アクアの支援会話


マイユニット男性

マイユニット女性

エリーゼ

支援C

[エリーゼ]
あっ! アクアおねえちゃん
探してたんだよー!▼
[アクア]
エリーゼ。
どうしたの…? 私に何か用?▼
[エリーゼ]
うん!
今からあたしと遊ぼうよ!▼
あたし、新しいおねえちゃんができて
とってもうれしいから…▼
アクアおねえちゃんのこと、
もっとよく知りたいの!▼
[アクア]
そう…あなたのその気持ち、嬉しいわ。
でも、ごめんなさい。▼
私は今から、一人で考えたいことがあるから…
遊ぶのはまた今度でもいいかしら。▼
[エリーゼ]
えー、そんなの後でもいいよ。
誰かと約束してるわけじゃないんでしょ?▼
[アクア]
ええ、それは…そうだけど。▼
[エリーゼ]
じゃあいいじゃない!
早速今から遊びに行くよーっ!▼
[アクア]
でもその、私…▼
[エリーゼ]
んもー、アクアおねえちゃんったら、
煮え切らないなあ。▼
よーし、それじゃ実力行使だよ!
えーいっ!!▼
[アクア]
きゃっ。ちょ、ちょっと待って。
強く手を引っ張らないで…!▼
こ、困ったわね…こういう時、
どうすればいいのかわからないわ…▼
サクラは、こんなことしなかったから…▼
[エリーゼ]
サクラ…?▼
むっ。それってあたしより白夜の妹の方が
いいってこと…?▼
聞き分けのいい子しか
妹として相応しくないっていうの?▼
[アクア]
い、いえ、違うの。
そういう意味で言ったわけじゃ…▼
[エリーゼ]
そういう意味だよー!
あたしと別の妹を比べるなんてひどい!▼
[アクア]
ご、ごめんなさい、エリーゼ。
比べるつもりなんて、全然なかったのよ。▼
[エリーゼ]
うぅ…
せっかく仲良くしようと思ってたのに…▼
もう、怒っちゃったんだからーっ!▼
アクアおねえちゃんなんて、
一人で森のくまさんと仲良くしてればいいのよ!▼
うわーん!▼
[アクア]
エリーゼ…▼
はぁ…今のは、失言だったわね。▼
私、あの子とはずっと仲良くしたいと
思っていたのに。▼
あの子が生まれたって聞いた時から、
ずっと…▼

支援B

[アクア]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
あ、アクアおねえちゃん~!!▼
…はっ。▼
ア…アクアおねえちゃんのことなんて、
知らないんだもん!▼
あたしのこと、他の妹と比べちゃう人なんかとは
口利かないんだもん!▼
[アクア]
エリーゼ…この間は本当にごめんなさい。▼
とっさに出た言葉とはいえ
私…酷いことを言ってしまったわ…▼
大人げなかったと反省してるの…
本当にごめんなさい。▼
[エリーゼ]
ぷぅ~!
嫌よ、絶対に許さないもん!▼
[アクア]
お詫びの印になるかわからないけど…
これをあなたにあげようと思って持ってきたの。▼
[エリーゼ]
えっ…?▼
わっ! わわわーーーっ!!
すごく綺麗な生地ね!!▼
なにこれー!?▼
[アクア]
これは着物と言って、
白夜王国の文化的な衣装なのよ。▼
[エリーゼ]
すご~い!! あたしにくれるの!?▼
…じゃなかった。
あたしを子供扱いしないでよ!▼
物なんかじゃあたしは釣られないんだから!▼
[アクア]
そうよね…▼
そんな簡単に許してもらえるわけ
ないわよね…▼
[エリーゼ]
…………▼
[アクア]
でもこれはね…亡くなってしまった
ミコト女王からいただいたものなの。▼
私が暗夜を去った後、
新しい王女…▼
エリーゼが生まれたという話が
白夜王国に伝わってきた時に、▼
私はあなたへの気持ちをミコト女王に話したの。
この着物は、その時にいただいたのよ。▼
[エリーゼ]
ふ、ふーん。そうなんだ…
あたしへの気持ちって、何を話したの…?▼
[アクア]
暗夜王国に生まれた王女は、
本当なら私の妹になるはずだった…▼
けれど私はもう
暗夜を離れてしまったから、▼
私は彼女とお話することも、
仲良くすることも、顔を見る事すらできない。▼
それが何だか、とても寂しく思うって…
そう話したの。▼
[エリーゼ]
アクアおねえちゃん…▼
[アクア]
そうしたらね…ミコト女王は…▼
そんなことはない、両国が分かり合える
未来は必ず来ますって、そう言ったの。▼
そしてこの着物を私に渡して…▼
いつか生まれたばかりのその子と
仲良くなれる機会ができたら、▼
この着物を渡してあげなさいって
言ってくれたのよ。▼
それを思い出したから、私はあなたに
これを渡そうと思って、ここに来たの。▼
[エリーゼ]
…………▼
ミコトさんって…
優しい人だった?▼
[アクア]
ええ、とても。
私の憧れの女性だったわ…▼
[エリーゼ]
そうかぁ…じゃあ受け取らないと、
ミコトさんに失礼になっちゃうね。▼
この着物、受け取るよ…!▼
[アクア]
ありがとう、エリーゼ。
きっとあの人も喜んでくれているはずよ。▼
[エリーゼ]
えへへ…
そうだったら、いいなあ。▼
ありがとう。アクアおねえちゃん。▼
あたしも、この前は
わがまま言ってごめんなさい。▼
あたしたち、今はこんなに仲良しだよって、
ミコトさんにも…伝わってるといいね!▼
[アクア]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
あれれ…よく見たら、これ…
着物って何だか不思議な形なのね?▼
どうやって着ればいいのか、
全然わかんない。▼
[アクア]
大丈夫よ、今から私が教えてあげるから。▼
[エリーゼ]
わーい!
アクアおねえちゃん、大好きーっ!▼

支援A

[アクア]
あ、エリーゼ。▼
この間のあなたの着物姿は
本当に可愛らしかったわね。▼
皆もあなたに見惚れていたわ。▼
[エリーゼ]
…………▼
[アクア]
ど、どうしたの、エリーゼ…
難しい顔をして?▼
[エリーゼ]
あっ、アクアおねえちゃん。
ご、ごめんね…!▼
ちょっと考え事をしちゃってて…!
もう一回言ってもらってもいい?▼
[アクア]
あなたの着物姿はとても似合っていたって
話していたのよ。▼
[エリーゼ]
ああ、うん。ありがとね、えへへ!▼
[アクア]
それにしても…何を考えていたの?▼
[エリーゼ]
うん…あたし…
あの着物を着て思ったの。▼
世界が平和になったら、
暗夜のみんな…国民の前に…▼
あの着物姿で出よう、って。▼
[アクア]
えっ…でもそれは…!▼
[エリーゼ]
うん、きっと国同士のケンカは
そんな簡単に終わらないもんね…▼
嫌がる人もいると思うの…▼
でもね、あたしが率先して白夜のことを
理解しないとダメだって思ったんだ。▼
[アクア]
エリーゼ…▼
[エリーゼ]
あたしがまず暗夜のみんなに
白夜の文化はこんなにすごいんだよって言えば、▼
みんなも少しは聞く耳を持って
くれるような…そんな気がするの…▼
えへへ…どうかな?▼
[アクア]
ええ、素晴らしいと思うわ…
ぜひそれを実行してほしい。▼
きっとミコト女王も喜ぶと思うから。▼
[エリーゼ]
うん、わかった!▼
アクアおねえちゃんに賛成してもらえるなら、
やってみようかな!▼
[アクア]
エリーゼ…あなたは本当に前向きで、
とても優しい子なのね…私も見習わないと。▼
[エリーゼ]
うふふっ…アクアおねえちゃんったら、
褒め過ぎよ!▼
着物をもらっちゃったからには、あたしも
がんばらなくちゃって思っただけだよ~!▼
[アクア]
うふふ…そうだったのね。
でも…本当にありがとう、エリーゼ…▼

ハロルド

支援C

[アクア]
ユラリ、ユルレリ…
泡沫…♪▼
[ハロルド]
…………▼
[アクア]
…ハロルド?▼
盗み聞きはよくないわね。
いるなら声をかけてちょうだい。▼
[ハロルド]
も、申し訳ありません。
素晴らしい歌声に聞き入ってしまって…▼
…………▼
あの…
その…▼
[アクア]
どうしたの?▼
[ハロルド]
お久しぶりです。
アクア様…▼
[アクア]
久しぶり?
どういうこと…?▼
[ハロルド]
あなたがまだ暗夜にいた頃…
私たちは一度だけ会ったことがあるのです。▼
[アクア]
えっ?
そうだったの?▼
[ハロルド]
いや、おわかりにならなくて当然です。
もう十年以上前のことですし…▼
私たちはお互いに子供でしたから…▼
…………▼
[アクア]
そうなのね。▼
だったら今度、時間のあるときにでも教えて。
私とあなたが出会ったときのことを。▼
[ハロルド]
は、はい!
もちろん、喜んで!▼

