カンナ(男)の支援会話


マイユニット・女性

ジョーカー(親子)

支援C

[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[ジョーカー]
どうした、カンナ?
なにかあったのか?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[ジョーカー]
それは当たり前だろ。
お前はカムイさんの子供なんだからな。▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[ジョーカー]
お前…ひょっとしてカムイさんから
頼りにされたいと思っているのか?▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるのかな?▼
[ジョーカー]
ふっ、あの方を喜ばそうなど百年早い…▼
俺は身の周りのお世話を完璧にこなした上で
最高のお茶を淹れて差し上げることができるぞ。▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[ジョーカー]
ああ。いつも大変喜んで下さる。▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[ジョーカー]
…何か不満そうな面だな?
言いたいことがあれば言ってみろ…▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[ジョーカー]
な、何だと!? ふん…そんな方法があるなら
聞かせてもらいたいものだな。▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[ジョーカー]
勝負…だと?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[ジョーカー]
あの方からの感謝の数を競うわけか…
面白い。受けて立ってやろう!▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[ジョーカー]
だが…俺はカムイさんのことなら
幼きころから知り尽くしている…▼
悪いがこの勝負、負けるはずがない。
勝つのはこの俺だぞ、カンナ。▼
[カンナ]
うん、正々堂々と勝負だね!▼
[ジョーカー]
ふふ、俺の凄さを思い知らせてやる…!▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[ジョーカー]
なんだ? まだ勝負の途中だというのに
緊張感の無い奴め…▼
礼を言われるたびにこの帳面に数を
記入している。ちょっと数えてみろ。▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
こんなに喜んでもらってるの?▼
[ジョーカー]
どうだ? 何も特別なことはしていないが
俺にかかればざっとこんなものだ。▼
しかし。今までは意識してなかったが
数えてみると意外と言われているものだ。▼
ふふっ。まあ、カムイさんからの
愛と信頼の証だと思うと悪い気はしないな…▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[ジョーカー]
バ、バカな…!?
俺と同数…だと!?▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[ジョーカー]
な、なんという屈辱…
カンナ、お前…どんな卑劣な手を使った!?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[ジョーカー]
な、なに…!? それだけか…?
そんなことで…お礼を言ってもらえたのか…?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[ジョーカー]
そ、そうか…見落としていた。
その手があったか…▼
[カンナ]
えっ?▼
[ジョーカー]
カンナ…気がつけばお前も、
ずいぶん大きくなっていたんだな。▼
布団を干したり野菜を切ったりする姿など
少し前なら想像すらできなかった。▼
お前を子供扱いしていたのは
俺も同じだったのかもしれん。▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[ジョーカー]
ふっ。そうだ…その努力して成長する姿こそが
カムイさんを喜ばせたものの正体だ。▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[ジョーカー]
やはり…
子の成長を喜ばない親はいないからな。▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[ジョーカー]
ふっ…これは思いの他、強敵だったようだ…
だが俺も負けんぞ、カンナ!▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[ジョーカー]
今日は不機嫌そうだな…カンナ…▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[ジョーカー]
どうしたんだ? そんなにふてくされて…▼
この前、俺との勝負に勝ってからは
しばらくご機嫌だっただろう?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃたんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[ジョーカー]
ふむ…何かと思えばそういうことか…▼
安心しろ。
お前に落ち度があったわけではない。▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[ジョーカー]
だからそうじゃない…
カムイさんはな…寂しかったんだ。▼
[カンナ]
寂しかった…?▼
[ジョーカー]
ふふ…親というのは身勝手なものでな
子供に早く大きくなって欲しいと思う一方で▼
手がかからなくなると、頼られなくなって
寂しさを感じてしまうんだ。▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[ジョーカー]
だろうな…俺だって実際に親になって
はじめてわかったのだ。▼
カンナ、こんな風にしてみたらどうだ?
まず、手伝いは今まで通り続けるんだ。▼
その上で、時々、夜一緒に寝て欲しいと
お願いしろ。▼
そうすればカムイさんは
きっと喜んで下さるだろう。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[ジョーカー]
お前…まさかカムイさんと一緒に寝るのが
イヤだと言うんじゃないだろうな?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[ジョーカー]
ええい…わからない奴め。
だから、甘えろと言っているんだ!▼
そう、もっと甘えろ…
何故なら、お前は俺たちの子供なんだからな!▼
[カンナ]
お父さん…▼
[ジョーカー]
カンナ、心配しなくても、お前は
毎日立派に成長してくれている。▼
だからもう少し甘えてくれるくらいで
きっとちょうどいいんだ…▼
カムイさんの為にもそうして差し上げろ。▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[ジョーカー]
よし、じゃあ今夜は二人が一緒に寝られるように
カムイさんにお伝えしてくるとしよう。▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[ジョーカー]
なっ!? ど、どうして俺まで…!?▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
[ジョーカー]
い、いや…俺は…▼
[カンナ]
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[ジョーカー]
………し、仕方ない奴だな。
まあ、たまには…いいだろう…▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[ジョーカー]
ふふ。我が子の頼みは断り切れないとは…
俺も本当に父親になったということか…▼
家族みんなで寄り添って寝る…か
こんな日々がずっと続いて欲しいものだ…▼

