ピエリの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

フェリシア

フェリシアのページへ

ジョーカー

ジョーカーのページへ

スズカゼ

スズカゼのページへ

サイラス

サイラスのページへ

ハロルド

ハロルドのページへ

オーディン

オーディンのページへ

ゼロ

ゼロのページへ

ルーナ

ルーナのページへ

ラズワルド

ラズワルドのページへ

ブノワ

支援C

[ピエリ]
ぐすっ…
ぐすっ…▼
[ブノワ]
ピエリ、どうした?
何を泣いている?▼
[ピエリ]
ふえぐっ…
悲しいから泣いてるの…▼
[ブノワ]
そうか。
で、何が悲しいのだ?▼
[ピエリ]
…食べたいの。▼
[ブノワ]
…食べたい?▼
[ピエリ]
ピエリ、どうしても…
甘いものが食べたいの…▼
でも、ピエリが持ってたお菓子…
全部、食べちゃったの…▼
[ブノワ]
そ、そうか…▼
全部、食べてしまったのなら…
仕方ないな…▼
[ピエリ]
…でもね、ブノワが何とかしてくれるの。▼
[ブノワ]
お、俺が!?▼
[ピエリ]
ブノワがお菓子を持ってきてくれないなら…▼
ピエリ、
誰かを殺しちゃうかもしれないの。▼
[ブノワ]
こ、殺しちゃうって…
たかがお菓子で…▼
[ピエリ]
たかがお菓子、
されどお菓子なの!▼
[ブノワ]
…目が本気だ。▼
わかった…
俺がお菓子を持ってきてやろう…▼
[ピエリ]
ありがとうなの!
ピエリとっても嬉しいの!▼

支援B

[ブノワ]
ピエリ…
約束通り、お菓子を持ってきたぞ…▼
[ピエリ]
本当に?
本当に持ってきてくれたの?▼
ふえーん!
えーん!えーん!▼
[ブノワ]
ど、どうして泣くのだ?▼
[ピエリ]
ブノワがピエリの
お願いしを聞いてくれたから…▼
感動して泣いてるの!▼
ふえーん
ありがとう、ブノワ!▼
[ブノワ]
そ、そうか…
感動までされるとは思ってなかったな…▼
[ピエリ]
あれ。でもこれ…
甘いお菓子なの?▼
[ブノワ]
そうだが…
何か問題でもあるのか?▼
[ピエリ]
ピエリ…
今はしょっぱいものが食べたいの。▼
[ブノワ]
この間は…
甘いお菓子が食べたいと言っていたぞ…▼
[ピエリ]
この間はこの間なの!▼
ピエリ、今は
しょっぱいお菓子が食べたいの!▼
[ブノワ]
…………▼
[ピエリ]
あっ…
ブノワ…怒ったの?▼
ごめんなさいなの…▼
[ブノワ]
…俺は怒ってない。▼
[ピエリ]
ウソなの!
ブノワ、怖い顔してるの!▼
さすがのピエリも逃げ出したいレベルなの!▼
[ブノワ]
俺の怖い顔は…
生まれつきだ…▼
[ピエリ]
え…▼
あはは、そうだったの!
生まれつきなら仕方ないの!▼
[ブノワ]
…………▼
[ピエリ]
じゃあ、ブノワの怖い顔に免じて
今日は甘いお菓子で許してあげるの!▼
ありがとね、ブノワ。
ピエリのお願いをきいてくれて!▼
[ブノワ]
全く…▼

支援A

[ピエリ]
ブノワ!▼
[ブノワ]
ピエリか…
どうした?▼
[ピエリ]
はい、これあげるの!▼
[ブノワ]
…焼き菓子か?▼
[ピエリ]
そうなの!ピエリお手製なのよ!▼
[ブノワ]
ピエリの手作り…▼
[ピエリ]
えへへ。すごいでしょ?
さ、食べて食べて!▼
[ブノワ]
…………▼
[ピエリ]
どうしたの?
なんで食べてくれないの?▼
[ブノワ]
いや…その…
毒は…入ってないな?▼
[ピエリ]
!?▼
う、う、う…▼
うびえええええええええん!▼
ピエリ、毒なんて入れてないもん!▼
[ブノワ]
す、すまん!▼
[ピエリ]
これはブノワへの感謝を込めて作ったから
毒なんか入れるわけないのに!▼
ブノワの人でなしーーーー!▼
[ブノワ]
…本当に悪かった。
ピエリを疑うなんて俺がバカだった。▼
[ピエリ]
ひぐっ…ひぐっ…
じゃあ…食べてくれるの?▼
[ブノワ]
もちろんだ…
ありがたくいただこう…▼
もぐもぐ…
美味しいな…▼
[ピエリ]
えへへ。
美味しいに決まってるのよ。▼
ピエリが心を込めて
ブノワのために作ったんだもん。▼
[ブノワ]
すまなかったな…
疑ってしまって…▼
[ピエリ]
ピエリ、人を殺すのは好きだけど…
ブノワは絶対に殺さないの。▼
だって、ブノワはピエリに優しいもん。
わがまま、いっぱいきいてくれたもん。▼
ピエリはブノワが大事なの!
ピエリのお気に入りなの!▼
[ブノワ]
そうか…
それはありがたいな…▼
[ピエリ]
だから、ブノワは絶対にしんじゃダメなの。ピエリとの約束だからね?▼
もし約束を破って死んじゃったら、
ピエリがブノワを殺しちゃうからね?▼
[ブノワ]
ふっ…
めちゃくちゃだな…▼
だが、ピエリの気持ちはわかった…
死なないように善処しよう…▼
[ピエリ]
うん!
約束なのよ!▼
[ブノワ]
ああ…
約束だ…▼

