マイユニット(女性・私)の支援会話

アクア

※アクアとの支援は、白夜・暗夜・透魔で内容が異なる

支援C

[カムイ]
ここは…森に囲まれた泉ですか。▼ アクアさんと出会った場所に似てるかも しれません。▼
[アクア]
あら…カムイ。 どうしたの?▼
[カムイ]
あっ…アクアさん。 あなたの事を探してたんです。▼ でも…もしかして、 歌のお邪魔をしましたか?▼
[アクア]
いいえ、平気よ。 何か用かしら?▼
[カムイ]
はい。 ちょっとあなたと話してみたいことがあって。▼
[アクア]
話してみたいこと…?▼
[カムイ]
私は白夜の王女だったのに、 暗夜で育てられました。▼ あなたは暗夜の王女だったのに、 白夜で育ちました…▼ 二大国家と言われている白夜と暗夜の 両国にこれほど関わった人間は、▼ 私たちをおいて 他にいないだろうと思いまして。▼
[アクア]
確かにそうね。▼
[カムイ]
そんな二人だからこそ国や世界について… 考えられることがあると思うんです。▼ それをちょっと話し合ってみたくなりました。▼
[アクア]
なるほど… 確かに良いかもしれないわね。▼ 何か斬新な意見が浮かぶかもしれない。▼
[カムイ]
ありがとうございます、アクアさん。▼ じゃあまず、 白夜王国について考えてみましょう。▼ …白夜王国は まさに光の国と言ってもいいでしょう。▼ 明るく温暖な気候で自然も豊かです。▼ 肥沃な土地に囲まれて、 農作物も十分に育ちます。▼
[アクア]
暮らす人々の心も穏やかよね。 皆優しく、礼節を重んじるわ。▼
[カムイ]
はい。そして昔から幾度となく 暗夜王国の侵攻に脅かされてきた…▼
[アクア]
暗夜王国には非があるわ。 白夜王国は被害者と言ってもいい。▼
[カムイ]
確かにそうなんですが… もう少し考えてみませんか?▼ 別の切り口というか…▼
[アクア]
えっ…別の切り口…?▼ …そうね。一概にそう言い切れない点。 それを敢えて口にするのであれば…▼ 自分たちが平和ならそれでいいという考えが、 白夜の人たちにはあったんじゃないかしら?▼ でもそれは結局我が身の安寧に 固執しているだけで、▼ それ以外の人を見捨てたと言えなくもない。▼
[カムイ]
確かに…見方によってはそうかもしれませんが… そんな考え方、初めて聞きました。▼ うん…バッサリとそう言われると、 なかなか辛いところがありますね。▼
[アクア]
そういう風に捉えてみるのも ありかと思っただけよ。▼ 考え方の一つとして取っておきましょう。▼
[カムイ]
はい、そうですね。 決めつけずに話しを続けてみましょう。▼

支援B

[アクア]
カムイ、今日もここに来たのね。▼
[カムイ]
はい、 この間の話の続きをしようと思いまして。▼
[アクア]
そう。次は確か… 暗夜王国について、だったわね。▼
[カムイ]
はい。 暗夜王国は…私の過ごした国です。▼ 草木の生えにくい土地に薄暗い森… 氷に覆われた大地など、▼ 貧しい土地が多いと… 文献で読みました。▼
[アクア]
ええ・・・そしてそれを象徴するかのように、 暮らす人々の心も…白夜とは対照的だわ。▼ 冷淡で懐疑的で…どこかよそよそしくて… そして少し攻撃的。▼
[カムイ]
もちろん、 中には優しい人だってます。▼ 私たちの仲間は暗夜王国の人も多いですが、 みんな頼りがいがあって…信頼できますから。▼
[アクア]
それと同じように、暗夜王国の 見方を変えてみるとしたら…そうね。▼ …荒れ果てた土地の暗夜王国は何度となく、 他国を蹂躙してきた。でもそれは…▼ 光の届かない世界だからこそ考えてしまう、 光への妬み、疎み…そういった鬱屈した想い…▼ 白夜王国が眩しすぎて、溜まりに 溜まっていった気持ちなんじゃないかしら。▼
[カムイ]
表裏一体…白夜があるからこそ、暗夜は あんな国になってしまったということですね。▼
[アクア]
ええ。自分たちの身を守ろうとした結果が 他国への侵攻だったと考えれば、▼ たとえ暗夜王国が悪だとしても、それでも お互いに歩み寄り、分かり合うことこそが、▼ 世界の平和へと繋がる 道筋なんじゃないかしら。▼
[カムイ]
そうですね…でも、それを邪魔する存在がいる。 今はそれを倒すことこそが先決というわけですね。▼
[アクア]
そうね。 …引き続き考えてみましょう。▼

