シャーロッテの支援会話

マイユニット(男性)

マイユニット(女性)

ジョーカー

ジョーカーのページへ

スズカゼ

スズカゼのページへ

サイラス

サイラスのページへ

ハロルド

ハロルドのページへ

オーディン

オーディンのページへ

ゼロ

ゼロのページへ

ニュクス

ニュクスのページへ

ベルカ

ベルカのページへ

ラズワルド

ラズワルドのページへ

ピエリ

ピエリのページへ

ブノワ

ブノワのページへ

レオン

支援C

[シャーロッテ]
レオン様~! こんにちは~!▼
[レオン]
シャーロッテ。 僕に何か用か?▼
[シャーロッテ]
あの、私~、 レオン様にお弁当を作ってきたんです。▼ 召し上がっていただけますか?▼
[レオン]
すまないが、 食事ならもう済ませたんだ。▼
[シャーロッテ]
そうでしたか… とっても残念です…▼ そうだ!▼ それでしたら、 食後のお茶を入れて差し上げますわ。▼
[レオン]
いや、大丈夫だ。 喉は渇いていないからね。▼
[シャーロッテ]
そ、そうですか… それなら仕方ないですね…▼
[レオン]
…………▼
[シャーロッテ]
あの、もしかして… 私、お邪魔しちゃってますか?▼
[レオン]
…そうだね。▼ 色々と考えごとをしたいから、 一人にしてくれると助かるな。▼
[シャーロッテ]
わかりました…▼ でもでも、私にできることがあれば なんでも遠慮なく仰ってくださいね。▼ 私はいつでも… レオン様の味方ですから。▼
[レオン]
あ、ああ… ありがとう…▼

支援B

[シャーロッテ]
レオン様~。 何をなさっているんですか~?▼
[レオン]
今は自軍の戦力を確認しているところだ。▼ 把握していた方が 色々と戦略も立てやすいからね。▼
[シャーロッテ]
そうなんですか~。 さすがレオン様ですね~。▼
[レオン]
それでわかったんだけど… シャーロッテって実は強いんだね。▼
[シャーロッテ]
えっ!? そ、そうですか~?▼
[レオン]
ああ。僕の戦闘評価では かなりの上位にある。▼
[シャーロッテ]
た、たまたまですよ~。▼ そもそも、私… そんなに強くありませんよ?▼ い、いつもみなさんには 守っていただいてばかりですから…▼
[レオン]
おかしいな… そんなはずはないんだが…▼ 本当に強くないのか?▼
[シャーロッテ]
ほ、本当です~。 戦うのだってすごく怖いですし~。▼
[レオン]
でも、それでは戦場での あの豪快な戦いとつじつまが合わな…▼
[シャーロッテ]
強くないって言ってるだろーが! 本当にしつけーな!▼
[レオン]
!?▼
[シャーロッテ]
つーか、本当は強いんだよ! あんたの言うとおりにね!▼ …でも、私が強いってわかったら、 男どもが全員、ひいちゃうでしょ?▼ そしたら誰も、 私をちやほやしなくなるじゃない!▼ だから、わざわざ 私が弱いふりしてやってるの!▼
[レオン]
そ、そうだったのか…▼
[シャーロッテ]
…はっ!? ち、違うんです~!▼ 今のは…今のは… 急にお芝居の真似事をしたくなって…▼
[レオン]
…………▼
[シャーロッテ]
ご、ごめんなさ~い。 私、これで失礼しますね~。▼ テヘッ!▼
[レオン]
…あれがシャーロッテの本性か。▼