支援S

[ピエリ]
ねーねー、ブノワ。▼
ブノワはなんで
ピエリに優しくしてくれるの?▼
[ブノワ]
女性には優しくするものだと…
教えられて育ったからな…▼
[ピエリ]
ダメ!
そんな理由じゃダメなの!▼
[ブノワ]
な、なぜだ?▼
[ピエリ]
だってそんな理由だったら…▼
ブノワは女の子なら
誰にでも優しくするってことでしょ?▼
[ブノワ]
そ、そうだな…▼
[ピエリ]
ピエリは特別じゃなきゃ嫌なの!
ブノワはピエリにだけ優しくして!▼
[ブノワ]
残念ながら…
今更、それは無理だ…▼
[ピエリ]
ぶえええええええええん!
ブノワのバカーーーー!▼
いいもんいいもん!
それならいいもん!▼
ブノワが優しくした女の子…
みんな、ピエリが殺しちゃうのーーー!▼
[ブノワ]
…………▼
[ピエリ]
ピエリ、本気なのよ?
本気でやっちゃうのよ?▼
優しくした瞬間に背後からグサリなのよ?
もしくは頭をグチャリなのよ?▼
[ブノワ]
そんなことをする必要はない…▼
なぜなら…
ピエリは俺にとって…▼
唯一無二の…
特別な存在だからな…▼
[ピエリ]
…本当なの?▼
[ブノワ]
ああ…
本当だ…▼
[ピエリ]
じゃあ、ピエリはどういう風に特別なの?▼
それを言ってくれなきゃ…
ピエリ、わからないもん…▼
[ブノワ]
どうしても…
言わなきゃダメか?▼
[ピエリ]
ふえっ…ふえっ…
言ってくれなきゃ泣いちゃうもん…▼
[ブノワ]
わ、わかった…
わかったから泣くな…▼
つまり、俺は…▼
ピエリを愛しているのだ…▼
[ピエリ]
びえええええええええええん!!▼
[ブノワ]
な、なぜ泣く?
俺はちゃんと言ったぞ?▼
[ピエリ]
違うの。▼
嬉しいの…
嬉しくて泣いてるの…▼
えぐっ…えぐっ…
ビエリもブノワが大好きなの…▼
[ブノワ]
そうか…
俺の片思いではなかったのか…▼
ならば、ピエリ…
俺と結婚をしてくれないだろうか?▼
[ピエリ]
ふぇぐ…
ぐすっ…▼
うん…
ピエリ、ブノワと結婚するの…▼
[ブノワ]
ピエリ…▼
[ピエリ]
ずっとピエリを好きでいるのよ?
絶対に、約束なのよ?▼
[ブノワ]
ああ…
約束しよう…▼
[ピエリ]
良かったの…!▼

シャーロッテ

支援C

[ピエリ]
うえ~ん!
人殺ししたいの~!▼
[シャーロッテ]
…はぁ。▼
[ピエリ]
シャーロッテ?
どうしてため息をつくの?▼
[シャーロッテ]
…奇をてらい過ぎ。
それじゃあ、男はなびかないわ。▼
[ピエリ]
なんのことを言ってるの?▼
[シャーロッテ]
私にはわかってるわよ。▼
その人殺し大好きっ娘の設定で、
男の目をひこうとしてるんでしょ?▼
[ピエリ]
設定って何なの?
ピエリ、全然わかんないの。▼
[シャーロッテ]
とぼけなくてもいいのに。
今は私たち二人きりなんだからさ。▼
というか、そんな設定じゃダメでしょ。▼
まぁ、男の注意は引けるだろうけど…
ドン引きされるに決まってるもの。▼
[ピエリ]
何を言ってるかわかんないの。
ピエリはただ人殺ししたいだけなの!▼
[シャーロッテ]
人とは違う設定を見つけたのは
評価してあげてもいいかもね。▼
でも、私の敵にはなれないわね。▼
男はみんな、私みたいな
清楚でか弱い女の子が好きなんだから。▼
それじゃあね。▼
[ピエリ]
??
へんなの、シャーロッテ。▼