支援B

[アクア]
こんにちは、ハロルド。▼
この前の話、よかったら続きを
聞かせてもらえないかしら。▼
私があなたと会ったときのことを…▼
[ハロルド]
は、はい。
わかりました…▼
十年以上前…
まだ私たちが子供だったころのお話です。▼
あなたは街の片隅で
膝を抱えて座っていました。▼
私が声をかけてもアクア様は何も答えず…
その目からは涙がこぼれていました。▼
[アクア]
…………▼
…暗夜にいたころの私は、ガロン王の
臣下や妾たちにいじめられていたの。▼
泣きたくなると、
城を抜け出してよく街に出たわ…▼
[ハロルド]
そんな事情があったのですね。▼
私はアクア様に
いろいろと話しかけたのですが…▼
あなたはひと言も口にしませんでした。
そのうちに城の者たちがやってきて…▼
私はすぐに察しました。▼
このまま城に連れ戻されたら
きっとこの子はひどい目に遭う。▼
そこで私は城の者に言いました。▼
「私が城から連れ出した。
だからこの方に罪はないのだ」と。▼
[アクア]
あっ…
もしかして…▼
[ハロルド]
思い出しましたか。
私はあのときの少年です。▼
[アクア]
あんなことを言ったせいで、
あなたはその場でむちで打たれ…▼
[ハロルド]
あはは。そうでしたね。▼
でも、あの程度のむち打ちならば
別にどうということはありません。▼
[アクア]
あの少年が…今のハロルド…▼
[ハロルド]
はい。
そうだったのです。▼

支援A

[アクア]
ハロルド。
待っていたわ。▼
もっとあなたの話を聞かせてほしいの。▼
[ハロルド]
ええっ?
わ、私の話と言いましても…▼
[アクア]
あなたはどんな生い立ちだったの?▼
[ハロルド]
…私は庶民の親の元に生まれました。▼
物心ついたころから武術と体作りに励み…▼
気がつけば王都の治安を
守ることを喜びにしていました。▼
[アクア]
どうして治安を守ろうと思ったの?▼
[ハロルド]
…それは…両親の影響だと思います。▼
ことあるごとに両親は私に言いました。▼
正義とは何か…いつも自分の心に問いかけて行動しろ、と。▼
[アクア]
その答えが街の自衛活動なのね。▼
[ハロルド]
はい。そうです。
まあ、自分でも変わり者だと思いますが…▼
[アクア]
変わり者じゃないわ。
あなたは私を勇敢にかばってくれた。▼
ありがとう、ハロルド。▼
ずいぶん時間が経ってしまったけど…
心からお礼を言うわ。▼
[ハロルド]
いえ、そんな…▼
[アクア]
私、もっともっと
あなたの話が聞きたいわ。▼
[ハロルド]
…わかりました。
…私なんかの話でよろしければ。▼

支援S

[アクア]
ハロルド。
話があるって聞いたけど…▼
[ハロルド]
そうです。
そこにお座りいただけますか?▼
[アクア]
わかったわ。▼
[ハロルド]
アクア様。
あなたは歌がお好きですね。▼
[アクア]
ええ。私は歌が好きよ。
歌うのも、聴くのもね。▼
[ハロルド]
そうですか…では恥ずかしながら、今から
私がアクア様に歌を捧げようと思います。▼
[アクア]
えっ?
私に?▼
[ハロルド]
はい。▼
ですが…素人のやることですので、
肩の力を抜いてお聞きください。▼
[アクア]
え、ええ。▼
[ハロルド]
では…▼
…………▼
少年が恋に落ちたのは…▼
少女の瞳が悲しげで儚くて、
そして何より美しかったから…▼
一生忘れることのない瞳。
運命の出会い。必然の別れ。▼
そのとき少年は心に決めた。▼
少女と再会できたなら
大切な思いを伝えようと。▼
胸の高鳴りを歌にして
結婚してほしいと届けよう。▼
…………▼
以上です…▼
…………▼
[アクア]
…………▼
ふ…
うふふふふふ…▼
[ハロルド]
アクア様…▼
[アクア]
ごめんなさい…▼
でも、まさか…
今の歌がプロポーズなの?▼
[ハロルド]
…………▼
…………▼
ああっ!
なんたる醜態!▼
こんなことなら歌など唄ったりせずに、
素直に指輪をお渡しするべきだった!▼
恥ずかしい!
穴があったら入りたい!▼
[アクア]
待ってまって。
そんなことない。私は嬉しかったわ。▼
[ハロルド]
えっ?▼
[アクア]
本気でまっすぐな感じがあなたらしくて…
とても好感が持てたわ。▼
[ハロルド]
アクア様…▼
[アクア]
今、歌を聴きながら…
昔のあなたの瞳を思い出していたの。▼
私をかばってくれた日に見せた
あなたの瞳を…▼
素敵なプロポーズをありがとう。
ハロルド。▼
[ハロルド]
ということは…▼
[アクア]
ええ、もちろん。
喜んで結婚をお受けします。▼
[ハロルド]
あ、ありがとうございます!▼
ああ、この喜び…
なんと表現すればいいのか!▼
[アクア]
ふふ。
それじゃ、また歌にして表現してみたら?▼
[ハロルド]
…ううっ。
…それはもう勘弁してください。▼

オーディン

支援C

[オーディン]
出でよ…
我が異端なる道化師たち…▼
闇の深淵より顔を覗かせるがいい…!▼
いいぞ…来たぞ、来た来た…!
俺の闇の力が暴走する…っ!▼
いくぞ…必殺!
シンドラルゲーター・キンスメッソル!▼
…………▼
ふぅ…悪くない新作だ。
いざというときに使えそうだな。▼
[アクア]
…………▼
[オーディン]
おわっ!?
あ、アクア様…!?▼
[アクア]
ああ、ごめんなさい。
邪魔するつもりはないから。▼
続けて。▼
[オーディン]
つ、続けてって…
アクア様は何をなさってるんですか?▼
[アクア]
ご覧の通り、
あなたを眺めているのよ。▼
あなたを見ていると気が楽になるから。▼
[オーディン]
え…!?▼
そ、それってもしかして…愛の…
いきなりの愛の告…▼
[アクア]
そうじゃないから安心して。
絶対にないから。▼
[オーディン]
なんか…すごく速い
お返事でしたね。▼
[アクア]
実は私…
少し、嫌な思い出に悩まされていて。▼
でもあなたを見ていると、
なんだか不思議と元気が出るのよ。▼
全てがどうでもよくなるというか、
悩んでることが馬鹿らしく思えるというか…▼
[オーディン]
は、はあ…。▼
[アクア]
ねえ。あなたに一つ、
聞いてみたいことがあるんだけど…▼
[オーディン]
は、はい。
なんでしょう。▼
[アクア]
あなたって嫌な思い出とかないの?▼
[オーディン]
…………▼
…ははは。
あまりバカにしないでくださいよ~。
そりゃありますって…
嫌な思い出の一つや二つくらい…▼
[アクア]
そうなの? 意外だわ…▼
[オーディン]
意外って…そこまで言いますか。
じゃあ今度、証拠をお見せしますよ。▼
実は俺、ある場所に行くと…
ものすごく怯えてしまうんです。▼
[アクア]
……?▼

