シンシアの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

クロム(親子)

クロムのページへ

フレデリク(親子)

フレデリクのページへ

スミア

スミアのページへ

ガイア(親子)

ガイアのページへ

ルキナ

ルキナのページへ

ルキナ(兄弟)

ルキナのページへ

ウード

ウードのページへ

アズール

アズールのページへ

ブレディ

ブレディのページへ

セレナ

支援C

[シンシア]
よーし!▼
これで新しい
勝利の決まり文句が完成だよ!▼
次の戦いの時には、最後に
これを叫ぶことにしようっと!▼
うんうん、気持ち良さそう~!!▼
[セレナ]
はぁ…。あんた、相変わらず
バカな事をやってるのね…▼
[シンシア]
むっ、いきなり出てきてなによ!
セレナ、なんか文句あるの!?▼
[セレナ]
プッ! 『決まり文句ね~』とか言ってた女が
『文句あるの?』だってぇ~。▼
文句ばっかり言ってるのは
自分じゃないの?▼
[シンシア]
むっ! むっかー!!
かっこいいんだから、別にいいじゃない!▼
[セレナ]
シンシア…あんた本当にそう思ってるの?
みんなも心の中ではきっと呆れてるわよ?▼
[シンシア]
そんな事ないよ。かっこいいって
言ってくれる人もいるんだから!▼
[セレナ]
それはきっと、あんたを傷つけないように、
調子を合わせてくれただけよ。▼
[シンシア]
ふ~んだ! そう思うのは
セレナの心が貧しいせいだよ~!▼
ヒーローとして勝利を目指す
あたしのかっこよさは、▼
あなたみたいな
ひねくれ者には決してわからない!▼
だってひねくれ者って言ったら、▼
ヒーローに敵対する悪者の
典型的な性格だもん!▼
[セレナ]
はいはい、あんたの子供じみた行動を
理解するくらいなら、ひねくれ者で結構よ!▼
…いいわ、もう勝手にやってなさい!▼
[シンシア]
セレナなんかに
言われなくてもそうします!▼
あたしのことはほっといて!
じゃあね!▼

支援B

[シンシア]
我は正義の戦士シンシア!▼
この聖なる裁きを恐れぬ者は、
我が前に歩み出よ!▼
…よし、決まったぁー! うんうん!
この口上も使っていこうっと!▼
[セレナ]
なにが『決まったぁ~!』よ。
格好悪いったら、ありゃしない…▼
[シンシア]
セレナ…あなた、
また文句を言いに来たの!?▼
[セレナ]
別に。ただ通りかかっただけよ。▼
まぁ同じ仲間には見られたくないって
思ったけどねぇ~。▼
[シンシア]
な、なにそれー!▼
じゃあこっちに
来なければいいじゃない!▼
あーあ、やんなっちゃう!▼
セレナは、文句を言う事しか
頭にないんだから!▼
[セレナ]
はいはい、すいませんでした。▼
でもあなたの言う通り、あたしって、
ひねくれてるからさ~。▼
こういう言い方しかできないのよ。
ごめんあそばせ~。おほほほほ~。▼
[シンシア]
このぉ~…もう許せない!
こうなったら決闘だよ!▼
[セレナ]
決闘ですって?
あたしと?▼
[シンシア]
そう! かけっこでも、剣術でも、
早食いでも、なんでもいいよ!▼
とにかく、勝負で負けた方が
今までの事を謝るのっ!!!▼
わかった!?▼
[セレナ]
ふん…なかなか面白そうじゃない?▼
[シンシア]
でも~、ひねくれ者で臆病者の
セレナさんなんかに~、▼
受ける勇気はあるのかな~?▼
[セレナ]
そこまで言われちゃ、あたしだって
逃げるわけにはいかないわ。▼
いいわ。口論だけじゃなく、
実力であなたを屈服させてあげる!▼
[シンシア]
ふーんだ!!
それはこっちの台詞だよ!!▼
…で、勝敗はなにで決めるの?▼
あたし、何でもいいよ!
なんでも勝つ自信あるもん!▼
[セレナ]
そうね…ひとつの種目だけじゃ
実力差はわからないはずよ。▼
だから今言った三つの種目、
全部やってやろうじゃないの!▼
[シンシア]
ぜ、全部…?▼
[セレナ]
そうよっ! なぁに?
尻込みでもしてるわけぇ~?▼
[シンシア]
だっ、誰がするもんか!▼
わ、わかったよ!
面白いじゃない!▼
全種目でコテンパンにしてやるんだから!
…セレナ、首を洗って待ってなさい!▼
[セレナ]
ふふんっ!
雑魚っぽい口上しちゃって!▼
あんたヒーローよりも悪者の口上の方が
似合ってるんじゃないの~!?▼
[シンシア]
な、な、なにお~~~ぅ!!!▼
[セレナ]
決め台詞なんて考えてないで、
降伏の負け惜しみをどうするか、▼
考えておくことね!
あははははっ!!▼

