アクア(白夜)の支援会話


マイユニット男性

マイユニット女性

サクラ

支援C

[サクラ]
アクア姉様…▼
[アクア]
あら、サクラ。どうしたの?▼
[サクラ]
最近あまり…アクア姉様から
聞くことがなくなった…と思いまして。▼
[アクア]
えっ?
聞くって…何を?▼
[サクラ]
あの…その…
こ、怖い…話、です…▼
[アクア]
ああ…なるほど。▼
確かに戦争が激化してから、なかなか
話せる機会はなくなってしまったわね。▼
ふふふ…
でもサクラったら相変わらず好きなのね。▼
怪談話。▼
[サクラ]
す、す、好きなわけではないんです…!▼
た、ただ…アクア姉様がああいう話をすると、
聞き逃せなくなってしまうというか…▼
気になってしまって…!▼
[アクア]
ふふふ…恐怖心というのは人間にとって、
ある種の娯楽になると聞いたことがあるわ。▼
昔話に怪談めいた小話が多いのも、
そういった心理に基づいているんでしょうね。▼
[サクラ]
そうなんですね…▼
[アクア]
私たち二人は昔から大勢の人の前で
話したりするのが苦手だったから…▼
子供の頃はよく二人で部屋に籠って、
怖い話をしたわね。▼
[サクラ]
うふふ…そうですね。懐かしいですね。▼
[アクア]
サクラったら涙目になって
身体をブルブル震わせているくせに、▼
続きを話してって何度もねだったわよね?
最後には泣き出すのが目に見えてるのに。▼
[サクラ]
ううっ…! 小さい頃の話じゃないですか~!
アクア姉様、それ以上は言わないでください~!▼
[アクア]
うふふふ…▼

支援B

[サクラ]
アクア姉様。▼
[アクア]
あら、サクラ。怖い話でも聞きたくなったの?。▼
[サクラ]
も、もう…違いますよ!
でも…▼
[アクア]
どうしたの?▼
[サクラ]
アクア姉様から聞いた話の中で、あの話が
一番怖かったなぁって、思い出していました。▼
[アクア]
どんな話?▼
[サクラ]
ええと…暗夜のお城に出るという怪人の話です。▼
[アクア]
…………▼
ああ、あれね!
思い出したわ。▼
そうそう、
私が当時の女中から聞いた話で…▼
ロビーに飾られた絵画に描かれた
初老の紳士が、▼
夜な夜な絵の中から抜け出してきて、
女中たちを魔界へとさらっていくという…▼
[サクラ]
わーっ!! わーっ!!
今話さなくてもいいです!!▼
やっ、止めてください~!!▼
[アクア]
うふふ…そう、こんな逸話もあったわ。▼
月のない夜のこと…ある女中が、
真夜中に廊下を歩く音を聞いたらしいの。▼
あんな夜中に足音なんて聞いたことないし、
すごく印象的な音だったから覚えてたって。▼
[サクラ]
…………!▼
[アクア]
結局胸騒ぎがして朝になるまで眠れず、
眠い目をこすって部屋を出てみると…▼
城のみんながザワザワしてるんだって。
そして、様子がおかしいの…▼
なんと、その日の当直の女中が
半分くらいしか集まっていなかった…▼
[サクラ]
…!▼
[アクア]
彼女は皆に聞いたらしいわ。
あの子やあの子はどうしたのか?▼
寝坊で遅刻してるのかって。
そんなんじゃ執事長に大目玉を喰らう、って。▼
で…周りの人たちは、
彼女になんて答えたと思う?▼
[サクラ]
わ、わかりません…▼
[アクア]
…そんな子たちは知らないって。
見たことも聞いたこともないって言ったのよ。▼
[サクラ]
ひ、ひぃっ…!▼
[アクア]
その女中は消えた者たちの形跡を追ったけど、
何も見つからなかった。▼
部屋ももちろんもぬけの殻…
そんなときに思い出したそうよ。▼
…絵画から抜け出した怪人が、人を
存在ごと魔の世界へとさらうという話を…!▼
[サクラ]
ひ、ひぃいっ!!!▼
[アクア]
女中は怪人の足音を聞いたまま朝を迎えたから、
連れていかれなかったんじゃないかってね。▼
[サクラ]
ううう…!
だから止めてくださいって言ったのに…!!▼
怖いですよ…怖すぎますよ…
アクア姉様…!!▼
[アクア]
うふふ…そうは言いながらも
サクラは結局、黙って聞き続けたわね。▼
[サクラ]
だ、だって…
気になるじゃないですか~!
も、もう! アクア姉様のせいで、
今日の夜はお手洗いに行けなさそうです!▼
[アクア]
そう? なら一緒に付いていってあげるから、
いつでも私に言いなさいね。▼
[サクラ]
こ、子供扱いはしないでください~!▼
[アクア]
うふふふ。▼

支援A

[アクア]
サクラ、どうしたの?
何か物思いに耽っているようだけれど。▼
[サクラ]
は、はい…その…
アクア姉様のことを、考えていたんです…▼
[アクア]
えっ? 私のこと?▼
[サクラ]
はい。この間の怖いお話…▼
アクア姉様ったらとても楽しそうに
お話しされていたじゃないですか…?▼
[アクア]
え、ええ…まぁ…サクラに怖がってもらえて
楽しかったのは事実だけれど…▼
[サクラ]
私…昔からよく、
アクア姉様がいつも塞ぎこんでいて、▼
他人と仲良くしようとしないって…
人が陰口を言っているのを聞いてきました…▼
[アクア]
サクラ…▼
[サクラ]
私はそんな心無い言葉を聞くたびに、
違いますと何度も言いたかったんです…▼
アクア姉様はとても楽しくおしゃべりできて、
明るく笑える人なんだって…▼
でも私には勇気がなくて…いつも
その言葉を飲みこんでしまっていたんです…▼
[アクア]
サクラ…ありがとう。
あなたは独りでそんな悩みを抱えていたのね。▼
[サクラ]
私、アクア姉様の良い所を
もっと色んな人に知って欲しかったんです…▼
でも私にはその勇気がなかった…
私は酷い…妹です…▼
[アクア]
そんなことはないわ。
私のほうこそ悪かったもの。▼
あなたの気持ちに気づけなかっただけでなく、
あなたに心配までかけてしまった…▼
これは全部、自分の殻を破ろうとしなかった
私自身のせいなのよ。▼
[サクラ]
アクア姉様…▼
[アクア]
サクラ、これからは私も色々な人と
お話できるようにするわ。▼
皆と打ち解けられるよう、自分のことを
知ってもらえるように努力してみる。▼
[サクラ]
は、はい…▼
[アクア]
だからサクラも一緒に勇気を出して、
一歩前進してみましょう。▼
ね、二人一緒なら怖くないでしょう?▼
[サクラ]
はい、もちろんです!
アクア姉様…!▼
[アクア]
ふふふ、ありがとう。サクラ。
あなたのような妹を持てて私は幸せよ…▼
[サクラ]
もちろん、私も同じ気持ちです!▼
これからもよろしくお願いしますね、
アクア姉様。▼

ツバキ

支援C

[アクア]
…………▼
そこにいるのは…誰?▼
[???]
見つけたぞ…!▼
[アクア]
誰?
あなたなんて知らないわ。▼
[???]
黙れ、アクア王女…
そして大人しく死んでもらう!!▼
きえええーーーっ!!▼
[ツバキ]
アクア様!
大丈夫ですかー!?▼
[アクア]
ツバキ!!▼
[???]
くっ…余計な邪魔が入ったか!!▼
[ツバキ]
さて、どうするー?▼
今のつばぜり合いで、
大体君の実力はわかっちゃったよー。▼
[???]
なにっ!?▼
[ツバキ]
恐らく君は俺には勝てないだろうねー。▼
あとここに来る前に人を呼んでおいたから、
加勢がすぐに来るはずだよー?▼
[???]
チッ…覚えていろっ!!▼
[ツバキ]
ふぅ…アクア様、ご無事ですかー?▼
[アクア]
ええ、何ともないわ…▼
[ツバキ]
全く敵の刺客がこんなところにまで
入ってくるなんてー。▼
警備が完璧じゃなかったんですかねー?▼
[アクア]
…………▼
[ツバキ]
おおよそ敵の目的は、白夜の姫君の暗殺…
といったところでしょうねー。▼
こちらの士気の低下を謀っているんだと
思いますー。▼
[アクア]
そうかもしれないし…
違うかもしれないわね…▼
[ツバキ]
えっ?
どういう意味ですか…?▼
[アクア]
い、いえ…何でもないわ。
ツバキ、ありがとう。▼
[ツバキ]
いえ…▼
アクア様の今の発言…
どういう意味だろう…?▼

支援B

[???]
今度こそ貴様の命、もらいうける!!▼
[ツバキ]
何度も懲りないなあー、君たちも。▼
[アクア]
…………▼
[???]
今回は一人ではない…!▼
いかに護衛のお前が手練れとはいえ、
この人数には敵うまい!!▼
[ツバキ]
はいはいー、そのセリフって
負け犬になる前の常套句ってやつだよねー。▼
はい、これで完了っと…▼
アクア様すみません、撃退できましたけど…
今回も取り逃がしちゃいましたね…▼
[アクア]
あなたが無事でいてくれたのなら、
それで充分よ…▼
[ツバキ]
念のためアクア様の身辺の警護しておいて
良かったですー。▼
でもあいつら…
敵軍にしてはちょっと様子が…?▼
[アクア]
…!!
これは…▼
[ツバキ]
ん?さっきの敵兵が
落としていったもののようですねー?▼
何かの腕章…?▼
[アクア]
これは…この模様は白夜王家から
連なる系譜の一族のものね。▼
[ツバキ]
ええーっ!?
そ、そんなわけないですよー?▼
[アクア]
どこの分家一族かはわからないけど…
少なくともこの模様は敵のものではないわ。▼
…つまり白夜側からの差し金ということ。▼
[ツバキ]
そ、そんな…でもどうして…?▼
どうして白夜の物が
アクア様の命を狙うのでしょうか…?▼
[アクア]
王国の内部にも私のことを良くないと
思う人間は少なくないということね…▼
[ツバキ]
た、確かに疑り深い兵はいますけど、
それとこれとは話が別ですよ…!▼
これは冗談ではすまされない…!▼
[アクア]
ええ…でも現に私のことを
厄介者扱いしている人間がいる…▼
そういうことなんでしょうね…▼
[ツバキ]
…何てことだ。▼
[アクア]
二回も助けてもらって…ツバキ、ありがとう。
そして面倒をかけてしまって、ごめんなさい。▼
[ツバキ]
いや…そんなことは別に良いんですよ…
問題はそこではないんですよ…▼
[アクア]
確かに…そうね…▼

