フェリシアの支援会話


カザハナ

支援C

[カザハナ]
ん?
そこにいるのはフェリシア?▼
[フェリシア]
あっ…カザハナさん。▼
[カザハナ]
どうしたの?
なんか元気なさそうだけど。▼
[フェリシア]
あの…その…
私、少し悩みがあって…▼
[カザハナ]
フェリシアが悩み…?
あはは、珍しいね!▼
[フェリシア]
ひ、酷いです~!
私だってそんな時くらいあります~!▼
[カザハナ]
ごめんごめん!
…それで何に悩んでるの?▼
[フェリシア]
ええと…その…▼
私はカムイ様に仕える
臣下の一人です…▼
[カザハナ]
うん、そうだよね。▼
[フェリシア]
ですが私…ちゃんと臣下として、
振る舞えているか不安になっちゃって…▼
[カザハナ]
えっ?
そんなことで悩んでるの?▼
[フェリシア]
はい、だってカムイ様は私にとって、
ずっと一緒に暮らしてきた家族も同然ですから。▼
その上で主従関係があるわけで、
私は本当に主君のために尽くせているのか…▼
考え出したら止まらなくなっちゃいまして…▼
[カザハナ]
そっかあ…▼
でも、それを言うならあたしも同じだよ。
サクラ様は親友だけど、主君でもあるわけだし。▼
[フェリシア]
あっ!そう言えばそうですね。
カザハナさんは不安になったりしないんですか?▼
[カザハナ]
不安になったことはないけど
距離感に悩むことはあるかもね。▼
言われてみると、
これって微妙な関係なのかも。▼
親友っていう近しい関係でありつつ、
自分が使える目上の相手でもある…▼
うーん…▼
[フェリシア]
カザハナさんでも答えは出ませんか?▼
[カザハナ]
うん。なかなか難しい問題だよ。
…主君と部下かぁ。▼
一体どういうのが正解なんだろう?
こりゃ確かに悩ましいね…▼
[フェリシア]
は、はい…▼

支援B

[フェリシア]
あっ、カザハナさん。▼
この間のお話、
答えは出ましたか?▼
[カザハナ]
主君について…だよね。
うーん。正直、変わらずだよ。▼
[フェリシア]
そうですか…▼
[カザハナ]
家族やただの仲間とも違う…
生まれ持った地位の違いがあって、▼
あたしたち臣下は主君のために、
尽くさなければならない…▼
[フェリシア]
そうです…▼
[カザハナ]
この関係が逆転することはない…▼
でも、あたしたちは別に主君に
そうするように強要されてるわけじゃないし。▼
[フェリシア]
人によってはそういう義務的な関係性で
成り立っている間柄もあるみたいですけど…▼
[カザハナ]
でもあたしたちの関係は違うんでしょう?▼
[フェリシア]
は、はい…もちろん。▼
[カザハナ]
いざ考えてみると、
これっていう答えが出てこないねぇ…▼
[フェリシア]
す、すみません…
カザハナさんまで悩ませてしまって…▼
[カザハナ]
ううん!▼
こんな風に誰かに言われないと、
なかなか考えることじゃないからね。▼
きっかけをくれて嬉しいよ。▼
[フェリシア]
でも…答えは簡単に出てきそうにない
わけですよね…▼
[カザハナ]
あはは…そうだね。
主従関係とは何なのか…▼
その真理へ至る道は険しいなぁ~。▼
[フェリシア]
は、はい~。▼

支援A

[カザハナ]
あっ、フェリシア!
いたいた!▼
[フェリシア]
カザハナさん…▼
その晴れやかなお顔はもしかして、
主従関係の真理に辿りつけたのですか~!?▼
[カザハナ]
あはは…いや~。▼
考え抜いて至った結論なんだけど、
正直に言っちゃうとね…▼
[フェリシア]
は、はい…▼
[カザハナ]
正直、何でもいいんじゃない?▼
[フェリシア]
ええっ…!?▼
[カザハナ]
あはは。あたし、あんまり頭良くないから…
結局悩んでもこれっていう答えが出なくて。▼
それで途中から、もう考えても無駄だーって
思うようになっちゃったんだ。▼
[フェリシア]
考えに考え抜いた末の結論が
それですか~?▼
[カザハナ]
うん、だってね…▼
あたしたちの主君は家族で友達で、仲間で…
それはどれも間違いじゃないでしょ。▼
だからそれを全部受け止めるしかないんだよ。▼
[フェリシア]
カザハナさん…▼
[カザハナ]
でもだからって別に変に意識する必要もない。
だってあたしたちにとって主君っていうのは…▼
信じるに足る存在…
自分が信じる道を先導してくれる存在…▼
頼らせてくれる人なわけでしょう?▼
[フェリシア]
信じる道を…ですか?▼
[カザハナ]
うん、フェリシアは
自分の主君のことを信用できる人、▼
そして信頼できる人だって思ってるでしょう?▼
[フェリシア]
は、はい…もちろんです!▼
私はカムイ様に
全幅の信頼を寄せていますから!▼
[カザハナ]
うんうん、それでいいと思うよ。▼
信頼して、あたしたちの命尽きる
最期の刻まで信じ続ける。▼
それがこの主従関係の全てだと思うよ。▼
[フェリシア]
信頼できる相手…それが主従の関係の全て。
なるほど…そうですね。▼
私も少し、スッキリしました…▼
家族や親友…
そういう限定したものではなく、▼
全てを兼ね備えた上で信頼する相手…
そう考えればいいということなんですね!▼
[カザハナ]
うん、だからこそあたしたちは
主君のために命を捧げられるわけでしょ?▼
[フェリシア]
ええ、その通りです!▼
[カザハナ]
だからお互いこれからも主君を信じ、
闘い抜いていこうと誓おうよ!▼
臣下として…
最後まで主を信じ続けるって!▼
[フェリシア]
ええ、もちろんです!
カザハナさん、ありがとうございました!▼
[カザハナ]
ううん。こっちこそ、大事なことに
気づかせてくれてありがとう、フェリシア!▼

ツバキ

支援C

[フェリシア]
あっ、ツバキさ~ん。▼
[ツバキ]
あー…▼
[フェリシア]
あ、あれ…? どうして私を見て、
固まっちゃったんですか?▼
[ツバキ]
あ、えと…ごめんー…▼
そのー…▼
[フェリシア]
ツバキさん…?▼
[ツバキ]
君ってさー…
すごくドジな人らしいじゃないかー。▼
君のドジな失敗で、城が一つ全壊したって
噂もあるみたいだしさー。▼
君の近くにいると巻き込まれて
俺もひどい目にあっちゃうんじゃないかって…▼
ちょっと怖くなっちゃったんだよー…▼
[フェリシア]
そ、そんなぁっ…!
いくら何でもそれは酷すぎますぅーーっ!!▼
うわーーん!!▼
[ツバキ]
ご、ごめん…でも…!
わっ!!▼
持ってた洗濯物のシーツを
いきなり投げないでよ!▼
これ、まだ洗い立てなんでしょー!?
ま、前が見えないっ…!!▼
うわあ~っ!!▼
[フェリシア]
はわわ!?
ツバキさん、大丈夫ですか!?▼
[ツバキ]
ううっ…
こういう風になるのが嫌だったんだ…▼
結局嫌な予感が的中しちゃったよ…▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい…▼
[ツバキ]
ほら、せっかくの洗い立てなんだからさ…
放り出したりしちゃダメだよー。▼
[フェリシア]
は、はい~。▼

支援B

[フェリシア]
あ~あ。▼
普段は鼻歌でも歌いながらするお料理の時間も、
今日はなんだか憂鬱ですぅ…▼
それもこれも、この間ツバキさんに
言われたことが原因に決まってますー!▼
[ツバキ]
………………▼
[フェリシア]
私の近くにいるとドジに巻き込まれるだなんて、
さすがに酷いですー!▼
デリカシーの欠片もありません!▼
ま、まあ…その後で洗い立てのシーツを
投げつけたのは私が悪いですけど…▼
あ~あ…やっぱり私は、
ドジで間抜けなのでしょうか…?▼
[ツバキ]
フェリシアー!
それ塩じゃなくて砂糖だよー!!▼
[フェリシア]
えっ…? あっ…ああっ!
考え事をしてて間違えるところでした!!▼
ふ、ふぅ~危なかったです…
でも今の声って…?▼
[ツバキ]
ホッ…助かった。▼
[フェリシア]
ツバキさん?▼
ど、どうして台所の入り口で
身を隠しながら立ってるんですか?▼
[ツバキ]
ええとー、
こ…これは…その…▼
この前、酷いことを言って、
君を傷つけちゃったんじゃないかと思って…▼
少し心配だったから様子を見に来たんだ…▼
[フェリシア]
じゃあなんでそんな離れた場所から、
こちらを覗いていたんですか…?▼
[ツバキ]
そ、それはその…
やっぱりドジに巻き込まれるんじゃないかと…▼
[フェリシア]
そ、それじゃあ結局この前と
何も変わらないじゃないですかーっ!▼
私のことを大災害の
元凶みたいな扱いにしないでくださいー!▼
ツバキさんの分のお料理にだけ
砂糖入れますよ~!!▼
[ツバキ]
う、うわわっ!
そ、それだけは勘弁して~!!▼
[フェリシア]
じゃあ罰としてこっちに来て、
私の手伝いをしてください!▼
[ツバキ]
え、ええ~っ!?▼
[フェリシア]
そうすれば許してあげます!▼
[ツバキ]
わ、わかったよー…
手伝いますよぉ…▼

