マイユニット(男性・僕)の支援会話

アクア

※アクアとの支援は、白夜・暗夜・透魔で内容が異なる

フェリシア

支援C

[フェリシア]
くすん… 私ってば…どうしていつもこうなんでしょう。▼
[カムイ]
あっ、フェリシア。 またそんなところでいじけてる。▼
[フェリシア]
カムイ様!! ひ、酷い!▼ いじけてるのに気づいたなら、慰めの言葉とか かけてくださってもいいじゃないですか~!▼
[カムイ]
う~ん。でもフェリシアが料理に失敗して いじけるのは、もう恒例行事みたいなものだし。▼ こほん。じゃあ…フェリシア。 「あんまり気にしないほうがいいよ」。▼
[フェリシア]
はうぅ~~~! なんですか、その形骸化した台詞!!▼ しかも「じゃあ」ってなんですか、 「じゃあ」って!!▼ くすん…私、どうしたらフローラ姉さんのように 完璧な家事がこなせるようになるのでしょう?▼ 私、もっとカムイ様達の お役に立ちたいのに…▼
[カムイ]
んー、さっきのは冗談だったけど、 ほんとに気にすることないと思うけどな。▼ フェリシアはすごく役に立ってるよ。▼
[フェリシア]
そ、そうでしょうか!▼
[カムイ]
うん、だってほら、戦闘の時とか きゃーきゃー騒いで敵を集めた上で、▼ 問答無用で武器を振るって一掃するじゃないか。 あれは素晴らしい戦略だと思うよ。▼
[フェリシア]
………▼
[カムイ]
あ、あれっ? フェリシア!? なんでまたいじけたポーズに!?▼
[フェリシア]
カムイ様… 全然フォローになってないです。▼ あれは戦略でも作戦でもなくて、 本当に逃げ回ってるんです!▼ メイドらしく、か弱い女の子らしく、 怖い敵から必死に逃げてるんです!▼
[カムイ]
ええっ!? そ、そうだったの!?▼
[フェリシア]
しかも論点はそこじゃないです!!▼ 私は家事やご主人様のお世話をして、 お役に立ちたい、という意味なんです!▼ 戦闘なんて… 全然メイドっぽくありません!▼
[カムイ]
…う、うーん。でも、それなら無理に 戦闘に参加しなくてもいいんだよ?▼
[フェリシア]
そ、それはそれでお役に立てるところが なくなりそうで…困ります。▼
[カムイ]
そ、そう? 難しいなぁ…▼
[フェリシア]
いじいじ…▼

支援B

[フェリシア]
あうぅ… い、痛いですぅ…▼
[カムイ]
フェリシア…さっきも転んで、 皿を沢山割ってたよね…?▼ おでこを床にぶつけてたけど、大丈夫? ほら、ちょっと見せてみなよ。▼ 薬を塗ってあげるから。▼
[フェリシア]
す、すみません… カムイ様。▼ 本当はこういうことは、 メイドの私がして差し上げるべきなのに…▼
[カムイ]
こういうのはお互い様だよ。▼ それにほら…僕らはもう 家族みたいなものだろう?▼ あと、そうだ…フェリシアだって昔、 僕の命を救ってくれたじゃないか。▼
[フェリシア]
えっ…? そんなことありましたか?▼
[カムイ]
うん。病気で高熱が出た僕を フェリシアが冷やしてくれただろう?▼
[フェリシア]
…あっ、思い出しました。▼ あれはまだ私と姉さんが カムイ様にお仕えし始めた頃でしたね。▼ あの頃は私、今以上に 何をやっても失敗ばかりで…▼ 熱を出したカムイ様の看病も 満足にできなかったんでした。▼
[カムイ]
でも君は、僕の高熱を冷ますために、 僕に寄り添って氷の力を使い続けてくれた。▼ 後から聞いたよ? あれは、僕の高熱を君に移してしまうという、▼ 氷の部族にとっては命を落としかねない、 危険な力の使い方だったって…▼
[フェリシア]
あの時の私にできることといえば、 あれくらいしか無かったんです。▼
[カムイ]
でもそれで君にもしものことがあったら、 どうするつもりだったんだい?▼ もちろん感謝はしてるけど… これからは、あんな自殺行為は止めてほしい…▼ 自分を大切にしてほしいんだ。▼
[フェリシア]
うふふ…カムイ様。 それは違いますよ。▼
[カムイ]
えっ?▼
[フェリシア]
私は… ちゃんと自分を大切にしています。▼
[カムイ]
ど、どういう意味…?▼
[フェリシア]
うふふふ…ちょっとそれは教えられないです。 カムイ様にも秘密なんです。▼ うふふふ…!▼
[カムイ]
フェ、フェリシア…! ちょっと待ってよ!▼ …行っちゃった。▼

