ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記・マスターバイブル 最終更新日:2001/06/26

会話集/MAP7 王都解放

※未編集の仮公開版です。

このデータはぬお〜さんから頂いたものに、飛竜さんの追加・修正分を加えたものです。ありがとうございます。

category:ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 chapter:7 title:王都解放 (自軍ユニット配置) (フォーカス、リュナン) (背景 城下街へと続く道) [オイゲン] 左 リュナン様、別働隊は城下に 侵入いたしました▼ 攻撃開始のご命令を!▼ [マーロン] 右 オイゲン将軍、別働隊とは?▼ [オイゲン] 少数の者を東側の通用門より 侵入させたのです▼ なぜか門は開いておるし 見張りの兵士もおらぬ▼ コッダとは間の抜けた男ですな わっはっは▼ [マーロン] ……▼ まずいことになりました……▼ 東門には跳ね橋が仕掛けられており 敵をおびき寄せて包囲殲滅する 仕掛けになっております▼ コッダは我が軍を城内におびき寄せ 跳ね橋を上げて↓ 退路を断つつもりなのでしょう▼↓ [オイゲン] うっ……▼ま、まさか……▼ [リュナン](右) オイゲン、別働隊が危ない▼ 僕たちも城内に突入しよう▼ [オイゲン] はっ……▼ただちに!▼ (背景 フィールドマップ) (フォーカス 拠点、コッダ) (背景 砦入り口) [コッダ] 右 わっはっは……▼ 作戦どおり敵は分断された▼ ベロム、まずは城下の敵を殲滅せよ▼ 各個撃破は兵法の基本だ▼ [ベロム] 左 はっ、ただちに 精鋭部隊を差し向けます▼ ここは私が守りますゆえ 宰相は王宮内にお戻りください▼ ※MAP4でロジャーもメルも倒さなかった場合 { [コッダ] うむ……▼ ところでロジャーの姿が見えぬが どうしたのだ?▼ [ベロム] 奴は騎士団を率いて 南方の警備に出ております▼ 間もなく戻ってまいりましょう▼ [コッダ] ならばよいが、油断はするなよ▼ 奴はわしに反感を持っておる▼ 戻り次第、敵軍に突撃させるのだ▼ [ベロム] はっ、承知いたしました!▼ } ※マップ4でロジャーとメルを殺している場合 { [コッダ] うむ……▼ ベロム、後は頼んだぞ▼ [ベロム] はっ、承知いたしました!▼ } (背景 フィールドマップ) (コッダ拠点内へ ベロム1マス上に移動 拠点を塞ぐ) (カーソル自軍へ) ■2ターン目 (フォーカス トムス) [トムス] 左 くそっ……▼暑いし、臭いし……▼ 第一、なんでこんな重い物を 押して歩かなきゃなんねぇんだ?▼ 俺はただの猟師だってえのに▼ あのコッダの野郎、お前の弓の腕を 買いたいとか言いやがって 来てみりゃこれかよ▼ もお、やってられねぇぜ▼ とほほ……▼ バーツが見たら笑うだろうな……▼ ■トムス戦闘時 [トムス](左) ・・・・・・敵かっ!?▼ しょうがねぇ、迎え撃つまでよ!▼ ■トムス撃破時 [トムス](左) カタいのだけが 自慢だったのに・・・・・・ ■ベロム戦闘時 [ベロム](左) うぐぐ・・・・・・▼ここは通さぬ▼ わしの意地にかけてもな!▼ ■ベロム撃破時 [ベロム](左) くそっ・・・・・・ 宰相の下についたのは 間違いだったか・・・・・・▼ ■10ターン目 ※ロジャーが死んでいる場合会話無し。 (増援ユニット配置) ※ロジャーが生きている時のみ (ロジャーを含む増援ユニット配置) (フォーカス ロジャー) (背景 城門裏口) [ロジャー] 左 すでに戦いが始まっていたか……▼ よし! 私に続け!▼ 敵を王宮に近づけるな!▼ ……▼ メル……▼無事でいてくれ……▼ ■メルと男性キャラとロジャーとの戦闘時 [ロジャー](左) もはやいうべきことは何もない!▼ 騎士の名誉にかけて 全力を尽くすまでだ!▼ ■ロジャーとメル戦闘時 [ロジャー](左) メル!?▼ ま、待ってくれ!!