スズカゼ(親子)

支援C

[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[スズカゼ]
ああ、カンナ。どうしたんですか?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[スズカゼ]
それはカンナがカムイさんの
子供なのですから当然なのでは?▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[スズカゼ]
なるほど。カンナはお母さんに
もっと頼られたいというわけですね。▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるのかな?▼
[スズカゼ]
そうですね…▼
私の場合は、任務で傍にいないことも多いので
ちゃんと会話する機会を作っていますよ。▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[スズカゼ]
ええ、そのはずです。
いつも楽しそうに話を聞いてくれますよ。▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[スズカゼ]
何か物足りなさそうですね、カンナ。▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[スズカゼ]
すごく喜んでもらえる方法ですか…▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[スズカゼ]
勝負…ですか?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[スズカゼ]
ふむ、親子で勝負ですか…
これは貴重な体験ですね。▼
わかりました。その勝負、受けましょう。▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[スズカゼ]
ええ。私もカムイさんの夫…
彼女のことはお慕いしています。▼
たとえ相手が我が息子と言っても
この勝負、負けるわけにはいきません。▼
[カンナ]
うん、正々堂々と勝負だね!▼
[スズカゼ]
はい、よろしくお願いします。▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[スズカゼ]
そうですね…▼
私の場合、いつも通りに過ごしていますが、
カムイさんからのお礼の数は多いですよ。▼
…こちらが覚え書きです。
正の字で礼を言われた回数を記しておきました。▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
いつもと同じことしてるだけで、
こんなに喜んでもらってるの?▼
[スズカゼ]
ええ。今まで意識してなかったのですが、
数えてみると意外と言われているものですね。▼
カムイさんからの愛を
改めて実感しました。▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[スズカゼ]
現時点では二人は同数のようですね。▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[スズカゼ]
それは素晴らしいですね。
ちなみに何をしたんですか?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[スズカゼ]
そうですか。カムイさんは
さぞ喜んでくれたのでは?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[スズカゼ]
ふふっ、良かったですね。▼
……それにしてもいつの間にか
カンナも成長していたんですね。▼
[カンナ]
えっ?▼
[スズカゼ]
先ほどの話を聞いて思ったんです。▼
カンナを子供扱いしていたのは、
私も同じだったのかもしれないと。▼
少し前までは布団を干したり
野菜を切ったりする姿なんて▼
想像できませんでしたからね。▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[スズカゼ]
そうですね。その努力する姿を見て、
カムイさんも嬉しかったとおもいます。▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[スズカゼ]
ふふっ。やはりカムイさんも
カンナの成長に感動したようですね。▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[スズカゼ]
はい。私も
うかうかしていられませんね。▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[スズカゼ]
おや、カンナ?▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[スズカゼ]
そんなにふてくされて
どうしたんですか、カンナ?▼
先日私との勝負に勝ってからというもの、
ずっと機嫌が良かったではないですか?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃたんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[スズカゼ]
そんなに落ち込まなくても大丈夫ですよ。▼
カンナはちゃんと手伝いできていたことは
見なくても想像がつきますよ。▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[スズカゼ]
それはですね。カムイさんは、▼
カンナが成長していくことがうれしい半面、
少しだけ寂しかったんですよ。▼
[カンナ]
寂しかった…?▼
[スズカゼ]
はい。親というのは身勝手なもので、
子供に手がかからなくなることで、▼
頼られない寂しさを感じてしまう
ものなのですよ。▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[スズカゼ]
カンナ、こうしては如何ですか?▼
お手伝いは今まで通り継続しつつ、
たまに一緒に寝る機会を設けるんです。▼
そうすればカムイさんもきっと
嬉しいと感じるでしょう。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[スズカゼ]
カンナはカムイさんと
一緒に寝るのはイヤなんですか?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[スズカゼ]
…ふふっ、そういうことですか。
でもそれでいいと思います。▼
だってカンナは私たちの子供なんですから。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[スズカゼ]
カンナは私たちが心配せずとも
成長してくれていますからね。▼
少し甘えてくれるくらいが、
きっとちょうどいいんだと思いますよ。▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[スズカゼ]
では今夜は二人が一緒に寝られるよう、
カムイさんに話をしに行きましょうか。▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[スズカゼ]
ええっ? ですが私は…▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[スズカゼ]
……わかりました。
ふふふっ、仕方がないですね。▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[スズカゼ]
…はあ。我が子の頼みには
つい弱くなってしまいますね。▼
家族みんなで寄り添って寝るとは、
少し気恥ずかしいですね…ははは。▼

