章別会話

 ノーマル

 オープニングシナリオ


(地名テロップ:帝国領内、リバン河畔 西)

[サザ]
……ミカヤ…
本気で戦うつもりなのか?▼
[ミカヤ]
デイン王国軍は…
ベグニオン帝国の要請に従い、
リバン河にてラグズ連合軍を叩く。▼
ペレアス王が決めたことよ。
わたしたち臣下はそれに従うだけ。▼
[サザ]
デインは復活した。▼
なのにどうしていまだベグニオンの
言いなりになるんだ!?▼
[ミカヤ]
……わからない。▼
サザも知っているでしょ?
即位してからのペレアス様は
変わってしまわれたわ。▼
いつも塞いでいて、
声を上げて笑うこともなくなった。▼
やっぱり、イズカ殿と…
漆黒の騎士様が行方知れずに
なったことが原因なのかしら……▼
[サザ]
…それにしても、俺たちはラグズ連合に
なんの恨みもないんだぞ?
戦う意味がない。▼
[ミカヤ]
でも、一部を除いて…
兵たちは喜んでいるようね。
公然と半獣狩りができるといって。▼
一匹仕留めるごとに、高額の報酬金が
でることになっているから…
否応なく士気も上がっているわ。▼
[サザ]
”半獣狩り”…か。
ご立派な大義名分だよ。▼
……ミカヤはどうなんだ?
あんたの気持ちが聞きたい。▼
[ミカヤ]
…わたしは……
戦いたくはない…▼
[サザ]
だったら……▼
[ミカヤ]
…だけど…
戦うしか、ないもの。
わたしはこの軍の将。▼
一個人の感情で動くことは許されないわ。
王の…そして兵たちの
信頼を裏切ることはできない。▼
[サザ]
…ミカヤ。▼
[ミカヤ]
……サザまで、わたしに
付き合う必要はないのよ?▼
ラグズ連合軍には、
…あのアイクっていう人が
参加してると聞いているわ。▼
わたしは……サザに
望まぬ戦いをさせたくない。
だから、この戦いは……▼
[サザ]
俺はあんたの傍を離れない。▼
ミカヤは俺が守る。
相手がたとえ
アイク団長でも変わりはない。▼
[ミカヤ]
…サザ……▼
[サザ]
さ、気を極限まで引き締めよう。
今まで戦ったどんな敵より……
ラグズ連合は脅威だ。▼
[ミカヤ]
どちらかしか生き残れないのなら――
デインの民が勝利する道を
わたしは選ぶわ。▼
そこに迷いはない…!▼


(画面暗転後拠点画面へ)

 進撃前

(その夜 リバン河畔 東)

[ライ]
先頭の部隊が河を渡り始めたが…
また…霧が深いな。
向こう岸がまったく見えないぞ。▼
[スクリミル]
……こちらに渡ってくるときは…
あの小さい軍師殿の奇策で
ラグズ連合の大勝利だったのにな…▼
[ライ]
元気だせよ、スクリミル。
おまえがそんな風だと、
全軍の志気まで下がっちまう。▼
[スクリミル]
俺は敗れた。
…こんななさけない姿で
どの面を下げ国に戻れるというんだ…▼
いっそ、戦いのうちに
死していればこんな思いなど……!!▼
[ライ]
スクリミル…!▼
[スクリミル]
いまの俺は…ただの腑抜けだ。
ほっといてくれ。
………頼む。▼
[ライ]
…………▼

キサ・リィレ生存時

[リィレ]
ねぇ、キサ…
なんか変な匂いしない?▼
[キサ]
…いや、特には。▼
[リィレ]
気のせいかなぁ…▼
[ライ]
どんな匂いだ?▼
[リィレ]
あ、ライ隊長ぉ!
…えーっとですねぇ、
何だったかなぁ、あのにおい…▼
あ、そう!
ベオクの使う”たいまつ”の
匂いに似てた気がします。▼
[ライ]
なにっ!?▼
[キサ]
…追っ手でしょうか?
どこにも気配はありませんが。▼
[ライ]
いや…風は
河向こうから吹いている。
まさか…▼
嫌な予感がする。
渡河は中止する!▼
キサ、リィレ!
おまえたちは
他の部隊に知らせろ!!▼
オレはひとっ走り、
先頭部隊へ知らせに行って来る!
くそっ!間に合えばいいが!▼

レテ生存時

[リィレ]
…やだ、なに……?
本当に敵がいるの?
うそ…▼
[キサ]
リィレ、おまえは
左翼の部隊に知らせを…
リィレ…!?▼


(画面暗転後、ミカヤ側へ)