▼ どうして君が・・・・・・▼ ■ロジャーとメル以外の女性キャラとの戦闘時 [ロジャー](左) くっ・・・・・・▼ 女性に剣は向けたくないが 攻撃するならやむをえまい・・・・・・▼ ■ロジャー撃破時 [ロジャー](左) くっ・・・・・・これも天罰か・・・・・・ すまない・・・・・・メル・・・・・・▼ ■TALE ME(バーツ→トムス) [バーツ] 右 おい、今隠れたやつ、出て来い!▼ [トムス] 左 ちっ……▼見つかったか……▼ よお、久しぶりだな、バーツ▼ こんな木箱の中に入っているのによ▼ よく俺のことがわかったな▼ [バーツ] わかるんだよ!▼ おまえのニオイでな▼ [トムス] ちっ……▼ 人のことが言えるかよ……▼ [バーツ] んで、お前 こんなところで何やってんだ?▼ ロト村で猟師をやってたんじゃねぇのか▼ [トムス] そうだがよ お国を守るためとか言って 徴兵されちまった▼ あのコッダの野郎によ▼ で、この有り様だ▼ [バーツ] 情けねぇ……▼ そりゃ情けねぇぜ、相棒よ▼ [トムス] 俺はお前の相棒だっけ?▼ [バーツ] いいから俺と来い▼ 悪いようにはしねぇから▼ [トムス] おっ、すまねぇ この箱から出してくれるのか?▼ [バーツ] もちろんだぜ▼ ただし……▼ [トムス] ただし? [バーツ] この戦いが終わってからな▼ (トムス仲間に) (カーソル自軍へ) ■TALE ME(メル→ロジャー) [メル] 右 ロジャー!▼ やめて!▼ もういいの!▼ 戦うのはやめて!▼ [ロジャー] 左 メル!?……▼どうして君が……▼ 囚われていたのではなかったのか!?▼ [メル] 解放軍が助けてくれたの▼ 私は大丈夫だから、もう戦うのはやめて!▼ [ロジャー] よかった……▼ 君をどんなに心配したことか……▼ メル、私はコッダを倒しに行く▼ 私の側にいてくれ▼ もう二度と離れたくないんだ!▼ (ロジャーが仲間になる) (カーソル自軍へ) ■TALK ME(リュナン⇔ロジャー) [リュナン] 右 君が聖騎士ロジャーか?……▼ [ロジャー] 左 ……▼ [マーロン] 右 ロジャーよ、もうよかろう▼ お前は仕える主君を誤ったのだ▼ これからは我らと共に戦うがいい▼ [ロジャー] マーロン伯は私を お許しになると言われるのですか▼ [マーロン] お前もウエルトの聖騎士であろう▼ ならば王家への忠誠は忘れておらぬはず▼ その力をウエルトの為に役立ててくれぬか▼ [ロジャー] はっ……▼ありがたき幸せ……▼ マーロン伯、感謝いたします!▼ ■北の民家を訪問 [男] あんたらが噂の ウエルト解放軍だろ?▼ 城下は完全にコッダの私兵で 固められてるぜ▼ 俺は鍛冶屋だったんだが 連中に嫌気がさして こんな街外れに 店を移したってわけさ▼ 俺からの餞別だ こいつは俺が鍛えた剣だが 重武装の相手には役に立つ▼ 一振りやるから持っていきな▼ ■闘技場から右一つ目の民家を訪問 [男] 解放軍をおびき寄せて 跳ね橋を上げるなんざ コッダめ、相変わらず ずる賢い奴だぜ▼ でも、この戦いの結果で ウエルトの未来は決まる▼ あんたたちには何としても 勝ってもらわなくちゃな▼ これを使ってくれ▼ これで跳ね橋が降りるはずだ!▼ (メッセージ、跳ね橋のカギを手に入れた!) ■闘技場から右二つ目の民家を訪問 [老人] 闘技場に入るためには 一定の条件があるのじゃ▼ 弱すぎても強すぎても 断られる場合がある▼ その場合は武器を持ち替えて↓ もう一度入ってみるとよいぞ▼↓ ■10ターン目 (ロジャーを含む増援ユニット配置) (フォーカス ロジャー) (背景 城門裏口) [ロジャー] 左 すでに戦いが始まっていたか……▼ よし! 私に続け!▼ 敵を王宮に近づけるな!▼ ……▼ メル……▼無事でいてくれ……▼ ■拠点制圧 (フォーカス 拠点) (背景 城の一室) [オイゲン](右) なんとか城下は抑えましたな▼ なかなか厳しい戦いでした▼ [リュナン](右) コッダは王宮の中か▼ 王妃を人質にとられては戦い辛いな▼ [ライネル](左) その心配はないぜ▼ 城内は俺たちが制圧した▼ コッダの兵も全員降伏したし ほら、こいつもこの通り……▼ [コッダ] 左 うぐぐ……▼ 離せ、この反逆者ども!▼ [ライネル] 反逆者はてめえだろうが!