ガイアの支援会話

マイユニット(男性・僕)

マイユニット(男性・僕)のページへ

マイユニット(男性・俺)

マイユニット(男性・俺)のページへ

マイユニット(女性・私)

マイユニット(女性・私)のページへ

マイユニット(女性・あたし)

マイユニット(女性・あたし)のページへ

クロム

クロムのページへ

リズ

リズのページへ

ソワレ

ソワレのページへ

ミリエル

ミリエルのページへ

スミア

スミアのページへ

マリアベル

マリアベルのページへ

ベルベット

ベルベットのページへ

ティアモ

支援C

[ティアモ]
ガイアさん。
その服、昨日も着てませんでしたか?▼
[ガイア]
はぁ? なんだよお前。▼
[ティアモ]
あたしの気のせいでないなら、
一昨日も着てましたよね?▼
[ガイア]
ま、これは俺のお気に入りだからな。▼
…お前、ずいぶんよく見てるな。
ひょっとして俺のこと…▼
[ティアモ]
なに言ってるんですか!
すぐ着替えてきてください。▼
しわだらけになってるし、
蜂蜜こぼした跡も目立ってますよ?▼
[ガイア]
そうかな?▼
[ティアモ]
髪もぼさぼさだし、
いっつも砂糖菓子をくわえたままだし…▼
もう少し
身だしなみに気を遣ってください。▼
[ガイア]
この程度、大したことないだろう。▼
戦場での働きに障るかもしれんから
最低限の衛生面には気を遣って…▼
[ティアモ]
そんなことは当たり前のことです!▼
[ガイア]
…ちっ、わかったよ。
着替えてくればいいんだな。▼
[ティアモ]
髪も整えてきて下さいね。▼
そうそう、脱いだ服はきちんと
洗濯しなくちゃ駄目ですよ?▼
[ガイア]
…………▼
[ティアモ]
洗濯したあとは
きちんと服のしわを…▼

(ガイア消える)

[ティアモ]
あ、ちょっと!
逃げないでくださーい!▼

支援B

[ティアモ]
ガイアさん、その服!
昨日から着替えてませんね?▼
[ガイア]
一日くらい、いいだろう?▼
[ティアモ]
髪も今日は
整えていませんね?▼
[ガイア]
・・・水浴びはちゃんとしてるぞ。
服や髪はそんなに問題じゃないだろう・・・▼
[ティアモ]
問題です。▼
[ガイア]
・・・・・・・・・・・・▼
[ティアモ]
あぁ、今日は逃げられませんよ?
ペガサスを待機させてますから。▼
どこに隠れても絶対に
見つけますからね。▼
[ガイア]
・・・手回しのいいお嬢さんだな。▼
[ティアモ]
散髪用具も用意してますよ。
あたしが髪を整えてあげます。▼
[ガイア]
それはそれは・・・
そこまでされちゃ仕方ないな。▼
だが、どうして俺に
そこまで世話を焼く?▼
[ティアモ]
ガイアさんもクロム様の
立派なお仲間のひとりですから。▼
[ガイア]
仲間か・・・か。
悪くないひびきだな。▼
わかったよ。俺の服装で
クロムの評判を落としちゃ悪いからな。▼
散髪、よろしく頼むよ。▼
[ティアモ]
ふふ、任せてください。▼
あ、そうそう、洗濯物には
この汚れ落としを使って下さい。▼
いっぱい溜め込んでますよね?
それも把握済みですから。▼
[ガイア]
はいはい、分かったよ。▼
[ティアモ]
・・・本当ですか?▼
[ガイア]
俺に二言はないよ。少しは信用しろ。
仲間なんだろ?俺たち。▼
[ティアモ]
そりゃまあ、そうですけど・・・
本当に大丈夫かなあ。▼

支援A

[ティアモ]
ガイアさん、また
くたびれた感じになってますよ。▼
[ガイア]
うん?
そうか?▼
今朝はちゃんと着替えてるし、
髪も整えてるぜ。▼
[ティアモ]
確かに…そうみたいですね。▼
[ガイア]
これで駄目なら
元に問題があるってことじゃないか?▼
それならいくら努力したところで…▼
[ティアモ]
そんなことないですよ。
毎日見てたからわかります。▼
真面目な顔のときのガイアさんは
しっかりした大人に見えますよ。▼
[ガイア]
そうか。
ま、褒められたと思っておく。▼
今日は色々言ってくれるティアモに
恩返しをしようと思ってるんだが…▼
[ティアモ]
恩返し? あたしにですか?▼
[ガイア]
ああ。これをやるよ。
化粧品一式買ってきたんだ。▼
[ティアモ]
…そういえば最近、あんまり
お手入れしてなかったかも…▼
[ガイア]
お前、まわりを気にしすぎて
自分がおろそかになってるんじゃないか?▼
お前のことも、誰かが
気にかけてやらないとな。▼
[ティアモ]
ガイアさん…▼
[ガイア]
でないと、もったいない。
なにせ、ここじゃ一、二を争う美人だからな。▼
[ティアモ]
ええっ!
そそ、そんなこと…▼
[ガイア]
ま、たまには
自分もみがいてみることだな。▼

支援S

[ガイア]
ティアモ。ちょっといいか?▼
[ティアモ]
えぇ。なんですか?▼
[ガイア]
ほう…薄くだが
化粧をしているんだな。▼
[ティアモ]
あ、気づきました?▼
[ガイア]
まあな。
いつにもまして美人に見える。▼
[ティアモ]
ふふっ、ありがとうございます。
ガイアさんの助言のおかげですよ。▼
自分自身のことも、少しは
気にかけてあげないといけませんね。▼
[ガイア]
そうか、それはなによりだ。▼
ところで、
今日は散髪を頼みたくてな。▼
[ティアモ]
散髪? まだ早くないですか?▼
[ガイア]
そうでもないんじゃないか?
ほら、近くで見てみろよ。▼
[ティアモ]
うーん…
やっぱりまだ早いんじゃ…あっ。▼
[ガイア]
…………▼
[ティアモ]
ど…どうして手を握るんですか…?▼
[ガイア]
…うん。見立て通りだな。
ぴったりの大きさだ。▼
[ティアモ]
指輪…
これもガイアさんの手作り?▼
[ガイア]
ああ。ティアモの薬指の大きさに
合わせて作った。▼
これからも…
俺の面倒、見てもらえないか?▼
[ティアモ]
……▼
[ガイア]
お前が、クロムに想いを
よせていたのは知っているさ。▼
だが、それでもあえて
言わずにはいれなかった。▼
頼む。
俺と一緒になってくれ。▼
[ティアモ]
ガイアさん…ずるいです。
こんな指輪、いきなりはめてきて…▼
綺麗すぎて
外せないじゃないですか…▼
たぶん一生外せません。▼
[ガイア]
…じゃあ、ティアモ…▼
[ティアモ]
仕方ないから面倒見てあげます。
これからも、ずっと…▼
[ガイア]
そうか…うれしいぜ。
絶対に後悔なんかさせないからな。▼

ノノ

支援C

[ノノ]
ねーねー、ガイア!
ガイアは誰に投票したの?▼
[ガイア]
はぁ!? …投票?▼
[ノノ]
さっきね、みんなが集まって
投票をしてたの。▼
この中で一番の美女は誰か、
決めるんだって!▼
[ガイア]
へぇー投票してた奴らって、
どうせ全員男だったろ。▼
男が集まったら、どういうわけか
ガキみたいな話をするもんだ。▼
[ノノ]
ガイアはどの女の人が一番好き?▼
[ガイア]
俺はそんなのに興味ない。
投票して、順位をつけて何になる。▼
そんな暇があるなら
一人で菓子でも食ってた方がマシだ。▼
[ノノ]
ふーん…でも、好きな女の人の
タイプぐらいはあるでしょー?▼
ねー、ガイアは年上が好き?
年下が好きー?▼
[ガイア]
なんだよしつこいな…
じゃあ年上でいいよ、年上で。▼
[ノノ]
じゃあノノはガイアのタイプだね!▼
[ガイア]
はぁあ? って、そうか…そうだな。
お前、千年以上生きてるんだっけ。▼
でも、お前はどうしても
年上の女って感じがしないからなぁ…▼
[ノノ]
ノノはほんとに千年以上生きてるよ?
立派な大人の女だもん!▼
ガイアはノノのこと疑うの?▼
[ガイア]
いや、それは信じてるけど…
世間一般の大人の女とは違うだろ。▼
こう、男を惑わす魅力っていうか…
色香があるのが大人の女だろ?▼
[ノノ]
いろか? いろか、ってなに?▼
[ガイア]
はぁ…色香ってのはな、
男を惑わせるような色気のことだよ。▼
ま、お前には関係ないもんだ。▼
[ノノ]
もう! ほんとに千年以上生きてるから
ノノにだって、いろかがあるもん!▼
ガイアが気づいてないだけだもん!▼
[ガイア]
なんなんだ、こいつは…
妙なことでムキになりやがって…▼

支援B

[ノノ]
ガイア!▼
[ガイア]
おう、ノノ…うっ。
なんだ、この匂い…?▼
[ノノ]
どう? どう?
ノノから、いろかを感じるでしょ?▼
[ガイア]
こ、こいつは…香水か?
ふりかけすぎだろ…鼻が曲がりそうだ。▼
[ノノ]
あれ?
ノノ、間違えちゃった?▼
[ガイア]
いや…もう、それでいいや…
ノノにも色香があるな、うん。▼
[ノノ]
ふふっ、よかった!
ほら、ノノは年上の女だったでしょ?▼
[ガイア]
ん、まぁ…そうだな。▼
[ノノ]
ふふーん。
ガイア、ノノにめろめろでしょ?▼
[ガイア]
…それはない。▼
[ノノ]
えー! いろかがあるのにー?▼
[ガイア]
あのなぁ…俺はそんなのに
興味無いって言ってるだろ?▼
年上か年下か聞かれたから
適当に答えただけだよ。▼
[ノノ]
じゃあ適当に答えないで、
ガイアの好みのタイプを言ってよ。▼
ノノがそれに当てはまったら
ノノの勝ちー!▼
[ガイア]
はぁ? いつの間に
そういう遊びになってるんだよ…▼
あー…じゃああれだ。
包容力のある女がいいな。▼
お前には絶対当てはまらない
項目だよ。▼
[ノノ]
ほーよーりょくってなに?▼
[ガイア]
くっ…! こいつ、本当に面倒だな…!
包容力ってのはな、▼
包み込まれるような
温かさというか、優しさというか…▼
[ノノ]
ガイアを包み込めばいいの?
竜になったらできるよ?▼
[ガイア]
頼むからやめてくれ…
全身の骨が砕けちまう。▼
[ノノ]
じゃあどういうこと?
もう、ガイアの言うことは難しい!▼
ねーねー!
もっとわかりやすく教えてよー!▼
[ガイア]
あー…どうすりゃいいってんだ…
俺、子供は苦手なんだよ…▼
[ノノ]
ねーねーガイアってばー!▼
[ガイア]
はぁ…▼

支援A

[ノノ]
ガイアー。ほーよーりょくの他に
好きなタイプはあるのー?▼
ねー、ちゃんと教えてよー。▼
[ガイア]
まためんどくさいのが来やがった…!
あれから毎日俺に付きまといやがって…▼
こうなったら奥の手を使うか…!▼
…ほら、ノノ、これ何だかわかるかー?
甘い甘い砂糖菓子だぞー▼
[ノノ]
えっ、お菓子!?
ノノお菓子大好き!▼
[ガイア]
そうかそうかー。じゃあこれあげるから、
ノノちゃんは向こうに行ってくれるかなー?▼
[ノノ]
うん、わかった!▼
[ガイア]
…よし!▼
じゃあノノ、約束だぞ!
向こうへ行くんだぞ!▼
[ノノ]
はーい。▼

(ノノ退場)
[ガイア]
ふー…やっと厄介払いできたぜ。
これでゆっくりおやつの時間を…▼

(ノノ登場)
[ノノ]
ねーねーガイア!▼
[ガイア]
…んだよ。また来たのか!
菓子が足りないのかよ!?▼
…って、何だよこの花は。▼
[ノノ]
あのね、それはお礼!
このお菓子、とってもおいしいから。▼
ありがとうね、ガイア!▼
また遊んでね!▼
[ガイア]
…お礼、ねぇ。
追い払おうと思って▼
菓子をくれてやっただけなのに、
なんか調子狂っちまうな…▼
…………▼
仕方ねぇ。今度またあいつのために
菓子でも用意しておいてやるか。▼

