サクラの支援会話

エリーゼ

支援C

[サクラ]
…?
何でしょう、この音色は?
外から聞こえてくるみたいですが…▼
[エリーゼ]
ふんふんふーん…♪▼
[サクラ]
エリーゼさん。▼
[エリーゼ]
あっ、サクラ!
やっほー。▼
[サクラ]
その楽器…何ですか?
白夜では見た事ありませんね…▼
[エリーゼ]
ああ、これはねー、
暗夜の楽器のバイオリンだよ!▼
[サクラ]
バイオリン…ですか。▼
初めて聴きましたが…
とても美しい音色ですね。▼
[エリーゼ]
ほんと? ありがとう!▼
このバイオリンはね、
弦楽器って種類なんだけど…▼
ほかにももーっと大きいのとか、
低い音が出るのとか色々あってね。▼
あたしはこのバイオリンを弾けるのよ。
小さくってとっても可愛いでしょ?▼
[サクラ]
はい、
とても可愛らしいです…!▼
でもエリーゼさんが楽器を演奏できるなんて、
知りませんでした。▼
[エリーゼ]
えへへー。
実は昔から練習させられてたのー。▼
王女ともあろう者、楽器の一つや二つ、
演奏できなければダメだーっ! てね。▼
それが王家の嗜みだ~って感じ。▼
[サクラ]
うふふ…そうだったんですね。▼
[エリーゼ]
でも今はとっても好きなの、
演奏するの!▼
いろんな曲を奏でられるのって、
とっても楽しいじゃない?▼
[サクラ]
あ…その気持ち、わかります…▼
私も城にいたころは…
琴という楽器を演奏していましたから。▼
[エリーゼ]
コト?▼
[サクラ]
ええ…
それも弦を弾く楽器なんです。▼
バイオリンのように小さくはないので、
さすがに持ち歩くことはできませんでしたが。▼
[エリーゼ]
へぇ~!
白夜にはそんなのがあるんだ!▼
今度聴いてみたいな、
サクラのコトの演奏!▼
[サクラ]
はい、ぜひ…!▼

支援B

[エリーゼ]
サクラ、サクラ!
サクラーーーーーッ!!!▼
[サクラ]
エリーゼさん…どうしたのですか?
そんなに息を切らして…▼
[エリーゼ]
見つけたよー!
琴を持ってる人~!!▼
[サクラ]
えっ…琴を…?
どういうことでしょう?▼
[エリーゼ]
うーんとね、サクラこの前から
琴を弾きたがってたでしょ?▼
だから町に行った時に、
琴を持ってる人がいないか…▼
あたし聞いて回ってたの!▼
[サクラ]
そ、そうだったんですね…▼
[エリーゼ]
うん!
少しなら演奏させてもらえるって!▼
だからサクラ早く早く!
こっちに来てー!!▼
[サクラ]
わっ! エリーゼさん!
そんなに引っ張らないでください~!!▼
[エリーゼ]
…………▼
すごぉい…
サクラ、すごいよぉ…!▼
あたし感激しちゃった!!!
琴ってこんな素敵な音が出るんだねー!▼
バイオリンと同じ弦楽器なのに、
こんなに音が違うなんて!!▼
とっても魅力的な演奏だったよ、
サクラ!▼
[サクラ]
エ、エリーゼさん…
褒め過ぎですよ。▼
お、お世辞は止めてください…▼
[エリーゼ]
ううん、全然お世辞なんかじゃないよ!
本当にすごいって思ったんだもん!▼
[サクラ]
そ、そう言ってもらえて良かったです。▼
[エリーゼ]
あっ! そうだ!▼
今度あたしがバイオリンを弾くから
一緒に合奏しようよ!▼
[サクラ]
合奏…?
二人で…一緒に弾くということですか?▼
[エリーゼ]
うん、そうだよ!
面白そうでしょ?▼
[サクラ]
ええと…
確かに面白そうですけど…▼
白夜と暗夜の曲は
だいぶ雰囲気が違いますし、▼
この二つの楽器の音色って…
合うのでしょうか?▼
[エリーゼ]
た、確かに!
そこまで考えてなかったなあ…▼
でも、きっと、この二つの楽器に合う
素敵な曲だってあるはずだよ!▼
[サクラ]
そ、そうですね…
挑戦してみる価値はありそうです。▼
わかりました、エリーゼさん。
早速取り掛かってみましょう…!▼
[エリーゼ]
わーい!
それじゃあ曲を探すところからだね~!▼