支援A

[レオン]
シャーロッテ。 お前は自分の力を隠さなくてもいい。▼
[シャーロッテ]
な、なんのことでしょうか? 私、何も隠してなんかいませんよ?▼
[レオン]
お前が強いことはもうわかっている。▼ だから、その力を 僕たちのために存分に振るって欲しい。▼
[シャーロッテ]
で、でもですね…▼
[レオン]
男たちにひかれるのが怖い… そう思ってるんだな?▼
[シャーロッテ]
だ、だって… 私が思うがままに力を振るったら…▼ 男の人たちはみんな… 私から遠ざかっていっちゃいますから…▼
[レオン]
確かにそうかもしれない。▼ 女性に幻想を抱いてる男は まだまだ多いからね。▼
[シャーロッテ]
そうですよね? 私もそう思います。▼
[レオン]
だが、ちゃんと女性を 評価できる男もいるとは思わないか?▼
[シャーロッテ]
…………▼
[レオン]
僕はお前を正当に評価するよ。 シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[レオン]
王城付きの兵まで上り詰めた実力と、 味方を増やすために磨いた演技力もね。▼ 僕はそういう賢い奴は嫌いじゃない。▼
[シャーロッテ]
レオン様…▼
[レオン]
だから、これからも、 僕たちの力になってくれ。▼ 力を隠そうとせず、思う存分にね。▼
[シャーロッテ]
ふふふ。 わかりました。▼ では、レオン様のお側では 思いっきり武器を振り回して闘いますね。▼ でも、私の本性を知らない人の前では 今までと変わらずに演技を続けます。▼ だって、やっぱり… 味方は多い方がいいですから。▼
[レオン]
ああ。 それでいい。▼

支援S

[レオン]
シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
はい、レオン様。 私に何かご用でしょうか?▼
[レオン]
突然、こんなことを言うと… 驚かせてしまうと思うんだが…▼ 僕と…結婚してくれないか?▼
[シャーロッテ]
…………▼ はああああああああ!? け、結婚!!!!?▼
[レオン]
やはり驚かせてしまったね、 だが、僕は本気だ。▼ か弱い女の子を装っているお前も… 力のままに武器を振るうお前も…▼ 僕はどちらのシャーロッテも 好きになってしまったんだ。▼
[シャーロッテ]
レオン様が… 私のことを…▼
[レオン]
だから、僕と結婚して欲しい。 生涯、お前を守っていくと誓う。▼
[シャーロッテ]
…………▼ 私、 玉の輿に乗るのが夢だったんです。▼
[レオン]
そ、そうだったのか。 ずいぶん正直に言ってくれるんだね。▼
[シャーロッテ]
レオン様には、 ウソをつきたくありませんから。▼
[レオン]
そうか。▼
[シャーロッテ]
もし、お金持ちの人と結婚すれば… 私の家族にも楽をさせてあげられる。▼ そう思って… ずっと玉の輿を夢見ていました。▼
[レオン]
…………▼
[シャーロッテ]
そして、レオン様に出会って… 私もレオン様に恋をしました…▼ だから…だから… その申し出は本当に嬉しいんですけど…▼ …やっぱりお受けすることはできません。▼
[レオン]
どうしてだ?▼
[シャーロッテ]
急に怖くなってしまったんです。▼ 私のレオン様に対するこの思いが… 本当に純粋な気持ちなのかどうか…▼
[レオン]
つまり、玉の輿に乗りたかったから… 僕を好きになったのかもしれない、と?▼
[シャーロッテ]
…はい。▼
[レオン]
たとえそうだとしても… 僕は一向にかまわない。▼
[シャーロッテ]
え…▼
[レオン]
どうして僕を好きになったのかなんて、 そんなものは気にしない。▼ 大切なのは気持ちだけだ。 理由なんか重要ではないよ。▼
[シャーロッテ]
気持ち… 私の気持ちは…▼ レオン様を愛しています…▼
[レオン]
僕もシャーロッテを愛している。 だから、結婚しよう。▼
[シャーロッテ]
はい…▼