[ミカヤ]
…まだよ、もっと引きつけて…
みんな、できるだけ
気配を殺したままで……▼


(ラグズ兵の虎が現れる)

[サザ]
先頭の姿が見えた…!▼
[ミカヤ]
総員、戦闘配備につき
攻撃開始っ!▼


(部隊編成画面へ)

進撃後

1ターン目終了時

レテ生存時

[レテ]
しまった…
待ち伏せか!?
くっ…▼
戻れ!
仲間たちよ、引き返せ!▼
[ガリア兵]
イやだ…▼
[レテ]
なんだと!?▼
[ガリア兵]
俺たちは獣牙族だ…!
誇りを捨ててまで生きるなら
戦いのうちに死すほうがましだ。▼
[レテ]
…………わかった。
こちらも退かず応戦しよう。
全軍、突撃!▼

レテ死亡時(代理のケジダ登場)

[ケジダ]
しまった…
待ち伏せか!?▼
[ガリア兵]
どうする、ケジダ隊長…
また…逃げるのか?▼
[ケジダ]
獣牙の往く道に、退路など存在せん!
全軍、突撃!▼

2ターン目終了時

レテ生存時

[ライ]
レテ!
ばかかおまえ、
何故退かない!?▼
[レテ]
…これ以上逃走すると、
獣牙の誇りに傷がつく……
だから引き返さないと…そう言われた。▼
[ライ]
部下がごねても、
無理にでも従わせるのが
上の責任で、務めだろう!▼
[レテ]
わかっている。
ここで退くのが正しい。▼
だが、退けば仲間たちの中で
もっと大切なものが崩れてしまう。
そう判断した。▼
[ライ]
……レテ…わかった。
…おまえが冷静な判断力を
失ってなかったようで安心したよ。▼
オレは、後方でスクリミルの護衛をする。
ここは任せたぞ!▼

レテ死亡時

[ライ]
ケジダ!
退けっ! すぐにだ!▼
[ケジダ]
いやだ。▼
[ライ]
何…!?▼
[ケジダ]
これ以上逃走すると、
獣牙の誇りに傷がつく……
だから引き返さずに戦う!▼
[ライ]
ケジダ、だが……▼
[ケジダ]
獣牙族の意地にかけて……
前方のベオクの囲みを突破してみせる。
だからここは、俺に任せてくれないか?▼
[ライ]
……わかった。
…その言葉、信用する。▼
オレは、後方でスクリミルの護衛をする。
ここは任せたぞ!▼

 3ターン目敵フェイズ(レテ・リィレ生存時)

[リィレ]
レテ…どこ?
どこにいるの?▼
[レテ]
…リィレ!?
おまえ…何故ここに?▼
[リィレ]
あぁ、レテ!
よかったぁ…
無事だったんだ。▼
[レテ]
な、何をふらふらしている!
自分の持ち場にさっさと戻れ!▼
[リィレ]

……ひどっ…!
わたしは………▼
………………
…もういい!
レテなんて死んじゃえ!▼
[レテ]
すまん、リィレ…
ここは危険だから……▼

 3ターン目終了時、漆黒の騎士登場

[漆黒の騎士]
…………▼
[ミカヤ]
騎士様!?
あぁ、ご無事だったのですね…
一体今までどちらに…?▼
[漆黒の騎士]
乙女よ。
何故このような戦いをしているのか……
私は…そなたに問わぬ。▼
[ミカヤ]
!▼
[漆黒の騎士]
そなたの身を護るため、私は来た。
ほかに理由はない。
私から離れるな。▼
[ミカヤ]
……わかりました。
では、わたしも何もお伺いしません。▼
だけど…またお会いできたのは
とても嬉しいです。
ご無事でよかった……▼
[漆黒の騎士]
…………▼

 エンドシナリオ

[ミカヤ]
……だめだわ。
ガリア軍は倒しても倒しても
こちらに向かってくる。▼
これじゃ消耗戦だわ。
どちらの犠牲も大きくなりすぎる……▼

レテの場合

[レテ]
くそっ、隙がない……!
どこかに一点でも穴があれば、
そこを突破口にするのに。▼

ケジダの場合

[ケジダ]
堅い……
俺たちの力でも、
押し通せない。
[ライ]
敵ながら見事な用兵術だな。
向こうの指揮官は
相当優秀なやつらしい。▼

レテの場合

[レテ]
ライ!?
スクリミル将軍はどうしたんだ!?
一緒に後方に控えているはずでは?▼

ケジダの場合

[ケジダ]
ライ!?
スクリミル将軍はどうしたんだ!?
一緒に後方に控えているはずじゃあ?▼
[ライ]
止めても聞きやしない。
それどころか、自分も戦うというのを、
周囲の奴らでやっと抑えている。▼