支援A

[ツバキ]
アクア様、ただいま帰還しましたー!▼
[アクア]
ツバキ…任務は無事に成功したのね。▼
[ツバキ]
はい、アクア様を付け狙っていた
裏切り者たちの勢力はこれで一掃できましたー。▼
[アクア]
何から何まで本当にありがとう…
ツバキ、迷惑をかけてしまってごめんなさい。▼
[ツバキ]
いえいえ、与えられた仕事はきっちりこなしてこその俺ですからー。▼
[アクア]
…………▼
[ツバキ]
アクア様…▼
あなたを狙う輩は討伐したというのに…
どこか浮かないご様子ですね…▼
[アクア]
い、いえ…そんなことないわ。▼
[ツバキ]
そうは見えませんよー
全部俺に吐き出しちゃってもいいですよー?▼
[アクア]
…………▼
そうね…じゃあ少しだけ
愚痴を聞いてくれる?▼
[ツバキ]
ええ、もちろんー。▼
[アクア]
私…暗夜にいたとき、
暗夜王の臣下たちからさんざん白眼視されて…▼
白夜に来てからも、やっぱり
全員が認めてくれたわけじゃなくて。▼
もちろん王家の皆は優しくしてくれたけど…▼
自分は…嫌われ者の星の下にでも
生まれたんだろうかって…▼
少し卑下したくなっていただけよ。▼
[ツバキ]
そうですか…でもこれからは安心ですねー。▼
[アクア]
えっ?▼
[ツバキ]
俺ができる限りお傍でお守りしますからー。▼
今回みたいな場合だけじゃなくて、
アクア様を虐める奴らも許しませんよー。▼
だから今後は
俺に任せておけば万事解決ですよー。▼
[アクア]
でもあなたはサクラ直属の臣下でしょう?▼
[ツバキ]
サクラ様の姉君であれば、尚更ちゃんと
お守りしなくちゃいけませんからねー。▼
大丈夫ですー、完璧な俺ですから、
お二人ともきっちりお守りしてみせますよー。▼
[アクア]
うふふ…ツバキにそう言われると、
何だか安心しちゃったわ。▼
[ツバキ]
あははは、そう言ってもらえて
俺も光栄ですー。▼

支援S

[ツバキ]
アクア様、
少しお時間よろしいですかー?▼
[アクア]
ツバキ…
また護衛に来てくれたの?▼
ありがたいけど、あなたの主君はサクラよ。
守るなら私より、あの子を…▼
[ツバキ]
ええとー
今日の用事はちょっと違うんですー。▼
[アクア]
えっ…じゃあ何かしら?▼
[ツバキ]
最初、俺はあなたのこと…
色々な境遇に晒されてきた過去を▼
少し可哀想に思って、
守ろうとしていたのは認めます…▼
[アクア]
ツバキ…?▼
[ツバキ]
でもようやく今になって気づいたんですー。▼
こんな辛い道のりだったにもかかわらず、
あなたは決して自暴自棄にはならずに、▼
強い気持ちで平和を目指してきた…▼
俺は…
そんなあなたに惹かれてるんだって…▼
[アクア]
そ、それって…▼
[ツバキ]
ええ、俺はあなたのことを愛しています…▼
これからは愛する人として、
あなたのことをお守りしたいです…▼
[アクア]
ツバキ…ありがとう。
私もあなたのことが好き…▼
いえ、好きというよりも
これだけ何度もあなたに守られてきて、▼
あなたのことを拒む理由なんて、
私には一つもないのよ。▼
[ツバキ]
アクア様…▼
[アクア]
私もあなたになら全てを委ねてもいいって…
これまでも何度も思っていたのよ。▼
[ツバキ]
ありがとうございます…
じゃあこれからはあなたの一番近くで、▼
あなたのこと…
どんな悲しみからも守ってみせますね…▼
[アクア]
ええ、嬉しいわ。
私…とても幸せよ。▼


サイゾウ

支援C

[サイゾウ]
アクア様…▼
[アクア]
サイゾウ。どうかしたの?
私の顔をジロジロ見て…▼
[サイゾウ]
周囲には誰もいない、か。▼
…アクア様、
この機会に一度言っておきます。▼
俺は…あなたのことを
信用していない。▼
[アクア]
サイゾウ…▼
[サイゾウ]
白夜王家の方々…特にミコト様からの
ご寵愛が深かっただけに、▼
これまで何も言ってはきませんでしたが、
暗夜から来たあなたを、俺は正直疑っている。▼
[アクア]
ええ、そうみたいね。
あなたの視線は無言でそう告げていた。▼
私もそれには気づいていたわ。▼
[サイゾウ]
そうですか。ではなぜ俺のことを
誰かに告げようとしないのです?▼
あなたがリョウマ様にありのままを告げれば、
俺の首は…飛ぶでしょうから。▼
[アクア]
別に…だってあなたの立場で私を見た場合、
そう考えるのも当然だと思うもの。▼
それに私はそういう境遇にいる人間だって、
理解もしているつもりよ。▼
[サイゾウ]
…ならば忠告です。
俺はもう、あなたに遠慮はしない。▼
あなたが少しでも
怪しい素振りを見せれば…▼
その時は、俺のこの手で
然るべき処置を取らせてもらいます。▼
[アクア]
ええ、そうね。
せいぜい覚悟しておくわ。▼

支援B

[サイゾウ]
くっ…俺としたことが!▼
うぐっ…!!
足をやられたか…思うように動かん…▼
[アクア]
サイゾウ、大丈夫!?
私を庇って怪我をするなんて…なんてこと…!▼
あなた前に私を信用していないって、
言ったじゃない…!?▼
[サイゾウ]
あなたを守ることも仕事のうち…
他意はありません。▼
それよりもアクア様…
さっさと皆の陣地へと戻ってください!▼
[アクア]
そういうわけには行かないわ!
あなたを置いてはいけない…▼
幸いもうこの周辺には敵はいないから、
あなたの介抱が先決よ…!▼
[サイゾウ]
だが…俺の傷は浅くない…
このままではあなたの足手まといだ…!▼
[アクア]
足をやられたのね?
出血も止まらないわ…▼
動かないのなら、
骨が折れているのかも…▼
念のため縛っておかないと…▼
[サイゾウ]
ううっ…!▼
[アクア]
サイゾウ…痛むのね?
ああ…どうすれば…▼
…………▼
もう、これしかないわね…▼
[サイゾウ]
ア、アクア様…?
自らの服を破くなんて…一体何を…?▼
[アクア]
仕方ないでしょう?
包帯代わりにこれを巻きつけるわ。▼
[サイゾウ]
アクア様…お、俺などのために…
そのようなことを…▼
っ!?
アクア様…その傷痕は…?▼
[アクア]
あ、ああ…これね。ごめんなさい…
見苦しいものを見せてしまって。▼
[サイゾウ]
い、いや…俺のほうこそすみません。
見るつもりはなかったのですが…▼
その痕は、あまりにも…▼
[アクア]
…………▼
処置しながらでいいなら聞いてくれる?
痛みが紛れるかもしれないから…▼
これはね…私が暗夜にいたときに付いた傷…
いいえ、付けられた傷ね…▼
[サイゾウ]
…付けられた?
誰にですか?▼
[アクア]
当時子供だった私よりも少し年上の…
暗夜の貴族の子供よ。▼
向こうは軽い悪戯のつもりだったんだろうけど…
結果的に私の身体には深い傷痕が残った。▼
[サイゾウ]
…………▼
その子供たちを…暗夜を…
恨んでいるのですか?▼
[アクア]
どうかしらね。
もう許したといえば嘘になるけれど。▼
どうにかしたいのは、人の心より…
荒んでしまった国そのものなのかもしれないわ。▼
[サイゾウ]
そう…ですか…▼
[アクア]
さぁ、これで一時的な処置は済ませたわ。
どう、歩ける?▼
[サイゾウ]
はい、何とか…▼
[アクア]
じゃあ肩を貸すから、つかまって。▼
あなたとしては気に食わないかもしれないけど、
この際我慢してちょうだい。▼
さぁ、皆のところへ帰りましょう。▼
[サイゾウ]
…………▼

支援A

[サイゾウ]
…アクア様。▼
[アクア]
あら、サイゾウ。どうしたの?▼
[サイゾウ]
この前は、
申し訳ありませんでした。▼
手当をしていただいた上、
あなたの古傷を見てしまった。▼
全て俺の不徳の致すところです…▼
[アクア]
別に気にしていないのに…
そんなことを言いにわざわざ?▼
[サイゾウ]
はい。改めて謝罪しておくべきだと
思いました。▼
[アクア]
謝罪…▼
それよりもあなた、
他に言うべき言葉はないの?▼
[サイゾウ]
えっ…?
そ…それはどういう意味でしょうか?▼
[アクア]
私、別に謝ってほしくて
あなたを助けたわけじゃないわ。▼
だって、謝ってもらったって
ちっとも嬉しくないもの。▼
謝罪よりもまず言うべきは…
感謝の言葉じゃないのかしら?▼
[サイゾウ]
!! 申し訳ありません…▼
[アクア]
もう、また謝ってるわ。▼
[サイゾウ]
すみませ…いや、その…
…ありがとうございます。▼
俺を気にせずに助け出してくださったこと…
感謝しています。▼
ですがそれ以上に、俺はアクア様に
謝罪をすべきだと思ったのです。▼
どれだけ謝っても足りないほどに…
俺は失礼なことを言ってしまった。▼
[アクア]
ふふっ…サイゾウ、
あなたの堅物さには呆れてしまうけれど…▼
それでも私にとっては大事な仲間だということは
変わらないわ。▼
私に対して申し訳ないと
少しでも思ってくれるなら…▼
これからはもう少し私との距離を
縮めてくれないかしら?▼
私もそういうのは
あまり得意ではないのだけれど…▼
できるだけ、努力はするから。▼
[サイゾウ]
はい…もちろんです。▼
俺はアクア様を仲間だと信じ、
これから闘っていくことを誓います。▼

