オープニングシナリオ

イーリス城 中庭(夜)

マイユニット(男性、僕)

(中庭に佇むクロムにルフレが近づく)
[クロム]
…………▼
[ルフレ]
クロム?
こんなところで何を?▼
[クロム]
ルフレか…
少し、考え事をな…▼
[クロム]
明日、俺たちは
フェリアへ援軍を求めに行く。▼
ルフレ、その前に
お前に話しておきたいことがある。▼
ギャンレルの言うとおり、
姉さんが聖王を継ぐ十五年前まで…▼
イーリスは前聖王の命令で
ペレジアと戦争を行っていた。▼
その戦争の犠牲になったのは
ペレジアだけじゃない…イーリスもだった。▼
民はみな軍に徴兵され、次々死んでいった…
イーリス国内はひどい有様だったらしい…▼
[ルフレ]
……っ!▼
[クロム]
そんな時、前王が急逝し…姉さんは
十に満たない年で聖王を継いだ。▼
それからだ。姉さんの
苦しみの道が始まったのは。▼
他国の民の恨み、自国の民の怒りは…
すべて聖王…姉さんへ向けられた。▼
聖王を憎む群衆から石を投げつけられ、
顔にひどい傷を負ったこともある…▼
それでも姉さんは…
俺とリズの前でしか涙を見せなかった。▼
[ルフレ]
………▼
[クロム]
俺は姉さんを守りたい。
姉さんの理想を。▼
姉さんは兵を家族のもとへ帰し、
人々の訴えを聞き…▼
そうして少しずつ、少しずつ…
民の心を取り戻していったんだ。▼
だが、その理想も…
ギャンレルのような人間には通じない。▼
それでも俺は姉さんの理想を守りたい。
姉さんの代わりに、この手を汚してでも…▼
イーリスには姉さんが…
聖王が必要なんだ。▼
[マルス]
その通りだよ。▼
[クロム]
お前は…!▼
(マルスがクロムとルフレの前に現れる)
[マルス]
久しぶりだね。▼
[クロム]
どこから入った?▼
[マルス]
城壁の一部に、
小さい穴が開いていたんだ。▼
[クロム]
あそこか…! 参ったな。▼
[ルフレ]
クロム? 穴って?▼
[クロム]
じつは、剣の稽古をしていて
壊してしまった壁があってな。▼
隠していたつもりだったんだが…
そうか。バレていたのか…▼
[マルス]
ばれてはないよ、僕以外には。
大切な秘密だからね。▼
それより、今日は君たちに
大切なことを伝えに来たんだ。▼
[クロム]
大切なこと…だと?▼
[マルス]
…聖王エメリナに迫る
危機について。▼
[クロム]
! 姉さんの…? どういうことだ?
それに、なぜお前がそれを?▼
[マルス]
僕は未来を知る者だと言ったら…
信じてくれるかな?▼
僕は知っているんだ。聖王エメリナが
暗殺される絶望の未来を…!▼
[クロム]
暗殺…!?▼
[マルス]
…すまない、こんなことを言っても
信じられない…だろうね。▼
僕が真実を語っていると、証明するよ。▼

マイユニット(男性、俺)