支援A

[フェリシア]
ふんふ~ん!
うふふふっ!▼
あっ、ツバキさん~!▼
[ツバキ]
フェリシア…随分とご機嫌だね…▼
[フェリシア]
あ、やっぱりわかっちゃいます?
うふふふっ…▼
[ツバキ]
どうしたんだい…?▼
[フェリシア]
先日あの後ツバキさんにも
手伝ってもらったじゃないですか?▼
そのときのお料理、
皆さんからの評判がすごく良くって!▼
フェリシアお料理上手になったねって、
沢山言われたんですよ~!▼
[ツバキ]
そ、そう…▼
[フェリシア]
私、あんなにお料理を褒められたのって、
生まれて初めてかもしれません!▼
[ツバキ]
ま、まあ…あの料理って結局は
俺が作ったみたいなものだからねぇ…▼
手伝いの途中も、君が転んで放り投げた
小麦粉を俺が頭からかぶったり、▼
飛んできた油から君を守って火傷したり…
俺が散々な目に遭ったけどね…▼
[フェリシア]
ツバキさん、何か言いました?▼
[ツバキ]
い、いや…何でも。▼
料理を褒められて良かったね、フェリシア…▼
[フェリシア]
はい~、ありがとうございます~!▼
また私の料理当番のときに
手伝ってくださいね、ツバキさん!▼
[ツバキ]
ええっ?
も、もうそれだけは勘弁して~!!▼
[フェリシア]
あれ?
なんで逃げちゃったんでしょう…ツバキさん。▼

支援S

[フェリシア]
うふふふ、
今日もツバキさんとお買い物~!▼
このあと一緒に、
お料理もしましょうね~!▼
[ツバキ]
うん、なんだか最近、
よく二人で行動してるねー…▼
[フェリシア]
はい、ツバキさんの手助けのおかげで、
私は最近お料理だけじゃなくて、▼
家事全般でミスなく
うまくできている気がします~!▼
[ツバキ]
ははは、良かったねー。▼
…………▼
うん、そういうことなのかもしれないなぁ…▼
[フェリシア]
ツバキさん…?
どうしたんですか?▼
[ツバキ]
俺、フェリシアのことが
好きになってたみたいー。▼
[フェリシア]
へぇ~、そうなんですか~。▼
…えっ!?
ツバキさんが…わ、私をっ…!!!?▼
きゃ、きゃあーーっ!
ど、どういうことですか!?▼
[ツバキ]
そんなに驚かなくてもいいじゃないー。
俺が君を愛してるってことだよ。▼
[フェリシア]
あ、あ、愛してるって…!
と、突然すぎますーっ!▼
[ツバキ]
最近ずっと一緒にいたじゃない?▼
最初は君のドジっぷりに巻き込まれて
完璧な俺がひどい目にあうんじゃ…って、▼
本気で怖がったりもしたけど…▼
何度も君に振り回されてるうちに、何だか
それがどんどん楽しく思えちゃってねー…▼
[フェリシア]
ツバキさん…▼
[ツバキ]
どうやら君の純粋すぎる笑顔に、
俺はやられちゃったみたいなんだー。▼
[フェリシア]
わ、私も…もちろんツバキさんのこと…
大好きです!▼
ツバキさんがいれば、
私それだけでとっても幸せになれます!▼
[ツバキ]
ありがとう…▼
俺がこれまで自分自身の様々な技量を
高めてきたのは、▼
もしかしたら全部…
君を助けるためだったのかもしれないなー。▼
[フェリシア]
うふふっ、何だか照れちゃいますー!
私、うれしいです…ツバキさん!▼
[ツバキ]
うん、俺もだよー。▼

サイゾウ

支援C

[フェリシア]
あの〜サイゾウさん〜。
お部屋に入っちゃってもいいですか〜?▼
[サイゾウ]
誰だ…?▼
むっ。お前は…
暗夜の…フェリシア。▼
[フェリシア]
はいっ。▼
今日の夕食にお顔を見せられなかったので、
お食事をお持ちしましたよ。▼
[サイゾウ]
…要らぬ。▼
[フェリシア]
ええっ? ど、どうしてですか?
食べないと病気になっちゃいますよ?▼
闘う時に力も出ませんよ?▼
[サイゾウ]
一食抜いたくらいでなるか。
それに俺は、お前の飯など食わん。▼
[フェリシア]
そ、そんなぁ〜、酷いですぅ!▼
[サイゾウ]
聞いているぞ。お前は召使いの分際で、
家事炊事一切が壊滅的にダメだとな。▼
どうせそのメシも壊滅的な味なのだろう?▼
[フェリシア]
ううっ…い、いくらサイゾウさんでも
そこまで言うのは酷いですー!!!▼
[サイゾウ]
酷いものか…酷いメシを食わされる
こちらの身にもなってみろ。▼
大体そんなに家事がダメなのに、
どうしてお前は召使いをしてるんだ?▼
カムイもどうしてこんな女を
引き連れているのか全く理解できぬわ…▼
[フェリシア]
うわーんっ!!!▼
さっきからサイゾウさん!
言うことが酷過ぎです! こ、こ、この…!!▼
人でなし忍者ーーっ!!!▼
[サイゾウ]
うわっ!!
な、なんだこの急激な寒さは!!!▼
はっ…!? こ、これか!
これがお前がこの軍にいられる理由か…!!▼
なっ…なるほど。確かにこの力は凄まじいな…
納得せざるをえぬ…▼
[フェリシア]
変なところで納得しないでくださいー!!▼

支援B

[サイゾウ]
おい、フェリシア。
お前はなぜ召使いなどやっているんだ?▼
[フェリシア]
それは…カムイ様たちの
お世話をするために決まっています。▼
[サイゾウ]
…そんなものはさっさと辞めてしまえ。▼
[フェリシア]
ええっ!?▼
[サイゾウ]
お前には冷気を操るという
類稀な戦闘能力があるではないか。▼
そんな出来もしない家事手伝いなどは
さっさと辞めて、▼
戦士として闘うことに専念したらどうだ?▼
[フェリシア]
そ、そんなの…い、嫌ですぅ!!▼
[サイゾウ]
何故だ? そちらのほうが
お前は絶対に力を発揮できるはずだ。▼
あの力は忍も持たぬもの…
俺がきちんと伸ばしていけば、▼
お前は有能な戦士や忍びとして
育っていくことができるかもしれん。▼
どうだ…?
召使いなどやめ、普段から忍びとして…!▼
[フェリシア]
なんで! なんでなんでサイゾウさんは…
そんな意地悪ばっかり…▼
言うんですかーーっ!!!!▼
[サイゾウ]
ぐ、ぐああっ!!▼
…そ、そうだ! この寒さ!
お前はこの力で軍の役に立つべきだ!!▼
[フェリシア]
うわああんっ!
サイゾウさんがイジメます~っ!!▼
[サイゾウ]
くっ…フェリシア、待て…!!▼
…………▼
…まだだ。
俺はまだ諦めんぞ…!▼

支援A

[サイゾウ]
フェリシア、一つ考えたのだが…▼
[フェリシア]
またですか…▼
メイドを辞めて忍になれというなら、
お断りです…▼
[サイゾウ]
お前…実は召使いとして
何か強要されているのではないか?▼
何か弱みを握られて…
嫌々召使いをさせられているとか…▼
[フェリシア]
そ、そんなことは全くないです!
なんでそんな飛躍した考えになるんですか!▼
もう~サイゾウさんは
本当に意地悪です!▼
[サイゾウ]
す、すまなかった…▼
[フェリシア]
サイゾウさんがどう考えてるかは知りませんが、
主従関係というのは▼
サイゾウさんが想像するようなものだけでは
ないんですよ?▼
…私とカムイ様たちは、
前からずっと家族のように生きてきました。▼
だから私が…ちょっぴりおっちょこちょいでも、
認めて下さいます。▼
ずっと近くに置いてくださるんです。
そういう関係なんですよ…▼
[サイゾウ]
そうか。いや、わかった…▼
確かにそういう信頼で結ばれた絆も、
正しい主従関係かもしれないな。▼
俺もリョウマ様とそうなれるように、
努力してみるとするか…▼
フェリシア、ありがとう。
一つ発見になったぞ。▼
[フェリシア]
いえいえ、わかっていただけて、
私も嬉しいです!▼