支援S

[サイゾウ]
…アクア様。▼
[アクア]
サイゾウ…またあの話?
もう私は気にしていないのだけれど。▼
[サイゾウ]
いえ。女性の傷痕を見たからには、
何かしらの協力はさせていただきたい。▼
我らの里に、古傷を跡形もなく
消すという薬があります。▼
あれを今度お持ちするので、
付けてみてはいかがでしょうか…?▼
[アクア]
いいえ。気持ちは有難いけれど…
そんな薬があるなら他の皆に使って。▼
それに…古傷と言うなら、あなたの
目のほうがよほど深い傷じゃないの?▼
[サイゾウ]
これは…
俺の身体に刻みつけておくべき傷なんです。▼
これを治すなんて、
俺の魂が許さない。▼
それに…男と女では
傷の持つ意味が違うでしょう?▼
[アクア]
あなた…
少し男尊女卑の嫌いがあるんじゃない?▼
[サイゾウ]
それは…否定しません。▼
ですが、だからこそその傷を見てしまった俺が
責任を負いたいのです…▼
[アクア]
責任…?▼
[サイゾウ]
アクア様…俺と恋人になってください。▼
[アクア]
え…!?▼
[サイゾウ]
あなたの優しさに触れ、そしてその傷を見て、
俺はあなたをこれから守っていきたいと…▼
心の底から想いました。▼
もちろん忍びとしての主君はリョウマ様と
心に決めておりますが…▼
今は…男としてはあなたを
守っていきたいと、そう心に決めたのです。▼
[アクア]
それは…これまで私のことを信用してこなかった
贖罪の意味も込められているの?▼
[サイゾウ]
それは…わかりません。▼
ですが贖罪も傷を見たことも…
全て含んであなたが…愛しいのです。▼
[アクア]
サイゾウ…▼
…………▼
…ありがとう。こんな私を信頼し、
そして愛してくれて…嬉しいわ。▼
[サイゾウ]
で、では…!!▼
[アクア]
ええ。これほどまでに愛してくれる人を
愛さない理由はないわ。▼
一緒になりましょう。▼
[サイゾウ]
ありがとうございます…アクア様。
俺の全てを賭けてお守り致します…!▼
[アクア]
ええ、私もよ。▼

ヒノカ

支援C

[ヒノカ]
アクア…すまん!▼
[アクア]
…ヒ、ヒノカ?
いきなり、どうしたの…?▼
[ヒノカ]
あ、ああ…確かに唐突だったな…
いや…その…!▼
[アクア]
いいから落ち着いて。
あなたは仮にも私のお姉さんなのよ?▼
[ヒノカ]
あっ…あははは。▼
すまない。
これではどちらが姉かわからないな。▼
[アクア]
ふふっ…そうね。
で、一体どうしたの?▼
[ヒノカ]
私は昔から…
暗夜を打倒することや、▼
カムイを取り戻すことばかり
優先させて生きてきた…▼
そのせいかお前のことをあまり気にかけて
やれなかったと思ってな。▼
今更それに気づき、お前に謝罪の一言でも
言わねばと思ったんだ…▼
[アクア]
そんなことを言うためにわざわざ?▼
それならリョウマやタクミ、
サクラはどうなるの?▼
[ヒノカ]
きょうだいのことで言うなら
リョウマ兄様の手助けはしてきたし、▼
タクミやサクラは私から見れば
少し頼りないからな…面倒は見てきたつもりだ。▼
[アクア]
つまり私だけ、あんまり面倒を
見られていなかったということ……?▼
[ヒノカ]
そ、そういうわけではない!
アクアも私の大切な妹だ。▼
だが、共に過ごす時間が他のきょうだいより
少なかったのではないかと思ってな…▼
[アクア]
ふふふっ…そんなこと、全然気にしないわ。
大丈夫だから安心して。▼
私はもともと、
一人でいることが好きだったし…▼
ヒノカはとても優しいから、私の気持ちを
尊重してくれていたのでしょう?▼
[ヒノカ]
アクア…▼
[アクア]
ああ、そうだわ。
私ずっと、ヒノカにあげたいものがあったの。▼
[ヒノカ]
えっ…?▼
[アクア]
昔ね…ヒノカの誕生日のお祝いに、天馬を
あしらった小物を渡そうと思ったんだけど、▼
その時あなたは天馬武者としての修行中で、
いつも鬼気迫る感じだったから…▼
水を差してはいけないと思って、
渡しそびれていたのよ。▼
[ヒノカ]
アクア…お前はそんなことを…!
私はなんと言って詫びれば良いのか…▼
[アクア]
もう、大袈裟ね。
それぐらいのことで謝るのはよして。▼
私も渡しそびれていただけだし、
今回それを受け取ってくれれば嬉しいわ。▼
いま取りに行ってくるから、
ちょっとここで待っていて。▼
[ヒノカ]
アクア…▼

支援B

[ヒノカ]
よーし、アクア。
今日は何でも好きな物を買ってやるぞー!▼
[アクア]
ヒノカ…上機嫌ね…▼
[ヒノカ]
ああ、こういう時ぐらい姉らしくさせてくれ!▼
好きな物を何でもとは言ったが、一つだけとか
ケチくさい事も言わないからな!▼
安心して何でも姉にねだるがいい!▼
[アクア]
そ、そう言われても…
特に私、欲しい物はないし。▼
[ヒノカ]
まぁ商店を見て回れば、
欲しい物などいくらでも出てくるだろう。▼
先日お前にもらった天馬の小物の
お礼だからな。さぁ行くぞー!▼
[アクア]
え、ええ…▼
[ヒノカ]
お、おい…アクア。
結局何も買わないまま帰ってきてしまったぞ?▼
[アクア]
ええ、そうね。▼
[ヒノカ]
そうねって…何も買わなかったんだぞ?
それなのになぜお前はそんな満足げなんだ?▼
[アクア]
だって…ヒノカと二人きりで、
こんなに長く過ごせたのって初めてでしょう?▼
だからとても嬉しかったのよ…
食事も一緒にできたし、色々な話も聞けたしね。▼
[ヒノカ]
だからって…元はお前にお礼を買うために
出かけたはずだったのに…▼
[アクア]
ヒノカ…私はもう十分にお礼をもらえたわ。▼
これまで姉妹らしく過ごせたことなんて、
ほとんど無かったでしょう?▼
だから今日みたいに二人でいられたことが…
私にとって何よりの贈り物なのよ…▼
[ヒノカ]
アクア…お前というやつは…!▼
[アクア]
ちょ、ちょっとヒノカ…?
突然抱きしめてくるなんて…どうしたの?▼
[ヒノカ]
いや…何でもない。
しばらくこうさせていてくれ…▼
[アクア]
………………▼
ふふっ…仕方ないわね。
わかったわ、姉さん。▼

支援A

[ヒノカ]
アクア…少しいいか?▼
[アクア]
ヒノカ、どうしたの?▼
[ヒノカ]
その…この間二人で出かけたことがな…▼
お前は十分お礼になったと言ってくれたが、
やはりそれでは私の気が収まらなくてな…▼
[アクア]
ヒノカったら…
まだそんなことを気にしていたの?▼
もういいとあれほど…▼
[ヒノカ]
これを…! 受け取ってくれ…!▼
[アクア]
…!!
これは…火の形の…ペンダント?▼
でも…これって…▼
[ヒノカ]
あ、ああ…すまん。
歪な形をしているのは私の手作りのせいだ…▼
[アクア]
えっ?
これはヒノカが自分で作ったものなの?▼
[ヒノカ]
ああ…お前は元々、
水のペンダントを持っていたからな。▼
それを対になるようなものが
いいだろうと勝手に思ってな。▼
自分ならやはり火ではないかと思い…
作ってみた。▼
[アクア]
ヒノカ…▼
[ヒノカ]
こんな細かい作業をするのは
苦手だとわかってはいたが…▼
手作りをすることに
意味があるんじゃないかと考えて、な…▼
[アクア]
…そうだったのね。▼
[ヒノカ]
どうかこれを受け取ってほしい…▼
[アクア]
も、もちろんよ…!
ありがとう、ヒノカ…大切にするわ。▼
[ヒノカ]
そうか、良かった…▼
[アクア]
水のペンダントは母の形見…
そしてこのペンダントは姉からの贈り物…▼
私はこんなにも愛されて…とても幸せよ。▼
[ヒノカ]
ああ、これからはもっと幸せにしてやるからな。
覚悟しておけ。▼
[アクア]
ええ、ありがとう。ヒノカ。▼


アサマ

支援C

[アサマ]
…………▼
[アクア]
アサマ。さっきから私のことを
じっと見て…何か用?▼
[アサマ]
アクア様…
あなたに一度お伺いしたかったんです。▼
[アクア]
えっ?▼
[アサマ]
あなたは私たちの軍内で、
重要な役目を担っていらっしゃる人物です。▼
[アクア]
な、何なの? 唐突に…?▼
[アサマ]
皆からの信頼もあり、そして立場としても、
皆を導いていかなければならない…▼
現にあなたは
世界に平和を取り戻すため、▼
常に尽力していらっしゃいますよね?▼
[アクア]
…………▼
[アサマ]
あなたは一見すると、私たちの軍における
正義の御旗そのものです。▼
しかし…その内面にはもっと別の…
何かが潜んでいるのではないですか?▼
[アクア]
別の…何か?▼
[アサマ]
ええ…普段のあなたからは
おおよそ予想もつかないような、▼
暗く深く沈んだ心の闇…▼
世界を守りたいと思いながらも、
結局はなるようにしかならないのではという、▼
どこか達観したような佇まい…
そう、それはどちらかというと、▼
私の側の人間に近いような印象です。▼
[アクア]
…………▼
[アサマ]
あなたからそういった冷めた胸中を
感じてしまうんですが…どうです?▼
[アクア]
たとえそうだとしても…
あなたに答える義理はないわ…▼
[アサマ]
おやおや…行ってしまわれましたね。▼