(中庭に佇むクロムにルフレが近づく)
[クロム]
…………▼
[ルフレ]
クロム?
こんなところで何をしているんだ?▼
[クロム]
ルフレか…
少し、考え事をな…▼
[クロム]
明日、俺たちは
フェリアへ援軍を求めに行く。▼
ルフレ、その前に
お前に話しておきたいことがある。▼
ギャンレルの言うとおり、
姉さんが聖王を継ぐ十五年前まで…▼
イーリスは前聖王の命令で
ペレジアと戦争を行っていた。▼
その戦争の犠牲になったのは
ペレジアだけじゃない…イーリスもだった。▼
民はみな軍に徴兵され、次々死んでいった…
イーリス国内はひどい有様だったらしい…▼
[ルフレ]
……っ!▼
[クロム]
そんな時、前王が急逝し…姉さんは
十に満たない年で聖王を継いだ。▼
それからだ。姉さんの
苦しみの道が始まったのは。▼
他国の民の恨み、自国の民の怒りは…
すべて聖王…姉さんへ向けられた。▼
聖王を憎む群衆から石を投げつけられ、
顔にひどい傷を負ったこともある…▼
それでも姉さんは…
俺とリズの前でしか涙を見せなかった。▼
[ルフレ]
………▼
[クロム]
俺は姉さんを守りたい。
姉さんの理想を。▼
姉さんは兵を家族のもとへ帰し、
人々の訴えを聞き…▼
そうして少しずつ、少しずつ…
民の心を取り戻していったんだ。▼
だが、その理想も…
ギャンレルのような人間には通じない。▼
それでも俺は姉さんの理想を守りたい。
姉さんの代わりに、この手を汚してでも…▼
イーリスには姉さんが…
聖王が必要なんだ。▼
[マルス]
その通りだよ。▼
[クロム]
お前は…!▼
(マルスがクロムとルフレの前に現れる)
[マルス]
久しぶりだね。▼
[クロム]
どこから入った?▼
[マルス]
城壁の一部に、
小さい穴が開いていたんだ。▼
[クロム]
あそこか…! 参ったな。▼
[ルフレ]
クロム? なんのことだ?▼
[クロム]
じつは、剣の稽古をしていて
壊してしまった壁があってな。▼
隠していたつもりだったんだが…
そうか。バレていたのか…▼
[マルス]
ばれてはないよ、僕以外には。
大切な秘密だからね。▼
それより、今日は君たちに
大切なことを伝えに来たんだ。▼
[クロム]
大切なこと…だと?
[マルス]
…聖王エメリナに迫る
危機について。▼
[クロム]
! 姉さんの…? どういうことだ?
それに、なぜお前がそれを?▼
[マルス]
僕は未来を知る者だと言ったら…
信じてくれるかな?▼
僕は知っているんだ。聖王エメリナが
暗殺される絶望の未来を…!▼
[クロム]
暗殺…!?▼
[マルス]
…すまない、こんなことを言っても
信じられない…だろうね。▼
僕が真実を語っていると、証明するよ。▼

マイユニット(女性、私)

(中庭に佇むクロムにルフレが近づく)
[クロム]
…………▼
[ルフレ]
クロムさん?
こんなところで何をしているのですか?▼
[クロム]
ルフレか…
少し、考え事をな…▼
[クロム]
明日、俺たちは
フェリアへ援軍を求めに行く。▼
ルフレ、その前に
お前に話しておきたいことがある。▼
ギャンレルの言うとおり、
姉さんが聖王を継ぐ十五年前まで…▼
イーリスは前聖王の命令で
ペレジアと戦争を行っていた。▼
その戦争の犠牲になったのは
ペレジアだけじゃない…イーリスもだった。▼
民はみな軍に徴兵され、次々死んでいった…
イーリス国内はひどい有様だったらしい…▼
[ルフレ]
……っ!▼
[クロム]
そんな時、前王が急逝し…姉さんは
十に満たない年で聖王を継いだ。▼
それからだ。姉さんの
苦しみの道が始まったのは。▼
他国の民の恨み、自国の民の怒りは…
すべて聖王…姉さんへ向けられた。▼
聖王を憎む群衆から石を投げつけられ、
顔にひどい傷を負ったこともある…▼
それでも姉さんは…
俺とリズの前でしか涙を見せなかった。▼
[ルフレ]
………▼
[クロム]
俺は姉さんを守りたい。
姉さんの理想を。▼
姉さんは兵を家族のもとへ帰し、
人々の訴えを聞き…▼
そうして少しずつ、少しずつ…
民の心を取り戻していったんだ。▼
だが、その理想も…
ギャンレルのような人間には通じない。▼
それでも俺は姉さんの理想を守りたい。
姉さんの代わりに、この手を汚してでも…▼
イーリスには姉さんが…
聖王が必要なんだ。▼
[マルス]
その通りだよ。▼
[クロム]
お前は…!▼
(マルスがクロムとルフレの前に現れる)
[マルス]
久しぶりだね。▼
[クロム]
どこから入った?▼
[マルス]
城壁の一部に、
小さい穴が開いていたんだ。▼
[クロム]
あそこか…! 参ったな。▼
[ルフレ]
クロムさん? なんのことですか?▼
[クロム]
じつは、剣の稽古をしていて
壊してしまった壁があってな。▼
隠していたつもりだったんだが…
そうか。バレていたのか…▼
[マルス]
ばれてはないよ、僕以外には。
大切な秘密だからね。▼
それより、今日は君たちに
大切なことを伝えに来たんだ。▼
[クロム]
大切なこと…だと?▼
[マルス]
…聖王エメリナに迫る
危機について。▼
[クロム]
! 姉さんの…? どういうことだ?
それに、なぜお前がそれを?▼
[マルス]
僕は未来を知る者だと言ったら…
信じてくれるかな?▼
僕は知っているんだ。聖王エメリナが
暗殺される絶望の未来を…!▼
[クロム]
暗殺…!?▼
[マルス]
…すまない、こんなことを言っても
信じられない…だろうね。▼
僕が真実を語っていると、証明するよ。▼

