フェリシアの支援会話

ハロルド

支援C

[フェリシア]
…………▼
[ハロルド]
…フェリシアくん。 何か落ち込んでいるようだが…▼
[フェリシア]
ハロルドさん…▼
[ハロルド]
私でよければ話を聞くぞ。▼
[フェリシア]
いえ、そんな… ハロルドさんのご迷惑になりたくないので…▼
[ハロルド]
はははっ。何を言うのだ。▼ 元気のない仲間がいるときは 解決するまで付き合うのが私だ。▼ 迷惑だなんてとんでもないぞ。▼
[フェリシア]
…そうですか… では、お言葉に甘えて…▼ ……………▼ 私、メイドのお仕事が好きです。 大好きなんです。▼ でも…才能がなくて。 全然、向いてないんです…▼
[ハロルド]
君がメイドに向いてない? まさか。▼
[フェリシア]
いえ、本当なんです。 だって、ついこの間も…▼ カムイ様にお茶をお出ししようとしたら転んでしまって…▼ 思い切りカムイ様に 熱いお茶をかけてしまいました。▼ カムイ様は優しい方ですから 苦笑いして許してくださいましたけど…▼
[ハロルド]
…………▼ なんだろう。 この共感…ほとばしる親近感は…▼
[フェリシア]
ハロルドさん? どうしたのですか?▼
[ハロルド]
い、いや。なんでもない。 それより、もっと話を聞かせてくれ。▼ じっくりと聞いてみたいのだ。▼

支援B

[ハロルド]
フェリシアくん。 何をしているのだ?▼
[フェリシア]
ハロルドさん。 この間はありがとうございました~。▼ 私なんかの話を長々と聞いてくださって…▼ きゃあ!!▼
[ハロルド]
だ、大丈夫か。▼
[フェリシア]
…ごめんなさい、つまずいちゃって。▼ 水をこぼさずに運ぶ 練習をしてたんですが…▼ なかなかうまくできないんです。▼
[ハロルド]
そうか。 わかった。私も手伝おう。▼
[フェリシア]
えっ、いいんですか?▼
[ハロルド]
もちろんだ。▼ 私は暗夜王国一のお節介焼き。 徹底的に手伝うぞ。▼
[フェリシア]
ありがとうございます!▼
[ハロルド]
こういうのは面白いもので、 こぼしては駄目だと思ったらこぼすものだ。▼ だからあくまで気持ちは軽くしておくのが望ましい。▼ 私も何度となく人に飲み物をかけてきた。 だからとてもよくわかるのだよ。▼
[フェリシア]
えっ、ハロルドさんもですか!? 全然、そんな風に見えませんけど…▼
[ハロルド]
ははは。 少しタイプが違うが実はそうなのだ。▼ では、私が実演してみせよう。 少し離れて見ててくれたまえ。▼ 私が向こうまでこの水を運んでみせる。 行くぞ。▼ …………▼
[フェリシア]
あっ、ハロルドさんの足下にバナナの皮が…▼
[ハロルド]
うむ、目視しているから大丈夫だ。 バナナの皮は無事に回避したぞ。▼ こんなものがどうしてここに… と思ったところで仕方ない。▼ スッと目の前に不運が訪れるのが私なのだ。▼
[フェリシア]
あっ! 蚊の大群がハロルドさんのところに!▼
[ハロルド]
そうだ。▼ どこから現れたのかと心底疑問だが、 存在しているのだから仕方ない。▼ 私は蚊に刺されまくり、 かゆくて水を手放したくなるが…▼ …私は負けないっ! 負けずに水を運び続けるのだ!▼ さらに進むと今度は…▼
[フェリシア]
す、すごいです。 ハロルドさん。▼

支援A

[ハロルド]
おお、フェリシアくん。▼
[フェリシア]
ハロルドさん。 この間はありがとうございました!▼
[ハロルド]
いや、あの程度のこと… 私はまだまだ満足していないぞ。▼
[フェリシア]
ハロルドさんってすごいですよね。 私みたいなただのドジとは違って…▼ なんというか…▼ 世界中から嫌がらせを受けているのかもって 思えるくらいの逆境の中でもくじけなくて…▼
[ハロルド]
そ、そのような表現は初めて聞いたな。▼
[フェリシア]
ハロルドさんの不屈の精神を目の当たりにして、 私、思ったんです。▼ とにかく、負けちゃいけないって。▼ でもそう思っただけで 状況は改善されてないので…▼ カムイ様にはまだしばらくご迷惑を おかけすることになると思うのですが…▼
[ハロルド]
いや、それで十分だ。▼
[フェリシア]
そうでしょうか…▼
[ハロルド]
…一つ、話をさせてもらおう。▼ 先日、川に流されている人を発見し、 私は救出すべく水へと飛び込んだのだ。▼ しかし、そこに運悪く船が通りかかってな。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ハロルド]
私は船体に頭を打ってフラフラになり、 人を救い出すどころではなくなってしまった。▼
[フェリシア]
ええっ? それじゃあ溺れていた人は?▼
[ハロルド]
通りかかった船が助けてくれた。▼
[フェリシア]
ハロルドさん…報われないですね。▼
[ハロルド]
しかし、その溺れていた人に言われたよ。▼ 君はこの街のヒーローだ。 だからヘマをしても気にするな。▼ 君がこの街にいてくれるだけで心が和む。 前向きな君を見ていると元気が出る、と。▼
[フェリシア]
…………▼
[ハロルド]
私は君もそういう言葉をかけられるべき 人物だと思っている。▼
[フェリシア]
そうでしょうか…▼
[ハロルド]
そうだとも。 事実、私は君に対してそう思っている。▼ 君はいつも前向きで隣にいてくれるだけで和む人…▼ カムイ様もきっと同じ気持ちのはずだ。▼
[フェリシア]
ハロルドさん…▼ ありがとうございます。 私、これからもがんばりますっ。▼
[ハロルド]
その意気だ。 私も陰ながら応援しているからな。▼ また困ったら、いつでも相談するといい。▼
[フェリシア]
はいっ!▼

支援S

[フェリシア]
ハロルドさん、こんなところに呼び出して どうされたんですか?▼
[ハロルド]
…………▼
[フェリシア]
ええ!? お顔が真っ赤ですよ!?▼ お熱でもあるんじゃないでしょうか… ちょっとおでこを触ってみてもいいですか?▼ …きゃっ!!▼
[ハロルド]
フェリシアくん、大丈夫か。▼
[フェリシア]
ごめんなさい、またつまづいちゃいました…▼ 私ったらほんとドジ…▼
[ハロルド]
ほら…つかまるのだ。▼
[フェリシア]
ありがとうございます…▼
[ハロルド]
うわわわわっ!!▼
[フェリシア]
きゃーっ!!▼
[ハロルド]
くっ… なぜこんなところに落とし穴が…▼
[フェリシア]
二人揃って落ちちゃいましたね…▼
[ハロルド]
すまない。 私が手を差し伸べたばかりに…▼ 私だけ穴に落ちればよかったものを 君まで道連れにしてしまった…▼
[フェリシア]
いえ…大丈夫です… でも…穴から出られそうにないですね…▼
[ハロルド]
ああ…▼ 仕方ない。 ここで伝えよう。▼
[フェリシア]
伝える?▼
[ハロルド]
今日、君を呼んだのは… 結婚を申し込みたいと思ったからだ。▼
[フェリシア]
…………▼ …えっ?▼ け、け、結婚…ですか?▼
[ハロルド]
…そうだ。▼
[フェリシア]
…………▼ そんな…▼ うううっ!▼
[ハロルド]
な、なんだ!? 急に穴の中が寒くなってきたぞ!▼ !?▼ フ、フェリシアくん!君から冷気が 噴き出しているように見えるのだが!?▼
[フェリシア]
ごめんなさい… 私は氷の部族で…▼ 感激のあまりこのような状態に…▼
[ハロルド]
感激って…▼ ということは… OKしてくるのかね?▼ 冷気は私から命を奪う勢いで発生しているが、 それとは逆の意味だととらえていいのだね!?▼
[フェリシア]
その通りです!▼
[ハロルド]
やった…よかった… ありがとう!▼ フェリシアくん… 今日はこれを持ってきた…▼
[フェリシア]
これは?▼
[ハロルド]
指輪だ。 これを君に渡したい…▼ 冷気で指がかじかんで… うまくつかめないが…▼ しかし、私はくじけぬぞ!▼ 例え好みが凍り付こうとも… 君に指輪をはめるのだ!▼
[フェリシア]
ハ、ハロルドさ~ん!!▼
[ハロルド]
よし…でき…た… 私の…愛の証が…君の指に!▼
[フェリシア]
ありがとうございます! で、でも…体は大丈夫ですか…?▼
[ハロルド]
ふ、ふふ…なんてことない…▼ 私の心には熱い愛が燃えている。 君に対する、熱い愛がっ!▼ では早速、初めての共同作業といこうではないか!▼ 熱い心でともに祈ろう。 誰かが助けにきてくれることを!▼
[フェリシア]
はい!▼