▼ 公子、こいつは俺に任せてくれ▼ 八つ裂きにして、カラスのエサにしてやる!▼ [リュナン] 君は?……▼ [ライネル] ああ、すまねえ▼ 俺は王宮騎士団のライネルだ▼ コッダに処刑されるところを 衛兵に助けられてよ▼ 反宰相派の兵士たちとともに 反攻の機会を待っていたんだ▼ あんたたちのおかげで王宮内が 手薄になったから 一斉に立ち上がったって訳だ▼ [ノートン](右) なんだ?▼ ……貴様はあの時の……▼ まだ生きていたのか?▼ [ライネル] ノートン!?▼ なぜお前が解放軍にいるんだ?▼ あんときゃ、あれだけ説得しても 自分には関係ねえと言ってたのによ▼ [ノートン] ふ……▼ 俺は最初から王妃の味方だ▼ 貴様などにはわかるまい……▼ [ライネル] ほー……▼ [リュナン] コッダ宰相、何か言うことはあるか? [コッダ] お……▼おお……▼ 貴公がリュナン殿か▼ 頼む、助けてくれ!▼ わしはこの国を思えばこそ 憎まれ役になったのだ▼ 国が一つにならねば 帝国とは戦えぬゆえ……▼ [リュナン] 私利私欲では無かったと?▼ [コッダ] 無論だ、現に王妃には指一本触れておらぬ 王妃が望まれるのであれば 宰相の地位もマーロン殿にお返しする▼ わしは領地に戻り謹慎するゆえ どうか命だけは許してくれ!▼↓ [リュナン] あなたの罪を決めるのは私ではない▼ マーロン伯、どうしますか?▼ [マーロン](右) コッダの罪は明らかだが 私が処罰しては私憤と思われましょう▼ 処分は国王帰国後に決めていただくのが よろしいかと……▼ [オイゲン] いささか手ぬるいと思いますが 新宰相のご意見とあらば やむをえませぬな▼ コッダ伯爵、マーロン宰相の温情に 感謝する事だな!▼ [コッダ] マーロン伯……▼ このご恩は一生忘れませぬ……▼ [マーロン] 勘違いするなよ、コッダ▼ ロファール王が戻られれば 貴公は謀反人として 極刑に処せられるであろう▼ それまでは重罪人として 厳しく監視させてもらう▼ 逃げようなどとは考えぬことだ▼ [コッダ] くっ……▼ [マーロン] 衛兵、この男を牢に入れろ▼ 監視を怠ってはならぬぞ!▼ [兵士](左) はっ……▼ [マーロン] ではリュナン様▼ リーザ様の元へご案内いたしましょう▼ (背景 光差す玉座の間) [リュナン](右) リーザ様、お久しぶりです▼ お元気な姿を拝見して安心いたしました▼ [リーザ](左) リュナン公子……▼ 噂は聞いていましたが まさか本当にウエルトにおいでとは これも女神のお導きなのでしょうか……▼ [リュナン] いえ、もう少し早く来ていれば リーザ様にもサーシャにも こんな辛い思いはさせなかったのにと 悔やまれてなりません▼ 私の思いが至らなかったことを どうかお許しください▼ [リーザ] リュナン様……▼ グラムド大公はお亡くなりになり ラゼリア公国も 帝国の占領下にあると聞いています▼ それなのに、どうしてこんな 遠い国のことまで考えられましょう▼↓ リュナン様は立派になられました▼ 私の記憶の中のリュナン様は 元気で可愛い男の子でしかなかったのに▼ 今、私の前にいる少年は紛れもなく 英雄グラムドの若かりし頃のお姿▼↓ 懐かしく思い出されます……▼↓ [リュナン] リーザ様?……▼ [リーザ] あっ、ごめんなさい▼ それでリュナン様は これからどうされるのですか▼ [リュナン] 祖国に戻り帝国と戦います▼ [リーザ] 帝国と戦う?……▼ [オイゲン](右) 実は王妃様▼ 我らがウエルトに参ったのは 帝国と戦うための兵力や軍資金を お借りしたかったからです▼ [リュナン] オイゲン、その話は……▼ [オイゲン] リュナン様 何も恥じることはありませぬ▼ 我らの戦いは大陸すべての人のため▼ 協力は当然でありましょう▼ [リーザ] ええ、リュナン様▼ オイゲン将軍の言われるとおりです▼ 我が良人、ロファール王も 世界を救わんとして バルトへ出陣されました▼ これは私からのお願いです▼ どうかウエルトの将兵をお連れ下さい▼ この混乱の闇に包まれたリーベリアに 再び正義と秩序が回復されますよう▼ そしてリュナン様が再び 祖国ラゼリアの大地に立てますよう▼ 私も可能な限りのお手伝いを させていただく所存です▼↓ [リュナン] リーザ様、感謝いたします!