レテの場合

[レテ]
ならば、無様な戦いを
見せるわけにはいかないな。
もう一度、兵をまとめて……▼

ケジダの場合

[ケジダ]
そうか。将軍の前で
無様な戦いはできない。
もう一度、兵をまとめる……▼
[ライ]
待て、敵の動きが……▼
[ミカヤ]
全軍、攻撃中止っ!
ガリア軍にしばし
停戦を申し込みます!▼


(画面暗転後、ライとの会談)

[ライ]
…その黒鎧…
おまえたちはデイン軍だな?▼
何故、デインが
オレたちを攻撃するっ!?▼
[ミカヤ]
あなたがガリア軍の指揮官ですね?
わたしはミカヤ…
デイン王国軍の将です。▼

レテの場合

[レテ]
……おまえが!▼

ケジダの場合

[ケジダ]
おまえが!?▼
[ミカヤ]
我が王ペレアスが、▼
ベグニオン帝国からの
ラグズ連合軍討伐要請を受け入れました。▼
…もう、あなたがたに勝ち目はない…
これ以上の戦いは無益です。
降伏してください。▼

レテの場合

[レテ]
侮るな、ベオクよ!
降伏などするぐらいなら、
例え最後の一兵となろうとも我らは戦う!▼

ケジダの場合

[ケジダ]
侮るな、ベオクの女!▼
降伏などしない!
俺たちは戦う!▼
[ミカヤ]
後背をベグニオンに追われ、
正面にはわたしたちデイン軍がいます…
もう逃げ場はないんですよ?▼
[ライ]
…だったら、目の前のあんたたちを
打ち破って前に進むさ。
なぁ、スクリミル?▼


(スクリミルの咆哮が響き渡る)

[ミカヤ]
!▼
[サザ]
下がれ、ミカヤ!
いまの咆哮は…恐らく獅子だ。
獅子の力は、猫や虎とは桁が違う。▼
[ライ]
おまえ…サザだよな?
すっかり大きく育ったもんだ。▼
アイクもだが……
ベオクは成長が早くて驚くよ。▼
[サザ]
! アイク団長は…
やはり、そちら側にいるのか!?▼
[ライ]
……とりあえず、こっちの戦力は
いま居る分だけではないってことだ。
一応、忠告しとくよ。▼
[ミカヤ]
ま、待って…!▼
[サザ]
……無駄だ、ミカヤ。
追って河に入ったら
今度はこっちがやられるぞ。▼
[ミカヤ]
……▼

(画面暗転後、翌朝テント前)

[ミカヤ]
タウロニオ将軍!
将軍自らがいらっしゃるなんて。
王から何か……?▼
[タウロニオ]
いや、補給物資を届けに来た。
…視察もかねてな。▼
[サザ]
そういう名目で王を説得して
来てくれたんだな。
…心配をかけてすまない。▼
[タウロニオ]
まあ、そういうことだ。▼
ラグズ連合軍との戦いは、
ひとまず勝利であったそうだな。▼
[ミカヤ]
ですが…相手もまだ戦力を
残しているようです。▼
おそらく、近日中にふたたび戦端が
開かれることになるでしょう。▼
[タウロニオ]
まだ戦況は緊迫したまま…
ということか。▼
[ミカヤ]
タウロニオ将軍…!
わたしは…ラグズ連合軍を打ち破るよう、
最大限の努力をします。▼
ですから、彼らに勝利したそのときは……
その時にはどうか和睦を…▼
早期終戦をはかっていただくよう
お願いしたいと…
どうか、そう……お伝えください……▼
[タウロニオ]
……承知した。▼


(画面暗転後、セーブ画面へ)

 ハード・マニアック

 オープニングシナリオ

(地名テロップ:帝国領内、リバン河畔 西)

