オープニングシナリオ

オープニング

[ルフレ]
(男性、僕)
[ルフレ]
(男性、俺)
ここは…どこだ?▼
[ルフレ]
(女性、私)
[ルフレ]
(女性、あたし)
ここは…どこなの?▼
[ルフレ]
(女性、無口)
[クロム]
戦場か、
戦いの最中のようだな。▼
だが、軍は双方とも
奇妙な姿をしているが…▼
[占い爺]
な、なんと…! 異界の旅人か!
良いところに来てくれた。▼
これぞ天の助け!
わしの占いの通りじゃ!▼
[クロム]
あなたは…?▼
[占い爺]
わしのことは占い爺と呼ぶが良い。
この異界の住人じゃよ。▼
今はあの軍勢に襲われて
大慌てしておったところじゃ。▼
[クロム]
何が起きている?
あの兵たちは何だ?▼
[占い爺]
――英霊の魔符。
人とは異なる幻影じゃ。▼
[クロム]
英霊の…魔符…?▼
なんだそれは?▼
[占い爺]
説明したいのは山々じゃが…
わしが話し出すとちと長いぞ。▼
今は時間がない。あの軍勢が
今にも襲いかかってきそうじゃ。▼
[クロム]
確かに…戦わざるを得ないようだな。▼
[占い爺]
うむ、頼んだぞ。わしは腰痛で
戦いはさっぱりできぬが…▼
かわりに、わしが召喚した
魔符が助けになろう。▼
[クロム]
召喚…?▼
[占い爺]
「…古の王国アリティアの王にして
 七つ国を統べる王の中の王…」▼
「英雄王マルスよ…
 我ら哀れな民を守り給え…」▼
(マルスが召喚される)
[マルス]
…承知した。
ぼくがあなたを守ろう。▼

[クロム]
マルス…!?
あの伝説の英雄王…?▼
いったい、どうなってる…?▼

戦闘中

1ターン目開始前

[エイリーク]
私はルネス王国のエイリーク…
エフラム王子の妹です。▼
[占い爺]
ほほぅ…エイリークといえば、
マギ・ヴァル大陸の双子の王女じゃ。▼
伝承によれば、まわりが心配なくらい
兄と仲が良い妹じゃったという…▼
[エイリーク]
ち、違います!
それは誤解…兄上のせいです。▼
それより、この地を荒らす賊たちとは
あなたがたのことですね。▼
兄上になりかわり、
私たちが成敗致します。▼
[クロム]
悪いが勘違いだ。俺たちは賊じゃない。
今、別の世界から来た者だ。▼
[占い爺]
無駄じゃよ。魔符は剣と同じ。
いくら説得したところで…▼
[エイリーク]
え、賊ではないのですか?▼
す、すみません。そうとは知らず
私、大変な失礼を…▼
[占い爺]
ありゃ? 説得が通じておる。
どういうことじゃ?▼
おおそうか! エイリークは箱入り娘で
ころりと騙されやすかったと伝承にも…
[エイリーク]
だ、だます?
また私を騙すつもりなのですか!?▼
もう私は騙されたりしません!
覚悟してください!▼
[占い爺]
…本人が一番気にしておるところを
突いてしまったようじゃ。▼
やはり、魔符に説得は通じぬ。
悲しいが、戦う定めなのじゃ…▼
[クロム]
…戦うことになったのは
爺さんのせいな気がするが…▼

1ターン目(友軍行動開始前)

[マルス]
この戦い、ぼくたちの力で
なんとかしなければ…▼

マルスと会話

[クロム]
なあ、
ひとつ聞いていいか?▼
[マルス]
なんだい?▼
[クロム]
お前は
一体何者なんだ?▼
[マルス]
ぼくはアリティアの王子マルスだ。▼
[クロム]
いや、それは
分かっているんだが…▼
[マルス]
? 他に何か?
ぼくはそれ以外の何者でもないけど…▼
[クロム]
あ、ああ…そうだな。
悪い。変なことを聞いた。▼
[マルス]
いや、気にしなくていいよ。▼
[クロム]
本人は魔符から作られた
幻影だと知らないってわけか…▼

アルムと会話

[アルム]
ふーん…▼
[リズ]
どうしたの?
わたしの顔に何かついてる?▼
[アルム]
いや、異世界の軍でも
女の子が戦うんだなって思ってさ。▼
[リズ]
あー、ひょっとして
バカにしてる!?▼
こう見えても、ちゃんと
お役に立てるんだからね!▼
[アルム]
バカになんかしてないよ。
ぼくたちの仲間にもいるんだから。▼
女の子は、魔法の防御力が高いから
貴重な戦力なんだよ。▼
[リズ]
あ、それならわたしも自信ある!
魔法の攻撃がきたら任せてよ。▼
[アルム]
うん。
よろしくお願いするよ。▼