マイユニット(女性、あたし)

(中庭に佇むクロムにルフレが近づく)
[クロム]
…………▼
[ルフレ]
クロム?
こんなところで何してるの?▼
[クロム]
ルフレか…
少し、考え事をな…▼
[クロム]
明日、俺たちは
フェリアへ援軍を求めに行く。▼
ルフレ、その前に
お前に話しておきたいことがある。▼
ギャンレルの言うとおり、
姉さんが聖王を継ぐ十五年前まで…▼
イーリスは前聖王の命令で
ペレジアと戦争を行っていた。▼
その戦争の犠牲になったのは
ペレジアだけじゃない…イーリスもだった。▼
民はみな軍に徴兵され、次々死んでいった…
イーリス国内はひどい有様だったらしい…▼
[ルフレ]
……っ!▼
[クロム]
そんな時、前王が急逝し…姉さんは
十に満たない年で聖王を継いだ。▼
それからだ。姉さんの
苦しみの道が始まったのは。▼
他国の民の恨み、自国の民の怒りは…
すべて聖王…姉さんへ向けられた。▼
聖王を憎む群衆から石を投げつけられ、
顔にひどい傷を負ったこともある…▼
それでも姉さんは…
俺とリズの前でしか涙を見せなかった。▼
[ルフレ]
………▼
[クロム]
俺は姉さんを守りたい。
姉さんの理想を。▼
姉さんは兵を家族のもとへ帰し、
人々の訴えを聞き…▼
そうして少しずつ、少しずつ…
民の心を取り戻していったんだ。▼
だが、その理想も…
ギャンレルのような人間には通じない。▼
それでも俺は姉さんの理想を守りたい。
姉さんの代わりに、この手を汚してでも…▼
イーリスには姉さんが…
聖王が必要なんだ。▼
[マルス]
その通りだよ。▼
[クロム]
お前は…!▼
(マルスがクロムとルフレの前に現れる)
[マルス]
久しぶりだね。▼
[クロム]
どこから入った?▼
[マルス]
城壁の一部に、
小さい穴が開いていたんだ。▼
[クロム]
あそこか…! 参ったな。▼
[ルフレ]
クロム? なんのこと?▼
[クロム]
じつは、剣の稽古をしていて
壊してしまった壁があってな。▼
隠していたつもりだったんだが…
そうか。バレていたのか…▼
[マルス]
ばれてはないよ、僕以外には。
大切な秘密だからね。▼
それより、今日は君たちに
大切なことを伝えに来たんだ。▼
[クロム]
大切なこと…だと?▼
[マルス]
…聖王エメリナに迫る
危機について。▼
[クロム]
! 姉さんの…? どういうことだ?
それに、なぜお前がそれを?▼
[マルス]
僕は未来を知る者だと言ったら…
信じてくれるかな?▼
僕は知っているんだ。聖王エメリナが
暗殺される絶望の未来を…!▼
[クロム]
暗殺…!?▼
[マルス]
…すまない、こんなことを言っても
信じられない…だろうね。▼
僕が真実を語っていると、証明するよ。▼

ムービー(未来を知る者)

(マルス、鞘からファルシオンを抜いて構える)
(クロムもファルシオンを抜く体勢になる)
[マルス]
そこにいるのは分かっている。出てくるんだ。
(マルス、茂みに視線を向ける。茂みから暗殺者が飛び出しマルスに掛かる)
(マルス、ファルシオンを空中に投げる)
[マルス]
…はっ! ふっ!
(マルス、高くジャンプしファルシオンを空中で掴み、宙返りで暗殺者の背後に回り込む)
(暗殺者はマルスを見失う)
[マルス]
う―っ!
(マルス、着地と同時に暗殺者を背後から斬る。暗殺者はその場で倒れる)
[マルス]
これで信じてもらえただろうか。
[クロム]
あ、ああ…
(茂みからもう1人暗殺者が出てマルスを襲いかかる)
[マルス]
っ!?
(マルス、かわそうとするも倒した暗殺者の剣に足を滑らせてしまう)
[マルス]
あっ!?
(暗殺者の剣がマルスに当たるも仮面が盾となってマルスを守った。)
(しかし、仮面は真っ二つに割れマルスの素顔が明かされる。)
[マルス]
あぁ……
(クロム、奇襲に応戦する。)
[クロム]
ふおぉぉぉ―っ!
(クロム、マルスを襲った暗殺者を撃退する)
[クロム]
…! 女だったのか…
[マルス]
ばれてしまった以上、男性の演技を続ける必要もありませんね。
(突然、城内から謎の爆発音が響く)
[クロム&マルス]
…!? …っ!
(クロム、ルフレ、マルス。急いで城内へ駆け込む)