支援B

[ピエリ]
うえ~ん!
人殺ししたいの~!▼
[シャーロッテ]
ピエリ…▼
[ピエリ]
いっぱい、いっぱい…
ピエリは人を殺したいの!▼
誰でもいいから、
ピエリに殺されて欲しいの!▼
[シャーロッテ]
あんた、まだ人殺し大好きっ娘を
演じてるわけ?▼
[ピエリ]
演じてるってなんなの?
ピエリは別に何も演じてないの。▼
[シャーロッテ]
…おかしいわね。
ウソをついているようには見えないわ。▼
[ピエリ]
ピエリ、ウソなんかついてないの!▼
[シャーロッテ]
ねえ、まさかとは思うけど…
それってあなたの地なの?▼
[ピエリ]
ピエリはいつでもピエリなのよ?▼
[シャーロッテ]
し、信じられないわ…▼
男の目を引くための
設定じゃなかったなんて…▼
[ピエリ]
ようやく、シャーロッテも
ピエリのことわかってくれたの。▼
[シャーロッテ]
ええ、わかったわ…
あなたがとんでもない人だってね…▼
[ピエリ]
なんでシャーロッテは
男の人に注目されたいの?▼
[シャーロッテ]
当然じゃない。
味方は多いに越したことはないもの。▼
[ピエリ]
でも、シャーロッテは
一人でも充分、強いと思うの。▼
ピエリ、シャーロッテが斧を振り回して
敵をいっぱい倒してる姿を見たことあるの!▼
とってもかっこよくて素敵なの!
ピエリはシャーロッテの味方なの!▼
だから…男の人の味方なんて、
必要ないと思うの。▼
[シャーロッテ]
そう、ありがと。▼
…確かに私が本気を出せば、
そこらの男よりも強いと思うわ。▼
腕一本で王城付きの兵にまで
登りつめたこともあったし。▼
でも、私はいつだってモテていたいの。
斧を振り回すだけの人生なんて真っ平よ。▼
[ピエリ]
モテていたいかぁ…
ピエリにはわかんないの。▼
ピエリ人殺しができれば、
それで満足なの。▼
[シャーロッテ]
そ、それはよかったわね…
私には理解できそうにないわ…▼

支援A

[ピエリ]
やだやだやだやだー!
ピエリはもう我慢できないのー!▼
誰か殺したいの!
もう、誰でもいいの!▼
いっぱい返り血が見たいの!
きらきらしててとっても綺麗なの!▼
[シャーロッテ]
ピエリ…
相変わらず、ぶっ飛んでるわね…▼
[ピエリ]
あっ!
シャーロッテなの!▼
[シャーロッテ]
…少しだけ、あなたが羨ましいわ。▼
あなたはいつでも
素の自分を出せているから…▼
[ピエリ]
素の自分?▼
[シャーロッテ]
人殺しが好きなんてことを
隠そうともしない。▼
誰の目も気にすることなく、
偽りのない自分を出せている…▼
[ピエリ]
当たり前なのよ。
だって、ピエリはピエリなの。▼
[シャーロッテ]
そうね…
ピエリはピエリだものね…▼
私も本当のシャーロッテを…
さらけ出した方が楽なのかな…▼
[ピエリ]
よくわからないけど…
シャーロッテもシャーロッテなのよ?▼
シャーロッテに違いなんてないのよ。▼
[シャーロッテ]
…………▼
[ピエリ]
今ピエリとお話ししてくれてる
シャーロッテも、▼
男の人にモテたくて、変な子を演じてるのも
全部シャーロッテでしょ?▼
[シャーロッテ]
変な子とは失礼ね。
清楚で可愛い女の子よ。▼
…でも、そうね。
ピエリの言う通りだわ。▼
どんな子を演じていようが
演じている私もやっぱり私…▼
ありがとう、ピエリ。
おかげで助かったわ。▼
[ピエリ]
??▼
よくわかんないけど…
どういたしましてなの。▼
やっぱりシャーロッテ、変な子なの。▼
[シャーロッテ]
…そうね。
でも、それも私よ。▼

レオン

支援C

[ピエリ]
ふんふんふ~ん。▼
[レオン]
ご機嫌だね、ピエリ。
どこかへ出かけるのか?▼
[ピエリ]
あっ!
レオン様!▼
ピエリ、今からね…
誰かを殺しに行こうと思ってるの!▼
レオン様も一緒に行く?
絶対に楽しいと思うの!▼
[レオン]
…誰を殺すんだ?▼
[ピエリ]
えっとねー…
それはまだ決まってないの!▼
とりあえず、
目に付いた適当な人かな?▼
[レオン]
…理解できない。
なぜ、適当に人を殺すんだ?▼
[ピエリ]
決まってるの!
ピエリがそういう気分だからなの!▼
[レオン]
…ますます理解できないな。▼
殺したいから殺すなど…
良識とかけ離れているとは思わないか?▼
[ピエリ]
良識ってなんのことなの?
ピエリわからないの。▼
[レオン]
はぁ…
なんて子なんだ…▼
とりあえず、お前をこのまま
外へ行かせるわけにはいかないな…▼
[ピエリ]
えーーー!?
レオン様、ひどいのー!!▼