支援B

[アクア]
ここは吊り橋ね…▼
ここがあなたが言っていた、
ものすごく怯えてしまう場所なの?▼
[オーディン]
…………▼
[アクア]
ねえ、オーディン…▼
[オーディン]
ガクガクガクガクガク…▼
ああ…このお天気具合といい
高さといい…完璧にやばい…▼
やばすぎる……▼
[アクア]
オ、オーディン!?
どうしたの、顔が真っ青よ…!?▼
まさか…
本気でそこまで怖いの?▼
[オーディン]
そうですよ…
アクア様はどうして平気なんですか?▼
[アクア]
いえ、私が逆に聞きたいわ。
あなた…高いところが怖いの?▼
[オーディン]
ち、違うんです。▼
ちょっと昔に…
いや、厳密には未来なんですけど…▼
そのときに嫌な思い出がありまして…▼
あるものを取り返しに行ったときに、
すっごく怖かったんですよ…▼
事情があるんで、
これ以上は言えないですけどね…▼
[アクア]
そ、そうなの…▼
[オーディン]
あ、アクア様。
今、がっかりした顔をされましたね。▼
だったら頑張ってみるかな…▼
[アクア]
えっ?▼
[オーディン]
アクア様、言ってましたよね。▼
嫌な思い出に苦しめられるとき…
俺を見ていると元気が出るって…▼
だったら俺…
ここで怖がってちゃいけないですよね…▼
[アクア]
えっ?
そんな。いいのよ別に…▼
[オーディン]
いやです。
俺、かっこよさにはこだわりがあるんで…▼
アクア様にとって…
かっこいいままの俺でいたいんですよ…▼
[アクア]
別にあなたのことをかっこいいって
思った覚えはないけど…▼
[オーディン]
よし、じゃあ行きますよ…
吊り橋を渡ってみせますね……▼
[アクア]
本当に大丈夫なの?▼
[オーディン]
よーし…出でよ…
勇敢なる反逆者たち…▼
闇の深淵より、顔を覗かせたまえ…!▼
いいぞ…
来たぞ、来た来たぁぁぁぁぁぁぁっ!▼
反逆者ども、今だっ!
我が背中を押し、吊り橋を走らせるのだっ!▼
シンドラルゲーター・キンスメッソル!▼
うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!▼
[アクア]
オーディン…
すごいわ…▼
でも、走って渡ったら、
余計に揺れて怖いんじゃないかしら…▼

支援A

[アクア]
オーディン。
この間のあなた、勇敢だったわ。▼
本当に吊り橋を渡っちゃうなんて…
見直したし、かっこいいとも思った。▼
[オーディン]
ふっ…ありがたきお言葉。▼
あれでアクア様の嫌な思い出が
少しでも払拭できれば幸いです。▼
[アクア]
嫌な思い出、か…▼
あなたは知っているかしら。
かつて私が暗夜の王女だったこと…▼
[オーディン]
もちろんです。▼
[アクア]
数年間という短い間だったけど…
ガロン王の臣下やお妾さんたち…▼
そういう人たちに陰で
かなりいじめられたのよ。▼
そのころのことがトラウマなの…▼
でも、あなたは嫌な思い出に立ち向かった。
尊敬するわ、オーディン。▼
[オーディン]
とんでもないです。▼
そして、アクア様もトラウマに
打ち克つことができますよ。▼
今日、完成した呪術…その名も
『無慈悲なウィニングメモリー』を使えば!▼
この術を浴びれば、嫌な思い出に打ち克ち、
前向きに進むことができるのです。▼
[アクア]
あ、浴びるだけでいいの?▼
[オーディン]
ええ。
まあ、その前に儀式が必要になりますが。▼
俺があなたの周囲を回りながら、
かっこいい動きで術をかけます。▼
[アクア]
えっ?
なんだか…怪しくないかしら?▼
[オーディン]
そんなことないです。▼
さっそくやりましょう。そこにそのまま
立っているだけでいいですからね。▼
いきますよ…▼
漆黒のオーディン!
今ここに降臨!▼
[アクア]
動き始めた…
なんか歌いながら…▼
しかもかなり軽快なステップだわ…▼
ああ、ダメ…
誰かに見られたらどうしよう…▼
むしろこの経験がトラウマになりそう…
それだけは回避しないと…▼
…………▼
オ、オーディン!
すごい術ね。もう効いたわ!▼
[オーディン]
は、はやっ!
ほんとですか~!?▼
[アクア]
本当よ、すごく効いた。▼
ありがとう。
これでかなり楽に生きられそうだわ!▼
[オーディン]
だとしたら本当に光栄ですけど…▼
…でもおかしいなぁ…
まだ術はかけていなかったんだけどな…▼

支援S

[オーディン]
アクア様、お待ちしてました。▼
[アクア]
どうしたの?
トラウマのことならもう大丈夫よ?▼
[オーディン]
それはよかった。
けど、今日はまた別の術の話なんです。▼
[アクア]
別の術?▼
[オーディン]
あなたのおかげでかなりやる気が出まして。
新たな術を研究開発していたのです。▼
今度は過去に打ち克つのではなく、
未来の幸せを約束する呪術です。▼
その名も…▼
「悦楽のトラウリング」っ!▼
[アクア]
…………▼
[オーディン]
これをアクア様に
受けていただきたくてお呼びしました。▼
やり方は簡単。
この術を浴びるだけで大丈夫です。▼
[アクア]
もしかして、
その前に儀式が必要になるとか…▼
[オーディン]
そうです。
素晴らしい勘ですね。▼
この前と同様、あなたを中心に
俺が円を描くようにかっこよく動きます。▼
そして最後に術をかけるのです。▼
[アクア]
…………▼
[オーディン]
さっそくやりましょう。
そのまま立っているだけでいいですから。▼
いきますよ…▼
[アクア]
いえ、別にやらなくていいわ。▼
[オーディン]
そんなこと言わずに。
目を閉じてください、ほら。▼
[アクア]
えー…▼
[オーディン]
漆黒のオーディン!
今ここに降臨!▼
[アクア]
また始まった…
これ、前と同じものよね…▼
もしかして、意地でも最後まで
体験させようとしているのかしら…▼
うん、間違いないわ…
これはトラウマが増えるだけの苦行よ…▼
…………▼
オ、オーディン!
すごい術ね。もう効いたわ!▼
[オーディン]
ほ、ほんとですか?
じゃあもう目を開けてもけっこうですよ。▼
[アクア]
…………▼
オ、オーディン…?
どうしたの…そんな、ひざまずいて…▼
それに、この指輪は…?▼
[オーディン]
俺は別の時間軸に戻らなくてはいけない人間…
だから告白を躊躇してました。▼
でも、もう我慢できなくなったんです。
あなたへの愛を隠し通すことに…▼
これがこの術の正体です。▼
俺があなたの未来の幸せを約束します。
結婚してください、アクア様…▼
[アクア]
…………▼
わ、わかった。
喜んで受けるわ。▼
[オーディン]
へっ!? いいんですか?▼
[アクア]
だって、あなたは私のために
がむしゃらに頑張ってくれた…▼
儀式はちょっとあれだけど…
でも、慣れれば大丈夫そうだし。▼
いつかきっと、楽しく笑い飛ばして
あげられそうな気がするの。▼
[オーディン]
ありがとうございます…
そう聞いて安心しました。▼
では引き続き儀式を行いましょうか。▼
[アクア]
え?
い、い、いえ…それは結構よ!▼
それよりみんなに報告にいきましょう。
私たちの幸せな結婚の報告を!▼
[オーディン]
えっ…!?
ちょっと、待ってくださいよ…▼
アクア様ーっ!▼

ゼロ

支援C

[ゼロ]
アクア様。
少しおしゃべりしませんか?▼
[アクア]
…え?▼
…………▼
…ええと。
またの機会でもいいかしら。▼
[ゼロ]
どうしてですか?
お忙しいとか?▼
[アクア]
忙しいわけじゃないけれど…▼
…そもそも何についておしゃべりするの?▼
[ゼロ]
話題は何でもいいんです。
アクア様と会話できるなら。▼
[アクア]
…………▼
[ゼロ]
なんですか。
その警戒したような沈黙は…▼
[アクア]
ごめんなさい…
でもなんか、ちょっと嫌な感じが…▼
[ゼロ]
嫌な感じとは?▼
[アクア]
だって、あなたは…
その…▼
…妙な言葉遣いをすると
聞いているものだから…▼
[ゼロ]
ああ、そういうことですか。
だったらご心配なく。▼
アクア様にそんなことは言いませんから。▼
[アクア]
えっ?▼
[ゼロ]
本当ですよ。▼
[アクア]
どうして…▼
[ゼロ]
…そうですよね。
唐突すぎて理解できないですよね。▼
わかりました。
また日を改めてお話ししましょう。▼
説明はそのときに。▼
[アクア]
…わかったわ。▼