支援B

[アサマ]
やぁ、アクア様。
ご機嫌いかがですか?▼
[アクア]
相変わらず、胡散臭いわね…▼
私の機嫌なんて、
本当はどうでもいいと思っているくせに。▼
[アサマ]
おや、よくご存じで。▼
[アクア]
…またあの話をするつもりなの?▼
[アサマ]
ええ、私はあなたの心の闇を
どうしても知りたいんです。▼
なにせ同類かもしれないわけですからね。▼
[アクア]
あなたと同類かどうかは知らないけれど…▼
仮に私の心が、あなたの言うとおりだとしたら
何だと言うの?▼
[アサマ]
それはもちろん、そのことを
皆に伝えて楽しむつもりですよ。▼
人の裏の顔は、興味深いですからね。
ふふふっ…▼
[アクア]
そう…
好きにすればいいわ。▼
もっとも、私の心をあなたに話すつもりなど
最初から無いけれど。▼
[アサマ]
あ、待ってください。アクア様。▼
[アクア]
何よ…?▼
[アサマ]
仮に真実を知った後も黙っていると
約束すれば…教えてくださいますか?▼
それで良いなら…私の心の奥に
しまっておかなくもないですよ。▼
[アクア]
…………▼
そんな曖昧な条件で答える利点が
私には見当たらないわね。▼
[アサマ]
ふふふっ…いいですねぇ、アクア様。
私はますます知りたくなってきましたよ。▼

支援A

[アサマ]
やぁやぁ、アクア様。
ご機嫌はいかがですか?▼
[アクア]
だから気にもしていないことを
聞くのは止めてちょうだい。▼
あなたが気にしているのは私の機嫌ではなく、
私の心の内でしょう?▼
[アサマ]
いえいえ、ちゃんと気にしていますよ。
あなたのご機嫌…あなたの心の健康を。▼
[アクア]
え?▼
[アサマ]
私は…こう考えているんです。▼
あなたのご機嫌が優れないのは、
あなたの塞ぎこんだ心のせいなのではと。▼
[アクア]
どういう意味?▼
[アサマ]
つまり塞ぎこんだ心が…
あなた自身をがんじがらめにしているんですよ。▼
あなたの心の内は解放されたがっている。▼
時には悩みや苦しみ、心の悲しみを
誰かに吐露することも必要なのではないですか?▼
[アクア]
解放ですって…?▼
[アサマ]
ええ、悩みは人に打ち明けることで、大抵は
昇華されるものだと聞いたことがあります。▼
[アクア]
打ち明けることで…昇華される…▼
[アサマ]
神仏の教えにも、
そういうものがあるんですよ。▼
まぁ…私はそんなもの
ぜんぜん信じていませんがね。▼
[アクア]
…………▼
ふふっ…
つまりは悩みを話せってこと?▼
アサマは言い方が回りくどすぎるわ。
最初からそう言ってくれれば良いのに。▼
あなた…私を心配してくれていたのね?▼
[アサマ]
まあ、そうとも言えますけれど…
別に好意的に受け止めなくても結構ですよ。▼
最初はあなたの暗い表情を見ていて、
イライラしていただけですから。▼
[アクア]
そうやってすぐに悪態をつくのね。▼
[アサマ]
悪態ではありませんよ。▼
私は神仏に仕える者として、常に
素直な気持ちを述べているだけです。▼
[アクア]
そう…じゃあ私も、
素直な気持ちを述べてあげる。▼
最初は正直、
あなたのことが煩わしかった…▼
けれど今は、少なからず
心配してくれていたことがわかって嬉しいわ。▼
これからはもう少し、
人に頼れるよう努力する。▼
…今はそんな返事でいいかしら?▼
[アサマ]
あなたの表情が健やかになるのなら、
それで良いのではないでしょうか?▼
[アクア]
ふふ…ありがとう、アサマ。▼

支援S

[アクア]
アサマ…少し、いいかしら?▼
[アサマ]
アクア様、なんでしょう?
そろそろ心の内を吐露する気になりましたか?▼
[アクア]
ええと…少し違うかもしれないけれど、
私の話を聞いてもらえる?▼
[アサマ]
面白そうならば何なりと。▼
[アクア]
ふふっ…▼
私は確かに…人から冷めているように
見られているのは理解しているの。▼
でも…世界を守りたい、皆と生き延びたいという
想いは本当なのよ。▼
あなたのことも皆のことも信じているし…
これからも信じ続ける、って。▼
[アサマ]
あはははっ!
やっぱりあなたは面白い人ですね!▼
[アクア]
え…?▼
[アサマ]
それくらい私には最初からわかっていますよ。
あえて聞く必要もないと思っていました。▼
[アクア]
で、でも…あなた最初は!▼
[アサマ]
わかった上で、相手がどう取り繕うのか
観察するのが好きなのですよ、私は。▼
[アクア]
…………▼
呆れた…ふふっ。
そういえばあなたはそんな人だったわね。▼
[アサマ]
まぁでも…これ以上は見ていられません。
我慢の限界です。▼
[アクア]
我慢…?▼
[アサマ]
はい。これ以上、他人の距離から
あなたを観察するのは飽きてしまいました。▼
私はこれから、ずっとあなたの傍にいましょう。
そしてあなたを守り続けますよ。▼
[アクア]
えっ…そ、それは…▼
[アサマ]
あなたが好きなんです。▼
儚げで、壊れそうなあなたを
これ以上見ていられないんですよ。▼
だから…近くで守り続けたいんです。▼
[アクア]
アサマ…ありがとう。▼
あなたがそうしてくれるなら…
私は…少し甘えてもいい?▼
[アサマ]
まぁ私の気が変わらないうちは、
好きにすればいいのではないですか?▼
[アクア]
ふふっ…またそうやって
悪態をつくんだから。▼
でも、私にはこんな風に…▼
軽口を言い合えるような
相手がちょうどいいのかも。▼
アサマ…本当にありがとう。
これからもよろしくね。▼
[アサマ]
ええ、こちらこそ。
アクア様…▼

ツクヨミ

支援C

[ツクヨミ]
アクア、少し良いか?
お前に訊きたいことがあったのだ。▼
[アクア]
ツクヨミ、何かしら?▼
[ツクヨミ]
私はこれまで一度も風の部族の住む村を
出たことがなかった。▼
こうして皆と共に旅をするようになり、
世界はこれほどに大きく、▼
様々なものに満ち溢れていることを知り、
驚かされることがとても多いのだ…▼
[アクア]
そう…▼
[ツクヨミ]
お前は様々な場所で暮らしてきたと
聞いたのだが、何か話を聞かせてはくれぬか?▼
[アクア]
話…?▼
[ツクヨミ]
ああ、この場所にはこんな名所があったとか、
こんな人々が暮らしていたとか…▼
その土地ならではの逸話というやつだ。
沢山、面白い話があるのだろう?▼
[アクア]
そんな大層な話なんて…ないわ。▼
[ツクヨミ]
そんなわけないだろう?
私でさえ既に驚きを感じているというのに、▼
お前に何も無いわけないと思うのだが…▼
[アクア]
感じ方は人それぞれということね、
ごめんなさい、何も協力できないくて。▼
[ツクヨミ]
い、いや…▼
[アクア]
じゃあ私、もう行くわね…▼
[ツクヨミ]
アクア…
本当にそうなのだろうか…?▼

支援B

[アクア]
ツクヨミ…▼
[ツクヨミ]
アクア、どうしたのだ?▼
[アクア]
この間はそっけない返事をしてしまって、
ごめんなさい…▼
[ツクヨミ]
そんなこと、
わざわざ謝ることではない。▼
[アクア]
そ、そう…▼
[ツクヨミ]
だが気になりはしたぞ?
話したくないということは…▼
お前は…転々とする生活が
不満だったということなのだろう?▼
旅をするのが嫌だったのではないか?▼
[アクア]
…………▼
いえ。旅をすること自体に、というよりも、
行く先々で起きたことに辟易してしまった…▼
幼い私にとって辛いことが
多かったというだけかしら。▼
[ツクヨミ]
そうか…私の質問で嫌な記憶を
呼び覚ましてしまったというわけか。▼
それは済まないことをしたな…▼
[アクア]
いえ、私が割り切れていないだけよ…▼
[ツクヨミ]
だが本当に楽しい記憶が
全く無かったというのか?▼
お前の心に残った幸せな出来事が、
何一つとして無かったのか…?▼
[アクア]
…………▼
そうね…
もちろん全くないわけではないわ…▼
たとえば暗夜の夜の景色…▼
王城を中心として王都の街明かりが
ポツポツと煌めいているのは…▼
まるで地上に星々が落ちてきたようで、
とても美しかったわ…▼
[ツクヨミ]
おおっ…!
それは確かに見応えがありそうだな。▼
[アクア]
あとは
旅の途中に立ち寄った海辺の街で、▼
夜明けの景色を見たときは
感動したわね…▼
水平線から昇ってくる朝日に向かって、
朝の漁に向かう船団が進んでいくの…▼
あの光景には感動したわ。▼
[ツクヨミ]
アクアの話を聴いているだけで、
その光景がまざまざと浮かぶようだ…▼
心が高ぶってくるな…!▼
世界にはまだ見ぬ素晴らしい場所が
それほどに広がっておるのだな…!▼
[アクア]
…こんな話で良ければ
また聞かせてあげるわ。▼
[ツクヨミ]
ああ、頼んだぞ!
お前の旅の記憶を私にも聞かせてくれ!▼