支援A

[フェリシア]
ごくり…▼ じ、自分を信じるんです、フェリシア…! 引き出しにお鍋を入れるだけです…!▼ そーっと、そーっと…▼ 私は…今までの… フェリシアじゃありません!▼ 華麗なメイドとして進化を遂げた姿を、 今こそ…!▼ はっ、はわわっ!! バ、バランスがああ~~っ!!?▼ …………▼ あらっ? 痛くないです…▼ 確かバランスを崩して 床に落ちたはずですが…▼
[カムイ]
フェリシア…▼
[フェリシア]
はわっ!! カムイ様!?▼ カムイ様が 抱き止めてくださったのですか?▼
[カムイ]
フェリシア、君さぁ…▼ あれだけ一人でペチャクチャと口動かしてたら、 そりゃあバランスも崩すよ?▼
[フェリシア]
ううっ…は、恥ずかしいですぅ… ドジを見られた上、助けてもらうだなんて…▼ しかも独り言まで聞かれちゃって…▼
[カムイ]
よいしょっと。大丈夫かい?▼
[フェリシア]
は、はい…▼
[カムイ]
今のはみんなには黙っててあげるから、 交換条件、いいかな?▼
[フェリシア]
は、はいっ。 交換条件…ですか?▼
[カムイ]
この間フェリシアが教えてくれなかった、 「自分を大切にしてる」って意味、教えてよ。▼
[フェリシア]
あ、あれですか…▼
[カムイ]
うん、実は気になってたんだ。▼
[フェリシア]
私は常に自分を大切にしてるんですよ。 だってこうして毎日、人に尽くせるんですからね。▼
[カムイ]
ん? どういうこと?▼
[フェリシア]
カムイ様は、 私が身を犠牲にしてでも尽くすのを見て、▼ 自分を大切にしてほしいと 仰ってくださいましたが…▼ 私は、そうやって人に尽くすことこそが じぶんらしくいられる在り方なんですよ。▼
[カムイ]
尽くすことが…自分らしい?▼
[フェリシア]
はい。私は姉さんと違って ドジで失敗ばかりですけど、▼ メイドとして皆さんのことをお世話したいという 気持ちだけは誰にも負けないつもりです。▼ それが私の誇りであり、私がフェリシアという 人間であり続けるための存在証明なんです。▼ だから皆さんに尽くすことこそが、私にとって 自分を大切にするための近道なんです。▼
[カムイ]
でも、それで疲れてしまったりしないのかい?▼
[フェリシア]
はい、全く。▼ だって私、本当に幸せなんです。 皆さんのために生き続けることが。▼ 仮にそれで自分が少し痛い目にあったとしても、 全然気にならないくらい!▼
[カムイ]
フェリシア… その気持ち、とても素敵だと思うよ。▼ 無償の愛っていうのは、 もしかしてこういうことを言うのかな。▼
[フェリシア]
そ、そんな言い方されると 照れちゃいます~!▼
[カムイ]
でも、自分を大切にしてるのはわかったけど やっぱり無理はしないでほしいな。▼ もし無理をして倒れたら、 人のお世話もできないからね。▼
[フェリシア]
も、もちろんです! 私はぜーーーったい、倒れたりしません!▼
[カムイ]
あはは。なら良かった。 これでドジが無ければ完璧なんだけどね。▼
[フェリシア]
はうっ! カムイ様…!▼ せっかく私、良い事を言ってるのに、 茶化さないでください~!▼
[カムイ]
あはは…ごめんね、フェリシア。▼ でもそこまで言うなら止めないよ。 これからも僕たちを支えてほしいな。▼
[フェリシア]
は…はいっ! もちろんです!▼ このフェリシア、これからも皆さんに 尽くしまくっちゃいますよぉ~!▼

支援S

[カムイ]
フェリシア…どこに行ったのかな?▼ 今日はドジばっかりしてたから…というか フェリシアはいつもドジばかりだけど、▼ 今日は更に酷い有様だったからなぁ… 落ち込んでなきゃいいけど…▼ あっ…いた。 やっぱり落ち込んでる。▼
[フェリシア]
いじいじ… あっ…カムイ様…▼
[カムイ]
フェリシア… 落ち込むのはもう止めなよ。▼ 誰にでも失敗はあるんだからさ。▼
[フェリシア]
でも…朝寝坊して メイド服を後ろ前に着替えて、▼ 目玉焼きを真っ黒焦げにして、 お洗濯中には泡まみれになって…もう散々です。▼ 私、メイドを辞めて、 実家に帰った方がいいんでしょうか…?▼
[カムイ]
…そ、それは。フェリシアが どうしても帰りたいなら、止めないけど。▼
[フェリシア]
んも~!! カムイ様ったら、 そこは止めてくださいよ!!▼
[カムイ]
あははっ…冗談だって! でもフェリシア、そんなこと言っていいの?▼ 僕たちに尽くしたいっていう 存在証明はどうしたの?▼
[フェリシア]
あんなの…大嘘ですもん。▼
[カムイ]
えっ!? う、嘘なの!? あんなに大見得を切ったのに!?▼
[フェリシア]
…………▼ …もちろん尽くしたいのはホントですけど、 無償の愛だなんて真っ赤な嘘です…▼
[カムイ]
…え? どういうこと?▼
[フェリシア]
言わせるんですか? カムイ様? そこまで言わせるんですか…?▼
[カムイ]
…? な、なにを?▼
[フェリシア]
私は…あなたが好きだってことです。 ひとりの、男の人として…▼
[カムイ]
!! フェリシア…▼
[フェリシア]
この前のことは… あなたのために何でもしたいって気持ちを、▼ ちょっとカッコ良く 言いたかっただけなんです…▼ でも、この恋は許されない。 身分が違うってことはわかってます。▼ メイドが主君を好きになることが ご法度だってことも知ってます!▼ だから…だから… このことは聞かなかったことにして下さい…▼
[カムイ]
フェリシア… そんな心配しなくてもいいのに。▼ 僕も君が好きだよ。 メイドじゃなくて、一人の女性として。▼
[フェリシア]
え…!!▼
[カムイ]
そうじゃなきゃ、毎回こうして いじけてるのを探しに来たりしないよ。▼ 北の城塞にいたときからずっと、 僕は君を目で追いかけてた。▼ もちろん何かしないか気になってたって いうのもあるけど…▼ きっと僕は、あの頃から 君を好きになり始めてたんだと思う。▼
[フェリシア]
カムイ様…▼
[カムイ]
だから心配しなくても、 君を僕の傍から離したりはしない。▼ …生涯、君は僕だけに尽くすんだから。▼
[フェリシア]
ううっ…! カムイ様…! う、嬉しい…わ、私、嬉しいですぅ!!▼
[カムイ]
ごめんね。フェリシア… 今まで君の事を不安にさせて。▼ 下手でもドジでもいいから…これから僕のこと、 一生ずっと世話をしてくれないかな?▼
[フェリシア]
はい…はいっ! もちろんですぅ~~~!!▼
(モーション、CV有り。)
[フェリシア]
大好きです…! 私のご主人様! お望み通り、一生おそばにいます! もう…私の心も体も、全部…
あなただけのものなんですから…ね?▼