支援B

[レオン]
欲望のままに人を殺してはダメだ。
それは良識に反する行為だからね。▼
[ピエリ]
むー…!
りょうしき、って意味がわからないの!▼
[レオン]
良識とは普通の人々が持つ、
共通の知識や判断力のことだ。▼
[ピエリ]
ピエリ、普通の人じゃなくていいの。
むしろ、特別な人がいいの!▼
[レオン]
そういう話じゃない。
なぜ、わからないんだ。▼
[ピエリ]
そもそもなんで、
ピエリが人を殺しちゃいけないの?▼
戦場ではみんな、
たくさんたくさーん殺してるの!▼
[レオン]
せ、戦場では…殺していいんだ。
敵が相手だからな。▼
[ピエリ]
じゃあ、敵なら殺してよくて、
その辺の適当な人は殺しちゃダメなの?▼
[レオン]
そ、そうだな…
敵ならば…殺してもいい…▼
[ピエリ]
それが普通の人たちが持ってる、
はんだんりょく、ってものなの?▼
[レオン]
い、いや…
必ずしもそうとは言えないが…▼
[ピエリ]
でも、わかったの!
じゃあ、敵を探して殺してくるの!▼
[レオン]
敵陣まで一人で行くっていうのか?▼
[ピエリ]
そんなことはしないの!▼
だって…
敵なんてすぐにでも作れるでしょ?▼
ピエリが、この人は敵だっ!
って思ったら、その人は敵なの!▼
[レオン]
敵というのは…
僕たちが闘っている敵のことで…▼
[ピエリ]
敵にも色々あるの?
ピエリの敵は敵じゃないの?▼
[レオン]
い、いや…
敵は敵なのだが…▼
[ピエリ]
もう!
さっきからなんなの!▼
ダメって言ったり…
いいって言ったり…▼
レオン様!
もっとちゃんとして欲しいの!▼
[レオン]
あ、ああ…
すまない…▼
[ピエリ]
ピエリはね、戦争でも趣味でも
殺しは殺しだと思うの。▼
なにが違って、なにが同じなの?
なにが良くて、なにが悪いの?▼
[レオン]
う、ううう…
少し…考えさせてくれ…▼

支援A

[レオン]
ピエリ…▼
[ピエリ]
あっ、レオン様。
今度こそ、ピエリに教えてくれるの?▼
していい殺しと
しちゃいけない殺しの違い!▼
[レオン]
あれからよく考えたんだが…▼
ピエリの言うとおり…
殺しに違いなどありはしない。▼
戦場で敵を殺そうが…
路上で罪のない者を殺そうが…▼
殺しは殺しだ。
人の生命を奪うという点では変わらない。▼
[ピエリ]
うんうん…▼
[レオン]
だが、この世界には確かに…
していい殺しというものが存在している。▼
場合によっては賞賛さえされる殺しが…▼
[ピエリ]
それは知ってるの!▼
ピエリが敵をいっぱい殺したら
みんながよくやったって褒めてくれるの!▼
[レオン]
もしかしたら…▼
狂っているのはピエリではなく、
僕たちの方なのかもしれない…▼
[ピエリ]
失礼なの。
ピエリは狂ってなんかいないの。▼
[レオン]
…そうかもしれないね。▼
[ピエリ]
それで結局、なんなの?
していい殺しを教えて欲しいの!▼
[レオン]
していい殺しなんてない。▼
[ピエリ]
えええええええええ!?▼
[レオン]
だけど…
相手を殺さなくては進めない道もある。▼
狂っているかもしれない…
でも、狂ってでも進みたい道がある。▼
それが、戦場で戦うということ…
今、僕が言えるのはそれだけだ。▼
[ピエリ]
よくわからないの…
ピエリ、頭がぐるぐるするの…▼
[レオン]
この戦いが終わったら、
もう少しちゃんと説明するよ。▼
だから、それまでは…
僕の宿題にさせておいてくれ。▼
[ピエリ]
…わかったの。
でも、ちゃんと説明してほしいの。▼
[レオン]
ああ。
約束しよう。▼
[ピエリ]
わーいなの!▼