支援A

[アクア]
…それでね。▼
その二つの山は「めおと山」と言われていて、
年に一度村同士で協力してお祭りを行うの。▼
[ツクヨミ]
なるほど…
めおと、つまり夫婦という事だな。▼
[アクア]
ええ、そうね。▼
あと…めおと山の近くには
紫色の花々の咲く草原があってね。▼
[ツクヨミ]
紫の花々…何やら怪しげだな?▼
[アクア]
そんなことはないわ。
香りがとても良い、とても美しい花だったわ。▼
…また行ってみたいわね。▼
[ツクヨミ]
アクアがそう言うのなら、真実なのだろうな。
うむ、私も行ってみたくなったぞ。▼
[アクア]
…………▼
[ツクヨミ]
アクア、どうしたのだ?
突然黙って…▼
[アクア]
こうして改めて思い返してみると、
私の旅の道中も…▼
それほど悪い思い出ばかりじゃ
なかったのかもしれないわね…▼
[ツクヨミ]
アクア…▼
[アクア]
ツクヨミ、ありがとう…あなたのおかげで、
私はこれまでの事を色々見直せたわ。▼
決して悪いことばかりの
人生じゃなかったんだって…▼
[ツクヨミ]
そうかそうか、それは良かったぞ!▼
アクアにそう言ってもらえて、
私も鼻が高い…!▼
[アクア]
うふふっ…!▼
ツクヨミ、あなたって本当に無邪気で
純粋で…良い子なのね。▼
[ツクヨミ]
よっ…良い子だと!?
私を子供扱いするでないー!!▼
[アクア]
うふふふっ…そういう風にすぐにむきになる所
なんて、まさに子供っぽいでしょ?▼
[ツクヨミ]
むぅ~…▼

支援S

[ツクヨミ]
アクアよ。
今少し時間はあるだろうか?▼
[アクア]
ええ。
今日も旅の話を聞きたくなったの?▼
[ツクヨミ]
い、いや…
今日はその話ではないのだ。▼
[アクア]
そうなの…?▼
[ツクヨミ]
…………▼
[アクア]
ツクヨミ、どうしたの?▼
[ツクヨミ]
お前から見れば私はやはり…
まだ子供なのだと思う。▼
[アクア]
この間の事を気にしているのね?
ごめんなさい、私…軽率だったわ。▼
[ツクヨミ]
い、いや…事実なのだから仕方ない。▼
それよりも私は…
いつか心身ともに大人になり、▼
そしてアクアを守りたいと
思っているのだ…!▼
[アクア]
えっ…そ、それは…▼
[ツクヨミ]
アクアを守れるような大人になって、
世界が平和になった暁には…▼
世界中を巡り、アクアが訪れた美しい場所を
今度は二人で訪れて…▼
アクアの嫌な思い出が全て消し飛ぶくらい、
楽しい旅の思い出を作りたいのだ…!▼
[アクア]
ツクヨミ…▼
[ツクヨミ]
どうだろうか…?
私の告白を受け入れてくれないだろうか…?▼
[アクア]
…………▼
ええ、喜んで。▼
[ツクヨミ]
!アクア…!▼
[アクア]
私もあなたのおかげで自分の人生も
まだ捨てたものではないって…▼
幸せなことも沢山あったんだって…
思うことができたわ。▼
そしてこれからは二人でもっともっと
幸せになりたい…そう思っているのよ。▼
[ツクヨミ]
そうか!良かった…!▼
また子供扱いされて軽くあしらわれて
しまうのかとヒヤヒヤしてしまったぞ…!▼
[アクア]
うふふ…心配性なのね。
でも杞憂で良かったわね。▼
私もちゃんと…あなたを見ていたいわ。▼
[ツクヨミ]
これからよろしく頼むぞ。アクア。▼
[アクア]
ええ、こちらこそよろしくね、ツクヨミ。▼

ヒナタ

支援C

[ヒナタ]
おっ、アクア様!▼
ほらよっと!▼
[アクア]
ヒナタ、どうかしたの…って。▼
わっ…突然何を投げてきたの?
なにこれ?▼
これは草…いえ、野菜…?▼
[ヒナタ]
はい、そうです。さっき露店で売ってたから買っといたんですよ!▼
[アクア]
もう…
食べ物を投げたりしてはダメよ、ヒナタ。▼
[ヒナタ]
はーい、すみません。▼
[アクア]
けど、ありがとうヒナタ。
食事の班に渡しておくわね。▼
でもこの野菜は確か、
まだ蓄えがたくさんあったはず…▼
なのにどうして、
わざわざこの野菜を買ったの?▼
[ヒナタ]
ええっ?そ、そりゃあもちろん、
安かったからですよ…▼
あと、露店の店番がすごく可愛…
じゃなくて、いい人で…▼
[アクア]
へえ。その店番、どんな人だったの?▼
[ヒナタ]
ええっ?な、なんですかいきなり?
野菜に関係ないじゃないですか?▼
[アクア]
いいから教えなさい。▼
[ヒナタ]
い、嫌ですよ…!
別にどうでもいいじゃないですか!▼
[アクア]
というかもう、
大体察しはついてるのだけれどね。▼
…どうせその露天商は美人で、
口八丁手八丁に言いくるめられて、▼
この野菜を買わされたんでしょう?▼
[ヒナタ]
うっ、うへぇ…!?▼
どどど…どうしてわかるんですか!?
まさかアクア様…預言者!?▼
[アクア]
あなたの言動が単純すぎるのよ。▼
まぁ野菜自体の品質がそんなに
悪くないのがせめてもの救いだけど…▼
[ヒナタ]
でも仕方ないじゃないですか?▼
綺麗な女の人に「買ってくれないと
今日の晩ご飯が食べられらんです…」って、▼
懇願された日にゃあ、
買ってやるのが男ってもんでしょうよ!▼
[アクア]
そんなに堂々と言われると
怒る気にもなれないわ…▼
あなた、いつかそれで
身を滅ぼさないようにね。▼
[ヒナタ]
あはは、何を言ってるんですか、アクア様。
全然大丈夫ですって~!▼
じゃ俺はこれで!!▼
[アクア]
し、心配だわ…▼

支援B

[賊]
ここが…奴らのアジトか。▼
暗夜を出て数年…
ついにアタシも栄華を取り戻す時が来たのね。▼
[ヒナタ]
ん…なんだ、お前!?
お前みてぇな奴は見たことないぞ!!▼
もしかして…敵か!?▼
[アクア]
ヒナタ…どうしたの?
そんなに騒いで…?▼
…っ!この子は…!?▼
[ヒナタ]
アクア様、こいつと顔見知りなんですか!?
そういや…俺もどこかで…?▼
って、あああーーーっ!!
この間の露天商!?▼
でも恰好が全然違うし…
まさか敵の密偵だったのか?▼
[アクア]
あなた…確か暗夜王国の
貴族の娘よね?▼
どうしてこんなところで、
賊の真似事なんてしているの…?▼
[賊]
フン…苦労を知らないお嬢様が
独りで不思議がっているがいいわ。▼
[アクア]
暗夜で落ちぶれて…
賊に成り下がったということ?▼
ここに来たのは…密偵として私たちを調査し、
敵に情報を売りとばすため?▼
[賊]
フフッ、相変わらず察しが良いわね。
そんなところが昔から気に喰わなかったわ!!▼
[アクア]
…………▼
[賊]
あなた…アタシによく虐められてたわよね?
今はどうなの?幸せに過ごしているの?▼
ああ~イライラするわね!!だったら、
もうちょっと…虐めておくんだったわ!!▼
[ヒナタ]
やいやい!!てめぇ黙って聞いてりゃ、
野菜を買ってやった恩義も忘れて、▼
アクア様に好き勝手いいやがって!!▼
俺たちの陣にここまで侵入しておいて、
無事に帰れると思うなよ!!▼
[賊]
フン…まんまと野菜を売り付けられて、
そのまま追跡されたバカな男ね。▼
[ヒナタ]
なんだと!?▼
[賊]
それにアタシの仕事はあくまでも偵察!
もう用は済んだわ!退散させてもらう!▼
[ヒナタ]
あっ!こら、待てっ!!!▼
[アクア]
ヒナタ!もういいの!
追わないでも大丈夫よ…!!▼
[ヒナタ]
で、でも…!▼
[アクア]
あの人に何かできる力なんてないわ…▼
それに今は別に、
この陣の場所を隠しているわけじゃないし…▼
[ヒナタ]
しかしあの女…野菜売りと称して、
この辺をウロチョロしていたってことですか?▼
俺としたことがまんまと罠にハマったってことなんですね…▼
すみません…▼
[アクア]
…………▼
[ヒナタ]
アクア様…?▼
[アクア]
少し…独りにさせて。▼
[ヒナタ]
アクア様…▼

支援A

[アクア]
…………▼
[ヒナタ]
アクア様ー!▼
[アクア]
ヒナタ…どうしたの?▼
[ヒナタ]
へへへっ、これどうぞ。▼
[アクア]
これは…野菜?まさか、また
店員の口車に乗せられてしまったの?▼
[ヒナタ]
まさか。俺だってちゃんと学習します。
それはちゃんとした店で買ったんですよ。▼
[アクア]
うふふ…わかってるわよ。▼
[ヒナタ]
アクア様、あれ以来元気無さそうだったので、
ちょっと珍しい野菜を買ってみました。▼
白夜の山奥の清流にしか生えない、
滋養強壮によく効く野菜なんですよ。▼
[アクア]
ありがとう…でも野菜を贈るだなんて、
おかしなことするのね、ヒナタ。▼
うふふ…▼
[ヒナタ]
アクア様が思ったよりも元気そうで、
良かったです。▼
[アクア]
ええ…気にしていても仕方ないものね。▼
[ヒナタ]
あの女に…
昔虐められていたんですか?▼
[アクア]
ええ…そうね。
傍から見ればそう見えたかも。▼
でも…あんな風になってしまって…
なんだかあの子が気の毒だわ。▼
[ヒナタ]
いいじゃないですか。
酷いことをした罰が当たったんですよ。▼
[アクア]
そんな風には割り切れないわ…▼
[ヒナタ]
す、すみません…▼
でも今は戦時中ですから…
色々ありますよ。▼
[アクア]
そうね…▼
[ヒナタ]
でも…過去は振り返らない事です!
もちろん忘れろとは言いませんけど。▼
[アクア]
振り返らずに…でも忘れるな?
なかなか難しいこと言うのね…▼
ヒナタ、あなた私に何とかして
良いことを言おうとしてない?▼
[ヒナタ]
うっ…ばれたか。▼
でも、俺なんかの頭じゃいい言葉なんか
そうそう浮かんでこないみたいです。▼
[アクア]
…うふふ、でも、ありがとう。
少しだけ明るくなれた気がするわ。▼
[ヒナタ]
なら良かったです!
野菜でも食べて元気になりましょうよ。▼
[アクア]
ええ、そうね。▼