支援A

[アクア]
カムイ、今日も話をしに来たのね。▼
[カムイ]
はい、これが最後になると思いますけど 同時にとても重要な内容だとも思っています。▼ それは…▼
[アクア]
カムイ! ちょっと待って!▼ ここで話すのは危険だわ。私に付いてきて。 この泉からあちら側へ行けるから。▼
[カムイ]
…!! そうでしたね。わかりました…!▼
[アクア]
目を閉じていてね…すぐに行けるわ。▼ …………▼

画面が白くなる。

[アクア]
…着いたわ。▼
[カムイ]
透魔王国…既に滅びた、 私たちの住む世界とは異なる場所…▼
[アクア]
この国のことを話すつもりだったんでしょう?▼
[カムイ]
はい。あちらでこの国のことを話すのは ダメなんでしたね。▼
[アクア]
でも…問題になっているのは国というよりも、 透魔王ハイドラ…あの悪魔ただ一人よ?▼
[カムイ]
そうですね。透魔王ハイドラ… その存在について、私なりに調べてみたんです。▼ ハイドラとは…神。 古の時代から生き続けた存在なんですよね。▼
[アクア]
ええ。神か悪魔か…どう捉えるかは 人それぞれかもしれないけれど、▼ 強大な力を持っているという点においては、 どちらでも良いのかもしれないわ。▼ 私の知る文献には、 神々の伝説はこう書かれてあった…▼ 古の時代…神は人々に力を授け、 人々は神への信仰を捧げ続けた…▼ 未来永劫続くかと思われたその良好な関係性を 壊したのは、人間のほうだった。▼ 人間は自らの力を高めると同時に信仰心を捨て、 人間だけで平和な世界を作り上げていった。▼ 信仰をなくした浅ましき人間を見て、 神は怒りに身を震わせ暴走したという…▼
[カムイ]
その神がハイドラなんですか?▼
[アクア]
もちろん確証はないけど… 仮にそうだとしたら、▼ 神が人間を滅ぼそうとすることも、 決して無作為な暴走じゃないということよ。▼ …だからと言って許すことはできないけれど。▼
[カムイ]
本当だとしたら…少し哀れですね。▼
[アクア]
そうね…闘いを呼び起こすのは、 何かしらの理由があるということなのね。▼ 攻められたからやり返す… 恨みがあるから復讐する…▼ そんな気持ちだけで闘ってはいけないという 教訓なのかもしれないわ。▼ 私たちだって決して私怨で 闘っているわけじゃないもの。▼
[カムイ]
そうですね。世界をどのように変えていけば、 みんなのわだかまりが消えて、▼ みんなが幸せになれるのか… それを考えることが一番重要なんだと思います。▼
[アクア]
そうね…そろそろ一度、戻りましょう。 ここに長居はしないほうがいいから。▼
[カムイ]
わかりました。▼

画面が白くなる。

[アクア]
さあ、戻ってきたわ。▼
[カムイ]
はい。▼
[アクア]
カムイ…ありがとう。▼ もしかしたら、私たちはすごく大切なことに 気づけたのかもしれない。▼
[カムイ]
いえ、 アクアさんと一緒に話せたからですよ。▼ 同じ境遇だからこそ至れた 結論かもしれませんね。▼
[アクア]
そうね。 今この水面に映っている二人の姿は別々だけど…▼ 鏡に映したような存在の二人だから… こんな風にわかり合えたのかもしれないわね。▼
[カムイ]
鏡に映した二人ですか…はい、そうですね。 私は…この絆をこれからも大事にしたいです。▼
[アクア]
もちろん私もよ。 これからもよろしくね、カムイ。▼

フウガ

フウガのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-24 (水) 21:11:08