ジョーカー

支援C

[カムイ]
ジョーカー。 僕、ちょっと決めたことがあるんだ。▼ 聞いてもらってもいいかな?▼
[ジョーカー]
これはカムイ様。 急に改まって…何でしょうか?▼
[カムイ]
ええと、実は…▼
[ジョーカー]
さあ、遠慮なさらずお話し下さい。▼ 私にお手伝いできることがあれば 何なりとお申し付けくださって結構です…▼ 私ジョーカー、カムイ様のためならば たとえ火の中水の中…▼ ノスフェラトゥの大群の中にも 突っ込んでいく所存です。▼
[カムイ]
え、ええと…ありがとう。▼ でも、今回のことはジョーカーは 何もしなくて大丈夫だよ。▼
[ジョーカー]
何故ですかカムイ様…?▼ 執事の私の手ですら必要ないなんて 一体どういうことなのですか?▼
[カムイ]
ええと、それは…▼
[ジョーカー]
初めてお会いした時は失敗続きでしたが、 貴方のおかげで私は完璧な執事となったはず…▼ 今では何不自由なくお世話ができていると思って いましたが…それは私の勘違いだったのですか?▼
[カムイ]
そ、そんなことないよ! ジョーカーは完璧な執事だよ。▼ 君には心から感謝してるから、 そんな悲しそうな顔はしないでくれよ!▼
[ジョーカー]
では…一体何をなさるつもりで、▼ 何故私に何もしてはいけないとおっしゃるのか 説明していただけますか?▼
[カムイ]
あの、僕… 独り立ちがしたいんだ!▼
[ジョーカー]
独り立ち…?▼ …………▼ …………▼ 却下いたします。▼
[カムイ]
ええ!?▼ でも…僕ももう立派な大人だから、 お世話なんて要らないよ。▼
[ジョーカー]
いけません。 それでは私の存在意義がなくなってしまいます。▼
[カムイ]
そんな…おおげさだよ。▼
[ジョーカー]
いいえ。決しておおげさなどではありません。▼ 貴方のところへ使用人として訪れた時… 私は何も出来ない駄目な使用人でした。▼ 失敗ばかりで同僚からも疎まれていたのに それを見捨てず支えてくれたのが▼ 他ならぬ、主人だったカムイ様でした…▼ その時のご恩は一生忘れません。▼ ですから私は、 全身全霊をかけて貴方のために尽くすのです。▼
[カムイ]
うーん… ジョーカーの気持ちはわかるけど…▼ 早く一人でもやっていけるようになって 僕もみんなのために力を尽くしたいんだよ…!▼
[ジョーカー]
ですが…私は納得できません。▼
[カムイ]
…わかったよ。▼ 確かにジョーカーは今まで ずっと僕の世話をしてくれた。▼ そんな君のの気持ちを無視して 進める話じゃないよね。▼ …じゃあ、一つだけ。▼ 紅茶を淹れられるようになりたいんだけど それは許してもらえるかい?▼
[ジョーカー]
紅茶…ですか?▼
[カムイ]
うん。実は…独り立ちしたいのは みんなの力になりたいためでもあるけど、▼ 僕の世話をしてくれている ジョーカーたちのためでもあるんだ。▼ 今までお世話になっているジョーカーに 僕から紅茶を淹れたい…▼ そう思うのもダメかな…?▼
[ジョーカー]
…………▼
[カムイ]
あ、あの…ジョーカー?▼
[ジョーカー]
私…感動いたしました。▼ カムイ様に、そんな風に 想っていただけていたなんて。▼ …わかりました。▼ そこまでおっしゃるのなら 私ももう貴方を止めはいたしません。▼
[カムイ]
ほ、本当?▼
[ジョーカー]
ですが、やはり心配ですので まず最初は私と一緒にしましょうね。▼
[カムイ]
うん! じゃあ、早速準備をしよう!▼ ありがとう、ジョーカー! やっぱり君は最高の執事だね!▼
[ジョーカー]
!▼ …………▼ ……カムイ様に褒められた! ふ、震えが止まらない…▼ っと、喜んでいる場合じゃないな。▼ カムイ様は今まであまり 料理なんかされたことはないし…▼ かなりはしゃいでいらっしゃったが… 大丈夫なのか…?▼

支援B

[カムイ]
よーし、ジョーカーのために 今度こそ紅茶を完璧に淹れてみせる!▼ ええと…これを…こうして… うわあっ! 熱っ!▼
[ジョーカー]
カムイ様、大丈夫ですか?▼
[カムイ]
うん、お湯が飛んだだけだから 大丈夫だよ。▼ そんなに心配そうに見つめなくても平気だよ。 紅茶を淹れるくらい…簡単にやってみせる!▼
[ジョーカー]
そうは申されますが…▼ 紅茶を淹れる練習を始めてしばらく経ちますが、 私、未だに成功したところを見ておりません。▼
[カムイ]
う…▼ でも、ポットの扱いには慣れてきたよ。 あとは、渋くならないようにするだけだね。▼
[ジョーカー]
そう言って、 失敗続きではありませんか。▼ …やはりもう少しの間、 私と一緒にやりましょう。▼ それに慣れてから、 お一人でできるように練習なさればいいのでは?▼
[カムイ]
でも…そうしたらジョーカーの 仕事の邪魔になっちゃうよ。▼ やり方はもう聞いたから、その通りにやれば 僕一人でだってできるようになるはず…!▼
[ジョーカー]
カムイ様が仕事の邪魔になることなど 今までもこれからもありません。▼ むしろ、貴方を心配しすぎて 今まさに仕事に支障が出ています。▼
[カムイ]
ええ!?▼
[ジョーカー]
見てください。▼ この汚れた洗濯物の山は、 既に洗濯されて綺麗になっていたものですが▼ カムイ様に気を取られた私が 転んだ拍子に再び汚したものです。▼
[カムイ]
! こ、こんなにたくさんの量を…!? うう…罪悪感が…▼
[ジョーカー]
手伝わせてくださらないと もっと悲惨な状況になりますよ?▼
[カムイ]
もう…そんな頼み方しないでくれよ!▼ 僕は何と言われても譲らないからね! ここは僕一人でやってみせる!▼
[ジョーカー]
…これは失敗しました。▼ カムイ様は一度こうと決めたら譲らない… 意外と頑固だったのを失念しておりました。▼
[カムイ]
…聞こえてるよ、ジョーカー。▼ …よし! ジョーカーのことは気にせず 今度こそちゃんと成功させるよ!▼
[ジョーカー]
そんな…!▼
[カムイ]
…………▼
[ジョーカー]
うう…ひどい仕打ちだ。 …………そうだ。▼ カムイ様、紅茶ができましたら 私が確認致しますので、▼ ポットに入れてお持ちいただけますか?▼
[カムイ]
ああ、そうだね、確認はジョーカーに してもらわないと意味がないよね。▼ ……はい、ジョーカー。 今度こそ…大丈夫なはず!▼
[ジョーカー]
では、まず紅茶の色から 確認いたしましょう。▼ …と、 こっそりお湯と砂糖を足して…▼ …はい、カムイ様。 色も良さそうですし、一緒に飲んでみましょう。▼
[カムイ]
うう、ドキドキするなあ…▼ ごくごく… あ! 渋くない!▼
[ジョーカー]
ほっ。▼ …よかったですね、カムイ様。 これで紅茶を淹れられるようになりました。▼
[カムイ]
…うんっ、良かった!▼ よーし、みんなにも 飲んでもらってくるよ!▼
[ジョーカー]
はい、いってらっしゃいませ。▼ …ふう。なんとか渋みを誤魔化せた…のか?▼ まあ、みんなもカムイ様の紅茶なら 喜んで飲むだろうし、そこはほっとくか…▼ …だが、心配だからって 誤魔化したのはまずかったかな…▼