支援S

[ノノ]
ガイア、このお菓子
とってもおいしいよ!▼
[ガイア]
そうか。そりゃ良かったな。▼
[ノノ]
うん!▼
[ガイア]
…そういや、一番の美女って結局
誰になったんだ?▼
[ノノ]
んー、わかんない!
ノノ、そんなのに興味ないもん!▼
[ガイア]
はぁ!?
興味ないって…。▼
だってお前…この間まで
大騒ぎしてたじゃねーか。▼
年上だの色香だの包容力だのって…。▼
[ノノ]
それはガイアの好みが知りたかったからだよ!
一番の美女自体には興味無いもん。▼
だって、ガイアは投票しなかったんでしょ?
だったら気にする必要ないよー。▼
[ガイア]
なんだよそれ。
俺の好みなんか聞いてどうすんだ?▼
[ノノ]
頑張ってそれに近づくように
努力するんだよー!▼
だってノノ、
ガイアのこと大好きだもん!▼
[ガイア]
なっ…!!▼
[ノノ]
ガイア、いつもは冷たいけど
ほんとは優しいの、知ってるよ?▼
このお菓子だって、ノノのために
苦労して手に入れてくれたんだよね。▼
裏でみんなのために頑張ってる。
ノノ、ガイアのそういうところ好きだよ。▼
[ガイア]
お前…▼
[ノノ]
今はノノ、いろかも
ほーよーりょくも無いけど、▼
いつかガイアの好きな女の人に
近付いて見せるから、▼
あと百年ほど待っててよ!!▼
[ガイア]
ぶっ…! ひゃくねん…!?
そ、そんなに待てるかよ!▼
俺もうその頃にはいないぞ!?▼
[ノノ]
あ…! そ、そっか…!
百年経ったらガイアはいないんだ…!▼
うぅ…じゃあノノ、いつまでもひとりぼっち…!
うっ…うっ…!▼
[ガイア]
あーあー泣くな!
…お前の気持ちはわかったから。▼
俺も、お前のことが好きだよ。
その一生懸命なところ、可愛いと思う。▼
[ノノ]
で…でも、ノノ、ひっく…。
いろかも…ほーよーりょくも…ない…!▼
[ガイア]
あれはお前があんまりしつこいから
適当に言っただけなんだよ。すまん。▼
元々俺は、そんなに色香とか包容力の
ある女が好きなわけじゃないしな。▼
だから、俺は今のお前が一番好きだ。
じゃなかったらこんなに菓子は用意しない。▼
[ノノ]
じゃ…じゃあ結婚してくれる!?▼
[ガイア]
あぁ。もちろんだ。
百年経ったらいなくなるような奴だけど…▼
それでも良ければ、
俺をノノの家族にしてくれるか?▼
[ノノ]
うん…! それでもいい!
ノノ、ガイアが死ぬまで一緒にいたい!▼
[ガイア]
そうか…
じゃあ、指輪を買いに行かないとな。▼
[ノノ]
ノノ、砂糖菓子みたいな
綺麗な色のやつがいいなー!▼
[ガイア]
了解。よし、今から探しに行くか!▼
[ノノ]
うん!▼

リベラ

支援C

[ガイア]
…ん?
なんだ、このかわいい人形は…?▼
[リベラ]
失礼、私のものです。
ひとつ落としてしまって…▼
[ガイア]
これは…お祈り用の神様の像…
じゃ、ねぇよな。▼
[リベラ]
えぇ。これは子供たちに
贈るためのお人形ですよ。▼
先日立ち寄った孤児院の
子供たちにせがまれましてね。▼
なにか抱いて眠れるようなものが
欲しいらしいのですよ。▼
[ガイア]
そんな、ほとんど見ず知らずの
子供たちまで世話するのか?▼
すごいな、お前は。
俺とは人としての出来が違うぜ。▼
[リベラ]
…そんな大したことではないですよ。
頼まれたから作っているだけです。▼
私はただ、神職としての務めを
まっとうしているだけですよ。▼
[ガイア]
へぇ…立派なもんだ。▼
…ちなみに、人形と一緒に
菓子を贈る予定はないのか?▼
[リベラ]
はい?▼
[ガイア]
菓子だよ、菓子。
子供は甘いもん好きだろうが。▼
[リベラ]
はぁ…お菓子を贈る予定は
今のところありませんね…▼
でも、今後の贈り物の
参考にさせていただきますよ。▼
助言いただき、ありがとうございます。▼
[ガイア]
………▼
[リベラ]
…ガイアさん?▼
[ガイア]
まぁ…そうだよな。
例えここに大量の菓子があったとしても▼
さすがに子供に贈る分から
拝借するのは、人としてダメだよな…▼
いや、でもひとつやふたつなら
もしかして…▼
[リベラ]
ガ…ガイアさん…▼

支援B

[リベラ]
神よ…▼
[ガイア]
お祈りか? リベラ。▼
[リベラ]
はい。
ガイアさんも一緒にいかがですか?▼
心が洗われるような気持ちになりますよ。▼
[ガイア]
…そうか。
じゃあ一度やってみるかな。▼
でも、お祈りって
何を祈ればいいんだ?▼
願い事をひたすら心の中で
唱えてればいいのか?▼
[リベラ]
えぇと…確かに願い事をする方は
とても多いのですが…▼
本来お祈りというものは、
願い事をするためのものではありませんので、▼
基本的には、神様への感謝の気持ちを
心の中で述べるのが良いでしょうね。▼
[ガイア]
神様への感謝の気持ち…▼
この世に甘い物を生みだしてくれて
ありがとうございます…とかか?▼
[リベラ]
そ、そうですね。それも
感謝の気持ちには違いありませんね…▼
[ガイア]
そうか。
じゃあ早速祈らせてもらうぜ。▼
[リベラ]
は、はい。では私も
ご一緒させていただきます。▼
[ガイア]
…………▼
[リベラ]
…………▼
[ガイア]
…神様…甘い物を生みだしてくれて
ありがとうな…▼
[リベラ]
…神よ…いつもお守りいただき
ありがとうございます…▼
[ガイア]
でも…できればもっとたくさん
甘い物が食べたいんだ…▼
[リベラ]
………え?▼
[ガイア]
甘い物がもっと食べられますように
甘い物がもっと食べられますように…▼
[リベラ]
ガ、ガイアさん!?
それは感謝じゃなくて願い事…▼
[ガイア]
甘い物甘い物甘い物…!!▼
[リベラ]
あぁ…! 私の声が
全く届いていません…!▼
ガイアさんってば!!▼
[ガイア]
…はっ!! どうした、リベラ?▼
[リベラ]
どうした、ではありませんよ!
ガイアさんたら…▼
途中からただの願い事に
なっていたではありませんか…!▼
ダメですよ、神の前で
甘い物を連呼しては。▼
[ガイア]
そうか…悪かった。▼
[リベラ]
あぁ神よ…私の友人の
ものすごい邪念をお許しください…▼
[ガイア]
甘い物甘い物甘い物…▼
[リベラ]
もう、ガイアさん!▼
[ガイア]
…すまん。▼

支援A

[リベラ]
神よ…▼
[ガイア]
…………▼
[リベラ]
…ほかの考えごとをしていますね、
ガイアさん。▼
[ガイア]
うっ…なぜわかる。▼
[リベラ]
私の隣から邪念をひしひしと
感じるのですよ。▼
また甘い物のことですか?▼
[ガイア]
違う。▼
さっき願っていたのは…
次の戦いでの無事だ。▼
[リベラ]
あら…あなたにしては
まともな願い事ではありませんか。▼
私はてっきり、砂糖菓子の海に
溺れたいとでも考えているものだと…▼
でも、なぜ今頃そんな願いを?▼
[ガイア]
この間の戦いで、
ひやりとする場面があった。▼
かわすのが一瞬遅れていたら
俺は命を落としていただろう。▼
その時に…明日をも知れぬ毎日を
送っているのだと実感した。▼
そう思ったら急に…
神にすがりたくなってしまってな。▼
[リベラ]
なるほど…
お気持ち、お察ししますよ。▼
[ガイア]
でも、神様は俺みたいに邪念だらけで
罪深い奴の願い事なんて▼
聞き入れてくれないだろうな…▼
[リベラ]
…そのようなことはありませんよ。▼
心から悔い改める気持ちがあれば、
神は全ての人をお許しになります。▼
[ガイア]
そうか…▼
リベラみたいに潔白な人間が言うと
説得力があるな。▼
[リベラ]
ふふ…
ガイアさんたら、ご冗談を。▼
私も…とても罪深い人間ですよ?▼
[ガイア]
え? あんたは俺と違って
悪いことなんかしなさそうだけどな。▼
[リベラ]
…ガイアさん。お忘れですか?▼
私たちは全員…
人殺しなのですよ。▼
[ガイア]
………▼
[リベラ]
戦場で生き残るということは、
その分誰かを犠牲にするということ…▼
戦地での無事を祈るのは、
誰かの犠牲を祈るのと同義です。▼
[ガイア]
へぇ…じゃあ俺は無意識のうちに、
他人の犠牲を願ってたってわけだ。▼
やっぱり俺は
どうしようもない人間だな。▼
[リベラ]
いいえ。私も同じです。▼
私も、毎日毎日…神に向かって
他人の犠牲に感謝している…▼
どうしようもない、人間ですよ。▼
[ガイア]
…リベラ。▼
[リベラ]
それでも…祈りましょう。▼
ガイアさんと私…そして皆さま全員が、
この戦いを無事に生き抜けることを…▼
例え、そのために散る命が
あったとしても。▼
[ガイア]
………▼
あぁ…▼

サーリャ

支援C

[サーリャ]
ちょっと、そこの貴方…。
お願いがあるの…。▼
[ガイア]
ん? 俺のことか?▼
[サーリャ]
えぇ。盗みが得意な貴方に
やってほしいことがあるの…。▼
[ガイア]
…とりあえず
聞かせてもらおうか?▼
[サーリャ]
ルフレの髪の毛を
一本、こっそり持って来て欲しいの…。▼
[ガイア]
髪の毛!?
一体何に使うんだ?▼
[サーリャ]
…うふふ。▼
[ガイア]
なにやら怪しげだな。
よしておいた方がよさそうだ。▼
[サーリャ]
ふぅん…やってくれないの?▼
[ガイア]
ま、そういうことだ。▼
[サーリャ]
だったら…貴方から呪うけど、
それでいい?▼
[ガイア]
俺を呪う?
ははは…無理だと思うけどな。▼
ま、やってみなよ。
ルフレに何かあるよりかはマシだ。▼
[サーリャ]
本当…?
後悔しない…?▼
[ガイア]
するわけないだろ。お前の呪い、
どんなものか楽しみにしてるぜ。▼

支援B

[ガイア]
よう、サーリャ。▼
[サーリャ]
……。▼
[ガイア]
どうした?
俺の顔になにかついてるか?▼
[サーリャ]
なんとも…ないの?▼
[ガイア]
なにが?▼
[サーリャ]
儀式…さっき終わらせたのに。▼
[ガイア]
ああ、呪いってやつか。
そうだな。特に体に不調はないが。▼
[サーリャ]
おかしいわ。
ちゃんと手順どおりに…あっ!▼
[ガイア]
どうしたんだ?▼
[サーリャ]
入れる薬草の種類を間違えた…▼
これじゃ呪いじゃなくて…
元気になるおまじないだわ。▼
[ガイア]
ほう。そうなのか。▼
なるほどな。言われてみれば
気分爽快、気力もあふれてる。▼
よかったじゃないか。▼
お前の呪い…じゃない、おまじないか。
効果があって。▼
[サーリャ]
そうね…これはこれで…
ひとつ結果を出せたものね。▼
あ…ちょっと待って…。▼
ということは…あの時いれた薬を
ああしてこう作れば…これは…▼
[ガイア]
おいおい、次は何だ?▼
[サーリャ]
ふふふ…ありがとう。
これでまた…一歩前進したわ。▼
[ガイア]
前進したっていったい何を…▼
行ったか…
しかし、「ありがとう」と来たな。▼
あいつ本当に
俺を呪いたいのか?▼

支援A

[サーリャ]
……。▼
[ガイア]
よう、サーリャ。
なんだ?今度はなんの呪いだ?▼
[サーリャ]
私を見て…
なんとも思わない?▼
[ガイア]
ん? 特には…▼
[サーリャ]
そう…
じゃあ失敗だったのかしら。▼
[ガイア]
また呪いか?
今度はどんなやつだ?▼
[サーリャ]
私の良さに…
気づくまじないよ。▼
[ガイア]
お前の良さに?
なんで俺にそんなものを…▼
[サーリャ]
決まってるわ…。
実際に使えるものか試すためじゃない。▼
[ガイア]
実験台ってわけか。
しかし意外だな。▼
[サーリャ]
なぜ…?▼
[ガイア]
それなら、お前の虜になるとか
もっと手っとり早いものにするかと思ったよ。▼
[サーリャ]
そんなこと…しないわ。呪いで
心を縛っても虚しいだけ。▼
私が求めているのは
もっと純粋で、崇高な絆…。▼
そのきっかけくらいは…呪いや
まじないに頼ってもいいと思ったのよ…。▼
[ガイア]
ほう。夢見る乙女なんだな。▼
[サーリャ]
おかしな言い方はやめて…。▼
[ガイア]
いや、よくよく見れば美人だし、
一途なところもかわいい…。▼
[サーリャ]
…あら?
これはひょっとして…▼
[ガイア]
なぁ、もうちょっと
俺と話していかないか?▼
[サーリャ]
成功ね…
じゃあ早速解呪の儀式を…▼
(サーリャ退場)
[ガイア]
おい、待てよ、サーリャ!▼

支援S

[ガイア]
…なぜ俺をつけ回す?▼
[サーリャ]
貴方の様子を…観察しているのよ。
どう扱うか決めるためにね…。▼
[ガイア]
観察、ね。
そういえば解呪の儀式はどうなった?▼
[サーリャ]
…完璧に行ったわ。
貴方はなんの術にもかかってない…。▼
[ガイア]
そうか…。だが困ったことに
俺の気持ちが変わってないぜ。▼
変わらずお前のことを美人だし
一途なところもかわいいと思っている。▼
[サーリャ]
…だから困ってるのよ…。
貴方をどう扱ったらいいのか…。▼
[ガイア]
なら一層のこと
これを受け取るというのはどうだ?▼
[サーリャ]
ゆ、指輪…!?▼
[ガイア]
この気持ちが呪いじゃないと
はっきりしたら、渡そうと…な。▼
[サーリャ]
…………。▼
[ガイア]
迷惑だろうが…こうでもしないと
気持ちに踏ん切りがつかん。▼
悪いが、引導を渡してもらえないかな。▼
[サーリャ]
…受け取ってもいいわよ、
その指輪。▼
[ガイア]
…いいのか?▼
[サーリャ]
貴方は…体を張って
私の呪いやまじないにつきあってくれた。▼
これからも、それだけの思いを…
私に向けてくれる?▼
[ガイア]
…もちろんさ。約束する。▼
サーリャ…お前のこと、
必ずしあわせにしてやるさ。▼
[サーリャ]
えぇ。しあわせにできなかったら、
そのときは…わかってるわね?▼
[ガイア]
…命がけの愛ってところか。
ま、それもまた悪くはないな。▼