支援A

[シンシア]
…よく逃げずに来たね。
それだけは褒めてあげるよ。▼
[セレナ]
それはこっちのセリフよ。▼
[シンシア]
でもね…あたしが…そう、
正義が正しいって教えてあげる。▼
[セレナ]
ったく…相変わらずの
ヒーローバカなんだから…▼
[シンシア]
そう、あたしはヒーローを目指す者!
ヒーローは必ず勝つ!▼
そして悪は滅びる運命なんだ!▼
[セレナ]
言ってなさい。▼
まずはあんたのそのバカみたいに底なしの
体力を計ってあげるわ。▼
まずは持久力勝負よ!▼
[シンシア]
よしっ! …勝負!!▼
(暗転)
[シンシア]
はぁ、はぁ…!
ま、まさかあたしに付いてくるなんて…!▼
[セレナ]
はぁ…はぁ…。違うでしょ!?
あたしが先を走ってたのよ…!!▼
[シンシア]
なっ…なにおぅ~~!!
はぁ…はぁっ…!▼
[セレナ]
はぁ…はぁ…とは言っても…▼
口論してるといつもと変わらない
水掛け論になるだけかも…▼
だったら、てっとり早く
次の勝負、行くわよ!!▼
[シンシア]
よーしっ!! 次は剣術ね!
受けて…立つ!!▼
(暗転)
[セレナ]
あーんっ! もうっ! 痛ったーいっ!!
タンコブできたぁ~~!!▼
[シンシア]
痛てて…さすがに木造りの剣とはいえ、
これだけ当たると痛いよね…▼
[セレナ]
疲れるわ、痛いわで…もう身体が
言うことを聞かなくなってきたわ~!!▼
[シンシア]
そういう時は食べて回復するに限るよね!!
次、大食い勝負っ!!▼
行くよっ!!▼
(暗転)
[セレナ]
うぷっ…げぷっ…!▼
も、もうダメ…お腹いっぱいで
全然動け…なぁい!▼
[シンシア]
あ、あたし…も…!
もう…パンはしばらく見たく…ない!▼
[セレナ]
この勝負もおあいこなの…?▼
三度も戦ったのに、
まったく勝負がつかないなんて…▼
…ああ、疲れた。もう止めだわっ!!
今日はもう動きたくなーい!!▼
[シンシア]
実はあたしも~~。▼
もう、なんだか…いろいろと
どうでも良くなっちゃった…▼
[セレナ]
…ヒーローかぶれのただのバカかと
思ってたけど…▼
あんたもなかなかやるじゃないの。
その根性見直したわ…▼
[シンシア]
ありがとう…。セレナこそ、
ただのひねくれ者じゃなかったんだね…▼
その我を通す姿勢、
少し見習いたくなったよ。▼
[セレナ]
あんたとは…
意外に仲良くやれるかもね。▼
その…これからは友達ってことに
してあげてもいいわよ…▼
[シンシア]
素直じゃないなぁ、セレナは。
…でも、よく考えたら▼
あたしたちのお母さんって
親友同士だったみたいだし…▼
もしかしたらあたしたちも、
仲良くなる運命だったのかもねー。▼
[セレナ]
運命ねぇ…。今そんな難しい話されたら
眠くなっちゃうじゃない…▼
[シンシア]
あはは…実はあたしも
疲れてすっごく眠いんだよね…▼
ここでしばらく寝てさ、後で一緒に
お茶でも飲みに行こうよ、セレナ…▼
[セレナ]
ええ…いいわよ…
すーっ、すーっ…▼
[シンシア]
ムニャムニャ…。クーッ。▼

ジェローム

支援C

[シンシア]
あ、ジェローム!▼
[ジェローム]
………▼
[シンシア]
あぁ、待ってよ! 無視して
立ち去ろうとするなんて、感じ悪いよ!▼
[ジェローム]
…なんだ、用でもあるのか?▼
[シンシア]
用ってほどじゃないんだけどさ!
ジェローム、暇なんでしょ?▼
少しお話ししようよ!▼
[ジェローム]
暇ではないんだが…
なんだ? 何の話をするんだ?▼
[シンシア]
理想の英雄像についてとか、▼
ヒーローっぽくて
格好良い口上とか、いろいろだよ!▼
ジェロームなら、
迫力のある決め台詞が似合うよね!▼
うんうん、考えがいがありそう!▼
[ジェローム]
…止めておく。ついていけそうもない。▼
(ジェローム消える)
[シンシア]
ええっ!
ま、待ってよジェローム!▼
って、ああっ! もう行っちゃった…
あ、あたし…もしかして避けられてる?▼

支援B

[シンシア]
ジェローム~、ちょっといーい?▼
[ジェローム]
…何だ? 何か用でもあるのか?▼
[シンシア]
んー、前も言ったけどさ。
ジェロームとお話したくって!▼
[ジェローム]
私には話す事などないぞ。▼
[シンシア]
んも~、そっけないなあ!▼
子供の頃はあたしの話に
結構乗ってきてくれたのに!▼
[ジェローム]
子供の頃の話だ…今は違うだろう?▼
[シンシア]
そうだけどさあ!▼
あたしの立ち回りや口上がカッコいいって、
昔みたいに言って欲しいじゃない!?▼
[ジェローム]
私は…そんな事を言ったか? 子供の頃に?▼
[シンシア]
昔よく言ってくれたよ~!?▼
だからね、あたしはジェロームに
カッコいいって、認めてもらいたいの。▼
ジェロームの事、憧れてるから!▼
[ジェローム]
あ…憧れ!? 憧れだと?▼
[シンシア]
ん…?▼
ジェロームが孤高の英雄っぽくて、
カッコいいと思ってるって意味だよ?▼
[ジェローム]
そ、そ、そんなことはわかっている!▼
[シンシア]
ともかく、そういうわけだから
お話しようよ! 昔みたいにさ!▼
[ジェローム]
…それは…やはり無理だ。
私ももう子供じゃない…▼
(ジェローム退場)
[シンシア]
あっ、ジェローム…! また行っちゃった。
やっぱり…あたし嫌われてるのかな…?▼

支援A

[ジェローム]
この間はさすがに悪い事をしたか…▼
[シンシア]
なにが?▼
[ジェローム]
シ、シンシア! い、いつの間に…?▼
[シンシア]
さっきからずっといたよ。▼
ジェロームは考え事してて、
全然気づかなかったみたいだけどさ。▼
あたしが敵だったら、
一発でやられちゃってたね。▼
[ジェローム]
む…。それは心外だな。▼
[シンシア]
ジェロームは
孤高のヒーローなんだしさあ。▼
ちゃんと隙なく佇んでもらわないと、
困るんだよね~!▼
[ジェローム]
それはお前の勝手な設定だろうが!▼
[シンシア]
あははっ! まぁまぁ、いいじゃない!
憧れてあげてるんだからさっ!▼
[ジェローム]
なんだ、憧れてあげてるって…▼
[シンシア]
って…今日はそんな事を
言いに来たんじゃなかった!▼
ねぇ、ジェローム、
聞きたい事があるんだけど。▼
[ジェローム]
な、なんだ…?▼
[シンシア]
もしかして、あたしの事、嫌い?▼
[ジェローム]
…なぜそんな事を訊く?▼
[シンシア]
なんか、
避けられてるような気がしたから…▼
[ジェローム]
…確かに。正直お前は
私の得意な人間ではないな…▼
[シンシア]
うわぁー…。覚悟してたけど
改めて聞くとショックだよ…▼
[ジェローム]
いいから聞け。▼
お前は昔から明るくて、
まるで皆の太陽のようだったからな…▼
正直、私にはまぶしすぎるんだ…▼
[シンシア]
た、太陽…?▼
[ジェローム]
だが勘違いするな。
別に嫌いという意味ではない。▼
お前の明るさは、
時に皆を照らしてくれている。▼
その明るい光があったからこそ、
あの絶望の未来でも、▼
皆は希望を捨てずに
ここまで来れたと…そう考えている。▼
[シンシア]
そ、そうなんだ!▼
そう言われると照れちゃうけど…▼
少なくともジェロームに嫌われて
いないことはわかったよ!▼
[ジェローム]
そ、そうか…ならいい。
仲間を嫌うわけないからな。▼
[シンシア]
そっかそっかー! 良かった!
じゃあこれからもよろしくねー!▼
[ジェローム]
ああ。▼