支援S

[レオン]
ピエリ。▼
[ピエリ]
どうしたの?レオン様。▼
[レオン]
お前の今までの言動を見ていると…▼
僕にはとても、
お前を放っておくことができない。▼
[ピエリ]
そうなの?
ピエリが心配なの?▼
[レオン]
そうだな。
本当に心配になる。▼
お前はこのまま…
この世界で生きていけるのかどうか…▼
[ピエリ]
大丈夫なのよ!
ピエリ、強いから!▼
[レオン]
いくら戦闘力が高くても、
太刀打ちできない相手だっている。▼
世の中の多くの人は…
お前の性を許してはくれないだろうしな。▼
[ピエリ]
どういうことなの?▼
[レオン]
お前が昔のように
罪のない者たちを殺す限り…▼
この世にはお前を憎むものが生まれていくということだ…▼
[ピエリ]
ふーん。
そうなの。▼
[レオン]
もしかしたら、いつの日か…▼
そいいう人たちの牙が…
お前の喉元に刺さる日がくるかもしれない…▼
[ピエリ]
…?
ピエリ…よくわからないの。▼
[レオン]
だが、僕は…
お前には死んで欲しくない。▼
だから、ピエリ…
僕と結婚をして一緒に生きてくれ。▼
[ピエリ]
け、結婚なの!?▼
[レオン]
僕が側にいれば、
お前を守ることができる。▼
僕は守りたいんだ…
愛するお前を…ずっと…▼
[ピエリ]
レオン様…▼
[レオン]
どうだろう?
僕と結婚してくれるか?▼
[ピエリ]
もちろんなの!
ピエリもレオン様が大好きなの!▼
[レオン]
そうか…▼
[ピエリ]
安心してね、レオン様!
ピエリが一生、守ってあげるの!▼
[レオン]
ははは。
お前が僕を守ってくれるのか。▼
[ピエリ]
うん!▼
レオン様の敵は全員、ピエリが殺してあげるの!▼
[レオン]
それは心強いな…
ありがとう、ピエリ…▼
…………▼
安心しろ。
僕もお前を守ってみせる。▼
お前を憎み、殺そうとする者がいたら…
僕がそいつらを殺してやるよ。▼
…例え、狂っていると言われようとも。▼

フランネル

支援C

[ピエリ]
あっ!フランネル、どこに行くの!?▼
[フランネル]
ピエリか。
今から狩りに行くところだ。▼
[ピエリ]
ピエリも行く!
ピエリも行くの!▼
[フランネル]
お前も狩りがしたいのか?
なんか意外だな。▼
[ピエリ]
だって、最近ね…▼
大好きな殺しが
あんまりできてないの。▼
だから、ピエリ…
すごく血に飢えちゃってるの!▼
[フランネル]
…………▼
[ピエリ]
どうしたの?
フランネル?▼
[フランネル]
今から行く狩りは…
ただの狩りじゃねえ。▼
食いもんを確保するための狩りだ。▼
だから、お前みたいな奴を
狩りに連れてはいかねえぞ。▼
[ピエリ]
ふ、ふ、ふぇーん!
なんでいきなり怒るの?▼
ピエリ、
全然、意味わかんないの!▼
[フランネル]
とにかく…
お前は狩りに連れて行かない。▼
[ピエリ]
フランネルのバカー!
もう、知らないのよ!▼
[フランネル]
…………▼

支援B

[ピエリ]
…………▼
[フランネル]
この間のこと…
まだ怒ってんのか?▼
[ピエリ]
どうしてなの…▼
どうしてピエリを
狩りに連れて行ってくれないの?▼
[フランネル]
…………▼
[ピエリ]
ピエリ、いっぱい殺したいの。
狩りならいっぱい殺せるでしょ?▼
[フランネル]
いっぱい殺さねえよ。
必要な分だけ殺すんだ。▼
[ピエリ]
でも、とにかく殺すんでしょ?
だったら、ピエリもやりたいの!▼
[フランネル]
食うのか?▼
[ピエリ]
食べるって…
殺した動物のお肉のことなの?▼
ピエリ、今はそんなにお腹減ってないの。▼
[フランネル]
じゃあ、狩りに行く必要はねえな。▼
[ピエリ]
どうしてなの?
ピエリは今すぐ狩りがしたいの!▼
[フランネル]
食わねえなら、
獣を狩るんじゃねえ!▼
[ピエリ]
ふ、ふぇーん!
また、フランネルが怒ったの~!▼
[フランネル]
なんつうかよ…
俺も敵のことを狩るとかは言うけれどよ…▼
[ピエリ]
そうなの!▼
フランネルもよく、
敵を狩るって言うのよ!▼
[フランネル]
ああ。
確かに言うぜ。▼
でも、山に入って獣を狩るのとは
同じ狩りでも意味合いがちげえんだよ。▼
[ピエリ]
わかんないの…
狩りは狩りなの。▼
[フランネル]
違うんだよなー。
上手く説明できねえけど…▼
食いもんを確保するための狩りは…
もっと神聖なもんだと思うんだよなー。▼
だから、血が見たいっていう理由だけで…▼
山に狩りに行って、
獣を殺しちゃいけねえんだよ。▼
[ピエリ]
ぐすっ…ぐすっ…
もういい、わかったの…▼
ピエリ…
山に狩りに行くのは諦めるの…▼
[フランネル]
そっか。
わかってくれたか。▼
[ピエリ]
代わりに…
その辺にいる人を殺してやるの…▼
[フランネル]
や、止めとけってーの!
絶対、面倒くせえことになるぞ!▼