オリヴィエ

支援C

[ガイア]
よう、オリヴィエ。▼
[オリヴィエ]
ガイアさん。
私に…何か御用ですか。▼
[ガイア]
よかったら、これ
味見してくれないか?▼
[オリヴィエ]
焼き菓子…ですか?
おいしそうですね…▼
じゃあ、いただきます…▼
[ガイア]
どうだ?▼
[オリヴィエ]
…ちょっと…甘すぎるでしょうか。▼
それに、歯ざわりも少しばかり…
かたいような…気もします…▼
[ガイア]
そうか。うーん…▼
[オリヴィエ]
あの…これ、どちらで
お求めになったんですか…?▼
[ガイア]
いや、買ったんじゃない。
実は俺が作ったんだ。▼
[オリヴィエ]
ええっ!▼
[ガイア]
そうか、ということは
砂糖の加減を少し間違え…▼
[オリヴィエ]
ご…ごめんなさい!▼
[ガイア]
え?▼
[オリヴィエ]
ごめんなさいごめんなさい
ごめんなさい…▼
[ガイア]
おいおい、どうしたんだよ。
びっくりするじゃないか。▼
[オリヴィエ]
ガイアさんが作ったものだとも知らず
私なんかがえらそうに…▼
[ガイア]
なに言ってるんだ。
それでいいんだよ。▼
思ったことをそのまま
言ってくれなきゃ意味がない。▼
[オリヴィエ]
は、はい…▼
[ガイア]
それより、また作ってみるから
次も食べてくれるよな。▼
[オリヴィエ]
も、もちろんです…▼

支援B

[ガイア]
オリヴィエ、ちょっといいか?▼
[オリヴィエ]
は、はい…
なんでしょう…▼
[ガイア]
今日は、この前のやつを
改良してみたんだ。▼
また食べてみてくれないか?▼
[オリヴィエ]
あ…焼き菓子ですね…
はい…いただきます…▼
[ガイア]
今度は、どうだ?▼
[オリヴィエ]
…おいしいです。▼
[ガイア]
本当か? 気を遣って
そう言ってるんじゃないか?▼
[オリヴィエ]
ち、ちがいます!
あ…ごめんなさい…▼
でも…この前、ガイアさんが
「本当の事を言え」とおっしゃったので…▼
[ガイア]
そうか、ならいいんだ。
よかったよ。▼
[オリヴィエ]
あの…どうして私に
お菓子の味見を?▼
[ガイア]
ああ、オリヴィエは踊りをやるだろう?
嗜好品への感性も高いだろうと思ってな。▼
がさつ、とまでは言わないが
野暮な連中が多いんでね、この軍は。▼
[オリヴィエ]
くすっ。▼
[ガイア]
お、笑ったな。
お前も少しはそう思ってるんだろう。▼
[オリヴィエ]
いえ…あの…その…
と、とんでもないです。▼
[ガイア]
そうか。よく覚えておくよ。▼
[オリヴィエ]
や、やめてください。
私、そんな…▼
[ガイア]
ははは…冗談だよ。▼
今度はまた別のものにも挑戦するから
また味見を頼むな。▼
[オリヴィエ]
は、はい…
喜んで…▼

支援A

[オリヴィエ]
あ…ガイアさん。
今日も…お菓子を…▼
[ガイア]
ああ。今日は
砂糖菓子に挑戦してみた。▼
ま、食べてみてくれ。▼
[オリヴィエ]
は…はい…
では…いただきます…▼
[ガイア]
どうだ?▼
[オリヴィエ]
おいしいです…とっても。▼
[ガイア]
そりゃよかった。▼
[オリヴィエ]
でも…これだけのお菓子を作るの
大変じゃないですか?▼
材料も…たくさんいるでしょうし…▼
[ガイア]
ああ、苦労したよ。▼
このご時世だ。なかなか材料が揃えられない。
砂糖なんざどれだけ手に入らなかったことか。▼
[オリヴィエ]
そこまでして…どうして…▼
[ガイア]
菓子を作るのかってか?▼
俺が食べたいから…ってのもあるんだが
作ってみることに興味を持ったからさ。▼
ついでに、他の連中の憩いの時を
作れるかもしれんと思ったのもある。▼
甘いものは疲労回復にもいいって聞くしな。
ま、そんなところだ。▼
[オリヴィエ]
ついで…ですか。
くすくす…▼
[ガイア]
ん? なんだ?▼
[オリヴィエ]
ガイアさん…素直じゃないですね…▼
[ガイア]
なにを言う。
俺はいつだって自分に素直さ。▼
[オリヴィエ]
そうですね…
そういうことにしておきましょう…▼
また…作られるんでしたら
ぜひ最初に食べさせてくださいね。▼
[ガイア]
ああ。もちろんさ。▼

支援S

[ガイア]
オリヴィエ、
今日のケーキはどうだ?▼
[オリヴィエ]
……▼
[ガイア]
失敗…だったか?▼
[オリヴィエ]
…おいしいです。▼
[ガイア]
本当か?▼
[オリヴィエ]
…こんなにおいしいケーキ…
初めて食べました。▼
[ガイア]
それはよかった。
どんどん食べてくれ。▼
[オリヴィエ]
はい…では遠慮なく…
あら…ケーキの中に何か…▼
えっ…指輪…?▼
[ガイア]
ああ。▼
[オリヴィエ]
これって…どういう…▼
[ガイア]
見ての通りだ。
その指輪をお前にもらってほしい。▼
俺と結婚してくれ。▼
[オリヴィエ]
……▼
[ガイア]
俺は、いつの間にか、おいしそうに食べる
お前を見たくて菓子を作るようになっていた。▼
これからも、お前のその喜ぶ顔を
俺は見ていきたいんだ。▼
だから、頼む。
俺と一緒になってくれ。▼
[オリヴィエ]
…私も、ひたむきに一つの事に打ち込む
ガイアさんにひかれていたように思えます。▼
[ガイア]
本当か?
じゃあ…▼
[オリヴィエ]
はい…私なんかでよければ。▼
[ガイア]
よし、これから一生ずっと
美味い菓子を作ってやるからな。▼
[オリヴィエ]
はい…楽しみにしています…▼

セルジュ

支援C

[セルジュ]
あら、ガイア?
どこへ行くの?▼
[ガイア]
ん? ああ
偵察だよ、偵察。▼
いつの間にか野営地が敵に囲まれてる、
なんてことになったら大変だろう?▼
[セルジュ]
なるほど、確かにそうね。
ガイアがいて頼もしい限りだわ。▼
[ガイア]
ほう、俺が?▼
[セルジュ]
ええ。世の中を広く知っているガイアは
私たちにはない慎重さを持っているわ。▼
ガイアはかけがえのない人材だと
私は思っているの。▼
[ガイア]
そいつはどうも。▼
[セルジュ]
だから、その経験をこれからも
発揮してもらいたいものだわ。▼
[ガイア]
…おい。
一体どうしたんだ、セルジュ?▼
[セルジュ]
どうした、とは?▼
[ガイア]
俺に何か言いたいことが
あるんじゃないのか?▼
言うべきことははっきり言え。
褒め殺しなんてお前らしくないぜ。▼
[セルジュ]
…ふぅ、ガイアにはかなわないわね。▼
実は、ガイアが密かに
軍から抜けるんじゃないかって話を聞いて…▼
[ガイア]
この軍の連中からか?▼
[セルジュ]
いいえ、手伝いに来ている者たちからよ。
ただの噂話だけど放ってもおけないので…▼
[ガイア]
探りを入れに来たってわけか。▼
[セルジュ]
ええ…ごめんなさい。▼
[ガイア]
謝ることはない。▼
ただ、探りを入れるんなら
もっとさりげなくやってくれ。▼
[セルジュ]
…怒らないの?▼
[ガイア]
そんなことでいちいち目くじらたててちゃ
世の中をわたっていけないさ。▼
お前が言ってた経験ってやつかな。
まあ、気にするな。▼
[セルジュ]
ええ。今度は
さりげなく探ることにするわ。▼
[ガイア]
おいおい、それを言うなら
『疑うのをやめるわ』だろ?▼
[セルジュ]
うふふ…▼

支援B

[ガイア]
セルジュ。
それは、どこで手に入れたんだ?▼
[セルジュ]
この槍?
先日行った武器屋で買ったけど…▼
[ガイア]
その店はもう使わないほうがいい。
穂先の作りが甘い。すぐに割れそうだ。▼
[セルジュ]
言われてみれば…
確かにその通りだわ。▼
すぐに新しい槍を
調達しないといけないわね。▼
[ガイア]
そのくらいなら、少しの間、
俺に槍を預けてくれ。直しておく。▼
[セルジュ]
そんなことができるの?▼
[ガイア]
長い間、世間を渡り歩いたからな。
色々な技が身についたってわけさ。▼
[セルジュ]
ありがとう。
頼もしいわね、ガイアは。▼
[ガイア]
ま、セルジュたちには
頑張ってもらわないとな。▼
前線を破られると
俺たちの身に危険が及ぶ。▼
[セルジュ]
…自分の身のため?
本当に?▼
[ガイア]
ああ、そうだよ。▼
[セルジュ]
でも…いえ、やめておくわ。▼
まだまだガイアに探りを入れるには
私は未熟なようだから。▼
[ガイア]
ま、理由はなんだっていいじゃないか。
さ、その槍をよこしたよこした。▼
[セルジュ]
はい。じゃあお願いするわ。
出来上がりを楽しみにしてるわね。▼
[ガイア]
任せておけって。▼

支援A

[セルジュ]
ガイア。
私の鎧、少し見てくれない?▼
[ガイア]
…ちょっと破損がひどいな。
手持ちの道具じゃ間に合いそうにない。▼
ちゃんとした鍛冶屋に、
一度見せたほうがいいだろうな。▼
[セルジュ]
そう…
わかったわ、ありがとう。▼
[ガイア]
それにしても、鎧がここまで
傷だらけになるまで戦ってたんだな。▼
勇敢だな。立派なものだ。▼
[セルジュ]
私は…勇敢なんかじゃないわ。
本当は戦いなんてしたくない。▼
[ガイア]
そうなのか?
なら、どうして…▼
[セルジュ]
…私の家族は戦争の中で
散り散りになってしまったわ。▼
故郷と家族を取り戻すためには
今を生き抜くしかない。だから戦うのよ。▼
[ガイア]
なら、なおさらお前は
戦ってはいけないんじゃないか?▼
再会を待ってる家族がいるんだろう?▼
[セルジュ]
この戦いで負けてしまったら
どの道すべて終わってしまうわ。▼
戦う力のある私が出し惜しみを
するわけにはいかないもの。▼
[ガイア]
戦いに参加するには
人それぞれ理由があるってところか。▼
[セルジュ]
ええ。ガイアは何のために戦っているの?
生き延びるため?▼
[ガイア]
ま、そんなところかな。▼
[セルジュ]
いいんじゃない?
立派な戦う理由だと思うわよ。▼
それじゃ、私はこれで…▼
(セルジュ退場)
[ガイア]
戦う理由は人それぞれ、か。
だが一つ分かっていることがある。▼
セルジュは帰るべき場所がある。
待っている人もいる。▼
…つまり、
死んではいけないってことだ。▼
…俺も頑張らないとな。
ああいう奴を死なせないように…▼

支援S

[ガイア]
よう、セルジュ。
さっきは危なかったな。▼
[セルジュ]
危ないのはガイアのほうよ。
私をかばおうとしたりして…▼
生き延びるために
戦ってるんでしょう?▼
[ガイア]
それはそうさ。だが、それ以上に
お前には死んで欲しくないんだ。▼
いざとなったら体を張ってでも
お前のことは守ってやるさ。▼
[セルジュ]
…ありがとう。
でも、ガイアも無茶はやめてね。▼
今後、あなたが盾になるような事態に
ならないよう、気をつけるから。▼
[ガイア]
あぁ。そうしてくれると助かる。▼
[セルジュ]
でもどうして私をかばうの?
同情?▼
私の事情をガイアが
気にすることはないのよ。▼
[ガイア]
そう言われても気にはなる。
…これは同情だけじゃないな。▼
[セルジュ]
それって、どういう…▼
[ガイア]
…言葉にすると、
うまく伝わらん気がする。▼
ま、これを見てくれ。
お前のために作ったんだ。▼
[セルジュ]
指輪…?▼
[ガイア]
ああ。今の俺は
お前を一生守りたいって思ってる。▼
俺が言っても信じられんかもしれんが
これが正直な気持ちだ。▼
だから、受け取ってくれ。▼
[セルジュ]
…信じるわ。▼
これまで、武器を直してくれたり、
かばってくれたり、私を支えてくれたもの。▼
この指輪…大切にするわ。▼
[ガイア]
ああ…ありがとうよ。▼
[セルジュ]
でも、こんなに率直なガイア、珍しいわね。
いつものつかみどころのなさがウソみたい。▼
[ガイア]
本当の俺はこういう奴さ。▼
[セルジュ]
そうね…私もそう思う。▼
探りを入れるのが下手で未熟な私でも
それは分かるわ。▼
[ガイア]
なら、お前は未熟でも
なんでもないさ。▼
なにしろ、この俺の本当の姿を
理解できるんだからな。▼
[セルジュ]
あら、いつもの調子がでてきたわね。
じゃあ、そういうことにしておくわ。うふふ…▼