支援A

[ジョーカー]
あの、カムイ様。▼
[カムイ]
あ、ジョーカー。▼ この間は紅茶の淹れ方を教えてくれて ありがとう!▼
[ジョーカー]
い、いえ…カムイ様が 喜んでくだされば、私は満足です。▼
[カムイ]
? でも、何だか浮かない顔をしているね。 どうしたんだい?▼
[ジョーカー]
そ、それは……▼ 私は貴方にお詫びしなければならないのです。 本当に…申し訳ございません。▼
[カムイ]
え? どういうこと?▼
[ジョーカー]
実は…カムイ様の淹れた紅茶は 渋いままだったんです。▼
[カムイ]
…………▼
[ジョーカー]
私はあの時、貴方のお淹れになった紅茶を こっそりとお湯で薄めて砂糖を混ぜました…▼ あんなことをしてしまい 大変申し訳ありませんでした。▼ ですが…もう、あの時は 見ていられなかったのです。それで…▼
[カムイ]
…ふふっ、あははっ!▼
[ジョーカー]
? カムイ様…?▼
[カムイ]
ごめん、ジョーカー。▼ そのことなんだけど… 実は僕、気付いてたんだ。▼
[ジョーカー]
え? そ、そうだったのですか?▼ ですが…それなら…▼ 貴方の頑張りを邪魔してしまった私を お叱りにならないのですか?▼
[カムイ]
叱ったりなんかしないよ。▼ だって、ジョーカーは 僕を助けようとしてくれたんだよね?▼ あの時は僕も頑固になりすぎていたよ。 だから、おあいこということにしない?▼
[ジョーカー]
ああ…さすがはカムイ様。 私を許してくださるなんて、お心が広いです。▼
[カムイ]
というか…今回のことでわかったんだ。▼ やっぱりジョーカーがいてくれないと 僕はダメだなあって。▼ だから… これからも僕と一緒にいてくれる?▼
[ジョーカー]
はい、もちろんです。▼ 私ジョーカー、カムイ様のお傍を 離れることはありません。▼ 離れてしまったら… それこそ私も調子が出ませんから。▼
[カムイ]
ははっ、そんなところまで似ている 主人と執事なんて、何だか面白いね。▼
[ジョーカー]
! カムイ様と似ているだなんて… 私、幸せすぎて意識が飛びそうです…▼
[カムイ]
わあっ! それはダメだよジョーカー!▼ 戻ってきてー!▼

スズカゼ

支援C

[スズカゼ]
……はあ。▼
[カムイ]
スズカゼ… この大根、どうしたんだい?▼ ずいぶん沢山あるみたいだけど。▼
[スズカゼ]
あ、カムイ様。▼ 実は…先程、道案内をしたご婦人から お礼としていただいてしまったんです。▼
[カムイ]
なるほど、じゃあ今日の食事は大根尽くしだね! 良かったね、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
いいえ、全くよくありません▼
[カムイ]
え? どうしてだい?▼
[スズカゼ]
道案内だけでこんなにお礼を 沢山いただくわけにはいきません。▼ それに、こういったことは 今回が初めてではないのです…▼
[カムイ]
初めてじゃない?▼
[スズカゼ]
ええ。なぜか私は…▼ 見ず知らずの女性から声をかけられたり、 何かをもらったりすることが多いのです。▼
[カムイ]
そうなの?▼
[スズカゼ]
はい。少しお話をしただけなのに 悲鳴を上げて抱きつかれたり、▼ いきなり手紙を渡されたり、 今日のように食べ物を持たされたり…▼ 仲間内で起きたことではないのですが ああいったことをされると…戸惑います。▼
[カムイ]
いいじゃない。それって、 スズカゼがモテてるってことだよ。▼
[スズカゼ]
も、モテてる…ですか?▼
[カムイ]
うん!その女性のみなさんは、きっと スズカゼのことが気になってるんだよ。▼ ほら、スズカゼは誰にでも親切だし 忍としてもかっこいいから!▼ この間も、町にいた女の人が言ってたよ。 「憂いを帯びたあの顔が素敵…」って。▼
[スズカゼ]
そ、そのようなことは決して…! …お褒めいただけるのは嬉しいのですが、▼ 私は忍の修行に専念したいので、 そういった接触は控えていただきたいものです。▼
[カムイ]
ふふっ、スズカゼは真面目なんだね。▼
[スズカゼ]
いえ、このような心構えは、 忍として当然のことです。▼ それに…私はあなたが言うほど 良い人間ではありません…
[カムイ]
え?▼
[スズカゼ]
…いいえ、何でもありません。 では、私は修行がありますので失礼します。▼
[カムイ]
あ!…行っちゃった。▼ さっきの言葉…良い人間ではないって どういうことかな?▼