支援S

[フェリシア]
失礼しまーす。
サイゾウさん、いらっしゃいますか?▼
[サイゾウ]
…………▼
[フェリシア]
今日も夕食にいらっしゃいませんでしたね…?
お食事、お持ちしましたよ。▼
[サイゾウ]
…フェリシアか。▼
[フェリシア]
むむむ…何やらご機嫌斜めのご様子。▼
まさか今日も召し上がらないと言って、
また私をイジメるつもりじゃあ…▼
[サイゾウ]
そんなことは言ってないだろう?
食べる…食べればいいんだろう…▼
[フェリシア]
…やっぱりどこか気分が優れないんですか?▼
[サイゾウ]
それは…お前のカムイとの信頼関係に
少し…妬いているだけだ。▼
[フェリシア]
えっ…?▼
[サイゾウ]
お前にとってカムイは家族で、
全てなのだろう…?▼
[フェリシア]
でもそれを言うならサイゾウさんにとっても
リョウマ様が全てじゃないんですか?▼
[サイゾウ]
それはそうだが…
俺は…その…男として…▼
振り向いてくれないお前に対して、
嫉妬をしているのだ。▼
[フェリシア]
ええっ!?▼
そ、それは…愛の告白…というもの
なのでしょうか…?▼
[サイゾウ]
ああ、そう受け取ってもらっても構わない。
俺はどうやらお前のことが好きなようだ…▼
[フェリシア]
でも…私はサイゾウさんがおっしゃられるように
家事とか下手っぴですよ…?▼
[サイゾウ]
構うものか。俺はお前の人柄に惚れたのだ。▼
だから…メイドを止めろとは言わないから、
これからは俺の傍に居てくれ。▼
[フェリシア]
うふふっ…わかりました。▼
私もサイゾウさんのことが
好きになっていたみたいです。▼
[サイゾウ]
「みたい」とはまた曖昧だな…▼
[フェリシア]
さっきサイゾウさんが言った言葉と
同じようなものですよ?▼
[サイゾウ]
お、俺のはその言葉のあや…照れ隠しだ。▼
[フェリシア]
じゃあ私も照れ隠しです。▼
[サイゾウ]
まぁいいか。これからはずっと…
俺の傍にいるんだぞ、フェリシア。▼
[フェリシア]
うふふふ…
はい、わかりました!▼

アサマ

支援C

[アサマ]
おお、ついに見つけましたよ。
フェリシアさん。▼
[フェリシア]
あら、アサマさん。
どうしたんですか?▼
[アサマ]
あなたは召使い…つまり暗夜王国で言うところの
メイドという職業なのですよね?▼
[フェリシア]
はい、そうですよー?▼
[アサマ]
メイドというのは主のために
身を粉にして従事する部下のこと…▼
奉仕の心を持たなければとてもできない、
過酷な仕事を抱えた職業だと聞きました。▼
[フェリシア]
ま、間違ってはいませんけど…
ちょっと言い過ぎのような…▼
[アサマ]
まぁあなたが本当にこなせているかどうかは、
別の話のようですが。▼
[フェリシア]
よ、余計なお世話です〜!▼
[アサマ]
とにかくその他人に奉仕するということが、
一体どのような感覚なのか教えて頂けませんか?▼
[フェリシア]
感覚…ですか?▼
[アサマ]
ええ、つまり他人のために生きるという
その理解不能な精神のことです。▼
[フェリシア]
そ、そんなこと言われても…
私はただ、大事な人たちのために、▼
何かできることがあるなら何でもしたい…
あの人たちのために生きていきたい…▼
それだけなんですよ?▼
[アサマ]
むむっ…余計わからなくなりそうです。
正直、まったくピンと来ません。▼
何が悲しくて他人のために
生きなければならないのでしょうか?▼
[フェリシア]
い、いえいえ…人が大事な誰かのために
生きるのは、むしろ普通のことだと思いますよ。▼
[アサマ]
「普通」と来ましたか…
私の普通は普通ではないということでしょうか…▼
[フェリシア]
あの…じゃあ…▼
アサマさんもメイドのお仕事を
体験されてみたら如何ですか?▼
[アサマ]
はっ?
嫌ですよ、そんな面倒臭い。▼
[フェリシア]
でもそうすればメイドの気持ちが、少しくらい
理解できるようになるかもしれませんよ。▼
[アサマ]
そ、それはそうですが…▼
私が他人のために奉仕するなんて、
できると思いますか?▼
[フェリシア]
うーん…
確かに難しいかもしれませんが、▼
興味があるなら一度くらい試してみても
いいんじゃないでしょうか?▼
[アサマ]
まあ、あなたの言い分はもっともですね。▼
正直、胸が張り裂けそうなほど
面倒臭いのですが…▼
少しだけ、お手伝いを
してみることに致しましょう。▼
[フェリシア]
はい、じゃあ今度お願いしますね。▼

支援B

[フェリシア]
アサマさん、おはようございます~。▼
[アサマ]
ううっ…こんな朝早く起こされるとは
予想外です。▼
まだ陽も上がりきっていないじゃないですか…
ね、眠いです…▼
[フェリシア]
メイドが早起きするのは当然ですよ!
さぁ、今日のお仕事開始です!▼
[アサマ]
ふあぁ…▼
[フェリシア]
まず最初は朝食の準備です!
食事の後片付けが終わったら次はお洗濯。▼
その後はお部屋のお掃除に、
備品在庫のチェック、▼
そして昼食の用意のために、
お買い物に行きますよ~!▼
[アサマ]
はぁ…午前中から
やること盛りだくさんじゃないですか?▼
とりかかる前から、
既にやる気が失われてきました…▼
[フェリシア]
何を言ってるんですか!▼
皆さんにご奉仕できる、
とっても有意義な一日の始まりですよ~!▼
[アサマ]
やれやれ…フェリシアさんの
やる気には恐れ入りますよ…本当に。▼
(暗転)
…と思っていた時期がありました。▼
[フェリシア]
ふぇぇん…!
また失敗です~!▼
[アサマ]
フェリシアさん!
あなた何なんですか?▼
朝食のパンを焦がすわ、
皿洗いの最中に皿を粉々に割るわ、▼
洗濯したら衣装が色落ちするわ、
買い物で買った食材を地面にぶちまけるわで…▼
あなたのやってることはメイド稼業として
全然成立しておりませんよ!▼
[フェリシア]
ううっ…わかってますよ…
わざわざ言わなくたっていいじゃないですかぁ…▼
[アサマ]
いいえ、敢えて言わせていただきます。▼
普段は嫌味を言うことの多い私ですが、
これは本心…▼
あなたがメイドとして素晴らしいのは、
…その志だけですっ!▼
[フェリシア]
ガーーーーーンッ!!▼
ショ…ショックです…
言葉に出されると、なおさらショックです…▼
[アサマ]
全く…これからはもう少し失態を減らし、
他人に迷惑をかけないようにしてください。▼
しっかいとその志を行動へ反映できるように、
なっていって欲しいものですね。▼
[フェリシア]
は、はぁい…気をつけますぅ…▼

支援A

[アサマ]
フェリシアさん、お鍋が噴きこぼれていますよ!
早く火を消してください。▼
[フェリシア]
は、はい~!▼
[アサマ]
あとお膳が足りないようです。
奥の棚から予備分を取り出しておいてください。▼
[フェリシア]
わ、わかりました~!▼
[アサマ]
あと時間が空いたらで良いので、
倉庫の備品の点検もお願い致します。▼
今日は主に雑貨類を!▼
[フェリシア]
は、はい~!
私、目が回りそうですぅ~。▼
[アサマ]
何をこれくらいで弱音を吐いているのですか?▼
これくらいテキパキこなせなければ、
優秀なメイドとは言えませんよ。▼
[フェリシア]
ああ…!
そういえばアサマさん。▼
[アサマ]
はい?▼
[フェリシア]
昨日、私皆さんに褒められたんです!▼
[アサマ]
えっ?▼
[フェリシア]
最近フェリシアの家事…主にメイドとしての
仕事っぷりが前よりも向上してきたって!▼
ミスも少ないしスムーズに見えるって
言われたんです!▼
これも全部アサマさんが
手伝ってくれてるおかげですね~!▼
[アサマ]
えっ…▼
…………▼
う、うわああああーーーっ!!▼
[フェリシア]
えっ!?どうしたんですか?▼
[アサマ]
わ、私としたことが一体何を…?▼
あなたのメイド仕事を試してみて…
あなたのダメダメな仕事っぷりにダメ出しして…▼
気づいたらあなたのことを
手伝いまくってるじゃないですか?▼
[フェリシア]
はい、ありがとうございます~。
でも、手伝ってるというよりむしろ、▼
私がアサマさんの助手な感じに
なっちゃってますけどね~!▼
[アサマ]
あああ…
こんなのは私らしくありません…▼
何ということでしょう…今まで作り上げてきた
私の印象が脆く崩れ去っていってしまった…▼
[フェリシア]
いいじゃないですか。アサマさんはとっても
優しいと評判になりますよ、きっと。▼
[アサマ]
…………▼
…ははは。まぁ…そうかもしれませんね。
実際に手伝っていて悪い気はしませんでした。▼
大変だけどやりがいのある仕事…
それがメイドのお仕事なのかもしれませんね。▼
[フェリシア]
はいっ!そうなんです!▼