オーディン

支援C

[オーディン]
ふぅぅぅ…いいぞ… 来たぞ、来た来たぁぁぁぁぁぁぁっ!▼ 俺の闇の力が… 闇の力が暴走するぅぅぅぅぅぅぅっ!▼ 出でよ…新たなる呪い… ハイランダー・キュメッタコムっ!▼ ふぅ…▼
[フェリシア]
…………▼
[オーディン]
ん?フェリシアか。 いつからそこにいたんだ。▼
[フェリシア]
ごごご、ごめんなさい… ずっと見ちゃってました…▼
[オーディン]
いや、別に謝る必要はない。▼ きっと俺の卓越した呪術に 引き寄せられてきたんだろうからな。▼ 罪があるとしたら俺のすごすぎる魔力だ…▼ …で、なんの用だ?▼
[フェリシア]
それが…▼ オーディンさんにお付するように言われまして…▼
[オーディン]
…どういうことだ。 話が見えないが。▼
[フェリシア]
…実は…その…あなたを監視するように言われまして…▼
[オーディン]
…俺の監視? それは誰が言ってるんだ。▼
[フェリシア]
ごめんなさい。 誰か一人がというわけではなくて…▼
[オーディン]
何人かが言っているというのか。▼
[フェリシア]
何人かというか… 入ってきた新兵の殆どですね…▼
[オーディン]
なぜだ?▼
[フェリシア]
あなたの立ち振る舞いが、なんだかその…▼ 「得体が知れなくて怖い」と…▼
[オーディン]
…………▼ そ、そう… そうなんだ。▼
[フェリシア]
あ、オーディンさーん! 待ってくださーい!▼

支援B

[フェリシア]
オーディンさん… なぜこんな暗い天幕の隅に…▼
[オーディン]
フェリシアか… 帰ってくれ…▼
[フェリシア]
でも…▼
[オーディン]
心配いらない…▼ 新兵たちの目の届かないところで こうして三角座りをしていれば、▼ 得体の知れない怖さは 感じさせないはずだ…▼
[フェリシア]
こ、こんな静かなオーディンさんを はじめて見ました…▼ 相当落ち込んでいるんですね…▼
[オーディン]
ああ…▼ まさか未来ある新兵たちに そんな風に思われていただなんて▼ 俺の心の中の暗黒が その闇を濃くするばかりだ…▼
[フェリシア]
そんな… 自暴自棄にならないでください…▼ あっ!そうだ! 今から香りのいい紅茶を入れますね。▼ これを飲めば、 すごーく元気が出るはずです!▼ えっと、こうしてこうして…▼ あーっ!!▼
[オーディン]
…………▼
[フェリシア]
はわわわわわ! ごごご、ごめんなさい~!!▼
[オーディン]
いいんだ。 熱い紅茶を頭からかぶるのもまた一興。▼ 死ぬほど熱いが、それもまたよし。 惨めな俺にはお似合いだ…▼
[フェリシア]
す、すみません…▼
[オーディン]
でも、どうしてだ…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[オーディン]
俺って、そこまで変な奴か? 変な奴なんて他にもいっぱいいるだろ?▼ 例えばジョーカーなんて…▼ 相手がカムイ様か否かで 態度が百八十度変わる。▼ あれ、どう見ても二重人格だろ。▼ サイラスだって、いい人ぶっているが ああいう奴こそ変な癖とか持ってるもんだ。▼ ハロルドに至っては、 神に嫌われてるレベルの不運だし…▼ ラズワルドは女に振られることに関しては もはや右に出る者はいないし…▼ ゼロなんてやばいだろ。 変わり者を通り越してもはや変態だぞ?▼ なのに、どうして俺だけ…▼
[フェリシア]
…………▼
[オーディン]
淡い希望をもって確認するが… 監視を命じられたのは俺だけだな?▼
[フェリシア]
え、ええ…▼
[オーディン]
ううううううう…!!▼ もうなんていうか… 自尊心がボロボロだ…▼
[フェリシア]
オーディンさん…▼

支援A

[オーディン]
…フェリシア、すまないな。 俺なんかを見張り続けるのは苦痛だろう。▼
[フェリシア]
いいえ…▼ ただ落ち込んでしまった オーディンさんがかわいそうで…▼
[オーディン]
今の俺にはその優しさが沁みるぜ…▼
[フェリシア]
ずっと黙っていたんですけど… 私の感想を正直に言ってもいいでしょうか?▼
[オーディン]
なんだ?▼
[フェリシア]
確かに他の皆さんも どこかしら変わっていると思います。▼ でも、他の皆さんは オーディンさんより目立たない…▼ それはなぜか?▼
[オーディン]
なぜなんだ!?▼
[フェリシア]
オーディンさんは レッテルを貼りやすいんです。▼
[オーディン]
レッテル?▼
[フェリシア]
…ええ。▼ 例えば私は小さいころからずっと 何をやってもドジばっかりでした…▼ しっかり者と言われる姉も 実はけっこうなドジなことをしていたのに…▼ …目立つのはなぜか私ばかり。▼ だから、えっと… 私が何を言いたいかと言いますと…▼
[オーディン]
少しわかるよな気がする…▼ 確かにドジと言えば お前の代名詞のようになっている。▼ 他の人もドジはするのに、だ。▼ レオン様が服を裏返しに着ているのを 俺は何度も見たことがある。▼ でも誰も進んで、レオン様の ドジをからかおうとはしない。▼
[フェリシア]
そう! そういうことです!▼
[オーディン]
…………▼ そういうことだったのか… 俺たちはレッテルを貼られやすい…▼ そんな選ばれし者だったというわけか…▼
[フェリシア]
わ、私が選ばれし者かどうかは わからないですけど…▼ 私たちが似た者同士なのは確かです。 もうオーディンさんは孤独じゃないですね。▼
[オーディン]
ありがとう、フェリシア… 目の前に希望が…▼ 明るい道が開けた気分だ…▼
[フェリシア]
オーディンさん…▼
[オーディン]
さて、仕切り直しに 呪術の研究でも再開するか。▼ フェリシア。お前は紅茶でも入れて、 思い切り俺に浴びせてくれ。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[オーディン]
落ち込んでいた俺の目を 鮮やかに覚ましてほしいんだ。▼
[フェリシア]
わ、わかりました! お安いご用です!▼

支援S

[オーディン]
あれ? 今日は紅茶を持ってこないのか?▼
[フェリシア]
はい。 見張りのほうは解除されましたから。▼
[オーディン]
なに…?▼
[フェリシア]
私のほうから新兵の皆さんに お話ししてみたんです。▼ 皆さんが余計なことを言うから、 オーディンさんの個性が潰れかけましたって。▼ このままでは出撃時にも 影響しますよって言ったんです。▼ そうしたら皆さん、反省して 納得してくださったんです。▼ というか…軍に入って結構経つので もう慣れたとも仰っていました。▼
[オーディン]
そ、そうか…▼
[フェリシア]
あれ、嬉しくないんですか?▼
[オーディン]
ああ…▼
[フェリシア]
はわわわわ… ごめんなさい…▼ 私、またドジしちゃいましたかね… よかれと思ってやったのに…▼
[オーディン]
いや、違うんだ。 そういう意味じゃない。▼ お前の監視が終わってしまうのが 寂しいんだ。▼
[フェリシア]
そ、そうなんですか?▼
[オーディン]
…………▼ フェリシア、これを受け取ってくれ。▼
[フェリシア]
えっ、これは?▼
[オーディン]
結婚指輪だ。 いつ渡そうかと思ってずっと持っていた。▼
[フェリシア]
え、ええーっ!?▼
[オーディン]
フェリシア…結婚してほしい。▼ そして、俺に毎日、 熱い紅茶を浴びせてもらいたい。▼
[フェリシア]
で、でも…▼
[オーディン]
お前といると心が安らぐ。 いつも温かな気持ちでいられる。▼ お前のことを考えると胸が切なくなる… それくらいお前を必要としているんだ。▼ よかったら、一生ずっと… 俺を監視してもらいたい。▼
[フェリシア]
…………▼ …わかりました。▼ ドジばっかりしてしまうと思いますが、 よろしくお願いします。▼
[オーディン]
本当にいいのか?▼
[フェリシア]
はい。だって…▼ あなたのような繊細な人には、 私が必要そうですから。▼
[オーディン]
…ありがとう。▼ 今、紅蓮の歓喜が俺の心の臓を飛び出し、 体内を激しく駆け巡っているぞ…▼
[フェリシア]
私こそ、ありがとうございます… こんな私を選んでくださって…▼ …なんか、照れますね。 紅茶でも入れましょうか?▼
[オーディン]
ああ。いいアイデアだ。 今日はまだだったからな。▼ お祝いに盛大に浴びせかけてくれ。▼
[フェリシア]
はい、お安いご用です!▼