支援B

[カムイ]
スズカゼ。 一つお願いしたいことがあるんだ。▼ 僕をしばらくの間、 スズカゼと一緒にいさせてくれないかな。▼
[スズカゼ]
別に構いませんが… 一緒にいるとは、どういうことですか?▼ 常に行動を共にする… つまり私を監視するということでしょうか?▼
[カムイ]
い、いや! 決して監視なんかじゃないよ!▼ ただ…僕はスズカゼの良いところを スズカゼ自身に知ってほしいと思って。▼
[スズカゼ]
なぜですか…?▼
[カムイ]
僕、心配なんだよ。 スズカゼのことが。▼ だってこの間、スズカゼ… 「私は良い人間じゃない」って、▼ そう言ってたよね?▼
[スズカゼ]
! そ、それは…▼
[カムイ]
スズカゼにはきっと良いところが たくさんあるよ!▼ だから、スズカゼと一緒にいて それを伝えたいんだ!▼ ダメ…かな?▼
[スズカゼ]
……カムイ様の 言いたいことはわかりました。▼ ですが、お気持ちだけで十分です。 それでは失礼します。▼
[カムイ]
あ!スズカゼ!▼
むむ…さすがは忍び。 …あっという間に消えてしまったね。▼ でもスズカゼのことだから、 きっとまだ傍にいるはず。▼ 俺は諦めないよ…!▼ スズカゼー! どこだーい! スズカゼー!▼ お願いから出てきてくれよー!▼
[スズカゼ]
………▼
[カムイ]
スーズーカーゼー!▼
[スズカゼ]
カムイ様…▼
[カムイ]
あっ、スズカゼ! 良かった…出て来てくれたんだね!▼ 身を隠した忍びの人を見つけるなんて、 僕には出来そうもなかったから…▼
[スズカゼ]
あんな大声で呼ばれるのは困ります。 もしこのあたりに敵が潜伏していた場合…▼
今の行動はカムイ様の居場所を むざむざ敵に教えるようなもの。▼ 軽率な行動は慎んでください。▼
[カムイ]
あ!…ご、ごめん。 つい夢中になっちゃって…▼ スズカゼはいつでも冷静だね。▼ それに…心配して出てきてくれるなんて やっぱりスズカゼは優しいよ。▼
[スズカゼ]
!▼
どうしてあなたは…そんなことを私に言うのですか…▼ あなたに言われると…私は…▼
[カムイ]
? スズカゼ?▼
[スズカゼ]
…もう、いい加減にしてください。▼ 私のことは放って置いてくださればいいんです!▼
[カムイ]
!▼
[スズカゼ]
っ!あ…すみません… なんという無礼なことを…▼
[カムイ]
う、ううん! 今のは、僕が悪かったんだよ。▼ やっぱり…誰だって付きまとわれるようなことを されるのは嫌だよね…▼ ごめん、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
あ、カムイ様!▼ ………▼

支援A

[スズカゼ]
…カムイ様。▼ この前は、すみませんでした。 あなたのことを傷つけてしまって。▼
[カムイ]
この前…?▼ ああ、僕がスズカゼを追いかけようとして 怒られてしまった時のことだね。▼ いいんだよ、あんなこと。 というかあれは、僕が悪かったんだから。▼ ごめん、スズカゼ。▼
[スズカゼ]
…………▼ …優しいですね、カムイ様は。▼
[カムイ]
そ、そうかな?▼
[スズカゼ]
…………▼
[カムイ]
スズカゼ? どうしたの?▼
[スズカゼ]
カムイ様。私はあなたに、 ずっと隠してきたことがあります。▼ 私はあなたに…いくら謝っても 許されないことをした人間なのです…▼
[カムイ]
え…?▼
[スズカゼ]
あなたは以前私のことを 優しいと仰ってくださいましたね。▼ けれど私は、 あなたを見捨てた卑しい人間なのです。▼ 私のせいで、あなたは暗夜王国に 連れ去られたのです…!▼
[カムイ]
!! 君のせいで…?▼
[スズカゼ]
はい。あの日、シュヴァリエ公国に お供していた私は…▼ 暗夜王国の軍勢がこっそりと 公国内に入るのを見ていたのです。▼ それなのに、まだ幼かった私は、 その意味に気づかずに…▼
[カムイ]
幼かったなら、そんなことは当たり前だよ。 君のせいじゃない…!▼
[スズカゼ]
いいえ…代々、白夜王国に仕える 忍の家柄である私にとって、▼ それは万死に値する愚かさでした…▼ この罪はいつか償わないといけない。▼ 本当なら、あなたとこうして言葉を交わすことも 許されないようなことを、私は…▼
[カムイ]
違うよ、 スズカゼ…!▼ 君に罪なんかない! それならやっぱり、謝るのは僕の方だよ!▼
[スズカゼ]
カムイ様…?▼
[カムイ]
ごめん… 僕が連れ去られてしまったせいで、▼ 君はずっと、 そのことを抱えて生きてきたんだね。▼ なのに僕は、そのことにも気づかず 君を無神経に追いかけ回して…▼ でも、もういいんだよ。 もう過去に囚われないでくれ。▼ だって君はちゃんと、 僕を迎えに来てくれたじゃないか。▼
[スズカゼ]
迎えに…?▼
[カムイ]
うん。君は炎の部族の村まで、 僕を迎えに来てくれたよ。▼ 連れ去られた後、初めて白夜の王城に戻った時に 一緒にいてくれたのは…▼ スズカゼ、君だったんだよ。▼
[スズカゼ]
でも、あれは…▼
[カムイ]
とにかく、僕は一度連れ去られたけど、 今はこうして君の目の前にいるんだから。▼ 僕も、誰も、 君を恨んだりなんかしていないよ。▼ だから、もう二度と そんなことは言わないでくれ。▼ ね? 僕と君との約束だよ。▼
[スズカゼ]
…………▼
[カムイ]
お返事は?▼
[スズカゼ]
…はい。▼
[カムイ]
ふふん。よろしい。▼
[スズカゼ]
……ふふっ。▼
[カムイ]
な、なんだよ、スズカゼ!? いきなり笑ったりして!▼
[スズカゼ]
いえ、あなたはミコト様と そっくりだなと思いまして。▼
[カムイ]
母上と?▼
[スズカゼ]
はい。女王となられたミコト様も、 私をお許しくださり、傍に置いてくださった。▼ それは、きっとこのときのため… あなたにこうしてお仕えするためだったのです。▼ …私はあなたのような人にこそ、 お仕えしたい。▼
[カムイ]
仕える…?▼
[スズカゼ]
白夜の王城兵士のうち、 高い実力や家柄を持つ者は…▼ 時期が来れば特定の主君を決め、 忠誠を誓います。▼ オロチさんとユウギリさんは、 亡きミコト女王に。▼ ツバキさんとカザハナさんは、 サクラ様に。▼ ヒナタさんとオボロさんは、タクミ様に。 アサマさんとセツナさんは、ヒノカ様に。▼ そして、カゲロウさんと 私の兄…サイゾウは、リョウマ様に。▼
[カムイ]
…そうなんだね。▼ あれ…? でも、そういえば、 スズカゼは…?▼
[スズカゼ]
…はい。 私に決まった主君はおりません。▼ 長い間…王城に仕えていても、 人に仕えたことはありませんでした。▼ 私がずっと主君を決められぬことに 悩んでいましたが…▼ それはきっと、 あなたに仕えるためだったのです。▼ カムイ様… 私は、あなたに仕えると決めました。▼ 私が忠誠を誓う主君は…あなたです。▼ これからはあなたの臣下として、 あなたを守ることを誓います。▼ それが私の贖罪。 そして、これからの生きる意味です。▼
[カムイ]
!▼
[スズカゼ]
これからは、私があなたをお守りします。 もう二度と、同じ過ちを犯さぬように。▼ 今ここで、あなたに約束します。 私の主君…カムイ様。▼
[カムイ]
スズカゼ…▼ …うん。 ありがとう…!▼