サイラス(親子)

支援C

[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[サイラス]
ああ、カンナ。どうしたんだ?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[サイラス]
それは当たり前だろ?
お前はカムイの子供じゃないか。▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[サイラス]
なるほど。カンナはカムイに
もっと頼りにされたいわけか。▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるのかな?▼
[サイラス]
喜ばせることか…▼
俺の場合はアイツを行きたい場所へ
連れて行ってやったりすることかな。▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[サイラス]
ああ、いつも楽しそうにしてくれているぞ。▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[サイラス]
あれ?
なんか不満そうだな…カンナ。▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[サイラス]
う〜ん…
すごく喜んでもらえる方法ねぇ…▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[サイラス]
勝負…?
どういうことだ?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[サイラス]
なるほど、親子で競争ってわけか…
面白そうじゃないか。▼
わかった。その勝負、受けてやるよ!▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[サイラス]
ああ。けど、俺もカムイの夫…
彼女を想う気持ちなら誰にも負けない。▼
お前に勝って、それを証明してやるよ。▼
[カンナ]
うん、正々堂々と勝負だね!▼
[サイラス]
ああ、よろしくな、カンナ!▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[サイラス]
そうだな…特別なことはしてないけど
かなりの回数、言ってもらってると思う。▼
言われるたびに紙にチェックしておいたから、
ちょっと数えてみるか…▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
いつもと同じことしてるだけで、
こんなに喜んでもらってるの?▼
[サイラス]
へぇ。意識してなかったけど
数えてみると結構言われてるもんだな。▼
まあ、俺はカムイを大切にしてるから
これくらいは当然ってとこかな。▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[サイラス]
なにっ!
お前も俺と同じ数じゃないか!?▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[サイラス]
く、くそ〜!
ち、ちなみにどんな手伝いをしているんだ?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[サイラス]
へぇ、そんなことをしていたのか…
そりゃあカムイは喜んだだろう?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[サイラス]
ふふ…良かったな。▼
そうか、なんだか知らない間に
お前も成長していたんだな…▼
[カンナ]
えっ?▼
[サイラス]
布団を干したり 野菜を切ったりする姿なんて
ちょっと前まで想像もできなかったのに…▼
カンナを子供扱いしていたのは、
俺も同じだったのかもしれない。▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[サイラス]
そんな風に努力する姿も
カムイは嬉しかったと思うぞ。▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[サイラス]
やっぱりな。子供の成長を喜ばない
親なんていないからな。▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[サイラス]
言ったな、こいつ!
俺だってお前には絶対負けないぞ!▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[サイラス]
よお、カンナ。▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[サイラス]
ん? どうしたんだ?
そんなにふてくされた顔をして…▼
この前、俺との勝負に勝ってから
ずっと機嫌が良かったじゃないか?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃたんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[サイラス]
はは〜ん。
そういうことか。▼
カンナ、気にすることないぞ。
お前はちゃんとお手伝いができているんだ。▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[サイラス]
違うんだ、カムイは
ちょっと寂しくなってきたんだ。▼
[カンナ]
寂しく…なった?▼
[サイラス]
ああ、親っていうのは勝手なもんでさ。▼
子供が成長して手がかからなくなると
それが嬉しい反面…▼
自分が頼られなくなってしまって
寂しい気持ちになってしまうんだ。▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[サイラス]
ふふ…だろうな。
俺だって親になってはじめてわかったんだから。▼
カンナ、良い方法がある。
まず、お手伝いは今まで通り続けるんだ。▼
その上で時々、夜一緒に寝て欲しいって
お願いしてみろ。▼
そうすればカムイはきっと
喜んでくれるぞ。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[サイラス]
なんだ? カンナはカムイと
一緒に寝るのが嫌なのか?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[サイラス]
…なに言ってる。甘えていいんだ。
むしろ甘えて欲しい。▼
だってお前は俺たちの子供なんだから。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[サイラス]
心配しなくてもカンナは
毎日立派に成長してくれている。▼
だから…少し甘えてくれるくらいで
ちょうどいいのさ。▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[サイラス]
よし。じゃあ今夜は二人が一緒に寝られるように
カムイに話をしておいてやるよ。▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[サイラス]
はっ? な、なんで俺まで…▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[サイラス]
……し、仕方ないな。
たまにはそういうのもいいだろう。▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[サイラス]
…はあ。我が子の頼みっていうのは
どうしてこう、断れないもんかね。▼
家族みんなで寄り添って寝る…か。
ふふ…ちょっと恥ずかしいけど…楽しみだな。▼