支援S

[シンシア]
あー、えーと。あれ~?▼
[ジェローム]
シンシア、どうした?
…今は偵察中だぞ、集中しろ。▼
[シンシア]
あ、うん、ごめんね…
それはわかっているんだけどさ…▼
二人ともまだ子供の時に…▼
こうして二人で一緒に出かけて…
何かなかったっけ?▼
[ジェローム]
…な、何かとはなんだ?▼
[シンシア]
あたしがズババーンと決めてさ、
ジェロームがあたしのこと、▼
カッコいいって褒めてくれたことだよ!▼
…そゆことなかったっけ!?▼
[ジェローム]
お前は余計なことを覚えているんだな。
ああ、あったさ…残念ながらな。▼
[シンシア]
あっ! やっぱりあったんだ!
なんだったっけ、それ!?▼
[ジェローム]
仕方ない…あれはな、私がお前のことが
苦手な本当の理由でもある。▼
[シンシア]
え、えええっ!?
な、何よそれ! 教えてよ!!▼
あたしジェロームに嫌われたくないよ!▼
[ジェローム]
だから嫌いというわけじゃないと
言っているだろうに!▼
仕方がないな…高所恐怖症だ。▼
[シンシア]
えっ…高所恐怖症?▼
[ジェローム]
そうだ…子供の頃の私は、
お前に飛竜の乗り方を教えてもらったんだ。▼
[シンシア]
あーー!!! そうえばそうだった!!▼
ジェローム、高い所が怖くて、
ドラゴンに乗れなかったんだったよね!?▼
それで、あたしがペガサスに乗りながら
手助けをして、それを克服したんだ!▼
すっかり忘れてたよ!▼
[ジェローム]
いや、そのまま忘れていて欲しかったぞ。
シンシア…▼
[シンシア]
ん? でもなんでそれが苦手に繋がるの?
弱みを握られたとでも思ってたの?▼
[ジェローム]
違う! …そ、それはだな。▼
好きな女に情けない姿を見られたのが、
情けなかったんだ…▼
[シンシア]
え…えぇぇぇぇーっ!?▼
そ、そうなんだ…
じゃあ、両想いだったんだ…▼
[ジェローム]
な、なに…!?▼
[シンシア]
ジェロームのこと、
孤高のヒーローみたいで憧れてるってのは、▼
恥ずかしいから嘘ついたんだよ。▼
あたしだって、好きだったんだよ…▼
[ジェローム]
そ、そうなのか…? そ、そうか…
こんな事って…あるんだな。▼
[シンシア]
うん…すごく素敵だね…
ジェローム…▼
え、えへへっ! なんか照れるけど、
これからもよろしくね! ジェローム!▼
[ジェローム]
ああ…こちらこそ、よろしく頼む。▼

マーク(男)

支援C

[シンシア]
我が名は悪を滅ぼす戦士、シンシア!
命が惜しくなくば、かかって来なさい!▼
…よし、次の口上はこれで行こう!▼
[マーク]
シンシアさん、相変わらず元気ですね。
そばにいると僕まで力が湧いてきます!▼
[シンシア]
えへへっ! まぁね!
元気なのがあたしの取り得だからね。▼
こうやって声を出せば、
自然と力が湧いてくるんだ!▼
[マーク]
へぇ~! そうなんですね!▼
[シンシア]
うん。だからマークも元気が出ない時は、
大声で叫んでみるといいよ?▼
ためしに、今やってみれば?▼
[マーク]
そうですね…じゃあ試しに!
ええと…▼
我が名はマーク、世を平和に導く者!
悪しき者は絶対に許さない!!▼
[シンシア]
…どう?▼
[マーク]
うん、確かに、そんな気がします!
なんか力が湧き出る感じです!▼
これから気合いを入れる時なんかに、
ぜひ使わせてもらいますね!▼
[シンシア]
うんうん! あたしも同じ価値観を持つ
仲間が増えたみたいで嬉しいよ!▼
[マーク]
ふふっ! 僕とシンシアさんって、
けっこう気が合うのかもしれませんね!▼
[シンシア]
うんっ!▼
マーク、これからは二人で声を出し合って、
周りのみんなを元気にしていこうね!▼
[マーク]
はい、わかりました!▼