サイラス

支援C

[カムイ]
やあ、サイラス。 ちょっといいかな?▼
[サイラス]
ん?なんだカムイじゃないか。 何か用事でもあるのか?▼
[カムイ]
ああ。その…僕とサイラスって 小さい頃に親友だったんだよね?▼ 何故、サイラスは覚えていたのに 僕は覚えていなかったのか気になって…▼
[サイラス]
ああ、そのことか。▼ そんなに気にすることはないさ。 小さい頃の思い出なんて忘れることもあるだろ?▼
[カムイ]
でも、大事な親友のことを忘れるなんて おかしいじゃないか。▼ それにサイラスは僕に会うために 王城騎士になったんだよね?▼ サイラスが頑張ってる間、 僕は君のことを忘れてしまったなんて…▼
[サイラス]
うーん、カムイ。 そうやって思い悩むのはよくないぞ。▼ お前は思い出してくれたんだし。 俺は気にしてないさ。▼ 王城騎士になれたことも あの時の頑張りのおかげだしな。▼ それよりも、今こうして 一緒にいられることに感謝すべきだと思うぞ?▼
[カムイ]
感謝か…そうだね。 ありがとう、サイラス!▼
[サイラス]
ははっ、元気が出たならよかった。 …っと、そうだ!▼ それなら今度、 俺と一緒に出かけないか?▼
[カムイ]
? 構わないけど…どこに行くの?▼
[サイラス]
それはカムイの行ってみたい所だよ。▼
城にいた頃、お前が行きたいって言ってた所へ せっかくだから行ってみよう。▼
あの時は行けなかったけど… 今の俺達ならどこにでも行けるさ!▼
[カムイ]
そうだね。あ…でも今は行軍中だし 遠出はあまりできないよね…▼
[サイラス]
それもそうだな…でも、心配はいらない。 俺が何とかするよ。▼
[カムイ]
え?サイラス、何か妙案でもあるの?▼
[サイラス]
ははっ、そんな大したことじゃないさ。▼ 遠出ができないなら、もっと近くで 行けそうな場所を探せばいい。▼ お前はよく覚えていないと思うから 俺がいくつか案を出してみるよ。▼ 小さい頃のカムイが行きたいって 言ってた場所も覚えてるし、任せてくれないか?▼
[カムイ]
わあ…ありがとう。▼
[サイラス]
別にこれくらい、お安い御用だ。 それじゃあ、楽しみにしててくれよ!▼
[カムイ]
うん!よろしくね。▼
サイラスっていい人だね。 それなのに…何故僕は忘れていたんだろう?▼
気にするなと言われたけど、 やっぱり気になるな…

支援B

[サイラス]
やあ、カムイ! この間言ってた出かける話なんだが…▼
[カムイ]
サイラス! どこに行くか決まったの?▼
[サイラス]
それがな…カムイ。▼ とりあえず思い出せる限り、 紙に書き出してみたんだが…▼
[カムイ]
わわっ! すごい量だね!▼
[サイラス]
ああ、カムイが行きたいって 言ってた所が予想以上に多かったんだ…▼ 俺も書きながら驚いたよ。▼
[カムイ]
小さい頃の僕は、 相当外に出たかったんだね…▼ というか、それをこんなに覚えていた サイラスがすご過ぎると思うんだけど…▼
[サイラス]
ははっ、昔から記憶力はいい方なんだ。▼ で、カムイはどこに行きたい? ここに書いてある所ならどこでもいいぞ。▼
[カムイ]
広場に、露店に、お祭りに…▼ …あれ? 僕、「虫が見たい」なんて言ってたの?▼
[サイラス]
ああ。言ってたな。▼
[カムイ]
そ、そうなんだ…。 でも、こんなにあると迷っちゃうな。▼
[サイラス]
時間はあるんだ。 一つに絞れなくても少しずつ行けばいいさ。▼
[カムイ]
…………▼
…こんなに良くしてくれて、 やっぱりサイラスはいい人だね。▼ なのに、どうして僕は小さい頃の サイラスを覚えていなかったんだろう…?▼
[サイラス]
まったく… お前は、まだ気にしていたんだな。▼ そうだ。それならお前の臣下に そのことを聞いてみないか?▼ お前とずっと一緒にいた彼らなら、 その原因も知っているかもしれないだろ?▼
[カムイ]
でも…サイラスの話を今までして くれなかったのは、何か理由があるんじゃ…▼
[サイラス]
大丈夫だ、カムイ。 お前には俺がついてる。▼ どんな理由があっても 今の俺がお前の親友をやめることはないさ。▼
[カムイ]
…そうだね。 サイラス、ありがとう。▼
[サイラス]
よし!それじゃあ 出かける前に聞きに行くとするか!▼
[カムイ]
え? あ、サイラス! 待ってー!▼