ウード(親子)

支援C

[ウード]
はぁ…今日は空気が悪い…。
朝から体が疼いて仕方ないぜ…▼
……くっ!? この感じは何だ…!?
血の騒ぎ方が…いつもと…違う!?▼
(ガイア登場)
[ガイア]
ウード、何やってんだ?▼
[ウード]
父さん…! 来るな!
今の俺に近づくんじゃない…!!▼
[ガイア]
はぁ!? ど、どうしたんだよ?▼
[ウード]
俺の中に眠る英雄の血が、
獲物を求めているんだ…!▼
今の俺に近づいたら…相手が例え
父さんでも、手加減ができない…っ!!▼
お願いだ、これ以上来ないでくれ!
俺は父さんを…傷つけたくない!!▼
[ガイア]
どういうことだ?
もしかして…誰かに操られてるのか?▼
[ウード]
あぁ…。この俺が自らの血如きに
踊らされるなど…なんたる不覚…!▼
ぐ…うっ! 静まれ…!
静まってくれ、俺の血よ……!!▼
[ガイア]
!? 何だ、苦しいのか!?▼
よ…よし! すぐにリズを呼んでくる!
だからそれまで我慢しろ!▼
[ウード]
えぇっ!? 母さんを!?
えっと……。えぇっとー…▼
…ふっ。それには及ばない。
この程度の身体の疼きなど…▼
(ガイア退場)
[ウード]
あと数刻もすれば消え去るだろう…。
俺はこのようなことには慣れている…って、▼
…ちょっと父さん!?
本当に母さん呼びに行っちまったのか!?▼
あー…。どうしよう。▼

支援B

[ウード]
あのー…。
父さん、まだ怒ってるか?▼
[ガイア]
当たり前だろ!▼
お前がいきなり苦しみ出すから、
俺もリズも、心配したんだぞ!▼
まぁ無事なら良かったが…。
何なんだあの妙な設定の芝居は!?▼
[ウード]
妙な設定って何だよ! 俺が頑張って
考えたみたいに言うのやめろって!▼
俺は正真正銘、英雄の血を宿した
選ばれし希望の戦士、なんだからな!▼
[ガイア]
だから何なんだ…その聞いてる方が
恥ずかしくなるような肩書きは。▼
[ウード]
ふん…恥ずかしいとは心外だな!
まぁ父さんは、俺から見れば▼
十数年も昔の人だから、
わかんないのかもな~…この感覚が。▼
[ガイア]
はぁ…わからなくて結構だ…▼
…!! ウード、伏せろ!!▼
[ウード]
へっ!?▼
[ガイア]
…ぐっ!!▼
[ウード]
父さん! 肩に矢が…!!▼
[ガイア]
くっ…! 敵兵の奇襲か…!
ナメた真似しやがって…▼
とにかく逃げるぞ!
まだ伏兵がいたら厄介だ!▼
[ウード]
……っ!!▼
(暗転)
[ガイア]
ここまで来れば平気だろう。
危ないところだった…▼
[ウード]
……して……だ…▼
[ガイア]
は?▼
[ウード]
どうして…どうして俺なんか庇ったんだよ!!
死んだらどうするんだ!▼
父さんはいつもそうだ! あの時だって、
俺のことさえ気にしなければ…!!▼
[ガイア]
…あの時? 何のことだよ。
また何かの芝居か?▼
[ウード]
うっ…うぅっ…!!▼
[ガイア]
おい、泣いてる…のか?
どうした、何があった…▼
[ウード]
……………何でもない。▼
今のも妙な設定の芝居だから。
だから…気にするなよ。▼
それより、その傷治さないとな。
すぐに母さんを呼んで来るから、待っててくれ。▼
[ガイア]
あ、あぁ…▼

支援A

[ウード]
父さん、肩の傷…大丈夫か?▼
[ガイア]
あぁ、もうかなり良くなったぞ。
これぐらい、菓子でも食ってりゃ治る。▼
[ウード]
そうか…良かった。▼
また俺のせいで父さんが死んだら
どうしようかと思ったぜ…▼
[ガイア]
また? 確かこの前もそう言ってたが、
やはり芝居ではなかったんだな。▼
もしかして、未来の俺は…
お前を庇って死んだのか…?▼
[ウード]
………そうだ。父さんは俺のせいで…▼
俺が屍兵の攻撃を避けられなかったせいで、
死んじまったんだ…!▼
[ガイア]
…やっぱり、そうだったのかよ。▼
[ウード]
だから、この前はつい取り乱しちまった。▼
父さんが未来で死んだときと、
この前の状況が、あまりにも似てたから…▼
[ガイア]
…そうか。
辛いことを思い出させたな。▼
それに…未来でお前に
寂しい思いもさせて、悪かった…▼
[ウード]
……!! 父さん…!▼
…あ、安心してくれよ!
俺は寂しいなんて思ったことないぜ!?▼
何たって俺の中には父さんと母さんがいる。
大切な二人がくれた血が流れてるから。▼
俺を産んでくれた英雄と、
俺を生かしてくれた英雄の血がな。▼
[ガイア]
ウード…。……あれ!?
それじゃお前が言う英雄の血って…▼
俺とリズの血のことだったのか?
俺たちの血ってそんなに騒ぐのか!?▼
[ウード]
……まぁ、騒ぐって言うのは
かっこいいから言ってるだけなんだけど…▼
[ガイア]
はぁ?▼
[ウード]
い、いや! 何でもない!
とにかく、俺はこの血に誇りを持ってる。▼
この血がある限り、俺は無敵だ。
なんでもできるっていう気分になるんだ。▼
両親が果たせなかった願いだって、
俺が代わりに果たしてみせる!▼
俺がこの世界に来たからには
今度こそ死なせないぜ、父さん!▼
[ガイア]
そうか…。ありがとうな。▼
お前は、未来の僕の想いを
受け継いでくれているんだな。▼
[ウード]
あぁ、そうだぜ…!▼
くっ…また血が騒いできた…!▼
どうした父さん…! 過去の自分を
前にして、感情がたかぶっているのか…!?▼
[ガイア]
あー…。
いつもの調子に戻ったのはいいんだが、▼
あんまり俺とリズの血で
遊ばないでくれよ…▼

アズール(親子)

支援C

[アズール]
はぁ…もうちょっとでお姉さんと
お茶の約束ができたのにー。▼
父さんったら何で止めに来るのー?▼
[ガイア]
もうすぐ行軍の時間なんだから
仕方ないだろうが。▼
時間を忘れてナンパをしていた
お前が悪い。▼
[アズール]
あ、そうだったね。ごめんなさーい。
よーし、今日もいっちょ頑張るかぁー!▼
[ガイア]
…………▼
[アズール]
ん? どしたの、父さん。
僕の顔に何かついてる?▼
[ガイア]
…お前、未来にいた時から
そんな感じなのか?▼
[アズール]
そんな感じ、って?▼
[ガイア]
絶望に支配されてたっていう未来から
来た割には、悩みが無さそうというか…▼
ルキナが持ってる
強い使命感とか決意みたいなもんが、▼
お前からは微塵も感じられないというか…▼
[アズール]
えー!? ちょっと何それ!
僕だってちゃんとした使命ぐらいあるよ!▼
[ガイア]
へぇ…何だ?▼
[アズール]
えへへ。そりゃもちろん、
大勢の女の子たちにモテることだよー!▼
[ガイア]
はぁ!? 女の子にモテるだと!?
それがお前の使命か?▼
それがわざわざ過去に来てまで
成し遂げる使命なのか?▼
[アズール]
やだ。父さんったら僕の使命を
そんな大声で…恥ずかしいよ。▼
[ガイア]
なに恥じらってんだ、気持ち悪ぃな。▼
[アズール]
気持ち悪いだなんてひどいなー。
母さんが恥じらったら喜ぶくせにー。▼
[ガイア]
うっ…
そ、それとこれとは話が別だ!▼
はぁ…お前の相手をしてると疲れる。
俺は先に行くぞ。▼
(ガイア退場)
[アズール]
…………▼
…はは。悩みが無さそう、ねぇ…
父さんもなかなかキツいこと言うなぁー…▼

支援B

[アズール]
いたたた…参ったなぁ…これ。
こんなんじゃ戻れないよ…▼
(ガイア登場)
[ガイア]
どうした、アズール。▼
[アズール]
うわっ!? と、父さん!?
えーと…ちょっと可愛い子見かけちゃってさ!▼
[ガイア]
…嘘だな。明らかに傷を庇ってる。
この辺とか、怪我してるだろ。▼
[アズール]
いっ…! 痛い痛い! 痛いよ…!
もう、父さんったら乱暴なんだから…▼
[ガイア]
おい…! これ、酷い傷じゃないか。
どうしてすぐに言わなかった!?▼
[アズール]
えー。だってそんなかっこ悪いところ、
女の子に見られたらまずいじゃない?
[ガイア]
…っ! いい加減にしろ!!▼
[アズール]
父さん…?▼
[ガイア]
お前、こんな時まで女の話か!?
ふざけるのも大概にしろ!▼
本当に、何のためにこの時代に来たんだ!?
ルキナはあんなに必死で戦ってるのに…▼
…正直、見損なったぞ。
お前は戦争というものをわかっちゃいない。▼
[アズール]
………▼
知った風な口きかないでよ…▼
わかってないのは、父さんの方だよ…!▼
[ガイア]
なんだと…?▼
[アズール]
僕が本当に、女の子にモテたいだけなら、
こんなところまで来てないよ。▼
毎日毎日、明日死んじゃうんじゃないかって
思いながら…戦ったりなんかしてないよ!!▼
[ガイア]
…アズール?▼
[アズール]
僕、これでも未来では期待されてたんだよ。
毎日毎日、屍兵を倒し続けてたから。▼
皆の期待を背負ってるのに、
弱いところなんて、見せられない。▼
あの世界で…辛いのはみんな同じなのに、
僕だけ弱音を吐くなんて、できない。▼
父さんがいなくても、
母さんが死んじゃっても、大丈夫だって…▼
いつも笑って、何でもないよって顔して
戦い続けるしかなかったんだよ…!!▼
[ガイア]
…………▼
[アズール]
…父さんは僕に
悩みが無さそうだって言うけど、▼
今だって…苦しいとか辛いとか
まったく思わないなんてこと、無い。▼
ただ、それを見せたくない…ううん、
見せられなかっただけなんだ。▼
それが父さんの気に障ったのなら
謝るよ…ごめんなさい。▼
[ガイア]
…いや…▼
[アズール]
あと…心配してくれて、ありがと。
この傷、ちゃんと治してもらってくるから…▼
(アズール退場)
[ガイア]
………▼

支援A

[ガイア]
アズール。お前に話が…▼
[アズール]
あっ、父さん! 見て見て、この前の傷。
ちゃんと治してもらったんだよー。▼
[ガイア]
あ、あぁ…良かったな。▼
[アズール]
うん、心配かけてごめんねー。▼
[ガイア]
…俺も、この前は
無神経なことを言って悪かった。▼
お前はちゃんと戦っていたのに、
何も分かっていないと言ってしまって…▼
[アズール]
あぁ、なんだそんなこと。
いいんだよ、僕も悪かったんだし。▼
[ガイア]
けどな…▼
[アズール]
…笑ってよ、父さん。▼
[ガイア]
は?▼
[アズール]
そんな神妙な顔してたら、暗くなっちゃうよ。
笑って笑ってー。ほらほらー。▼
[ガイア]
あはは…! く、くすぐるなよ…!▼
[アズール]
ははは! さすが父さん。いい笑顔だね。
父さんにはずっと笑ってて欲しいなー。▼
僕、みんなが笑顔でいられるような
世界を取り戻すために、ここに来たんだから。▼
[ガイア]
…それがお前の、本当の使命か?▼
[アズール]
そうだよー。この前は嘘ついてごめんね。▼
でも…これからは、
父さんには本音を話すって決めたから。▼
[ガイア]
そうか…良かった。▼
[アズール]
でも、僕が本音を話しだすと
うっとうしいかもよー?▼
こう見えて僕、すぐ落ち込むし。
かなり後ろ向きだし、すぐ泣くし。▼
特にナンパに失敗した時なんかは
目も当てられない感じになるし、なんてね。▼
[ガイア]
…アズール。そうやってもう無理に
俺を笑わそうとしなくていいんだぞ。▼
[アズール]
笑いを取ろうとしたわけじゃないよー。
僕が女の子を好きなのは本当だし!▼
[ガイア]
ふ…それならいいんだが。
…ん? 女好きなのはいいことなのか…?▼
…とにかく。俺も、お前が強がらずに
いられる世界を取り戻す。▼
未来で死んだ俺の分まで、お前を守る。
だから…辛い時は、もっと俺を頼れ。▼
[アズール]
…父さん…▼
…ありがとう! 父さんったら
そんなに僕のこと考えてくれてるんだ…!▼
[ガイア]
なっ…!
首にしがみつくな…苦しい…!▼
[アズール]
だって、父さんがそんなこと言うなんて
思わなかったんだもん…▼
僕も父さんを守るよ。今度こそ…
父さんを死なせたりなんかしない。▼
だから…もう僕を置いていかないでね…▼
[ガイア]
…あぁ。▼

ブレディ(親子)

