムイ兄さんだよ。▼
ありがとう。▼
[カムイ]
いや…そんな…▼
[レオン]
まあ、それはそれとして、
これからも厳しく勉強は教えるから。▼
悲鳴を上げて逃げ出そうとしても、
絶対に逃がさないからね?▼
[カムイ]
お、お手柔らかにお願いします…▼
[レオン]
はいはい。
なるべく努力するよ。▼


フランネル

支援C

[フランネル]
おっ!
カムイ!▼
[カムイ]
フランネル。
どうしたんだい?▼
[フランネル]
ちょっとこれを見てくれよ!
ほらほら!▼
[カムイ]
これは…綿が出てしまった
ぬいぐるみだね。▼
[フランネル]
そうなんだよ。
ボッロボロだよなー。▼
[カムイ]
このままじゃかわいそうだね。
僕が直してあげようか?▼
[フランネル]
直す?
なんで?▼
[カムイ]
え…?
だってこのままじゃ…▼
[フランネル]
これが良いんじゃないか!
カムイはわかってねえなー。▼
お腹から飛び出てるモコモコの綿…
全身に散りばめられた毛玉の数々…▼
くんくん…
この熟成された匂いも完璧だ!▼
たまらねえ…
本当、たまらねえよ!▼
[カムイ]
ぼ、僕にはよくわからないな…▼
[フランネル]
この魅力がわからないなんて…
人生、損してるぞ、カムイは。▼
[カムイ]
そ、そうかな…▼
[フランネル]
よし! じゃあ、俺がカムイに
こういうモノの魅力を教えてやる!▼
[カムイ]
えっ?▼
[フランネル]
今から俺のお宝収集品を見に行くぞ。
見て、触れて、感じるんだ!▼
[カムイ]
あ、あの…
フランネルのお宝というと…?▼
[フランネル]
へへへ。
聞いて驚くなよ?▼
尻尾の切れかけたトカゲのミイラもあれば、
巨大コウモリの絨毯だってあるぜ!▼
[カムイ]
ご、ごめん。
今日は遠慮してもいいかな?▼
[フランネル]
なんだ、体調でも悪いのか?
じゃあ、今度にするか。▼
[カムイ]
ほっ…▼

支援B

[フランネル]
カムイ!
今日は時間あるか!?▼
[カムイ]
フランネル。
時間ならあるけど…▼
[フランネル]
じゃあ、今日こそは俺のお宝の魅力を
カムイに知ってもらうぜ!▼
今日は色々と持ってきてるんだー。
準備は万端ってわけだ!▼
[カムイ]
それはありがたいよ…
う、嬉しいなあ…▼
[フランネル]
まずはこれだ!
蜘蛛の糸のかたまり!▼
まだまだ粘着力は抜群なんだぜ!?
ここまで集めるのは苦労したなー。▼
朝、外に出しておくと、
朝露が絡んでキラキラ輝くんだ!▼
[カムイ]
それはすごいね…▼
[フランネル]
まだまだこんなもんじゃないぞ?▼
次はこれだ!
吸血コウモリの牙の首輪!▼
尖ってるよなー。
ツンツンだよなー。▼
これを首に巻くと、チクチクするんだけど、
それがまた気持ち良いんだよなー。▼
カムイもしてみるか?▼
[カムイ]
いや、大丈夫だよ。
僕のことは気にしないで。▼
[フランネル]
? わかったぜ。▼
…で、どうだ?
俺のお宝の魅力、わかってくれたか?▼
[カムイ]
そうだね…
正直に言うと…▼
フランネルの宝物は、
僕にはちょっとわからないかも…▼
[フランネル]
そ、そうなのか?▼
じゃあ逆に、カムイの宝物を
俺に教えてくれよ。▼
[カムイ]
そうだね…
たとえば、本とか装飾品とか…▼
[フランネル]
それならわかる!
破れた本に壊れた装飾品だろ?▼
[カムイ]
いや、破れてないし、壊れてないよ。▼
[フランネル]
ん? じゃあ綺麗なままのモノってことか?
そんなものがお宝なのか…▼
これじゃあ、カムイとは
お宝の魅力を共有できないな…▼
[カムイ]
好きなもの嫌いなものは
人それぞれだからね。▼
でも、だからと言って…▼
フランネルと僕が
仲良くなれないわけじゃないよ。▼
[フランネル]
!?
べ、別に仲良くなりたいとか思ってねえし!▼
俺はただ、お宝の魅力を
知って欲しかっただけで…▼
…でも…仲良くしたいなら、
仕方ないから…付き合ってやってもいいぜ…?▼
[カムイ]
ははは。
しっぽが揺れてるよ、フランネル。▼