[サザ]
……ミカヤ…
本気で戦うつもりなのか?▼
[ミカヤ]
デイン王国軍は…
ベグニオン帝国の要請に従い、
リバン河にてラグズ連合軍を叩く。▼
ペレアス王が決めたことよ。
わたしたち臣下はそれに従うだけ。▼
[サザ]
デインは復活した。▼
なのにどうして
いまだベグニオンの
言いなりになるんだ!?▼
[ミカヤ]
……わからない。▼
サザも知っているでしょ?
即位してからのペレアス様は
変わってしまわれたわ。▼
いつも塞いでいて、
声を上げて笑うこともなくなった。▼
イズカ殿が行方知れずに
なったことが原因なのかしら……▼
[サザ]
イズカ殿もそうだが、同時期に
姿を消した漆黒の騎士のほうが…
俺には気になるんだけどな。▼
[ミカヤ]
でも、あの方は……
来た時も突然だったから……▼
イズカ殿は問題の多い方だったけど、
ペレアス様の即位を
とても喜んでいたのに…どうして……▼
[サザ]
……………
それより、目の前の戦いだ。▼
俺たちはラグズ連合に対し
なんの恨みもないんだぞ?
戦う意味がない。▼
[ミカヤ]
でも、一部を除いて…
兵たちは喜んでいるようね。
公然と半獣狩りができるといって。▼
一匹仕留めるごとに、高額の報酬金が
でることになっているから…
否応なく士気も上がっているわ。▼
[サザ]
”半獣狩り”…か。
ご立派なお題目だよ。▼
[ミカヤ]
…………▼
[サザ]
……ミカヤはどうなんだ?
あんたの気持ちが聞きたい。▼
[ミカヤ]
…わたしは……
戦いたくはない…▼
[サザ]
だったら……▼
[ミカヤ]
…だけど…
戦うしか、ないもの。▼
わたしはこの軍の将。
一個人の感情で動くことは
許されないわ。▼
王の…そして兵たちの
信頼を裏切ることはできない。▼
[サザ]
…ミカヤ。▼
[ミカヤ]
……サザまで、わたしに
付き合う必要はないのよ?▼
ラグズ連合軍には
ベオクの傭兵部隊がいると聞いてる。▼
それって……
サザがいつも話してた
グレイル傭兵団じゃない?▼
[サザ]
その可能性は高い…
いや、きっとそうだろうな。▼
[ミカヤ]
サザは、あの人と…
アイクって人と、
敵対したくないって思ってる。▼
わたしも……サザに
そんなことさせたくない。
だから、この戦いは……▼
[サザ]
俺はあんたの傍を離れない。▼
[ミカヤ]
でも……▼
[サザ]
ミカヤは俺が守る。
相手がたとえ
アイク団長でも変わりはない。▼
[ミカヤ]
…サザ……▼
[サザ]
さ、気を極限まで引き締めよう。
今まで戦ったどんな敵より……
ラグズ連合は脅威だ。▼
[ミカヤ]
わかってる。▼
どちらしか生き残れないのなら――
デインの民が勝利する道を
わたしは選ぶわ。▼
そこに迷いはない…!▼


(画面暗転後拠点画面へ)

 進撃前

(その夜 リバン河畔 東)

[スクリミル]
また…霧が深いな。
向こう岸がまったく見えん。▼
[ライ]
スクリミル!
先頭の部隊が河を渡り始めたぞ。▼
[スクリミル]
……前の戦いでは、
こちら側にびっしり
ベグニオンの陣形ができていたが…▼
あの小さい軍師殿の奇策で
ラグズ連合の大勝利だった。
それが…こんなことになるとはな。▼
[ライ]
元気だせよ、スクリミル。
おまえがそんな風だと、
全軍の志気まで下がっちまう。▼
[スクリミル]
俺は敗れた。
敗戦の将に何を期待する。▼
…こんななさけない姿で
どの面を下げ国に戻れるというんだ…▼
いっそ、戦いのうちに
死していればこんな思いなど……!!▼
[ライ]
スクリミル…!▼
[スクリミル]
いまの俺は…ただの腑抜けだ。
ほっといてくれ。
………頼む。▼
[ライ]
…………▼


リィレ・キサ生存時

[リィレ]
ねぇ、キサ…
なんか変な匂いしない?▼
[キサ]
…いや、特には。▼
[リィレ]
気のせいかなぁ…▼
なんか一瞬、
風に乗ってヤな匂いがしたように
思ったんだけど。▼
[ライ]
どんな匂いだ?▼
[リィレ]
あ、ライ隊長ぉ!
…えーっとですねぇ、
よく知ってる匂いなんですよぉ。▼
えーっと、えーっと
あ、そう!▼
ベオクの使う”たいまつ”の
匂いに似てた気がします。▼
[ライ]
なにっ!?▼
[リィレ]
ま、間違いかも…
ほんの一瞬だったし。▼
[キサ]
…追っ手でしょうか?
どこにも気配はありませんが。▼
[ライ]
いや…風は
河向こうから吹いている。
まさか…▼
[キサ]
上空を行く
天馬騎士、竜騎士には
細心の注意を払っていました。▼
河のあちら側に
敵はいないはずですよ!?▼
[ライ]
だが、嫌な予感がする。
渡河は中止する!▼
キサ、リィレ!
おまえたちは
他の部隊に知らせろ!!▼
それから、ムエザを呼んで
スクリミルの護りにつけておけ!▼
オレはひとっ走り、
先頭部隊へ知らせに行って来る!▼
[キサ]
了解しました!▼