支援B

[ゼロ]
アクア様。
この間はすみませんでした。▼
もっとわかりやすく言うべきでしたね。▼
[アクア]
…………▼
[ゼロ]
…簡単に言ってしまえば、
俺はアクア様と仲良くなりたいんですよ。▼
[アクア]
仲良くなりたい?
私と?▼
[ゼロ]
はい。アクア様は…
俺と似たような種類の人だと思うからです。▼
[アクア]
似たような…▼
[ゼロ]
そんなに嫌そうな顔をしないでくださいよ。
まあ、説明させてください。▼
俺が妙な言葉をぶつけたくなる人は
大きくわけて二種類あります。▼
一つは、苦労を知らなそうな人たちです。▼
[アクア]
どうして?▼
[ゼロ]
俺は幼少期に親に捨てられて、
以来、貧民街で生き抜いた男です。▼
そのせいか、苦労知らずの連中を見ていると
顔をひきつらせたくやりたくなって…▼
[アクア]
その生い立ち…本当なの?▼
[ゼロ]
ええ、本当です。▼
レオン様に拾っていただくまで、
俺はどうしようもない道を歩き続けてきました。▼
[アクア]
知らなかったわ…▼
[ゼロ]
で、二つ目です。▼
そんな生い立ちのせいか、
人の心に土足で入ってくる連中も苦手でして。▼
そういう連中に対しては、
距離をとるために同じような言葉づかいを。▼
[アクア]
…………▼
[ゼロ]
しかし、アクア様はどちらにも属さない方。▼
生い立ちも波瀾万丈で、
人とも距離を取ろうとする。▼
だから密かに俺に似ていると
思っていたんです。▼
[アクア]
そう言われると、
確かに似ているかもしれないわ。▼
[ゼロ]
わかっていただけますか。▼
[アクア]
…それにしても、驚いたわ。
本当にあの言葉遣い無しで会話できるのね。▼
[ゼロ]
ええ、所詮あれは処世術ですから。
でも、ここだけの話にしてくださいよ。▼
[アクア]
…わかったわ。では今度、おしゃべりしましょう。▼
何の話をするかは…
それまでに考えておきましょう。▼
[ゼロ]
わかりました。
楽しみにしています。▼

支援A

[アクア]
ゼロ。
約束通りおしゃべりしましょうか。▼
[ゼロ]
はい。▼
[アクア]
話題は何にするの?▼
[ゼロ]
…………▼
それが…すみません。
いい案が思いつかなかったのです。▼
[アクア]
そ、そう…▼
[ゼロ]
アクア様は…
何か思いつきましたか?▼
[アクア]
…………▼
実は私もなのよ…▼
今まで人と積極的に雑談しようと
思ったこともないし…▼
何気ない話題とか…思い浮かばなくて…▼
[ゼロ]
わかりますよ…
俺も同じです。▼
どうやって顔を歪ませてやろうかという
アイディアはいくらでも浮かぶのですが…▼
仲良くするための会話は…
なかなか浮かばずに…▼
…………▼
俺たち…まるで
針鼠みたいですね。▼
[アクア]
針鼠…?▼
[ゼロ]
ええ。全身が針みたいな
鋭いトゲに覆われてる鼠です。▼
そのトゲで他者を遠ざけ、
近づけさせない…▼
でも、同族の傍に近づきたくても、
お互いトゲのせいで近づけない…▼
[アクア]
あはは、それはおもしろい例えね。▼
[ゼロ]
薄暗い過去の話をすれば
盛り上がるかもしれないですが…▼
なんだか、それは違う気がして…▼
[アクア]
ええ、わかるわ。▼
[ゼロ]
難しいですね。
仲良くなるって…▼
[アクア]
…でも、そんなこともないわ。▼
[ゼロ]
?▼
[アクア]
あなたの意外な一面も
知ることができたし…▼
私としては前よりずいぶん
仲良くなれたと思っているわ。▼
[ゼロ]
本当ですか?▼
[アクア]
ええ。▼
それに針鼠どうしなら、
これくらいがいい距離感なのかも。▼
無理に縮めようとしても、お互い
傷つけてしまうだけかもしれないわよ?▼
[ゼロ]
なるほど…
今の状態が最高ってことでしょうかね。▼
[アクア]
ええ。▼
…じゃあ、今日の天気の話でもする?▼
[ゼロ]
ええ、いいですね。
それでも俺はうれしいです。▼
今日はいい天気ですね。
こういう日は好きですよ。▼
[アクア]
私もよ。
でももっと好きなのは雪の日で…▼

支援S

[アクア]
ゼロ、どうしたの?▼
[ゼロ]
単刀直入に言います。▼
[アクア]
?▼
[ゼロ]
あなたと無難なおしゃべりをしているうちに、
もっとしっかりと繋がりたくなりました。▼
だから、そのために…▼
[アクア]
…ちょ…ちょっと待って。
その手に持っているのは何?▼
[ゼロ]
見ての通り。指輪です。▼
[アクア]
…………▼
もしかして、結婚指輪だなんて
言わないわよね?▼
[ゼロ]
はい。その通りです。
受け取ってもらえますか?▼
俺はアクア様と結婚したいのです。▼
[アクア]
…ちょっと待って。
いったん落ち着きましょう。▼
あなたは素敵な人だと思う。▼
私だってできれば…
あなたの気持ちに応えてあげたい。▼
でも…前も言ったじゃない。▼
私たちの距離は無理に縮めようとすると、
傷つけてしまうかもしれないって…▼
だから、結婚なんてしたら…▼
[ゼロ]
適度な距離のままでも
いいじゃないですか。▼
[アクア]
えっ?▼
[ゼロ]
俺たちの距離は今と変わらない。▼
だけど、この指輪が
二人の距離を永遠に繋いでくれる。▼
俺たちはもう一生離れなくなるんです。▼
[アクア]
…………▼
ありがとう、ゼロ。
素敵な指輪ね。▼
一生、大事にするわ。
この指輪も…あなたのことも…▼
[ゼロ]
ありがとうございます。
アクア様。▼

ラズワルド

支援C

[ラズワルド]
…よし。
踊りの練習終わり、っと!▼
今日のはなかなか
上手くいったかもしれないな。▼
さーて、戻ってひと眠りしようっと。
早くしないと夜が明けちゃうし…▼
[アクア]
…………▼
[ラズワルド]
え!?▼
わーーーーーーーーーっ!!?▼
[アクア]
…きゃああ!?▼
[ラズワルド]
あれっ、ア、アクア様…!?
なんだ…敵かと思ってびっくりしましたよ。▼
[アクア]
もう…
私は、あなたの声で驚いたわ。▼
[ラズワルド]
ご、ごめんなさい。
でもどうして、こんな夜中に…?▼
一人で出歩いたりしたら、危ないですよ。▼
[アクア]
少し…眠れなかったの。
いつものことだから、心配には及ばないわ。▼
一人で出歩いて危ないのは、
あなたも同じでしょう。▼
[ラズワルド]
そ、そうですけど…
アクア様は女性ですし、▼
同じってわけじゃないと思いますよ。▼
[アクア]
あなた…
いつもこんな風に練習しているのね。▼
[ラズワルド]
ええっ!?
まさか…ぜ、全部みてたんですか?▼
[アクア]
ええ、悪かった?▼
[ラズワルド]
ど、どちらかというと
声をかけてほしかったです…▼
[アクア]
そう…ごめんなさい。▼
[ラズワルド]
ええと、一応…
参考までに伺いますが…▼
僕の踊り、どうでした…?▼
[アクア]
…………▼
素敵だったわ。▼
[ラズワルド]
わ、わわ…やった!
ありがとうございます!▼
アクア様みたいな素敵な方に
褒めてもらえるなんて、光栄です。▼
そうだ!せっかく会えたんですから、
一緒にお茶でもしに行きませんか?▼
[アクア]
…こんな夜中に、
いったいどこの店に行くというのかしら。▼
[ラズワルド]
…ああ、そうでした。▼
じゃ、じゃあ日が昇ってからでいいので
一緒に…▼
[アクア]
…遠慮しておくわ。
なんだか下心を感じるし…▼
それじゃ、私はもう戻るから。▼
[ラズワルド]
ちょっと、アクア様!?
せめて一緒に帰りましょうよ!▼
一人じゃ危ないですってばー!
アクア様ーっ!▼