支援S

[アサマ]
フェリシアさん…▼
[フェリシア]
あ、アサマさん!もしかして
今日もお手伝いをしてくれるんですか?▼
[アサマ]
あ…いえ、今日はそうではないんです。▼
[フェリシア]
そ、そうですか…残念です。
あっ、ごめんなさい!▼
私、アサマさんに手伝ってもらうことが、
さも当然のように言っちゃって…▼
本当は独りでもうまくできるようにならなきゃ
ダメですよね…▼
[アサマ]
あなたのお仕事に付き合っているうちに…▼
[フェリシア]
えっ…?▼
[アサマ]
私はあなたの事ばかり考えるようになりました。
自分とは真逆の人間性…▼
誰かのために奉仕することが全てだという
あなたの考え方…▼
それは私にはまったく真似できないものですが…
とても魅力的に映りました…▼
[フェリシア]
アサマさん…▼
[アサマ]
フェリシアさん…私は自分を変えることは
できませんが、あなたを手伝うくらいなら、▼
できると思っています。
これからも傍にいさせてもらえますか?▼
あなたのことが…好きだから。▼
[フェリシア]
は…はい!もちろんです!
私もアサマさんに手伝ってもらえて…▼
いいえ、一緒にお仕事ができて
とても楽しかったんです…!▼
ずっと一緒にいて欲しいって
思っていたんです…▼
だから私もアサマさんのことが、
大好きなんです!▼
[アサマ]
フェリシアさん、ありがとうございます。
これからはずっと一緒にいましょうね。▼
[フェリシア]
はい、もちろんです~!▼

ツクヨミ

支援C

[ツクヨミ]
うう…あいつらめ。
何故寝る前に怪談話などするのだ!▼
おかげでなかなか寝付けぬではないか!▼
とは言え…気分転換に外へ出てみたが
真っ暗で余計に、こ、こ、怖くなってきた…!▼
[フェリシア]
あ、ツクヨミさん。
こんな遅い時間にどうされたんですか?▼
[ツクヨミ]
わああああーーーーっ!!!▼
[フェリシア]
きゃああああーーーっ!!!▼
[ツクヨミ]
な、なんだフェリシアか…
後ろから急に声をかけるでないっ!▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい…▼
でもツクヨミさんが大声出すから、
こっちもビックリしちゃいました!▼
ところで、一体何をしていたんですか?▼
[ツクヨミ]
ん?
いや…別に何もしていない。▼
[フェリシア]
そうなんですか?▼
…あ。もしかして、
眠れないとか…ですか?▼
[ツクヨミ]
そ、そんな訳ないだろう!?▼
[フェリシア]
うふふっ、隠さなくてもいいですよ!
私にはお見通しなんですからっ!▼
[ツクヨミ]
だ、だから違うと…▼
[フェリシア]
ちょうど私、自分の部屋で飲もうと思って、
安眠用の茶葉を持っているんです~!▼
ツクヨミさんにも少しお分けしましょうか?▼
[ツクヨミ]
…な、何?
そんなものを持っているのか?▼
それなら…
もらってやらんこともないぞ?▼
[フェリシア]
はい、ではどうぞ~!
ちょっぴり苦いので、気をつけてくださいね~。▼
[ツクヨミ]
そうか…
あ、ありがとう、フェリシア。▼
[フェリシア]
いえいえ、ぐっすり眠れると良いですね~!▼
それでは、おやすみなさい。▼
[ツクヨミ]
ああ、おやすみ…▼

支援B

[フェリシア]
あっ…ツクヨミさん!▼
[ツクヨミ]
ん?ああ、フェリシアか。▼
[フェリシア]
この間お渡しした安眠用のお茶は
お役に立ちましたか?▼
あれから、ツクヨミさんが寝られたか
気になっていたんです。▼
[ツクヨミ]
あ、あれか…▼
[フェリシア]
あれ?その反応は…
もしかして効果なかったですか…?▼
[ツクヨミ]
ああ…結局効果はなかった。▼
まあ、私は普段から薬草の効果を
自分で試しているから、▼
それで効果が出なかったのかもしれないな。▼
[フェリシア]
そうだったんですか…
うう…私はぐっすりだったのに残念です…▼
[ツクヨミ]
フェリシアが悪いわけではない。
そこまで落ち込む必要はないと思うぞ。▼
[フェリシア]
でもでもっ、やっぱりツクヨミさんにも
安眠してもらいだいですっ!▼
…あ!そうだツクヨミさん!▼
もう一つ、ツクヨミさんが寝られるよう
お渡ししたいものがあります。▼
[ツクヨミ]
…なんだ?▼
[フェリシア]
ふふふっ、私この間、
素敵な毛布を入手しちゃったんです~!▼
もう、手触りがふわふわのサラサラで…
これで寝たら本当に気持ちがいいんですよ~!▼
だから試してもらいたいんです!
どうですか、ツクヨミさんっ!▼
[ツクヨミ]
う、うむ…それも試してやらんこともない…▼
[フェリシア]
了解です!
じゃあすぐにご用意しますね~!▼
これでツクヨミさんもぐっすりですよ~。▼
[ツクヨミ]
…あいつは何故あんなに上機嫌なのだ?
全く…変な奴だな。▼

支援A

[フェリシア]
ツクヨミさん!
この間の毛布、寝心地はどうでしたか~?▼
[ツクヨミ]
ああ、フェリシア。▼
あの毛布…すごかった。▼
[フェリシア]
す、すごかったとは…?▼
[ツクヨミ]
身体にかけた瞬間、熟睡だった…!▼
[フェリシア]
わあっ!本当ですか?
それは良かったです~!▼
[ツクヨミ]
あれさえあれば快眠確実だな。
軍内でも支給できればいいと思うほどだった。▼
[フェリシア]
そうですね。でも、貴重品みたいで
私もあんまり数は持っていないんです…▼
[ツクヨミ]
そのような貴重なものを…
感謝するぞ、フェリシア。▼
[フェリシア]
いいんですよ~!
私がやりたくて勝手にしたことですし…▼
仲間が困っていれば助けたいと
思うのは当然のことですっ!▼
でも、今回はそれだけが
理由じゃありませんでしたけど…▼
[ツクヨミ]
…どういうことだ?▼
[フェリシア]
実は私…
ずっと弟か妹が欲しかったんです。▼
だから、ツクヨミさんのお世話をしていた時…▼
お姉さんみたいに振舞えたのが
とってもとっても嬉しかったんですよ!▼
[ツクヨミ]
お、弟だと…!?▼
[フェリシア]
はい。とっても楽しかったですっ!▼
ですから、これからも
何でも私に相談してくださいね~!▼
[ツクヨミ]
い、いや…これからは自分で何とかする。
何度も弟扱いされてたまるものか!▼
[フェリシア]
そんなぁ!
いいじゃないですか~!▼
私はお姉さん気分に浸れて、
なおかつツクヨミさんが楽になるんですよ~?▼
[ツクヨミ]
お得かどうかは関係ない!▼
[フェリシア]
うう…そ、そんなぁ…▼
[ツクヨミ]
ま、まぁ…今回の件は助かった。
それは感謝しているぞ。▼
[フェリシア]
はいっ、どういたしまして~!▼