ゼロ

支援C

[フェリシア]
さて、スープの盛りつけ完了…と。 あとはこれを皆さんのところに運ぶだけ…▼ こわごわ…こわごわ…▼ あ…あ、あ… わーっ!!▼
[ゼロ]
…………▼
[フェリシア]
ゼゼゼゼ、ゼロさん… 大丈夫ですか!?▼ ごめんなさい… すぐに拭きますので…▼
[ゼロ]
聞いていた。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ゼロ]
お前がとんでもない ドジだっていう噂だ。▼ しかし、まさか俺が熱々のスープを ぶっかけられる日が来るとはねぇ…▼ そんなに俺を裸にしたかったのか?▼
[フェリシア]
???▼
[ゼロ]
…ちっ。 全く意味がわかってないようだな。▼ …まあいい。 とりあえず服を着替える。▼
[フェリシア]
は、はい! 本当にごめんなさい!▼
[ゼロ]
今から…ここで着替えるぞ?▼
[フェリシア]
は、はい、どうぞ!▼
[ゼロ]
全部脱ぐぞ?▼
[フェリシア]
は、はい! 急いで全部お洗濯しますね!▼
[ゼロ]
…………▼ …そこまで真面目に返されると興ざめだ。▼ やっぱり着替えはやめる。 大して濡れてもないしな。▼
[フェリシア]
あ、大丈夫でしたか? 良かったです…▼

支援B

[フェリシア]
ゼロさん、少しよろしいですか?▼
[ゼロ]
ああ、なんだ?▼
[フェリシア]
デザートを持ってきました。▼ ゼロさんにだけですから、 皆さんには内緒ですよ?▼
[ゼロ]
どうして俺にだけ?▼
[フェリシア]
この間、ゼロさんに スープをかけてしまったので…▼ そのお詫びです。▼
[ゼロ]
ああ、あのことか… それで俺にだけサービスってわけだな。▼
[フェリシア]
はい…こんなもので 許してもらえるかわかりませんが…▼
[ゼロ]
まあ、デザートならぶっかけられる恐れもないか。 もらっておこう。▼
[フェリシア]
でも今日は… 別のサービスもお持ちしました。▼
[ゼロ]
別のサービス?▼
[フェリシア]
はい、これならゼロさんに喜んでいただける 自信があります。▼ ゼロさんが昇天しちゃうような すごいサービスです!▼
[ゼロ]
な、なに!? 昇天!? お前実は…そういうことができるのか!?▼ 何もわからないフリをして… 大した奴だ。▼
[フェリシア]
ふふーん。見直しましたか?▼
[ゼロ]
ああ、完全に見くびっていた…▼
[フェリシア]
では目を閉じてくださいっ!▼
[ゼロ]
…こうか?▼
[フェリシア]
そのままじっとしててくださいね…▼ …………▼
[ゼロ]
ん…? 何か手に握らせたのか?▼ これは…▼
[フェリシア]
はい、もういいですよ! 目を開けてください~!▼
[ゼロ]
…なんだこれ? 焼き菓子か?▼
[フェリシア]
はい! 天国に行っちゃうくらい おいしいと評判のクッキーです~!▼ その名も、昇天クッキー!▼
[ゼロ]
…………▼ …お前、わかっててやってるのか?▼
[フェリシア]
??? 何がですか?▼
[ゼロ]
とぼけたふりするな。▼
[フェリシア]
え? 昇天クッキー、だめでした…?▼ 大丈夫ですよ? 昇天と銘打ってはいますが 食べたら死ぬわけではありません…▼ ほ、本当に美味しいんですよ!? ゼロさんもきっと気に入ります!▼
[ゼロ]
ったく…調子狂うぜ…▼

支援A

[フェリシア]
ゼロさん、お茶をお持ちしました。 いかがですか?▼
[ゼロ]
いや、いらないぜ。▼
[フェリシア]
そうですか…ではまた別の機会に…▼ あ…あ、あ… わーっ!!▼
[ゼロ]
…………▼
[フェリシア]
ゼゼゼゼ、ゼロさん… 大丈夫ですか!? 熱くないですか!?▼
[ゼロ]
熱いねぇ… 全身がギンギンだぜ…▼
[フェリシア]
すぐに拭きますので… ごめんなさい…▼
[ゼロ]
いいや。 今日という今日は謝っても無駄だ。▼ はっきり言わせてもらうがな、 俺はお前みたいな女を見てるとムカツクんだ。▼
[フェリシア]
えっ…▼
[ゼロ]
どうせお前は貴族の出かナニかで、 苦労も知らずにヌクヌクと生きてきたんだろ?▼ それでも邪な冗談が通じるならまだ許す。 顔を引きつらせてやる楽しみがあるからな。▼ だが、それも通じないほど鈍いと来た… 最悪の部類だ。▼
[フェリシア]
い、いえ…貴族だなんて…誤解ですよ… 私は氷の部族の出ですから…▼
[ゼロ]
…ん? 氷の部族と言えば…▼ ガロン様が無理矢理、 暗夜の支配下に入れたフリージアのことか。▼
[フェリシア]
はい。 私はフリージアの族長の娘です。▼
[ゼロ]
そうか。 お前のことだったのか。▼ 人質としてフリージアから 暗夜に連れてこられたのは…▼
[フェリシア]
ひ、人質だとは思ってませんが…▼
[ゼロ]
そうだったのか…▼ …悪かったな。 さっきの発言は撤回させてくれ…▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ゼロ]
…俺は生まれに恵まれなくてな。▼ だから、苦労知らずに育った奴を見ると、 ついいじめてやりたくなるんだ。▼ …だがすまない。▼ 俺は大きな勘違いをしていた。 てっきりお前が温室育ちとばかり…▼
[フェリシア]
あはは。 温室どころか氷の世界で育ちました。▼ それに苦労知らずっていうのも あながち外れでもないですし。▼ だって、ここでの生活はとても楽しいですから。▼
[ゼロ]
…そうか。 …それならまあいいんだが。▼ とにかくだ、悪かった。 お茶をぶっかけた件もチャラにする。▼
[フェリシア]
ほんとですか…?▼
[ゼロ]
だが、その前にちゃんと拭いてくれ。▼
[フェリシア]
ですよね、すぐに拭く物を持ってきますね。 あと代わりのお茶も持ってこないと!▼
[ゼロ]
拭く物だけでいいぞ。 お茶はもう結構だ。▼

支援S

[フェリシア]
お呼びでしょうか、ゼロさん?▼
[ゼロ]
まあ、とりあえずそこに座れ。▼
[フェリシア]
は、はい。 わ、わかりました…▼
[ゼロ]
今日は俺がお茶を入れてやった。▼
[フェリシア]
え、ゼロさんがですか~?▼
[ゼロ]
そうだ。 ちょっと待ってろよ。▼
[フェリシア]
…………▼
[ゼロ]
待たせたな。 お茶とクッキーだ。▼
[フェリシア]
わぁ… なんかすごいですね…▼
[ゼロ]
何がだ?▼
[フェリシア]
落っことさないで持ってくるなんてすごいなー なんて思っちゃいまして…▼
[ゼロ]
はは。 お前と一緒にされても困る。▼
[フェリシア]
で、ですよね…▼
[ゼロ]
クッキーは例の昇天クッキーだ。 お茶は少し特殊なお茶になっている。▼
[フェリシア]
特殊なお茶…ですか?▼
[ゼロ]
中を見ればわかる。▼
[フェリシア]
えっと…▼ …あ! あははははは~!▼
[ゼロ]
どうした?▼
[フェリシア]
あ、すみません。 でも、ゼロさんもドジなんだって思って…▼ だって、見てくださいよ~。▼ カップにお茶が入ってないですよ? かわりにこんな指輪が入ってました。▼
[ゼロ]
いや、それでいいんだ。▼
[フェリシア]
えっ?▼
[ゼロ]
はめてみてくれ。 その指輪はお前への贈り物だ。▼
[フェリシア]
…えっ? ダ、ダメですよ、そんなの…▼ こんな高そうなもの、 気軽にもらえないですから…▼
[ゼロ]
気軽じゃない。 本気の指輪なんだ。▼ フェリシア…俺と結婚してくれ。▼
[フェリシア]
…えっ?▼
[ゼロ]
お前みたいな女は初めてだ。 いろんな意味でな…▼ 気がつくとお前を開拓することが 俺の楽しみになってしまっていた。▼ だから、よかったら受け取ってくれ。▼
[フェリシア]
…………▼ …そういうことですか。▼ …わかりました。 では…こんな私でよければ…▼
[ゼロ]
よかった…。 …じゃあさっそく指輪をはめてくれ。▼
[フェリシア]
はい、よろこんで…▼
[ゼロ]
いいぞ。よく似合う。 必ず幸せにするからな。▼ 俺が本当に天国に逝っちまうその時まで、 お前を守り続けると誓おう…▼
[フェリシア]
はい…▼