支援B

[シンシア]
う、うーん、うーん…▼
[マーク]
あれ? シンシアさん…?▼
[シンシア]
あたしって、もしかして…▼
[マーク]
どうしたんですか? シンシアさん。▼
[シンシア]
あっ! マ、マーク…▼
[マーク]
珍しく元気がなさそうに見えますが…▼
あ、もしかして、
なにか悩みがあるんですか!?▼
[シンシア]
えと…うんと…ちょっとね。▼
実は…最近あたし、みんなの視線が
とても冷たい気がして…▼
[マーク]
視線が…冷たい?▼
[シンシア]
うん…あたし、戦闘の前に
口上を言ったりするじゃない?▼
あれは、みんなを元気づけたり、
自分に気合を入れたりするために▼
いい事だと思ってやってきた
つもりだったんだけど…▼
[マーク]
はい…僕もそう思いますけど?▼
[シンシア]
で、でもね…何となくなんだけど、
あたしが叫んでる時に周囲の視線が▼
痛々しくて、なんかかわいそうなものでも
見るような目つきな気がしたの…▼
[マーク]
うーん。▼
思い過ごしなだけだと
思いますけどねぇ…▼
[シンシア]
あ~ん! あたし…みんなに
そう思われてたらって考えるだけで▼
ショックだよ…▼
これからまともに戦えないよぉ~!▼
[マーク]
ふむ…それでしたら、
僕にひとつ考えがありますよ!▼
[シンシア]
え…なになに!?▼
[マーク]
試しに時々、おしとやかに
なってみたらどうでしょう?▼
元気があるシンシアさんじゃなくって、
おとなしくてしおらしい感じにするんです!▼
それで皆がどんな反応をするのか、
見てみましょうよ!▼
[シンシア]
えっ、ええっ!?
そ、そんなことしてどうなるの?▼
[マーク]
みんなが元気な
シンシアさんに呆れてるなら、▼
静かになってくれて
ありがたいと思うはず!▼
逆にみんなが、元気なシンシアさんの方が
いいって思ってくれているなら、▼
きっと心配になって声をかけてくると
思うんですよ!▼
[シンシア]
でも…えーと…おしとやか?
つまり母さんみたいにすればいいのかな?▼
[マーク]
そうですね、
それがいいと思いますよ!▼
[シンシア]
うーん…よし、決めた!
あたし、おしとやかになってみるよ!▼
[マーク]
はい! それでちょっとみんなの様子を
見てみましょうか!▼
時々でいいからがんばってみて下さい!
シンシアさん!▼

支援A

[マーク]
やぁ、シンシアさん。▼
[シンシア]
マ、マーク…▼
[マーク]
どうですか、調子は?▼
おしとやかな女性を演じることが
板についてきましたか?▼
[シンシア]
え、ええ。
もちろんでございますわよ?▼
ご…ごきげんよう…▼
お、おひ、お日柄もよろしゅう…▼
[マーク]
ちょっとまだ、たどたどしいですね?▼
[シンシア]
そ、そんな事…ご、ござらん…
いえ、ございませんわよ?▼
極めて自然で…とても…
わたくしに馴染んでいます…ですわよ?▼
[マーク]
なんだか、敬語の使い方が
メチャクチャですよ!▼
う、うーん。提案した僕が
申し訳なくなってきちゃいました…▼
[シンシア]
…えっ!? そんなぁ!
結構あたしがんばったのに!!!▼
[マーク]
皆さんの反応はどうでしたか?▼
[シンシア]
それがね…
すぐに変だよって声をかけてくれたの!▼
[マーク]
えっ…!▼
[シンシア]
『シンシア、大丈夫?
何か辛いことがあるの? 悩んでるの?』▼
…って声をかけられまくっちゃった!▼
ねぇねぇ、マーク!▼
これってみんな元気なあたしの方が
いいって思ってくれてるってことだよね!▼
[マーク]
え、ええと…
そうです! きっとそうですよ!▼
やっぱりみんなシンシアさんには、▼
元気で前向き、明るくしていて欲しいって
ことだと思いますよ!▼
[シンシア]
そ、そっか~!!
やっぱりそうだったんだね!▼
うんうん、良かった、良かった!▼
安心したらなんかお腹が空いちゃった!
マーク! なんか食べに行こうよ!▼
[マーク]
そ、そうですね…
食べるともっと元気になりますしね。▼
[シンシア]
よーしっ! じゃあ行こう行こう!▼
(シンシア退場)
[マーク]
行ってしまいましたか…
シンシアさん…▼
恐らく皆さんが気になったのは、あなたが
大人しくなってしまったことではなく、▼
妙な敬語を使っていたことが
原因なんです~!▼
…って叫びたかったけど、
言えるわけないですよね…▼
これはシンシアさんの笑顔のためにも
僕の心の中だけに封じておきましょう!▼

支援S

[シンシア]
マーク!▼
[マーク]
あ…シンシアさん。▼
[シンシア]
マークさぁ…
あたしに何か隠してること、ない?▼
[マーク]
えっ…?
い、いや、ないですけど?▼
[シンシア]
嘘でしょ!
どうして嘘をつくの!?▼
[マーク]
えと…ぼ、僕には何の事やら
さっぱりなんですが…▼
[シンシア]
あたしがおしとやかにしていた時に
みんなに心配された原因についてだよ!▼
[マーク]
あっ…!▼
[シンシア]
ほら、やっぱり!
その顔は気づいてる証拠だよ!▼
マークは知ってて嘘をついたんだね!!▼
[マーク]
す…すみません、シンシアさん。
でも、あなたはどうやって知ったのですか?▼
[シンシア]
心配してくれた人に、
もう大丈夫だよって伝えたらさっ!▼
『急に変な言葉遣いになったから、
ついにおかしくなったかと思って心配した』▼
って言われたんだよ!▼
酷いよ、マーク!
あたし、また恥をかいちゃったじゃない!▼
[マーク]
嘘をついたことは…
ほ、本当にすみませんでした。▼
[シンシア]
でも、どうして…?▼
[マーク]
それは…僕…
あなたの笑顔を取り戻したかったんです。▼
シンシアさんには勘違いをさせたままに
なっちゃうとは気づいていながらも…▼
でも、それでもあなたにまた
屈託なく笑って欲しくて…▼
いつものように元気で
いて欲しいって思ったんです…!▼
[シンシア]
マ、マーク…▼
[マーク]
だって僕は元気なあなたが
大好きですから…!▼
[シンシア]
ええっ…!?▼
[マーク]
あなたがたどたどしい敬語で
苦労しているのを見て、▼
やっぱり僕は元気なあなたが好きだと
再認識しました…▼
でも僕は能天気で
ちょっと考えが足りないから…▼
嘘でシンシアさんが戻ってくるなら
それでもいいって…▼
思ってしまったんです。▼
本当に…ごめんなさい。▼
[シンシア]
…マ、マーク。
うん、許すよ。▼
[マーク]
えっ?▼
[シンシア]
あたし、あなたを許してあげるよ。▼
だって…今、告白してもらえて、
そんなに想っていてくれる人がいて、▼
あたし今、すっごく嬉しいもん…▼
[マーク]
シ、シンシアさん…▼
[シンシア]
色々と恥をかいちゃったけど…
代わりに大切なものを手に入れられたしね。▼
[マーク]
えっ…それって…!▼
[シンシア]
うん、マーク。それはあなただよ。▼
あたし…ちょっと元気過ぎてうるさいのが
玉にキズだけど、見限らないでよね!▼
[マーク]
あ、当たり前ですよ!▼
むしろ僕がもっとうるさいこと言って、
倍返しをしてやりますよ!▼
[シンシア]
あははっ!!
じゃあ二人で勝負だね!▼
[マーク]
ええっ!
負けませんよ! シンシアさん!▼