支援B

[アクア]
ユラリ、ユルレリ…
泡沫…♪▼
想い、廻る秤…♪▼
…………▼
[ラズワルド]
アクア様、歌の練習ですか?▼
[アクア]
…ラズワルド。
ええ、そうよ。
あなたは、踊りの練習かしら。▼
[ラズワルド]
はい、そうです。▼
あの、見間違いじゃなかったら…
今、アクア様も踊ってましたよね?▼
歌を歌いながら踊ってらっしゃるの…
すごく綺麗でした。▼
[アクア]
ありがとう。歌を歌う時に、
少しは踊れた方がいいからって…▼
そう言われてお母様に教わったの。▼
[ラズワルド]
へえ…!僕と同じですね。
僕の踊りも、母から教わったんです。▼
[アクア]
そう…道理であなたの踊りには、
たまに女性の振り付けが入ってると思ってた。▼
どうしてかなってずっと思っていたけど…
そういうことだったのね。▼
それから、あなたの踊りは少し寂しい。
きっともう…そのお母様には会えないのね。▼
[ラズワルド]
…わかるんですね。▼
[アクア]
わかるわ。歌も踊りと同じで…
言葉を介さなくても気持ちが伝わるのよ。▼
だから、私は歌や踊りが好きだわ。▼
言葉よりも誤解無く
相手に気持ちが伝わるもの。▼
…ねえ、ラズワルド。
私、あなたに聞きたいことがあるの。▼
[ラズワルド]
なんですか?▼
[アクア]
あなた…自分を見てほしいって
思いながら踊ってる?▼
[ラズワルド]
えっ!?
な、なんですか、それ…▼
[アクア]
いいから、答えて。▼
[ラズワルド]
はい、思ってますよ…▼
[アクア]
…嘘ね。▼
[ラズワルド]
え…!?▼
[アクア]
戦場でのあなたの踊り…
いつも見ているわ。▼
もちろんとても上手だし、素敵だけれど…
気持ちの強さを感じない。▼
この前偶然見た練習の方が
ずっと素敵だったわ。▼
[ラズワルド]
ええと…それは…▼
周りに人が大勢いると、
やっぱり、恥ずかしくなっちゃって…▼
[アクア]
恥ずかしい…?
ならどうして、踊ることを選んだの?▼
見ないで見ないでって思いながら
踊っていたら…見る人に失礼よ。▼
[ラズワルド]
…っ!!▼
[アクア]
気に障ったのならごめんなさい。
でも…戦場はあなたの舞台でしょう。▼
練習を見られて恥じるのは構わない。
でもそれを、舞台に持ち込むべきではないわ。▼
少なくとも…私はいつも、
自分に自信を持って歌っているもの。▼
[ラズワルド]
自分に、自信を…▼
[アクア]
言いたいことは、それだけよ。
それじゃあ…練習、頑張って。▼
[ラズワルド]
アクア様…▼
…………▼
僕は…▼

支援A

[ラズワルド]
アクア様…!
やっと見つけました…!▼
[アクア]
ラズワルド…▼
[ラズワルド]
あの…
今日の戦場での踊りなんですが…▼
[アクア]
…ええ。わかっているわ。
あなた、別人みたいだった。▼
別人みたいに…素敵だったわ。▼
[ラズワルド]
!!▼
良かった…▼
今日はアクア様の言う通り、
自分に自信を持って踊ったんです。▼
「僕を見て」「この踊りを見て」って
そう思いながら。▼
…すごく難しかったですけどね。▼
[アクア]
そうね…
あなた、顔が真っ赤だったもの。▼
[ラズワルド]
うっ…▼
[アクア]
でも、今までで一番素敵だったわ。
体じゅうから、力が湧いてくるぐらい。▼
[ラズワルド]
アクア様の助言のおかげですよ。▼
[アクア]
ごめんんさい…
この前は、あなたに酷いことを言ったわね。▼
[ラズワルド]
いえ…
僕がわるかったんですよ。▼
本当は、今までずっと…戦場で踊る時に、
自分に自信がなかったんです。▼
上手くいかなかったらどうしよう。
男のくせにって思われたらどうしようって。▼
[アクア]
ラズワルド…▼
…………▼
やっぱりあなた、
昔の私にそっくりだわ。▼
[ラズワルド]
昔のアクア様…?▼
[アクア]
ええ。私もずっと、
あなたと同じことを思っていたの。▼
お母様のように歌えなくて、
歌うことに自信がなくて…▼
みんなに馬鹿にされるんじゃないかって
思いながら歌っていたことがあった…▼
[ラズワルド]
そんなことが…▼
[アクア]
でも、ある時…
ミコト女王に言われたの。▼
あなたの歌は素晴らしい…
でも、怯えていては台無しだって。▼
いつでも、どんな時でも、相手が誰でも…
自信を持って歌いなさいって。▼
私、それから変われたの。
だから…同じことをあなたにも伝えたかった。▼
[ラズワルド]
僕を心配してくれたんですね…
ありがとうございます、アクア様。▼
僕、もっと頑張ります。
アクア様みたいな力を、僕も使えるように。▼
[アクア]
力…?▼
[ラズワルド]
戦場でアクア様が使ってらっしゃる
不思議な力のことです。▼
見た人や聴いた人が元気になって、
いつもより活躍できる…そんな力。▼
僕の母も、戦場でそんな踊りを踊って、
みんなの力になったんですよ。▼
[アクア]
…………▼
でも…私の力は、
このペンダントが無いと使えないわ…▼
だから…あなたに目標にされるほど
立派なものではないの。▼
[ラズワルド]
そうなんですか…▼
でも、そのペンダントが無くたって、
例え力が使えなくたって…▼
アクア様の歌が素敵なことに
変わりはありませんよ。▼
[アクア]
…ありがとう。▼
あなたはきっと
素晴らしいダンサーになるわ。▼
人を勇気づけて、笑顔にする…
そんな力を使う人に、きっとなれる。▼
[ラズワルド]
はい…今はまだ全然届かないですが、
いつか必ず、そうなってみせます。▼
[アクア]
それじゃあ今日は、
夢への第一歩のお祝いに歌を歌わせて。▼
私の歌で…踊ってくれるかしら。
素敵なダンサーさん?▼
[ラズワルド]
喜んで。
麗しの歌姫様。▼

支援S

[ラズワルド]
ふぅ…今日はこれぐらいかな。▼
[アクア]
…ラズワルド。
踊りの練習は終わり?▼
[ラズワルド]
わわっ!アクア様…!?
また見てたんですか…?▼
[アクア]
ええ。声をかけなくてごめんなさい。
つい魅入ってしまって。▼
[ラズワルド]
…あ、ありがとうございます。▼
[アクア]
…………▼
ねえ、ラズワルド。
あなたは…恋をしてるの?▼
[ラズワルド]
!!どうしてですか…?▼
[アクア]
今の踊りを見て…
なんとなくそう思ったの。▼
ほら、前に言ってたでしょう?
私、踊りを見れば気持ちがわかるって。▼
今の踊りは…
誰か大切な人を想って踊っていた。▼
…違うかしら?▼
[ラズワルド]
ち、違わないですけど…▼
[アクア]
そう。
じゃあ私、何か力になれることはある?▼
[ラズワルド]
え?▼
[アクア]
ラズワルドは大切な友達…
いいえ、大切な同志だもの。▼
だから…できる事なら力になりたいの。▼
[ラズワルド]
…………▼
アクア様…▼
踊りを見て気持ちを理解する力、
多分ちょっと鈍ってますよ。▼
[アクア]
…なんですって?▼
[ラズワルド]
だって今の踊りは、
アクア様を想って踊ってたんです。▼
本人が気づかないなんて、
アクア様よっぽど鈍いんですね。▼
[アクア]
え…▼
[ラズワルド]
あ。それとも、僕の踊りが
まだまだだっていうことかも。▼
はぁ…仕方ないな。
戻って違う振り付けでも考えようっと。▼
[アクア]
ちょ、ちょっと待ってラズワルド!▼
[ラズワルド]
ん?▼
[アクア]
今の話…どういうこと?▼
[ラズワルド]
そのままの意味ですよ。
僕はアクア様のことが好きです。▼
でも、アクア様は王女様だし…
身分が違いすぎます。▼
だから見返りは求めません。
聞いてくれただけで嬉しいから…▼
…ありがとうございます。▼
[アクア]
そ、そんな…
勝手に身を引かないで。▼
鈍いのは…あなたも同じよ。▼
私も…あなたが好き…
大好きなの…▼
[ラズワルド]
あ、アクア様!?▼
[アクア]
あなたの恋の力になりたいなんて…
そんなの…嘘よ。▼
本当は…私があなたのいちばんに
なりたかったの…▼
[ラズワルド]
アクア様…▼
ま、まさかアクア様が…
そう思ってくれてるなんて…▼
[アクア]
…………▼
[ラズワルド]
…………▼
ええと。いざ想いが通じると、
なかなか言葉が出て来ないですね。▼
[アクア]
ええ…▼
[ラズワルド]
その…今度、指輪を買いに行きましょう。
結婚するなら必要だろうし。▼
それから…▼
[アクア]
…ラズワルド。
私、歌を歌うわ。▼
[ラズワルド]
え…?▼
[アクア]
私は、あなたを想って歌うわ。
あなたは、私を想って踊って。▼
指輪や愛の言葉も嬉しいけど…
私にとっては、それがいちばん幸せだから。▼
今は…そうしたい気分なの。▼
[ラズワルド]
…そうですね。うん、そうしましょう。
これからの話はそのあとで。▼
それに…歌に踊りなら、きっと届きます。
僕とアクア様の両親の元まで。▼
[アクア]
…ええ、そう思うわ。▼
[ラズワルド]
じゃあ、始めましょうか。
アクア様。▼
[アクア]
…これからはアクアって呼んで。
ラズワルド。▼
[ラズワルド]
…アクア。
わかったよ。▼
これからも君のために、躍らせてね。▼
[アクア]
私こそ…
これからも、あなたのために歌わせて。▼