シグレ(親子)

支援C

[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[シグレ]
ああ、カンナ。どうしたんですか?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[シグレ]
何か変ですか? だってカンナは
カムイさんの子供でしょう?▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[シグレ]
なるほど。カンナはお母さんに
もっと頼られたいと思っているんですね?▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるのかな?▼
[シグレ]
そうですね…
俺の場合は、歌をうたってあげたり▼
景観の良い場所へ
連れて行ってあげたりしますよ。▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[シグレ]
ええ。
いつもとても喜んでくれます。▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[シグレ]
…なんだか、不満そうですね。▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[シグレ]
他に喜んでもらえる方法…
ですか…▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[シグレ]
勝負…なんのです?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[シグレ]
なるほど、親子で競争というわけですね…
面白そうじゃないですか。▼
わかりました。その勝負、受けましょう。▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[シグレ]
ええ。ですが俺もカムイさんの夫…
彼女を誰よりも愛しています。▼
たとえ相手が我が子と言えど
負けるつもりはありませんからね…!▼
[カンナ]
うん、正々堂々と勝負だね!▼
[シグレ]
ふふふ…ええ、よろしくお願いします。▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[シグレ]
そうですね。
あれから、普段通りに過ごしていますが…▼
カムイさんからはかなり
お礼を言われていますよ▼
言われるたびに回数を紙に書いておいたので
ちょっと数えてみましょうか。▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
いつもと同じことしてるだけで、
こんなに喜んでもらってるの?▼
[シグレ]
ええ。今まで意識していませんでしたが、
数えてみると結構言われているものですね。▼
カムイさんからの愛の証のようで
なんだか嬉しいです。▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[シグレ]
これは…!?
今のところ俺たちは同数のようですね…▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[シグレ]
へぇ、それは素晴らしいですね。
ちなみにどんなお手伝いをしているんですか?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[シグレ]
そうなんですか。カムイさんは
とても喜んでくれたでしょう?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[シグレ]
ふふっ、良かったですね。▼
……それにしてもいつの間にか
カンナも成長していたんですね。▼
[カンナ]
えっ?▼
[シグレ]
布団を干したり野菜を切ったりなんて…▼
少し前まで想像もできませんでした。▼
カンナを子供扱いしていたのは、
俺も同じだったのかもしれません。▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[シグレ]
そんな風に努力する姿を見て、きっと
カムイさんも嬉しかったと思います。▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[シグレ]
ふふふ…やはりカムイさんも
カンナの成長に感動したようですね。▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[シグレ]
言ってくれますね…俺も負けませんよ!▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[シグレ]
やあ、カンナ。▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[シグレ]
そんなにふてくされて…
どうしたんですか?▼
先日俺との勝負に勝ってから
ずっと機嫌が良かったじゃないですか?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃたんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[シグレ]
ああ、そういうことですか…▼
そんなに落ち込まなくても大丈夫ですよ。
カンナはちゃんとお手伝いできていたはずです。▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[シグレ]
それはきっと…カムイさんが
寂しい気持ちになったからでしょう。▼
[カンナ]
寂しい…気持ち…?▼
[シグレ]
はい。親というものは子供に手がかからなく
なると、その成長を喜ぶ反面…▼
自分が頼られなくなることで
寂しい気持ちになってしまうんです。▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[シグレ]
ふふ…そうでしょうね。▼
カンナ、いい考えがあります。
お手伝いは今まで通り続けてください。▼
その上で時々、夜一緒に寝て欲しいと
お願いするんです。▼
そうすればきっと、カムイさんは
喜んでくれますよ。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[シグレ]
カンナはカムイさんと
一緒に寝るのはイヤなんですか?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[シグレ]
…カンナ、甘えてくれていいんですよ。▼
だってカンナは俺たちの子供なんですから。▼
[カンナ]
お父さん…▼
[シグレ]
カンナは心配しなくても
立派に成長してくれています。▼
もっと甘えてくれるくらいで
きっとちょうどいいと思います。▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[シグレ]
では今夜は二人が一緒に寝られるよう、
カムイさんに話をしておきましょう。▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[シグレ]
ええっ? い、いや…俺は別に…▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[シグレ]
……し、仕方ないですね…
わかりました。▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[シグレ]
ふふ…我が子の頼みというのは
どうしてこう…断りにくいのでしょう…▼
家族みんなで寝るなんて気恥ずかしいですね…
でも、とっても楽しみです。▼