シャンブレー

支援C

[シンシア]
シャンブレー! 元気にしてる~?
…って暗い顔っ! どうしたの!?▼
[シャンブレー]
あぁ、シンシアか…
お前もどうせ俺の事を責めるんだろ…?▼
[シンシア]
えっ…どういう意味?
責めるって…なにを責めるの?▼
シャンブレー、なにか悪いことしたの?▼
[シャンブレー]
…ほら、この前の戦闘でも
逃げ腰だったことだよ。▼
そのことで、みんなからも散々
責められたからさ…▼
お前も同じことを言うのかと思ったんだ。▼
[シンシア]
なーんだ、そんなこと?▼
[シャンブレー]
…えっ?▼
[シンシア]
大丈夫だって! あたしは
そんなことで人を責めたりしないから!▼
だってあたしはヒーロー目指してるからね!▼
弱き者を助け、悪しき者をくじく!
それがヒーローの鉄則でしょう?▼
だからさ、元気を出して!!
シャンブレー、ファイト~!!▼
[シャンブレー]
そ、そうか…▼
そう言ってくれる人は今までいなかったから
なんだか変な気分だけど、▼
ちょっとは救われた気分だ…▼
[シンシア]
そうなの? 良かったね?
まぁ…その、元気出しなさいよ。▼
ちゃんとヒーローが、
弱き者を守ってあげるからさ?▼
[シャンブレー]
…お、おう、すまないな。▼

支援B

[シャンブレー]
はぁ…、やっぱり身体が震えるぜ…
戦争ってやつはなんでこれだけ怖いんだ!▼
[シンシア]
シャンブレー、はっけーん!
って…また辛気臭い顔してるね?▼
どうしたの!?▼
[シャンブレー]
やっぱり俺…
敵を前にすると足がすくんじゃって。▼
はははっ…情けないよな。▼
一族の最後の一人とか言ってるけど、
結局自分に自信がないだけなのさ…▼
[シンシア]
う~ん。気持ちはわかるけど…▼
それはそういう事情なんだし、
仕方ないんじゃないの?▼
[シャンブレー]
俺、申し訳ないんだよ…▼
みんなも必死に戦ってるのに、
俺だけ逃げ腰でさ…▼
[シンシア]
だったら、みんなのために
頑張ろうって思えばいいんじゃない?▼
[シャンブレー]
それが簡単にできれば苦労はしないだろう?▼
[シンシア]
あっ! そーだっ! 大丈夫!
出来るようになる方法があるよ!▼
[シャンブレー]
えっ…!? な、なんだそれ!?▼
[シンシア]
シャンブレーも
ヒーローになればいいんだよ!▼
[シャンブレー]
え? ヒ…ヒーロー!?▼
[シンシア]
そう! あたしヒーロー目指してるから、
だからシャンブレーもそうすればいいんだよ!▼
[シャンブレー]
…とは言ってもなぁ。▼
[シンシア]
ヒーローって言っても
難しいことはないんだよ?▼
悪い奴を許さない、
そして困っているみんなを助ける。▼
そういう気持ちがあれば、
誰でもヒーローになれるんだから!▼
[シャンブレー]
いや…ヒーローなんて
そんなに簡単になれるもんじゃないだろ?▼
幾多の戦線をくぐりぬけて活躍してこそ、
多くの人々に賛美される存在じゃないか。▼
[シンシア]
そうかなぁ…?
なりたいって思えばきっとなれるよ。▼
だってあたしは小さいころから
そう思ってただけだしね!▼
[シャンブレー]
…それはつまり、心意気次第ってことか?▼
[シンシア]
そうそう! 自分がヒーローだと思えば、
そのうちそういう気持ちになってくるよ!▼
[シャンブレー]
なるほどな…▼
確かに前向きになろうという気持ちは
大事だな…▼
少なくとも今よりはマシになる気もする…▼
[シンシア]
そうそう! その意気だよ、シャンブレー!
よし、じゃあこれからはダブルヒーローだね!▼
よろしく頼んだよ!▼
[シャンブレー]
お、おう! 任せとけ! 多分…な。▼

支援A

[シャンブレー]
あ、シンシア!▼
[シンシア]
ん? シャンブレー? 何か用?▼
[シャンブレー]
いや、用って程じゃないんだけどよ。
お前に礼を言いたくてな。▼
[シンシア]
礼…? あたし、なんかしたっけ?▼
[シャンブレー]
ヒーローの話だよ。▼
[シンシア]
シャンブレーはあたしと一緒に
ヒーロー目指してるもんね!▼
…で、その話がお礼とどう関係あるの?▼
[シャンブレー]
お、おう…それなんだが。▼
いきなり戦闘時に大立ち振舞いするのも、
どうかと思ってな…▼
まずは小さなことから始めようと思ったんだ。▼
[シンシア]
小さなこと?▼
[シャンブレー]
この前、街でいじめられてる子供を見つけてな。▼
それを止めて、いじめっ子達を説得して
みせたらさ…。その子供たちから、▼
なぜか賛辞の言葉を受けたんだよ。▼
[シンシア]
えっ…? いじめっ子達からも?▼
[シャンブレー]
あ、ああ。兄貴カッコいいって
言われちまってさ…▼
…なんていうか。▼
ああいう風に憧れられるのは、
正直悪くないなって思った…▼
[シンシア]
あはははっ! もうその子達にとって
シャンブレーはヒーローって事だね!▼
[シャンブレー]
…ああ。ああいう所からヒーローは
始まるのかもしれないって思ったぜ。▼
俺はまだみんなに迷惑かけてるだけかも
しれないけど…▼
それでももっとみんなを
守れるようになりたいって思ったんだ…▼
そしてあの子供達にももっと、
慕ってもらえるようになりたい!▼
[シンシア]
うんうん! シャンブレー、その調子だよ!▼
みんなの笑顔を守り続けることこそ、
ヒーローの務めだからね。▼
[シャンブレー]
…ああ! そうだな。俺、頑張るよ!▼
[シンシア]
うん! その意気!
あたしも負けてられないよ~!▼

