ティアモの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

フレデリク

フレデリクのページへ

ヴィオール

ヴィオールのページへ

ヴェイク

ヴェイクのページへ

ソール

ソールのページへ

カラム

カラムのページへ

スミア

スミアのページへ

ロンクー

ロンクーのページへ

リヒト

リヒトのページへ

ベルベット

ベルベットのページへ

ガイア

ガイアのページへ

グレゴ

支援C

[ティアモ]
はぁ…▼
[グレゴ]
いいねぇ。乙女の溜め息は
愛の女神の吐息に同じ、ってな。▼
[ティアモ]
! グ、グレゴさん!?
いつの間に…!▼
[グレゴ]
んーふっふっ、不意討ちは
兵法の基本だぜ。▼
恋も戦いだ。
兵法なしじゃ立ち向かえねぇだろ。▼
[ティアモ]
こ、恋って…そんなんじゃありません!
あたしはただ…▼
大切な人と…
もっと親しくなれたらって…▼
[グレゴ]
おんなじことさ。▼
誰にでも好かれる人間ってのは
好かれるだけの武器があるもんだ。▼
今の不意討ちも、人間関係に応用すれば
絶大な戦果が期待できるってもんよ。▼
[ティアモ]
そ、そうなんですか?
も、もうちょっと詳しく…▼
[グレゴ]
不意討ちってのは要するに、
心の隙を衝くってこった。▼
隙を衝かれた心はもろいからな。▼
ちょっと押してやれば
簡単に揺れて落ちるだろうさ。▼
あとはそいつを受け止めて、
心の果実の収穫完了ってわけだ。▼
[ティアモ]
な、なるほど…勉強になります。▼
[グレゴ]
これであんたも達人だ。
あとは大切な相手に実践あるのみってな。▼
[ティアモ]
はい! 行ってきます、師匠!▼

(ティアモ退場)

[グレゴ]
あ、あーあ…ほんとに行っちまった。
ちっと遊びが過ぎたかねぇ…▼

支援B

[ティアモ]
グーレーゴーさーん…▼
[グレゴ]
んー? あぁ、あんたか。▼
えらい暗い顔で、どうした?
心の不意討ちに失敗したか?▼
[ティアモ]
! わ、わかりますか!?
さすが師匠…▼
[グレゴ]
…やっぱり。▼
[ティアモ]
やっぱり?▼
[グレゴ]
ん、あー…なんでもねぇ。
人に好かれるってのは難しいからな。▼
[ティアモ]
そうですよね…あたし、
そういう才能は無いみたいです…▼
[グレゴ]
いやいや、みんな似たようなもんだ。
下手も上手も恋すりゃ同じ、ってな▼。
[ティアモ]
そうなんですか?
あたしは特別下手な気がしますけど…▼
さっきも不意を討とうとつけ狙ってたら
”怖い”って言われちゃいましたし…▼
[グレゴ]
つけ狙ったか…まぁあんた、
策を弄するのは苦手そうだもんなぁ。▼
[ティアモ]
正直過ぎて、逆に馬鹿だねって
よく言われます…▼
[グレゴ]
はーいはい、落ち込まない。▼
あんたはそれでいいんだよ。
真っ正面から馬鹿正直に行って▼
相手をひれ伏させるだけの
すげえものを持ってんだからな。▼
だいたい不意討ちなんてのは
弱い奴が必死こいてやるもんだ。▼
そういう意味じゃ、あんたとは
一番縁遠い戦術だったわな。▼
[ティアモ]
え…でもあたし、他にどうしたらいいか
全然わからないんですけど…▼
[グレゴ]
ふぅ…しゃあねぇ。乗りかかった船だ。
もうちょいいろはを教えてやるよ。▼
[ティアモ]
あ、ありがとうございます、師匠!
あたし、がんばります!!▼

支援A

[グレゴ]
よーし、こんなもんだろ。
もう完璧なんじゃねえか?▼
[ティアモ]
あのぉ…グレゴさん。いろはを
教えてくれるって言ってたのに▼
あれからずっと、
化粧だとかしぐさだとか服装だとか…▼
自分をよく見せる方法しか
教わってないんですけど。▼
[グレゴ]
んー? ほかになにか必要かい?▼
[ティアモ]
えっと…相手のことを調べて
相手の好みに合わせたりとか…▼
[グレゴ]
あーいらねぇいらねぇ。いいか、
あんたはいわば生まれながらの珠だ。▼
ちょいと磨きゃ、きらっきら輝く
宝石になれるようにできてんだよ。▼
相手の好みなんざ関係ねぇ。▼
[ティアモ]
そ、そんなことないですよ。
あたしなんてまだまだ全然…▼
[グレゴ]
そう、その向上心もあんたの
恐ろしい武器のひとつだな。▼
誰よりも努力する天才なんざ
ほとんど反則だぜ。▼
[ティアモ]
グレゴさんって、
人を乗せるのがお上手ですね。▼
グレゴさんにそんな風に言われると
自分に自信が出てきちゃいます。▼
[グレゴ]
元々あんたは能力の割に
自信がなさ過ぎたんだよ。▼
今のあんたはもう満点だ。
どーんとぶつかってきな。▼
結果は俺が保証してやるぜ。▼
[ティアモ]
は、はい!
あたし、行ってきます!▼
[グレゴ]
…なーにやってんだかなぁ、俺は。
いつからこんなお人好しになった?▼
………▼
…ま、目の前であんだけがんばられると
かわいくなっちまうのも道理か。▼