支援C

[ブレディ]
さぁ、紅茶が入ったぞ。父さん。▼
えーと…これは何とかいう地方で採れた
何とかいう茶葉だな。まぁ、高いやつだ。▼
[ガイア]
えっと…▼
[ブレディ]
なんだ、何か足りないのか!?
茶菓子か!? スコーン的なアレか!?▼
ちっ…あいにく今日はそこまで
用意できていない。すまないな、父さん。▼
[ガイア]
あぁ、それは残念…▼
じゃなくてだな!▼
[ブレディ]
なんだよてめぇは! 早く飲めよ!
紅茶は冷めるとおいしくないんだぞ!!▼
[ガイア]
す…すまん!
いただきます…!▼
………おい、ブレディ。▼
[ブレディ]
あぁ?▼
[ガイア]
なんで俺たち、こんなところで
優雅に茶なんかしてるんだ?▼
[ブレディ]
なんでって…父さんの日課なんだろ?
昼下がりに紅茶を飲むの。▼
[ガイア]
…何だその金持ちっぽい日課。
俺は普段そんなことしてないんだが…▼
[ブレディ]
なにぃ!? じゃあさっき母さんが▼
『お父さんの日課に付き合ってきて
差し上げなさい』って言ったのは嘘かよ!▼
[ガイア]
俺に紅茶を飲む日課がない限り、
そういうことになるな。▼
[ブレディ]
あの野郎ーーー!
俺で遊びやがったなーーー!▼
[ガイア]
マリアベルのやつ、何を言ったんだ?▼
[ブレディ]
…いや、父さんは気にしなくていい。
俺は今から母さんに話をつけに行く。▼
父さんはゆっくり茶でも飲んでいてくれ。
じゃあな!!▼
(ブレディ、一瞬消える)
[ブレディ]
…忘れてた。ポットにはこれをかぶせておけ。
紅茶が冷めにくくなる。▼
(ブレディ、退場)
[ガイア]
な、何だったんだ…!?▼

支援B

[ブレディ]
この前は悪かったな、父さん。▼
[ガイア]
この前って…あぁ、紅茶のことか。
あんなの、謝ることじゃないだろう。▼
ブレディとゆっくり話ができて、
俺は楽しかったんだしさ。▼
[ブレディ]
なら良かったけどよ…
結局一人で茶をさせちまったからな。▼
今日は詫びの気持ちを込めて、
バイオリンを演奏しようと思う。▼
[ガイア]
はぁ!?▼
[ブレディ]
父さんに謝る時はバイオリン演奏が
必須だと聞いたんだが…▼
[ガイア]
な、何なんだよその謝罪方法は!?▼
[ブレディ]
バイオリンで立て続けに三曲演奏したのち
その場で宙返りをすれば▼
父さんは手を叩いて大喜びする、と…▼
[ガイア]
それが本当なら
俺はとんでもないアホだな!!▼
…ブレディ、よく聞け。
目を覚ませ。▼
俺はそんな風に謝られたことは無いし、
宙返りを見て大喜びしたことも無い。▼
またマリアベルに遊ばれたんだよ、お前は。▼
[ブレディ]
はぁあ!? またかよ!!
あの野郎、一度ならず二度までも…!▼
(ブレディ、消える)
[ガイア]
ブレディ、待った。▼
(ブレディ、再登場)
[ブレディ]
…んだよ、父さん。▼
[ガイア]
せっかく俺のところに来たんだ。
今日はゆっくり話でもしないか。▼
こんなことでもないと、お前は
俺と話しになんか来なかっただろ?▼
[ブレディ]
……ちっ。母さんのやつ、
こうなることを読んでやがったな…▼
ふん。あいつの思惑どおりなのは
気に食わねぇが…▼
父さんと話すのは、悪くない。▼
[ガイア]
そりゃ良かった。▼

支援A

[ブレディ]
…それでな、母さんの奴
他のことでも俺をおちょくりやがって…▼
[ガイア]
ふっ…▼
[ブレディ]
んだよ、父さん。
今のはまだ笑うトコじゃねぇぞ。▼
[ガイア]
…いや、お前と仲良くなれて
良かったと思ってな。▼
初めてお前を見た時は、正直
『こいつが俺の息子か!?』って思うほど▼
怖い顔してたもんだから。▼
[ブレディ]
悪かったな。こんな怖い息子で。▼
ま、本当に気に入らねぇんだったら
『本物』をもっと上手く教育してやるこった。▼
[ガイア]
本物って…この時代のお前のことか?▼
[ブレディ]
あぁ、そうだよ。
俺はあんたの本物の息子じゃねーからな。▼
[ガイア]
………▼
…ブレディ。▼
[ブレディ]
…何だお前、なんつー顔してんだよ。
俺に気ぃ遣う必要なんかねぇよ。▼
俺は他の奴みたいに
この時代の自分に嫉妬なんかしない。▼
所詮は別物だ。本物が産まれたら、
俺のことを忘れちまっても恨まねぇよ。▼
[ガイア]
お前…それ本気で言ってるのか?
せっかく仲良くなったのに、▼
息子が産まれたから忘れるだなんてこと、
俺は絶対にしないぞ。▼
確かにお前は、僕のほんとの息子じゃない。
でも、他人だなんてことはもっとない。▼
お前は俺の大事な友達で、
俺が決めた最初の息子なんだからな。▼
[ブレディ]
………父さん。▼
…んだよ、泣かないでおこうと思ったのに。
何てこと言いやがんだ…▼
父さん…忘れてくれって言ったのは嘘だ。
…覚えててくれよ。俺のこと。▼
俺と友達になったこと。
俺みたいな奴がいたこと。…いいよな?▼
[ガイア]
…当たり前だ。
忘れられるわけないだろ。▼
覚えてるよ、ずっと。未来で死んじまった、
お前の本当の親父の分まで…な。▼
[ブレディ]
…あぁ。▼
…もし俺より先に死にやがったら、
墓に嫌というほど紅茶をかけた上に▼
バイオリンで三曲演奏して
宙返りをしてやるからな。覚悟しろ。▼
[ガイア]
ふっ…それは
絶対に死ぬわけにいかないな。▼

デジェル(親子)

支援C

[デジェル]
父さん、今時間ある?
ちょっと手合わせしてくれないかしら。▼
[ガイア]
…デジェルか。すまんが
今日は手合わせはちょっと…▼
[デジェル]
と、父さんどうしたの!?
顔も真っ青だし、脂汗もひどいわ!▼
[ガイア]
これぐらい平気だ…。
少し腹が痛むだけだからな…うぅっ!▼
[デジェル]
お腹!? どこかケガでもしてるの!?
くっ…いったい誰がこんなことを…!▼
[ガイア]
今日の食事…▼
[デジェル]
へっ?▼
[ガイア]
今日の食事を食べたら…こうなった。▼
みんな今、同じような症状で苦しんでる…。
お前も…気をつけろ。▼
[デジェル]
…………▼
[ガイア]
うぅ…ソワレの料理も酷いが…
今日のはもっと酷い…いったい誰が…▼
[デジェル]
…私よ。▼
[ガイア]
はぁあ!?▼
[デジェル]
……ごめんなさい。
おいしくできたと…思ったんだけど。▼
[ガイア]
あ…き、気にするな!▼
俺はおいしく食べたんだぞ。本当に。
だからこの腹痛は単なる偶然だよ、偶然。▼
[デジェル]
嘘よ! さっき皆も同じ症状だって
言ってたじゃない!▼
父さんのうそつきーーー! わーーーん!!▼
(デジェル退場)
[ガイア]
おい、デジェル…!▼
お…追いかけないと…いけない、のに
腹が……!▼

支援B

[デジェル]
はっ!! はあっ! でやあぁぁっ!!▼
[ガイア]
今日はいつもよりも
激しい訓練だな、デジェル。▼
[デジェル]
えぇ。食事当番ができない分、
実戦でみんなの役に立たないと。▼
[ガイア]
ん? もう食事当番はしないのか?▼
[デジェル]
あんな結果になったんだから、当然よ。
父さんも見たでしょう、あの後の戦闘。▼
みんなが腹痛をこらえながら
生まれたての小鹿のような足取りで▼
敵に向かっていく姿を…!▼
[ガイア]
あぁ…あれは最悪だったな…▼
でも、次は上手くいくかもしれないだろう。
俺はまた食べたいぞ。デジェルの料理。▼
[デジェル]
…ダメよ!!▼
[ガイア]
デジェル…?▼
[デジェル]
だって、また失敗したらどうするの?
もし私の料理を食べて父さんが死んだら?▼
私の料理で、また未来でのような
惨劇が繰り返されたらと思うと…!▼
そんなの私…耐えられない!▼
[ガイア]
はぁ!?
惨劇だなんて、そんな大袈裟な…▼
[デジェル]
父さんはあの光景を知らないから、
そんなことが言えるのよ…!▼
[ガイア]
…すまん。じゃあ、お詫びに
俺が料理を教えてやるよ。▼
上手くできたら皆に食べてもらおう。
あと、この飴もやるから元気出せ。▼
[デジェル]
う…うん…わかったわ…。
ありがとう、父さん…▼

支援A

[ガイア]
…よし、いい匂いのスープができた。
よく頑張ったな、デジェル。▼
これならきっと、皆に食べてもらえる。▼
[デジェル]
ありがとう。
父さんの教えが良かったおかげよ。▼
父さんたら、すごく手際がいいんだもの。
料理ができるなんて知らなかったわ。▼
[ガイア]
はは…ソワレが料理できないからな。
結婚してから練習したんだよ。▼
[デジェル]
そうだったんだ。
仲良しなのね。父さんと母さん。▼
[ガイア]
まぁ…な。▼
[デジェル]
…………▼
…ふふっ。▼
[ガイア]
なんだよ、急に。▼
[デジェル]
なんかね、こうしてると
普通の親子みたいだなって思って。▼
私は、父さんってどんなものか
知らなかったから…こういうの、嬉しい。▼

:[ガイア]デジェル…▼

[デジェル]
…なんてね。
ちょっとしんみりしちゃったわ。▼
さ、試食試食!▼
[ガイア]
…デジェル、お前はいつも
気丈で強い面しか見せないが…▼
俺の前では…もっと甘えていいんだぞ。▼
[デジェル]
父さん…。ありがとう…。
じゃあお言葉に甘えて…▼
[ガイア]
なんだ? 何でも言ってみろ。▼
[デジェル]
私にもっと料理を教えて!
このスープ、土みたいな味がする…▼
[ガイア]
……そうか。
…………土か。▼
[デジェル]
うん…▼
[ガイア]
大丈夫だ。食べ物の味になるまで…
俺が付き合ってやるから…▼
[デジェル]
うん……!▼

シンシア(親子)

支援C

[シンシア]
んー…ど、れ、に、し、よ、う、か、な!
ぶちっ!▼
[ガイア]
シンシア。花びらなんかむしって
何やってんだ。▼
[シンシア]
あっ、父さん! ちょうど良かった!
父さんはどれがいいと思う?▼
今度戦場でやる登場の演出を
花占いで決めてたんだけど、▼
やっぱり自分じゃ決められなくて…▼
[ガイア]
…花占いのやり方、間違ってないか?
まぁいいか。演出ってどんなのだ?▼
[シンシア]
候補その一、大量に煙幕を焚いて、
その中から光と共に登場。▼
[ガイア]
へぇー。▼
[シンシア]
候補その二、
死ぬほど花びらが舞い散る中で登場。▼
[ガイア]
ほぅ…▼
[シンシア]
候補その三、意表をついて民家から登場。▼
[ガイア]
………▼
[シンシア]
ね、父さん! どれがいいと思うー?▼
[ガイア]
えっ!? えーと…花びらのやつなんか
いいんじゃないか…?▼
[シンシア]
候補その二ね! りょーかい!
じゃあ父さんのためにたくさん花びらを▼
集めてこなくちゃ!
あ、花占いの後の花びらでいいかなー?▼
[ガイア]
はぁ!? …シンシア、まさか
俺の登場の演出を考えてたのか?▼
[シンシア]
そうだよ。だから父さんが来てくれて
ちょうど良かったと思って!▼
んふふ、候補その二を選ぶとは意外だったわ。
楽しみにしててね、父さん!▼

(シンシア、退場)

[ガイア]
お…おいシンシア!▼
…面倒なことになった。▼

支援B

[シンシア]
ご…ごめんね。父さん。▼
[ガイア]
何だあの花びらの量は!
埋もれて死ぬかと思ったぞ!▼
[シンシア]
いやー…母さんにも手伝ってもらったら
いつの間にやらすごい量に…▼
[ガイア]
スミアまで手伝ってたのかよ…▼
[シンシア]
そうだよ。愛する奥さんと娘が
父さんのために頑張ったんだからー!▼
家族の愛に埋もれながら戦う父さん、
すっごくヒーローっぽかったよ!▼
まぁ正直…花びらでほとんど
見えなかったけど…えへへ。▼
[ガイア]
はぁ…どうせなら菓子に埋もれたかったぜ。
いいか、次からこういうことはするなよ?▼
[シンシア]
えー!? もう父さんの演出とか
考えちゃダメなのー?▼
わかった! じゃあ戦場で使う
かっこいい決め台詞でも考えてみる!?▼
[ガイア]
…おい、シンシア。
戦場は遊びで行く場所じゃないんだぞ。▼
[シンシア]
…………。
…ごめんなさい…▼
でも、そういう話ぜーんぶダメなんだったら、
父さんと何を話したらいいの?▼
あたし、父さんが喜びそうな話なんて
できそうにないし。▼
普通の親子が普段何を話してるかも
あたしには…わかんないよ。▼
[ガイア]
シンシア…▼
まったく、お前はアホだな。
無理に話題を探す必要なんてないだろ。▼
こうやってシンシアが傍にいるだけで、
俺は十分嬉しいぞ。▼
[シンシア]
…ほんとに?
あたしが傍にいるだけで嬉しい?▼
[ガイア]
あぁ。▼
[シンシア]
やだ! 父さんったらうまいこと言って!
そうやって母さんを落としたんでしょー!?▼
でもでも、あたしも嬉しいよー!
父さん、だーーーーーい好きーーー!!▼
[ガイア]
ぐっ…! シンシア…!
強く抱きしめすぎ…く、苦しい……!▼