アイクと会話

男・僕

[アイク]
お前は
異世界の軍の軍師か?▼
[ルフレ]
そうだけど
何かあったのかい?▼
[アイク]
異世界の戦い方というのは
俺たちとは違うのか?▼
[ルフレ]
いや…僕が知る限りでは
大差ないと思うよ。▼
[アイク]
そうか。
それなら動きやすそうだな。▼
こちらの動きで気になることなど
あれば遠慮なく言ってくれ。▼
[ルフレ]
うん。ありがとう。▼

男・俺

[アイク]
お前は
異世界の軍の軍師か?▼
[ルフレ]
そうだが
何かあったのか?▼
[アイク]
異世界の戦い方というのは
俺たちとは違うのか?▼
[ルフレ]
いや…俺が知る限りでは
大差ないと思うぞ。▼
[アイク]
そうか。
それなら動きやすそうだな。▼
こちらの動きで気になることなど
あれば遠慮なく言ってくれ。▼
[ルフレ]
ああ。ありがとう。▼

女・あたし

[アイク]
お前は
異世界の軍の軍師か?▼
[ルフレ]
そうだけど
何かあったの?▼
[アイク]
異世界の戦い方というのは
俺たちとは違うのか?▼
[ルフレ]
いえ…あたしが知る限りでは
大差ないと思うわよ。▼
[アイク]
そうか。
それなら動きやすそうだな。▼
こちらの動きで気になることなど
あれば遠慮なく言ってくれ。▼
[ルフレ]
ええ。ありがとう。▼

女・私

[アイク]
お前は
異世界の軍の軍師か?▼
[ルフレ]
そうですけど
何かありましたか?▼
[アイク]
異世界の戦い方というのは
俺たちとは違うのか?▼
[ルフレ]
いえ…私が知る限りでは
大差ないと思いますよ。▼
[アイク]
そうか。
それなら動きやすそうだな。▼
こちらの動きで気になることなど
あれば遠慮なく言ってくれ。▼
[ルフレ]
はい。ありがとうございます。▼

VSシーダ

戦闘前

[シーダ]
このタリス島の王女として、
賊の好きにはさせません。▼

戦闘前(カラム)

[シーダ]
…あなたはやさしそうな人ですね。▼
賊などに従って
戦うのはやめてもらえませんか?▼
[カラム]
その言葉はうれしいけど
ぼくたちは賊じゃないんだ…▼

撃破後

[シーダ]
っ! そんな… ごめんなさい、退却します。

VSセリカ

戦闘前

[セリカ]
あなたがたに敗れるわけにはいきません。
行きます!▼

戦闘前(ルフレ男)

[セリカ]
あなたは、賊たちの軍師ですね。
なぜ私たちを攻撃するのです?▼
[ルフレ]
…そう言われても困ったな。
まさか爺さんに頼まれて、とも言えないし…▼
[セリカ]
…答えられないのですか。
やはり心にやましいところがあるのですね。▼
これ以上の問答は無用です。
覚悟してください!▼

撃破時

[セリカ]
負けられないのに…残念…▼

VSディアドラ

戦闘前

[ディアドラ]
…戦いは望みません。ですが、
この地を荒らすというのなら…▼

戦闘前(ヘンリー)

[ディアドラ]
…また戦いが始まったのですね。▼
[ヘンリー]
あれ~? どうして浮かない顔してるの~?
戦場で戦うのは当然だと思うけどな~。▼

撃破時

[ディアドラ]
…なんて強さでしょう。
わたしなどでは…▼

VSユリア

戦闘前

[ユリア]
あなたたちは…
わたしたちの敵…▼

戦闘前(リズ)

[リズ]
あの~、戦うのなんてやめようよ…
…って言ってもムダなのかな。▼
[ユリア]
あなたならどうです?
そう言われたら抵抗をやめますか?▼
[リズ]
え? えっと…
やめないだろうね~…ははは…▼
…ふぅ、戦うしかないかぁ。▼

撃破時

[ユリア]
あなたたちは…
本当に賊ですか…?▼

VSナンナ

戦闘前

[ナンナ]
戦いはできなくても…
この杖でみんなを守ります。▼

戦闘前(ウード)