支援S

[ティアモ]
ししょ…じゃなくて、グレゴさん。▼
[グレゴ]
おーう、ティアモ。
成果報告にでも来たのか?▼
[ティアモ]
あ…いえ。まだ勝負を挑んでないので
ご報告できることはないんですけど…▼
[グレゴ]
なーにやってんだか。絶対に勝てるから
自信持って行って来いっつーの。▼
[ティアモ]
駄目だったら…
責任、取ってくれますか?▼
[グレゴ]
取ってくれんじゃねぇの。▼
[ティアモ]
じゃあ…行きます。▼
[グレゴ]
おーう、がんばれよ。▼
[ティアモ]
ありがとうございます。
では…▼
こほん…▼
あたしは――あなたが好きです。▼
[グレゴ]
そうそう、それだよ。
それで落ちない男はいねぇって。▼
[ティアモ]
できれば、その…結婚を前提とした
お付き合いをして欲しいと思ってます。▼
[グレゴ]
おーいおい、そこまで俺に
言わねぇでいいっての。▼
[ティアモ]
…………▼
[グレゴ]
…………▼
…ん? おい、あんたまさか…!
――俺に言ってんのか?▼
[ティアモ]
…はい。▼
[グレゴ]
ちょーっと待て!
あんたの大切な相手は俺じゃねぇだろ。▼
[ティアモ]
今は…グレゴさんです。
あたしに…本当の自信をくれた人…▼
[グレゴ]
参ったね、こりゃ…
そういうつもりじゃなかったんだが…▼
[ティアモ]
あたし、かわいいですか?▼
[グレゴ]
ん、あぁ、まぁな。▼
[ティアモ]
いい奥さんになりそうですか?▼
[グレゴ]
なる…だろうな、きっと。▼
[ティアモ]
あたしのこと…嫌いですか?▼
[グレゴ]
いや…そんなことはねぇよ。▼
[ティアモ]
じゃあ、お付き合い…してくれますか?▼
[グレゴ]
そんな顔されたんじゃなぁ…
しないわけにもいかねぇだろ。▼
[ティアモ]
結婚を前提にして…ですよ?▼
[グレゴ]
あー…まぁ、それも了解だ。▼
[ティアモ]
誓いの指輪…くださいね?▼
[グレゴ]
…有り金全部はたいて買ってやるよ。▼
[ティアモ]
ふふ、やったぁ。▼

リベラ

支援C

[ティアモ]
よいしょ、よいしょ…
この荷物、結構重いわね…。▼
[リベラ]
ティアモさん?▼
[ティアモ]
えっ!? あ、に、荷物が…!
…きゃああっ!!▼
いたた…。▼
[リベラ]
あ…申し訳ありません!
私が急に声をかけてしまったせいで…!▼
[ティアモ]
い、いえ…!
あたしが勝手に転んじゃっただけですから。▼
荷物が多すぎて
前が見えてませんでした。▼
[リベラ]
お怪我はありませんか?▼
[ティアモ]
だいじょうぶです。▼
[リベラ]
それはよかった…貸してください。
荷物は私が持ちましょう。▼
[ティアモ]
え、でも、重いですよ。▼
[リベラ]
かまいませんよ。
どこへ運べばいいですか?▼
[ティアモ]
あ、じゃあ、向こうへ…。▼
[リベラ]
承知しました。▼

(暗転)

[リベラ]
ここでいいですか?▼
[ティアモ]
はい。ありがとうございます。
おかげで助かっちゃいました。▼
[リベラ]
ティアモさんは、いつもこのような
重い物をひとりで運んでいるのですか?▼
[ティアモ]
そうですね。誰かに頼むのも悪いし、
自分でできることは自分でやらないと。▼
[リベラ]
私でよければいつでも手伝いますので
ご遠慮なく声をかけてください。▼
[ティアモ]
ありがとうございます。
そのときは、よろしくお願いします。▼