支援A

[エリーゼ]
お、終わったね…!
あたしたちの合奏…▼
[サクラ]
は、はい…!▼
[エリーゼ]
どうだったと思う?▼
あたし、初めてにしては
悪くなかったかもって思うんだけど…!▼
[サクラ]
そうですね…
チグハグしていたところもありましたが…▼
私も、うまくいったのではないかと
思います…!▼
[エリーゼ]
うんうん、そうだよね!▼
バイオリンと琴の二重奏も、
意外に合ってたよ!▼
ああー、合奏できる曲が見つかって、
本当に良かったようー!▼
[サクラ]
もっと色んな曲もやってみたいですね。
私、とっても楽しかったですから…!▼
[エリーゼ]
あたしもあたしも~!▼
[サクラ]
エリーゼさん、
せっかくこうして演奏できたわけですし、▼
これからもっと練習して
上手に弾けるようになりませんか…?▼
今は戦争中なので…できる範囲で、
ということになってしまいますが。▼
[エリーゼ]
もちろん!▼
早く世界が平和になって、
ちゃんと練習ができるようになったらいいね。▼
そしたらさ、暗夜と白夜…
両方の国民たちに、▼
あたしたちの演奏を聴いてもらおうよ!▼
[サクラ]
それ、とても素敵ですね…!▼
違う国の楽器が、
ひとつの音楽を奏でる…▼
その様子を見てくださればきっと…
両国の民はもっと仲良くなれるはず…ですよね。▼
[エリーゼ]
あたしとサクラみたいにね!▼
[サクラ]
はい…!▼
では、いつか来るその日のために…
がんばって練習しましょうね、エリーゼさん。▼
[エリーゼ]
うん!
がんばろうね、サクラ!▼

レオン

支援C

[サクラ]
レオンさん…
これから軍議に参加されるのですか?▼
[レオン]
サクラ王女。
あなたも参加を?▼
[サクラ]
いえ、私は…
お役に立てないでしょうから…▼
敵を倒すための話し合いは…
苦手なんです…▼
[レオン]
じゃあ僕たちは揃いも揃って、
あなたの苦手なことをしているわけだね。▼
[サクラ]
ご、ごめんなさい…
私、そういうつもりではなくて…▼
[レオン]
確かにあなたの言うとおり…▼
軍議とは、皆で戦略を練り、
敵をどう撃破するのかを論じる場だ。▼
[サクラ]
…………▼
[レオン]
しかし、それをしなければ、
こちらの兵が傷つくことになる。▼
[サクラ]
は、はい。わかっています…
でも…▼
[レオン]
サクラ王女、
あなたには戦場は向いていない。▼
この戦が終わるまで、
どこかへ隠れていた方がいい。▼
あなたのような人が生き残れるほど
戦は甘いものではないからね。▼
[サクラ]
…………▼

支援B

[サクラ]
あの、レオンさん…▼
[レオン]
サクラ王女。
僕に何か用でも?▼
[サクラ]
わ、私も、軍議に…
参加させていただけないでしょうか?▼
[レオン]
サクラ王女が軍議に?▼
[サクラ]
はい…お願いいたします…▼
[レオン]
あなたはこの間、言ったはずだ。▼
人を倒すための
話し合いには参加できない、と。▼
[サクラ]
はい…
確かにそう言いました…▼
[レオン]
ならば、やめておいた方がいい。▼
人よりも他人の痛みを
感じることのできるあなたのことだ。▼
軍議に参加しても自分の心を
すり減らしてしまうだけだと思う。▼
[サクラ]
………▼
そ、それでも…
私は参加したいのです!▼
[レオン]
…なぜそこまで?▼
[サクラ]
確かに私は…
軍議の場でお役には立てないと思います…▼
でも、軍議に参加して…
少しでも戦の状況を把握できれば…▼
戦が終わった後、兵たちへの救護が
すみやかに行えると思うのです。▼
[レオン]
…なるほど。
戦闘後の救護のためにというわけか。▼
[サクラ]
どんな作戦が立てられて
どの程度の被害が予想されるか…▼
それが最初からわかっていれば
救護の準備も的確にできると思うのです。▼
[レオン]
それならば理解できる。
サクラ王女も軍議に参加すればいい。▼
[サクラ]
はい…
ありがとうございます…レオンさん。▼