支援S

[シンシア]
よ! うさ耳ヒーロー!!!▼
[シャンブレー]
シンシア? …な、なんだよ!
そのうさ耳ヒーローって…!?▼
[シンシア]
あれ? 知らないの? 今シャンブレーって、
そうやって呼ばれているんだよ?▼
[シャンブレー]
えっ…どこで?▼
[シンシア]
少なくともこの間立ち寄った町で、
子供たちにそう呼ばれていたよ!▼
最初誰かと思ったけど、よくよく考えると
うさ耳ヒーローって言えば、▼
シャンブレーくらいなもんだもんね!▼
[シャンブレー]
そ…そうなのか!? 全然知らなかった。▼
[シンシア]
先輩ヒーローのあたしとしても、鼻が高いよ。▼
うんうん! …でも、▼
なんか最近シャンブレーの方が
ヒーローとして注目されてるような気がする!▼
[シャンブレー]
いやいや、そんなことないだろ。▼
[シンシア]
…でもあたしはそんなあだ名ないもん!▼
うさ耳ヒーローさんは
みんなの味方ってもっぱらの噂だよ!▼
[シャンブレー]
…みんなの味方…か。
わ…我はタグエル最後の生き残り!▼
うさ耳のシャンブレー!
恐れぬ者はかかってこい!▼
…とか、そんな感じか!?▼
[シンシア]
おおおぉ! ヒーローっぽい!
カッコいいよ! シャンブレー!▼
ああ~もう! ズルイ!
あたしも早くそういう風に言いたい!▼
[シャンブレー]
お前みたいに口上してみるのも
なかなかに清々しいもんだな…▼
…俺は、子供達が安心して暮らせる
世界を作っていきたい!▼
[シンシア]
うんうん!▼
[シャンブレー]
…そして俺は…シンシアを守れる
ヒーローでありたい!▼
ずっと隣で、お前のために…▼
[シンシア]
………▼
[シャンブレー]
…ダ、ダメか!?▼
[シンシア]
う、ううん…かっこいい…!
シャンブレー、すごくかっこいいよ!▼
[シャンブレー]
そうか? じゃあ俺、
シンシアのヒーローでいてもいいのか?▼
[シンシア]
もちろん!!!▼
[シャンブレー]
や…やったぜーーー!!▼
[シンシア]
シャンブレーはあたしのヒーロー!
そしてあたしはシャンブレーのヒーロー!▼
そして二人はみんなのヒーローだからね!▼
[シャンブレー]
あ…あれ?
ちょっと…意味通じてるか?▼
[シンシア]
よ~し、あたしも負けないぞ~!!
我はシンシア~!!▼
[シャンブレー]
…あっははは。
ま…まぁ、いいか。▼
そういうすっとぼけた所も
シンシアの魅力の一つだしな…▼
よしっ!
これからもヒーロー目指して頑張るぜ!▼

ロラン

支援C

[ロラン]
シンシア…▼
[シンシア]
あれ、どうしたの、ロラン?
いつになく厳しい顔しちゃってさ!▼
[ロラン]
先ほどの訓練のことで
お話があるのですが…▼
[シンシア]
あっ! あたし訓練でもちゃんと
活躍していたでしょ!?▼
[ロラン]
…いえ、先ほどの行軍前進の時、
あなただけ前に出すぎていましたよ?▼
[シンシア]
…えっ? そうかな~。▼
[ロラン]
ちゃんと歩調を合わせてください。
でないと他の皆さんにも迷惑です。▼
[シンシア]
大丈夫、大丈夫。
あれぐらい平気だってば。▼
[ロラン]
しかも一人だけ前に出てしまうと、
的になってしまう危険があるんですよ?▼
[シンシア]
もう、ロランは心配性だな~。
平気だってば! あたしは強いんだから!▼
[ロラン]
自信があるのは結構ですが、
過信は禁物だと言っているんです。▼
[シンシア]
はいはい、わかりましたって。
これからは気をつけるから! じゃあね!▼
(シンシア退場)
[ロラン]
あ、話はまだ終わってませんよ!
待ってください! シンシア~!▼

支援B

[シンシア]
…さて、
今日の訓練も終わり、っと!▼
…そういえばこの間の訓練の後から、
ずっとロランにお説教されてるなぁ。▼
まったく…
ロランには参っちゃうよね~。▼
(ロラン登場)
[ロラン]
あ、シンシア、見つけましたよ。▼
[シンシア]
ロ、ロラン?▼
[ロラン]
今日こそは
話を聞いてもらいますからね。▼
[シンシア]
あらら、案の定…▼
[ロラン]
な、なんですか、案の定って…▼
[シンシア]
だってまた同じこと言うつもりなんでしょ?
もう耳にタコができちゃうよ。▼
[ロラン]
僕が同じ事を繰り返すのは、
シンシアが話を聞いてくれないからですよ。▼
いいですか、シンシア?▼
戦いには慎重さと調和が必要なんです。▼
互いにフォローし合いながら
皆の心と力を一つにしてこそ、▼
初めて勝利する事ができるんですよ?▼
それなのにシンシアと来たら、
自分ばかり目立とうとして…▼
[シンシア]
そんなに勝手なことしてるかなぁ?▼
あたし、ただヒーローとして
ふさわしい行動をしてるだけなのに。▼
[ロラン]
じゃあもうヒーローとしての
行動なんて止めて下さい。▼
そんなものは協調性を乱すだけで、
戦時において何の役にも立ちません。▼
[シンシア]
…ひ、酷いよ、ロランッ!
あたしが皆の役に立っていないってこと?▼
[ロラン]
そ、そんな事は言ってません。▼
[シンシア]
言ってるじゃない、さっきから!▼
[ロラン]
自分が役に立っていないと捉えられても、
僕の言っている事が▼
酷いと思ってもらっても
…それでも構いません。▼
[シンシア]
ロラン?▼
[ロラン]
それでも君には改善してもらわないと
困ると、僕は言ってるんです!▼
[シンシア]
…もういいよ!▼
あたしの方が戦いに貢献できてるはずなのに、
なんで怒られなきゃいけないの!?▼
[ロラン]
そ、それはシンシアの身を心配して…▼
[シンシア]
それが余計なことなの!
もう、あたしの事はほっといて!!▼
(シンシア退場)
[ロラン]
あ、シンシア…待って…▼
もう…だったら
僕だって知りませんからね!▼