支援B

[ティアモ]
よいしょ、よいしょ。▼
[リベラ]
ティアモさん、お手伝いしますよ。▼
[ティアモ]
あ…リベラさん。
すいません、ありがとうございます。▼
[リベラ]
ティアモさんはいつ見ても
働いていらっしゃいますね。▼
[ティアモ]
こんなときですから、
休んではいられませんよ。▼
[リベラ]
無理をしていませんか?
あまりお顔の色が優れませんが。▼
[ティアモ]
じつは…最近よく眠れないんです。▼
目を閉じると嫌なことを
思い出しちゃって…。▼
[リベラ]
それはいけませんね…。
食事はちゃんと摂れていますか?▼
[ティアモ]
それも、あんまり…。▼
[リベラ]
…………。▼
[ティアモ]
あの、リベラさん?▼
[リベラ]
ティアモさん。すぐに荷物を置いて
営舎にお戻りください。▼
[ティアモ]
え、でも…。▼
[リベラ]
残りの仕事は私が引き受けます。▼
[ティアモ]
そんな、悪いですよ。
ひとりじゃ大変ですし。▼
[リベラ]
…まったく、あなたという人は。▼
他人に任せるのを悪いと
思うぐらいの仕事を▼
あなたはずっとひとりで
やっていたのでしょう?▼
[ティアモ]
そうですけど…。▼
[リベラ]
少しは他人に甘えることを覚えないと
あなたがもちませんよ。▼
あとで営舎のほうへ薬湯を持って
行きますから横になっていてください。▼
[ティアモ]
は、はい。▼

支援A

[リベラ]
ティアモさん!!▼
[ティアモ]
あ…リベラさん…。▼
[リベラ]
だいじょうぶなのですか?
倒れられたと聞いたのですが。▼
[ティアモ]
は…はい。
ご心配をかけてしまって…▼
[リベラ]
こんなときに人のことなど
気にする必要はありません。▼
それより、お身体の具合は?▼
[ティアモ]
だいじょうぶです。
病というわけではありませんから。▼
ゆっくり休めば回復するだろうって
お医者様がおっしゃってました。▼
[リベラ]
そうですか。
それは何よりです。▼
[ティアモ]
…ごめんなさい。▼
[リベラ]
どうしたんです、急に。▼
[ティアモ]
…リベラさんの言うことを
ちゃんと聞かないで無茶したから…。▼
[リベラ]
それなら謝る相手が
違うんじゃないですか?▼
[ティアモ]
えっ?▼
[リベラ]
謝るなら、あなたご自身の
体に対して、ですよ。▼
さんざん無茶につきあってくれたんです。
いたわってさしあげないと、ね。▼
[ティアモ]
…はい。▼
[リベラ]
なんでも自分でやろうとすると
結局は遠回りになる事が多いのですよ。▼
人は支えあって生きていくもの。
人に頼り、自らをいたわってこそ、▼
はじめて素晴らしい働きができる。
ちがいますか?▼
[ティアモ]
ええ。おっしゃる通りです。
今回、身をもって知りました。▼
…リベラさん、あたしが至らぬ点があれば
これからもどんどん叱ってくださいね。▼
[リベラ]
叱ってくれとは
またティアモさんらしい…▼
ですが、残念ながら
叱るのは得意ではありません。▼
助言程度でよろしければ
気がつけばお話しさせていただきますよ。▼
[ティアモ]
はい、よろしくお願いします!▼

支援S

[ティアモ]
よっと。う、ん…けっこう重い…。▼
[リベラ]
病み上がりで無茶をするのは
やめた方がいいですよ、ティアモさん。▼
[ティアモ]
あ、リベラさん。
このあいだはありがとうございました。▼
おかげさまですっかり
元気になりました。▼
[リベラ]
ふぅ…あなたの本当の病は、
そのじっとしていられない性分ですね。▼
[ティアモ]
あはは、そうかもしれません。▼
[リベラ]
またそうやって笑う…。
放っておけない人ですね…本当に。▼
[ティアモ]
え、なんですか?▼
[リベラ]
放っておけないと言っているのです。
そばで見ていないと心配でなりません。▼
ですから…いつもそばで
あなたを見守る権利を、私にください。▼
[ティアモ]
えぇっ!? そんな馬鹿な!▼
[リベラ]
そんな馬鹿なって…。▼
[ティアモ]
だ、だってそれって、
結婚って意味じゃ…?▼
[リベラ]
誓いの指輪も、用意してあります。▼
[ティアモ]
あ…。▼
[リベラ]
あなたがクロム様に
想いを寄せていたことは知っています。▼
ですが、私は自分の気持ちを
伝えずにおれませんでした。▼
無理なお願いなのかもしれませんが
受け取って…いただけませんか?▼
[ティアモ]
…無理なんかじゃ、ないです。▼
[リベラ]
…え?▼
[ティアモ]
リベラさん、
いつもあたしを見てくれていました。▼
頑張りすぎている時には注意してくれたし、
倒れた時には駆けつけてくれました。▼
これからも、ずっとずっと
あたしを見ていてほしい、そう思うんです。▼
だから、この指輪、喜んで……▼
[リベラ]
ありがとう、ティアモさん…。▼
[ティアモ]
…これで…リベラさん、一生
あたしの事を見ていてくださるんですよね?▼
[リベラ]
はい。▼
[ティアモ]
うれしい…。
あたし、しあわせです。▼
[リベラ]
私もですよ、ティアモさん。▼