支援A

[レオン]
感謝する、サクラ王女。▼
あなたが軍議に参加したおかげで、
怪我人への処置が迅速に行われたようだ。▼
[サクラ]
はい…みなさんも
がんばってくれましたから…▼
[レオン]
…僕に謝罪させて欲しい。▼
戦場には向いていないなどと
暴言を吐いてしまったことを。▼
[サクラ]
レオンさん…▼
[レオン]
あなたにはあなたなりの
戦場での闘い方があったんだね。▼
[サクラ]
私は今でも…
戦場が苦手です…▼
誰かを傷つけたり、
誰かが傷つけられたり…▼
できることならば…
そんな光景は見たくありません。▼
[レオン]
…………▼
[サクラ]
でも、だからといって…▼
眼を閉じ、耳を塞いで…
戦争の終わりをじっと待つこともできません。▼
[レオン]
サクラ王女…▼
[サクラ]
だから、それなら…
私にできることはやろうと思って…▼
[レオン]
強いんだね。
サクラ王女は。▼
[サクラ]
そ、そんな…
私なんて強くありません…▼
[レオン]
いや、強いよ。▼
どのような状況においても、
サクラ王女は逃げだしたりしない。▼
自分のやれることを探して実行した。▼
それができたのは、
あなたに強い心が備わっているからだ。▼
[サクラ]
…ありがとうございます。▼
[レオン]
サクラ王女。
これからもよろしく頼む。▼
[サクラ]
はい…▼

支援S

[レオン]
…………▼
[サクラ]
レオンさん…▼
[レオン]
サクラ王女。▼
[サクラ]
ど、どうしてそんなに…▼
私のことを…
見つめていらっしゃるのでしょうか…▼
[レオン]
…………▼
[サクラ]
あ、あの、その…
何か言ってくださらないと…▼
わ、私…困ってしまいます…▼
[レオン]
…………▼
サクラ王女。
あなたに伝えたいことがある。▼
[サクラ]
は、はい…
な、なんでしょうか?▼
[レオン]
僕はあなたを愛している。
だから、どうか僕と結婚して欲しい。▼
[サクラ]
え…
ええええ!?▼
れ、レオンさん…
きゅ、急にどうされたのですか?▼
な、何かの冗談でしょうか…
そ、そうに決まっていますよね…▼
[レオン]
急にではない。
僕はずっとサクラ王女のことを思っていた。▼
[サクラ]
そ、そんなことを言われても…
私にはとても信じられません…▼
[レオン]
どうしてだ?▼
[サクラ]
わ、私よりも素敵な女性は…
いっぱいいると思いますし…▼
[レオン]
サクラ王女よりも魅力的な女性などいない。
僕はそう思っている。▼
[サクラ]
そ、そ、そんなことありません…
からかわないでください…▼
[レオン]
僕は本気だ。
応えてくれるまではここを離れない。▼
[サクラ]
あ、あぅぅ…▼
[レオン]
サクラ王女、あなたは誰よりも優しい。
そして、誰よりも強い女性だ。▼
[サクラ]
わ、私が強いのですか?▼
[レオン]
ああ、強い。▼
他人に優しくできる人間は、
とても強い人間だと僕は思う。▼
[サクラ]
レオンさん…▼
[レオン]
僕はそんなあなたの強さに、
優しさにひかれてしまったんだ。▼
[サクラ]
…………▼
[レオン]
サクラ王女。
どうか、僕と結婚してくれ。▼
[サクラ]
わ、私でよければ…
よろしくお願いいたします…▼

マークス

支援C

[サクラ]
マ、マークスさん…▼
[マークス]
?▼
[サクラ]
こ…こんにちは…▼
[マークス]
こんにちは、サクラ王女。▼
[サクラ]
…………▼
[マークス]
…どうしたのだ?▼
[サクラ]
い、いえ…
ただ私はマークスさんにご挨拶したくて…▼
[マークス]
私にあいさつを?
ただそれだけのために来たというのか。▼
[サクラ]
そ、そうです…▼
あ…間違えました、違うんです…
実はそれだけではなくて…▼
[マークス]
それだけではなくて…?▼
[サクラ]
…………▼
ええと…ご、ごめんなさい。
なんだか、変な感じになってしまいましたね…▼
[マークス]
…いや。
別にそんなことはないが…▼
…言いたいことがあれば言ってくれ。▼
[サクラ]
す、すみません…▼
あの…
で、出直します…▼
[マークス]
サクラ王女…
どうしたというのだ…▼

支援B

[マークス]
サクラ王女。▼
[サクラ]
マークスさん…▼
[マークス]
この間はあいさつだけして
いなくなってしまったが…▼
どうしたというのだ。▼
[サクラ]
え、ええと…▼
[マークス]
何か訳がありそうだな。
言ってくれ。▼
[サクラ]
…………▼
じ、実は…その…私…
く、訓練していたのです。▼
[マークス]
訓練?▼
[サクラ]
は、はい。
私…その…あがり症と言いますか…▼
照れ屋というか…
あまり人とうまくしゃべれなくて…▼
[マークス]
それで、私に話しかけたと?▼
[サクラ]
すみません…▼
マークスさんのような方とお話ができれば
あがり症を克服できるかと…▼
[マークス]
私のような者と?
なぜそう考えたのだ?▼
[サクラ]
…マークスさんは暗夜の中でも
一番威圧感があるので…▼
[マークス]
…………▼
[サクラ]
あわわ…!▼
ご、ごめんなさい!
そういうつもりじゃなくて…!!▼
[マークス]
ははは。
いや、謝ることはない。▼
よく言われることだ。
いい意味でも、悪い意味でもな。▼
[サクラ]
私、失礼すぎました!
とんでもなく失礼でした!▼
ほ、本当にごめんなさい!▼
[マークス]
だから、別に謝ることは…▼
[サクラ]
お許しください!▼
[マークス]
…ふむ。
あがり症の克服か。▼