レテ生存時

[リィレ]
…やだ、なに……?
本当に敵がいるの?
うそ…▼
[キサ]
リィレ、おまえは
左翼の部隊に知らせを…
リィレ…!?▼


(画面暗転後、ミカヤ側へ)

[デイン兵]
水音です。▼
[ミカヤ]
…まだよ、もっと引きつけて…
みんな、できるだけ
気配を殺したままで……▼


(ラグズ兵虎が現れる)

[サザ]
先頭の姿が見えた…!▼
[ミカヤ]
総員、戦闘配備につき
攻撃開始っ!▼


(部隊編成画面へ)

 進撃後

 1ターン目敵フェイズ

レテ生存時

[レテ]
しまった…
待ち伏せか!?
くっ…▼
戻れ!
仲間たちよ、引き返せ!▼
[ガリア兵]
イやだ…▼
[レテ]
なんだと!?▼
[ガリア兵]
逃げるのは、
モうイやだ。
獣牙の誇りに傷がツく。▼
オれたちは戦う!
戦ってヤつらを打ち破る!!▼
[ガリア兵]
俺たちは獣牙族だ…!
誇りを捨ててまで生きるなら
戦いのうちに死すほうがましだ。▼
[レテ]
おまえたち…
…………わかった。▼
こちらも退かず応戦しよう。
全軍、突撃!▼

レテ死亡時(ケジダ)

[ケジダ]
しまった…
待ち伏せか!?▼
[ガリア兵]
ドうする、ケジダ隊長…
[ガリア兵]
また…逃げるのか?▼
[ケジダ]
獣牙の往く道に、退路など存在せん!
全軍、突撃!▼

 2ターン目敵フェイズ

レテ生存

[ライ]
レテ!
ばかかおまえ、
何故退かない!?▼
[レテ]
いやだ……と言われた。▼
[ライ]
何だと!?▼
[レテ]
皆…これ以上逃走すると、
獣牙の誇りに傷がつく……
だから引き返さないと。▼
[ライ]
部下がごねても、
無理にでも従わせるのが
上の責任で、務めだろう!▼
おまえまで引きずられてどうする?▼
[レテ]
わかっている。
ここで退くのが正しい。▼
だが、退けば仲間たちの中で
もっと大切なものが崩れてしまう。
そう判断した。▼
[ライ]
……レテ…▼
[レテ]
獣牙族の意地にかけて……
前方のベオクの囲みを突破してみせる。▼
ここは、私に任せてくれないか?▼
[ライ]
……わかった。
…おまえが冷静な判断力を
失ってなかったようで安心したよ。▼

ケジダの場合

[ライ]
ケジダ!
退けっ!すぐにだ!▼
[ケジダ]
いやだ。▼
[ライ]
何…!?▼
[ケジダ]
これ以上逃走すると、
獣牙の誇りに傷がつく……
だから引き返さずに戦う!
皆、同じ気持ちだ!!▼
[ライ]
ケジダ、だが……▼
[ケジダ]
獣牙族の意地にかけて……
前方のベオクの囲みを突破してみせる。
だからここは、俺に任せてくれないか?▼
[ライ]
……わかった。
…その言葉、信用する。

3ターン目敵フェイズ(レテとリィレ生存時)

[リィレ]
レテ…どこ?
どこにいるの?▼
[レテ]
…リィレ!?
おまえ…何故ここに?▼
[リィレ]
あぁ、レテ!
よかったぁ…
無事だったんだ。▼
[レテ]
何をふらふらしている!▼
おまえの持ち場は
ここじゃないだろう!?
さっさと戻れ!▼
[リィレ]