[ウード]
全身がさわさわすると思ったら貴様か。
その存在で俺にプレッシャーを与…▼
[ナンナ]
あの、体調がお悪いのでしたら
後方に下がられたらいかがですか?▼
[ウード]
…いや、だ、大丈夫だ…▼

撃破時

[ナンナ]
私が倒れても、
他のみんながきっと…▼

VSリリーナ

戦闘前

[リリーナ]
民を苦しめる賊は許さないわ。
行くわよ!▼

戦闘前(ミリエル)

[ミリエル]
ふむ…あなたからは
底知れぬ魔法の力を感じます。▼
実に興味深い。一度じっくり
研究させていただきたいですね。▼
[リリーナ]
!!
私はあなたの研究材料じゃないわ!▼
[ミリエル]
…ごもっともです。▼
では、戦いを通して
考察させていただきます。▼

撃破時

[リリーナ]
そ、そんな…
こんなに強い相手なんて…▼

VSリン

戦闘前

[リン]
女だと思って甘く見てると
痛い目にあうわよ!▼

戦闘前(グレゴ)

[リン]
私はロルカ族のリン。
賊は容赦しないわ。▼
[グレゴ]
まーいったなぁ。
俺のどこが賊に見えるってんだ?▼
[リン]
…外見だけで言うなら
そうとしか見えないけど。▼
[グレゴ]
おいおい、ひでえなあ。▼

撃破時

[リン]
くっ…!
つ、次を見てなさい!▼

VSエイリーク

戦闘前

[エイリーク]
人を騙す卑劣な賊には
負けません! ▼

戦闘前(クロム)

[エイリーク]
やはりあなたたちは賊なのですね。▼
なにを言っても、もう騙されません。
覚悟してください!▼
[クロム]
騙すもなにも、俺はお前に
今まで何も言っていないんだが…▼
だが、戦うというなら受けて立とう。▼

撃破時

[エイリーク]
兄上以外の方に…
負けてしまうなんて…▼

VSエリンシア

戦闘前

[エリンシア]
私も国と民を預かる身、
賊討伐に加勢致します。▼

戦闘前(ヴィオール)

[ヴィオール]
その気品、そのたたずまい…貴族として
優雅に戦うにはふさわしい相手のようだね。▼
[エリンシア]
戦いに優雅さなどありません。
あるのは哀しみだけ…▼
それでも戦うというなら
お相手しましょう。▼

撃破時

[エリンシア]
これ以上は足手まとい…
申し訳ありません…▼

VSミカヤ

戦闘前

[ミカヤ]
不思議な力…あなたたち、
どこから来たの…?▼

戦闘前(マリアベル)

[ミカヤ]
あなたたち、
この地を襲うのはやめなさい!▼
[マリアベル]
ふん、あなたたち下々の者が
どれだけ言っても…▼
あら? 下々?
少し違うような気もしますわね…▼

