拠点会話

拠点会話

セネリオ ☆

条件

  1. アイクとセネリオの支援レベルがAの『蒼炎』クリアデータを1度でも引き継いだ(必須)
  2. 『暁』でアイクとセネリオの支援レベルがA
  3. 封印されたアイクの記憶を見る(エルラン加入条件を満たす。必然的に二周目以降限定)
  4. 第四部終章メンバーにセネリオを入れ、かつ死亡していない 以上をすべて満たす

会話

[セネリオ]
アイク…… その…
あなたは…もしかして……▼
[アイク]
忘れてて、すまなかった。▼
[セネリオ]
!▼
[アイク]
思い出した、全部。
ガリアでのことを……
お前と出会った時のことを。▼
[セネリオ]
………あ……………▼
[アイク]
あの日……
母さんはミストを連れて
買い物に出かけ、▼
俺は…街をぶらぶらしながら
森の入り口のほうへ向かった。
そこに黒い髪の男の子が倒れていた。▼
[セネリオ]
…………▼
[アイク]
俺と同じぐらいの年に見えたが……
ひどく細くて汚れていて
いまにも死んでしまいそうだった。▼
俺は自分の昼飯を差し出した。▼
最初は警戒していたようだが
おそるおそる俺の手から
食べ物をひったくると夢中で食べていた。▼
俺はもう食べるものをもってなくて
うちに来ればいいと誘ってみたが
その子は首を振るばかりだった。▼
[セネリオ]
…………▼
[アイク]
じゃあ明日また同じ時間に
ここに食べ物を持ってくるからというと、
ずいぶん時間をかけてからやっと頷いた。▼
あのとき俺は、自分がはじめて
人の役に立った気がして嬉しかったんだ。▼
[セネリオ]
……僕も…嬉しかった。
飢餓が満たされたことより、▼
自分に声をかけて
助けてくれる人がいたことが……
とても…嬉しかったんです。▼
だから次の日も…村へ。
村人たちの冷たい仕打ちにあうのは
怖かったけど…それでも……▼
[アイク]
………そうか。
あそこはガリアだったからな。▼
べオクたちは
ラグズとの揉め事を避けるために
“印”のある子供に冷たかったんだな?▼
[セネリオ]
ええ…疫病神だと言われ
石をぶつけられました。▼
だけど、村は様変わりしていた。
そこら中に散らばる死体。
村人と…鎧をつけた兵士たち……▼
[アイク]
…メダリオンの【負】の気で
暴走した親父が…やったことだ。▼
[セネリオ]
僕は、あなたがいないかと
死体を1つ1つ調べてまわりました。
そして…そこにあなたはいなかった。▼
だからきっと生きていると思い
村にあるお金と食べ物を持って
べオクの国クリミアを目指したんです。▼
[アイク]
…セネリオ……▼
[セネリオ]
その道中の樹海で、
幾度も獣牙族に遭遇しました。▼
初めは恐ろしくて震えましたが、
襲われたことは
ただの一度もありませんでした。▼
何度めかに気付きましたが……
獣たちは、僕の何かを察知し
それで見えないように振舞うのだと。▼
見る目でわかるんです。▼
いきなり、さも汚い物を見るような
蔑んだ冷たい眼差しを向け
その後、何も見なかったかのように去る。▼
それは…ある意味、襲われるよりも
ずっと心を冷たくする行為でした。▼
自分はこの世に存在してはいけない者。
ただそこに居るだけで
嫌悪されるモノなのだと………▼
僕は…自分にそんな思いをさせる
獣を憎みました。▼
[アイク]
…………▼
[セネリオ]
クリミアについた僕は
一番近い教会を訪ねました。▼
そこでは、僕の“印”が役立ち
魔道の才のある子だということで
それなりの世話が受けられました。▼
話し方や一般的な常識を学んだ僕は、
クリミア国内を数年さ迷って……
やっと…あなたを見つけた。▼
[アイク]
…だが、俺は……▼
[セネリオ]
あなたは記憶を失くしていた。▼
だけど…それでもよかった。
僕はただもう一度だけ
あなたに会いたかっただけだから。▼
ただ1人だけ…僕に
暖かい手を差し伸べてくれた
少年に会いたかっただけだから。▼
[アイク]
セネリオ、泣くな。▼
[セネリオ]
泣く…?
僕は……泣いて…?▼
[アイク]
おまえ、頭がいいのに
普通のことが下手くそすぎだ。▼
ほら、来い。▼
[セネリオ]
こ、子供扱いしないでください。
僕は……そんな…………▼
[アイク]
いいから。▼
[セネリオ]
………▼
[アイク]
ったく、世話の焼ける。▼

(アイク近づく)

[アイク]
ほら。▼
[セネリオ]
……っ…▼
う……っ う…うぅ……
うわぁああああああああああ
うわぁああああああああああぁっ▼

結果

コメント



トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-20 (月) 07:02:03