……ひどっ…!
わたしは………▼
………………
…もういい!
レテなんて死んじゃえ!▼
[レテ]
すまん、リィレ…
ここは危険だから……▼

6ターン目、漆黒の騎士登場

[漆黒の騎士]
…………▼
[ミカヤ]
騎士様!?▼
[漆黒の騎士]
…乙女よ。▼
[ミカヤ]
あの、どうして……▼
[漆黒の騎士]
何故このような
戦いをしているのか……
私は…そなたに問わぬ。▼
[ミカヤ]
!▼
[漆黒の騎士]
私はただ、
そなたの身を護るため
ここに来た。▼
他に理由はない。▼
[ミカヤ]
……わかりました。
では、何もお伺いしません。▼
だけど…またお会いできたのは
とても嬉しいです。
ご無事でよかった……▼
[漆黒の騎士]
……………▼

会話

ツイハーク→レテ(敵軍に寝返り)

[ツイハーク]
待ってくれ、レテ。
話をさせてくれないか。▼
[レテ]
私とおまえは敵同士だ、
話すことなど何もない。▼
[ツイハーク]
どうしても、
降伏はできないんだな?▼
[レテ]
私は戦士だ。
この命尽きるまで戦う。▼
[ツイハーク]
……だろうな。▼
だったら、俺はそちら側につく。
処遇は好きにしてくれ。▼
[レテ]
! おまえ……なぜ!▼
[ツイハーク]
デイン兵の多くはこの戦いを……
『半獣狩り』と称していた。
俺が最も嫌いな言葉だ。▼
デインは変わる……
いままでそう信じて戦ってきた。
だが……▼
もうこれ以上、
俺はデインには協力できない。▼
[レテ]
…………
種族は違えど、おまえの魂は
すでに獣牙の兄弟なんだろうな。▼
歓迎する、ツイハーク…▼

ツイハーク→モゥディ(敵軍に寝返り)

[ツイハーク]
モゥディ……▼
まさかこんな形で
再会することになるなんて、な……▼
[モゥディ]
オお! ツイ、イハーク!▼
……ムぅ
スまナい、モゥディはマだ
オまえの名前をウまくイえない。▼
[ツイハーク]
…………▼
[モゥディ]
ツイイハーク?
ツイハ、ク?
ツ…イハーク?▼
オお! コんな感じだ。
ツ、イハーク!▼
[ツイハーク]
…………モゥディ、
君はまだ分からないのか?
俺と君の関係は……▼
[モゥディ]
知ってルぞ。
モゥディたちは仲間だ。▼
[ツイハーク]
!!▼
[モゥディ]
おまえは牙も尻尾もないが、
ちゃんと獣牙の兄弟だ。
ツイ、イハーク!▼
……ムぅ
マたイえナかった。スまない。▼
[ツイハーク]
……急がなくていい。
俺はおまえたちと行こう。▼
毎日呼んでいれば、
すぐに言えるようになるさ。▼
[モゥディ]
オお! ソれは名案だ。
モゥディも大賛成ダぞ!▼

ジル→レテ(蒼炎支援Aデータ引継ぎで発生)

[ジル]
…レテ!▼
[レテ]
おまえ…ジルか!?▼
どうしておまえが…
騎士を辞め、ダルレカに
戻ったんじゃなかったのか?▼
[ジル]
帝国の虐政からデインを救うため、
解放軍に加わって……▼
そのまま軍に留まっている。▼
[レテ]

待ち伏せをしていたのは
デイン軍なのか!?▼
[ジル]
…ベグニオンから要請があって、
ペレアス王が協力することを
決められた。▼
王に命じられた以上、
私たちは戦わざるを得ない。▼
[レテ]
そう…か。
ならば仕方ない。▼
[ジル]
私を責めないのか……?▼
[レテ]
何を責めることがある?
軍役に就くベオクは
王命に逆らうことなどできない…だろ?▼
おまえにはおまえの立場がある。
それを守り通せばいい。▼
だが…私たちは友だ。
敵対し、相争おうとも
その事実だけは変わりようはない。▼
[ジル]
レテ……!▼
[レテ]
いくぞ、ジル!
互いの実力は熟知している……
手加減無用でいこう。▼
[ジル]
……わかった。
互いの誇りに懸けて!▼

戦闘会話

 レテ初戦闘時

[レテ]
我ら獣牙族の総突撃、
止められるものなら止めてみろ!▼

ミカヤ⇔レテ初戦時

[レテ]
どけ! 邪魔をするな!▼
[ミカヤ]
どうしてこんな…
玉砕同然の戦い方……▼
[レテ]
臆したか、ベオク。
我らは尻尾を巻いて逃走などせん!▼
来るがいい、
我らと刺し違える覚悟が
あるのならな!▼
[ミカヤ]
……!
……退けないのは、
わたしたちだって同じ。▼
わたしたちの国の未来のために……
ここは絶対に通さない…!▼