ヘンリー

支援C

[ティアモ]
よし、これで完成ね。
…完成しちゃったわね。▼
[ヘンリー]
あ、ティアモ!
それ、襟巻きだよね~?▼
[ティアモ]
えぇ、そうよ。
寒冷地で戦うこともあると思って。▼
[ヘンリー]
ペレジアは全体的に暑いから
襟巻きなんて久しぶりに見たよ~。▼
でも、その色とか大きさとか
男物っぽいね。▼
[ティアモ]
あ、うん…これはね、
贈り物にしようと思ってるの。▼
[ヘンリー]
へぇ! いいなぁ、
手編みの襟巻きを貰えるなんて。▼
[ティアモ]
ふふ…だったら
ヘンリーにあげようか?▼
[ヘンリー]
え、いいの~? さっき、
贈り物にするつもりって…▼
[ティアモ]
これを渡すとね…
その人、困ってしまうと思うの。▼
だから渡すのは
やめておこうかな、って…▼
[ヘンリー]
どうして困るの~?
こんなによくできてるのに~。▼
[ティアモ]
だって…その人には
もう奥様がいるから。▼
[ヘンリー]
ふーん…よくわかんないなあ。
奥様がいると襟巻きが渡せないんだ。▼
じゃあ、奥様が死んじゃったら
渡せるようになるの?▼
[ティアモ]
え…そ、そんなこと…絶対だめ。▼
ありがとう、ヘンリー。この襟巻き、
やっぱりあなたにあげるわ。▼
[ヘンリー]
…なにもしてないのに
お礼を言われちゃった。変なの。▼

支援B

[ヘンリー]
ティアモ、この前は
襟巻きくれてありがとう~。▼
[ティアモ]
いいの。大事に使ってくれてる
みたいで、あたしもうれしいわ。▼
[ヘンリー]
…なんだか元気ないね~?▼
[ティアモ]
まぁ…ね。でも気にしないで、
自分勝手に苦しんでるだけだから。▼
[ヘンリー]
んー? ティアモは
苦しむのが好きってこと~?▼
じゃあ襟巻きのお礼に
すっごく苦しくなる呪いを…▼
[ティアモ]
そうじゃなくて…襟巻きを結局
渡せなかったことで胸が苦しいの。▼
自分であきらめたのに、
勝手なものでしょう?▼
[ヘンリー]
確かに自分勝手かも~。▼
[ティアモ]
ふふっ、はっきり言うわね。
…でも、そういうことなの。▼
人の気持ちって
うまく割り切れないものね。▼
[ヘンリー]
その胸の苦しみ、
僕の呪術で消してあげようか~?▼
[ティアモ]
え…?▼
[ヘンリー]
ティアモの好きって気持ちを
僕が殺してあげる。▼
そしたら苦しくなくなるよ~。
僕も襟巻きのお礼ができるしね~。▼
[ティアモ]
せっかくだけど…
遠慮させてもらうわ。▼
[ヘンリー]
えー? また?▼
[ティアモ]
苦しくても、この気持ちを
消してしまいたいわけじゃないの…▼
[ヘンリー]
ふーん…ほんとにティアモ、
自分勝手~。▼
[ティアモ]
ふふっ、ごめんなさい。▼

支援A

[ヘンリー]
腕がしびれてきちゃった。
たくさん買ったね~!▼
[ティアモ]
そうね。荷物を持つの、
手伝ってくれてありがとう。▼
優しいのね、ヘンリーは。▼
[ヘンリー]
あはは。どう?
胸が苦しくなくなった~?▼
[ティアモ]
え…?▼
[ヘンリー]
リズから聞いたんだ~。
女の子の胸が苦しい時は、▼
買い物したりやけ食いしたりすると
治るんだって~。▼
[ティアモ]
そ、そういうこと…
ありがとう、心配してくれて。▼
そうね…確かに楽になったかも。
ヘンリーのおかげね。▼
[ヘンリー]
あ、買い物で治るんだ~。
じゃあもう一往復しよ~?▼
[ティアモ]
え…ちょ、ちょっと待って。
今行ったばかりでしょう?▼
[ヘンリー]
いっそ十往復くらいしたら
楽になるかも~。▼
[ティアモ]
あの、ヘンリー、気持ちは嬉しいけど、
そういうふうにはならないわ。▼
[ヘンリー]
そうなんだ~。
じゃあ、やけ食いの方が好き?▼
[ティアモ]
えっと、そういうことじゃなくて…▼
あたしが買い物で楽になったのは、
きっと…あなたの気持ちを感じたからなの。▼
[ヘンリー]
僕の気持ち~?▼
[ティアモ]
あたしを慰めようとしてくれたでしょう?
その気持ちが嬉しかったの。▼
だから、楽になれたのよ。
ヘンリーのおかげ。▼
[ヘンリー]
そうなんだ~。
人の心って不思議~。▼
じゃあ、いっぱい慰める気持ちになるから
いっぱいやけ食い行こ~。▼
[ティアモ]
もう…仕方ないわね。
いいわ、一緒に行きましょう。▼