支援A

[ピエリ]
ねえ、フランネル。▼
[フランネル]
ん?
なんか用か?▼
[ピエリ]
フランネルは…
狩りが好きなのよね?▼
[フランネル]
だな。
すげえ好きだ。▼
獲物に仕掛ける瞬間は、
背中がぞくぞくして興奮するぜ。▼
[ピエリ]
でも…不必要に狩りはしないの?▼
[フランネル]
少しちげえな。▼
俺は不必要に…
獣を狩りはしねえ。▼
[ピエリ]
獣を…なの?
じゃあ…人間はどうなの?▼
[フランネル]
…………▼
じつは俺もよ、
お前と大して変わらねえんだ。▼
[ピエリ]
どういうことなの?▼
[フランネル]
血が好きなんだよ。
獲物から吹き出る綺麗な血がよ。▼
獣でも人間でもかまわねえ…▼
自分が仕留めた獲物の血を見ると、
すっげえ興奮するんだ。▼
[ピエリ]
ピエリも同じなの…▼
[フランネル]
でもよ、俺は無駄に
獣を殺しはしねえんだ。▼
まぁ…
俺は人間つうよりも獣だからな。▼
[ピエリ]
だから、ピエリを…
山へ狩りに連れて行ってくれなかったのね…▼
[フランネル]
ああ。▼
無駄に獣が殺されるのは…
黙っていられねえからな。▼
[ピエリ]
じゃあ、今からフランネルと一緒に…
人間を狩りに行きたいの。▼
[フランネル]
それならいいぜ!
と、言いたいところだけどよ。▼
どうせ狩るなら敵を狩ろうぜ。▼
俺たちは今、
この集団の中にいるんだからよ。▼
[ピエリ]
戦いのときまで…
おあずけっていうことなの?▼
[フランネル]
安心しろよ。
戦いなんざ、すぐに始まるさ。▼
[ピエリ]
それもそうなの!
じゃあ、それまで我慢してあげるの!▼
[フランネル]
ははっ。
爪でも研いで待ってようぜ!▼

支援S

[フランネル]
ピエリはよ、
殺しが大好きなんだよな?▼
[ピエリ]
うん!
大好きなの!▼
フランネルも好きでしょ?▼
[フランネル]
そうだな。
血の色が好きだからな。▼
でもよ、なかなか理解されねえよな。▼
[ピエリ]
そうなの!
みんなわかってくれないの!▼
殺しってすごく面白いのに、
とっても不思議なの。▼
[フランネル]
まあでも、
ピエリの場合はやり過ぎだけどな。▼
[ピエリ]
そうなの?▼
[フランネル]
少なくとも俺は
殺す相手ぐらいちゃんと選ぶぜ?▼
[ピエリ]
どうやって選ぶの?▼
[フランネル]
そりゃあ、敵とか…
毛皮をとりにきた悪党とか…▼
[ピエリ]
本当なの?
ピエリ、知ってるのよ。▼
[フランネル]
な、何をだよ?▼
[ピエリ]
フランネルが
仲間の急所を狙ってたりしてるの。▼
[フランネル]
あ、あれは、たまたまだ…▼
どんな血の色してるのか
めちゃくちゃ興味があったからで…▼
すげえ仲良くなった奴のことは
絶対に狙わねえよ。▼
[ピエリ]
それはピエリも同じなの。▼
[フランネル]
そ、それでよ…▼
俺たちは…なんつうか…
似てるところが多いと思わねえか?▼
[ピエリ]
うんうん。
思うのよ。▼
[フランネル]
だ、だからよ…▼
一緒になるのも…いいんじゃねえかなって…▼
[ピエリ]
一緒?
一緒ってどういうことなの?▼
[フランネル]
だ、だから…俺と結婚しねえか?▼
[ピエリ]
ピエリがフランネルと結婚?▼
[フランネル]
け、けっこう上手くいくと思うぜ?▼
[ピエリ]
…………▼
[フランネル]
だ、ダメなら別にいいんだけどよ!▼
[ピエリ]
いいのよ。
ピエリ、フランネルのお嫁さんになるの。▼
[フランネル]
ほ、本当か!?▼
[ピエリ]
だって、フランネルは…
ピエリのことを理解してくれてるもん。▼
結婚した後も…▼
ピエリの大好きな殺しを
やっちゃダメって言わないと思うの。▼
[フランネル]
まぁ、ほどほどにだけどな。
あと、相手は絶対に選ばせる。▼
[ピエリ]
だから…
ピエリはフランネルと結婚するの!▼
[フランネル]
ああ。
よろしくな。▼