サザ⇔レテ初戦闘時

[レテ]
おまえは……!▼
[サザ]
あんたは、レテ……▼
[レテ]
サザか……
敵ながら、
良い戦士に育ったものだ。▼
[サザ]
降伏してくれ、レテ。
あんたには
戦況が見えてるはずだ。▼
これ以上戦っても、
あんたたちの犠牲が増えるだけだ。▼
[レテ]
降伏はしない。
我らには命よりも
大切なものがある。▼
[サザ]
何を言ってる……!
死んだらそれで終わりなんだぞ!▼
[レテ]
黙れ!
我らはもう二度と
ベオクには隷従しない!▼

ツイハーク←レテ初戦闘時

(ツイハークからは攻撃できない)

[ツイハーク]
レテ……?▼
[レテ]
おまえは……
そうか、おまえも敵方にいたのか。▼
[ツイハーク]
レテ、降伏してくれ。▼
俺たちの指揮官は
血を望んではいない。▼
[レテ]
できない。
いくらおまえの言葉でも、
それだけは受け入れられない。▼
[ツイハーク]
レテ……!▼
[レテ]
くどい!
私とおまえは敵、
戦いしか道はない!▼
[ツイハーク]
く……▼

ジル⇔レテ初戦闘時

[レテ]
皮肉な巡り合わせだな……▼
初めて会った時、
私とおまえは敵同士だった。▼
[ジル]
ええ。それから
私たちは仲間になった。▼
けれど……▼
[レテ]
……感傷は邪魔だな。▼
今は戦だ……
戦うとしよう。▼
[ジル]
……女神よ………
あなたは
とても残酷な方です……▼

サザ⇔モゥディ初戦闘時

[モゥディ]
オぉ!
オまえ……覚えてイるぞ!
サザだ! スごく大きくナった!▼
[サザ]
…………
あんたをここで倒す。
いやなら牙を剥いて戦ってくれ。▼
[モゥディ]
ナ……!?▼

ツイハーク⇔モゥディ初戦闘時

[モゥディ]
オお! ツイ、イハーク!▼
……ムぅ
スまナい、モゥディはマだ
オまえの名前ウまくイえない。▼
[ツイハーク]
…………▼
[モゥディ]
デも、マた会えてウれしいぞ!
ツイ、イハーク!▼
[ツイハーク]
…………
すまない、モゥディ……▼

ジル⇔モゥディ初戦闘時

[モゥディ]
オお! ジルだ。
ヒさしブりだ!▼
? ドうした?
ジルは悲しい顔をシている。▼
[ジル]
モゥディ……ごめんなさい。▼
命まで奪いはしない。
でも、あなたに
怪我をさせることになる……▼
[モゥディ]
ナ、ナぜだ……?
モゥディはワからナい……▼

レテ撃破時(撤退)

[レテ]
く……強い……
力押しでは抜けられないか……▼
だが……我らは退かない。
退いてたまるものか……▼
この命が尽きようと……
獣牙族の誇りにかけて戦う!▼

モゥディ撃破時(撤退)

[モゥディ]
スまん……
モゥディはヤられた……
ウしろで傷をナおす……▼

ケジダ初戦闘時(ケジダ登場時のみ)

[ケジダ]
俺たちは戦う!
戦って道を切り開く!▼

ケジダ撃破時

[ケジダ]
ぐう……▼
だが……
俺たちの誇りは……
砕けない……!▼
退路などない!
この命尽きるまで
ただ戦うのみだ!▼

エンドシナリオ

[ミカヤ]
……だめだわ。
ガリア軍は倒しても倒しても
こちらに向かってくる。▼
これじゃ消耗戦だわ。
どちらの犠牲も大きくなりすぎる……▼


(対岸に視点が移動。レテとケジダでセリフが異なる)

レテの場合

[レテ]
くそっ、隙がない……!
どこかに一点でも穴があれば、
そこを突破口にするのに。▼

ケジダの場合

[ケジダ]
堅い……
俺たちの力でも、
押し通せない。
[ライ]
敵ながら見事な用兵術だな。
向こうの指揮官は
相当優秀なやつらしい。▼
[レテ(ケジダ)]
ライ!?
おまえは
スクリミル将軍のそばに……▼
[ライ]
だから来たんだよ。▼