支援A

[カムイ]
あ、サイラス。 この間は本当にごめん。▼
[サイラス]
やあ、カムイ。▼ この間のことって… 小さい頃の話を聞きに行ったことか?▼ 別に俺は気にしてないさ。▼ でもまさか、カムイが 俺を忘れてたのが、あんな理由だったなんてな。▼
[カムイ]
うん… 二人で勝手に城外に出たあの日から、▼ サイラスが城に来なくなって 僕は毎日泣いていたみたいで…▼
[サイラス]
それで、これ以上お前が泣かないように… 周りのみんなは別の話ばかりしていた、と。▼ ずっと気をそらして、俺のことを思い出させない ようにするなんて…すごいよなあ。▼
[カムイ]
…みんなの心遣いはわかったけど、 サイラスからすればひどい話だよね。▼
[サイラス]
ははっ、カムイが彼らに 大事にされてたってことさ。▼
[カムイ]
もう…サイラスは心が広すぎるよ。▼ でもまあ、一番ひどいのは それで忘れてしまっていた僕だけど…▼
[サイラス]
でも、俺は今の話を聞いて嬉しかったよ。▼
[カムイ]
え? どうして嬉しいんだい?▼
[サイラス]
だって、お前は俺に会えなくて 毎日泣いてたんだろ?▼ それだけ俺のことを大親友だと思って くれてたってことじゃないか。▼
[カムイ]
そ、それはそうかもしれないけど…▼
[サイラス]
それに、あの時カムイを連れて城外に 出たこと…俺は後悔なんてしてない。▼ お前のために何かできるってことが 俺にとっては何よりも嬉しいことだったからな。▼
[カムイ]
サイラス… 本当にありがとう。▼
[サイラス]
よし、これで「今まで」のことは解決したな。 今度は「これから」の思い出を作っていこう!▼
[カムイ]
うん! そうだね。▼
[サイラス]
さて、お前は結局どこに行きたいんだ?▼ ああ!あの書き出した紙を持ってこないとな。 ちょっと待っててくれよ!▼
[カムイ]
あっ、そんなに急がなくても大丈夫だよ。 待ってよ、サイラスー!▼

モズメ

支援C

[モズメ]
このお野菜は…煮つけてもええなぁ。 あ、でも漬物にするのもありやね。▼ ああ〜。 考えただけで、えろう幸せやなぁ…▼
[カムイ]
あっ、モズメ。 ご機嫌だね…って!▼ す、すごい量の荷物だね… それ全部、野菜なのかい?▼
[モズメ]
うん、そうやで。▼
[カムイ]
見た目はすごい量だけど、 妙に軽そうに持ってるね。▼ …ちょっと持ってみていい?▼
[モズメ]
もちろん、ええよ。 でも大事なもらい物やし、気いつけてな。▼
[カムイ]
よいしょっ…とっ、とと!!!! う、うわああーっ!!▼ も、持てない!! 腰がヤバい!!!▼
[モズメ]
あ、あたいが持つから戻して!▼ …………▼ ふうっ。焦ったわぁ… カムイ様…見た目より非力なんやね。▼
[カムイ]
う、う〜ん。 モズメがすごく力持ちなんだと思うけど…▼
[モズメ]
そ、そんなことないで?▼
[カムイ]
あっ…ご、ごめん。 女の子に言う台詞じゃないね。▼ まぁすごい沢山ってことには変わらないよね。 それにしても、それどうしたの?▼
[モズメ]
さっき立ち寄った 村の人たちに分けてもろたんよ。▼ 畑仕事を少し手伝ったら、 村のおばちゃんたちに気に入られてしもてなぁ。▼
[カムイ]
ははは、そうなんだ。 良かったね。▼
[モズメ]
まぁ畑仕事なんて地元で毎日してたさかい、 慣れたもんやからねえ。▼ …………▼
[カムイ]
モズメ…?▼
[モズメ]
い、いや…何でもないよ。▼
[カムイ]
モズメ…もしかして故郷の生活が 恋しいのかい?▼
[モズメ]
ち、違う違う! カムイ様、何言うてるん?▼ …そ、そんなことあらへんよ。▼ あたいそんな、弱い女やないからね? 心配せんでも平気やで?▼
[カムイ]
…………▼
[モズメ]
さ、さて…この野菜で何作ろかな〜。▼ みんなどんな料理が食べたいか、 ちょっと聞いてみよかな〜。▼ じ、じゃあまたな〜カムイ様…▼
[カムイ]
…モズメ。▼

支援B

[カムイ]
今日は本当にすごかったね。▼ モズメがあんなに狩りが上手だなんて、 知らなかったよ。▼
[モズメ]
嫌やわ、カムイ様。 褒めても何も出てきいひんよ。▼ あたい昔から、 畑仕事と狩猟だけは得意やけどね。▼
[カムイ]
そうなんだ。 前はどんなものを狩ってたの?▼
[モズメ]
村のみんなが喜ぶのはイノシシやな。 食べられる部位が多いんよ。▼ ただあいつら凶暴やし、 ちゃんと狩ろう思たら大変なんや…▼ せやから、イノシシを一人で狩れば、 猟師として一人前って言われるんやで。▼
[カムイ]
モズメも一人で狩れたんだよね?▼
[モズメ]
うん、あたいはなんと、 初挑戦でできたんや。▼ 矢を持って行くのを忘れてしもたから、 小刀だけで仕留めたんよ。▼
[カムイ]
こ、小刀だけで!?▼
[モズメ]
せや。でもあたいが一番印象に残ってるんは、 イノシシよりも…熊やね。▼
[カムイ]
くっ…熊!? 熊も一人で!?▼
[モズメ]
そうやで。▼
[カムイ]
どうやって狩ったの? あんなに大きくて力も強い獣を…▼
[モズメ]
熊のすごいところは見た目や力じゃないんよ。 一番すごいのは賢いところやね。▼
[カムイ]
そうなんだ… あの大きな図体ばかりに目が行っちゃうけど…▼
[モズメ]
平気で矢は避けよるし、 嗅覚も鋭いからどこまでも追ってきよるし…▼ ほんまに難儀な相手やわ。▼ けど…村のおじいさんで 熊狩りがとっても上手な人がおってな。 そのおじいさん直伝の動きで、 熊も仕留められたんやわ。▼ あたいはおじいさんに憧れてて、 よく狩りの動きを真似したもんや…▼ ほんま、懐かしいなあ…▼
[カムイ]
モズメ…▼
[モズメ]
あっ…あかんあかん! また思い出してしもたわ。▼
[カムイ]
そ…そうだ、モズメ。▼ 畑仕事や狩りは得意なのはわかったから、 それ以外のことも挑戦してみようよ。▼
[モズメ]
それ以外…?▼
[カムイ]
うん、僕が君よりも得意なことさ。 今日のお礼に今度それを教えてあげるよ。▼
[モズメ]
カムイ様? …カムイ様が得意なことって何なん?▼
[カムイ]
ふふふっ…それは秘密だよ。 当日楽しみにしておいて!▼
[モズメ]
うーん…なんやろ?▼