戦闘マップ

戦闘前

マイユニット(男性、僕)

[ファウダー]
…狙うはエメリナの首と、【炎の台座】。
ほかのものには目をくれるな。▼
[暗殺者]
はっ。▼
[ガイア]
どういうことだ?
聖王エメリナの、首だと……?▼
宝物庫にある国宝を盗み出すだけという
話ではなかったのか?▼
ちっ。くだらない仕事を
頼まれたものだ…▼
[クロム]
姉さん!▼
[エメリナ]
クロム…! 危険です!
あなたたちだけでも逃げなさい!▼
[クロム]
もう少しだけ待っていてくれ!
姉さんは、俺が必ず守ってみせる!▼
[ルフレ]
みんな! 敵の指揮官を倒すんだ!▼
[ファウダー]
ふん、気取られたか…。今ならば
エメリナの護衛も手薄かと思ったが…▼
む、この気配は…?▼
(ファウダーがルフレの気配を感じ取る)
[ファウダー]
クク…なるほど
こんなところにおったか…▼
くっくっくっ、思わぬところで
思わぬ土産を見つけたものよ。▼
(場面転換。マルスの所持するファルシオンが光り出す)
[マルス]
! なに…?
ファルシオンが、光ってる…?▼
[クロム]
どうした?▼
[マルス]
あ、いえ…なんでもありません。▼
[クロム]
…まったく、秘密の多い奴だ。▼
[マルス]
…ごめんなさい。
[クロム]
…いや、責めてるわけじゃない。▼
お前はその扉を守っててくれ!
敵は俺たちが片づける!▼

マイユニット(男性、俺)

[ファウダー]
…狙うはエメリナの首と、【炎の台座】。
ほかのものには目をくれるな。▼
[暗殺者]
はっ。▼
[ガイア]
どういうことだ?
聖王エメリナの、首だと……?▼
宝物庫にある国宝を盗み出すだけという
話ではなかったのか?▼
ちっ。くだらない仕事を
頼まれたものだ…▼
[クロム]
姉さん!▼
[エメリナ]
クロム…! 危険です!
あなたたちだけでも逃げなさい!▼
[クロム]
もう少しだけ待っていてくれ!
姉さんは、俺が必ず守ってみせる!▼
[ルフレ]
みんな! 敵の指揮官を倒すぞ!▼
[ファウダー]
ふん、気取られたか…。今ならば
エメリナの護衛も手薄かと思ったが…▼
む、この気配は…?▼
(ファウダーがルフレの気配を感じ取る)
[ファウダー]
クク…なるほど
こんなところにおったか…▼
くっくっくっ、思わぬところで
思わぬ土産を見つけたものよ。▼
(場面転換。マルスの所持するファルシオンが光り出す)
[マルス]
! なに…?
ファルシオンが、光ってる…?▼
[クロム]
どうした?▼
[マルス]
あ、いえ…なんでもありません。▼
[クロム]
…まったく、秘密の多い奴だ。▼
[マルス]
…ごめんなさい。
[クロム]
…いや、責めてるわけじゃない。▼
お前はその扉を守っててくれ!
敵は俺たちが片づける!▼

マイユニット(女性、私)

[ファウダー]
…狙うはエメリナの首と、【炎の台座】。
ほかのものには目をくれるな。▼
[暗殺者]
はっ。▼
[ガイア]
どういうことだ?
聖王エメリナの、首だと……?▼
宝物庫にある国宝を盗み出すだけという
話ではなかったのか?▼
ちっ。くだらない仕事を
頼まれたものだ…▼
[クロム]
姉さん!▼
[エメリナ]
クロム…! 危険です!
あなたたちだけでも逃げなさい!▼
[クロム]
もう少しだけ待っていてくれ!
姉さんは、俺が必ず守ってみせる!▼
[ルフレ]
みんな! 敵の指揮官を倒しましょう!▼
[ファウダー]
ふん、気取られたか…。今ならば
エメリナの護衛も手薄かと思ったが…▼
む、この気配は…?▼
(ファウダーがルフレの気配を感じ取る)
[ファウダー]
クク…なるほど
こんなところにおったか…▼
くっくっくっ、思わぬところで
思わぬ土産を見つけたものよ。▼
(場面転換。マルスの所持するファルシオンが光り出す)
[マルス]
! なに…?
ファルシオンが、光ってる…?▼
[クロム]
どうした?▼
[マルス]
あ、いえ…なんでもありません。▼
[クロム]
…まったく、秘密の多い奴だ。▼
[マルス]
…ごめんなさい。
[クロム]
…いや、責めてるわけじゃない。▼
お前はその扉を守っててくれ!
敵は俺たちが片づける!▼

