ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記・マスターバイブル 最終更新日:2001/06/26

会話集/MAP5 伝説の彼方に

※未編集の仮公開版です。

このデータはBLI-ZARD改さんから頂いたものに、飛竜さんの追加・修正分を加えたものです。ありがとうございます。

category:ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 chapter:5 title:伝説の彼方に ■オープニング (フォーカス: エーゼンバッハ、グエンカオス) (背景、神殿内) [グエンカオス](左) クックック……▼ほざきおるわ▼ 白の導師モースの高弟にして リーベリアの4賢者と呼ばれ 我らがうち、▼光の魔道士マイオスと 炎の魔道士オクトバスは 我が闇の呪文によってすでに果てた▼ 残るは風の魔道士エーゼンバッハ おぬしただ一人じゃ▼ それでもまだ わしの力を知らぬと言うか?▼ [エーゼンバッハ](右) ……▼ その力は悪しき闇の魔道書 ザッハークゆえのこと▼ おぬし自身の力ではあるまい▼ おぬしは戒めを破り 闇の呪文を開いたことで破門となった▼ その過ちにいまだ気づかぬとは 愚かなことよ▼ [グエンカオス] フッ……▼ ならば闇の呪法ザッハーク▼ おぬしの身体で味わうがよい!▼ (戦闘マップ画面、グエンがエーゼンに攻撃) [エーゼンバッハ] くぅっ……▼ か、身体が動かぬ……▼ [グエンカオス] クックック……▼ 大言を吐いておいてその様か……▼ まあ、よい▼ おぬしの顔も見飽きたわ▼ 遊びは終わりじゃ▼ 死ね!エーゼン!▼ (戦闘マップ画面、グエンがエーゼンに攻撃) (エーゼン倒れる) [グエンカオス](右) ふん、老いぼれめ、果ておったか▼ ダゴンよ、後はお前に任せる▼ 神官どもを皆殺しにするのだ▼ [ダゴン](左) ……はっ、お任せを▼ (グエン、ワープにてその場から消える) (フォーカス:シルフィーゼ、マルジュ) [マルジュ](右) エーゼン老師!!……▼ [シルフィーゼ] マルジュ おじい様に言われたようになさい!▼ あなたはエンテ様をお守りするのです▼ ここは私たちだけで大丈夫▼ おじい様も、私が必ず……▼ さあ、あなたは早く行きなさい!!▼ [マルジュ] 母上……▼ (フォーカス:リュナン、エンテ) [エンテ](右) こ、この気配は!?……▼ ま、まさか……▼ エーゼン老師様が!!▼ [リュナン](左) エンテ?▼……どうしたんだ?▼ (足音) 待て! 一人で行っては危険だ!!▼ (エンテ移動) ■TALE ME(リュナン⇔ジーク) (背景、神殿) [暗黒騎士(ジーク)](左) 君が指揮官か?▼ 私は戦うつもりはない、剣を収めてくれ▼ [リュナン](右) 何者だ?……▼ [ジーク] 私はジーク▼ 北の小国、バージェの騎士だったが 国は滅亡し、家族はガーゼルの 奴隷となった▼ 私は家族の命と引き換えに 暗黒兵となったが もう我慢ができない……▼ 頼む、貴国に亡命させてくれ▼ 私も貴公ら共に戦い 祖国を解放したいのだ!▼ [リュナン] 亡命者か……▼ オイゲンはどう思う?▼ [オイゲン](右) いや……▼まことに気の毒な話……▼ ジーク殿、喜んでお迎えいたしますぞ▼ 祖国解放のため 共に力を尽くしましょうぞ▼ [ジーク] すまぬ……▼ 聞き届けてくれたからには忠誠を誓う▼ 何なりと命じてくれ▼ [リュナン] ……▼ ■TAKE ME(エンテ⇔マルジュ) (背景、神殿) [エンテ](右) マルジュ!?▼ これはいったい……▼ [マルジュ](左) 僕にもわからない……▼ あいつらは何者なんだ?▼ 老師や母上は、僕にエンテを守れといった▼ 一体どういうことなんだ!▼ [エンテ] 老師様はどこなの!▼ シルフィーゼ様はご無事なのですか! [マルジュ] そうだ、母上が……▼ エンテ、僕はみんなの元に戻る▼ 君はここを動かないでくれ▼ [エンテ] いえ……▼私も行きます▼ 私はもう逃げない……▼ 私の為に人が傷つくのは▼ もう嫌なのです!!▼ ■ダゴン初戦時 [ダゴン] おとなしくしておれば 苦しまぬように殺してやったものを…… ■ダゴン撃破時 [ダゴン] ぬかったわ……▼ 覚えておれっ!▼ (ワープにてその場から消える) (ダゴン撃破後、フォーカス、エンテ) [エンテ](右) 老師様!!