ラズワルド

支援C

[ラズワルド]
はぁ… 今日もだめだったなあ…▼
[フェリシア]
あ、ラズワルドさん。 また女の子を口説いてらしたんですか?▼
[ラズワルド]
フェリシア。▼ そうなんだけど… 今日も全然、上手くいかなくてさ…▼
[フェリシア]
それはかわいそうに▼
[ラズワルド]
フェリシア、それ、本心じゃないよね。 顔が笑ってるよ。▼
[フェリシア]
はわわ、ばれちゃいましたか!?▼
[ラズワルド]
ばれるよ。 わかりやすすぎるもん…▼
[フェリシア]
ふふふっ… ごめんなさい…▼ でも、私はラズワルドさんのことが ちょっぴりうらやましいです。▼
[ラズワルド]
僕がうらやましい? どうして?▼
[フェリシア]
ラズワルドさんは…はじめて会う方にも 気さくに話しかけることができますよね?▼ 私…こう見えて実は人見知りなので そういうことが苦手なんです。▼
[ラズワルド]
そうなの? なんか意外だな…▼
[フェリシア]
はい…私は生まれたときからいつも 姉さんと一緒でしたから…▼ 一人きりで新しい場所に行くという経験が 今まで無かったんですよね。▼
[ラズワルド]
なるほどね。 じゃあ、僕にいい考えがあるよ。▼
[フェリシア]
いい考え…ですか?▼
[ラズワルド]
うん、僕にまかせて。 フェリシアを特訓してあげる。▼ 僕の言う通りにすれば、初めての人にでも 気さくに話しかけられるようになるよ。▼
[フェリシア]
ほ、本当ですか?▼ 少し不安ですが… ぜひお願いします!▼
[ラズワルド]
大丈夫! 大船に乗った気持ちでいてよ!▼

支援B

[フェリシア]
む、無理です無理です無理です…! 私にナンパなんてできるはずないです!▼
[ラズワルド]
大丈夫だよ、フェリシア。 怖いのは最初の一歩だけだから。▼
[フェリシア]
無理です無理です! 絶対に絶対にぜーったいに無理です!▼ 人と話せるようになる訓練だとしても 見ず知らずの殿方に話しかけるなんて…▼ 私にできるわけありません!▼
[ラズワルド]
いいかい、フェリシア。 僕も昔はものすごい人見知りだった。▼ でも、ある人に言われたんだ…▼ 度胸をつけたいのなら 異性に話しかけることが一番だ、って。▼ そのおかげで、僕も今では 誰とでも話ができるようになったんだよ。▼
[フェリシア]
で、でも…でも… 女性が男性に声をかけるなんて…▼
[ラズワルド]
いわゆる逆ナンというやつだね。▼ いやぁ、羨ましいな。 フェリシアに声をかけてもらえる男の人が。▼
[フェリシア]
む、無理ですよう… なんて声をかけたらいいかもわからないですし…▼
[ラズワルド]
一緒にお茶をしませんか? で、充分だよ。▼ フェリシアはとっても可愛いんだから。 必ず成功すると思うよ。▼
[フェリシア]
せ、成功しちゃったら… もっと困ってしまいます!▼
[ラズワルド]
適当にお茶して すぐに帰ってくればいいだけだよ。▼ 僕がずっと見守ってるし。▼
[フェリシア]
ううう… どうしてこんなことに…▼
[ラズワルド]
この特訓だ終わったら、 フェリシアは必ず成長するよ。▼ 誰とでも気軽に話せるようになる。 僕を信じて。▼
[フェリシア]
ラズワルドさん…▼
[ラズワルド]
さ、後は実行するのみだよ。▼ 勇気を出して 最初の一歩を踏み出してみて。▼
[フェリシア]
…………▼ …………▼ …い、行ってきます。▼
[ラズワルド]
がんばってね。▼ …………▼ …よし、フェリシアが 男の人に近づいていった。▼ けど…そのまま通り過ぎちゃった。▼ 今度はどうだ?▼ …やっぱり通り過ぎちゃった。▼ そしてそのまま… 遠くの方に走り去った!?▼ あ、フェリシア!? どこ行くの!?▼ ちょ、ちょっと待って! フェリシアーーーーーーーーーーーー!▼

支援A

[フェリシア]
ラズワルドさん… この間はすみませんでした…▼ 途中で特訓を放棄しちゃって…▼
[ラズワルド]
あ、あはは。 フェリシアって意外と足が速いんだね。▼
[フェリシア]
ですが私、どうしても無理です… 私には…ナンパはできません…▼
[ラズワルド]
うん…ちょっとフェリシアには向いてなかったかもしれないね。▼
[フェリシア]
せっかく、私の為に考えてくれたのに… 本当にすみません…▼
[ラズワルド]
ううん。 僕の方こそごめん。▼ もっと、フェリシアにあった特訓を思いつけば良かったんだけど…▼
[フェリシア]
でも、やってみてわかりました… ラズワルドさんって本当にすごいんですね。▼ 知らない人に声をかけるなんて、 相当の度胸がないとできることじゃありません。▼
[ラズワルド]
あはは。 僕は楽しんでるだけだよ。▼
[フェリシア]
私、ラズワルドさんのことを 見直しました。▼
[ラズワルド]
本当?フェリシアに 褒められるなんて嬉しいな。▼ じゃあ、どう? これから二人でお茶でも?▼
[フェリシア]
ふふふっ… 私をナンパしてるんですか?▼
[ラズワルド]
あはは。 そういうことになるね。▼ でも、僕が相手だったら、 フェリシアも安心して話ができるんじゃない?▼ 知らない男の人とお茶するより フェリシアも気が楽だと思うよ?▼
[フェリシア]
確かにそうですね…▼ でも、お茶なら私に任せてください。 メイドたるもの、 お茶は本来飲みにいくものではなく、 自ら入れるものですので。▼
[ラズワルド]
おお…なんかかっこいいね。 じゃあお願いするよ。▼
[フェリシア]
はい! まかせてください!▼ 今日はいい茶葉を用意したんです。 食器だってぴかぴかなんですよ!▼ 見ててくださいこの輝き! さっき私が磨きに磨いて…▼ わわーーーっ!!▼
[ラズワルド]
だ、大丈夫?▼
[フェリシア]
はい…!ご、ごめんなさい…!! お怪我はありませんか!?▼
[ラズワルド]
避けたから平気だよ。 ギリギリだったけど…▼ 片付け、僕も手伝うね。▼
[フェリシア]
ありがとうございます…▼
[ラズワルド]
うわー、カップも粉々。▼ これじゃあお茶は無理そうだね。 また日を改めようか…▼
[フェリシア]
ううううううう…! すみません…!!▼ やっぱり誰かとお茶をするのは とんでもなく難しいものなんですね…!▼ 私、今回で痛いほど思い知りました…!▼
[ラズワルド]
そ、そうだね…▼ フェリシアの場合ちょっと意味が違うけど… その気持ちは、わかるかな…▼ 僕たち、なかなか他人と お茶できない運命なのかも…▼

支援S

[フェリシア]
あ、あの… ラズワルドさん…▼
[ラズワルド]
どうしたのフェリシア?▼
[フェリシア]
わ、私と…私と… お、お茶でも…どうですか?▼
[ラズワルド]
…………▼ フェリシア… 今のはもしかして…ナンパかな?▼
[フェリシア]
そ、そう思っていただいて… かまいません…▼
[ラズワルド]
驚いたよ。フェリシアが僕を 誘ってくれるなんてね。▼
[フェリシア]
ほ、ほら…ラズワルドさんとは この前お茶ができなかったので。▼ お詫びに、今日こそきちんと… ごちそうしたいなって思って…▼
[ラズワルド]
そうだったんだ。 その気持ち、すごく嬉しいよ。 僕もフェリシアとお茶したいなーって ずっと思ってたからね。▼
[フェリシア]
ふぅ… それを聞いて安心しました。▼ 断られたらどうしようって 思っていましたから。▼
[ラズワルド]
フェリシアからのお誘いを、 僕が断るわけないよ。▼
[フェリシア]
…………▼ あ、あの… ラズワルドさんは、▼ 相手が私じゃなくても、女の子から お茶に誘われたら断らないんですか?▼
[ラズワルド]
え…?▼
[フェリシア]
例えば今ここで、もう一人女の子が来て ラズワルドさんをお茶に誘ったら…▼ ラズワルドさん、どうしますか…?▼
[ラズワルド]
それは…▼
[フェリシア]
きっとラズワルドさんは 三人でお茶をするって言っちゃいますよね?▼ でも、それじゃ嫌なんです。 私を選んでほしいんです。▼ だって私… ラズワルドさんのことが、▼ す、す、す…▼
[ラズワルド]
ちょっと待った!!▼
[フェリシア]
へっ!?▼
[ラズワルド]
…女の子から言わせるのは悪いよ。▼ ありがとう…フェリシア。▼ 自惚れじゃなかったら、 君は僕を本気で誘ってくれたんだね。▼
[フェリシア]
ううううう… そうです…▼
[ラズワルド]
うん…その気持ち、とっても嬉しいよ。 だって僕も…▼ フェリシアが大好きだから。▼
[フェリシア]
へ…? そ、それ… ほんとですか…▼ 誰にでも言ってるんじゃないんですか…?▼
[ラズワルド]
誰にでもこんなこと言わないよ。 僕が好きなのはフェリシアだけ。▼ 僕のために頑張ってくれたところ、 すごく可愛いなって思う。▼ こんな子と結婚できたら… きっと幸せなんだろうなあ。▼
[フェリシア]
ら、ら、ラズワルドさあああん…!▼
[ラズワルド]
えええ!?なんで泣くの!?▼
[フェリシア]
う、嬉しくて…!! 私もラズワルドさんが好きです!▼ あなたと結婚したいです…!!▼
[ラズワルド]
あはは、ありがとう。 じゃあ二人で指輪を買いに行って…▼ そのあと、お嫁さんになってくれる?▼
[フェリシア]
は、はい…!!▼ え、ええと、でもその前にお願いがあるんです!▼
[ラズワルド]
ん?▼
[フェリシア]
結婚する前の、 指輪を買いに行く前に…▼ 今度こそ二人で、お茶をしませんか…▼
[ラズワルド]
あはは、そうだったね… うん。喜んで。▼ これからはお茶を入れる時、 僕も手伝うから。▼ カップをいくつ割ったとしても、 ポットをいくつだめにしても…▼ 最後には二人で、一緒にお茶を飲もう?▼
[フェリシア]
はいっ…!▼