支援A

[モズメ]
カムイ様…今日は何なん?▼
[カムイ]
やぁ、モズメ。▼ 今日はモズメに「学問」を教えようと 思ってね。▼
[モズメ]
学問…?▼
[カムイ]
うん。言語の決まりごとや文字の書き方、 世界の歴史から数式や植物の性質に至るまで、▼ それらを全て学んでくこと… それが学問なんだ。▼ これから僕が様々な学問の先生として、 モズメに指南してあげるよ!▼
[モズメ]
学問…▼
[カムイ]
もしかしたらモズメは学問に触れる機会が 少なかったんじゃないかと思って、▼ 考えてみたんだけど…どうかな?▼
[モズメ]
せやけどあたいなんか…学問なんて 高尚なもん、できるんやろか…?▼
[カムイ]
大丈夫だよ。 教えるほうは頼りないかもしれないけど…▼ モズメには素質があるはずだよ。▼ だってモズメは僕にできないことを 沢山できるんだから!▼
[モズメ]
カムイ様…確かにあたい、 学問をやってみたいとは思ってたんよ。▼ 村には教えてくれる人なんて、 全然おらんかったから…▼
[カムイ]
畑仕事や狩りはまだまだだけど、 これが僕の…新しい仲間の、▼ 新しい家族としての僕が モズメにできることだと思ってるから。▼
[モズメ]
家族…?▼
[カムイ]
うん。昔のことを思い出すのは 仕方がないと思うけど、▼ 今のモズメの家族は僕たちだってことを ちゃんとわかってほしい。▼ 辛くなったら僕たちのことを、 いつでも頼って欲しいんだ。▼
[モズメ]
カムイ様…▼ うっ、ううっ…▼
[カムイ]
モズメ!? どうしたの? どこか辛いのかい?▼
[モズメ]
ううっ…ぐす、ぐす…! 嫌やわ、カムイ様…▼ 泣かせんといてーな… あたい、嬉し泣きなんてしたん…初めてやわ。▼
[カムイ]
モズメ…▼
[モズメ]
ありがとうな…カムイ様。 あたい、ホント嬉しいわ。▼ これから寂しくなったらカムイ様たちの こと、もっと頼らせてもらってもええの?▼
[カムイ]
もちろんさ。 これからもよろしくね、モズメ。▼
[モズメ]
うん…よろしゅうな。 カムイ様。▼

支援S

[モズメ]
なぁ、カムイ様。▼
[カムイ]
あ…モズメ。▼
[モズメ]
今日も学問教えてもろうて、ええかな? あたい…生物についてもっと学んでみたいんよ。▼
[カムイ]
う…うん。いいよ。ええと… 生物の学問入門書はどこだったかな?▼ …………▼
[モズメ]
カムイ様? どしたん? 立ち止まってボーっとして。▼
[カムイ]
モズメ…ごめん。 今日は学問は止めておこう。▼ …今日はもっと大切なことを、 君に伝えておきたいんだ。▼
[モズメ]
大切なこと…? 突然どうしたん?▼
[カムイ]
…………▼ 怒らないで聞いて欲しいんだ。 最初はモズメのこと可哀想だって思った。▼ 家族が誰もいなくなって、一人で 生きていかなくちゃいけない君の事を。▼ でも…君と一緒にいるうちに自分の 気持ちの変化に気づいてしまったんだ。▼ 僕はモズメと純粋に一緒にいたい… 君のことをただ想っていたいんだって。▼
[モズメ]
カムイ様… そ、それって…?▼
[カムイ]
この前僕は、君のことを家族だって言った。 それは同じ軍の仲間としての言葉だったけど、▼ 僕はそれを訂正したい。 そして…改めて君に言いたい。▼ モズメ、君が好きだよ。 僕と結婚してくれ。▼ そして… 本当の家族になってくれないかな?▼
[モズメ]
!! …カムイ様。▼
[カムイ]
小さな村で暮らしていた君にとって、 戦争に参加するのはとても覚悟がいったと思う。▼ でも、ここに来たことは後悔してほしくない。 僕は君の勇気を、誇りに思っているから。▼
[モズメ]
…………▼ ありがとう、カムイ様。▼ あたいの心なんて…ここに来た時から、 決まってたようなもんや。▼
[カムイ]
えっ…? じ、じゃあ…!!▼
[モズメ]
もちろんお受けいたします… あたいも…カムイ様のこと好きなんよ。▼ 戦争に参加したことかて、 なんの後悔もしてへん…▼ あたいの本当の、新しい家族ができたって… そう思えて幸せやわ。▼
[カムイ]
そうか、モズメ。ありがとう。▼ これからは家族として、 君を絶対に一人にしないと誓うよ。▼
[モズメ]
おおきに、カムイ様。 これからもよろしゅう頼むわ。▼
(モーション、CV有り。)
[モズメ]
あんたはきっと、あたいを一人にせえへんように 神様が連れてきてくれた運命の人やったんやね。
ほんまに、大好きや…▼

イザナ

イザナのページへ

アシュラ

アシュラのページへ

アンナ

アンナのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-05 (水) 00:24:39