マークス

支援C

[ピエリ]
ふ…ふ…▼
ふえぇん…▼
ふえぇーーーんなのーっ!!▼
[マークス]
ピエリ、どうした。▼
[ピエリ]
…マークス様。▼
[マークス]
なぜ泣いている。▼
[ピエリ]
…あのね、ピエリね…
えっとね…▼
……………▼
[マークス]
ピエリ、言うんだ。
これは命令だ。▼
[ピエリ]
…わかったの。
…命令じゃ仕方がないの。▼
ピエリね…
みんなに責められてるの。▼
[マークス]
責められている?
どういうことだ。▼
[ピエリ]
あのね…
ピエリね…▼
マークス様に対して
いけないことしているらしいの。▼
[マークス]
いけないこと?▼
[ピエリ]
そうなの。▼
ピエリはマークス様に…
その…▼
け、けいご?
っていうのができてないみたいなの。▼
それがおかしいって…
いけいないことだって言われたの。▼
[マークス]
なるほど。▼
[ピエリ]
ピエリね、マークス様には感謝してるの。
だけど、みんなは違うって言うの。▼
感謝してるなら、
ちゃんとしたしゃべり方ができるはずだって。▼
でもピエリは
ずっとこういうしゃべり方だったから…▼
今さら変えるのは無理なのよ。▼
ピエリ…
ピエリどうしたらいいのー!▼
びえええええーーーーん!!▼
[マークス]
ふむ…
そういうことか…▼

支援B

[ピエリ]
ふえぇん…
ふえぇんなのーっ!!▼
[マークス]
ピエリ。
泣くのはやめて、話を聞いてくれないか。▼
[ピエリ]
マークス様…
なんなの?▼
[マークス]
お前が敬語を使わないことを
私は気にしたことがなかった。▼
そこで、今さらだが、
お前の敬語についてじっくり考えてみたのだ。▼
…それで結論から言うと、▼
[ピエリ]
…………▼
[マークス]
私としてはお前の好きにしていいと思う。▼
[ピエリ]
ピエリの好きにしていいの?▼
[マークス]
そうだ。▼
敬語を習得したいと思っているなら手を貸そう。
そうでないならば今のままでもいい。▼
[ピエリ]
…………▼
…ピエリ、敬語を学んでみたいの。
もう人からうるさく言われるのは嫌なの。▼
このままじゃ、何か言った奴を
片っ端から殺しちゃいそうなの…▼
[マークス]
よし、わかった。
ならば私が教えてやる。▼
[ピエリ]
ありがとうなの!▼
[マークス]
まず、「様」をつけるのは問題ない。▼
それで話の最後に
「です」とか「ます」をつければいい。▼
簡単だろう?▼
[ピエリ]
「です」とか「ます」…
それだけでいいの?▼
じゃあさっそくやってみるの。▼
…………▼
マークス様です。
今度の出撃はいつになるのます?▼
[マークス]
…………▼
名前には「です」も「ます」もいらない。▼
それに次の文章は「ます」でなくて
「ですか」だ。▼
[ピエリ]
えーっ、よくわからないの…
複雑すぎるの…▼
[マークス]
「マークス様。
今度の出撃はいつになるのですか?」▼
これが正解だ。
ほら、言ってみろ。▼
[ピエリ]
わからないの、わからないの!▼
マークス様、嘘ついたの!
難しいの!全然、簡単じゃないの!▼
[マークス]
くじけるな。もう一度やってみろ。
見本を示してやるから。▼
「難しいのです。
全然、簡単ではありません。」▼
こうだ。
繰り返してみろ。▼
[ピエリ]
難しいのです…
全然、簡単ではありません…▼
[マークス]
おお、できたではないか。▼
[ピエリ]
…………▼
うう…やっぱ嫌なの…
ピエリ、決めたの…▼
ピエリはいつものままで行くの…!▼
[マークス]
ピエリ…▼
[ピエリ]
だって、ピエリ…
マークス様には感謝してるの。▼
その気持ちさえあれば、
言葉なんてどうでもいいと思うの!▼
…マークス様はどう思うの?▼
[マークス]
まぁ…言いたいことはわかる。
私も敬語のお前は違和感があるかもしれない。▼
お前は貴重な部下だ。
くだらないことで士気を下げてもらいたくない。▼
…では、今まで通りで行こう。▼
[ピエリ]
いいの?▼
[マークス]
ああ。
周りの者に対しては私から言っておく。▼
[ピエリ]
ありがとうなのー!
マークス様、大好きなの!▼