支援S

[ヘンリー]
はぁ、はぁ…
駄目~、こういうの向いてないかも~。▼
[ティアモ]
どうしたの、ヘンリー?
いきなり剣の訓練をしたいだなんて。▼
[ヘンリー]
ん~とね~。▼
僕が格好良くなったら
ティアモが振り向いてくれるかもって。▼
[ティアモ]
それは…前みたいに
あたしを慰めようとしてくれてるの?▼
[ヘンリー]
違うよ~。
ティアモが好きだからだよ~。▼
[ティアモ]
ヘンリー…▼
[ヘンリー]
でも僕はクロムほど
かっこよくも強くもないけど~。▼
[ティアモ]
…あ、あれ? ど、どうして
クロム様の名前が出てくるの?▼
[ヘンリー]
だってティアモが好きだったの、
クロムなんでしょ?▼
リズだって、そうだって言ってたよ。
違うの~?▼
[ティアモ]
ち、違う…ううん、嘘。
そうです、ごめんなさい。▼
恥ずかしいな…もしかして
みんなに気づかれてたのかしら…?▼
[ヘンリー]
僕、ティアモに好きになって
もらえるようにがんばるからね~。▼
[ティアモ]
ヘンリー…あなたのよさは
クロム様とは違うところにあるわ。▼
だからあなたが
クロム様の真似をすることないの。▼
そんなことしなくても、あたしは
あなたのこと…好きだと思うから。▼
[ヘンリー]
ほんと?▼
[ティアモ]
あなたはずっと…あたしのことを
好きでいてくれたのね。▼
あたしを慰めようとしているだけだと
思っていたわ…ごめんね。▼
[ヘンリー]
じゃあ、この指輪
受け取ってくれる~?▼
[ティアモ]
えぇ…心が揺れているうちに
いただきます。▼
その代わり、これからもずっと
あたしの心を揺らし続けてね?▼

ドニ

支援C

[ドニ]
太陽に溶ける雲を抜け~♪
眼下に見渡す大地を越えて~♪▼
[ティアモ]
あら、ドニ。
珍しい歌を知ってるのね。▼
[ドニ]
ティアモさんもこの歌、
知ってるべか?▼
[ティアモ]
もちろん。天馬騎士団で
知らない人はいないわ。▼
でも、天馬騎士団以外の人が
歌ってるのは初めて見たかも。▼
[ドニ]
ずっと前、村に来た女の人が
歌ってくれたべ。▼
じつはあんまり詩の意味が
わかんねえんだべが…▼
節回しがよ、なんか勇敢な感じがして
かっこいいべ。で、よく歌うべ。▼
[ティアモ]
うん、勇敢っていうのは正解。▼
それはひとりの偉大な天馬騎士を
称えて作られた歌だから。▼
[ドニ]
へえ…そうなんだべか?▼
[ティアモ]
ええ、
伝説のイーリス初代聖王…▼
彼の陰となり日向となって
支えた天馬騎士よ。▼
ひとたび戦場に赴くと、軽やかに天空を飛翔し
鋭く敵のふところに飛び込む様は、▼
動きが鈍い重騎士たちを
恐怖の底におとしいれ、▼
彼女がくりだす槍にまで
翼が生えていると言われたそうよ。▼
[ドニ]
はぁ…
それはすごいだべな。▼
[ティアモ]
彼女がすごいのは
それだけじゃないの。▼
鬼神のごとき武勇とは裏腹に
その人となりは、優しく思いやりにあふれ▼
初代聖王をしのぐほどの
人望があったと伝えられているわ。▼
実際、彼女を慕って敵から寝返った者も
かなりの数にのぼったそうよ。▼
[ドニ]
ただ、強いだけじゃなかったべか。
ますますすごいだべよ。▼
そんな人を
称えた歌だったべか…▼
[ティアモ]
イーリス王都には今も
彼女の銅像が建っているわ。▼
今度、機会があればいっしょに
見に行きましょう。▼
[ドニ]
ん、んだ。
ぜひ、お願いするべ!▼

支援B

[ドニ]
ティアモさん、またあの天馬騎士の
お話を聞かせてくれねえべか?▼
[ティアモ]
ふふ。ずいぶん気に入ったみたいね。▼
[ドニ]
んだ!
もうおらの憧れの人だべ!▼
[ティアモ]
ここだけの話だけど、あたしの目標は
あの天馬騎士のようになることなの。▼
だからドニが彼女を
好きになってくれるのはうれしいわ。▼
…とは言っても、
あたしなんてまだまだ未熟だから▼
こんなこと、よそでは
絶対口にできないけどね。▼
[ドニ]
ティアモさんみたいなすごい人でも
まだまだなんだべか?▼
[ティアモ]
あたしは、すごくなんかないわ。
人としても騎士としても全然駄目。▼
[ドニ]
そんなことないべよ。▼
おら、ティアモさんのいいところ
いくらでも言えるべ。▼
[ティアモ]
あはは、そんなに無理して
お世辞を言わなくていいのよ。▼
[ドニ]
お世辞なんかじゃねえべ。
あ、そうだ!▼
これからおら、毎日十個ずつ
ティアモさんのいいところを言うだべよ!▼
[ティアモ]
ま、毎日?▼
[ドニ]
んだ、毎日だ!▼
[ティアモ]
ふふ。じゃあ、いつまで続くか
楽しみにさせてもらおうかな。▼
[ドニ]
任せるべ!▼