▼ [リーザ] ただ、コッダの浪費により現在の国庫には 二万Gしか残されていません▼ わずかですが、その全てを 軍資金としてあなたに差し上げます▼ [リュナン] しかしそれでは……▼ [リーザ] よいのです▼ 国民たちもきっと 納得してくれるでしょう▼ [リュナン] はい、ではお言葉に 甘えさせていただきます▼ [リーザ] あとは兵力ですが……▼ [リュナン] それについては、すでにマーロン伯から 多大な援助をいただきましたし▼ また戦いの中で多くの者たちが 自ら参加してくれました▼ 彼らを連れてゆくことを↓ お許し願えるならそれで十分です▼↓ [リーザ] そうですか……▼ では、出陣はいつに?▼ [リュナン] こちらのことは マーロン伯にお任せして 明朝にでも出発したいと思います▼ ※サーシャがいる場合 [リーザ] そうですか……▼ サーシャは寂しがるでしょうね……▼ [サーシャ](右) どうしてですか、お母様?▼ 私もリュナン様とご一緒するのに▼ [リュナン] サーシャ、何を言っているんだ?▼ 君を連れてゆくつもりはない▼ 当たり前だろう▼ [サーシャ] リュナン様、せめて バルト要塞までお供させてください▼ 私はどうしてもお父様を探したいの▼ もう決心したの▼ ダメと言われてもついてゆきます!▼ [リーザ] ……リュナン様▼ この子の望みを叶えてやってくれませんか▼ この子は昔から 一度言い出したら聞きません▼ [リュナン] しかしリーザ様……▼ [リーザ] 本当は、私がバルトに行きたいくらいなの▼ ロファールはサリアの森で生きています▼ 私の故郷……▼サリアの森の人たちが 良人を見捨てるはずがありません▼ サーシャ、▼リュナン様と共にお行きなさい▼ その旅は苦難に満ちているでしょうが あなたは私の娘 きっと乗り越えてくれると信じています▼ [サーシャ] はい、お母様!▼ お父様は必ず私がお連れして帰ってきます▼(悲しげな表情) そのときまで、どうか……▼ [リーザ] まあまあ……▼ 今言ったばかりなのにもう涙……▼ そんなことではリュナン様の お荷物になってしまいますよ▼ あなたの身体には サリアの戦士の血が流れているの▼ サーシャ、負けてはだめよ▼ 女だからと甘えるのもだめ▼ 自分のことは自分でなさい▼↓ そして、自分の命は自分で守るのです▼↓ わかりましたね▼ [サーシャ] は……▼はい……▼お母様……▼ ※サーシャが戦死している場合 そうですか……▼リュナン様 どうかご武運をお祈りしています▼ はい、ありがとうございます リーザ王妃!▼ #弔いの言葉も無し…あとで一人、泣くのでしょうか? リーザ様は…(by ぬお〜さん) (背景 広間) [マーロン](左) リュナン殿、明日の出陣を祝して 我らウエルトの諸侯より 心ばかりの宴を用意いたしました▼ ぜひ皆様とご一緒に ひと時の歓談をお楽しみください▼↓ [オイゲン](右) ほぉー、これは素晴らしいご馳走ですな▼ 若い騎士たちも喜ぶことでしょう▼ [リュナン](右) ありがとうございます、マーロン伯爵▼ ありがたくお受けいたします▼ ※アーキスとクライスがいる場合 [アーキス](右) こいつはすごい!▼ なあ、クライス▼ こんなご馳走にありつけるのは 何年ぶりだろうな▼ [クライス](左) ああ……▼ だけど国に残った人々を思うと心が痛むな▼ おそらく、食べるものにも 困っているはずだ▼ [アーキス] それはいいっこなしにしようぜ▼ ウエルトでの募兵も成功したし これでようやく大陸に戻れるんだ▼ ラゼリアだって取り返せるさ▼ [クライス] アーキスはげんきんだな▼ 少し前までは反対の事を言ってたぞ▼ [アーキス] いや、あんときゃちょっと焦ってたんだ▼ やはり公子は偉いと思う▼ 俺はどこまでもついてゆくぜ▼ [クライス] ふっ……▼ ※エステルとアーキスがいる場合 [エステル](左) アーキス、楽しんでる?