支援S

[ヒナタ]
アクア様!!▼
[アクア]
ヒナタ…ど、どうしたの?
泥だらけじゃない…?▼
それに、両手にたくさん持ってる野菜は…
この間もらったものよね?▼
山奥にしか生えないっていう…▼
[ヒナタ]
ええ、そうです!
さっき取りに行ってきました!▼
[アクア]
な、なんでそんなことを?▼
食べたいならこの前のように
買えばいいじゃない?▼
[ヒナタ]
いやぁ沢山欲しかったんですよ。
この前より、もっと沢山!▼
[アクア]
そ、そんなに食べたかったの…?▼
[ヒナタ]
いえ、これは全部
アクア様に差し上げます!▼
[アクア]
私に…?でもなぜ?▼
[ヒナタ]
俺…アクア様のことずっと気になってました。▼
いつも憂いを帯びた表情で…
この人はいつも何を考えてるのか?とか、▼
どうすれば笑ってくれるのかな…とか。▼
[アクア]
ヒナタ…?▼
[ヒナタ]
でもこの間の一件の後で、
ようやく俺…わかったんです。▼
俺が気になってた理由は…
アクア様が好きだったからだって。▼
だからこの野菜は…求婚の証です。▼
[アクア]
えっ!?▼
[ヒナタ]
野菜をそんなことに使うなんて、
可愛げも何もないかもしれないって▼
思ったんですけど…
あの一件の後で俺の誠意を見せるなら、▼
これが一番なのかなって…そう思いました。▼
[アクア]
…そう。ありがとう、ヒナタ。
私、とても嬉しいわ。▼
純粋に私を慕ってくれるあなたが
とても眩しく感じられるのよ…▼
それにこの野菜も…
あなたらしくて私には魅力的に見えるわ。▼
[ヒナタ]
じ…じゃあ!?
[アクア]
ええ。私は時々落ち込んでしまうかも
しれないけど…これからも助けてくれる?▼
[ヒナタ]
もちろんですよ!▼
[アクア]
じゃあこれからずっと…傍にいさせてね。▼
[ヒナタ]
はい、傍で必ず…お守りします!
アクア様!!▼

タクミ

支援C

[タクミ]
…アクア姉さん。
どうしたの? こっちをジロジロ見て?▼
[アクア]
タクミ、着物の裾がめくれてるわ。
ちゃんと直したほうがいいわよ。▼
[タクミ]
なんだ。そんなことか…▼
[アクア]
あとさっきの昼食の時に
野菜を残していなかった?▼
ちゃんと好き嫌いせずに食べなきゃダメよ。▼
[タクミ]
べ、別に嫌いなわけじゃない。
ちょっと食欲が湧かなかっただけだ。▼
[アクア]
そう…▼
[タクミ]
まったく…
あんまり子供扱いするなよ。▼
[アクア]
そうね。ごめんなさい。▼
…………▼
[タクミ]
今度は何?▼
[アクア]
…いえ、何でもないわ。▼
[タクミ]
なんだよ、言いたいことがあるなら言えよ。
気になるだろ?▼
[アクア]
その…昔ミコト女王に言われていたことを
思い出していたのよ。▼
[タクミ]
母上に?▼
[アクア]
ええ。生前ミコト女王は、
私によく言っていたわ。▼
リョウマとヒノカ、タクミやサクラとずっと、
きょうだいのように仲良くして欲しいって…▼
[タクミ]
そうなんだ…でも、
無理にそうする必要なんてないと思うな。▼
[アクア]
え?▼
[タクミ]
僕らはもうある程度信頼し合ってるんだし、
子供でもない。▼
母上の願望はもっともだけど…アクア姉さんも
それに縛られる必要はないと思う。▼
[アクア]
…そうね。▼
[タクミ]
ああ、だからあまり気にしないほうがいいよ。▼
[アクア]
わかったわ。▼
[タクミ]
じゃあ僕、もう行くから。▼
[アクア]
…………▼

支援B

[タクミ]
さて…一人で町に出かけてみたけど、
買い物も済んだし、食事でもして帰るかな。▼
…………▼
ん? あの道端にいるのは、
アクア姉さんと…子供?▼
[アクア]
もう…
どうして言うことを聞けないの?▼
[子供]
へん! 見ず知らずのやつの言うことなんて
聞くもんか!▼
[タクミ]
アクア姉さん…
その子、誰?▼
[アクア]
…ああ、タクミ。
どうやら迷子みたいなの。▼
でも、全然言うことを聞いてくれなくて。▼
[タクミ]
…お前、迷子なのか?▼
[子供]
うーるーさーい!
お前たちなんかに、たよるつもりはないんだ!▼
[アクア]
ほら…こんな感じなのよ。▼
[タクミ]
…ああ、なるほどね。
アクア姉さん、ここは任せてよ。▼
[アクア]
タクミ?▼
[タクミ]
おい。お前、今何をしてるんだ?
もしかして一人で冒険中なのか?▼
[子供]
えっ…? ええと。
うーんと…そ、そうだよ。▼
[タクミ]
へえ、それはすごいね。
一人でどんな所に行ったの?▼
[子供]
ええと、山を歩いて…草原を走って…
知らない町に着いて…▼
あっ、武器屋に入ったぞ!
知らないおっちゃんからおむすびをもらった!▼
[タクミ]
そうか。それは大冒険だったな。▼
…でも冒険しすぎたせいか、
お前かなり疲れてるみたいだぞ?▼
[子供]
そ…そんなことないよ!▼
[タクミ]
まぁまぁ、そう言うなよ。
僕は今、身体を鍛えてるんだけど…▼
ちょうど重い物を持ちたかったから、
僕の背中に乗っかってもらえないか?▼
[子供]
えっ…?▼
[タクミ]
僕は鍛えられるし、お前は休めるし、
二人にとって良いこと尽くしだろ?▼
[子供]
そこまで言うなら…
そうしてやっても…いいかな?▼
[タクミ]
よし、じゃあ乗ってくれ…
そらっ! これで鍛えられる~助かった!▼
[子供]
うわ~!高い高い!
あはははっ!!▼
[タクミ]
だろ? でもせっかくだから、
お前の家まで送っていくことにしようかな?▼
そうすれば僕はもっと鍛えられるし!▼
[子供]
うん、それがいいよ!▼
[タクミ]
家の目印になるようなものは、
何かあるか?▼
[子供]
ええと~、うーんと…
あっ!▼
近くに大きな一本杉があるよ!▼
[タクミ]
よし! じゃあそれを目印に早速出発だ!
それーっ!!▼
[アクア]
タクミ…▼
…うふふっ。▼
あなたがそんな風に子供を
懐かせられるなんて、ちょっと意外だったわ…▼

支援A

[アクア]
あ、タクミ!▼
[タクミ]
アクア姉さん、どうかした?▼
[アクア]
この間の件、本当にありがとう…!
改めてお礼を言いたくて…!▼
[タクミ]
この間の…? あ、ああ。
あのやんちゃな子供のことか。▼
無事に送り届けられて良かったな。それに…
別にアクア姉さんが感謝することじゃないだろ?▼
[アクア]
でも…私が困っていて、それをタクミが
助けてくれたのは事実だから。▼
[タクミ]
まぁ偶然通りかかって良かったよ。▼
[アクア]
あの子…私じゃ全然ダメだったのに、
タクミには一瞬で心を開くんだもの…▼
まるで魔法みたいだったわ。▼
[タクミ]
ははっ、それは言い過ぎだよ。
でもまぁ…あいつは昔の僕に似てたから。▼
ひねくれてて、相手の親切を
素直に受け入れられなくて…▼
だから少し気持ちがわかったのかもしれない。▼
[アクア]
タクミ…▼
[タクミ]
それにアクア姉さんが、あの生意気相手に
奮闘したんだろうなって想像するだけでも、▼
僕は結構面白かったよ。▼
[アクア]
もう…意地悪ね。▼
[タクミ]
でもごめん…僕はあいつみたいに、▼
アクア姉さんに対して
変に壁を作っていたのかもしれない。▼
[アクア]
えっ…?▼
[タクミ]
だから僕は…母上に言われたからじゃなくて…
もっとアクア姉さんと仲良くなりたい。▼
[アクア]
私も…そう思っていたの。
ミコト女王に言われたからじゃなくて…▼
自分自身があなたと仲良くなりたいんだって、
あなたを見ていて心の底から思ったわ。▼
[タクミ]
うん、ありがとう。アクア姉さん。
これからも姉弟、手を取り合って生きていこう。▼
[アクア]
ええ、よろしくね。タクミ。▼