レテの場合

[レテ]
……いるのか?▼

ケジダの場合

[ケジダ]
……将軍もここに?
[ライ]
ああ。
自分も戦うというのを、
周囲の奴らでやっと抑えている。▼

レテの場合

[レテ]
そうか…
ならば、無様な戦いを
見せるわけにはいかないな。▼
もう一度、兵をまとめて……▼

ケジダの場合

[ケジダ]
そうか。将軍の前で
無様な戦いはできない。
もう一度、兵をまとめる……
[ライ]
待て、敵の動きが……▼
[ミカヤ]
全軍、攻撃中止っ!▼
ガリア軍にしばし
停戦を申し込みます!
話し合いに応じてください!!▼


(画面暗転後、ライとの会談)

[ライ]
…その黒鎧…
おまえたちはデイン軍だな?▼
何故、デインが
オレたちを攻撃するっ!?▼
[ミカヤ]
あなたが…
ガリア軍の指揮官ですか?▼
[ライ]
…だとしたら?▼
[ミカヤ]
わたしはミカヤ…
デイン王国軍を率いています。▼
[レテ(ケジダ)]
……おまえが!▼
[ライ]
俺はライ…
ガリア軍の副将だ。
用件を聞こう。▼
[ミカヤ]
我が王ペレアスが、▼
ベグニオン帝国からの
ラグズ連合軍討伐要請を
受け入れました。▼
これより後、我がデイン軍も
ベグニオンを助けて参戦します。▼
…もう、あなたがたに
勝ち目はありません。▼
これ以上の戦いは無益です。
降伏してください。▼

レテの場合

[レテ]
侮るな、ベオクよ!▼
降伏などするぐらいなら、
例え最後の一兵となろうとも
我らは戦う!▼
貴様らの軍門になど下らぬ!!▼

ケジダの場合

[ケジダ]
侮るな、ベオクの女!▼
降伏などしない!
俺たちは戦う!▼
[ミカヤ]
後背をベグニオンに追われ、
正面にはわたしたちデイン軍がいます…▼
あなたたちに、
もう逃げ場はないんですよ?▼
[ライ]
…だったら、
目の前のあんたたちを
打ち破って前に進むさ。▼
[ミカヤ]
……それだけの兵力で、
わたしたちを破れると
思っているんですか?▼
[ライ]
試してみる価値はある…
なぁ、スクリミル?▼
[ミカヤ]
!▼
[サザ]
下がれ、ミカヤ!
いまの咆哮は…恐らく獅子だ。▼
策を練らないと……
獅子の力は、猫や虎とは桁が違う。▼
[ライ]
おまえ…サザだよな?
すっかり大きく育ったもんだ。▼
アイクもだが……
ベオクは成長が早くて驚くよ。▼
[サザ]
! アイク団長は…
やはり、そちら側なのか!?▼
[ライ]
……とりあえず、こっちの戦力は
いま居る分だけではないってことだ。▼
その子を連れて、さっさと
デインに戻ったほうがいい。
一応、忠告しとくよ。▼
[ミカヤ]
ま、待って…!▼
[サザ]
……無駄だ、ミカヤ。
追って河に入ったら
今度はこっちがやられるぞ。▼
[ミカヤ]
……▼


(画面暗転後、翌朝テント前)

[ミカヤ]
タウロニオ将軍!
王都守備の任につかれている将軍が
わざわざいらっしゃるなんて。▼
王から何か……?▼
[タウロニオ]
いや、補給物資を届けに来た。▼
[ミカヤ]
将軍自ら、ですか?▼
[タウロニオ]
視察もかねてな。
こちらの状況を確かめて、
王へ報告する。▼
[サザ]
そういう名目で王を説得したんだな。▼
[タウロニオ]
まあ、そういうことだ。▼
ラグズ連合軍との戦いは、
ひとまず勝利であったそうだな。▼
[ミカヤ]
…連合軍の渡河は
阻止することができました。▼
ですが、相手もまだ戦力を
残しているようです。▼
彼らがガリアに戻るには、
この河を渡るほかありません。▼
おそらく、近日中にふたたび戦端が
開かれることになるでしょう。▼
[タウロニオ]
まだ戦況は緊迫したまま…
ということか。▼
[ミカヤ]
タウロニオ将軍…!
将軍からペレアス様に
お伝えいただけませんか?▼
わたしは……
ラグズ連合軍を打ち破るよう、
最大限の努力をします。▼
彼らに勝利し、戦意を奪いますから……
その時にはどうか和睦を…▼
ベグニオンとの間に立ち
早期終戦をはかっていただくよう▼
重ねてお願いしたいと…
そう……▼
[タウロニオ]
……承知した。▼


(画面暗転後、セーブ画面へ)

 コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-06 (日) 17:09:16