▼ [アーキス](右) エステルか……▼ うまい酒とうまい食事、それに ウエルト地方の民族舞踊だ▼ こんなにいい気分は久しぶりだな▼ [エステル] クライスに聞いたのだけど あなた、国に許婚を残してきたんだって?▼ その割にはお気楽だけど 心配にはならないの?▼ [アーキス] 許婚ってのはクライスの妹のことか▼ あれは親が勝手に決めた事で 俺たちはそんな関係じゃない▼ 第一、リィナはまだ子供だぜ▼ [エステル] ふーん、彼女はリィナっていうの……▼ それで今いくつなの?▼ [アーキス] えーと……▼今年で確か14だっけ……▼ [エステル] 14なら立派な大人よ▼ 子ども扱いは失礼じゃないかしら▼ [アーキス] そうなのか?▼ 俺が14の頃はただの悪ガキだったけどな▼ [エステル] ふふっ……▼ 悪ガキっていうのは今でも同じじゃない?▼ [アーキス] おい、エステル、お前はどうしてそう……▼ [エステル] じゃあね、アーキス▼ 可愛い許婚との再会を祈っているわ!▼ ※ラフィンとエステルがいる場合 [ラフィン](右) エステル、お前、本気なのか?▼ [エステル](左) どういう意味なの、ラフィンお兄様?▼ [ラフィン] そう、つっかかるな▼ 遠征軍に参加するというのは本当なのか?▼ [エステル] ええ、そのつもりよ▼ いけないかしら?▼ [ラフィン] やめておけ▼ お前は父上を助けてウエルトに残れ▼ [エステル] お父様のお許しはいただいたわ▼ 私はもう大人なのよ▼ ラフィンの指図は受けないわ▼ [ラフィン] エステル、どうしてなんだ?▼ 最近はやたらと俺に反発するようだが 俺には訳がわからない▼ お前に嫌われるようなことを何かしたのか?▼ [エステル] ……▼ [ラフィン] 俺とお前は義理の兄妹だが、この5年間 一緒に暮らして実の妹のように思ってきた▼ これからもそうありたいと思っている▼ ……それではダメなのか?▼ [エステル] 形だけの兄妹に何の意味があるというの!▼ 兄上はバージェ国に心を置いてきた▼ 祖国に帰ればヴェルジェも私も すぐに忘れてしまうくせに わかったようなことを言わないで!▼↓ (効果音 遠ざかる足音) [ラフィン] エステル……▼ ※サーシャとルカがいる場合 { [サーシャ](左) ルカ、どうしたの?▼ 真っ赤な顔して……▼ [ルカ](右) えっ……▼いえ……▼あの……▼ なんでもありません……▼ [サーシャ] すごい汗……▼ 待って、今拭いてあげるから……▼ [ルカ] あっ、いいです!!▼ そんなこと!……▼ [サーシャ] ルカは私が嫌いなの?▼ いつだってすぐいなくなっちゃうし あまり話もしてくれないし……▼ 私……▼何かあなたに 嫌われるような事したの?▼ そうなら遠慮なく言ってね▼ 私、ちょっと鈍いところあるみたいで 宮廷でもよくヘマをするの▼ お母様にはいつも叱られてばかりなのよ▼ [ルカ] そ、そんなことは……▼ あ……▼ちょっと……▼ なんかおなかの具合が……▼ すみません、サーシャ様!▼ (効果音 遠ざかる足音) [サーシャ] やっぱり、私、嫌われてるのかな……▼ } ※ノートンがいる場合 { [ノートン](右) ライネル▼ お前、やっぱり行かないのか▼ [ライネル](左) ウエルト王国を空にすると また山賊どもが悪さをするかも知れねえ▼ 俺は国に残ってリーザ王妃を守るつもりだ▼ [ノートン] そうか、お前がいないと寂しいが そういう事ならやむをえんな▼ 落ち着いたら俺たちに合流してくれや▼ [ライネル] ああ、そのつもりだ▼ 貴様も俺が行くまでは生きていろよ▼ [ノートン] ふっ……▼ お前に言われるまでもねえ……▼ #異様に渋いノートン……(by ぬお〜さん) } ※ケイトとジークがいる場合 { [ケイト](右) ジーク、また一人なの……▼ [ジーク](左) ケイトか……▼ 私に話し掛ける者などいない▼ 君もいらぬ気遣いはやめてくれ▼ [ケイト] 気を遣っているわけじゃないわ▼ 私はあなたと話したいだけなの▼ [ジーク] 私は暗い記憶しか持たぬ男だ▼ 話をしても楽しくはあるまい……▼ [ケイト] 世の中には軽口が嫌いな女もいるわ▼ 話したくないなら 黙って側にいるだけでいい▼ だからジーク、心を閉ざすのはやめて……▼ [ジーク] ……▼ } ※バーツとプラムがいる場合 { [バーツ](左) うぉー、うめえなあ▼ プラムよお、こんなうまい物食ったの 久しぶりだな▼ [プラム] お兄ちゃん、みっともない食べかた しないでよ▼ あたしまで恥ずかしいんだから……▼ [バーツ] 何を気取っているんだ?