支援A

[ドニ]
えっと…美人で、優しくて、
強くて賢くて美人で…▼
[ティアモ]
あ、美人って二回言った。▼
それにほかのも前に
聞いたのばっかりよ。▼
[ドニ]
うぅ…ちょっと待つべ。
えっと…そうだ! 胸が小さい!▼
[ティアモ]
ド~ニ~…それは
褒め言葉じゃないでしょう!▼
[ドニ]
あ、あれ? そうだべか?▼
[ティアモ]
ふぅ。さすがに褒めるところが
なくなったみたいね。▼
でもこんなに長く続くとは
思わなかったからびっくりしたわ。▼
なんだか自分がすごい人みたいに
思えてきちゃったもの。▼
[ドニ]
だから、ティアモさんはすごい人だって
何回も言ってるべ。▼
ずっと見続けてきたおらが言うんだから
間違いねえだ。▼
[ティアモ]
ありがとう、ドニ。
お礼にこれ…あげる。▼
[ドニ]
なんだべ? 手紙…?▼
[ティアモ]
ドニがずっと近くにいたから、
あたしもドニを観察してたの。▼
それを
あたしなりにまとめてみたのよ。▼
[ドニ]
うわぁ…びっしり書いてあるべ。
これ、みんなおらのいいところだべか?▼
[ティアモ]
あら、あたしはいいところなんて
一言も言っていないわよ。▼
[ドニ]
えっ…うわあ
おらのダメなところもびっしり…▼
[ティアモ]
いいところはのばし、悪いところはなおす。
これが成長の基本よ。▼
だから、これからはドニも
あたしの悪いところをちゃんと言ってね。▼
おたがいに磨き合って
さらなる高みを目指しましょう。▼
あの伝説の天馬騎士のように!▼
[ドニ]
わ、わかったべ。▼
だけど、ティアモさんの悪いところを
探すのは、けっこう難しいべ…▼

支援S

[ドニ]
ごほん。
あ、あの、ティアモさん。▼
[ティアモ]
あら、どうしたの、ドニ。▼
[ドニ]
この前の事だども…▼
ティアモさんの悪いところを
ちょっと書いてきたべさ。▼
[ティアモ]
どれどれ…けっこう書いてあるわね。
うん。なかなかいい手厳しさよ。▼
[ドニ]
す、すまないべ。▼
でも、本題は別にあるんだべ…▼
[ティアモ]
別? なに?▼
[ドニ]
ほんとに渡したいのは
こっちの…指輪だべ。▼
[ティアモ]
えっと…
話が見えてこないんだけど…▼
[ドニ]
つまり、その…▼
ティアモさんのいいところ悪いところ
色々考えたり書いたりしてたら▼
どんどんティアモさんの事しか
考えられなくなってきたべ。んで…▼
[ティアモ]
で、この指輪ってこと?▼
[ドニ]
んだ。▼
[ティアモ]
…実は、あたしもドニに
渡すものがあるの。▼
[ドニ]
? なんだべ?▼
[ティアモ]
これよ。▼
[ドニ]
うわっ!?
なんだべ、この紙の束は!▼
[ティアモ]
この前から、更にドニのいいところ
悪いところを色々考えたの。▼
その結果がこれよ。▼
[ドニ]
これって、前にもらったのの
倍以上あるべさ!▼
しかも、これ…いいところより
悪いところが圧倒的に多い気がするべ?▼
[ティアモ]
仕方ないじゃない。
それが本当のことだもの。▼
[ドニ]
はぁ…やっぱりだめだか…
そりゃそうだべな。▼
おらみたいなもんが
ティアモさんに釣り合うわけ…▼
[ティアモ]
はい! そのすぐ自分を卑下するところ!
3枚目の中段くらいにたっぷり書いておいたわ。▼
でも、勝手に早合点するところは
なかったわね。追加しておかなくちゃ。▼
[ドニ]
早合点?
だ、だども…▼
[ティアモ]
あたしは指輪を受け取らないなんて
一言も言ってないじゃない。▼
[ドニ]
えっ、じゃあ……▼
[ティアモ]
ドニ、あなたは、あたしのいいところ、
悪いところを考えているうちに▼
あたしのことばかり考えるようになったって
言ってたわよね。▼
あたしも同じよ。いつの間にかドニのこと
ばかり考えるようになっていたわ。▼
[ドニ]
…じゃあ、
おらと、一緒になってくれるだか?▼
[ティアモ]
ええ、喜んで。▼
[ドニ]
やったべ!▼
[ティアモ]
うふふ…結婚したらきっと、
また新しい発見ができそうね。▼
楽しみだなぁ。▼
[ドニ]
おらは…ちょっと怖いべ。▼