支援A

[シンシア]
………▼
はぁ…さすがにこの間は…
ロランにひどいことを言っちゃったかな…▼
…っといけない! 今は訓練中なんだっけ。
気持ちを切り替えて集中しなくちゃ!▼
(ロラン登場)
[ロラン]
あっ…シンシア!!!▼
[シンシア]
えっ?▼
[ロラン]
危ない…!!!!▼
[シンシア]
えっ…き、きゃああぁ!▼
(倒れる音)
[シンシア]
…あれ?▼
あたし…転んだはずなのに、
痛くない…?▼
[ロラン]
痛たたた…▼
[シンシア]
ロ、ロラン!
あなたが受け止めてくれたの!?▼
[ロラン]
は、はい…▼
シンシアがよそ見をしているうちに
隊列が動き始めたので…▼
[シンシア]
ろ、ロラン…大丈夫?
腰を打ったんじゃない!?▼
[ロラン]
だいじょう…ぶ…痛てて。
いや、ちょっとダメかも…▼
[シンシア]
無理しちゃだめだよ! ちょっと待ってて。
今、医療班の所に連れてってあげるから!▼
(暗転)
[シンシア]
…どう? ロラン。▼
[ロラン]
あ、はい。まだちょっと痛いですけど、
問題ありません。▼
治癒の魔法もかけてもらいましたし、
すぐに治ると思いますよ。▼
[シンシア]
良かった…▼
で、でも…ごめんね。
あたしがボーッとしていたせいで…▼
[ロラン]
いえ…
あなたが無事でいてくれて良かった。▼
[シンシア]
ロラン…ごめんね。▼
あたし、ヒーロー目指してるとか、
カッコつけた事ばかり言って…▼
ロランの話に聞く耳を持たずに、
結局こうやって迷惑をかけちゃってる…▼
[ロラン]
…いえ、すみません。あの時は僕も
あなたのやり方を知っていながら、▼
頭ごなしに否定するような言い方を
してしまいました…申し訳ありません。▼
[シンシア]
ロラン…▼
[ロラン]
でもどうしても僕の話を聞いて
欲しかったんです…▼
あなたは強いし、みんなを先導する
勇気がある人です…▼
でもそればかりでは…
いつか失敗することもあるかもしれない。▼
だからあんな言い方をしてしまいました。▼
[シンシア]
あたしも、これからはロランの言うこと、
もっとちゃんと聞くようにするね…▼
[ロラン]
はい…そう言ってくれるだけでも、
僕は怪我した価値があったというものです。▼
[シンシア]
んもうっ! 意地悪言わないでよ!▼
[ロラン]
ふふっ…すみません、シンシア。▼

支援S

[シンシア]
はぁ…▼
[ロラン]
どうしたんですか、シンシア?
いつもの元気がありませんね。▼
今日は食事も残していたみたいですし…
体調でも悪いんですか?▼
[シンシア]
あっ、ロラン…!
あなたこそ、ケガの方はもういいの?▼
[ロラン]
はい。少し痛みが残ってるぐらいで、
日常や戦時には全く影響はありませんよ。▼
[シンシア]
…あの時は本当にごめんね。▼
[ロラン]
もう気にしないでも大丈夫ですよ。▼
だってあれ以降、ちゃんと僕の助言にも
耳を貸してくれるようになりましたから。▼
[シンシア]
でも…あなたに
ケガをさせたのは事実だし。▼
[ロラン]
それに…
僕はむしろ嬉しかったんです。▼
[シンシア]
えっ…?▼
[ロラン]
…訓練中とはいえ、
好きな人を守ることができて。▼
[シンシア]
ええっ!!?▼
[ロラン]
好きな人に怪我をさせてしまったら、
それこそ、僕の方が立ち直れませんからね。▼
[シンシア]
…ロラン、それって、えっ…!?▼
[ロラン]
…やっぱり気づいてくれて
なかったんですね?▼
僕が厳しく、そして口うるさく
言っていたのは、▼
あなたが大事だったから…
なんですよ。▼
[シンシア]
そ、そうだったんだ…▼
それなのにあたし、
ひどい事ばかり言って…▼
[ロラン]
いいんですよ。これまでの事は気にしません。▼
ただ、代わりにと言っては何ですが、
これからの事で…▼
ひとつお願いしてもいいですか?▼
[シンシア]
な…なに?▼
[ロラン]
良ければ…これからは恋人として
僕の話を聞いて欲しいんです。▼
[シンシア]
そ…そっか。
それじゃあ仕方ないね。▼
せっかくロランの話を聞くようになって、
あたしも自分の改善点が見えてきたんだから、▼
ここで止めるわけにはいかないもんね!▼
[ロラン]
えっ…じゃあ。▼
[シンシア]
うん、あたしもロランのこと好きだし…ね。
いいよ。お付き合いしてあげても。▼
[ロラン]
そ、そうですか!
あ…ありがとうございます!▼
[シンシア]
だからこれからもあたしのこと、
見守っていてね。▼
[ロラン]
もちろんです。
シンシアのこと…ずっと見守り続けますよ。▼

ンン

支援C

[シンシア]
あ、ンン、いたいた!▼
[ンン]
シンシア、どうしたですか?▼
[シンシア]
お願いがあるんだけど、いいかな~!▼
[ンン]
…なんですか?▼
[シンシア]
ちょっと竜に変身してみてくれない?▼
[ンン]
えっ…?いきなりなんですか?
なぜ竜になる必要があるですか?▼
[シンシア]
えへへ~、それはね…▼
あたしが竜の上で
ポーズを決めたいから!▼
[ンン]
えっ…▼
[シンシア]
竜の頭上に颯爽と立ち、
勇壮に勝利を宣言する騎士…▼
きっと、カッコいいよね!!▼
[ンン]
………▼
確かに騎士の方は
カッコいいかもしれません。▼
でもそれだと
下の竜がとても惨めなのです。▼
引き立て役では
なんだか面白くないです!▼
[シンシア]
そ、そんなことないって~!▼
騎士と竜が並び立てば
二人とも主役ってことだよ!!▼
きっと楽しいよ!?▼
[ンン]
私には、竜のほうがお供の魔物みたいに
見えるイメージしか浮かびません。▼
[シンシア]
そうかな~?二人ともおなじくらい
カッコいい気がするんだけど…▼
ねぇ~変身してよ~。
頭の上に乗せてよ~。▼
[ンン]
イヤです。
竜石はとても貴重なものなんです。▼
そんな事のために変身だなんて
とんでもないです!▼
[シンシア]
も~、ンンのけちんぼっ!
頭でっかちっ~!!▼
理屈ばっかり言って、子供なんだから!▼
[ンン]
…子供なのは
シンシアのほうだと思います。▼
[シンシア]
でもいいよ!あたし、諦めないから!
また頼みに来るからね、ンン!▼
(シンシア退場)
[ンン]
先が思いやられるです…▼