支援S

[フェリシア]
ツクヨミさ~ん!今日は珍しい茶葉が
手に入ったので、お裾分けに来ました~。▼
[ツクヨミ]
フェリシアか。▼
毎度のこととは言え…
私の世話を焼いて楽しそうだな…▼
[フェリシア]
はいっ!ツクヨミさんと一緒にいるのは
楽しいですし、お世話できて嬉しいです!▼
[ツクヨミ]
…………▼
[フェリシア]
あれ?でもツクヨミさんは
お気に召さない感じですか…?▼
[ツクヨミ]
そうだな。気に入らないことは一つ…
私はお前に弟扱いされていることだ。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ツクヨミ]
お前は以前、姉のように面倒がみられて
嬉しいと言っていたが、私は嫌だ。▼
フェリシア…お前には私を
一人の男として見てもらいたい。▼
[フェリシア]
ええっ!?▼
[ツクヨミ]
それほど驚くことでもないだろう?▼
フェリシアに世話を焼いてもらううちに、
その…女性として気になってしまった。▼
私はフェリシアのことが好きなのだ。▼
[フェリシア]
はわわっ、そんな…ツクヨミさんに
告白されるなんて…恥ずかしいですっ!▼
[ツクヨミ]
恥ずかしい?▼
[フェリシア]
ううっ…なんだか私、おかしいですっ!▼
ツクヨミさんの告白を聞いて
ドキドキが止まらないんです~!▼
弟みたいに思っていたはずなのに…▼
私…いつの間にかツクヨミさんのことが
とっても好きになっていたみたいです…▼
[ツクヨミ]
ならば、私の恋人になってくれるのか?▼
[フェリシア]
はい…!ツクヨミさんがよければ
これからは恋人として傍にいたいですっ!▼
[ツクヨミ]
そうか…嬉しいぞ、フェリシア。
これからは共に支え合って生きていこう。▼
[フェリシア]
うふふっ、じゃあこれからお世話も
今まで以上にがんばっちゃいますよ~。
あっ!じゃあ今度から眠るときは、
添い寝に子守唄もつけましょうか?▼
[ツクヨミ]
なっ、急に何を言い出すのだ!▼
フェリシア…もしやまだ私を弟扱いして
いるのではないだろうな…!▼
[フェリシア]
とんでもないですっ!
これは恋人ならではですよ~!▼
[ツクヨミ]
そ、そうか…それならその…頼む。▼
[フェリシア]
はいっ!お任せください!▼

ヒナタ

支援C

[フェリシア]
はあ……▼
[ヒナタ]
ため息なんかついて、どうしたんだ?▼
[フェリシア]
あ、ヒナタさん。▼
その…お洗濯をしていたんですが、
また失敗してしまって…▼
ちょっと自分のダメさ加減に落ち込んでいたんです…▼
[ヒナタ]
気にすんなよ。
誰にだって失敗することくらいあるだろ?▼
[フェリシア]
でも…これだけ毎日失敗してれば
ため息も出ちゃいます…▼
[ヒナタ]
うーん…それならさ。
気分転換でもしようぜ!▼
[フェリシア]
気分転換…ですか?▼
[ヒナタ]
おう! 楽しいことをして気分を明るくして、
クヨクヨした気持ちを吹っ飛ばすってことさ!▼
[フェリシア]
具体的に何をすればいいんでしょう?▼
[ヒナタ]
俺の場合は素振りをすることかな。▼
心を無にして刀を振っていると、
落ち込んでる時も気分が晴れるんだ。▼
[フェリシア]
ふむふむ…では得意なことや好きなことを
すればいいってことでしょうか?▼
[ヒナタ]
ああ、そうだな。
フェリシアは何かないのか?▼
誰にも負けないような技…みたいなやつがさ。▼
[フェリシア]
うーん、そうですね…▼
あっ! 私、冷気を出せるんです。
その力を応用して氷柱も作れるんですよ。▼
[ヒナタ]
おおっ! すごいなフェリシア!
氷柱を作りだせるなんて、すげーよ!▼
カッコいいじゃん!▼
[フェリシア]
そ、そうですか?
ふふっ、なんだか照れちゃいますね。▼
あれ…?
落ち込んでた気持ちが少し楽になりましたよ!▼
[ヒナタ]
それならまた落ち込んだ時には
氷柱を作ればいいな!▼
[フェリシア]
はい!
そうします!▼

支援B

[ヒナタ]
…ん?あれ?
なんだか、ここ一帯だけ妙に寒いな…▼
どうしてだ…?▼
[フェリシア]
ヒナタさん。こんにちは!▼
[ヒナタ]
おわっ!フェリシア!?
まさかこの冷気は…▼
[フェリシア]
はい!私です!▼
この間ヒナタさん、落ち込んでいた時は
氷柱を作ればいいって仰いましたよね?▼
だから、こうやってたくさん出して
気分を晴らしているというわけです!▼
[ヒナタ]
な、なるほど…▼
つまりお前、
また何か失敗したんだよな…?▼
[フェリシア]
え?ええ…まあ、
いつものことですよ…▼
いじいじ…
いじいじ…▼
ガリガリ…▼
[ヒナタ]
ん?
何やってんだ、氷を削ったりして。▼
[フェリシア]
どうせなので、何かを作って
この気持ちを紛らわそうと思いまして…▼
[ヒナタ]
おお…!よく見たらすげぇよ!
ちゃんと形になってる!▼
これって彫刻ってやつだろ?
こんな綺麗なもの、俺ははじめて見たぜ!▼
[フェリシア]
ほ、本当ですか?▼
[ヒナタ]
ああ!この四足の動物…これ犬だろ?▼
[フェリシア]
むー…それは猫さんです。▼
[ヒナタ]
あれ?そうなのか?
じゃあこれは…熊か?▼
[フェリシア]
あ、それは当たりです!
それは一番最後に作ったやつですね。▼
[ヒナタ]
へえ、上手くなってるじゃねぇか。
なんだか楽しそうだなーこういうの。▼
[フェリシア]
良かったらヒナタさんもやってみますか?▼
[ヒナタ]
え?いいのか?▼
[フェリシア]
もちろんです!
ヒナタさんの分の氷柱も作っておきますね~!▼
[ヒナタ]
ありがとな!フェリシアに負けない
すげー彫刻を作ってやるよ!▼
[フェリシア]
それじゃあどちらが上手に
できるか競争ですね!▼
[ヒナタ]
おう!のぞむところだ!▼

支援A

[フェリシア]
ヒナタさん、ヒナタさん!▼
[ヒナタ]
お、フェリシアか。
何だか嬉しそうだな。▼
[フェリシア]
そうなんです!▼
この間、ヒナタさんと一緒に
氷の彫刻をしたじゃないですか。▼
あの時の作品をカムイ様が
褒めてくれたんです!▼
[ヒナタ]
そりゃ良かったな。▼
[フェリシア]
はい!とても嬉しいです。▼
自分の能力が人に喜んでもらえるだなんて、
今までは思ってもみませんでしたから。▼
[ヒナタ]
俺もフェリシアの能力はすごいと思うぜ。
彫刻の腕もどんどん上がったしな!▼
[フェリシア]
えへへ…実は自分一人でも
こっそり練習してるので…▼
次は何を作ろうか考えるのも楽しいです。▼
[ヒナタ]
最初は気分転換のつもりだったのに、
彫刻作りにはまっちまったみたいだな。▼
そうだ、戦争が終わったら、
その技を王城で披露してみたらどうだ?▼
いっぱい人を集めてさ、美術品として、
みんなに見てもらうんだよ。▼
[フェリシア]
えっ?で、でもそれは…▼
[ヒナタ]
きっとカムイ様だけじゃなくて
みんなに楽しんで貰えるぜ!▼
なんだかワクワクしないか?▼
[フェリシア]
…そ、そうですね。▼
そんな日が来たら、私とっても嬉しいです!
ありがとうございます、ヒナタさん。▼
[ヒナタ]
何言ってんだよ。
全部フェリシア自身の力だろ?▼
[フェリシア]
でもヒナタさんが一緒に楽しんでくれたからです。▼
[ヒナタ]
そうか?なら良かったぜ。
また一緒に彫刻して遊ぼうな!▼
[フェリシア]
はい、ぜひ!!▼

支援S

[フェリシア]
ヒナタさん、見てくださーい!
今日の彫刻は大作です!▼
[ヒナタ]
へ…?う、うおおおーーっ!!!
氷の竜!!!!?▼
すげー!かっこいい!!▼
[フェリシア]
えへへ…この間ヒナタさんに褒められたので、
私、がんばっちゃいました!▼
[ヒナタ]
…つ、つっても、でかすぎだろ!
お、俺の身体の倍以上はあるぞ…!!▼
[フェリシア]
ふふっ、喜んでくれましたか?▼
[ヒナタ]
あ…ああ。▼
[フェリシア]
ん?ヒナタさん、どうしました?
何だかボーッとしているような…?▼
[ヒナタ]
ええと…今のは、少し見とれてただけで…▼
[フェリシア]
見とれてた?あ、氷の竜にですか?
ありがとうございます!▼
自分でも綺麗にできたと
思ってるんですよね~。▼
[ヒナタ]
いや…竜もすごいけど、
俺が見とれていたのは違うものだ…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ヒナタ]
俺が見とれてたのは…フェリシアだ。▼
[フェリシア]
えええええ!?
…ど、どういうことですか?▼
[ヒナタ]
俺…フェリシアが好きなんだ。▼
一緒にいて、笑った顔を見ると、
こっちまで幸せな気持ちになっちまう…▼
これってもう、
フェリシアに恋してるってことだろ?▼
[フェリシア]
ヒ、ヒナタさん…▼
[ヒナタ]
俺はフェリシアががんばっている時、
一緒にいて支えてやりたい。▼
困っていたり危険な目に遭いそうになったら、
俺の手で助けてやりたいんだ…▼
フェリシアは、俺のこと…好きか?▼
[フェリシア]
え、ええと…はい。▼
私…ヒナタさんの告白、
とっても嬉しいです…▼
[ヒナタ]
じゃあ…!▼
[フェリシア]
こんな私でよければ…
私をヒナタさんの恋人にしてください…▼
[ヒナタ]
お、おう!もちろんだ!▼
これからは俺が幸せにしてやるからな!▼
[フェリシア]
は、はい!嬉しいです…!
これからもよろしくお願いしますね。▼
[ヒナタ]
おう!よろしくな、フェリシア!▼