マイユニット(女性、あたし)

[ファウダー]
…狙うはエメリナの首と、【炎の台座】。
ほかのものには目をくれるな。▼
[暗殺者]
はっ。▼
[ガイア]
どういうことだ?
聖王エメリナの、首だと……?▼
宝物庫にある国宝を盗み出すだけという
話ではなかったのか?▼
ちっ。くだらない仕事を
頼まれたものだ…▼
[クロム]
姉さん!▼
[エメリナ]
クロム…! 危険です!
あなたたちだけでも逃げなさい!▼
[クロム]
もう少しだけ待っていてくれ!
姉さんは、俺が必ず守ってみせる!▼
[ルフレ]
みんな! 敵の指揮官を倒すわよ!▼
[ファウダー]
ふん、気取られたか…。今ならば
エメリナの護衛も手薄かと思ったが…▼
む、この気配は…?▼
(ファウダーがルフレの気配を感じ取る)
[ファウダー]
クク…なるほど
こんなところにおったか…▼
くっくっくっ、思わぬところで
思わぬ土産を見つけたものよ。▼
(場面転換。マルスの所持するファルシオンが光り出す)
[マルス]
! なに…?
ファルシオンが、光ってる…?▼
[クロム]
どうした?▼
[マルス]
あ、いえ…なんでもありません。▼
[クロム]
…まったく、秘密の多い奴だ。▼
[マルス]
…ごめんなさい。
[クロム]
…いや、責めてるわけじゃない。▼
お前はその扉を守っててくれ!
敵は俺たちが片づける!▼

1ターン目自軍フェイズ開始

[エメリナ]
クロム、皆さん…お願いです。
どうか無理はしないでください。▼
失われた命は戻りません。
自分の命を大切にしてください…▼

クロムと会話2ターン目自軍フェイズ開始

(戦闘マップにベルベットが登場)
[ベルベット]
…先に忍び込んでおいて
正解だったようね。▼
人間の争いに興味はないけど、
一族の義理を果たすわ。▼
[クロム]
新手か?▼
[マルス]
いいえ。あの人は
敵ではありません。▼
[クロム]
知っているのか?▼
[マルス]
直接面識はありませんが、
ベルベットという名と▼
ここへ駆けつけることは
知っていました。▼
[クロム]
それも、お前の知る未来なのか?▼
[マルス]
はい、そうです。▼
[クロム]
わかった。みんな、あいつは味方だ。
手を出さないでくれ。▼
[フレデリク]
信用してよろしいのですか?▼
[クロム]
ああ。俺は信じると決めた。▼
[マルス]
ありがとうございます。▼
[クロム]
よし! みんな、姉さんを助けるぞ!▼

ガイアと会話

[クロム]
悪いが、姉さんに手出しはさせんぞ!▼
[ガイア]
…待て。
俺は手を出すつもりはない。▼
[クロム]
!? どういうことだ?
お前は暗殺者の仲間じゃないのか?▼
[ガイア]
いや…俺は依頼を受けただけだ。
宝物庫へ案内して欲しいってな。▼
盗賊の俺がいれば、
扉でも宝箱でも開けられるからな。▼
けど、暗殺のことは聞いてなかった。
この依頼は撤回だ。▼
[クロム]
…そうか。▼
あいつらの仲間じゃないなら、
力を貸してくれないか。▼
[ガイア]
は?▼
[クロム]
姉さんを助けるのに、
1人でも多くの戦力が欲しい。▼
お前なら腕も立ちそうだし、
あいつらの情報も少しは持っているだろう。▼
[ガイア]
なるほど…依頼なら受けるぜ。
ただし、相応の報酬はいただく。▼
[クロム]
報酬…金か!?
くそっ…確かこの辺に…▼
[ガイア]
……ん? それ何だ?
今落としたやつ、その袋だよ。▼
[クロム]
ああ、これは妹がくれた砂糖菓子だ。▼
[ガイア]
…砂糖菓子…▼
[クロム]
どうした?▼
[ガイア]
…いいぜ、その依頼受けてやる。
さぁ、その菓子をよこせ!▼
[クロム]
か、菓子でいいのか!?▼
[ガイア]
あぁ、それでいい。▼
お前の熱意に免じて、
今回だけは特別に現場支給で受けてやる。▼
別にその菓子を食べてみたかった
わけではないからな。▼
[クロム]
………▼

vsファウダー

戦闘前

[ファウダー]
エメリナの護衛は手薄…
楽に仕留められる相手だったというのに…▼
余計な邪魔を…かくなる上は
私みずから始末してくれるわ!▼

戦闘前(マイユニット)