フランネル

支援C

[シャーロッテ]
あっ! フランネルさ~ん!▼
[フランネル]
ん? シャーロッテか。▼
[シャーロッテ]
あのぅ… 私、お弁当を作ってきたんです。▼
[フランネル]
弁当って…俺にか?▼
[シャーロッテ]
はい! 食べていただけますか?▼
[フランネル]
もちろんだぜ! 今、腹減ってたしな!▼
[シャーロッテ]
本当ですかぁ? よかったです~。▼
[フランネル]
がつがつがつがつ! うまいうまい!▼
[シャーロッテ]
お口に合いましたか?▼
[フランネル]
おお! ありがとな、シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
あと、 つかぬことをお聞きしますけど…▼ フランネルさんは… 宝物をいっぱい持っていると聞いたんです。▼
[フランネル]
ああ! めちゃくちゃ持ってるぜ!▼
[シャーロッテ]
素敵ですねぇ。 私、見てみたいなぁ…▼
[フランネル]
俺の宝物をか? そんなんいくらでも見せてやるよ。▼
[シャーロッテ]
嬉しいです。 じゃあ、今度必ず、見せてくださいね。▼
[フランネル]
ああ。 わかったぜ。▼

支援B

[フランネル]
どうだ! これが俺のお宝だ!▼
[シャーロッテ]
…………▼
[フランネル]
はっはっは! 驚いて声も出ないか!▼
[シャーロッテ]
…何これ?▼
[フランネル]
ん?▼ お、お前が見たいって言ってただろ? 俺のお宝をさ?▼
[シャーロッテ]
…………▼ 虫の死骸、汚いゴミ、 臭い干物、わけのわからない骨…▼
[フランネル]
なっ!? どれも最高だろ!?▼
[シャーロッテ]
…毛皮にされたいの?▼
[フランネル]
お、おい、シャーロッテ… なんかいつもと違うぞ?▼
[シャーロッテ]
こんなゴミじゃなくて、 お宝はどこだっつってんのよ!▼
[フランネル]
お、お前… 実は怖いやつだったのか…▼
[シャーロッテ]
はっ!? しまった!▼ ち、違いますぅ… 今のはただの発作なんです…▼
[フランネル]
そっか。 とんでもねえ発作なんだな。▼
[シャーロッテ]
そ、それで話の続きなんですけど… 本物の宝物はどこにあるんですか?▼ こういうのじゃなくて… もっとキラキラしたものとかです。▼
[フランネル]
あっ! そっちが見たかったのか!▼
[シャーロッテ]
そうですそうです! 私はそっちの宝物が見てみたかったんです!▼
[フランネル]
じゃあ、今度は 間違えないで持ってくるな!▼
[シャーロッテ]
はい。 くれぐれもよろしくお願いしますね。▼ もし、今度みたいなことになったら…▼ 私、また発作が 起きてしまうかもしれませんから…▼ それも… ものすごく激しいやつが。▼

支援A

[フランネル]
なっ? きらきらしてるだろ!?▼
[シャーロッテ]
…………▼
[フランネル]
お前が見たかったお宝ってのは、 こういうやつのことだったんだな。▼
[シャーロッテ]
…………▼
[フランネル]
お、おい… シャーロッテ?▼
[シャーロッテ]
欠けた硝子玉、割れた鏡の破片… くしゃくしゃになった金色の折り紙…▼ きらきらしてますわね… ええ、確かにきらきらしていますとも…▼
[フランネル]
ははは。 気に入ってくれたようだな!▼
[シャーロッテ]
んなわけあるかい!▼
[フランネル]
げっ!? ま、また発作か!?▼
[シャーロッテ]
よくもこれだけ ゴミばっか集められるわね!▼ 私が見たい宝物ってのは…▼ 金とか銀とか 高価なものに決まってるっつーの!▼ っていうか、もしかして… そういうの持ってないの?▼
[フランネル]
ああ。持ってねーよ。 そういうの興味ねえからな。▼ 俺にとっては、 こっちの方がお宝だぜ!▼
[シャーロッテ]
はぁ… もういいわ…▼ 宝物をいっぱい持ってる、 っていうから期待したけど…▼ まさかその宝物が… ゴミの山だったなんてね…▼
[フランネル]
ははは! よくわからねえけど、残念だったな!▼
[シャーロッテ]
ふふっ… なんか力が抜けちゃったわ…▼
[フランネル]
そうだ、シャーロッテ。▼ 俺、お前が作った弁当を もう一回食べたいんだけど。▼ あれ、めちゃくちゃうまかったからな!▼
[シャーロッテ]
ふふふ… 残念だけど…▼ 私の本性を知ってしまった人には… お弁当は作ってあげないの。▼
[フランネル]
本性!? 発作じゃなかったのか!?▼ というか、じゃあ… 俺はもう二度と食えないってことなのか!?▼
[シャーロッテ]
でも、なんだかんだで…▼ あなたは約束を守って… 自分の宝物を見せてくれたものね。▼ だから… 特別に今度、作ってきてあげるわ。▼
[フランネル]
本当か!? 絶対に約束だからな!▼
[シャーロッテ]
わかったわ。 楽しみに待っててね。▼