タクミ

支援C

[フェリシア]
ふんふんふ~ん。▼
今日はお天気も良いし、
絶好の洗濯日和です。▼
最近ずっとお天気が悪かったから、
その分もまとめてやっちゃいますよ~。▼
ふんふ~ん!▼
[タクミ]
…えっ? わわっ!!▼
[フェリシア]
きゃあっ!▼
…あ、痛たたた。
誰ですか…突然ぶつかってきたのは…?▼
あ、タクミ様…▼
[タクミ]
なんだ、フェリシア…あんたか。
突然ぶつかってきたのはそっちだろ?▼
こんなにたくさんの洗濯物を干されてたら、
前が見えやしない。▼
数歩先に誰がいるかすらわからなかったぞ。▼
[フェリシア]
そ、それは酷いです!▼
…って!
あああああーーっ!!!▼
[タクミ]
なんだ、大声で?
…あっ。▼
[フェリシア]
折角綺麗に洗ったばかりの洗濯物たちが、
全部地面に落ちちゃってます…!!▼
これは…洗濯ぜんぶやり直し…です。
ふえええん…▼
[タクミ]
こ、小躍りしながら洗濯してた
そっちが悪いんだろ!▼
[フェリシア]
小躍りなんかしてないです!
足取り軽やかだっただけです!▼
[タクミ]
とにかくぶつかってきたのは
そっちだ…僕は悪くないからな!▼
[フェリシア]
ううっ…ううっ…
せっかく全部綺麗に洗えたと思ってたのに…▼
[タクミ]
……………▼
わかったよ! わかったから!
手伝えばいいんだろ? 手伝えば!!▼
[フェリシア]
手伝ってくださるのですか?▼
[タクミ]
言っておくが僕は悪いと思ってないからな!
あんたがドジなのが悪いんだ!▼
ただ…このままだと後味が悪いだけだ。▼
[フェリシア]
あ…ありがとうございます。▼
[タクミ]
ほら、こんなのさっさと片付けるぞ。▼
[フェリシア]
はっ…はい!

支援B

[フェリシア]
…それでですね、故郷の空は
どんよりと雲に覆われている日が多いんです。▼
だからお日様が顔を出す日は、
とてもありがたいことなんですよ?▼
[タクミ]
……………▼
[フェリシア]
特に冬はとても寒いです。
でもそういう環境だからこそ、▼
暖炉を囲んで食べる子羊のシチューが
本当に美味しいんですよ~。▼
[タクミ]
……………▼
[フェリシア]
故郷のまわりの山々には
鉱石が沢山取れる洞窟がありまして…▼
それはそれは見事な色とりどりの宝石たちが…▼
[タクミ]
……………▼
[フェリシア]
タクミ様!▼
[タクミ]
なんだよ?▼
[フェリシア]
聞いてます? 私の話。▼
[タクミ]
聞いてる。▼
けど、喋ってる暇があるなら、
さっさと手を動かしたらどうだ?▼
洗濯物を干してる間…
あんたが動かすのは口ばっかりだ。▼
[フェリシア]
はぅぅ…そ、それを言われると…▼
[タクミ]
目の前のやるべきことに力を入れず
自分の故郷の話ばかりペラペラと…▼
いったいどんな育てられ方をしたんだ?
ホントお里が知れるってこのことだな。▼
[フェリシア]
むう…
た、確かに私は浅はかかもしれませんが…▼
生まれや環境だけで人を判断するのは
如何なものでしょうか。▼
それだと…王家に生まれたというだけで、
タクミ様は偉いのですか?▼
[タクミ]
なに?▼
[フェリシア]
王族として生まれれば、
そんな風に威張っていても許されるんですか?▼
[タクミ]
この…言わせておけば…!▼
[フェリシア]
私はただタクミ様の理屈で言っただけです…!▼
[タクミ]
ぐっ…▼
……………▼
悪かったよ。言いすぎた。▼
あんたがあまりにも
自分の手を動かそうとしないもんだから、▼
ついカッとなってしまって…▼
[フェリシア]
そ、それは…弁解のしようもありません…
ごめんなさい…▼
[タクミ]
いや…▼
とにかく、この話は一時休戦だ。
さっさとこれを片付けよう。▼
[フェリシア]
わかりました!▼

支援A

[フェリシア]
ふぅ…これで洗濯物は無事に取り込めました。
今日は一度も転ばなかったです…▼
[タクミ]
……………▼
[フェリシア]
この後で食べ物の買出しに行って…
あ、あとお部屋の掃除もしなくちゃいけません。▼
ああっ! あと昨日の夜に仕込んでおいた
食材も取り出しておかないとダメですね~!▼
うふふ~、忙しい忙しい!▼
[タクミ]
おい。▼
[フェリシア]
うひゃっ!?▼
あ、ああ…タクミ様。
そんなところで何をしてたんですか?▼
[タクミ]
あんたの手際の悪い仕事っぷりを
観察していた。▼
[フェリシア]
ひ、酷いです~!
私の独り言も聞いてたんですか?▼
[タクミ]
ああ、下手くそな鼻歌も一緒にな。▼
[フェリシア]
そ、そんなあ…手際が悪いと思うなら、
いつもみたいに手伝ってくださいよ!▼
[タクミ]
甘えるなよ、あんたメイドなんだろ。▼
[フェリシア]
ううっ…タクミ様は手厳しいです…▼
[タクミ]
まぁでも…お前が要領悪いなりにがんばって、
軍内の家事をこなしてることは理解できた。▼
[フェリシア]
えっ…?▼
[タクミ]
誰よりも遅い時間まで仕事をして、
誰よりも早く起きて食事の支度をして…▼
前に話をしていた故郷のことはともかく
あんたの努力は僕も認めざるをえない。▼
[フェリシア]
タ、タクミ様…▼
[タクミ]
これからはもう少しフェリシアのことを
ちゃんと仲間として考えることにするよ。▼
[フェリシア]
ありがとう…ございます。▼
[タクミ]
ふん…これで満足か?▼
[フェリシア]
あ、えと…いいえ。次はちゃんと
故郷の良いところも認めさせちゃいます!▼
覚悟しておいてくださいね!▼
[タクミ]
ふふっ…
ああ、わかったよ。▼

支援S

[フェリシア]
あ、タクミ様ー!▼
[タクミ]
フェリシアか…
な、なんだよ?▼
[フェリシア]
この間の約束を果たそうかなと思いまして。▼
[タクミ]
この間の約束…?▼
[フェリシア]
ええ。タクミ様に
故郷の良いところを認めさせると言う話です!▼
[タクミ]
ああ…あれか。▼
[フェリシア]
あら…?
タクミ様、なんか元気ないですか?▼
[タクミ]
いっ…いや、そんなことはない。▼
でも…フェリシア。
故郷の話はしてくれなくていいよ。▼
[フェリシア]
な、何でですか!?
今日はとっておきの故郷の魅力的なお話を…▼
[タクミ]
だってわざわざ話なんか聞かなくても…▼
フェリシアにとって大切な故郷なら、
たぶん僕にも魅力的だからね。▼
[フェリシア]
えっ?
それってどういう…▼
[タクミ]
僕はその…フェリシアが…
好きになってしまったらしい。▼
なのに僕といるときに話をするのは
自分の故郷の事ばかり……▼
だから僕はイライラしていたんだよ。▼
[フェリシア]
タ、タクミ様…そ、そうだったんですね…
私、全然気がつきませんでした…▼
[タクミ]
そりゃあ、あれだけ冷たくされたら…▼
フェリシアみたいにとぼけた奴じゃなくても、
普通は気づかないって。▼
[フェリシア]
タクミ様!
いちいち失礼な言い方です~!▼
[タクミ]
あはは…ごめん。▼
[フェリシア]
でも…私、知ってるんです。
タクミ様が本当はお優しい方だってこと。▼
だから…タクミ様の気持ち、
とっても嬉しいです。▼
[タクミ]
えっ…?▼
[フェリシア]
私も…タクミ様のこと、好きですよ。
男性として。▼
[タクミ]
ほ、本当に…!?▼
[フェリシア]
はい。
私…タクミ様と家族になりたいです。▼
私の故郷が…いつか私たち二人の
故郷になればいいなって、そう思います。▼
[タクミ]
そ、そうか…ありがとう、フェリシア…
ダメ元で告白してみたけど…嬉しいよ。▼
これからは僕と共に生きてほしい。▼
[フェリシア]
はい、もちろんです!
ずっとずっと一緒です…▼