ブノワ

支援C

[アクア]
………♪▼
[ブノワ]
…アクア様。▼
[アクア]
ブノワ…
どうしたの?▼
[ブノワ]
歌声が…
聞こえたので…▼
儚げで…
寂しそうな歌が…▼
[アクア]
…………▼
[ブノワ]
邪魔をしてしまったな…
これで失礼する…▼
[アクア]
待って…▼
[ブノワ]
…?▼
[アクア]
思い出せない歌があるの…
昔、お母様に教えてもらったうたなのに…▼
[ブノワ]
…………▼
[アクア]
その歌がすごく好きだったのに…
今はどうしても思い出せない…▼
…ごめんなさい。▼
こんなことをブノワに言っても、
困らせてしまうだけよね。▼
[ブノワ]
いや…▼
[アクア]
私のことなら気にしないで。
もう、行っていいわよ。▼
[ブノワ]
ああ…▼
[アクア]
…………▼
[ブノワ]
思い出せるといいな…
その歌…▼
[アクア]
ええ…
そうね…▼

支援B

[アクア]
…………▼
[ブノワ]
アクア様…▼
[アクア]
ブノワ…▼
[ブノワ]
…思い出せたか?
この間、言っていた歌は…▼
[アクア]
いいえ。
まだ思い出せないの。▼
[ブノワ]
そうか…▼
[アクア]
おかしな話ね。▼
歌詞も曲調も思い出せないのに、
大好きだったことだけを憶えているなんて…▼
[ブノワ]
辛いだろうな…▼
好きだったものを…
思い出せないなんて。▼
[アクア]
…ええ。▼
[ブノワ]
少しだけでも…
憶えている部分はないのか?▼
[アクア]
…お母様の笑顔。▼
[ブノワ]
笑顔…▼
[アクア]
ええ。歌を歌っているお母様の
笑顔だけは憶えているわ…▼
[ブノワ]
…………▼
[アクア]
ふふ。▼
[ブノワ]
…なぜ笑う?▼
[アクア]
だって、
ブノワまで困った顔をしているんだもの。▼
[ブノワ]
すまん…▼
[アクア]
謝る必要は無いわ。▼
それに、これは私の悩みだから、
ブノワがそんな顔をする必要はないのよ。▼
[ブノワ]
仲間の悩みは…
俺の悩みも同然だ…▼
[アクア]
ありがとう。
その気持ちは受け取っておくわ。▼
でも、いくら一緒に悩んでくれても…▼
ブノワはあの歌を知らないのだから、
思い出せないと思うけど?▼
[ブノワ]
ふっ…
それもそうだったな…▼
[アクア]
ふふっ。
面白いのね。ブノワって。▼

支援A

[アクア]
…………♪▼
[ブノワ]
やはり…
アクア様だったか…▼
[アクア]
ブノワ。▼
[ブノワ]
歌が聞こえたんだ…▼
優しくて…
暖かな歌声が…▼
[アクア]
ふふ。▼
あのね、ブノワ。
私、やっと思い出せたの。▼
[ブノワ]
大好きだった歌のことか?
母君が教えてくれたという…▼
[アクア]
ええ。▼
今、ブノワが聞いた歌がそれよ。▼
[ブノワ]
そうか。
とてもいい歌だった…▼
[アクア]
ありがとう。▼
[ブノワ]
でも、どうして思い出したんだ…?▼
[アクア]
あの歌の名前はね…
繋がりの歌というの。▼
[ブノワ]
繋がりの歌…▼
[アクア]
そう。誰かを思うこと。
誰かに思われること。▼
そうやって人は繋がっていく…
そんな歌よ。▼
[ブノワ]
…………▼
[アクア]
ここには多くの仲間たちがいて…▼
以前よりも人との繋がりを
深く強く感じることができる。▼
だから思い出せたのね。▼
[ブノワ]
人の繋がり…▼
[アクア]
ブノワだって、
私に人との繋がりを感じさせてくれたわ。▼
[ブノワ]
…俺が?▼
[アクア]
私の悩みを一緒になって悩んでくれたもの。
いつも気にかけてくれたし。▼
[ブノワ]
…………▼
[アクア]
ありがとう。▼
ブノワのおかげで大好きな歌を思い出すことがができたわ。▼
[ブノワ]
…もう一度、歌ってくれないか?▼
聞きたいんだ、
アクア様の大切な歌を…▼
[アクア]
ええ。いいわ。▼
…………♪▼

支援S

[ブノワ]
アクア様…▼
[アクア]
どうしたの、ブノワ?▼
[ブノワ]
あの…俺…
アクア様に伝えたいことが…▼
[アクア]
伝えたいこと?▼
[ブノワ]
ああ。だが…
どう言えばいいか…▼
[アクア]
ゆっくりでいいわよ。▼
私も、自分の気持ちを上手く伝えることができないから。▼
[ブノワ]
ありがとう…▼
[アクア]
…………▼
[ブノワ]
しかし、いくら考えても…
上手く言えそうにない…▼
だから…
単刀直入に言う…▼
[アクア]
ええ。
それでもかまわないわ。▼
[ブノワ]
アクア様…
俺と結婚をしてくれないか…?▼
[アクア]
えっ…▼
[ブノワ]
俺は…
アクア様のことを愛している…▼
だから俺と…
一緒になって欲しい…▼
[アクア]
…………▼
ふふふ。
本当に単刀直入なのね。▼
[ブノワ]
すまない…▼
もっと気の利いた言葉を…
言えればよかったのだが…▼
[アクア]
謝る必要なんてないわ。▼
飾り気のない、
とても真っ直ぐな言葉で嬉しかった。▼
ブノワの気持ちも、
ちゃんと私に伝わったわ。▼
[ブノワ]
…………▼
[アクア]
…私でいいの?▼
[ブノワ]
!!
ああ…もちろんだ。▼
アクア様でなければ…
ダメなんだ。▼
アクア様と
共に生きられるのなら…▼
俺はどんな困難にも…
立ち向かうと誓う…▼
[アクア]
ブノワ…▼
[ブノワ]
だから…
もう一度、言う…▼
俺と…
結婚してください…▼
[アクア]
…はい。
一緒に幸せになりましょうね。▼
[ブノワ]
ありがとう…
アクア様…▼

レオン

支援C

[アクア]
………♪▼
[レオン]
…不思議な歌だね。▼
[アクア]
!! レオン…
いつからそこに?▼
[レオン]
ごめん。▼
もう少し早く、
声をかけるつもりだったんだけど…▼
暗夜では聴いたことがない歌だったから、
つい聴き入ってしまった。▼
[アクア]
…そう。▼
これはね、
お母様が教えてくれた歌なの…▼
…………▼
[レオン]
大丈夫かい?
顔色が優れないようだけど…▼
[アクア]
大丈夫…
少し嫌なことを思い出しただけ…▼
[レオン]
それは…
暗夜王国にいた頃のこと?▼
[アクア]
どうしてそう思うの?▼
[レオン]
多少は聞いて知っているからね。▼
アクアたち母子が、
暗夜でどんな扱いを受けていたか…▼
[アクア]
…………▼
ごめんなさい…
私、もう行くわ…▼
[レオン]
アクア…▼

支援B

[アクア]
またね、みんな…▼
ふふっ。▼
[レオン]
アクア。▼
子供たちに歌を歌っていたのか?▼
[アクア]
レオン…▼
嫌だわ…
隠れて見てるなんて…▼
[レオン]
ごめん…
邪魔をしたくなかったから。▼
[アクア]
ふふっ、いいわ。
でも今度からはちゃんと声をかけてね。▼
[レオン]
…うん。▼
…………▼
[アクア]
レオン?
どうしたの?▼
[レオン]
アクアがそんな風に笑えるのは
白夜の民たちのおかげなのか?▼
[アクア]
…そうね。▼
暗夜の王城での生活は…
あまりいい思い出がないから…▼
[レオン]
父上の臣下や妾たちから
白眼視されていたと聞いているよ。▼
[アクア]
…ええ。▼
その頃のことは…
今でも時々思い出してしまうわ。▼
[レオン]
幼少時に受けた心の傷は…
なかなか癒すことができないからね。▼
[アクア]
だけど、白夜王国の人たちは
敵国の王女の私にも優しくしてくれて…▼
[レオン]
それでアクアは、
笑えるようになったんだね。▼
[アクア]
ええ…私はミコト女王や
リョウマたちに救われたの…▼
[レオン]
暗夜の民を恨んでいるのか?▼
[アクア]
いいえ、今は恨んでないわ。▼
だって、暗夜にもいい人はいるから。
あなたたちと一緒にいればわかるわ。▼
[レオン]
…そうか。▼