支援S

[フランネル]
なぁ、シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
どうしたの? フランネル。▼
[フランネル]
たとえばの話なんだけどよ…▼ お前と結婚するには…その… やっぱり金がないとダメか?▼
[シャーロッテ]
そうね。 ないよりはあった方がいいわ。▼
[フランネル]
そっか…▼
[シャーロッテ]
だって、お金があれば 生活にも困らないし…▼ 私の家族だって、 困らずに生きていけるもの。▼
[フランネル]
だよな…▼
[シャーロッテ]
でも、どうしてそんなことを聞くの?▼
[フランネル]
べ、別に… 理由なんかねえよ…▼
[シャーロッテ]
そう…▼
[フランネル]
…狩りはどうだ?▼
[シャーロッテ]
…なんのこと?▼
[フランネル]
狩りが上手いやつと結婚すれば… 食うには困らないんじゃねえか?▼
[シャーロッテ]
ふふふ。 確かにそうかもしれないわね。▼
[フランネル]
着るもんだって、 獲物の毛皮でなんとかなるしよ!▼ 狩りが上手い奴とだったら… お前も結婚できると思うぜ!▼
[シャーロッテ]
フランネル… もしかして、あなた…▼
[フランネル]
お、俺は狩りは上手いぞ! 故郷で一番上手かったんだ!▼ だ、だから… 俺と結婚しようぜ!▼
[シャーロッテ]
フランネル…▼
[フランネル]
絶対に困らせたりしねえよ! 俺、めちゃくちゃがんばるからさ!▼
[シャーロッテ]
そうね… どうしよっかな…▼
[フランネル]
べ、別にお前が嫌なら… さっさと断ってくれてもいいんだぜ!?▼ 俺、そんなに金持ってねえし… 贅沢だってさせられねえし…▼
[シャーロッテ]
私の夢って、 玉の輿だったのよね。▼
[フランネル]
くっ… じゃ、じゃあ…▼
[シャーロッテ]
まぁ、でも…▼ 玉の輿じゃなくても、 幸せになれるならいっか。▼
[フランネル]
ぐっ、ぐおおおお! 結局、どっちなんだよ!?▼
[シャーロッテ]
もう一度、 ちゃんと言ってくれたら答えてあげる。▼
[フランネル]
お、俺と… 結婚をしてくれ!▼
[シャーロッテ]
ええ。 喜んでお引き受けするわ。▼
[フランネル]
ほ、本当か!? うおおおおおん!▼
[シャーロッテ]
ふふふ。 二人でいっぱい幸せになろうね。▼