支援A

[マークス]
サクラ王女。
話をしようではないか。▼
[サクラ]
えっ?▼
[マークス]
私と会話することが訓練になるというなら、
私はよろこんで協力しよう。▼
[サクラ]
えっ、本当ですか?
で、でも…▼
気持ちはうれしいですが…▼
[マークス]
臆することはない。▼
実は私にもあったのだ。
サクラ王女のような経験が…▼
[サクラ]
えっ?▼
[マークス]
ごく一部の者しか知らない話だが、
幼少期の私は決して強くなかった。▼
人の目を見て話せない時期があったり…
剣術もままならなかったり…▼
…それでよく父上に失望されたものだ。▼
そして、ある日…
私は変わろうと思った。▼
そこで考えた方法がサクラ王女と同じ…▼
一番怖い存在…
つまり父上に話しかけるということだった。▼
[サクラ]
そ、それでどうなったんですか?▼
[マークス]
少しずつだが私は変わっていった。▼
[サクラ]
そ、そうなんですか!▼
[マークス]
ただ、今だから思うのだが…▼
私が変わることができたのは
父上と話したことだけが理由ではない。▼
[サクラ]
えっ?▼
[マークス]
自分を変えたいと思う気持ち…
それがまず一番大事なのだ。▼
サクラ王女はその気持ちを持っている。
だから、必ず変われるはず。▼
[サクラ]
マークスさん…
ありがとうございます…▼
[マークス]
さあ、話をしよう。
話題はサクラ王女が決めるといい。▼
[サクラ]
わ、話題…ですか?
そうですね…▼
…………▼
[マークス]
難しく考える必要はない。
最近、サクラ王女が一番感動したことは?▼
[サクラ]
一番感動したこと…ですか…▼
…あっ。▼
さっきとてもきれいなお花が
咲いていましたよ。▼
[マークス]
おお、良いではないか。
ではきれいな花の話をしよう。▼
[サクラ]
はい!▼
えっとですね、そのお花は…▼

支援S

[マークス]
サクラ王女、待っていたぞ。
今日も話をしよう。▼
[サクラ]
はい!▼
[マークス]
いい表情だ。
訓練の効果がでたのかもしれないな。▼
[サクラ]
そ、そうかもしれません…
だとしたら本当にありがとうございます…▼
[マークス]
さて、今日の会話だが
私たちの未来について語らないか?▼
[サクラ]
未来ですか?
いいですね。▼
暗夜と白夜の未来について。
闘いの今後について。▼
たくさんお話ししましょう。▼
[マークス]
いや、そういう意味ではないのだ。
サクラ王女、私が言いたいのは…▼
その…▼
[サクラ]
…どうしたのですか?▼
[マークス]
ああ、困ったな。
緊張することなど滅多にないのだが…▼
今日はまるで…
幼少期のころの私のようだ。▼
勇気を出せ、マークス…
お前は暗夜王国の第一王子なのだぞ。▼
[サクラ]
…マークスさん?▼
[マークス]
…サクラ王女、私が言いたいのは
こういうことだ。▼
これを受け取ってもらいたい。
結婚指輪だ。▼
[サクラ]
!?▼
[マークス]
サクラ王女、私と結婚してもらいたい。▼
[サクラ]
…………▼
そ、そ、そ、そんな…▼
[マークス]
ど、どうしたのだ?▼
[サクラ]
い、いえ…▼
な、なんかすごいお話すぎて、
緊張してきてしまって…▼
[マークス]
こ、困ったな。
私たち二人ともカチコチではないか…▼
[サクラ]
うふふ…▼
[マークス]
?▼
[サクラ]
いえ…ごめんなさい。▼
なんか二人で緊張しているって考えたら
ほほえましくて気が楽になりました。▼
[マークス]
そ、そうか。
それはよかった。▼
[サクラ]
マークスさんとの結婚、
喜んでお受けします。▼
[マークス]
ありがとう。サクラ王女。
必ずあなたを幸せにしてみせる。▼
それから…暗夜と白夜、
双方の民たちのことも。▼
[サクラ]
はい…▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-08 (土) 12:44:47