ピエリ

支援C

[フェリシア]
ピエリさん、お待たせしました~! お茶を入れますね~!▼
[ピエリ]
フェリシア! ありがとうなの!▼
[フェリシア]
…あ。 あわわわわわわ~!▼
[ピエリ]
どうしたの、フェリシア… 足下とトレイが揺れてるの…▼
[フェリシア]
な、なんかバランスが…▼ わーっ!!!!!!!▼
[ピエリ]
…………▼
[フェリシア]
ごめんんさい、ピエリさん!!▼
[ピエリ]
ふええええ… 体中びちゃびちゃなの…▼
[フェリシア]
今すぐ拭きますので… えっと…拭く物は…▼ ありました!▼ あーっ!!▼
[ピエリ]
…………▼ びえええええええええ! 今度はピエリの顔に手拭いが飛んできたのー!▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい…▼
[ピエリ]
あなたみたいな使用人は初めて見たの。 次やったら、あなたのこと…▼ えいってやるのよ。▼
[フェリシア]
えいってなんですか…▼
[ピエリ]
ピエリね、家の従者たちがこういう失敗をすると えいってお仕置きするの。▼ えいってやると、従者の体から血が出て、 ピエリが血まみれになるの。▼
[フェリシア]
…え? なんですか、それは…▼
[ピエリ]
今回は見逃してあげるの。 でも次は覚悟するのよ。▼

支援B

[フェリシア]
あ、あの…ピエリさん…▼
[ピエリ]
あ、フェリシア! ピエリにご用なの?▼
[フェリシア]
この間のお話ですけど… ご冗談ですよね?▼
[ピエリ]
何がなの?▼
[フェリシア]
ほら…その…失敗をした従者さんたちに えいってやるって…▼ 私を反省させるために、ちょっと大げさに 言っていただけですよね?▼
[ピエリ]
ああ、あれは本当の話なの。 少しも大げさじゃないの。▼ ピエリがえいってやると、 従者たちは血をたくさん出すのよ。▼
[フェリシア]
!!▼
[ピエリ]
それよりフェリシア。 ピエリ、お茶が飲みたいの。▼ もしヒマなら入れてほしいの。▼
[フェリシア]
…………▼ きょ、今日は…クッキーでいかがですか?▼
[ピエリ]
クッキーじゃなくてお茶がいいの!▼
[フェリシア]
すみません。 今日はお茶を切らしてまして…▼
[ピエリ]
え?でも… そこにお茶の一式が見えるの。▼
[フェリシア]
…いえ、これはちょっと…▼ その…▼ …壊れてるんです。▼
[ピエリ]
…………▼ そうなの?▼ わかったの。 だったら仕方ないから、我慢するの。▼
[フェリシア]
ごめんなさい… では、クッキーを置いておきますね…▼

支援A

[ピエリ]
あ、フェリシア。 探してたのよ。▼ ピエリ今日こそお茶を飲みたいの!▼
[フェリシア]
ピ、ピエリさん…!▼ あの…すみません。 今日はお茶を切らしていて…▼
[ピエリ]
嘘なの。 今、後ろに隠したの知ってるの。▼ ピエリ、嘘は嫌いなの。 嘘つきにもえいってするのよ。▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい… わかりました…▼ では少々、お待ちを…▼
[ピエリ]
はーいなの!▼
[フェリシア]
それでは、さっそくお茶を入れますね…▼ こわごわ…こわごわ…▼ こぼしたら、えい… こぼしたら、血しぶき…▼ 気をつけないと… で、でもそう思えば思うほど緊張して…▼ …わ、わわわ…▼ わーっっっっっっ!!!▼
[ピエリ]
…………▼ ぶえええええええええええん!!! またびちゃびちゃなの!!!!▼ もう許さないの!覚悟するの!!▼
[フェリシア]
ピ、ピエリさん… 早まらないでください~!▼
[ピエリ]
えいなの… えいなのーーーーーーーーっ!▼
[フェリシア]
はっ!▼
[ピエリ]
えいえいえいえいえいなのーーーーっ!▼
[フェリシア]
はっ!ふっ!▼
[ピエリ]
はぁ…はぁ… あ、あなた…何者なの…▼ お茶を入れているときとは 動きが全然違うの…▼
[フェリシア]
そうなんです… 私、なぜか武器を持つと器用になって…▼ ギュンターさんにも言われていたんです。 使用人よりも軍人のほうが千倍は向いてるって。▼
[ピエリ]
そうなの…▼
[フェリシア]
そ、そうだ。そんなことより 早くお拭きしますねっ!!▼ 本当にごめんんさい!▼
[ピエリ]
…………▼ すごいの。▼
[フェリシア]
え?▼
[ピエリ]
あなたみたいな使用人は初めてみたの! とってもとっても気に入っちゃったの!▼ フェリシア。 今度、ピエリの家に遊びにきてほしいの。▼
[フェリシア]
えええっ?▼
[ピエリ]
それで、家の従者たちに 戦いの手ほどきをしてほしいの。▼ えいってやって、すぐやられちゃうような 弱い従者は退屈なの。▼ あなたみたいに腕が立てば、 ピエリ、退屈しないで済むと思うの!▼
[フェリシア]
そ、そんな理由ですか… でもわかりました…▼ お詫びの意味も込めて、一度 遊びにいかせていただきますね…▼
[ピエリ]
うん! 楽しみにしてるのよ!!▼

ブノワ

支援C

[フェリシア]
はうあっ!? ぶ、ブノワさん…▼
[ブノワ]
フェリシアか…▼
[フェリシア]
あ、あの… そこを通りたいんですけど…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
お、お茶を運んでいるんです… 通っても…いいですか?▼
[ブノワ]
別に許可など必要ない… 好きにしろ…▼
[フェリシア]
あ、ありがとうございます… では、失礼しますね…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
静かに静かに… そーっと、そーっと…▼
[ブノワ]
…………▼ ヘックッシュ!▼
[フェリシア]
きゃあああああ!▼
[ブノワ]
…熱い。▼
[フェリシア]
ああああああ! ブノワさんに熱々のお茶が!▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
ご、ご、ご、ご、ごめんなさい!▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
ひぃぃぃぃ! ブノワさんが怒ってますぅ!▼ い、今すぐに 拭くものを持ってきますから!▼ だ、だからころさないでくださいぃ! 私はまだ死にたくないんですぅ!▼
[ブノワ]
…行ってしまったか。 …慌しいやつだ。▼

支援B

[フェリシア]
はわわ!? ぶ、ブノワさん…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
こ、この間は申し訳ありませんでした… 熱々のお茶をかけてしまって…▼
[ブノワ]
いや… 大丈夫だ…▼
[フェリシア]
ううう… 本当にすみません…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
あうう… 沈黙が怖いです…▼
[ブノワ]
フェリシアは… 俺を恐れすぎだ…▼
[フェリシア]
そ、そんなことありません!▼ 私… ブノワさんが怖がってなんて…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
ご、ごめんなさい!▼ 正直に言うと… 少しだけ怖がってるかもしれません…▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
ごめんなさいごめんなさい! 本当はものすごく怖がってます!▼
[ブノワ]
…なぜだ?▼
[フェリシア]
なぜって言われましても…▼ ブノワさんは… いつも不機嫌そうなお顔をされてますし…▼ お体もとても大きいですよね…▼ だから、私なんか… ぺろりと食べられちゃうんじゃないかと…▼
[ブノワ]
俺は… 人は食わん…▼
[フェリシア]
そ、そうですよね…▼ いくらブノワさんでも… たまにしか召し上がりませんよね?▼
[ブノワ]
たまにも…食わん…▼
[フェリシア]
そ、そうなんですか?▼
[ブノワ]
ああ… 人を食ったことなどない…▼
[フェリシア]
それでしたら…▼ 私、もっとブノワさんと 仲良しになれる気がします!▼
[ブノワ]
ふっ… 誤解は解けたようだな…▼
[フェリシア]
はいっ。 今まですみませんでした。▼