マークス

支援C

[シャーロッテ]
マークス様~。 お呼びでしょうか~?▼
[マークス]
シャーロッテ。 そこに座れ。▼
[シャーロッテ]
な、なんですか~? すごく怖そうなお顔をされて~。▼ でも、そういうお顔もとても素敵です! キュン!▼
[マークス]
…………▼
[シャーロッテ]
…………▼ ど、どうされたんですか~? 本当にぃ~?▼
[マークス]
真剣な話がある。▼ お前に関する、よろしくない報告が 上がってきているのだ。▼
[シャーロッテ]
えっ。 よろしくない報告とは…▼
[マークス]
お前は隊の規律を乱しているらしいな。▼ どういうことだ。 釈明したいことがあるのならば聞く。▼
[シャーロッテ]
私が…隊の規律を乱している? 全然、身に覚えがありませんが…▼
[マークス]
とぼけるな。 わかっているはずだ。▼ 自分の立場を考える。 ここは男を惑わす社交場ではない。▼ 暗夜王国の足を引っ張らないでもらいたい。▼
[シャーロッテ]
あ、足なんて引っ張っては…▼
[マークス]
いいな。 これは警告だ。▼
[シャーロッテ]
…………▼ くっ… 男に媚びを売っていることを言ってるのかしら…▼ なんとかしないと…▼
[マークス]
何か言ったか?▼
[シャーロッテ]
い、いえ~! 空耳だと思います~!▼

支援B

[シャーロッテ]
マークス様~。▼
[マークス]
なんだ。▼
[シャーロッテ]
マークス様のために お弁当を作ってきました~!▼
[マークス]
…弁当?▼
[シャーロッテ]
そうです。 愛情をたっぷりこめて作ったんですよ~!▼ さ、召し上がれっ!▼
[マークス]
そうか。 それは悪かったな。▼ では一つもらうとしよう。 どれ…▼ うむ、見た目は悪くない。▼
[シャーロッテ]
食材は全て栄養のバランスを第一に考えてあり、 塩分は控えめとなっていま~す!▼ マークス様は考えるお仕事もありますから、 頭の血流がよくなるのも入っているんです~!▼
[マークス]
味も悪くない。 なかなかやるではないか。▼
[シャーロッテ]
うわぁ~よかったです~! 感激です~!▼
[マークス]
…で、次はどうするのだ。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[マークス]
まず弁当で料理のうまさを知らしめる。 で、この次の手は何だ。▼
[シャーロッテ]
お、おっしゃっていることが よくわかりませんが…▼
[マークス]
男の気の引き方だ。 こちらは全て把握しているのだ。▼
[シャーロッテ]
……………▼ 次は…さりげなく体に触れます。 このように。▼
[マークス]
気安く触れるな。▼
[シャーロッテ]
ごめんなさい…▼ でも私、悪いことをしているでしょうか? むしろ男性たちにトキメキを与えて…▼
[マークス]
いい加減にしろ。▼ そんなことをしている暇があったら 闘いの腕を磨け。▼
[シャーロッテ]
わ、わかりました… しゅん……▼

支援A

[マークス]
ふん! はぁ!!▼
[シャーロッテ]
マークス様が一人で 剣の稽古をしてる…▼ でもびっくりだったわ。 お弁当で落ちない男がいるなんて…▼ さすが暗夜王国の第一王子… 恐るべき男性ね…▼ いやいや。 そんなこと言ってる場合じゃないわ。▼ 今日はちゃんと謝らないと。 そのために来たんだから。▼ …あれ?▼ なんか向こうから妙な足音が…▼ !▼ あれはノスフェラトゥ! マークス様、危ないっ!▼