ディーア(親子)

支援C


[カンナ]
ねえ、お父さん。
ちょっと相談してもいい?▼
[ディーア]
カンナか…どうした…?▼
[カンナ]
お母さんがね
ずっと僕のこと子供扱いするんだよ。▼
[ディーア]
当然だろう。
お前はカムイの子供なんだから…▼
[カンナ]
そうじゃなくて!▼
僕ももう大きくなったんだから
お母さんの力にもっとなれるってことだよ。▼
それなのに、カンナは遊んでていいのよ
って言われてばっかりなんだ…▼
[ディーア]
そうか…カンナはカムイから
もっと頼りにされたいのか…?▼
[カンナ]
そう! 僕、お母さんのために
何かしてあげたいんだ。▼
どうやったらお母さんを
喜ばせてあげられるのかな?▼
[ディーア]
そうだな…▼
俺の場合は、美味しい紅茶を淹れてあげたり
甘いお菓子を焼いてあげたりするぞ。▼
[カンナ]
うーん、それでお母さんは喜ぶの?▼
[ディーア]
ああ…
いつも嬉しそうにしてくれる…▼
[カンナ]
そ、そうなんだ…▼
[ディーア]
…何か不満そうだな?▼
[カンナ]
何か他にお母さんにすっごく喜んでもらえる
方法があるんじゃないかな?▼
[ディーア]
すごく喜んでもらえる方法…か…▼
[カンナ]
あ、そうだ!
お父さん、それなら僕と勝負してみない?▼
[ディーア]
勝負…?▼
[カンナ]
うん。僕とお父さん、どっちがお母さんを
喜ばせてあげられるか勝負するの。▼
色々試してたら一番喜ぶ方法が
見つかるかもしれないでしょ?▼
お母さんからたくさん「ありがとう」って
言われた方が勝ちだよ。▼
[ディーア]
競争か…面倒だな…▼
でもカムイのことなら
受けて立つしかないよな…!▼
[カンナ]
ホント? わーい!▼
[ディーア]
ああ。
俺はカムイの夫…▼
たとえ相手が息子でも、
負けるわけにはいかないんだ…▼
[カンナ]
うん、正々堂々と勝負だね!▼
[ディーア]
そうだな…
よろしく、カンナ…▼

