目次

今作のスキル仕様

本作には2種類のスキルが存在する。

兵種スキルの習得タイミング

今作のスキル習得は、基本的には兵種に依存しているが、覚醒と異なりチェンジプルフが無くなった為、 下級職で覚えられるスキルは、未習得の場合上級職にて覚えられるようになっている。 ただし、複数の下級職から派生する上級職になった場合、そのユニットが素質を持つ下級職の方のスキルしか習得できない。

また、下級職のスキルはLV1と10、上級職のスキルはLV5と15で覚えるが、 このLVを超えていた場合は、その兵種で1レベル上げると覚えられる。 また、この時のレベルが上級5や15だった場合、そのレベルで新しく覚えられるようになるスキルは後回しになる。

マリッジプルフやバディプルフが使用可能になった時点で、どのプルフを使ったかには関係なく 自身が相手の兵種の素質を持っているとみなされるため、相手が自分の素質と同じ上級職になれるが異なる下級職の素質を持つ場合、 結婚等の後に突然スキルを覚え出すということも起こる。もちろんこの場合も、上級職のスキル習得は後回しになる。

レベル例1例2例3例4
CC前広所攻撃(習得済)
救出(習得済)
1※ここで昇格※ここで兵種変更
2広所攻撃(ソシアルLV1)
3救出(ソシアルLV10)
4※ここで兵種変更
5月光(グレートLV5)月光(グレートLV5)広所攻撃(ソシアルLV1)
6救出(ソシアルLV10)
7月光(グレートLV5)
15金剛の一撃(グレートLV15)金剛の一撃(グレートLV15)金剛の一撃(グレートLV15)
16
17※ここで兵種変更
18広所攻撃(ソシアルLV1)
19救出(ソシアルLV10)
20(上限)月光(グレートLV5)

スキル一覧

兵種スキルは→こちらを参照。(クラス別一覧は→こちら) 個人スキル・敵専用スキルは→こちらを参照。

スキル継承

不正取得に注意が必要なスキル一覧

※下記の一覧は2015年7月現在

親世代

ここに挙がっているキャラクターが、本来取得可能なユニットである。

本来の取得可能ユニットスキル名
主人公高貴なる血統竜盾竜呪
竜穿白夜暗夜
アクア幸運+4特別な歌平和の声異邦の王女
モズメ良成長下剋上
ニシキ獣特効四牙偶像の幻偶然のまどろみ
フランネル奇襲の牙奇妙な鳴き声
男性ユニット(+女主人公)名家の令息
女性ユニット(+男主人公)深窓の令嬢

※男主人公が深窓の令嬢を、女主人公が名家の令息を自力で習得することは不可能だが、
主人公は別データの異性主人公からもスキルを引き継げるため、キャッスル戦やサポーター名鑑からの取得は可能となっている。

子世代

親世代の表とは逆に、「本来は取得できないユニット」を挙げる。

対象ユニットスキル名備考
全員特別な歌アクア専用スキルのため、親子間でも継承対象にならない
シグレ良成長下剋上クラス:村人を持つのはモズメで、シグレはアクアの息子[注]
カンナ(男女共)、シグレ、キヌ、ベロア以外の全員獣特効四牙ガルー、妖狐以外は持てないスキル
カンナ(男女共)、シグレ、キヌ以外の全員偶像の幻偶然のまどろみ妖狐専用スキル
カンナ(男女共)、シグレ、ベロア以外の全員奇襲の牙奇妙な鳴き声ガルー専用スキル

[注]カンナ(男)は、良成長を継承した子世代男性ユニットを父に持つことで、継承が可能  (モズメが祖母となるため、祖母→父→カンナという経路でスキル継承ができる)

DLC関連のスキル

DLC専用兵種でしか得られないスキルは習得しても継承ができない。 キャッスル戦継承時も継承候補からなくなり選択する事が不可能。 その為性別が違うと得られないスキルが多い。

男性のみ習得可
  • スターロード「柔剣」「防陣+」
  • 神軍師「戦術指南」「方陣」「華炎」「七色の叫び」
  • シューター「測量術」「自動砲台」「砲身改造」「悪路踏破」
女性のみ習得可
  • マスターロード「攻陣+」「覚醒」
  • 魔女「暗闇の加護」「魔女の大釜」「魔女の毒薬」
性別関係なく習得できるスキル
  • ヴァンガード「剛剣」「歴戦の勘」「天空」
    • ヴァンガードは男性専用クラスだが、「神将の試練場」で○○の書として入手可能。また天空は女性専用のマスターロードでも習得する。
  • 魔女「ワープ」
    • 魔女は女性専用クラスだが、「魔女の試練場」で○○の書として入手可能。
  • 「カリスマ」
    • 男性専用のスターロード、女性専用のマスターロードで、同じスキルが習得可能。
  • 「○○の吸収」
    • 全種類とも泡沫の記憶(子世代のみのDLC追加マップ)のマップクリア報酬として入手可能。
    • スターロードの「速さの吸収」、ヴァンガードの「力の吸収」が該当する。
  • 「エリート」「近接射撃」
    • どちらもアイテム専用のスキルでクラス制限はない。エリートはアンナの贈り物2、近接射撃は泡沫の記憶の最終MAPクリア報酬で手に入れる事が出来る。
    • アンナの贈り物2はセーブデータ一個につき一回までなので、基本的にはエリートは一人までにしか付けれない。二人以上エリート持ちが居たらデータ改造を行っている可能性がある。近接射撃の方はクリアすれば何度でも手に入る。

※ただし「歴戦の勘」は下級レベル10以上、「天空」は上級レベル5もしくは特殊レベル25、「ワープ」は上級レベル15もしくは特殊レベル35でないと、アイテムを使用して習得する事ができない。

正規の手段で習得・継承不可のスキル

以下のスキルは正規の手段では習得不可、スキル継承も不可である。 しかし、マイキャッスルのプレイヤーがデータ改造を行っているか否かを判別する目安にはなる。

なお、主人公や防衛メンバーにあからさまなチートスキルを付けているキャッスルは インターネット経由ではダウンロード出来ない。(2015年10月現在) ただしオフラインでのすれ違い通信では、データを受信する可能性がある。 現状ブロックされるのは味方が習得しているのはありえないスキルのみで 「良成長」のようにユニットごとの習得不可スキルはブロックされない。

※下記の一覧は2016年3月現在。

敵専用スキル
「竜鱗」「神盾」「命中回避+10」「命中回避+20」「状態異常耐性」「状態異常無効」 「虚無の呪い」「自壊」「無限の杖」「凍結」「負の連鎖」 →参考:敵専用スキル一覧
アイテム付属スキル
「ブリュンヒルデ」
個人スキル
「不思議な魅力」「絶対援護」「小さな声援」「邪な妄想」など ※個人スキルを兵種スキルとしてセットしている場合という意味 →参考:個人スキル一覧
DLC未配信のスキルの書
「鎧盾」「獣盾」「翼盾」「攻防一体の陣」 ※データ上には○○の書として存在しているらしいが、配信はされていないので、味方側が習得するのは正規の手段では不可能。 ※一部のボス敵が装備しているので実質敵専用スキルのようなもの。

コメント



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-25 (土) 14:54:19