支援A

[ピエリ]
マークス様。
ピエリ、お礼を言うの。▼
誰もピエリのことを責めなくなったの。▼
[マークス]
それはよかった。
一件落着だな。
お前がいい笑顔を見せるようになって
安心した。▼
[ピエリ]
えへへ、ありがとうなの!▼
[マークス]
ピエリ、覚えているか。
お前が初めて城にやってきたときのことを…▼
今のお前の表情は、
あのときお前が見せた笑顔と同じだ。▼
[ピエリ]
うん、ちゃんと覚えているのよ。▼
えらい人たちが集まる武術大会に出たピエリを、
マークス様が気に入ってくれたの。▼
そして、ピエリをお城に呼んでくれて、
臣下にしてくれたの。▼
[マークス]
そうだったな。▼
ずいぶん懐かしい話のような気がする。
それほど昔でもないのだがな。▼
[ピエリ]
そうだ、マークス様。
あのときはどうしてピエリを呼んだの?▼
ピエリは武術大会で優勝しなかったの。
二番か三番かその辺だったの。▼
優勝した人が呼ばれるならわかるけど、
どうしてピエリが呼ばれたの?▼
[マークス]
…それは、器だな。▼
[ピエリ]
器って、食器のことなの?▼
[マークス]
いや、そうではない。
人としての器。能力の高さだな。▼
[ピエリ]
能力の高さ?
ピエリは優勝してないのに?▼
[マークス]
…あの時、お前は
絶対に優勝してやろうと思っていたか?▼
[ピエリ]
ううん。
面白そうだから参加してみただけなの。▼
[マークス]
だろうな。にもかかわらずあの結果だ。
準備も心構えもなにもないのに、だ。▼
これは底知れぬ器だと思ってな。
だから臣下にした。▼
あの頃の私は、
強い臣下が欲しかったんだ…▼
戦の中で命を落とさぬほど、
強い臣下がな。▼
[ピエリ]
それならマークス様、
とっても見る目があるの!▼
ピエリは誰にも負けないし、
ちょっとやそっとじゃ死なないの!!▼
マークス様は、ピエリを臣下にしたこと…
今でも、しまったって思ってないの?▼
[マークス]
もちろんだ。▼
[ピエリ]
それなら、それでいいの!▼
大好きなマークス様のために、
ピエリ、これからもがんばるの!▼
[マークス]
ああ、これからも…
よろしくたのむ。▼

支援S

[マークス]
ピエリ、話がある。▼
[ピエリ]
マークス様、どうしたの?▼
[マークス]
この前、ピエリを部下にした理由について
話をしたこと、覚えているか?▼
[ピエリ]
器とかなんとか言ってた事なの?▼
[マークス]
ああ。実はあの時…言っていなかった
もう一つの理由があるんだ。▼
[ピエリ]
理由?
器の他にもなにかあるの?▼
[マークス]
いや、器の話ではあるのだが、
…それはだな…▼
[ピエリ]
マークス様、どうしたの?▼
[マークス]
…………▼
なかなか言いにくいが…
この際だから言おう。▼
器は器なのだが…この前に言った能力とは
違う意味での器も感じていたのだ。▼
[ピエリ]
??
ピエリ、よくわからないの。▼
[マークス]
簡単に言うとだな…▼
お前ならば…
ふさわしいかもしれないと思ったのだ。▼
私の妻として…
そして、暗夜王国の新たな王妃として…▼
[ピエリ]
…?
なんの話なの?▼
[マークス]
城に呼んでからは、
お前のことをずっと見てきた。▼
敬語のことは問題ないだろう。
個性的な王妃というのも珍しくはないからな。▼
では忠誠心はどうか。
これも問題ないと思った。▼
まだあるのだ。
他には…▼
[ピエリ]
全然わからないの。
もっと簡単な言葉で言ってほしいの。▼
[マークス]
かなり簡単に言ってるつもりなんだがな…▼
…わかった。
いろいろ言ったが、みんな建前だ。▼
本音を言えば…
それもかなり簡単に言えば…▼
ただ好きなのだ。
お前のことが…▼
[ピエリ]
やっとわかったの。▼
だったらピエリも同じなの。
ピエリもマークス様のことが大好きなの!▼
[マークス]
だがそれは主君としてという
意味だろう?▼
[ピエリ]
そうなの!▼
[マークス]
ああ…▼
[ピエリ]
でも主君じゃないマークス様も好きなの!▼
ピエリが敬語でも敬語じゃなくても
気持ちは変わらないって言ったのと同じように。▼
マークス様が主君でも主君じゃなくても
大好きなの!▼
ピエリはマークス様の全部が好きなのよ!▼
[マークス]
ピエリ…▼
[ピエリ]
マークス様はどうなの?▼
ピエリが臣下でも
臣下じゃなくても好きなの?▼
[マークス]
ああ、好きだ。
私もお前のすべてが好きだ…▼
[ピエリ]
えへへー!
ピエリもおんなじなの!▼
[マークス]
…そうか。
ではピエリ、これから指輪を見にいこう。
お前にぴったりの結婚指輪を買いたい。▼
[ピエリ]
ありがとうなの!!▼
やっぱりマークス様、大好きなのよ!
ずっとずーっと、ピエリのいちばんなの!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-05 (木) 14:40:42