支援A

[フェリシア]
あっ! ブノワさん。▼
[ブノワ]
フェリシア…▼
[フェリシア]
あの… あのですね…▼ 今まで散々、失礼な態度を取ってしまい… 本当に申し訳ありませんでした!▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
私、ブノワさんを 傷つけてしまっていたと思います…▼
[ブノワ]
…別に俺は気にしていない。▼
[フェリシア]
ブノワさん…▼ 私、ブノワさんのことを…▼ すごく怖い人だと 勝手に勘違いしていました…▼
[ブノワ]
…そうか。▼
[フェリシア]
でも、私、 この間、見たんです。▼
[ブノワ]
何をだ?▼
[フェリシア]
ブノワさんが 小鳥さんたちにエサをあげている姿を…▼
[ブノワ]
!?▼
[フェリシア]
動物さんに優しい人が 怖い人なわけありません。▼ だから、ブノワさんは とっても優しい人なんだと思います。▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
あっ、ごめんなさい。 私、一人でしゃべり過ぎちゃいましたね。▼
[ブノワ]
いや、俺は口下手だからな… その方が助かる…▼
[フェリシア]
ふふふ。 それならよかったです。▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
…………▼
[ブノワ]
エサ… フェリシアもあげてみるか?▼
[フェリシア]
え?▼
[ブノワ]
また、小鳥たちに… エサをあげようと思っている…▼
[フェリシア]
私もご一緒していいんですか?▼
[ブノワ]
お前が望むならな…▼
[フェリシア]
嬉しいです! ぜひ、ご一緒させてください!▼
[ブノワ]
ああ… わかった…▼

支援S

[フェリシア]
ふんふんふ~ん。▼
[ブノワ]
ご機嫌だな… フェリシア…▼
[フェリシア]
あっ!ブノワさん。▼
[ブノワ]
…何かいいことでもあったのか?▼
[フェリシア]
はいっ。▼ 以前一緒に、小鳥さんたちにエサをあげに 行きましたよね?▼ その時のことを思い出していたら、 なんだか気分がよくって。▼
[ブノワ]
そうか… それでそんなに楽しそうなんだな?▼
[フェリシア]
え? 私、そんなに楽しそうでしたか?▼
[ブノワ]
ああ… 鼻歌も歌っていたぞ…▼
[フェリシア]
ええ!? 本当ですか!?▼
[ブノワ]
ふっ… 自分では気づいていなかったのか…▼
[フェリシア]
ふふふ。 そうみたいですね。▼
[ブノワ]
まぁ…楽しそうなのはいいことだ…▼
[フェリシア]
私…ブノワさんや皆さんと 一緒に過ごすようになってから、▼ 毎日がとっても楽しいんです。▼
[ブノワ]
そうか…▼
[フェリシア]
家族がたくさん増えて、 にぎやかになったって言うんでしょうか?▼ 私、そういう雰囲気が好きなので。▼
[ブノワ]
そうか… 家族、か…▼
[フェリシア]
はい。▼ たとえ血は繋がっていなくても…▼ 私は皆さんのことを 家族のように思っています。▼
[ブノワ]
…………▼
[フェリシア]
…ブノワさん?▼
[ブノワ]
俺と… 本当の家族にならないか?▼
[フェリシア]
…え?▼ それは… どういう意味でしょうか?▼
[ブノワ]
俺と…結婚をして欲しい…▼
[フェリシア]
ええ!?▼ で、でも私、 ドジばっかりしてしまいますし…▼ ブノワさんと結婚したら… ご迷惑をおかけしちゃうと思います…▼
[ブノワ]
そんなことは… 大したことではない…▼ 俺は… フェリシアと一緒になりたいんだ…▼
[フェリシア]
ブノワさん…▼ 私も… ブノワさんのことが好きです…▼
[ブノワ]
フェリシア…▼
[フェリシア]
ふつつかものですが… よろしくお願いいたします。▼
[ブノワ]
ああ… 一生、添い遂げると誓おう…▼
[フェリシア]
立派なお嫁さんになれるように… 精一杯、がんばりますね。▼

レオン

支援C

[フェリシア]
きゃあああああ!▼
[レオン]
フェリシア。 また皿を落として割ったのか…▼
[フェリシア]
も、申し訳ありません! レオン様!▼
[レオン]
…僕に謝られても困る。▼
[フェリシア]
ううう… す、すみません…▼
[レオン]
…………▼ 僕は今まで、何度も お前が失敗する姿を見ている。▼
[フェリシア]
は、はい…▼
[レオン]
だから、はっきり言うよ。▼ フェリシア。 お前は使用人に向いていない。▼
[フェリシア]
そ、そ、そ… そんなこと言わないでください!▼
[レオン]
でも、事実だ。▼
[フェリシア]
わ、私、もっとがんばりますから! お願いですからここにいさせてください!▼
[レオン]
追い出しはしないけど… 困ったね…▼

支援B

[フェリシア]
顔が映るくらい綺麗に拭いて… 物を運ぶときには慎重に落ち着いて…▼
[レオン]
フェリシア。何をしているんだ?▼
[フェリシア]
あっ! レオン様…▼ あの…その…▼ 使用人としてのお仕事の おさらいをしていました。▼
[レオン]
別に、使用人であることに こだわらなくて良いよ。▼ お前には どう考えても向いてないから。▼
[フェリシア]
あううう… 私、がんばりますから…▼
[レオン]
でも、安心するといい。 お前に向いている仕事を見つけた。▼
[フェリシア]
えっ? わ、私に向いている仕事が…▼
[レオン]
調べてみて驚いた。フェリシアには 軍人としての才能があるようだね。▼ 普段の姿からは想像できないほど、 戦場での活躍は目を見張るものがある。▼
[フェリシア]
は、はい…ギュンターさんにも昔… そのようなことを言われました…▼
[レオン]
なら、何も問題はないな。 今日から使用人はやめて 軍人として皆の力になればいい。▼
[フェリシア]
…………▼
[レオン]
どうした? 嫌なのか?▼
[フェリシア]
戦場に出て戦うのはかまいません…▼ 私もこの闘いには… 自分の意思で参加しているのですから…▼
[レオン]
ああ。 そうだね。▼
[フェリシア]
でも私は使用人でいたいんです…▼ みなさんのお世話は上手にできないかもしれませんが…▼ それでも私は… 使用人でいたいんです…▼
[レオン]
…………▼ そこまで言うなら仕方ないな。 フェリシアの好きにすればいい。▼
[フェリシア]
はい!私、一生懸命がんばりますので!▼

支援A

[レオン]
フェリシア。▼
[フェリシア]
はい。 レオン様。▼
[レオン]
お前は使用人であることに どうしてそこまでこだわるんだ?▼ 軍人としての腕は、 みんなが認めているところなのに。▼
[フェリシア]
…………▼ いつか見て欲しいからです…▼ 立派な使用人となった姿を… 私がお世話になった方たちに…▼
[レオン]
世話になった人?▼
[フェリシア]
はい。暗夜王国の城に来てから 私はいろいろな方にお世話になりました。▼ 例えばギュンターさんです。▼ ギュンターさんは私に、 使用人の仕事を一から教えてくれました。▼ とても厳しい方ですけど、 お父さんのように感じています。▼
[レオン]
…………▼
[フェリシア]
ジョーカーさんもそうです。いつも私を見守ってくれています。▼ 意地悪なことを言ったりしますけど、 本当はとっても優しい方です。▼ そういう大切な方たちに 見てもらいたいんです…▼ 使用人として立派に成長した… 私の姿を…▼
[レオン]
なるほどね。▼ だから、フェリシアは 使用人を辞めたくないということか。▼
[フェリシア]
はい…▼
[レオン]
お前の気持ちはわかったよ。 もう軍人になれとは言わない。▼
[フェリシア]
レオン様…▼
[レオン]
立派な使用人になるために、 もっと頑張らないとね。▼ 僕も応援するから。▼
[フェリシア]
ありがとうございます。 レオン様。▼ 私、がんばりますね。▼