支援A

[シンシア]
ねぇねぇ父さん、頭なでなでしてー?▼
[ガイア]
あ、あぁ…▼
どうしたんだシンシア、
最近やけに甘えてくるな…▼
[シンシア]
だって父さん、あたしと一緒にいると
嬉しいって言ってくれたんだもん!▼
そうだ、今度一緒にお出かけしようよ。
その日は一日中あたしと一緒にいて?▼
[ガイア]
…? あ…あぁ…▼
[シンシア]
朝から町に行って、
ずっと手を繋いで歩いてー、▼
おいしいお店でご飯を食べてー、
夜は父さんと一緒に寝るの!▼
[ガイア]
!? 一緒に寝るだと…!▼
あのな、シンシア。
いくら親子とは言えそこまでは…▼
[シンシア]
絶対忘れられない一日になるよ!
ね、父さん!!▼
[ガイア]
おい、話を聞けって…▼
[シンシア]
…忘れないでね、父さん。
例え別の子の父さんになっても…▼
[ガイア]
……!!▼
[シンシア]
えへへー! 安心してよ、父さん。▼
父さんがあたしの本当の父さんじゃ
ないってことぐらい、わきまえてるからさ!▼
この時代のあたしが産まれたら、
甘えるのは一切やめにしまーす!▼
それまで付き合ってくれたら…いいの。
それでいいから…さ。父さん。▼
[ガイア]
………▼
シンシア…▼
[シンシア]
あたし、父さんには感謝してるんだよー?▼
父親ってどういうものか教えてくれて。
いっぱい甘えさせてくれて。▼
でも、それは本当は
あたしに向けられるものじゃないんだよね…▼
[ガイア]
…………▼
[シンシア]
…父さん? 泣いてるの?
もー、しょうがないなぁー。▼
よしよし。泣かないで、父さん。
ヒーローのくせに、かっこ悪いよ?▼
…困っちゃうなぁ。父さんはかっこいい
ヒーローでいてくれないと。▼
そうじゃないと…
心配で、ずっと一緒にいたくなっちゃうよ…▼

セレナ(親子)

支援C

[セレナ]
ねぇ父さん、あたしとデートしない?▼
[ガイア]
はぁ? なんでお前と…▼
[セレナ]
なによ! 娘が父親と出かけるのに
理由がいるわけー?▼
娘からのデートのお誘いって言ったら、
大抵の父親は泣いて喜ぶんだから!▼
[ガイア]
まぁ…確かに娘と出かけるのに
悪い気はしないな。▼
いいぜ、どこに行きたいんだ?▼
[セレナ]
えっとね、この先にある町に行きたいの。
可愛いお洋服のお店がいっぱいあったのよ!▼
[ガイア]
ほぉ、お前は洋服が好きなのか。
ま、年頃の女の子はそうだよなー。▼
[セレナ]
あはは、今は父さんだって
あたしとあんまり年変わらないじゃない。▼
[ガイア]
はは、それもそうだ。▼
[セレナ]
…ねぇ父さん、今こうやって並んで歩くと
あたしたちきっと、恋人同士に見えるわね…▼
[ガイア]
はぁあ?▼
[セレナ]
あ…あたしなんかが隣じゃ…嫌かな?
やっぱり母さんの方がいい…?▼
[ガイア]
あ…いや、そんなことはないぞ。
お前は可愛い顔してるしな。▼
連れて歩いていたら鼻が高い。▼
[セレナ]
ほんとに!? うれしい!▼
ねぇ父さん…あたし、町に行ったら
欲しいものがあるんだけど…▼
買って欲しいって言ったら…困る?
母さんに悪いかなぁ…?▼
[ガイア]
えっと…娘に物を買うぐらい悪くないだろ。
いいぜ、何でも買ってやる。▼
だからもっと元気出せ。▼
[セレナ]
うん! ありがとう、父さん!
だーいすきー!▼
[ガイア]
うっ…なんか照れるな…▼
[セレナ]
……ふふ、ちょろいもんだわ。▼

支援B

[セレナ]
父さん、この前はありがとー。▼
いっぱいあたしの欲しいもの買ってくれて、
とっても嬉しかったわ。▼
[ガイア]
…まさかあんなに買わされるとはな…。
どこで物のねだり方を覚えてきやがった…▼
[セレナ]
ねぇ父さん聞いてるー?▼
[ガイア]
…聞いてる。▼
[セレナ]
良かった! …ねぇ、あたしまた
父さんとデートしたいなぁ?▼
実は素敵な装飾品のお店を見つけたの!
すぐそこの町にあるんだけど…▼
[ガイア]
ダメだ!▼
[セレナ]
えっ…なんで?
あたし…何か悪いことしちゃった…かな?▼
[ガイア]
うっ…! そんな目で俺を見るな!
ダメなものはダメなんだ!▼
このまま物を買い与えたら
お前のためにならない。▼
[セレナ]
ちっ…▼
[ガイア]
露骨に態度変えるなって。▼
別に買わないって
言ってるわけじゃないんだぞ?▼
[セレナ]
えっ、ほんと?▼
[ガイア]
あぁ。軍のために手伝いをしてきたら
その報酬として、▼
お前の欲しいものを
ひとつだけ買ってやるよ。▼
[セレナ]
はぁあ!? お手伝い~!?
信じらんない! 子供かっつーの!▼
[ガイア]
現に子供だろ…▼
…いいか、セレナ。若いうちの苦労は
買ってでもしろという言葉があってな…▼
[セレナ]
苦労なら未来で嫌ってほど
してきたんだけどー?▼
[ガイア]
ぐっ…! と、とにかく俺はもう、
むやみに物を与えることはしないぞ!▼
欲しいものがあるなら
手伝いのひとつでもしてこい!▼
[セレナ]
あーはいはい、やりゃあいいんでしょー?▼
その代わり、ちゃんとできたら
あたしの欲しいもの買ってよねー!▼
[ガイア]
あぁ、約束は守る。▼

支援A

[セレナ]
これをこうして…こう。
…あっ! また壊れたー!▼
もーーー! なんで何もかも
うまくいかないわけーーー!?▼
[ガイア]
…セレナ? 何してんだ?▼
[セレナ]
!! 父さん…。
何って、武器の整備してんのよ…▼
軍の手伝いしろって言ったでしょ…。
だからその…▼
[ガイア]
はぁ…それにしても…
また派手に壊したな…▼
[セレナ]
…だって、磨こうと思ったら
勝手に壊れるんだもん。▼
どーせあたしは…母さんみたいに
何でもできる子じゃないわよ…▼
[ガイア]
セレナ…?▼
[セレナ]
お料理しようと思ったら焦がしちゃうし、
薪割りも天幕張りも全然できないし、▼
手伝いどころか
みんなに迷惑かけちゃったわ…▼
父さんも、あの母さんの娘が
あたしみたいなのでがっかりしたでしょ?▼
[ガイア]
…………▼
[セレナ]
何よ。言いたいことあるなら言えば?▼
[ガイア]
…がっかりなんか、していない。
俺はお前が来てくれて嬉しい。▼
[セレナ]
…はぁ!? そんな嘘なんかついて
あたしのことバカにしてんの!?▼
今までみんな、あたしが何か失敗すると
母さんと比べて役立たずだって言ったもの!▼
母さんの一番近くにいた父さんが、
同じこと思わないはずないわ!▼
[ガイア]
…俺はお前を誰かと比べたりしない。
だって、セレナはセレナだろ?▼
他の誰でもない、
大切な…俺の娘だろう。▼
[セレナ]
…!!▼
[ガイア]
俺はセレナのことが大好きだからな。
何があってもお前の味方でいてやるよ。▼
だから…二度とそういうこと言うな。
俺の方が悲しくなる。▼
[セレナ]
…………!▼
う…うぅ…! ご…ごめんなさい…!
ぅわぁぁぁぁぁん…!▼
[ガイア]
よしよし…辛い思いをしてきたんだな。
苦労しろなんて言って、悪かった。▼
手伝いは失敗したけど、
欲しがってた装飾品は買ってやる。▼
泣かせちまった詫びだと思ってくれ。▼
[セレナ]
…いらない。もう、そんなのいらない!
父さんがいればいい!▼
未来の時みたいに、勝手に死んだりしたら、
許さないんだからぁ~…!!▼
[ガイア]
…わかった。その依頼、受けるぜ。▼
今度こそずっと傍にいて、
お前のことを守ってやるよ…▼

ジェローム(親子)

支援C

[ガイア]
ジェローム。▼
[ジェローム]
…何だ、お前か。
私に何か用か?▼
[ガイア]
いや…別に用は無いが…▼
[ジェローム]
ならば声などかけるな。
私はお前と馴れ合うつもりはない。▼
[ガイア]
そ…そうかよ…▼
[ジェローム]
そうだ。▼
[ガイア]
あのさ、前から思ったんだが、
お前はせっかく俺と再会したのに、▼
ルキナみたいに『お父様!』とか
呼ばないのかよ。▼
[ジェローム]
…ふん。お前は私の父親ではない。
私の父親はとうにこの世を去った。▼
お前は、私の父によく似た別人だ。
別人を父と呼ぶ筋合いなどないだろう。▼
[ガイア]
うっ…なんだこいつ…!
可愛げのカケラも感じられん…!▼
いや、しかしこれは俺の経験から言うと、
親の愛に飢えてるってやつだな。▼
ほらほら、ジェローム。
父さんが飴やるから、機嫌直せ。な?▼
[ジェローム]
…バカげたマネを…▼
[ガイア]
甘いものに釣られない…?!▼
[ジェローム]
言いたいことはそれだけか?
ならば私はもう行くぞ。▼
私は今からミネルヴァちゃんの
世話をするのだ。▼
[ガイア]
ミネルヴァ…ちゃん?▼
[ジェローム]
はっ…! なな何でもない!▼
[ガイア]
ははーん…▼

支援B

[ガイア]
ジェローム、ミネルヴァちゃんの世話は
ちゃんとできたのか?▼
[ジェローム]
お前…! この前のこと
まだ覚えているのか…!▼
言っておくが、私はいつもその呼び名で
ミネルヴァを呼んでいるわけではないぞ!▼
[ガイア]
はぁ? この前のことって何だよ?▼
これはセルジュがそう呼んでるから、
俺もそう呼んでるだけだ。▼
[ジェローム]
あっ…!▼
[ガイア]
ふっ…ひっかかったな。
可愛いところもあるんじゃないか。▼
[ジェローム]
…………▼
[ガイア]
な、なんだよ睨むなよ。
ほら、この砂糖菓子やるからさ…!▼
えーと…これだけじゃ許せないってか?
じゃあこの焼き菓子もつけてやる!▼
[ジェローム]
……仕方ないな。▼
[ガイア]
ふぅ、助かった。▼
それにしても今の怒り方、
セルジュそっくりだったな。▼
[ジェローム]
何か言ったか?▼
[ガイア]
いや。それより、向こうにいるのは
お前のミネルヴァか?▼
[ジェローム]
あぁ。私の大切な相棒だ。▼
[ガイア]
なんか、怖さに磨きがかかってるよな。
凶悪さが増したとでも言うか…▼
[ジェローム]
何を言う。あんなに可愛い飛竜は
未来でもそうはいなかったぞ。▼
はぁ…あの鋭い眼差し、輝くうろこ、
鋭い牙…どれをとっても可愛い…って、▼
何を言わせるのだ!!▼
[ガイア]
お前が勝手に言い出したんだろうが。▼
[ジェローム]
くっ…! 行くぞ、ミネルヴァ!▼
(ジェローム退場)
[リヒト]
あ、逃げやがった。▼

支援A

[ガイア]
よっ、ジェローム。
今日もミネルヴァと一緒なんだな。▼
[ジェローム]
なんだ? またお前は
私をからかいに来たのか…?▼
[ガイア]
いや、そろそろ俺のことを父さんって
呼ぶんじゃないかと思ってな。▼
この前はかなり本音を
話してくれたみたいだったし。▼
[ジェローム]
…本音だと?▼
[ガイア]
『ミネルヴァちゃん、可愛いー』って
言ってただろ、お前。▼
あの時のお前、
顔が緩みきってたぞ。▼
[ジェローム]
!!! …ミネルヴァ!
こいつを少し脅してやれ!!▼
…………▼
…………ミネルヴァ?▼
[ガイア]
ミネルヴァは俺を脅さないぞ。
こいつは俺の、家族だからな。▼
よしよしミネルヴァ。
俺のこと覚えててくれてるんだな。▼
[ジェローム]
ミネルヴァ…▼
ミネルヴァは、
そいつのことを家族と認めるのか?▼
そいつは、お前の知る私の父とは
別人なのだぞ。…それでも。▼
…………そうか。▼
[ガイア]
ん? ミネルヴァの奴
お前に何て言ったんだよ?▼
[ジェローム]
ふっ。家族だと言うわりには
ミネルヴァの言葉を理解できぬのだな。▼
[ガイア]
ぐっ…▼
[ジェローム]
まぁ良い。ミネルヴァはな、
お前のことを家族だと認めると言った。▼
ミネルヴァは未来で私を支えてくれた、
大切な存在だからな。▼
こいつがお前を認めると言うのなら、
私も…いくらか考えを改めることにする。▼
別人などと言ってすまなかったな、
…父さん。▼
[ガイア]
!! ジェローム!
いま俺のこと、何て呼んだ?!▼
[ジェローム]
くっ…! もう二度と呼ばん!
行くぞ、ミネルヴァ!▼
[ガイア]
待っててジェローム!
飴やるから、もう一回だけ言えよ!▼
[ジェローム]
しつこいぞ!!▼