ニシキ

支援C

[ニシキ]
うーん…どうしよう…▼
[フェリシア]
ニシキさん。
そんなに難しい顔をしてどうしたんですか?▼
[ニシキ]
あ、フェリシア!▼
その…実は怪我した猫を拾ったんだけど、
これってどうすればいいのかな?▼
ボク、動物用の薬とか持ってないし…▼
[フェリシア]
はわわっ、それは大変ですっ!▼
ええっと…ああ、腕の怪我なんですね。
これなら私の持っている傷薬で治ります!▼
[ニシキ]
本当?良かったー!▼
[フェリシア]
はい、これを塗り付けて…と。
これでもう大丈夫ですよ。▼
[ニシキ]
ありがとう、フェリシア。助かったよ!▼
[フェリシア]
ふふっ、私のほうこそ
お役に立てて良かったです。▼
[ニシキ]
これは是非恩返しをしなくちゃいけないね。
何かボクにして欲しいことはないかい?▼
[フェリシア]
別にそんな…とくには何もないですよ?▼
[ニシキ]
それじゃあボクの気がすまないよ!
何か考えておくれ!▼
[フェリシア]
ええっ?そ、そんなこと言われましても…
ええと…そうですね…▼
あっ、それなら…この猫さんが回復するまでの
お世話を一緒にやらせてくれませんか?▼
[ニシキ]
えっ?でも、それじゃあ
単にフェリシアの仕事が増えるだけじゃ…▼
[フェリシア]
だってニシキさん一人で
この子をお世話するのは大変でしょう?▼
それに私も時間を作れば
それくらいできるので大丈夫ですよ!▼
[ニシキ]
うーん…確かにボク一人だと、
さっきみたいに慌ててしまうかもしれないし、▼
フェリシアがそう言うならボクはいいけど…▼
[フェリシア]
はい、これも何かの縁ですよ。▼
[ニシキ]
そっか…それじゃあ、この子の怪我が治るまで
一緒に世話をしようか。▼
[フェリシア]
はいっ、そうしましょう!▼

支援B

[フェリシア]
ふふっ、子猫がミルクを飲んでいる姿…
可愛いですね…可愛すぎますね…▼
ああ、クラクラきちゃいます…
まったく猫さんは罪なやつです。▼
[ニシキ]
あははっ、そうだね。▼
怪我も良くなってきたからか、
食欲もすごくってさ。見てて飽きないよね!▼
[フェリシア]
そうですね。
これならそろそろ完治できそうです。▼
[ニシキ]
うん。最初は猫の世話なんてムリだと
思ったけど、フェリシアのおかげで順調だよ。▼
[フェリシア]
えへへっ、そんなことないです。▼
私も動物のお世話なんて
ほぼ初めての経験だったんですよ。▼
確かに大変なこともありますが、
思ってた以上に楽しかったです~。▼
[ニシキ]
手伝ってくれてありがとう、フェリシア。▼
[フェリシア]
いえいえ、こちらこそ。▼
それにしても…この子の抱き心地は
とっても気持ちいいですね~!▼
[ニシキ]
うんうん、毛並も良いし、
何よりすごく暖かいよね~。▼
毛並についてはこだわりがあるボクですら、
嫉妬しちゃうくらいだよ。▼
[フェリシア]
可愛くてモフモフで
思わずにやけちゃいます~!▼
[ニシキ]
…………▼
[フェリシア]
あれ?ニシキさん、急に静かに
なっちゃいましたがどうしましたか?▼
[ニシキ]
えっ…ううん、なんでもないよ!▼
[フェリシア]
本当ですか?なんだか一瞬だけ
ほっぺが膨らんでいたような…▼
[ニシキ]
そ、そんなことないってば!▼
[フェリシア]
そ、そうですかねぇ…?▼

支援A

[フェリシア]
良かったですね、ニシキさん。
猫さんの怪我、無事に治って…▼
[ニシキ]
うん。フェリシアにもらった傷薬が
良かったんだろうね。▼
[フェリシア]
そんなことないです。
がんばった二人の気持ちが…▼
きっと猫さんにも届いたんですよ!▼
[ニシキ]
そうだね。あの子の引き取り手も
ちゃんと見つかったし、良かった良かった。▼
これで一件落着ってヤツだね。▼
[フェリシア]
あっ、はい…ちょっと寂しく
なっちゃいましたけどね…▼
[ニシキ]
…ボクも少し寂しいよ。▼
でも行軍しているボクたちが
飼うわけにはいかないからね。▼
[フェリシア]
そうですね…
…あ、そういえばニシキさん。▼
[ニシキ]
ん?▼
[フェリシア]
先日、猫さんの世話をしている時に
急に黙っちゃったことがありましたよね?▼
[ニシキ]
えっ…?▼
[フェリシア]
あれは何があったんですか?
私、ちょっと気になってたんです…▼
[ニシキ]
い、いやぁ…覚えてないなぁ…?
そんなことあったっけ…?▼
[フェリシア]
ごまかしたってダメです!
あの時明らかに様子がおかしかったですよ!▼
[ニシキ]
あ…ええと、それは…
実はボク、焼きもちを焼いていたんだよ。▼
[フェリシア]
へっ?焼きもち…ですか?▼
[ニシキ]
うん。猫の抱き心地がいいって
フェリシアが言っていただろう?▼
あの言葉を聞いた時、ボクの毛並みが
なんだか負けちゃったような気がして…▼
[フェリシア]
ええっ?▼
[ニシキ]
ボクだって毎日の手入れも怠らずに、
ツヤツヤにしているもの!▼
だから毛並みを褒めてもらえないことに
焼きもちを焼いたんだ。▼
でも…あの子を愛でてる最中に
そんなことを言うのはカッコ悪いだろう?▼
だから、ふくれっ面のまま、
黙っていたんだよ…▼
[フェリシア]
うふふふっ…あははっ!!▼
[ニシキ]
ううっ…酷いよ、フェリシア!
何も笑わなくてもいいのに!▼
[フェリシア]
だって…うふふっ…
そんな話だなんて思わなくて…!▼
うふふふっ、ニシキさん可愛いです…!!▼
[ニシキ]
もう…オトコにそれはないんじゃない?
どうせならカッコいいって言われたいなあ!▼
[フェリシア]
ニシキさんのしっぽ可愛いですよ~!
ほらほら、モフモフで可愛いですよ~!▼
[ニシキ]
う、うーん、話の流れ上、
それは嬉しいような…悲しいような…▼
でも、ボクの尻尾を褒めてくれるのは
大歓迎だよ!▼
ほらほら、もっと褒めておくれ!▼

支援S

[ニシキ]
ねえ、フェリシア。
ちょっと話があるんだけど…▼
[フェリシア]
あ、ニシキさん。何があったんですか?▼
[ニシキ]
その…この間言ってた
焼きもちの話なんだけど…▼
[フェリシア]
ええと…私が猫さんの毛並みばかり
褒めてたってお話でしたよね?▼
[ニシキ]
うん…でも、そのことで
ボクは気づいてたんだよ…▼
ボクは毛並みを褒めてもらえなくて、
焼きもちを焼いてたんじゃない。▼
単にキミがボクに構ってくれなかったから、
焼きもちを焼いたんだって…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ニシキ]
キミといるとボクは嬉しくなる。
キミに撫でてもらうと気持ちがいい…▼
これって…キミのことが
すきだからだと思うんだよ。▼
[フェリシア]
ええ!?ニシキさんが…私を?▼
[ニシキ]
うん。キミの優しさが、
ボクはとっても大好きなんだ!▼
だから…これからは
ボクの恋人として一緒にいてくれないかい?▼
[フェリシア]
ニ、ニシキさん…!▼
ええっと…急に言われてびっくりしました。
けど、私も…ニシキさんのこと大好きです。▼
[ニシキ]
え?本当かい!?▼
[フェリシア]
はい。ニシキさんと一緒に猫さんのお世話を
している時…本当に楽しかったんです。▼
その時に、優しいところや面白いところ…
色んなニシキさんを見て、▼
私はニシキさんのことが好きになったんです。▼
[ニシキ]
そうか…フェリシアとは両思いだったんだね。▼
[フェリシア]
はい!
とっても嬉しいです!▼
ニシキさんと恋人になれたらいいなって、
そう思ってたので…▼
[ニシキ]
ふふっ、ボクもとっても嬉しいよ!▼
今日からボクの美しい尻尾は
キミのものだ!▼
あの猫の分まで、いつまでも
ギューってしてくれていいんだよ!▼
[フェリシア]
あははっ、ありがとうございます!▼
[ニシキ]
もちろん!
これからもずっとキミに撫でてもらいたいな。▼
[フェリシア]
わかりました!
毎日撫でされてもらいますねー!▼