支援S

[レオン]
フェリシア。少しいいかい?▼
[フェリシア]
はい。レオン様。▼ ですが、先にこのお皿を 片付けさせていただきますね…▼
[レオン]
危なっかしいな。僕も手伝おう。▼
[フェリシア]
だ、大丈夫です!▼ 私、一人でできま…▼ …きゃあああ!▼
[レオン]
…やっぱりね。▼
[フェリシア]
も、申し訳ありません! お怪我はないですか?▼
[レオン]
僕なら大丈夫だ。 フェリシアは大丈夫か?▼
[フェリシア]
は、はい。 怪我はしてないみたいです。▼
[レオン]
そうか。 安心したよ。▼ では、この割れた皿を片付けよう。 今度こそ僕も手伝うから。▼
[フェリシア]
あ、ありがとうございます… レオン様…▼ そ、それでレオン様… 私にお話というのは?▼
[レオン]
フェリシア。 僕の妻になる気はないか?▼
[フェリシア]
れ、れ、れ、レオン様!?▼ と、突然どうされたのですか? そ、そんなことを言うなんて…▼
[レオン]
好きになってしまったんだ。 お前のひたむきな姿を見てね。▼ どうだろうか? 僕と結婚してくれないか?▼
[フェリシア]
む、無理です! 絶対、無理に決まってます!▼
[レオン]
どうして?▼
[フェリシア]
ど、どうしてと言われましても…▼ 私、使用人としての仕事もできないのに… レオン様のお嫁さんになんかなれません…▼ それにレオン様だって嫌なはずです…▼ 毎日、お皿を 割ってしまうお嫁さんは…▼
[レオン]
皿なら何枚でも用意するよ。 いくらでも割ってかまわないさ。▼
[フェリシア]
お、お洗濯をするたびに、 お洋服をダメにしてしまいますし…▼ お掃除をするたびに… 新たな汚れを増やしてしまうんですよ?▼
[レオン]
着る服なら何着でもあるし、 汚したのならば、また掃除をすればいい。▼
[フェリシア]
あううう… そ、そういう問題じゃないんです…▼ 私、自信がなんです… 立派なお嫁さんになる…▼
[レオン]
始めから立派な者などいない。 徐々に成長をしていけばいいさ。▼
[フェリシア]
でも、私、成長するのに… 人より時間がかかってしまいます…▼
[レオン]
時間ならいくらでもかけてかまわない。▼ ただし、立派になるまで待つ気はない。 僕にフェリシアの成長を見守らせて欲しい。▼
[フェリシア]
レオン様…▼
[レオン]
フェリシア。 この指輪を受け取ってくれ。▼ そして、僕と結婚してくれるね?▼
[フェリシア]
はい… 喜んでお受けします…▼

フランネル

支援C

[フランネル]
フェリシア! へっへっへっへー!▼
[フェリシア]
あっ!? ふ、フランネルさん…▼ お、お願いですから! 私に近づかないでください!▼ また、変な虫とか… 私に見せる気ですよね?▼
[フランネル]
大正解! すっげえの見つけたんだよ!▼
[フェリシア]
ひ、ひぃぃぃぃ! やっぱりそうなんですね!▼
[フランネル]
今回のはすげえぞ! 俺も震えちまうくらいの大物だ!▼
[フェリシア]
い、嫌です! そんな虫、見たくありません!▼
[フランネル]
またまた、そんなこと言ってさー! 本当は見たいんだろ?▼ 見せたらいつも喜んでるじゃねえか。▼ きゃーとか、ぎゃーとか 反応がすこぶるいいもんな!▼
[フェリシア]
よ、喜んでいません! 全力で嫌がっているんです!▼
[フランネル]
はっはっは! ウソばっか言うなって!▼ こんなにかっこよくて変な虫を なんで嫌がる必要があるんだよ?▼
[フェリシア]
フランネルさんはガルーですから、 美的感覚が人と違うんだと思います…▼
[フランネル]
そうなのか? まあとりあえず見てくれよ、な?▼
[フェリシア]
ぜ、絶対に嫌です! ごめんなさーい!▼
[フランネル]
あっ! 待てってば、フェリシアー!▼

支援B

[フランネル]
フェリシア! お、お前… その手に持っているもんはなんだ!?▼
[フェリシア]
あぅぅ!? ふ、フランネルさん?▼ こ、これは… さきほど私がわってしまったお皿です…▼
[フランネル]
すげえ! すんげえ尖ってるな!▼ その皿、俺にくれ!▼
[フェリシア]
これをですか? でも、割れているので使えませんよ?▼
[フランネル]
なに言ってんだ! 全然、使えるっつーの!▼ 隅々まで眺めたり、 尖ってるところをつんつんしたり!▼
[フェリシア]
そ、そうですか…▼ そのような使い方が あるとは知りませんでした…▼
[フランネル]
というか、この皿、 フェリシアが割ったって言ったよな?▼
[フェリシア]
はい… 私が割ってしまいました…▼
[フランネル]
お前、皿を割る才能があると思うぜ!▼
[フェリシア]
お、お皿を割る才能ですか?▼
[フランネル]
だって、普通のやつじゃ、 こんなにかっこよく割れねえもん!▼ お前、すげえよ! すげえ才能だよ!▼
[フェリシア]
あ、ありがとうございます… そんなことを言われたのは初めてです…▼ 少しだけ…嬉しいかもしれません。▼
[フランネル]
俺、その割れた皿をお宝にする! だから、くれるよな!?▼
[フェリシア]
わ、わかりました… 元々、捨ててしまうつもりでしたし…▼ でも、取扱いには充分、お気をつけくださいね。▼ フランネルさんが お怪我をされては大変ですから。▼
[フランネル]
ああ! わかってるぜ!▼ ありがとな、フェリシア!▼ この調子で、 これからもどんどん皿を割ってくれよな!▼
[フェリシア]
それは嫌です… いっぱい叱られちゃいますから…▼

支援A

[フェリシア]
あわわっ! きゃあああああ!▼
[フランネル]
な、なんだ!? どうしたどうした!?▼
[フェリシア]
ま、また転んじゃいました…▼ ああ…あわわわ… 食器が全部、割れちゃってます…▼ うぅぅ… また怒られちゃいますね…▼
[フランネル]
うっひょー! お宝の山ができあがってる!▼
[フェリシア]
あ、危ないですから 触っちゃだめですよ!▼
[フランネル]
すげえすげえすげえ! どれもこれもかっこよく割れてる!▼ やっぱりフェリシアはものを割る天才だな!▼
[フェリシア]
あ、ありがとうございます…▼ でも、さすがに喜んではいられません。▼ これだけたくさんの 食器を割ってしまったのですから…▼ あぅぅ…しばらくはお食事抜きでしょうね…▼
[フランネル]
じゃあ、俺のメシを分けてやるぜ。▼
[フェリシア]
えええ!? ほ、本当ですか!?▼ うぅぅ… フランネルさんっていい人なんですね…▼
[フランネル]
か、勘違いすんなよ! お前のためなんかじゃねえから!▼ 俺はもっとフェリシアに 皿を割ってもらいたいだけだ!▼ だ、だから…▼ こんなことで落ち込まれたら 俺が困るんだよ!▼
[フェリシア]
でも、なるべくなら こういう失敗はしたくありません。▼
[フランネル]
そ、そうか。▼ もったいねえな。 こんなに才能があるのによ。▼
[フェリシア]
…ふふっ。▼ 私の欠点を才能と言ってくれるのは… フランネルさんだけですよ。▼ ありがとうございます。 フランネルさん。▼
[フランネル]
べ、別に俺は 礼を言われるようなことはしてねーし!▼ ま、まぁ… これからもがんばって皿を割れよな!▼ 俺はそっちの方がありがてえし! お宝がどんどん増えていくからな!▼
[フェリシア]
ふふっ…▼ 失敗をするのは嫌ですけど…▼ もしお皿を割ってしまったら、 真っ先にフランネルさんにお知らせしますね。▼
[フランネル]
おう、頼む!▼ ああ…想像しただけで しっぽが揺れちまうぜ…!▼

支援S

[フランネル]
フェリシア!▼
[フェリシア]
フランネルさん。▼
[フランネル]
えっと、今からちょっとだけ… 俺に付き合わねえか?▼
[フェリシア]
それはかまいせんが… 何かご用でしょうか?▼
[フランネル]
と、とりあえず 俺についてきてくれよ!▼
[フェリシア]
わ、わかりました!▼ わー! 綺麗な湖ですね!▼
[フランネル]
ヒトはこういう場所が 好きだって聞いたからな。▼ 苦労して探したんだ。▼
[フェリシア]
ありがとうございます。 とても素敵な場所を教えてくださって。▼ ご用というのは このことだったのでしょうか?▼
[フランネル]
い、いや… これだけじゃねえ…▼ フェリシア!▼
[フェリシア]
は、はい!?▼
[フランネル]
ちょっと手を出してくれ! お前に渡したいもんがある!▼
[フェリシア]
うぅぅ… もしかして、虫でしょうか?▼
[フランネル]
ち、違う! 今日は虫じゃねえ!▼ と、とにかく手を出してくれよ!▼
[フェリシア]
わ、わかりました… どきどき…どきどき…▼
[フランネル]
ほら… わ、渡したぞ!▼
[フェリシア]
これは…指輪でしょうか?▼
[フランネル]
フェリシア! 俺と結婚してくれ!▼
[フェリシア]
え… えええええええ!?▼ あっ!? あああああああ!▼
[フランネル]
う、うおおおおお!? 指輪が湖に飛んでった!?▼
[フェリシア]
ご、ご、ご、ごめんなさい!▼ あ、あんまりにもびっくりして、 思わず投げ飛ばしちゃいました!▼ ど、どうしましょう!?▼
[フランネル]
ど、どうするもこうするも…▼ ま、まあいい! とにかく、俺と結婚してくれ!▼
[フェリシア]
あぅぅ… あの…その…私なんかで…▼
[フランネル]
俺はお前に惚れちまった! だから、お前じゃなきゃダメなんだ!▼
[フェリシア]
はぅぅ…▼ そ、そんなこと言われたのは… 初めてなので…▼
[フランネル]
だ、ダメならダメって言ってくれ!▼
[フェリシア]
あの…私…その… …潜ってきますね!▼
[フランネル]
潜る!? 潜るって…湖にか!?▼
[フェリシア]
は、はい… 指輪…いただきたいですから…▼
[フランネル]
それってつまり… 俺と結婚してくれるってことか!?▼
[フェリシア]
…はい。▼
[フランネル]
う、うおおおおおん! やったぜー!▼
[フェリシア]
で、では、私… 潜って指輪を探してきます!▼
[フランネル]
や、やめろって! 無茶はすんなよ!▼ も、もう指輪なんかどうでもいいって!▼
[フェリシア]
いえ、そういうわけにはいきません! 私、指輪、欲しいですから!▼
[フランネル]
し、仕方ねえな… じゃあ、一緒に潜って探すか!▼
[フェリシア]
はい! フランネルさん!▼