▼ お前、なんか最近、おかしいよなぁ▼ なんだか急に色気づきやがって▼ 好きな奴でもできたのか?▼ [プラム] バカな事を言わないで▼ あたしだってもう15歳なんだから 少しは女らしくなるの、当たり前でしょ▼ [バーツ] まあ、そう怒るなって▼ ほれ、この鳥の丸焼き食ってみな▼ 脂がのっててすごくうめえぜ!▼ [プラム] もうっ!▼ 知らないっ▼ } ※ヴェガとジュリアがいる場合 { [ヴェガ](左) 女、俺の後ろに立つな!▼ [ジュリア](右) ふふっ……▼ こんなところでも用心を怠らないとは さすがね、私も見習わなきゃ▼ [ヴェガ] こんなところだから用心をする▼ 当たり前のことだ……▼ [ジュリア] そうかもね▼ 私もあなたくらい用心深ければ あんなクズ男にはめられる事は なかったわ……▼ [ヴェガ] レンツェンハイマーのことか?▼ はめられたのが事実なら 確かに愚かな話だな▼ [ジュリア] それはあなたも同じでしょう▼ 騙されているとも知らないで こんな辺境までやって来たんだもの▼ シュラムの死神も甘く見られたものね▼ [ヴェガ] !……▼ [ジュリア] それともう一つ言っておくけど あなた程度の剣士ならこの大陸には 掃いて捨てるほどいるわよ▼ たとえば私の父のヨーダや 兄のシゲンだって、あなたより数倍は上▼ 私に勝ったからっていい気にならないで!▼ [ヴェガ] なに!?……▼ お前はヨーダの娘なのか?……▼ [ジュリア] ええ、そうよ▼ 少しは驚いたかしら?▼ [ヴェガ] うむ……▼ゾーアの暗黒剣士の名は 俺たち刺客仲間の間では伝説だからな▼ お前がその娘となれば その剣筋にも納得がゆく……▼ だが、お前は剣士には向かぬ▼ 悪いことは言わぬ、剣を捨てろ▼ 今のままでは親の名を辱めるだけだ▼ [ジュリア] な、なによ、それ……▼ なぜ私が剣士に向かないの!▼ [ヴェガ] お前の剣には殺意がない▼ それでは剣士はつとまらぬ……▼ } (背景、暗転) [オイゲン](左) リュナン様、もう夜も更けましたゆえ ここらでお開きにいたしましょう……▼ (背景、暗転) (Now Loading...) (背景 ワールドマップ) (メッセージ、20000G手に入れた!) (フォーカス ウエルト王宮) (背景 城門前) [マーロン](左) ではリュナン殿、どうかお気をつけて▼ ご武運をお祈りしております▼ [リュナン](右) マーロン伯、色々と ありがとうございました▼ どうかリーザ様を よろしくお願いいたします▼ はい、ご心配には及びませぬ▼ ロファール陛下がお戻りになられる日まで 我が命に代えてもお守りいたします▼ [オイゲン](右) では、リュナン様▼ そろそろまいりましょうか▼ [リュナン] よし、出陣だ▼ ウエルト・ラゼリア同盟軍に ユトナ神のご加護を!▼ ■ウエルト大橋へ到着したとき (フォーカス イスラ島) (背景 浜辺) [メルヘン] 左 ちっ……▼ちっくしょおぉぉッ!▼ 覚えてやがれッ このままじゃ済まさねえからなッ!!▼ (効果音 遠ざかる足音) [ホームズ] 右 やれやれ、拍子抜けだな▼ 極悪非道のイスラ海賊が 聞いてあきれるぜ▼ [シゲン] 左 ……全くだ▼ おまけに 逃げ去りぎわの捨て台詞にも芸がない▼ [ゼノ] 右 ホームズ、シゲン、ちょっと来てよ!▼ 砦の牢の中に、誰かいるみたいなんだ!▼ (背景 牢屋) [ホームズ] 右 だから▼ 俺たちは違うんだって言ってるだろ!▼ 何度言わせりゃわかるんだ!▼ [カトリ] 左 だって……▼ あなたたちも海賊なんでしょ▼ [ホームズ] 海賊には違いないが 俺たちは女をさらうような ケチなまねはしねぇよ!▼ イスラのバカどもと一緒にするな!▼ [カトリ] やっぱり海賊なんだ……▼ ああ、女神様……▼ おたすけください……▼ [ホームズ] だから違うっつうのに!