支援A

[レオン]
アクア。
また、歌を聴かせてくれないか。▼
[アクア]
レオン…▼
[レオン]
どうしてもまた、アクアの歌が
聴きたくなってしまったんだ。▼
[アクア]
それはいいけど…
どうして?▼
[レオン]
今度はちゃんと聴きたいと思って。▼
今までは不本意ながらも、
盗み聴きみたいになっていたから。▼
[アクア]
ふふっ。
わかったわ。▼
[レオン]
やっぱり何度聴いても、いい歌だね。▼
[アクア]
ありがとう。▼
[レオン]
アクアの歌は
アクアの母上から教わったと言っていたね?▼
[アクア]
ええ。そうよ。▼
[レオン]
アクアの歌を聴いていると、
母から子への、無償の愛を感じるよ。▼
[アクア]
………▼
[レオン]
アクアは愛されていたんだね…▼
[アクア]
そうね…
お母様は私を愛してくれていたわ…▼
だから、私も…
誰かを大切に思うことができた…▼
どんなにひどい状況でも…
お母様が私に愛を教えてくれたから…▼
[レオン]
アクア。
もう一度、歌ってくれないか?▼
[アクア]
ええ、いいわよ。▼

支援S

[レオン]
アクア。
僕の悩みを聞いてくれないか?▼
[アクア]
レオン…
私でよければもちろん聞くわ。▼
[レオン]
実は…怖いんだ。▼
[アクア]
怖い?
何を恐れているというの?▼
[レオン]
拒絶されるのが怖くて…
人に気持ちを伝えられずにいる。▼
[アクア]
レオン…
私にもその気持ちはわかるわ。▼
人との繋がりや、
温かさを求める想いが強いほど…▼
拒絶されてしまったときの辛さは
とても大きくなるから…▼
[レオン]
そうだよね…▼
[アクア]
でも、傷つくことを恐れていては
誰かと繋がることはできないわ。▼
大丈夫よ、レオン。
あなたなら拒絶なんてされたりしない。▼
[レオン]
アクア…▼
[アクア]
もし、万が一…
レオンが拒絶されてしまったとしても…▼
私はレオンを拒絶しないわ。
お母様が私を愛してくれたように、ね。▼
[レオン]
………▼
…すまない。
僕は少し臆病だったかもしれない。▼
[アクア]
どういうことかしら?▼
[レオン]
僕はアクアを愛している。▼
[アクア]
えっ!?▼
[レオン]
この気持ちを
アクアに伝えたかったんだ。▼
[アクア]
レオン…▼
[レオン]
それなのにアクアに先に…
僕を拒絶しないなんて言わせてしまった。▼
これでは…
僕の告白などなんの意味もない。▼
拒絶されるのを恐れるあまりに…
手順を間違えてしまったな…▼
[アクア]
ふふっ。そうね。
少しずるかったかもしれないわね。▼
でも、どちらにせよ…
私はレオンを拒絶なんかしないわ。▼
[レオン]
アクア…▼
[アクア]
ずるくてもなんでもいいから、
もう一度、ちゃんと言って欲しい…▼
私の気持ちも…
ちゃんとレオンに伝えたいから…▼
[レオン]
僕はアクアを愛している。
どうか、僕と結婚して欲しい。▼
[アクア]
…はい。
よろしくお願いします。▼

フランネル

支援C

[フランネル]
よう!
アクア!▼
[アクア]
フランネル…▼
[フランネル]
元気ねえな?
なんか変なもんでも食ったか?▼
[アクア]
そんなことないわ。
私はいつもと同じよ。▼
[フランネル]
あぁ、確かにそうかもな。▼
アクアっていつも、
元気ない感じがするぜ。▼
[アクア]
あまり、得意じゃないの。
感情を表に出すのが。▼
[フランネル]
そんなのに得意も不得意もねえだろ。▼
思ったまんまを
顔に出せばいいだけなんだからよ!▼
[アクア]
そうね。
フランネルには簡単だと思うわ。▼
でも、世の中には
それができない人もいるの。▼
[フランネル]
じゃあ、俺が教えてやろうか?
思ってることを顔に出す方法。▼
つうか、決めた!
嫌だって言っても俺が教えてやる!▼
[アクア]
あんまりいい予感はしないけれど…
嫌だと言っても無駄なのよね?▼
[フランネル]
ああ!
もう決めちまったからな!▼
[アクア]
それじゃあ…
私にはどうしようもないわね…▼

支援B

[フランネル]
じゃあ、さっそく始めるぜ!▼
[アクア]
感情を表に出す特訓ね。
でも、なにをすればいいの?▼
[フランネル]
とりあえず、目をつぶってくれ!▼
[アクア]
…目を?
こうかしら…▼
[フランネル]
んで、これを握ってくれ!▼
[アクア]
…ぷよぷよしてる。▼
[フランネル]
よし!
じゃあ、目を開けていいぜ!▼
[アクア]
…カエル。▼
[フランネル]
ありゃ?
悲鳴とか上げないのか?▼
女にこれをやると
大体、跳び上がって驚くんだけどな…▼
[アクア]
…………▼
[フランネル]
もしかして、
カエルは苦手じゃねえのか?▼
[アクア]
いいえ。
苦手な方よ。▼
[フランネル]
じゃあ、なんで跳び上がんねえの?▼
[アクア]
…わからないわ。▼
[フランネル]
おっかしいなぁ。▼
驚かせるのが
一番、手っ取り早いと思ったんだけどなー。▼
[アクア]
ごめんなさい。
フランネルの求める反応ができなくて。▼
[フランネル]
まぁいい!
他にも作戦は考えてきてるからな!▼
[アクア]
まだ、あるのね。▼
[フランネル]
アクアは無表情女だよな!▼
[アクア]
…いきなり何かしら?▼
[フランネル]
顔を変えるには
怒らせるのもいい手だろ!?▼
アクアの歌はへんちくりん!▼
[アクア]
…………▼
[フランネル]
どうだ?
怒ったか?▼
[アクア]
…怒ったわ。▼
フランネルの顔を、
見たくなくなるくらい…▼
[フランネル]
うっ…▼
顔はそんなに変わってねえけど…
めちゃくちゃ怒ってるのがわかる…▼
[アクア]
さようなら。▼
[フランネル]
あ、あれ?
どこ行くんだよ!?▼
ま、待ってくれ!
俺が悪かったよー!▼

支援A

[アクア]
フランネル…▼
…………▼
[フランネル]
あ、アクア…▼
あ、あぅぅ…
まだ、怒ってるのか?▼
[アクア]
怒ってるわ。
ものすごく。▼
[フランネル]
す、すまねえ…▼
[アクア]
…………▼
[フランネル]
あれはあくまで、
お前を怒らせるための言葉でさ…▼
[アクア]
へんちくりん。▼
[フランネル]
ん?▼
[アクア]
私の歌を…
へんちくりん、って言ったわ。▼
[フランネル]
へ、へんちくりんなんかじゃねえよ!
お前の歌、すげえと思うぜ!?▼
[アクア]
へんちくりん…▼
[フランネル]
へんちくりんじゃあねえ!
俺が保証する!▼
[アクア]
…ふふ。▼
[フランネル]
おっ!?
アクアが笑った!▼
[アクア]
そこまで言うなら…
許してあげようかしら。▼
私のためを思って
してくれたことだしね。▼
[フランネル]
べ、別にお前のためとかじゃねえし!▼
お、俺はただ…▼
お前が驚いたりしたら、
面白いかなとか思っただけだし!▼
[アクア]
ふふっ。
そうだったのね。▼
[フランネル]
今日はよく笑うな。▼
[アクア]
ええ。▼
[フランネル]
ってことは、
作戦は一応、成功ってことだな!▼
[アクア]
…そうね。
そういうことになるわね。▼
私…
人に拒絶されるのが怖くて…▼
感情を表に出すことが…
少し苦手なの…▼
でも、フランネルのおかげで、
少しは改善されたと思うわ。▼
[フランネル]
そいつはよかった!
ま、これからもいっぱい特訓してやるよ!▼
でも、怒らせたりするのはもうしねえ!
アクア、怒るとすっげー怖いからな!▼
だから、今度からは、
いっぱい笑わせてやるからな!▼
[アクア]
ふふっ。
ありがとう、フランネル。▼