マークス

支援C

[フェリシア]
よし。お盆にお湯を載せました、 茶器も載せました。▼ 準備はいいです~!▼ あとは私が真下を向いて… まっすぐ歩く…▼ せーの… 一歩…二歩…▼ ドキドキ… 三歩…四歩…▼ …やっぱりこれなら全然、転びません。 いい感じかも…大丈夫かも…▼ き、きゃあ!!▼(割れた音) あいたたたた…▼
[マークス]
大丈夫か、フェリシア。▼
[フェリシア]
マ、マークス様!? どうしてここに!?▼ ここは私の秘密の練習場なんですよ!▼
[マークス]
練習場?▼ そうだったのか。 偶然、通りかかったのだが…▼ しかし、こんなところで 何を練習していたのだ?▼
[フェリシア]
…紅茶をこぼさずに持ち運ぶ練習です。▼
[マークス]
お盆を持って真下を向きながら歩く… それが練習なのか?▼
[フェリシア]
はい。▼ 地面を見ながら歩けば ドジな私でも絶対に転ばないと思ったのです▼ でも、そうしたら… 正面の柱が見えずにぶつかってしまい…▼
[マークス]
で、結局こぼした…と。▼
[フェリシア]
…はい。▼
[マークス]
それは斬新だ。 お前でなければあり得ない発想と練習だな。▼
[フェリシア]
そんな! 笑わないでください~っ!▼
[マークス]
いやいや、そうだな。 悪かった。▼

支援B

[フェリシア]
…………▼ もう短所を補うのはやめです~。 これからは新しいことに挑戦します!▼ ということで、 今日は編み物に挑戦してみます~。▼ えっと…▼ 姉さんがやっていたのは… まず毛糸の玉をほどいて…▼ こうやって… ぐるぐるぐるぐる…って…▼ あれ…▼ な、なんか… 手足の自由が奪われていきます~…▼

(暗転)

[フェリシア]
あうー!▼
[マークス]
フェリシア、大丈夫か。 体が毛糸でぐるぐる巻きになっているぞ。▼
[フェリシア]
マ、マークス様…▼ きょ、今日も… 偶然、通りかかったのですか?▼
[マークス]
ああ、そうだ。▼
[フェリシア]
では、お願いなんですが… ほどくのを手伝ってもらえませんか…▼
[マークス]
わかった、待ってろ▼ …………▼ フェリシア… どうやったらこんなふうになるのだ?▼ 相当、こんがらかっているぞ。▼
[フェリシア]
ごめんなさい…▼ ちょっと待ってくださいね… 私のほうでも動いてみて…▼
[マークス]
あ、いや、動くな▼
[フェリシア]
えっ?▼
[マークス]
見ろ。お前が動いたせいで 余計にこんがらがったぞ。▼
[フェリシア]
うぅ… すみません…▼
[マークス]
よし。 気合いを入れてほどくとしよう。▼
[フェリシア]
本当に申し訳ありません…▼ 暗夜王国の第一王子に やっていただく作業ではないですよね…▼
[マークス]
そんなことを気にしている暇があるなら 絶対に動くなよ。▼ ええっと… この糸がここを通って…と…▼

支援A

[フェリシア]
よし… 今日は料理の練習を…▼ …って、マークス様?▼
[マークス]
…ううっ。 見つかってしまったか…▼
[フェリシア]
見つかってしまったかって… そんなところで何を?▼
[マークス]
…こうなったら正直に話すしかないか。 実は、お前の練習風景を覗いていたのだ。▼
[フェリシア]
えっ? なんでまた?▼
[マークス]
お前が一生懸命に練習している姿は… …見ていると心が和むんだ。▼
[フェリシア]
私を見ていると和む? ちょっと意味がわからないですけど…▼
[マークス]
お前は毎日が楽しそうだ。▼
[フェリシア]
でも、ドジです。▼
[マークス]
私にはどこに行っても付いて回る。 「第一王子マークス」という肩書きが…▼
[フェリシア]
私もどこに行っても付いて回ります。 「ドジなフェリシア」という肩書きが…▼
[マークス]
…………▼ だとしても。▼ 私にはお前がとても楽しそうに見える。 だから純粋に見ていて癒やされたのだ。▼
[フェリシア]
なるほど…▼ それは… 光栄に思っていいことなんでしょうか…▼
[マークス]
当然だ。▼
[フェリシア]
そうですか…▼ …………▼ だったら、マークス様も 私と一緒に練習しませんか?▼
[マークス]
…練習? 私が?▼
[フェリシア]
はい。メイドの練習です。 もちろん、メイドの服も着て。▼
[マークス]
な、なんのために?▼
[フェリシア]
見ていて癒やされるだけよりも、 実際にやった方が楽しいですよ。▼
[マークス]
そ、そういうものなのか?▼
[フェリシア]
はい。 もちろんです。▼
[マークス]
わ、わかった… ただ、メイド服だけは勘弁してくれ。▼
[フェリシア]
んー。仕方ないですねえ。 だったらメイド服は勘弁してあげましょう。▼ さっそくですが、マークス様。 まずはそのお水をこっちの鍋に入れてください。▼ あ、こぼしちゃダメですよ。 私はいつもその辺でこぼすんです。▼ いいですね。 そしたら次は…▼

支援S

[フェリシア]
マークス様、どうされたんですか?▼
[マークス]
フェリシア、よく来てくれたな。▼ この間のメイド体験の件は感謝する。 あんな経験は二度とできないだろう。▼
[フェリシア]
うふふ。▼ またやりたいということでしたら いつでもご一緒しますよ。▼ あ、なんでしたら今からやりますか?▼
[マークス]
いや、今日は別の用件があるのだ。 とても大事なことがな。▼
[フェリシア]
大事なこと?▼ それでしたら私だけでなく 他の方々もいてくださったほうが…▼ 私、おっちょこちょいで忘れっぽいので▼
[マークス]
いや、他の者がいたら困る。 お前と二人きりがいいのだ。▼
[フェリシア]
は、はあ。 そうですか…▼
[マークス]
なぜなら… お前にこれを受け取ってほしいからだ。▼
[フェリシア]
これは…
[マークス]
結婚指輪だ。▼
[フェリシア]
…えっ?▼ …………▼ …えっえっえーっ!? 私ですか?▼ 本当に私で間違いないのですか?▼
[マークス]
そうだ。▼ …このくらいの年になると、 周りも結婚の話ばかりでうるさくてな。▼ しかし、私が結婚したとして… そもそも夫婦の時間を作れるのだろうか。▼ 作れたとして楽しい時間になるのだろうか。 そんな不安が拭えなかったのだ。▼ そんな不安を吹き飛ばしたのがフェリシア… お前だった。▼ 見ているだけで心が癒やされる人… 近くにいるだけで安らぐ人…▼ そして、私にはないものを持っている人…▼ そういう女性とならば、 楽しい結婚生活が送れるのではないか…▼ そんな希望が持てるようになったのだ。▼
[フェリシア]
マークス様…▼
[マークス]
フェリシア、この指輪を受け取ってほしい。 そして、私と結婚してもらいたい。▼
[フェリシア]
…………▼ わ、私なんかで本当にいいのでしたら… 喜んでお受けします。▼ 私はいつもただ普通に過ごしているだけです。▼ でもそれがマークス様の癒やしになるのなら、 こんなに光栄なことはありません。▼
[マークス]
そう言ってもらえただけで、 心に明かりが灯ったような気分だ。▼ 王妃となって、私の生活を… 暗夜王国を明るく照らしてもらいたい。▼
[フェリシア]
わかりました! みんなを明るくすることならできそうです。▼

フローラ

フローラのページへ

共通ユニット

フェリシア(共通)のページへ

白夜ユニット

フェリシア(白夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-09 (日) 00:20:28