[ファウダー]
…ほう、お前が…▼
くく…お前のことはよく知っておる。
教えてやろう、お前を捕らえてからな!▼

撃破時

[ファウダー]
ばか…な…
こんな…誤算が……▼
なぜだ…貴様ら…
なぜ暗殺計画を知ってい…た…▼

クリア

クリア後

マイユニット(男性、僕)

[クロム]
姉さん、無事でよかった。▼
[エメリナ]
ありがとう、クロム。
私のために…▼
[フィレイン]
クロム様…申し訳ありません。
エメリナ様をお守りすべき我々が…▼
[クロム]
いや。俺もマルスが
いてくれたから気づけたんだ。▼
[エメリナ]
マルス?▼
[クロム]
…?
ルフレ、マルスは?▼
[ルフレ]
あれ、おかしいな。
さっきまでそこにいたんだけど。▼
[クロム]
! あいつ…!▼

マイユニット(男性、俺)

[クロム]
姉さん、無事でよかった。▼
[エメリナ]
ありがとう、クロム。
私のために…▼
[フィレイン]
クロム様…申し訳ありません。
エメリナ様をお守りすべき我々が…▼
[クロム]
いや。俺もマルスが
いてくれたから気づけたんだ。▼
[エメリナ]
マルス?▼
[クロム]
…?
ルフレ、マルスは?▼
[ルフレ]
ん? おかしいな。
さっきまでそこにいたんだが。▼
[クロム]
! あいつ…!▼

マイユニット(女性、私)

[クロム]
姉さん、無事でよかった。▼
[エメリナ]
ありがとう、クロム。
私のために…▼
[フィレイン]
クロム様…申し訳ありません。
エメリナ様をお守りすべき我々が…▼
[クロム]
いや。俺もマルスが
いてくれたから気づけたんだ。▼
[エメリナ]
マルス?▼
[クロム]
…?
ルフレ、マルスは?▼
[ルフレ]
あれ、おかしいですね。
さっきまでそこにいたんですけど…▼
[クロム]
! あいつ…!▼

マイユニット(女性、あたし)

[クロム]
姉さん、無事でよかった。▼
[エメリナ]
ありがとう、クロム。
私のために…▼
[フィレイン]
クロム様…申し訳ありません。
エメリナ様をお守りすべき我々が…▼
[クロム]
いや。俺もマルスが
いてくれたから気づけたんだ。▼
[エメリナ]
マルス?▼
[クロム]
…?
ルフレ、マルスは?▼
[ルフレ]
あれ? おかしいわね。
さっきまでそこにいたんだけど…▼
[クロム]
! あいつ…!▼

クロムとマルス

(王城の中庭を一人歩いていたマルスは振り返る)
[マルス]
…………▼
(また歩き出したマルスをクロムが姿を現し止める)
[クロム]
また、黙って姿を
消すつもりだったのか。▼
[マルス]
あ…▼
[クロム]
お前は、妹だけじゃなく
姉さんの命まで救ってくれた。▼
なにか、返せるものはないか?
俺にできることならなんでもする。▼
[マルス]
その言葉だけで、じゅうぶんです。▼
[クロム]
しかし…▼
[マルス]
私の役目は終わりました。
これで、未来は変わるはずです。▼
[クロム]
もし、お前が来てなかったら
どうなってたんだ?▼
[マルス]
聖王エメリナは命を落とし、
【炎の台座】が奪われていたはずです。▼
そして大きな戦争がはじまり――
人々は終末の未来を迎えていく…▼
…なんて言っても、
信じられませんよね。▼
[クロム]
…いや、信じる。▼
お前の言葉のすべてを、俺は信じる。
だから、なにかあればいつでも俺を頼ってくれ。▼
[マルス]
ありがとう…ございます…▼
では、いつかまた…▼
(マルスはクロムの横を通り過ぎて行ってしまう)
[クロム]
…………▼

タグエルへの謝罪

マイユニット(男性、僕)