[マークス]
さっきは危ないところだった。 礼を言うぞ、シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
いえ…▼
[マークス]
しかし驚いたぞ。 素手でノスフェラトゥを殴り倒すとは。▼
[シャーロッテ]
……………▼ 実は…私が一番得意なのは… 肉弾戦なんです。▼
[マークス]
では、なぜいつもは武器を持っているのだ?▼
[シャーロッテ]
男性たちが嫌がるかな…と思いまして。 肉弾戦が得意な女の子なんて…▼
[マークス]
なぜそこまで男の目を気にする。▼ お前ならば自然にしていても 男は寄ってくるだろう。▼
[シャーロッテ]
そう言っていただけると嬉しいのですが… そんな人たちばかりではありません。▼ 自然にした姿を見せた途端、 こっぴどく振られたこともありました。▼
[マークス]
シャーロッテ…▼
[シャーロッテ]
私は王都の平民の生まれです。 実家は裕福ではありませんでした。▼ たまに見かける王族の華やかな姿に、 嫉妬と憧れをずっと抱いてきました。▼ だから、男性に媚を売ってでも、 楽な暮らしをしてみたい…▼ それが私の夢なんです。▼
[マークス]
…ふっ。 お前は正直者だな。▼
[シャーロッテ]
隊の規律を乱してしまって 申し訳ありませんでした。▼ もうこれからは…▼
[マークス]
お前の好きなようにやればいい。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[マークス]
ただ、ほどほどにな。 妙な報告が上がらない程度にするのだぞ。▼
[シャーロッテ]
わかりました。 ありがとうございます。▼

支援S

[マークス]
よく来たな、シャーロッテ。▼
[シャーロッテ]
ここは…王族しか入ることの 許されない場所…ですよね。▼
[マークス]
そうだ。▼
[シャーロッテ]
感激です… ずっと憧れていた場所ですから…▼ でも、どうして…▼
[マークス]
お前さえよければ、 今日から自由に出入りするといい。▼
[シャーロッテ]
えっ?▼
[マークス]
こういうことだ。▼
[シャーロッテ]
これは…▼
[マークス]
結婚指輪だ。▼
[シャーロッテ]
ちょ、ちょっと… マークス様?▼ こんなこと言いたくないですけど、 一つだけはっきり言わせてください。▼
[マークス]
あ、あぁ…▼
[シャーロッテ]
おかしいだろうがよ!! 私の何に惚れたっつーんだよ!▼ バカにしてからかってるだけなら、 そのきれいな顔に拳をめり込ませるわよ!!▼
[マークス]
……………▼
[シャーロッテ]
…ふう。 ひどいことを言ってしまってすみません。▼ でも、これは正直どういうつもりなのか 理解に苦しみます。▼ …くすん。▼
[マークス]
…私には常々、結婚願望があった。 しかし、無理だと諦めかけていたのだ。▼
[シャーロッテ]
無理って…どういうことですか? 本当は男性が好きだとか?▼
[マークス]
そ、そうではない。▼ 第一王子の私と結婚するには、 並の女では無理だと思っていたのだ。▼ しかし、シャーロッテなら大丈夫だ。▼ お前は器用で策士で情に厚く、 料理ができて、根性があり、腕っぷしが強い。▼ きっとどんな苦境でも 一緒に乗り切ることができるだろう。▼
[シャーロッテ]
…本当にいいのですか? 私が暗夜王国の王妃になるんですよ。▼
[マークス]
私がそれを望んでいるのだ。▼
[シャーロッテ]
じゃ、じゃあ…明日から、実家にかなり 仕送りさせてもらいますよ?▼
[マークス]
もちろんだ。 親孝行は素晴らしいことではないか。▼
[シャーロッテ]
……………▼ じゃあ、そこの出窓から身を乗り出し、 この喜びを思い切り叫びますよ?▼
[マークス]
構わん。 私はそれを微笑んで眺めよう。▼
[シャーロッテ]
……………▼ あなたの覚悟はわかりました。 喜んでお受けします。▼
[マークス]
暗夜王国の未来はお前にかかっている。▼ その働きに期待するぞ。 妻としても、王妃としても…▼
[シャーロッテ]
はい! おまかせください!▼ では早速窓から叫ばせていただきます…▼
[マークス]
存分に叫べ。▼
[シャーロッテ]
いよっしゃあああああああああああ!!▼
[マークス]
…ははは。▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-01 (水) 22:43:29