マーク男(親子)

支援C

[マーク]
うーん、どうして僕は父さんのこと
覚えてないんでしょう…?▼
母さんのことはあんなにちゃんと
覚えてるのに…▼
母さんが立派な軍師だったってことも
一緒に勉強したことも覚えてるのに…▼
なーんで父さんのことは
きれいさっぱり忘れてしまったのか…▼
[ガイア]
どうした、マーク?▼
[マーク]
父さん!▼
すごいです、ちょうど今父さんのことを
考えてたんですよー!▼
これって運命!? 親子の運命!?
…あ、待って下さい。確か母さんが昔…▼
これは運命じゃない、絆だー!
みたいなことを言っていたような記憶が…▼
ってことで父さん、僕らがここで会ったのは
運命ではなく絆です!▼
[ガイア]
そうなのか。▼
[マーク]
そうですよ! 絆って素晴らしいです。
覚えてなくても呼び合うものなんですね。▼
…って、感心してる場合じゃ
ありませんでした。▼
僕、なんで父さんのこと覚えてないのか
ずーっと考えてたんです。▼
良かったら父さん…僕が父さんのこと
思い出せるように協力してくれませんか?▼
[ガイア]
別に構わないが…▼
[マーク]
良かった!
ではまた時間のある時に声をかけますね。▼
男同士の約束ですよ!
じゃあ僕はこれで!▼
(マーク退場)
[ガイア]
よく喋る奴…▼

支援B

[マーク]
父さんっ、今時間いいですか?▼
[ガイア]
あぁ、大丈夫だ。▼
[マーク]
やったぁ! じゃあ約束通り、
『記憶を取り戻そう大作戦』に▼
協力していただくことにします!▼
とは言ったものの、どうしたら記憶って
戻るんでしょうね…▼
頭を強くぶつけるのは
もう何度も試しましたし…▼
ゆらゆら揺れるものを見つめ続けるのも
僕には効果がありませんでした…▼
ねぇ父さん、どうしたらいいと思いますか?▼
[ガイア]
糖分とっても意味無いよなぁ…。
そうだ、俺の顔をじっと見てみるとか?▼
[マーク]
それだーーー!! 父さん天才です!▼
未来ではきっと見慣れていたはずですし、
じっと見てたら、何か思い出しますよね。▼
んー、なかなか良い策ですよこれは。▼
さすが天才軍師の母さんを
コロッと落としただけのことはありますね。▼
ではでは、失礼して…。
じーーーーーーーっ…▼
……………………▼
……………………▼
だめだーーー!!▼
何にも思い出せませんーーー!!▼
あぁ…この感じって、なんかこう…。
同じ文字をずっと見続けてたら▼
『あれ? これってこんな文字だっけ?』
みたいになる感じと似ています…。▼
父さんって…こんな顔でしたっけ?▼
[ガイア]
はぁ!? それを今
思い出そうとしてるんだろ!▼
[マーク]
ですよね…。すみません、
せっかく協力していただいたのに…▼
でも僕は諦めませんよ!
絶対に父さんを思い出してみせます!▼
というわけで、
また協力して下さいね、父さん!▼

支援A

[マーク]
はぁ…やっぱり今日もダメですね…▼
毎日毎日嫌というほど、
こうして父さんの顔を見ているのに▼
何にも思い出せないなんて
自分が情けなくなりますよ…▼
ほんとに…どうして……
うっ…ううっ…ぐすっ…▼
[ガイア]
お、おい! 何で泣くんだよ?▼
[マーク]
だ…だって…だって……!
僕…父さんのことも母さんと同じように▼
大好きだったはずなのに…!
思い出せないのが…辛いんです…!!▼
父さんが僕に作ってくれた思い出も
たくさんあったはずなのに…▼
何一つ覚えていられなかった自分が…
ほんとに…情けないんです…!▼
情けないんですよーーー!
びえぇぇぇぇん!!▼
[ガイア]
マーク…。▼
[マーク]
うっ…! ちょっと泣きすぎた…かな。
あ…頭が痛い…!▼
いたたた…!▼
……………あ!?▼
[ガイア]
どうした!?▼
[マーク]
……思い出し…ました。父さんのこと。
ほんとにちょっとだけ…ですけど。▼
父さんが僕に向かって、優しく笑って…
『マーク』って…名前を呼んでました…▼
ふふ、いつも見てる父さんの顔より、
少し年を取った顔でした…▼
…良かった。ちゃんと思い出せました。▼
ありがとう、父さん。
全部父さんのおかげです。▼
何だかこれで自信がつきました!
時間はかかるかもしれませんけど、▼
いつか父さんの記憶、
全部取り戻してみせますよ。▼
[ガイア]
俺も協力するぜ。特別にタダでな。▼
[マーク]
はい、ありがとうございます!▼

シャンブレー(親子)

支援C

[シャンブレー]
じーーーーー…▼
[ガイア]
なんだよシャンブレー。
俺の顔に砂糖でもついてるか?▼
[シャンブレー]
なぁ、父ちゃん。父ちゃんはさ、
…浮気なんかしてないよな?▼
[ガイア]
なっ…! 何を言い出すんだ!?▼
俺が浮気なんかするわけないだろ。
見ての通り、ベルベット一筋だぜ。▼
[シャンブレー]
ふーん…ならいいんだけどさ。▼
[ガイア]
なんでいきなりそんなこと言うんだ。
誰かに何か言われたか?▼
[シャンブレー]
いや…何か言われたわけじゃないんだけど、
この前ぼんやり考えてたんだ。▼
もし父ちゃんがここで
母ちゃん以外の女性に走ったら▼
俺の存在ってどうなるんだろーって。▼
[ガイア]
はぁ!?▼
[シャンブレー]
俺、今まで父ちゃんと母ちゃんが
生きていさえすれば▼
この時代の俺が生まれて、
絶滅しないで済むと思ってたんだけど…▼
よく考えたら、
二人とも生きてる状態でも▼
父ちゃんが他の女に走っちゃったら
絶滅するじゃん! って。▼
ひいぃ…それはまずいよ!
まずいだろ!? な? 父ちゃん!▼
[ガイア]
な? って言われてもな…▼
[シャンブレー]
というわけで、これからは
父ちゃんが女に近づかないよう監視します!▼
[ガイア]
はぁあ!?▼
[シャンブレー]
あ、もちろん戦いのときは
しょーがないってのはわかるぜ?▼
というわけで、よろしくー。▼
[ガイア]
…なんなんだよ、一体…▼

支援B

[シャンブレー]
父ちゃーん…▼
[ガイア]
なんだよシャンブレー、
この世の終わりみたいな顔して。▼
[シャンブレー]
昨日が十三回、おとといが八回。
この数字何だと思う…?▼
[ガイア]
…俺が菓子を落とした回数か?▼
[シャンブレー]
違うよ父ちゃん! これは父ちゃんが
女の人と喋ってた数!▼
うぅ…この前あんなに
浮気しないでって言ったのに!▼
父ちゃんの節操無しー!!
絶滅するー!!▼
[ガイア]
浮気だなんてそんな大袈裟な…。
ほとんどあいさつの類だろうが。▼
[シャンブレー]
でも、雑談してたのもばっちり聞きましたー!
タグエルの聴力は素晴らしいからなーっ!▼
[ガイア]
はぁ…確かに素晴らしいが…▼
…いいかシャンブレー、俺が女と
話したら即刻浮気だと思うのはやめてくれ。▼
戦場では仲間との意思疎通は
とても大切なものなんだ。▼
お前だって、仲間のルキナと今後一切
話すなって言われたら困るだろ?▼
[シャンブレー]
………困る。▼
[ガイア]
だったらわかるな?
俺は絶対に浮気なんかしないから。▼
[シャンブレー]
…そ、そんなこと言ったって、
先のことなんかわからないだろ!?▼
今は絶対って言ってても、
そんなの今だけの嘘かもしれない!▼
絶対帰ってくるって言った父ちゃんが
もう帰ってこなかったみたいに…!▼
[ガイア]
なんだと…▼
[シャンブレー]
何でもない。…もう監視するのはやめるよ。▼
でも、本当に浮気なんかしたら、
今度こそ父ちゃんを許さないからなー!!▼
(シャンブレー退場)
[ガイア]
俺は…未来であいつに
嘘ついたまま、死んだのか…▼

支援A

[ガイア]
探したぞ、シャンブレー。▼
[シャンブレー]
父ちゃん…。どうしたの?
俺、もう監視なんかしてないぞ?▼
[ガイア]
そうじゃない。お前に一つ、
謝っておきたいことがあってな。▼
未来で、お前に嘘をついたまま
いなくなってしまって…すまなかった。▼
[シャンブレー]
なっ…! 何だよ…それ…!
俺の父ちゃんの代わりに謝ったって▼
意味無いんだよ! お前なんか、どうせ
俺の本当の父ちゃんじゃないんだからな!▼
[ガイア]
あぁ。お前も…
俺の本当の息子じゃないけどな。▼
[シャンブレー]
……っ!▼
[ガイア]
そんなこと、お互いわかってるだろうが。▼
それでも、俺はお前のことが大切だし、
本当の家族みたいに思ってる。▼
未来の俺がしてやれなかったことを、
代わりにしてやりたいとも思ってる。▼
お前だって…そうじゃないのか?▼
[シャンブレー]
…そうだよ。俺だって、父ちゃんのことが
大切だった。いや、大切だから。▼
父ちゃんが俺の父ちゃんじゃなくなるのが
すごく…嫌だったんだ。▼
俺の本当の父ちゃんが
どんなに節操無しでも、嘘つきでも…▼
もう二度と会えなくても…大好きだから!▼
この時代の俺の父親になる人は…
絶対に父ちゃんじゃなきゃ嫌だって…▼
だから…浮気調査なんてマネまでして…!
俺、バカだよな。ほんと…バカだ…▼
[ガイア]
…シャンブレー、もう一度約束していいか?
お前にとってはもう遅いかもしれないけど…▼
俺は今度こそ死なない。
もちろん浮気だってしない。▼
愛するベルベットとシャンブレーに誓う。
今度こそ…絶対に。約束するぜ。▼
[シャンブレー]
…………父ちゃん。▼
…うん。ありがとう。
俺、父ちゃんのこと信じるよ…▼
[ガイア]
そうか。良かった。▼
[シャンブレー]
ふぅ、これで絶滅しないで済むよー。▼
良かったなー、この時代の俺!
お前の父ちゃんは、立派な人なんだぞー!▼
[ガイア]
…なぜ俺のお腹をさすりながら言う?▼

ロラン(親子)

支援C

[ロラン]
父様。これ、父様の物ですよね?
向こうに落ちていましたよ。▼
持ち物の管理は
きちんとしてくださいね。▼
[ガイア]
すまんな、ロラン。
お前…本当にミリエルそっくりだな。▼
[ロラン]
親子なのですから、当然です。▼
[ガイア]
ま、そうなんだけどさ。▼
あまりにも母親似だから…こう、
俺に似てるところも探したくなるよな。▼
[ロラン]
ありますよ、父様に似ているところ。▼
[ガイア]
へぇ…どこだよ?▼
[ロラン]
髪の色です。▼
[ガイア]
…まぁそれは見ればわかる。▼
それ以外は何かないのか?
俺に似て甘いものに目が無いとかさ。▼
[ロラン]
…そのようなことはありませんね。▼
というか、その点に関しては
似なくて良かったとさえ思いますよ。▼
[ガイア]
…冷たいな、お前。
もうちょっと子供らしくできないのか?▼
[ロラン]
…戦時に子供らしく振舞っても、
他人の邪魔になるだけでしょう。▼
それに…僕はおそらく、
ルキナよりも年上になっていますから。▼
もう子供のようにはしゃぐような
年齢ではないのですよ。▼
[ガイア]
はぁ? お前がルキナより…年上?
それはあり得ないだろ。▼
ルキナはもう赤ん坊として
存在してるけど、お前はまだ…▼
[ロラン]
…少し話しすぎましたね。
すみません父様、僕はこれで失礼致します。▼
(ロラン退場)
[ガイア]
おい、ロラン!
…どういうことだよ。▼

支援B

[ガイア]
ロラン!▼
[ロラン]
あぁ父様、こんにちは。
僕に何か用でしょうか?▼
[ガイア]
この前の…お前がルキナより
年上だとか言ってた件、▼
あれ、どういうことだ?▼
[ロラン]
…まったく父様は、こういうことだけ
記憶力が良いんですから。▼
簡単な話ですよ。
飛ばされる時間にズレがあったんです。▼
ルキナがこの時代に来たのは
ペレジアとの戦争が始まった約二年前。▼
それに対して、僕がこの時代に来たのは
もう五年ほど前になるでしょうか…▼
[ガイア]
そんなにズレがあったのか!?▼
[ロラン]
…はい、ですから僕は…▼
ルキナよりも三年、多くの時を
ここで過ごしていることになります。▼
歳の差など、その間に
すっかり追い越してしまっているでしょうね。▼
[ガイア]
お前…五年間も…
この時代に、たった一人で…?▼
[ロラン]
はい。だから言ったでしょう。
もう子供のようにはしゃぐ年齢ではないと。▼
これで父様の疑問は解けましたよね。
それでは、僕はこれから用があるので…▼
[ガイア]
ちょっと待て。
お前…どうして今まで言わなかった。▼
五年間も仲間と離れて…
寂しくなかったのか…?▼
[ロラン]
…寂しくなんかありませんよ。
僕はもう、大人なんですから…▼
(ロラン退場)
[ガイア]
…………▼
ロラン…▼