支援B

[シンシア]
ンン~、また来たよ!▼
[ンン]
…シンシア。▼
[シンシア]
ねぇねぇ、
今日こそは変身してよ!▼
[ンン]
しつこいですね…▼
[シンシア]
でもあれから考え直したんだ!
確かにあたしが竜の頭に乗ってしまったら…▼
ンンはお供の魔物に
見えなくもない。▼
[ンン]
そういう風にしか見えないと
最初から言っているのです。▼
[シンシア]
…そこであたしは考えたのよ!
ンンにちゃんとした役を与えれば、▼
お供に見えないし、
ちゃんと目立てるって!▼
[ンン]
役…ですか?
いったいどんな役柄なんですか?▼
[シンシア]
ふっふっふ~! 聞きたい~?
ねぇねぇ~聞きたい~?▼
[ンン]
べつに興味を持ったわけでは
ないのですよ?▼
むしろシンシアの
考えを不安がっているのです。▼
あなたの本心は…
匂いで感じるまでもないのです。▼
[シンシア]
んも~!
信用ないなぁ~。▼
でも、いいよ。
教えてあげる~!▼
ンン、あなたはヒーロー・シンシアの
ライバルとなる竜なのだ!▼
[ンン]
ラ、ライバル…?▼
[シンシア]
そうっ! あなたはこのシンシアと
何十回、何百回と、▼
幾度の戦いの火花を散らせてきた、
暗黒の竜王ンン!▼
[ンン]
えっ…あ、暗黒?▼
[シンシア]
あたしは人々のためにと、
何度も竜王に戦いを挑んできたけれど、▼
あと一歩という所で
いつも逃げられてしまう…!▼
[ンン]
私は逃げないのです。▼
[シンシア]
だがついに運命の火ぶたが
切って落とされたわ!▼
数千年に渡る永き戦いに
終止符を打つ時が来たの!!▼
最終決戦よっ!!!▼
[ンン]
私はまだそんなに
長生きしていないのです。▼
[シンシア]
そしてすさまじい戦いが繰り広げられ、
最後はついに…▼
ヒーロー・シンシアは
ンンを打ち滅ぼしたの!▼
[ンン]
………▼
[シンシア]
シンシアは
息絶えた竜王の頭上を踏みしめ、▼
勝利の呼び声を
声高らかに叫ぶのだった!▼
…ってのは、どう!?▼
[ンン]
お供の時よりも悪くなってるですっ!!▼
[シンシア]
…えっ!?
そ、そうかなぁ~~?▼
[ンン]
まったくもうっ!! シンシアには
付き合ってられないのです!▼
(ンン退場)
[シンシア]
えええっ!? ああんっ! もう、ンン!
待ってよぉ~~!!▼

支援A

[ンン]
まったくもう、
シンシアと来たら、▼
あれからもずっと竜になれ、竜になれと
うるさいのです…!▼
しかもお供の魔物やら、
暗黒の竜王やら、心外なのです!▼
失礼なのです…!▼
(シンシア登場)
[シンシア]
やっほ~~! ンン~~!
またまたシンシアちゃんが来たよ~!▼
[ンン]
…シンシア、
あなた性懲りもなく~!▼
[シンシア]
いいじゃん、いいじゃん~!▼
今日こそ竜に変身して、
あたしを頭に上らせてよ~!▼
[ンン]
あなたという人は…
のれんに腕押しとはこのことなのです。▼
[シンシア]
大丈夫だって~!
ちょっとだけでいいから!▼
ね?
上ったらすぐ止めるからさぁ?▼
[ンン]
…!▼
シンシア、あなた匂いが!▼
[シンシア]
ん? 匂い? そういえばこの前も
匂いがどうとか言ってたよね?▼
あたし、
ちゃんと身体は綺麗にしてるよ?▼
[ンン]
そ…そうではないのです。▼
私は相手の匂いで
その人の感情がわかるです。▼
[シンシア]
えっ…そうなの、すごいね?
で、あたしの感情がどうかしたの?▼
[ンン]
シンシアの感情は…▼
私と…お友達になりたいって
言ってます…▼
[シンシア]
うん! そうだよ!!
でも、それがどうかしたの?▼
[ンン]
シンシア…あなたがこの前から
私に付きまとっていたのは、▼
…それが理由だったのですか?▼
[シンシア]
あ、うん。そうだよ。▼
というかそれ以外にあるかな?▼
ンンはあたしと違って
真面目な子だし、▼
竜に変身してもらって遊びながら
仲良くなろうと思ったんだけど。▼
[ンン]
そ、そうだったですか…▼
わ、私、申し訳ないのです…
シンシアが私を竜に変身させて、▼
自分だけ楽しもうとしている
とばかり考えていました…▼
[シンシア]
えっ…? ま、まぁ楽しもうと
していたのは確かにそうだけど、▼
それでンンにも楽しくなってもらって、
仲良くなりたかったのは事実だよ?▼
[ンン]
そ、そうでしたか…▼
[シンシア]
じゃあンン、
あたしと友達になってもらえる?▼
[ンン]
も、もちろんです!
シンシア、よろしくなのです!▼
[シンシア]
じゃあ竜に変身して!
頭の上に乗っけてよ~!▼
[ンン]
んもうっ!
それとこれとは話が別なのですっ!▼

コメント(情報投稿・誤字脱字の報告)



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-16 (土) 21:39:44