支援B

[カンナ]
ねえ、お父さん。この間言ってた
お母さんを喜ばせる勝負のことだけど、▼
お父さんは今どのくらいお母さんに
ありがとうって言われたの?▼
[ディーア]
ああ、そうだな…▼
あれからいつも通りにしているけど…
カムイから結構お礼を言われてるぞ…▼
言われるたびに回数を書き留めておいたから
ちょっと数えてみるか…▼
[カンナ]
わあ…たくさん!▼
こんなに喜んでもらってるの?▼
[ディーア]
特に意識はしていなかったけど…
以外と言われてるんだな…▼
ふふ…悪い気はしないな…▼
[カンナ]
むー…でも僕だって負けてないもん!▼
ほら、僕も数えておいたんだ!
合計はええと…▼
[ディーア]
なっ…! カンナも俺と同数…!?▼
[カンナ]
あっ、本当だ!
えへへ、でもきっと追い抜かすよ!▼
毎日ずっとお母さんの傍にいて
いっぱいお手伝いしてるもん。▼
[ディーア]
お手伝い…?
どんなお手伝いだ?▼
[カンナ]
ええと、朝はお布団を干してー、▼
お昼はご飯作ってるお母さんの横で
お野菜を切ってー、▼
夜はお風呂掃除をしてるんだよ!▼
[ディーア]
そうか…
カムイは喜んでくれただろう?▼
[カンナ]
うん! いっぱいありがとうって
言ってもらえたよ!▼
[ディーア]
…良かったな…▼
それにしても…気づけばお前も
ずいぶん大きくなっていたんだな…▼
[カンナ]
えっ?▼
[ディーア]
布団を干したり、野菜を切ったりする姿なんて
ちょっと前は想像もできなかった…▼
カンナを子供扱いしていたのは、
俺も同じだったのかもしれないな…▼
[カンナ]
えへへ! 僕、たくさん練習したんだよ。
だからもう何でもできるんだ。▼
[ディーア]
そうか…そんな風に頑張る姿も
カムイは嬉しかったと思うぞ…▼
[カンナ]
あ、そういえば僕、
ありがとうって言われた数よりも▼
すごいって褒められた数の方が
多かったかも…▼
[ディーア]
ふふっ。やっぱりな…▼
[カンナ]
そっか…えへへ、じゃあ明日からも
たくさんお手伝いしようっと!▼
お父さんには負けないからね!▼
[ディーア]
すげえ意気込みだな…
これはうかうかしてられない。俺も頑張ろっと…▼

支援A

[カンナ]
むー…▼
[ディーア]
…どうした、カンナ?▼
[カンナ]
あ、お父さん…▼
[ディーア]
この前、俺との勝負に勝ってから
ここのところずっと機嫌が良かったのに…▼
今日は不機嫌そうだな…
何かあったのか?▼
[カンナ]
あのね、今日も僕、
お母さんのお手伝いしてたの。▼
そしたら、お手伝いは嬉しいんだけど、
もっと甘えてほしいって言われて…▼
また子供扱いされちゃたんだ…▼
僕、ちゃんとお手伝い
できてなかったのかな?▼
[ディーア]
…そういうことか。
そんなに落ち込まなくてもいい…▼
お前は多分、ちゃんとお手伝いが
できていたと思うぞ…▼
[カンナ]
でも、お母さんからは
お手伝いよりも甘えてほしいって…▼
[ディーア]
違うんだ…
それは…寂しかったんだ…▼
[カンナ]
寂しかった…?▼
[ディーア]
…親っていうのは勝手なんだ…
子供の成長を見るのは嬉しいくせに…▼
手がかからなくなると、今度は
頼りにされなくて寂しくなるのさ…▼
[カンナ]
うーん、ちょっと僕には難しいかも…▼
[ディーア]
そりゃそうだろうな…
俺だって最近わかったんだから。▼
カンナ、こういうのはどうだ…?
まず、お手伝いは今まで通り続けるんだ…▼
その上で、時々夜一緒に寝て欲しいって
お願いしてみろ…▼
そうすればカムイはきっと
喜んでくれるぞ。▼
[カンナ]
で、でも…▼
[ディーア
なんだ…? カンナはカムイと
一緒に寝るのはイヤなのか…?▼
[カンナ]
ううん! そんなことないよ!▼
ただ…お母さんと一緒に寝ると、
ずっと甘えたくなっちゃうんだ…▼
[ディーア]
甘えればいいじゃん…
だってカンナは俺たちの子供なんだから…▼
[カンナ]
お父さん…▼
[ディーア]
カンナは俺たちが心配しなくても
ちゃんと成長してくれてる…▼
だから…少し甘えてくれるくらいで
きっとちょうどいい…▼
[カンナ]
うん…ありがとう、お父さん!
これからはそうするね!▼
[ディーア]
じゃあ今夜から二人が一緒に寝られるよう、
カムイに話をしておいてやる…▼
[カンナ]
あっ!
それならお父さんも一緒に寝ようよ!▼
[ディーア]
え? い、いや…俺は…▼
[カンナ]
だって僕、お母さんだけじゃなくて、
お父さんにも甘えたいもん!▼
家族みんなで一緒に寝たいよ。ダメ?▼
[ディーア]
……し、しかたない。
カンナがそこまで言うなら…▼
[カンナ]
わーい、やったー!▼
[ディーア]
…なんだか、急に変な話になっちまったぞ…▼
でも、家族みんなが一緒に寝る…か。
それはそれで、楽しみだな…▼

アシュラ(親子)

アシュラのページへ

イザナ(親子)

イザナのページへ

フウガ(親子)

フウガのページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-17 (日) 20:20:35