支援A

[ガイア]
ロラン。▼
[ロラン]
父様…どうしたのですか?
まだ何か疑問でも残っているのですか?▼
[ガイア]
あぁ。今日はお前に……。
……こちょこちょこちょ!▼
[ロラン]
あ、あはははっ! ちょ、ちょっと父様!
何でいきなりくすぐるんですか…!▼
[ガイア]
ふっ…。お前、やっぱり
笑ってた方がいいぞ。▼
[ロラン]
…は!?▼
[ガイア]
お前、ずっと大人ぶってるけど、
なんか無理してないか?▼
そうやって笑ってる方が、
子供らしくてずっといいぞ。▼
[ロラン]
…何を言うかと思えば…。
言ったでしょう、僕はもうそんな歳じゃ…!▼
[ガイア]
歳なんか関係ねぇよ。▼
ロランがルキナより…俺より年上でも、
どんだけ歳取っていようとも…、▼
お前は大事な…俺の子供なんだ。▼
[ロラン]
…………!!▼
[ガイア]
それに、お前はもう一人じゃない。
仲間も…父さんもいる。▼
少しぐらい甘えたって、
誰もお前のことを咎めたりはしない。▼
[ロラン]
…………▼
…………父様。
僕、本当は…寂しかったんです。▼
何年も何年も、たった一人で…
知っている人も誰もいない時代で…▼
会えるのかどうかも分からない
仲間たちを待って………▼
だれにも頼れなくて、
弱音を吐ける相手もいなくて……▼
…辛くて死にそうだったんですよ!
うっ…ううっ……!▼
[ガイア]
あぁ…そうだな…。
見つけてやれなくて、すまなかった…▼
これからは、ずっといるから。
もう、一人にはさせないからな…▼

ノワール(親子)

支援C

[ノワール]
ぐすっ…ぐすっ…うぅ。▼
[ガイア]
ノワール、どうしたんだお前…
泣いてるのか?▼
[ノワール]
ぐすっ…父さん…違うの。▼
これは母さんに、三日間鼻水が
止まらなくなる呪いをかけられて…▼
[ガイア]
はぁ!? なんなんだ、その
ものすごく微妙な呪いは…!▼
[ノワール]
はぁ…母さんは珍しい呪いを試すのが
大好きだから、仕方ないわ…▼
新しいものを見つけては、
私を使って試すんだから…ぐすっ。▼
[ガイア]
大丈夫か? 鼻水があふれてるぞ。
…ほら、砂糖菓子の包み紙。▼
[ノワール]
あ…ありがとう。ちーーーん!!▼
[ガイア]
それにしても、娘が三日間も
鼻水を垂らしてるなんて可哀想だな。…▼
よし、ノワール。俺がサーリャに
呪いをやめるよう言ってきてやるよ。▼
[ノワール]
えっ…ほんとに?▼
でも父さん…未来では
母さんに口答えするたび、▼
返り討ちされて泣き寝入りしてたんだけど
大丈夫なの…?▼
[ガイア]
何だと…!?
俺は…そんなに尻に敷かれてたのか…▼
[ノワール]
えぇ…▼
[ガイア]
くっ…! でも今の俺が
そうなるとは限らない。▼
見てろよノワール、父さんが
頼りがいのあるところを見せてやる…!▼
[ノワール]
ひいぃ…! 父さんが何だか
いつもと違うように見える…!▼
これはもしかして、ちょっと期待できるのかも…ぐすっ。▼

支援B

[ガイア]
すまん、ノワール…ぐすっ。
かっこ悪い父さんで…▼
[ノワール]
泣かないで、父さん…
まぁこうなるだろうとは思ってたから…▼
大人が泣くなんて、みっともないわよ…▼
[ガイア]
泣いてない! これは五日間鼻水が
止まらなくなる呪いだ!▼
[ノワール]
まんまと返り討ちにあう父さん…
未来とおんなじね…▼
[ガイア]
そういえばこの前
そんなこと言ってたな…▼
だが代わりにお前の呪いは
解いてもらってきたぞ。感謝しろ。▼
[ノワール]
それも未来とおんなじ…▼
いつも父さん、自分が呪われる代わりに
私のことを助けてくれたわね…▼
[ガイア]
これも同じなのか!? 俺ってことごとく
未来と同じ運命を辿ってるみたいだな…▼
[ノワール]
そう…そうね。私たち、こうやって
同じ運命を辿るしかないのかしら…▼
[ガイア]
どうした?▼
[ノワール]
私が来ても、父さんは変わらなかった。
…どうせ何をしたって同じなのよ。▼
父さんも母さんもいなくなって
私はまた一人になるの…▼
もう一度あの未来を辿るのなら…
やっぱりここに来た意味なんて…っ。▼
[ガイア]
お、おいノワール。泣くな…▼
[ノワール]
泣いてなどおらぬ!!▼
[ガイア]
ひいぃっ!?▼
[ノワール]
ふははは! 我がこのような些細なことで
涙を流すわけがなかろう!!▼
冗談はその鼻水を拭いてから言え!
この鼻垂れ親父が!!▼
[ガイア]
す…すまん…▼
[ノワール]
…なんてね…
ごめん父さん、ちょっと散歩してくるわ…▼
(ノワール退場)
[ガイア]
おい、ノワール…!▼
……同じ運命、か。
…ぐすっ。▼

支援A

[ガイア]
ノワール、ちょっといいか?▼
[ノワール]
あ…父さん…どうしたの?▼
[ガイア]
これを見ろ。▼
[ノワール]
ひ…ひいぃっ!! こ、これって…
母さんの呪い道具…!?▼
しかも、こんなにいっぱい…!
ななな何!? 私に何をする気…!?▼
[ガイア]
何もしない。というか、
お前に呪いをかけられないように、▼
呪い道具を全部没収してきたんだ。
サーリャから。▼
[ノワール]
えっ…!
母さんの呪い道具を没収だなんて…▼
そんなこと、父さんができたことなんて、
一度もなかったのに…!!▼
[ガイア]
お前、この前俺があまりにも▼
未来の俺と同じ道を辿るから▼
どうせ運命なんて
変わらないって言ってたろ?▼
だから俺が…未来の俺にも
できなかったことをしたら、▼
その心配が消せるんじゃないかと思ってな。▼
[ノワール]
父さん…
そうね…私の知る父さんは…▼
母さんの呪い道具に触ったことすら
無かったわ…ましてや没収なんて…▼
そっか…未来なんていくらでも
変わるのよね。変えられるのよね…▼
[ガイア]
お前が来たから、俺も変われた。
一緒なら、もっと変えていけるはずだ。▼
[ノワール]
…父さん…ありがとう…
……今度こそ、死なないでね……▼
[ガイア]
…当たり前だろう。
殺したって死なないでいてやる。▼
[ノワール]
……良かった。▼
[ガイア]
…って、あの殺気立った人影は何だ!?
屍兵…いや、サーリャか!!▼
[ノワール]
呪い道具を没収されたこと…
相当怒ってるのね…▼
[ガイア]
あー、あの顔はやばい! やばいぞ…!
言ってるそばから命の危機だ…!▼
悪い、ノワール! またな!▼
(ガイア退場)
[ノワール]
あっ…父さん…!▼
…ふふ、
結構逃げ足が速いのね。▼
…あんなに本気で父さんを
追いかけまわす母さんも、初めて見たわ…▼
そうよね…
もうあんな未来にはならない。▼
私も…
ちょっとだけ信じてみようかしら…▼

ンン(親子)

支援C

[ンン]
はぁ…お母さんにも困ったものです。▼
いつもいつも遊んでばかりいて、
まるで緊張感がないんですから…▼
[ガイア]
どうした? ンン。
そんなにため息ついて。▼
[ンン]
あ…お父さんですか。
いえ、お母さんはなんであんなに▼
子供っぽいのかと思いましてですね。▼
お母さんたら、ろくに軍の手伝いもせず、
遊んでばかりいるですよ?▼
[ガイア]
はは、そんなことでため息ついてたのかよ。
お前のほうが母親みたいだな。▼
ま、ノノはああいう性格だから
仕方ないんじゃないか?▼
[ンン]
もう。お父さんがそんな風に甘やかすから▼
お母さんがいつまで経っても
子供っぽいままなんですよ。▼
[ガイア]
うっ…▼
[ンン]
というか、お父さんはお母さんの
どこがよかったですか。▼
あんなに子供っぽいのに、
よく女として見れましたですね。▼
それともアレですか? お父さんは
幼い少女しか好きになれないのですか?▼
[ガイア]
ぶーーーーっ!!
お、お前…父親に対して何てことを…!▼
[ンン]
うろたえるなんて怪しいです。
さては図星なのですね!?▼
[ガイア]
そ…そんなことないぞ!?
俺は大人の女性も大好きだ…って▼
なに言わせんだよ!▼
[ンン]
ふーん…。
ならばますます怪しいのです。▼
お父さんはなぜお母さんを選んだですか!
さぁ白状するです!▼
[ガイア]
そ、そんなこと娘に言えるかよ!
砂糖菓子やるから、勘弁してくれ…!▼
[ンン]
あっ! 逃げるとは卑怯なのです!
待てですーーー!!▼

支援B

[ンン]
お父さん! やっと捕まえたですよ。
さぁこの前の続きを聞かせるです!▼
[ガイア]
ンンか…お前もしつこいな。▼
俺が何でノノを選んだかなんて
娘に言うことじゃないだろうが…▼
[ンン]
いーえ! 教えて欲しいのです。▼
男女の馴れ初めがきになるのは
女子として当然のことなのです!▼
お父さんは女心がわかってないのです。▼
[ガイア]
その歳で女心を語るのか…?▼
[ンン]
女性に年齢の話をするなんて
失礼なのですー!▼
[ガイア]
ぐっ…!
また一人前な発現を…!!▼
ンン! あまりしつこいと
父さん怒るぞ?!▼
[ンン]
…………!!▼
ご…ごめんなさい、なのです。▼
私が…悪かったですよ。
お父さんを…困らせてしまうなんて。▼
[ガイア]
えっ…いや、
わかってくれればいいんだが…▼
[ンン]
…なら良かったです。
私、ちょっと聞きわけのない子でしたね。▼
[ガイア]
ンン…?▼
[ンン]
お父さんの時間を取って悪かったのです。
それじゃ、私は退散するですよ。▼
[ガイア]
お…おい、待て!▼
[ンン]
なんですか?▼
[ガイア]
い、いや…ちょっと拍子抜けしてしまって。
その、やけに諦めが良すぎると言うか…▼
[ンン]
あんまりしつこいと怒ると言ったのは
お父さんなのです。▼
[ガイア]
いや…それはそうなんだが。▼
[ンン]
大丈夫です。我慢するのは慣れてますです。▼
こんなこと、未来では
日常茶飯事だったですから。▼
それじゃお父さん、
今度こそ失礼するのですよ。▼
[ガイア]
あっ…おい!!▼
……ンン。▼

支援A

[ガイア]
ンン…▼
[ンン]
あっ、お父さん。こんにちはです。
何か私にご用なのですか?▼
[ガイア]
お前…この間
『我慢するのに慣れてる』って言ってたけど…▼
あれってどういうことだ?▼
[ンン]
あぁ…あれは、私が
よそのお家で育ったからですよ。▼
[ガイア]
よそのお家って…俺たちは?
ノノはお前の傍にいなかったのか?▼
[ンン]
は。私は物心ついた時から
お父さんもお母さんもいなかったです。▼
だから、お父さんの軍にいた人のお家に
引き取られて、育ててもらったですよ。▼
…でも、私は人間じゃないですから、
最初はあまり歓迎されなかったんです。▼
[ガイア]
ンン…▼
[ンン]
でも、そのうち私は人の顔色を
読むことを覚えたです。▼
言われる前にお手伝いをしたし、
屍兵からお家を守ったりもしました。▼
役に立ってさえいれば、みんな嫌がらずに
私の面倒を見てくれたです。▼
手のかからない、いい子だって
そりゃーもう大絶賛だったですよ?▼
でも…我慢することも多かったです。▼
遊びたいって言えなかったり、
寂しいって言えなかったり…▼
特に、お父さんとお母さんの話は
何だか口にしちゃいけないような気がして…▼
うぅっ…ずっとずっと…
聞けずにいたんです…ぐすっ…▼
[ガイア]
…………▼
[ンン]
だからこの時代に来た時は、
いっぱいお父さんとお母さんの話を▼
聞こうと思ったです…。
でも…お父さんの迷惑になるなら私は…▼
[ガイア]
…もういい、ンン。
もういいんだ…俺が悪かった。▼
お前が聞きたいんだったら、
ノノとの馴れ初めでも何でも言ってやる。▼
もし限定ものの焼き菓子を欲しがっても、
断腸の思いで全部くれてやるから…▼
だから…俺の前ではもう何も
我慢しないでいい。▼
[ンン]
うぅ…本当なのですか…!?
う、嬉しいのです…▼
ありがとうです…お父さん…▼
[ガイア]
いや、礼には及ばない。
…ほら、何か聞きたいことはあるか?▼
[ンン]
じゃあ…お母さんへのプロポーズのせりふを
白状するのです…▼
[ガイア]
…………えっ。▼

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-17 (日) 16:57:39