▼ [カトリ] いやー!▼ ぶたないで!▼ [ホームズ] ふぅ……▼だめだな、こりゃ▼ [ゼノ] 右 ……君の名は?▼ [カトリ] え?……▼ カトリ……▼です▼ [ゼノ] ぼくはゼノっていうんだ▼ カトリ……▼不思議な名前だね▼ 国はどこ?▼ [カトリ] わからないの……▼ どこで生まれたのかも覚えてないの▼ [ゼノ] どうして?▼ [カトリ] 小さい頃、サリアの森に 一人おきざりにされていたって 司祭様はおっしゃってたわ▼ この名前も司祭様が付けて下さったの▼ 孤児の私を育て いつも優しくして下さいました▼ それなのに……▼ああっ……▼ [ゼノ] 海賊に襲われたのか……▼ [カトリ] マルス神殿に行く途中だった……▼ エーゼンバッハという大神官に 私を預ける……▼↓ そうしなければ大きな災いが 起きるのだとおっしゃって……▼ [ゼノ] ……▼ 君の生まれを知る手がかりは なかったのか?▼ [カトリ] 拾われたときに この腕輪を身に付けていたそうです▼ でもこれにどういう意味があるのか▼ 司祭様は何も 教えてはくださいませんでした▼ [ホームズ] どれどれ、見せてみな▼ [カトリ] いや!▼ これは大切なものなの!!▼ お願いです!▼ これだけは許して!▼ [ホームズ] 誰も取るとは言ってないだろう▼ ゼノ、何とか言ってくれ▼ [ゼノ] ホームズ 今はそっとしてやってくれないか▼ 乗っていた船が海賊に襲われて 育ての親まで殺されたんだ▼ 僕たちを怖がるのは無理ないと思う▼ [ユニ] 左 へえー、▼ゼノってばやさしいんだ▼ なんだか妬けちゃうな▼ [ゼノ] バ、バカを言うなよ▼ この子がかわいそうだから……▼ [ユニ] ふーん……▼ [ホームズ] おいユニ、何をのんきに話しているんだ▼ 海賊たちの宝は集め終わったのか?▼ [ユニ] ううん、まだ半分も終わってないよ▼ [ホームズ] なんだとっ!▼ [ユニ] だって一人じゃ無理だもん▼ ホームズも手伝ってよ▼ [ホームズ] こらユニ▼ 俺たちはお前が泣いて頼むから 仲間にしてやったんだ▼ 働かねえなら追い出すぞ!▼ [ユニ] ぶー▼ [カトリ] ゼノ……▼ ……これ、見せてあげる▼ [ゼノ] いいよ、大事なものなんだろ▼ [ホームズ] じゃあ、俺が見てやろう▼ ほー、これはかなり高価なものだな……▼ ん?……▼ [カトリ] やっぱり返して!▼ [ホームズ] わかった、わかった▼ ほらよっ▼ [カトリ] ごめんなさい……▼ [ホームズ] ……ゼノ、その娘はお前に預ける▼ しばらく面倒見てやれ▼ [ゼノ] うん、いいよ▼ [ユニ] 右 ねえカトリ、裏山にね▼ きれいな花が咲いてるの▼ よかったら一緒に見に行こうよ▼ すっごくきれいなんだから▼ [カトリ] えっ、ホントに!▼ ええっ、行きたい!▼ 連れて行って!▼ [ゼノ] あっ、待てよ!▼ 二人だけじゃ危険だよ▼ [ホームズ] ……▼ [シゲン] 左 どうしたホームズ?▼ [ホームズ] ……あの娘の腕輪だが……▼ 以前どこかで見たような気がする▼ 何か重大なことを 忘れているような気がするんだ……▼ (背景 ワールドマップ リュナン軍にカーソル戻る) ■グラムの森 へ到着したとき (フォーカス イスラ島) (背景 砦の一室) [カトリ] 右 ホームズ、見て見て!▼ 裏山でこんなの拾ったわ!▼ [ホームズ] 左 なんだ、その不気味な杖は?▼ [カトリ] 不気味?▼ そうかしら……▼ でもね、もしかしたら 伝説のモースの杖じゃないかな?▼ これで司祭様を生き返らせることが できたらいいのに……▼ [ホームズ] よせよ、ゾンビの杖じゃあるまいし▼ じいさんが生き返っても 不気味なだけだろ▼ [カトリ] ひどいことを言うのね……▼ ゼノもシゲンも優しい人なのに ホームズはいつもひどいことばかり……▼ 私を苛めて、そんなに楽しいの!▼ [ホームズ] ばーか、楽しくなんかねぇよ▼ お前がノーテンキだから ついイライラしちまうだけさ▼ [カトリ] ……もういい▼ ホームズなんて大嫌い!▼ 私一人で、司祭様を 生き返らせてみせるから!!