支援A

[フランネル]
カムイ!▼
[カムイ]
フランネル。
どうしたんだい?▼
[フランネル]
べ、別に用はねえけど…▼
[カムイ]
…そう。
じゃあ、僕は行くね。▼
[フランネル]
いや…!
用はねえけど、ちょっと待てよ!▼
[カムイ]
フランネル?▼
[フランネル]
あ、そ、そうだ!
俺、またお宝を見つけたんだよ!▼
ちょっと見てくれよ?
な? いいだろ?▼
[カムイ]
もちろん。
かまわないよ。▼
[フランネル]
ほら、これなんだけどよ…▼
[カムイ]
わあ、綺麗な貝殻…
素敵だね。▼
[フランネル]
だ、だろ?
綺麗…だよな?▼
欠けてもいないし、匂いもしないけど…
こういうのが…いいんだよな?▼
[カムイ]
あれ…おかしいよ。▼
[フランネル]
な、何がだ?▼
[カムイ]
こんな綺麗な貝殻は…
フランネルのお宝にはならないよね?▼
[フランネル]
ぎくっ!▼
そ、そうだっけか?▼
[カムイ]
うん。
絶対におかしいよ。▼
僕、フランネルのことは
色々とわかってきたから。▼
[フランネル]
そ、そっかあ…▼
た、確かに良く見ると…
これ、そんなにお宝じゃないかもな…▼
じゃ、じゃあ…
この貝殻はカムイにやるよ。▼
[カムイ]
え…僕に?▼
フランネル…
もしかして僕の好きそうなものを探して…▼
[フランネル]
ち、違う違う!
いいように解釈するなって…!▼
別に元々、お前にやるつもりで
持ってきたんじゃねぇし!▼
たまたま俺のお宝が、俺のお宝じゃなくて、
カムイのお宝だったってだけだ!▼
[カムイ]
ははは。
そうだったんだ。▼
ありがとう。
フランネル。▼
[フランネル]
いや、別に、お礼とかいいし…
そんなつもりじゃなかったし…▼
[カムイ]
でも、フランネルの尻尾、
ものすごくフリフリしてるよ?▼
[フランネル]
こ、これは…違う!
尻尾が…暴れてるだけだ!▼
[カムイ]
ははは。
これからも仲良くしてね。▼
[フランネル]
ん? そ、そうだな…▼
カムイがそう言うなら…
仕方ないな。▼

マークス

支援C

[マークス]
ふん!▼
はぁ!▼
[カムイ]
…マークス兄さん。
こんな時間まで…寝ずに訓練かい?▼
[マークス]
…カムイか。▼
ああ。
私に寝ている暇などない。▼
暗夜王国の繁栄のために
剣の腕を磨き続ける…▼
それが私の成すべきことだ。▼
[カムイ]
マークス兄さんは、
昔から変わらないね。▼
[マークス]
どういうことだ。▼
[カムイ]
僕が閉じ込められていた北の城塞に
マークス兄さんが訪ねてきてくれた時も…▼
夜遅くまで訓練していたよね?▼
[マークス]
なぜ、そのことを…▼
[カムイ]
だって、僕の部屋の窓から
その姿が見えてたから。▼
僕も負けてはいられないと、
同じように剣を振ったりしたよ。▼
[マークス]
そうだったのか。▼
[カムイ]
…昔と同じように
一緒に剣を振ってもいい?▼
[マークス]
もちろんだ。▼
しかし、今日は私の隣だ。
城壁の中ではない。▼
[カムイ]
うん。▼
あはは。
なんだか緊張するよ。▼
~

支援B

[マークス]
ふん!▼
はぁ!▼
[カムイ]
マークス兄さん。
今夜も訓練なんだね。▼
[マークス]
そうだ。▼
[カムイ]
僕も一緒にしていい?▼
[マークス]
もちろん。▼
…………▼
カムイ。
この間の話だが…▼
[カムイ]
うん。▼
[マークス]
お前は北の城塞で…
部屋から私の訓練を見ていたと言った。▼
もしや、お前の睡眠の邪魔に
なっていなかったか?▼
[カムイ]
とんでもないよ。▼
マークス兄さんの剣が空気を斬る音…
僕はあの音を聞くのが大好きだったよ。▼
[マークス]
そうか。
だったらいいのだが…▼
[カムイ]
…………▼
マークス兄さん。
何か悩みごとがあるんだね。▼
[マークス]
…何?▼
[カムイ]
お父様の機嫌が悪いと言っていた夜は…
マークス兄さんは荒々しい訓練をしてた。▼
今日の訓練も、剣の振りが
荒れている感じがするよ。▼
[マークス]
…………▼
ふっ…
適当なことを言うな。▼
今の私に悩みなどない。▼
自分の信じた道を
迷うことなく進んでいるのだからな。▼
[カムイ]
そうなんだ。…ごめん。
僕の勝手な思い込みだったね。▼
[マークス]
いや、いいさ。
だが…そろそろ訓練は終わりにしよう。▼
これ以上続けると、明日に響く。▼
[カムイ]
う、うんっ。▼

支援A

[マークス]
カムイ。
待っていたぞ。▼
一緒に剣を振ろう。▼
[カムイ]
うん!▼
[マークス]
…………▼
カムイ。
この間の話だが…▼
[カムイ]
この間の話…?▼
[マークス]
ああ。父上の機嫌が悪い日、
私の剣が荒れていたという話だ。▼
国を大事にするということは
父上の命令を絶対と考えることでもある。▼
しかし、その父上が…
国の利益とは関係ない命令を出したら…▼
そして、その命令が…
納得できないものだったら…▼
そんなとき私の剣は
確かに荒れていたのかもしれない。▼
[カムイ]
…マークス兄さん。▼
[マークス]
自分でも驚いている。
お前にこんなことを話すなんて。▼
…剣とは不思議なものだ。▼
こうして隣で振っているだけで
黙っていても何かが通じ合う。▼
…………▼
カムイ、感謝する。▼
[カムイ]
えっ?▼
[マークス]
お前のおかげで…
私は孤独ではないと思える…▼
[カムイ]
マークス兄さん…▼
僕なんかでよければ…
いつでもご一緒するよ。▼
[マークス]
いいのか。
睡眠不足になるぞ。▼
[カムイ]
大丈夫だよ。
昔から、ずっとやっていたことだから。▼
[マークス]
…そうか。▼

ギュンター

ギュンターのページへ

フローラ

フローラのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-17 (火) 15:02:33