支援S

[アクア]
………♪▼
[フランネル]
よう、アクア。▼
[アクア]
こんにちは。
フランネル。▼
[フランネル]
歌が聞こえてきたぜ。
アクアが歌ってたんだろ?▼
[アクア]
ふふっ。
へんちくりんな歌だった?▼
[フランネル]
ち、ちげえよ!
そんなん思ってねえって!▼
すげぇ…いい歌だったと思うぞ。▼
[アクア]
ふふっ。
ありがとう。▼
[フランネル]
アクアってさ、
前よりよく笑うようになったよな。▼
[アクア]
そうかしら?▼
[フランネル]
ああ。前に比べたらずっとな。▼
[アクア]
きっと、フランネルの前だからね。▼
[フランネル]
えっ?▼
[アクア]
言ったでしょ?▼
私は人に拒絶されるのが怖くて、
あまり感情を表に出すことができないって…▼
[フランネル]
ああ。
そんなことを言ってたな。▼
[アクア]
でも、フランネルなら…▼
たとえ私が何を考えて…
どんな顔をしたとしても…▼
そんなことで私を
拒絶しないんだろうなって…▼
[フランネル]
そうだな!俺はヒトと違って、
そんな小さいこと気にしねえからな!▼
[アクア]
ふふっ。▼
フランネルは感情のままに
自分を表にさらけ出してるものね。▼
[フランネル]
ああ!
隠す意味がわからねえ!▼
[アクア]
羨ましいわ。そのフランネルの強さが。▼
[フランネル]
本当は、あつかましいやつだって
思ってるんじゃねえの?▼
[アクア]
少しだけ思ってるかも。▼
[フランネル]
はっはっは!
やっぱりそうかよ!▼
[アクア]
ふふふ。▼
[フランネル]
じゃ、じゃあ…
あつかましいついでに…▼
あのことも…
言っちまおうかな…▼
[アクア]
あのこと?▼
[フランネル]
い、いや…でもな…
さすがにやめとこうかな…▼
[アクア]
めずらしいわね。
フランネルが躊躇するなんて。▼
[フランネル]
だあああああ!
もう、どうなってもいいから言う!▼
あ、アクア!
俺と…結婚しねえか!?▼
[アクア]
え…
結婚?▼
[フランネル]
実はもうさ、指輪も用意してんだ…
これ、受け取ってくれねえかな?▼
[アクア]
フランネル…▼
[フランネル]
俺さ、お前に惚れちまったんだよ!
だから、ずっと一緒にいたいと思ってる!▼
だ、ダメか!?▼
[アクア]
…いいえ。
ダメじゃないわ。▼
だって、私も…
フランネルのことが…好きだから…▼
[フランネル]
ほ、本当か!?
やったー!▼
俺、一生…
アクアのことを大事にするからな!▼
[アクア]
ありがとう…
フランネル…▼

マークス

支援C

[マークス]
アクア。▼
[アクア]
…………▼
[マークス]
…アクア?▼
[アクア]
…あ、マークス…
どうしたの?▼
[マークス]
…大丈夫か?
このところ表情が優れない気がするが。▼
[アクア]
別に…
で、何か用?▼
[マークス]
ああ、実はカムイたちと
食事会を兼ねた軍議をしようと思っていてな。▼
お前にも顔を出してもらいたいのだ。▼
[アクア]
軍議?▼
[マークス]
ああ。
今後の進軍について討議する。▼
[アクア]
どうして私が?
役に立つとは思えないんだけど。▼
そもそも、そういう知識は何もないし…▼
[マークス]
そう卑下するな。
最初はみんな知識などない。▼
[アクア]
…他には誰が参加するの?▼
[マークス]
暗夜の者たちが気になるのか?
その辺は私がうまく調整しよう。▼
お前は暗夜と白夜の両方の事情に詳しい。
だから、意見を聞かせて欲しいのだ。▼
受けてくれるな?
世界の平和のためだ。▼
[アクア]
…………▼
わかったわ。
平和のためと言われれば断れないし。▼
それに、この強引な感じが
暗夜のやり方だとしたら…▼
いくら断っても
連れていかれるでしょうしね。▼
[マークス]
ははは。
嫌みを言わないでくれ。▼
さ、行こう。▼

支援B

[アクア]
…………▼
[マークス]
アクア。またか。
何を落ち込んでいるのだ。▼
[アクア]
大丈夫よ。
気にしないで。▼
[マークス]
…そうか、わかった。▼
ところでこの間の軍儀では
いい働きをしてくれたな。▼
礼を言うぞ。▼
[アクア]
あまり役には立てなかったと思うけど…▼
[マークス]
いや、その逆だ。▼
[アクア]
嘘はいいわ。
私は何回か発言しただけ。▼
あとは出された食事が
おいしくてたくさん食べてた。▼
それくらいしかしていないから。▼
[マークス]
ははは。
わかってないのだな。▼
[アクア]
え?▼
[マークス]
…確かにお前は数回しか発言しなかった。
その他の時間は料理の皿をつついていた。▼
だが、その数回の発言は冷静で公平だった。
まさに私の望んでいたものだった。▼
[アクア]
そ、そう…
だったらいいけど…▼
いずれにしても、こちらこそありがとう。▼
珍しい経験ができたし、
ご馳走とあわせて感謝するわ。▼
[マークス]
いや、これで終わりではないぞ。▼
[アクア]
えっ?▼
[マークス]
今度は別の案件を頼みたいのだ。▼
今度、父上についての話し合いがある。
そこにも参加してもらいたい。▼
お前の立ち位置と役割は前回と同じ。▼
黒と白を知る者として、
客観的な意見を求めたい。▼
[アクア]
…なんか重そうな議題ね…▼
[マークス]
そう言うな。
もちろん料理も用意する。▼
[アクア]
…………▼
わかったわ。
どうせ断れないんでしょう。▼

支援A

[アクア]
ルルルー…
ララララララー。▼
[マークス]
おっと。
邪魔してすまなかった。▼
[アクア]
いいのよ、別に。
歌の練習をしていただけだから。▼
[マークス]
そうか。▼
前回の話し合いだが、素晴らしかったぞ。
おかげでうまくまとまった。▼
[アクア]
もういいのよ、マークス。
あなたの意図はわかったから。▼
[マークス]
意図?▼
[アクア]
ええ。▼
暗夜でいじめられていたときの記憶が蘇って、
私、ときどき気分が沈んでしまうの…▼
あなたはそんな私が孤立しないように
気遣ってくれたんでしょ?▼
[マークス]
いや、そういうわけではない。▼
[アクア]
いいのよ。
白状しなさい。▼
[マークス]
だから、それは考えすぎだ。▼
私は国のことを第一に考える人間だ。
それは知っているだろう。▼
だから、別に…。▼
[アクア]
ううん。私にはわかるわ。
そこがあなたの素敵なところよ。▼
[マークス]
ふむ…
何を言っても通じないようだ。▼
[アクア]
さあ、そこに座って。▼
[マークス]
…なんだ?▼
[アクア]
さっきまで練習していたのは感謝の歌よ。▼
あなたに聞かせてあげたくて。▼
[マークス]
私に?▼
[アクア]
じゃあ歌わせてもらうわね。
あなたのさりげない優しさに対する、
感謝の気持ちを込めて…▼

支援S

[アクア]
マークス、
用ってなに?▼
[マークス]
すっかり回復したようだな。▼
[アクア]
ええ。
あなたのおかげよ。▼
[マークス]
…………▼
今日、呼んだのは、お前に
ある頼みごとをしたくてな。▼
[アクア]
頼みごと?▼
[マークス]
ああ。▼
お前には暗夜に戻ってもらいたい。。▼
[アクア]
…………▼
…え? 戻るって?▼
[マークス]
そのままの意味だ。
ただし、ただ戻るのではない。▼
これを身につけ、王妃として
戻ってきてもらいたいのだ。▼
[マークス]
えっ?
これは…▼
[マークス]
私からの愛の全て…結婚指輪だ。▼
[アクア]
…………▼
そ、そんな…▼
でも無理だわ。
だって私にとっての暗夜は…▼
[マークス]
暗夜に対していろいろと
思うことがあるのは知っている。▼
しかし、私と一緒に乗り越えていこう。▼
もちろん、きょうだいたちには
お前のことは話してある。▼
全員一致で賛成だそうだ。▼
[アクア]
でも…ガロン王は?▼
[マークス]
お前は父上に関する話し合いでも
貴重な意見を言ってくれた。▼
父上のことは難しい問題だが、
お前と二人なら向き合えそうな気がする。▼
[アクア]
…………▼
マークス、そこに座って。▼
[マークス]
どういうことだ。
私はお前の返事を…。▼
[アクア]
これから歌で返事するわ。▼
聞いてちょうだい。
あなたに対する愛の歌よ…▼

白夜ユニット

アクア(白夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-11 (火) 13:42:14