撃破時

[ミカヤ]
っ…勝てない…
でも、生きてさえいれば…▼

マルスの戦闘

初戦闘時

[マルス]
女性に危害は加えたくない。
手加減できるうちに退いてほしい。▼

敗北時

[マルス]
みんな、すまない…▼

アルムの戦闘

初戦闘時

[アルム]
女性の強さは元の世界でもよく知ってる。
手加減はしないぞ!▼

敗北時

[アルム]
くっ、しまった…
無茶しすぎたか…▼

アイクの戦闘

初戦闘時

[アイク]
相手が男でも女でも変わりはない。
戦う以上は、全力で迎え撃つ。▼

敗北時

[アイク]
すまん…俺が戦えるのは
ここまでのようだ…▼

クリア後

魔符の説明

[占い爺]
感謝するぞ。そなたらが倒してくれたおかげで、
魔符たちを無事に回収できた。▼
しかしそなたら、
戦力も軍略も相当なものじゃな。▼
このような旅人の到来を予知するとは…
わしの占いの力は空恐ろしいばかりじゃ。▼
[クロム]
えーっと…それはいいんだが…
それより説明を頼む。▼
[占い爺]
おお、
そうじゃったそうじゃった。▼
えーさて、 英霊の魔符というものは…▼
我が一族に古来より
代々受け継がれておる秘宝じゃ。▼
かつて伝説となった
古の栄えある英雄たち…▼
彼らの似姿を幻として
現世に生み出したものじゃ。▼
[クロム]
なに? 英雄の幻たちを…?
それがなぜ攻撃してくる?▼
[占い爺]
不心得者が魔符を盗み、
悪用しておるのじゃ。▼
古の英雄の力は強力…
悪しき者が使えば国が滅びかねん。▼
わしは盗人を追わねばならぬ。
じゃが人手が足りんでのう。▼
そなたら、人助けと思って
手伝ってくれんか?▼
[クロム]
人助け、か…▼
[フレデリク]
しかしながらクロム様、
我々にも使命があります。▼
[クロム]
確かに、そうだな。▼
[占い爺]
ふむ…まあ、無理強いはせぬよ。
忙しいのなら仕方ない。▼
こんな老いぼれなど、所詮
どうなっても構わんじゃろうしのう…▼
[クロム]
む……▼
[占い爺]
いいんじゃいいんじゃ、
どうせわしのことなんて…▼
わしなぞ、独りぼっちで寂しく
死んでいくのがお似合いなんじゃ…▼
ばあさんや、近頃の若者は
老人に冷たいのう…▼
[クロム]
いや、待て。
誰も助けないとは言ってないぞ。▼
[占い爺]
おお、本当か!?
近頃の若者は見どころがあるのう!▼
うむ、占いでも出ておった。
そなたは老人を大事にする男じゃと!▼
[クロム]
現金な爺さんだな…▼
[占い爺]
忙しいのなら、
今すぐでなくても構わぬよ。▼
異界の時の流れは
そなたらの世界とは異なっておる。▼
そなたらの気が向いたら、
このいたいけな老人を助けに来ておくれ。▼

[占い爺]
そうそう。今回の礼として、
英霊の魔符を一つ渡しておこう。▼
【英雄王マルス】…きっと
そなたらの力になってくれるはずじゃ。

英雄王マルス

[マルス]
君がこの軍の軍師殿だね。▼
御老人から話は聞いたよ。
ぼくで役に立てるのなら、共に行こう。▼
あ、そうだ。
君はぼくのことを知ってるのかな?▼

選択肢1「はい」

[マルス]
そうか、ぼくのことはもう
知っててくれてるんだね。▼
不思議だね。ぼくも君に
どこかで出会ったような気がする…▼
…君を見ていると、
なんだかぼくの友を思い出すよ。▼
ぼくに仕えてくれた近衛騎士、
ぼくの生涯の友でもあった人…▼

選択肢1「いいえ」

[マルス]
ぼくはマルス。
アリティアという国の王子だ。▼
英雄王と呼ばれてはいるけど…
ぼくはそんなすごい人間じゃない。▼
仲間たちがいてくれたから、
ぼくは戦えたんだ…▼

[マルス]
君の名は…?
そうか、ルフレというのか。▼
ルフレ。
君に一つ聞きたいことがある。▼
君は軍師として大局を見渡し、
大勢の仲間を指揮する役割だ。▼
もし、とても苦しい戦いで、
誰かが傷つき倒れそうになった時…▼
その人を助けずに戦いを続ければ
勝利できるという時…▼
君ならどうする?▼
君は、傷つき倒れた者よりも、
勝利を優先することができる?

選択肢2「はい」

[マルス]
そうか。
君は正しい軍師だね。▼
情に流され、大局を見失うことがない。
みんなのために正しい決断ができる。▼
それを非情だと言う人もいるだろう、
でも、そうじゃない。▼
みんなを大切にしているからこそ、
君はその決断を下せるんだ。▼
…ルフレ。良かったら。
君のことを話してくれないかな?▼
君のことをもっと知りたいんだ…▼
(マルスを仲間にしますか?)の選択肢が出てくる

選択肢2「いいえ」

[マルス]
そうか。
君は優しい人なんだね。▼
そして、たぶんぼくと同じ人だ。▼
ジェイガン…ぼくの軍師からもよく言われる。
王は大局を見なければいけないって。▼
それは正しい、でも
ぼくはそうすることができない…▼
戦いで誰一人犠牲になって欲しくない…
ぼくはそう思ってるんだ。▼
…ルフレ。良かったら、
君のことを話してくれないかな?▼
君のことをもっと知りたいんだ…▼

[マルス]
…ありがとう、ルフレ。
ぼくの話に付き合ってくれて。▼
こうして打ち解けて話せたのは、
いつ以来だろう。▼
不思議な人だね、君は。▼
そうだ。君たちの使命が終わったら、
ぼくの故郷に来て欲しい。▼
ぼくの近衛騎士や仲間たちにも
会ってほしいんだ。▼
ぼくたちはきっと、
仲良くなれると思うよ。▼
(マルスを仲間にしますか?)の選択肢が出てくる

コメント(誤字・脱字報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-22 (金) 10:51:23