セレナ(親子)

支援C

[ティアモ]
ねぇ、セレナ。
未来のこと、教えてくれない?▼
[セレナ]
そんなこと聞いてどうするのよ。
もう同じことは起こらないわよ。▼
[ティアモ]
それでも、近いことが起こる
可能性は高いんでしょ?▼
[セレナ]
そんなの知らないわ。▼
[ティアモ]
…セレナ、なにか怒ってる?▼
[セレナ]
べつに怒ってなんかないわよ。
変な勘繰りはやめてよね。▼
[ティアモ]
そう? ずっと怖い顔してるから。
なにかあったのかと思って。▼
[セレナ]
あんたが未来のことなんて
思い出させようとするからでしょ!▼
あたしは同じことなんて
二度と起こって欲しくないの!!▼
[ティアモ]
あ…ごめん。つらいことが
たくさんあったんだよね…▼
あたし、無神経だった。
本当にごめんなさい。▼
[セレナ]
わ、わかればいいのよ。▼
[ティアモ]
じゃあ、なにか違うお話を
しましょうか。▼
[セレナ]
べつに話すことなんてないけど?▼
[ティアモ]
でも、あたしはあなたに
聞きたいことがたくさんあるわ。▼
お願い。少しだけあたしの
わがままに付き合って。▼
[セレナ]
…し、仕方ないわね。
ちょっとだけよ。▼
[ティアモ]
えぇ、ありがとう。▼
[セレナ]
あ、お礼に今日の配給の果物、
あたしによこしなさいよね。▼
[ティアモ]
ふふ、わかった。▼

支援B

[ティアモ]
はい、今日の果物。
いい色のりんごね。▼
[セレナ]
あ、ありがと。
で? 今日は何が聞きたいの?▼
[ティアモ]
うーん…そうねぇ。
少し気になっているのは▼
どうしてセレナが最初に選んだのが
天馬騎士じゃなかったのか、ということね。▼
[セレナ]
母さんと同じ道なんて
死んでもごめんだったからよ。▼
[ティアモ]
寂しいこと言うのね。▼
[セレナ]
あのねぇ、なにをやらせても完璧な人と
比べられる身にもなってよね。▼
まったく、冗談じゃないわ。▼
みんなに慕われて頼られて
きれいで華やかで頭がよくて…。▼
[ティアモ]
あはは、大絶賛ね。▼
[セレナ]
あ…べ、べつにあたしが
言ったわけじゃないんだからね。▼
[ティアモ]
じゃあ、セレナにとって、
あたしはどんなお母さんだったの?▼
[セレナ]
そ、そりゃあ自慢の…って、違う!▼
娘を捨てた薄情な母親よ!▼
[ティアモ]
…ごめんなさい。▼
[セレナ]
ちょっ…な、泣かないでよ!
う、嘘に決まってるでしょ!▼
そんなことちっとも思ってない!
優しくて自慢の母さんだったわよ!▼
あぁ、もう!
恥ずかしいこと言わせないでよね!▼
[ティアモ]
ふふ、ごめん。でもうれしいな…
そんな風に思ってくれてたのね。▼
[セレナ]
し、知らない!▼

(セレナ退場)

[ティアモ]
あ…行っちゃった。足の速い子ね…
絶対、あたしより速いわね、あれは。▼
…実はあたしが走るの得意じゃないことは
秘密にしておこう、うん。▼

支援A

[ティアモ]
あぁ、残念。今日の配給には
果物はなかったみたいね。▼
[セレナ]
え、そうなの?▼
[ティアモ]
これじゃあ、セレナと
お話しできないわね。▼
[セレナ]
あ…ど、どうしてもって言うなら、
付き合ってあげてもいいわよ。▼
[ティアモ]
じゃあ、どうしても。▼
[セレナ]
仕方ないわね。
なんの話がしたいの?▼
[ティアモ]
今日はね、お話しじゃなくて、
あなたと約束をしたいの。▼
[セレナ]
なによ、約束って。▼
[ティアモ]
これから、あたしたち二人が
共に築いていく未来の約束。▼
あたしたちはもう二度と、
どんなことがあっても▼
悲しい別れをしないと
約束しましょう。▼
[セレナ]
もし…約束を破ったら?▼
[ティアモ]
この約束に、もしもはないわ。▼
[セレナ]
絶対に?▼
[ティアモ]
えぇ、絶対に。▼
[セレナ]
…………▼
……じゃああたし、母さんに
甘えちゃってもいいのかな…▼
[ティアモ]
え…もちろんかまわないけど…
どうして急に?▼
[セレナ]
…急にじゃない。
ずっと思ってたことだよ…だけど…▼
今よりもっと母さんを好きになって、
でもまたいなくなっちゃったら…▼
今度こそあたし…耐えられないから。
もう、ひとりは嫌だから…だから…。▼
[ティアモ]
そう…それで今まで、
心を開いてくれなかったのね…▼
[セレナ]
ごめん…一度甘えたら、
戻れなくなっちゃうから…▼
[ティアモ]
ううん、いいの。
ありがとう、セレナ。▼
こうして本音を聞かせてくれて
とてもうれしいわ。▼
これからは、たくさん甘えてね。▼
[セレナ]
母さん…!▼