▼ (背景 ワールドマップ リュナン軍にカーソル戻る) ■ソラの港 へ到着したとき (フォーカス イスラ島) (背景 砦の一室) [シゲン] 左 ホームズ▼ 島の中が大変なことになってるぜ▼ [ホームズ] 右 ああ▼ あのバカが、拾った杖で本当に ゾンビを召喚しちまったんだ▼ [シゲン] ははーん▼ そりゃ俺が捨てた杖だな▼ ほら サリアの神殿から持ち帰った ガラクタのなかに不気味な杖があったろ▼ あれがゾンビの杖だとわかってりゃ 高値で売れたのにな▼↓ [ホームズ] おい、そんなのんきなことを 言ってる場合じゃないぜ▼ カトリはな▼ 司祭を生き返らせたい一心で 100回は振り続けたって言ってたから▼ ゾンビ500匹は生まれたんじゃねえか▼ これじゃおちおち 出歩くこともできやしねぇ▼ ……まったく、あのバカが……▼ (背景 ワールドマップ リュナン軍にカーソル戻る) (イスラ島に モンスター 出現) (フォーカス イスラ島) (背景 砦の一室) [ホームズ] 右 あのバカ どこへ行っちまったんだ?▼ [シゲン] 左 お前が怒るから泣いて出て行ったぜ▼ ゼノとユニが探しに行ったがな▼ [ホームズ] 奴らもお人よしだな▼ ほっときゃ少しは クスリになるだろうに……▼ [シゲン] 俺たちも行くか?▼ [ホームズ] いいさ、ゼノたちに任せときゃ▼ [シゲン] ほんとにいいのか▼ ゾンビに食われるかも知れねぇぜ▼ [ホームズ] バカ言え▼ あんながきんちょ ゾンビだって食うものか▼ [シゲン] ははは、それもそうだな▼ [ホームズ] ……▼ [シゲン] ……▼ [ホームズ] もう少し待っても戻らなかったら……▼ [シゲン] うん?▼ [ホームズ] 俺たちも探しに行くか……▼ (背景 ワールドマップ リュナン軍にカーソル戻る) ■イスラ島 へ到着したとき (Now Loding...) MAP8 聖竜ネウロン へ

このデータは小泉八雲さんから頂いたものです。ありがとうございます。

1)バーツ⇔トムス  バーツ「おい、今隠れたやつ、出て来い!」  トムス「ちっ……みつかったか……」     「よお、久びりだな、バーツ      こんな木箱の中に入っているのによ      よく俺のことがわかったな」  バーツ「わかるんだよ!      おまえのニオイでな」  トムス「ちっ……      人のことが言えるかよ……」  バーツ「んで、お前こんなところで何やってんだ?      ロト村で猟師をやってたんじゃねぇのか」  トムス「そうだがよ      お国を守るためとか言って      徴兵されちまった      あのコッダの野郎によ」     「で、この有り様だ」  バーツ「情けねぇ……      そりゃ情けねぇぜ、相棒よ」  トムス「俺はお前の相棒だっけ?」  バーツ「いいから俺と来い      悪いようにはしねぇから」  トムス「おっ、すまねぇ      この箱から出してくれるのか?」  バーツ「もちろんだぜ      ただし……」  トムス「ただし?」  バーツ「この戦いが終わってからな」 2)メル⇔ロジャー   メル「ロジャー!やめて!      もういいの!      戦うのはやめて!」 ロジャー「メル!?……どうして君が……      囚われていたのではなかったのか!?」   メル「解放軍が助けてくれたの      私は大丈夫だから、もう戦うのはやめて!」 ロシャー「よかった……      君をどんなに心配したことか……」     「メル、私はコッダを倒しに行く      私の側にいてくれ      もう二度と離れたくないんだ!」 3)リュナン⇔ロジャー リュナン「君が聖騎士ロジャーか?……」 ロジャー「……」 マーロン「ロジャーよ、もうよかろう      お前は使える主君を誤ったのだ      これからは我らと共に戦うがいい」 ロジャー「マーロン伯は私を      お許しになると言われるのですか」 マーロン「お前もウエルトの聖騎士であろう      ならば王家への忠誠は忘れておらぬはず      その力をウエルトの為に役立ててくれぬか」 ロジャー「はっ……ありがたき幸せ……      マーロン伯、感謝いたします!」
[←戻る]