[エメリナ]
あなたにもお礼を言わせてください。
【タグエル】の方…▼
[ベルベット]
その名で私たちを呼ぶ人間がいたのね。▼
[ルフレ]
タグエル?▼
[ベルベット]
私のように
動物に姿を変える者のことよ。▼
あなたたち人間は、
偏見を込めて【半獣】って呼ぶけど。▼
私があなたを助けたのは、
祖先が聖王から受けた恩を返すため。▼
私はあなたたち人間を
信用していないわ。▼
[ルフレ]
どうして?▼
[ベルベット]
当然でしょう?▼
私の仲間は、一人残らず
人間達に虐殺されたの。▼
[エメリナ]
! そんな…
誰がそのようなことを…?▼
[ベルベット]
さあね。誰であろうと大差ないわ。
私にとっては同じ人間という種族。▼
人間は、心や見た目の違いを
すぐに争いの理由にするようだけど。▼
[エメリナ]
…そうですね。
私たち人間の未熟なところです。▼
…一国の王であっても、
貧しい者であっても、同じ人間です。▼
………▼
もう遅いのは分かっていますが…
どうか謝らせて下さい。▼
貴方の仲間を奪ってしまって…
本当に…ごめんなさい…!▼
[フィレイン]
エメリナ様…!▼
[ベルベット]
…あなた、自分は悪くないのに、
私に…タグエルに謝るの?▼
…………▼
私はあなたの言葉は信じないわ。
口では何とでもいえるもの。▼
[エメリナ]
…………▼
[ベルベット]
でも…
あなたの心はわかったわ。▼
私たちの痛みを…あなたは
自分のことのように感じている…▼
顔をあげてちょうだい。▼
人間のことはまだ信用できないけど…
あなたのことは信じてもいい。▼
[エメリナ]
……!!▼
…ありがとうございます…!▼

マイユニット(男性、俺)

[エメリナ]
あなたにもお礼を言わせてください。
【タグエル】の方…▼
[ベルベット]
その名で私たちを呼ぶ人間がいたのね。▼
[ルフレ]
タグエル?▼
[ベルベット]
私のように
動物に姿を変える者のことよ。▼
あなたたち人間は、
偏見を込めて【半獣】って呼ぶけど。▼
私があなたを助けたのは、
祖先が聖王から受けた恩を返すため。▼
私はあなたたち人間を
信用していないわ。▼
[ルフレ]
なぜだ?▼
[ベルベット]
当然でしょう?▼
私の仲間は、一人残らず
人間達に虐殺されたの。▼
[エメリナ]
! そんな…
誰がそのようなことを…?▼
[ベルベット]
さあね。誰であろうと大差ないわ。
私にとっては同じ人間という種族。▼
人間は、心や見た目の違いを
すぐに争いの理由にするようだけど。▼
[エメリナ]
…そうですね。
私たち人間の未熟なところです。▼
…一国の王であっても、
貧しい者であっても、同じ人間です。▼
………▼
もう遅いのは分かっていますが…
どうか謝らせて下さい。▼
貴方の仲間を奪ってしまって…
本当に…ごめんなさい…!▼
[フィレイン]
エメリナ様…!▼
[ベルベット]
…あなた、自分は悪くないのに、
私に…タグエルに謝るの?▼
…………▼
私はあなたの言葉は信じないわ。
口では何とでもいえるもの。▼
[エメリナ]
…………▼
[ベルベット]
でも…
あなたの心はわかったわ。▼
私たちの痛みを…あなたは
自分のことのように感じている…▼
顔をあげてちょうだい。▼
人間のことはまだ信用できないけど…
あなたのことは信じてもいい。▼
[エメリナ]
……!!▼
…ありがとうございます…!▼

マイユニット(女性、私)

[エメリナ]
あなたにもお礼を言わせてください。
【タグエル】の方…▼
[ベルベット]
その名で私たちを呼ぶ人間がいたのね。▼
[ルフレ]
タグエルとは?▼
[ベルベット]
私のように
動物に姿を変える者のことよ。▼
あなたたち人間は、
偏見を込めて【半獣】って呼ぶけど。▼
私があなたを助けたのは、
祖先が聖王から受けた恩を返すため。▼
私はあなたたち人間を
信用していないわ。▼
[ルフレ]
どうしてですか?▼
[ベルベット]
当然でしょう?▼
私の仲間は、一人残らず
人間達に虐殺されたの。▼
[エメリナ]
! そんな…
誰がそのようなことを…?▼
[ベルベット]
さあね。誰であろうと大差ないわ。
私にとっては同じ人間という種族。▼
人間は、心や見た目の違いを
すぐに争いの理由にするようだけど。▼
[エメリナ]
…そうですね。
私たち人間の未熟なところです。▼
…一国の王であっても、
貧しい者であっても、同じ人間です。▼
………▼
もう遅いのは分かっていますが…
どうか謝らせて下さい。▼
貴方の仲間を奪ってしまって…
本当に…ごめんなさい…!
[フィレイン]
エメリナ様…!▼
[ベルベット]
…あなた、自分は悪くないのに、
私に…タグエルに謝るの?▼
…………▼
私はあなたの言葉は信じないわ。
口では何とでもいえるもの。▼
[エメリナ]
…………▼
[ベルベット]
でも…
あなたの心はわかったわ。▼
私たちの痛みを…あなたは
自分のことのように感じている…▼
顔をあげてちょうだい。▼
人間のことはまだ信用できないけど…
あなたのことは信じてもいい。▼
[エメリナ]
……!!▼
…ありがとうございます…!▼