支援S

[アクア]
…………▼
こんな夜中に、誰かの声がする…?
何か、呻いているような…▼
っ!? この声は、タクミのもの?
まさか、何かあったの!?▼
タクミ…!▼
(一時暗転)▼
[タクミ]
う…うぅ…っ▼
[アクア]
タクミ…!? どうしたの?
苦しいの? タクミ…!?▼
[タクミ]
は、母上…!
死なないでよ…母上…っ!▼
[アクア]
え…!?▼
[タクミ]
……はっ!!▼
はぁ、はぁ…
えっ…!? こ、ここは…?▼
あれ、アクア姉さん…
僕は……▼
[アクア]
タクミ…悪夢にでも
うなされていたの?▼
[タクミ]
…悪夢…
そ、そうか、僕は…夢を見ていたのか…▼
[アクア]
「母上」って…
何度も言っていたわよ。▼
もしかして…ミコト女王が
死んだ時の夢を見たのかしら…?▼
[タクミ]
はは…まるで子供だね。
この歳になって、母親の夢を見るなんて。▼
でも…やっぱり忘れられないよ…
目の前で母上が死んだ、あの時のこと…▼
[アクア]
…………▼
[タクミ]
ははは…情けないところを見せたね。
でも、もう大丈夫だから…▼
[アクア]
…っ、タクミ…!▼
[タクミ]
う、うわっ…アクア姉さん?
なんで突然抱きついて…?▼
[アクア]
私…あなたを守るわ。
ミコト女王の代わりはできないけど…▼
あなたが壊れてしまわないように…
これからずっと傍にいて、守り続けたいの。▼
血は繋がっていなくても…
私たちは姉弟なんだから。▼
[タクミ]
アクア姉さん…ありがとう。▼
でもさ、どうせなら
お願いがあるんだけど…いいかな?▼
[アクア]
ええ、もちろんよ。▼
[タクミ]
もし、アクア姉さんがほんとに
ずっと傍にいてくれるなら…▼
姉弟じゃなくて…恋人として、
僕のことを支えてほしい。▼
[アクア]
え…?▼
[タクミ]
僕にはどうしても、アクア姉さんのことが
姉だって思えなかった…▼
それは、血が繋がってないからとか、
暗夜にいたからとかいう理由もあって、▼
冷たい態度を取ったこともあったけど…
本当の理由は、そうじゃなかった。▼
僕は…アクア姉さんが好きなんだ。
ずっと好きだったんだ…▼
だから…僕はきっと、姉としてじゃなくて、
一人の女性として、君を見ていた…▼
[アクア]
タクミ…ありがとう、嬉しいわ。
私も、あなたのことが好きだった。▼
いつか、こうなることを望んでいたの。▼
[タクミ]
ほ、本当?▼
[アクア]
ええ、こんなこと冗談で言えないわ。▼
[タクミ]
そうか…うん、ありがとう。アクア姉さん。
あ、でももう姉さんじゃないのかな?▼
でも…呼び方はそうそう変えられないし、
しばらくはこのままで呼ばせてもらうね。▼
[アクア]
ええ。でもこれで私たちは
本当の意味で家族になれるのね。▼
[タクミ]
うん、これからずっとアクア姉さんを
守り続けるって誓うよ…▼
[アクア]
もちろん私もよ。全てを賭して
あなたを守っていくって誓うわ、タクミ。▼

ニシキ

支援C

[ニシキ]
やぁやぁ、アクア。
こんにちは。▼
[アクア]
こんにちは。▼
[ニシキ]
んん?
随分と真剣な顔をしているね、キミは?▼
周囲の空気がぴりっと張りつめてる感じ。
何か考え事でもしているのかい?▼
[アクア]
そんなことないわ…
普通にしているだけよ。▼
[ニシキ]
へえ、普通にしていても
そんな風だなんて、羨ましいよ。▼
ボクは長い間
里で平和に暮らしてたせいか、▼
こうして戦争に参加してても、どうも
緊張感が無いと思われてしまうんだよね。▼
[アクア]
確かにニシキはいつも
楽しそうにしているわね。▼
[ニシキ]
あはは。
やっぱりそう見えるかい?▼
平和ボケした狐だと思われないよう、
気をつけないといけないね。▼
[アクア]
別に、あなたはそのままでいいんじゃない?
私は愛想のいいあなたが羨ましいぐらいよ。▼
[ニシキ]
そ、そうかい?▼
そう言われると嬉しいね。
しっぽが勝手に揺れてしまうよ。えへへ…▼
[アクア]
…………▼
[ニシキ]
ん? アクア…
いったいどうしたんだい?▼
[アクア]
…あ、いえ。なんでもないわ。
大きなしっぽだと思って…つい。▼
[ニシキ]
ああ、そうか。このしっぽは
ヒトには珍しく映るんだったね。▼
睨まれてるのかと思って、
びっくりしてしまったよ。▼
それじゃあボクはこれで。
またね、アクア。▼
[アクア]
ええ。▼
[ニシキ]
ふぅ…いいなあアクアは。
常に緊張感があって冷静で。▼
ボクもあれぐらい冷静に見えれば、
より美しい狐に…▼
[アクア]
…………▼
[ニシキ]
…わわっ!?▼
あれ? アクア、どうしたんだい?
あっちに行ったものとばかり…▼
[アクア]
あっ…ええと、いえ、これは…
ちょ、ちょっと道を間違えてしまったわ。▼
[ニシキ]
ああ、そうなんだ。▼
[アクア]
そ、そうなの…
ごめんなさい…!!▼
[ニシキ]
ずいぶん焦っていたようだったけど…
なんだったんだろう…?▼

支援B

[ニシキ]
う、ううん…
ふあーあ…▼
……あれ?▼
なんでボクは
こんな野原で寝ているんだろう?▼
あっ、そうか!
原っぱが気持ち良くてゴロゴロしていたら、▼
そのまま眠ってしまったのか…▼
はあ…こんなんだから、緊張感が無いと
言われてしまうんだろうね…▼
…………▼
…ん?
なんだか、しっぽに触られてる感触が…▼
うわああああーーっ!!!▼
[アクア]
…うーん?▼
[ニシキ]
ア、アクアじゃないか!!
どうしてこんなところに!?▼
[アクア]
…あら、もう朝なの?▼
…!!▼
えっ?  あらっ? ええと…
……おはよう?▼
[ニシキ]
おはよう、ではないよ!▼
どうしてキミはボクのしっぽを
抱き枕代わりに寝てるのさ…!?▼
[アクア]
…ご、ごめんなさい!▼
私…その…自分の意識とは関係なく、
身体が勝手に反応して近寄ってしまうの…▼
[ニシキ]
ええと…何に?▼
[アクア]
…………▼
あなたの…しっぽに。▼
[ニシキ]
ボクの…しっぽに?▼
あ! あははは…!
なるほど、そういうことだったのか!!▼
いやいや、光栄だなー!▼
それほどまでにボクのしっぽが
魅力的だったということだもんね!▼
[アクア]
く、悔しいけど…そうね。▼
[ニシキ]
だからこの間、道に迷ったふりをして、
ボクの後を追いかけてたんだね?▼
[アクア]
そ、そうよ…
ちょっと、触ってみたくって…▼
[ニシキ]
それで今日うたた寝してるボクの
しっぽに吸い寄せられて、▼
触っている間に眠ってしまったというわけか。
アクアにもそういうところがあったんだね。▼
[アクア]
仕方ないじゃない…
自分でもどうしようもないんだから…▼
[ニシキ]
そういことなら、
いつでも触っておくれよ!▼
ほらほら、どうだい?▼
[アクア]
う、ううっ…
目の前でフラフラさせないでちょうだい!▼
ああ…気になって仕方ない…
ふわふわしてて、可愛いわ…▼
[ニシキ]
ホラホラ、揺れてますよ~。▼
[アクア]
ううっ、くっ…も、もう止めて…▼
[ニシキ]
ははは、すまなかったね。▼
触りたくなったらいつでも触りに来ておくれ。
別に減るものではないからね。▼
[アクア]
そ、そう?
…ありがとう。▼
[ニシキ]
いえいえ!
ではボクはそろそろ行くよ。▼
[アクア]
待って! あなたが先に去ってしまうと
後ろ姿を追いかけたくなるから…▼
…私が先に戻るわ。▼
[ニシキ]
…あはは。
じゃあお先にどうぞ~。▼

支援A

[アクア]
ふぅ…
今日の軍議は長引いてしまったわ…▼
でも今が一番大事なときなのだから、
仕方ないわね…▼
[ニシキ]
お疲れの様子だね、アクア。▼
[アクア]
ニシキ…いえ、大丈夫よ。▼
[ニシキ]
そうは見えないな。
顔色が悪いし、目元にクマもできている。▼
もしかして寝不足なのかい?▼
[アクア]
そうね…夜になると色々と考え込んでしまって、
眠れなくなるの。▼
[ニシキ]
それはいけないね。
睡眠をとることは食事と同じくらい大切だよ。▼
[アクア]
わかっているわ…でも…
今は泣き言は言ってられないのよ…▼
[ニシキ]
キミは色々と大変なんだね。
悩みも多いようだし…▼
ボクはこんな性格だし、あんまり人の悩みを
解決することはできないかもしれないけど…▼
この間みたいにしっぽを抱き枕の代わりに
してあげることくらいはできるよ?▼
[アクア]
そ、その話は止めてくれるかしら…▼
[ニシキ]
でも…ホラホラ。▼
[アクア]
ああ…ああ…
見逃せなくなる自分が情けない…▼
[ニシキ]
冗談は置いておいて…▼
アクア、無理はしないほうがいいよ。
キミの身体が壊れては元も子もないからね。▼
[アクア]
ニシキ…ありがとう。▼
[ニシキ]
でもこんな言葉もキミには届かないんだろうね。
キミはやっぱり無理をし続ける気がする。▼
だからそんなときにボクにできることは、
しっぽを貸すくらいさ。▼
必要な時にはいつでも呼んでおくれ。▼
[アクア]
ええ、わかったわ。▼
ご厚意に甘えさせてもらうかもしれないけど、
そのときはよろしくね。▼
[ニシキ]
うん、じゃあね。アクア。早く寝るんだよ。▼
[アクア]
ええ。▼
[ニシキ]
…………▼
…………▼
…アクア、またしっぽを
追いかけてきちゃってるよ?▼
[アクア]
…はっ!▼

支援S

[アクア]
すぅ…すぅ…▼
[ニシキ]
よく寝てるね…アクア。▼
こうして寝顔を見てると…
アクアもまだあどけない顔をしている…▼
やっぱり色々と大変な毎日を
送っているんだろうな…▼
[アクア]
すぅ…すぅ…▼
[ニシキ]
アクア、髪を触らせてもらうよ。▼
いつもしっぽを触らせてあげているんだから、
これくらいはいいだろう?▼
[アクア]
う…ん…▼
[ニシキ]
アクア…おはよう。もう朝だよ?▼
[アクア]
えっ…あ、朝!?▼
[ニシキ]
あはは、嘘だよ。▼
[アクア]
えっ…?▼
えと…あっ…!▼
私また…あなたのしっぽを抱きながら
寝てしまっていたの?▼
[ニシキ]
そうだよ。▼
[アクア]
ご、ごめんなさい。
またあなたに甘えてしまっていたのね。▼
[ニシキ]
大丈夫。
ボクはそんなこと気にしないからね。▼
それよりもキミの寝顔を
ずっと見ていたかったな。▼
…それこそ朝になるまでね。▼
[アクア]
ちょ、ちょっと止めて…変な冗談は…▼
[ニシキ]
冗談に聞こえるかい?▼
[アクア]
えっ…?▼
[ニシキ]
ボクはアクアが好きだよ。▼
強く生きようと凛としていながらも、こうして
弱いところをボクだけに見せてくれるキミが…▼
たまらなく愛おしいんだ。▼
[アクア]
ニシキ…▼
[ニシキ]
キミはきっとボクには想像もつかないような
大きな運命を背負っているんだろうね。▼
ボクにはきっと、それをどうしてあげることも
できないんだと思う…▼
でもキミがこうして安らげる場所くらいは
作れると思うから…▼
ボクと一緒になってくれないかな…?▼
[アクア]
ニシキ…ありがとう。
うん、私もあなたのことが好きよ。▼
あなたの傍にいると
こんなに心が安らかな気持ちになれる…▼
だからこれからもあなたの隣にいさせて?▼
[ニシキ]
うん、もちろん。
ずっとボクを独り占めしておくれ。▼
[アクア]
ええ、ニシキ…▼