マーク女(親子)

支援C

[マーク]
うーん、どうして私は母さんのこと
覚えてないんでしょう…?▼
父さんのことはあんなにちゃんと
覚えてるのに…▼
父さんが立派な軍師だったってことも
一緒に勉強したことも覚えてるのに…▼
なーんで母さんのことは
きれいさっぱり忘れてしまったのか…▼
[ティアモ]
どうしたの、マーク?▼
[マーク]
母さん!▼
すごいです、ちょうど今母さんのことを
考えてたんですよー!▼
これって運命!? 親子の運命!?
…あ、待って下さい。確か父さんが昔…▼
これは運命じゃない、絆だー!
みたいなことを言っていたような記憶が…▼
ってことで母さん、私たちが
ここで会ったのは、運命ではなく絆です!▼
[ティアモ]
はぁ…そうなの…?▼
[マーク]
そうですよ! 絆って素晴らしいです。
覚えてなくても呼び合うものなんですね。▼
…って、感心してる場合じゃ
ありませんでした。▼
私、なんで母さんのことを覚えてないのか
ずーっと考えてたんです。▼
良かったら母さん…私が母さんのこと
思い出せるよう協力してくれませんか?▼
[ティアモ]
えぇ、もちろんよ。▼
[マーク]
良かった!
ではまた時間のある時に声をかけますね。▼
女同士の約束ですよ!
じゃあ私はこれで!
[ティアモ]
よく喋る子ね…▼

支援B

[マーク]
母さんっ、今時間いいですか?▼
[ティアモ]
えぇ。▼
[マーク]
やったぁ! じゃあ約束通り、
『記憶を取り戻そう大作戦』に▼
協力していただくことにします!▼
とは言ったものの、どうしたら記憶って
戻るんでしょうね…▼
頭を強くぶつけるのは
もう何度も試しましたし…▼
ゆらゆら揺れるものを見つめ続けるのも
私には効果がありませんでした…▼
ねぇ母さん、どうしたらいいと思いますか?▼
[ティアモ]
…あたしの顔をじっと見てみるとか?▼
[マーク]
なるほど!それだー!!
母さん天才です!▼
未来ではきっと見慣れていたはずですし、
じっと見てたら、何か思い出しますよね。▼
んー、なかなか良い策ですよこれは。▼
さすが天才軍師の父さんを
コロッと落としただけのことはありますね。▼
ではでは、失礼して…。
じーーーーーーーっ…▼
………………▼
………………▼
だめだーーー!!▼
何にも思い出せませんーーー!!▼
あぁ…この感じって、なんかこう…。
同じ文字をずっと見続けてたら▼
『あれ? これってこんな文字だっけ?』
みたいになる感じと似ています…▼
母さんって…こんな顔でしたっけ?▼
[ティアモ]
それを今思い出そうとしてるんでしょ。▼
[マーク]
ですよね…。すみません、
せっかく協力していただいたのに…▼
でも私は諦めませんよ!
絶対に母さんを思い出してみせます!▼
というわけで、
また協力して下さいね、母さん!▼

支援A

[マーク]
はぁ…やっぱり今日もダメですね…▼
毎日毎日嫌というほど、
こうして母さんの顔を見ているのに▼
何にも思い出せないなんて
自分が情けなくなりますよ…▼
ほんとに…どうして……
うっ…ううっ…ぐすっ…▼
[ティアモ]
え、えぇっ! どうして泣くの?▼
[マーク]
だ…だって…だって……!
私…母さんのことも父さんと同じように▼
大好きだったはずなのに…!
思い出せないのが…辛いんです…!!▼
母さんが私に作ってくれた思い出も
たくさんあったはずなのに…▼
何一つ覚えていられなかった自分が…
ほんとに…情けないんです…!▼
情けないんですよーーー!
びえぇぇぇぇん!!▼
[ティアモ]
マーク…▼
[マーク]
うっ…! ちょっと泣きすぎた…かな。
あ…頭が痛い…!▼
いたたた…!▼
…………あ!?▼
[ティアモ]
どうしたの!?▼
[マーク]
……思い出し…ました。母さんのこと。
ほんとにちょっとだけ…ですけど。▼
母さんが私に向かって、優しく笑って…
『マーク』って…名前を呼んでました…▼
ふふ、いつも見てる母さんの顔より、
少し年を取った顔でした…▼
…良かった。ちゃんと思い出せました。▼
ありがとう、母さん。
全部母さんのおかげです。▼
何だかこれで自信がつきました!
時間はかかるかもしれませんけど、▼
いつか母さんの記憶、
全部取り戻してみせますよ。▼
[ティアモ]
えぇ。あたしも協力するわ。▼
[マーク]
はい、ありがとうございます!▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-16 (土) 14:02:32