マイユニット(女性、あたし)

[エメリナ]
あなたにもお礼を言わせてください。
【タグエル】の方…▼
[ベルベット]
その名で私たちを呼ぶ人間がいたのね。▼
[ルフレ]
タグエルって?▼
[ベルベット]
私のように
動物に姿を変える者のことよ。▼
あなたたち人間は、
偏見を込めて【半獣】って呼ぶけど。▼
私があなたを助けたのは、
祖先が聖王から受けた恩を返すため。▼
私はあなたたち人間を
信用していないわ。▼
[ルフレ]
どうしてなの?▼
[ベルベット]
当然でしょう?▼
私の仲間は、一人残らず
人間達に虐殺されたの。▼
[エメリナ]
! そんな…
誰がそのようなことを…?▼
[ベルベット]
さあね。誰であろうと大差ないわ。
私にとっては同じ人間という種族。▼
人間は、心や見た目の違いを
すぐに争いの理由にするようだけど。▼
[エメリナ]
…そうですね。
私たち人間の未熟なところです。▼
…一国の王であっても、
貧しい者であっても、同じ人間です。▼
………▼
もう遅いのは分かっていますが…
どうか謝らせて下さい。▼
貴方の仲間を奪ってしまって…
本当に…ごめんなさい…!
[フィレイン]
エメリナ様…!▼
[ベルベット]
…あなた、自分は悪くないのに、
私に…タグエルに謝るの?▼
…………▼
私はあなたの言葉は信じないわ。
口では何とでもいえるもの。▼
[エメリナ]
…………▼
[ベルベット]
でも…
あなたの心はわかったわ。▼
私たちの痛みを…あなたは
自分のことのように感じている…▼
顔をあげてちょうだい。▼
人間のことはまだ信用できないけど…
あなたのことは信じてもいい。▼
[エメリナ]
……!!▼
…ありがとうございます…!▼

ファウダーと???の出会い

(暗い世界でファウダーふらふらしながら歩く)
[ファウダー]
…ぐぅ…っ……
ば…か…な…………▼
我が…遠大な計画が…
こんな…ところ…でっ……▼
(ファウダーに誰かが近づく)
[???]
――ファウダー。▼
[ファウダー]
! な、何者だ…!?
いったい…どこから…▼
[???]
お前は本来…
ここで死ぬ運命ではない。▼
あの運命の日まで…
お前は筋書きを導かなければならない。▼
お前に力を与えよう。▼
[ファウダー]
何だ…と…?
お前…お前は一体…▼
!!
ま…まさか……まさか……!▼
あなた様は…!?▼
[???]
我はギムレー。
破滅と絶望の竜――▼

場面転換

[フィレイン]
エメリナ様の暗殺を企てた者が何者なのか、
調べさせていますが…▼
現在、有力な情報は得られておりません。▼
[クロム]
おそらくペレジアの連中だろう。
奴らは炎の台座を狙っていた。▼
姉さん、ここは危険だ。
俺と一緒にフェリアに行こう。▼
[エメリナ]
いいえ。ペレジアとの戦いが迫る今、
私がイーリスを離れる事はできません。▼
貴方達がフェリアへ向かう間に
私までいなくなっては…▼
ますます民の心に
不安が広がってしまうでしょう。▼
[クロム]
しかし…
姉さんにもしもの事があったら…▼
[フレデリク]
…それでは、せめて東にある離宮に
身を移されるのはいかがでしょう?▼
あの場所は、他国に存在を知られていません。
ここよりは安全でしょう。▼
[クロム]
それがいい。姉さん、頼む!▼
姉さんが安全な所にいた方が、
俺も安心してフェリアへ行ける。▼
[エメリナ]
クロム…
ええ、わかりました。▼
[クロム]
ありがとう、姉さん。▼
東の離宮はフェリアの道中だ。
俺たちもそこまで同行しよう。▼

コメント(誤字・脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-20 (水) 16:05:49