リョウマ

支援C

[アクア]
よいしょ…っと。▼
ふう。少し休憩しましょ…
この量は、さすがに疲れたわ。▼
[リョウマ]
…アクア?
一人で何をしているんだ?▼
[アクア]
リョウマ。
い、いえ。別に私は何も…▼
[リョウマ]
何も、じゃないだろう。
武具を幾つも運んでいるじゃないか。▼
そんな重労働、女一人の力では無理だ。
いいから少し俺によこすんだ。▼
[アクア]
あ…▼
[リョウマ]
むっ…意外に重いな。
だが、何てことはない…▼
よし、これで半分以上、俺が運んでやる。
アクアはそっちの軽いものを頼む。▼
[アクア]
あ、ありがとう…▼
[リョウマ]
それにしても…こんな量、
なぜ一人で運ぼうと思ったんだ。▼
なぜ俺達仲間に…いや、
俺たち家族に頼ろうとしなかったんだ?▼
[アクア]
一人で運べる量だと思ったのよ。▼
それに…途中で誰かに助けを求めるのも、
なんとなく言い辛くて。▼
[リョウマ]
まったく…お前は昔からそうだな。▼
だが、これからそういうことがあれば、
遠慮せず俺を呼べ。▼
お前は俺の妹だからな。
兄として、必ず助けてやるさ。▼
[アクア]
リョウマ…
ありがとう。▼
でも、気にしなくて大丈夫よ。
次からは、上手くやってみせるから。▼
[リョウマ]
…はぁ。行ってしまったか。▼
あいつが俺に遠慮するのは
昔から変わらないな。▼
だが…そうだな。これを機会にもう少し
親交を深めていけるよう、考えてみるか…▼

支援B

[リョウマ]
アクア、少しいいか?▼
[アクア]
リョウマ…何か用?▼
[リョウマ]
いや、何…
この間、お前に言ったことがあっただろう?▼
仲間として、そして家族として、
もう少し俺を頼ってほしいと。▼
[アクア]
え、ええ…▼
[リョウマ]
実はその事について、
軍の者達に相談をしてみたんだ。▼
…皆親身になって相談に乗ってくれた。
だが…▼
俺がお前との距離を縮められるような妙策は
結局聞き出すことはできなかった…▼
[アクア]
リョウマ…▼
[リョウマ]
すまない…▼
[アクア]
いいのよ、リョウマ…別に気にしなくて。▼
[リョウマ]
いや、しかし…!▼
[アクア]
それにそんな話を当人の私にするなんて…▼
その裏表のない一本気なところが、
リョウマ…あなたらしいわね。▼
[リョウマ]
あ! ああ…確かに本人に
言うようなことじゃないな。すまない…▼
[アクア]
それよりリョウマ…
私からお願いがあるの。▼
[リョウマ]
な、なんだ!
何でも言ってくれ!▼
[アクア]
私への優しさはもういいの。
無理に私を妹だと思わなくてもいいから…▼
私の代わりに、
カムイを気遣ってあげて。▼
[リョウマ]
…え?▼
[アクア]
これまで私にくれたあなたの優しさは…
家族としての愛情は…▼
本来私ではなく、
カムイに与えられるべきものでしょう?▼
[リョウマ]
そ、それは…!▼
[アクア]
私はずっと…
あなたや白夜のきょうだいたち、▼
それからミコト女王と、
家族としての時間を過ごしてきた。▼
私はそれで、じゅうぶん幸せだわ。▼
それよりも…今までできなかった分まで、
カムイを愛してあげてほしいの。▼
私のことを考えるより、
カムイのことを考えてほしいの。▼
私の願いは、それだけよ。▼
[リョウマ]
ま、待ってくれ!
…アクア。▼
今まで俺を避けていたのは、
そういうことだったのか…▼

支援A

[アクア]
そこにいるのは…リョウマ?
どうしたの?▼
[リョウマ]
アクア…▼
[アクア]
うふふ。まるで私の行く先を
通せんぼしてるみたいよ。▼
そこを、どいてくれないかしら?▼
[リョウマ]
いや、どかない。
今日こそは話を最後まで聞いてもらう。▼
[アクア]
…リョウマ?▼
[リョウマ]
俺が家族として、そして兄妹として
距離を縮めようと声をかけると、▼
お前はいつも逃げるように去っていってしまう…▼
だから今日は話を聞いてもらうまでは、
ここを通すわけにはいかない。▼
[アクア]
だからその愛情は私じゃなく
カムイに向けてと…▼
[リョウマ]
いや、違うんだ!▼
[アクア]
…?▼
[リョウマ]
お前は勘違いしている。▼
俺はお前のことを、カムイの
代わりだと思って扱ってきたわけじゃない。▼
お前が…アクアがアクアだから、
兄妹になりたいと思ったんだ。▼
[アクア]
リョウマ…▼
[リョウマ]
確かにお前と血の繋がりなどないし、
お前が白夜に来たのだって…▼
皮肉だが、カムイが
連れ去られたからだという理由に他ならない…▼
だが俺はお前のことをヒノカやサクラと同様、
本当の妹だと思ってきたんだぞ?▼
[アクア]
それは…カムイの代わりではないと?▼
[リョウマ]
ああ、何度も言わせるな。▼
アクアがアクアだからこそ、
俺はお前と大事な妹として守りたいんだ。▼
[アクア]
リョウマ…ありがとう。
そしてこれまでごめんなさい…▼
私の勝手な勘違いで、あなたに対して
とても失礼な想いを抱いていたのね…▼
[リョウマ]
いや…いいさ。俺はお前の兄だ。▼
妹のちょっとした勘違いぐらいで、
腹を立てたりはしないさ。▼
[アクア]
リョウマ…
ありがとう…ほんとに…▼
私…その言葉が聞けて…
良かった…▼
[リョウマ]
感謝もしなくていい。
俺は兄として当たり前のことをしただけだ。▼
ただこれからはもっと俺を頼ってくれ。
それがむしろ妹として果たすべき責任なんだぞ?▼
[アクア]
ええ…わかったわ。▼
でも…兄に頼るのが妹の責任なんて、
なんだかおかしいわね…▼
[リョウマ]
ははは、おかしくなどないさ。▼
[アクア]
ならこれまでの分も…
沢山甘えさせてもらうわね。▼
リョウマ…兄さん。▼
[リョウマ]
ああ、任せておけ。▼

支援S

[アクア]
リョウマ、さっきは食材の買い出しに
付き合ってくれてありがとう。▼
[リョウマ]
い、いや…▼
[アクア]
あと、続けて悪いのだけど、
軍議用の資料作りを頼まれてるの。▼
良かったらこれも…
手伝ってもらえるかしら?▼
[リョウマ]
あ…ああ。▼
[アクア]
…リョウマ?
どうしたの…さっきから調子悪そうよ。▼
[リョウマ]
え…?▼
[アクア]
私の話も上の空という感じだし…
体の調子でも悪いのかしら?▼
[リョウマ]
い、いや、そんなことはない。▼
[アクア]
………▼
ごめんなさい。▼
[リョウマ]
な、なぜ謝るんだ?▼
[アクア]
…私、やっぱり
調子に乗っていたかしら?▼
この前あなたから、兄として頼っていいと
言われたから、そうさせてもらったんだけど…▼
少し…あなたに頼りすぎていた…?▼
だとしたらもう控えるから…
本当にごめんなさい。▼
[リョウマ]
ち、違うんだ!
それは…本当に違うんだ!!▼
[アクア]
で、でも…今日のあなたは…私に頼られても、
あまり嬉しそうじゃなかったわ。▼
[リョウマ]
それは勘違いだ…! だがそう思わせたのは、
俺の半端な覚悟のせいだ…すまない。▼
[アクア]
半端…?▼
[リョウマ]
………▼
ああ、お前の事を妹だと思い、
俺は兄として支えるつもりだった。▼
だが…それは俺の言い訳に過ぎなかったんだ。▼
[アクア]
………▼
[リョウマ]
俺は…お前を妹ではなく…
最愛の妻として娶りたいと…思っていた。▼
[アクア]
えっ…▼
[リョウマ]
最近そう思ったわけじゃない…
お前が白夜に来た時から…▼
俺はずっとそう思っていたんだ…▼
だが白夜王国の次代を担う第一王子の
このリョウマは…▼
お前を大事な妹だからとこじつけて、
本当の気持ちを偽り続けていたんだ…▼
情けない話だろう…?▼
[アクア]
それで…今日はどこか、
心ここにあらずといった顔をしていたのね…▼
でも…嬉しいわ。▼
[リョウマ]
なにっ?▼
[アクア]
もちろん妹として大事にしてくれる事も
嬉しかったけど…今の言葉はもっと嬉しい。▼
私も…心のどこかでそれを望んでいたから、
妹として扱われることを拒否していたのかも…▼
[リョウマ]
そ、そうか…!▼
[アクア]
ええ…だからこれからは…▼
[リョウマ]
あ、ああっ! もちろんだ!
これからは妹ではなく…▼
俺の大事な妻として…俺の家族になってほしい。
いいか、アクア?▼
[アクア]
ええ、ありがとう…
これで私はあなたの本当の家族になれるのね。▼
嬉しい…▼
[リョウマ]
ああ、今度お前のために指輪を買いに行こう。
この大切な約束の証にな!▼
[アクア]
ええ…私…とても幸せよ。▼

暗夜ユニット

アクア(暗夜)のページへ

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-07 (金) 01:14:18