リョウマ

支援C

[フェリシア]
あの…リョウマ様。▼
[リョウマ]
フェリシアか、どうした?▼
[フェリシア]
あのですね…私、リョウマ様と
仲良しになりたいんです。▼
[リョウマ]
…どういうことだ?▼
[フェリシア]
はい! リョウマ様はカムイ様のお兄様!
メイドとして私も交流しておきたいのです!▼
[リョウマ]
なるほど、そういう意味か。▼
[フェリシア]
という訳で、お近づきの印に
おむすびを作ってきたんですよ~!▼
食べていただけますか?▼
[リョウマ]
もちろんだ。
ありがたくいただこう。▼
…もぐ。▼
……!!▼
[フェリシア]
…あの…リョウマ様の顔が険しいのですが…▼
[リョウマ]
うぐぐ…▼
[フェリシア]
だ、大丈夫ですかリョウマ様!▼
[リョウマ]
このおむすびの具なんだが…
なんだか甘い気がするぞ?▼
[フェリシア]
え? あ、ええと…
「疲れたときには甘いものを」って言うので、▼
今回のおむすびの具はチョコレート入りに
してみました!▼
[リョウマ]
ちょ、チョコレート?
…それは確か暗夜の甘い菓子だったな?▼
残念だがフェリシア…その具は
おむすびの具としては適さないようだ。▼
[フェリシア]
ええ!? そ、そうなんですか?▼
ごめんなさいリョウマ様!▼
[リョウマ]
いや…初めて作ったのなら失敗もするだろう。
だが…ぐっ! 予想以上に強烈な味だ…!▼
[フェリシア]
うう…でもわかりました! 私は負けません!
チョコがダメなら別の具で再挑戦します!▼
[リョウマ]
な、なにぃ…!?▼
[フェリシア]
待っていてください、リョウマ様!▼
次こそは美味しいおむすびを
必ず作って見せますから!▼
[リョウマ]
ま、待つんだ!! フェリシア…!▼
……………▼
…行ってしまった。
だ、大丈夫だろうか。▼

支援B

[フェリシア]
リョウマ様~!▼
[リョウマ]
ん?フェリシアか。▼
[フェリシア]
今日はこの間のリベンジですっ!▼
またおむすびを作ってきたので、
食べていただけませんか?▼
[リョウマ]
…そ、そうか。
ちなみに今日は何の具が入っているんだ?▼
[フェリシア]
今日はシンプルに塩おむすびです!
これでバッチリなはずですよ~!▼
[リョウマ]
そ、そうか。ほっ…▼
あ、ありがとうフェリシア。
では、いただくとしよう。▼
…もぐ。▼
……!!!!▼
[フェリシア]
あわわっ!リョウマ様の顔が
また険しくなっています!▼
な、何故でしょう?
具は入れていないはずなのに…?▼
[リョウマ]
……ぬおおおっ。
とても…しょっぱい。▼
[フェリシア]
え?▼
[リョウマ]
何故か中心に塩のかたまりが入っていた…▼
[フェリシア]
え?塩おむすびって、お塩を具のように
入れればいいんじゃないんですか?▼
[リョウマ]
いや…それは間違った認識だ。▼
正しくは、おむすび全体に塩がついている
状態を指すと思うぞ?▼
[フェリシア]
そうなんですね…うう、ごめんなさい。
私また失敗しちゃいました。▼
[リョウマ]
い…いや、気にするな
フェリシアの気持ちは十分伝わった。▼
[フェリシア]
リョウマ様・・・▼
[リョウマ]
誰にだって失敗はあるし、そこから学べば
いいんだ。だからそう落ち込まなくていい。▼
[フェリシア]
で、でも…私…リョウマ様と交流するつもり
だったのに呆れられてばかりで…▼
[リョウマ]
ならば…そ、そうだ。
次は暗夜の食べ物を作ってくれないか?▼
[フェリシア]
え?暗夜の食べ物…ですか?▼
[リョウマ]
そうだ。おむすびに変わる暗夜の料理…▼
食べなれている物の方が作りやすく、
失敗する可能性も低くなるだろう?▼
[フェリシア]
リョウマ様……ありがとうございます!
わかりました!▼
私、次こそは成功してみせますっ!
待っててくださいね!▼
[リョウマ]
ああ、楽しみにしている。▼

支援A

[フェリシア]
リョウマ様~!▼
[リョウマ]
フェリシアか。▼
[フェリシア]
今日は三度目の正直です!▼
[リョウマ]
ということは…ゴクリ。▼
お、おむすびに代わる物は作れたか?▼
[フェリシア]
はいっ! ええっとですね…
今回はサンドイッチを作ってきたんです!▼
暗夜では遠出をする時に
作って持って行ったりするんですよ!▼
色んな具を入れたりするところも
おむすびと似てますね~!▼
[リョウマ]
なるほど。確かに似ているようだな。▼
[フェリシア]
今回は大丈夫なはずですっ!▼
…リョウマ様、食べていただけますか?▼
[リョウマ]
ああ。いただくとしよう。
これは見た目にはとても可愛らしいな。▼
…もぐ。……!!▼
[フェリシア]
はわっ! リョウマ様の真剣なお顔…
お、美味しいですか? それとも…▼
[リョウマ]
…これは、とても美味いな。▼
[フェリシア]
! ほ、本当ですか!?▼
[リョウマ]
ああ。初めて食べるが、中にある
野菜と肉の味がよく合わさっている。▼
ありがとう、フェリシア。
これはとても美味いぞ。▼
[フェリシア]
よ、良かったです~!▼
これも…リョウマ様がずっと付き合って
くれたからですね!▼
[リョウマ]
いや、これはフェリシアの努力の成果だぞ。▼
[フェリシア]
はう~! や、やりました!
私、リョウマ様と仲良くなれて良かったです!▼
[リョウマ]
ははっ、俺の方こそ食べ物を通じてお前と
こうやって交流が持てて嬉しかったぞ。▼
この前の二品の食事だって交流が深まった
大事な出来事だと思うしな。▼
[フェリシア]
リョウマ様…なんてお優しい!▼
[リョウマ]
国は違うが…これからも仲良くしていこう。▼
[フェリシア]
はいっ! よろしくお願いしますねっ!▼

支援S

[フェリシア]
リョウマ様〜!
今日もサンドイッチを作ってみたんです!▼
一緒に食べませんか?▼
[リョウマ]
それはありがとう、フェリシア。
ちょうど小腹が空いていたのだ。▼
[フェリシア]
えへへ〜、じゃあベストタイミングです!▼
[リョウマ]
…だが今日は…俺もお前に
食べて欲しいものがあるんだ。▼
[フェリシア]
えっ? なんですか?▼
[リョウマ]
…これだ。▼
[フェリシア]
わあっ! これ…おむすびですね!▼
[リョウマ]
ああ。結局お前は失敗してから
作っていないのだろう?▼
ならば俺が作って本当のおむすびを
食べさせてやろうと思ってな。▼
[フェリシア]
リョウマ様が作ったんですか!?▼
[リョウマ]
ああ。日頃の感謝の気持ちを込めた。
形は歪かもしれないが、気持ちはこめたぞ。▼
[フェリシア]
ありがとうございます、リョウマ様!
すごく嬉しいです!▼
[リョウマ]
これほど喜んでくれるとはな。これは…
俺の告白も実るということなのだろうか?▼
[フェリシア]
えっ? こ、告白…ですか?▼
[リョウマ]
ああ。俺は…フェリシアと恋人同士に
なりたいと思っている。▼
[フェリシア]
ええっ!? そ、そうなでんですか?▼
[リョウマ]
ああ。俺のために一生懸命食事を作ってくれる
姿はとても愛おしかったぞ。▼
俺はお前のひたむきな所に惹かれたんだ…▼
だから、これからは恋人として、
俺の隣にいてくれないだろうか?▼
[フェリシア]
……はいっ!
私もリョウマ様のこと大好きです!▼
私が失敗してもいつも優しく受け入れてくれる
リョウマ様が大好きです、それは…▼
カムイ様のお兄様としてではなく
一人の男の方として…なんだと思います。▼
[リョウマ]
そうか…フェリシアからそんな言葉が
聴けるなんて、嬉しいものだな。▼
[フェリシア]
あわわっ! なんだか急に
恥ずかしくなってきました!▼
ああ、そうだ、リョウマ様!
早く食事にしましょうよ。▼
[リョウマ]
ははっ、そうだな。
せっかく二人で持ち寄ったわけだしな。▼
そしてこれからも…
こうやって一緒に過ごしていこう。▼
[フェリシア]
…はい! そうですねっ!▼

共通ユニット

フェリシア(共通)のページへ

暗夜ユニット

フェリシア(暗夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-06 (木) 21:11:22