……▼ ……どうしてこんな……▼ [エーゼンバッハ](左) エンテか……▼ よく……▼もどったの……▼ [エンテ] ……老師様……▼ ごめんなさい……▼ わたしの為に……▼ [エーゼンバッハ] よい……▼ わしはもう長く生きた▼ エンテ……▼ 惑わされてはならぬ……▼ 勇気をもって……▼生きるのじゃ……▼ [エンテ] はい……▼もう……▼ もう二度と負けたりいたしません▼ 老師様にいただいたこの命……▼ きっと大切にします▼ [エーゼンバッハ] ほぉ……▼光が見えるの……▼ そうか……▼ やっと見つけたか……▼ [エンテ] 老師様?……▼ ああっ……▼老師様!!▼ ※マルジュ、シルフィーゼ生存時 { (背景、神殿廊下) [マルジュ] 老師が亡くなられた!?▼ まさか、そんな……▼ [シルフィーゼ] マルジュ、よくお聞きなさい▼ おじい様はあなたに この魔道書を残されました▼ [マルジュ] これは[奇跡の風」!?▼ でも、こんな高位の魔道書 僕には無理です▼ [シルフィーゼ] マルジュ▼ あなたは風の大魔道士と呼ばれた エーゼンバッハの孫なのですよ▼ そのあなたが風の魔道書を 使えないでどうするのです▼ [マルジュ] でも、僕はまだ……▼ [シルフィーゼ] 魔道書はおじい様自ら あなたが使えるようにと 封印をとかれました▼ おじい様がなぜそこまでされたか マルジュ、あなたにそれがわかりますか?▼ [マルジュ] エンテを守るため……▼ですか?▼ [シルフィーゼ] ええ、そうです▼ これからはあなたが、マーテルと共に エンテ様を見守るのです▼ おじい様の遺志を継げるのは もうあなたしかいないのだから……▼ [マルジュ] 母上、理由を聞かせてください▼ 僕はエンテのことを何一つ知りません▼ 彼女はなぜ狙われるのです?▼ 訳も知らされずに守れといわれても 僕にはどうしていいのかわかりません▼ [シルフィーゼ] 何の罪も無い少女が 邪神教団の恐怖に怯えているの▼ 今は何も聞かずに 彼女の側にいてあげなさい▼ そうすれば、いずれあなたにも 真実が見えてくるはずです▼ [マルジュ] 真実が……▼ } (背景、神殿庭) ※マルジュ生存時 { [マルジュ](左) エンテ、ここにいたのか▼ [エンテ] マルジュ……▼ [マルジュ] まだ自分を責めているのか?▼ 老師が亡くなったのは君のせいじゃない▼ 何度言ったらわかるんだ▼ [エンテ] ……▼ マルジュは老師様を襲った男が 何者か知っているの?▼ [マルジュ] 教皇グエンカオスだろう……▼ 40年程前に突然現われて 邪神教団とガーゼル教国を作り上げた 恐ろしい魔道士だと聞いている▼ [エンテ] ええ、恐ろしい男です▼ 彼のために、すでに3人もの 大賢者が亡くなられた▼ マルジュが無事でいてくれて 本当によかったと思っているの▼ [マルジュ] ……僕は逃げた事を悔いている▼ かなわないまでも 正々堂々と戦うべきだった▼ 大勢の仲間が命を失ったのに 僕だけが生き残るなんて……▼ [エンテ] マルジュ、何を言っているの!▼ あなたがかなう相手じゃないわ▼ そんなことになれば、シルフィーゼ様が どんなに悲しまれるか……▼ [マルジュ] 僕はもう子供じゃない!▼ [エンテ] えっ?…… [マルジュ] エンテはリュナン公子とともに 大陸に渡るつもりなんだろ?▼ [エンテ] ええ、これ以上 ここには留まれないから……▼ [マルジュ] 僕も解放軍に参加する▼ でもエンテのためじゃない▼ こんな僕でも必要だと 言ってくれる人がいるからだ▼ [エンテ] マルジュ!?▼ [マルジュ] 僕は君が何者かさえ知らない▼ 神殿に来てもう一年にもなるけど エンテは一度だって 心を開いてくれたことがなかった▼ [エンテ] ううん、そんなことない▼ わたしはマルジュを……▼ [マルジュ] 弟のように思っているんだろ▼ 母上から聞いたよ▼エンテは僕の事を 可愛い弟のように思っているって▼ [エンテ] ええ……▼ 私はマルジュが好きだから……▼ でもあなたが不愉快に思うのなら 謝ります……▼ごめんなさい……▼ [マルジュ] エンテはいつだってそうだ!▼ もういい エンテはリュナン公子を頼ればいい▼ 僕は自分のためにグエンを倒す▼ 君には関係ないことだ!▼ [エンテ] マルジュ……▼ } (Now loading...) (フォーカス、ワールドマップのウエルト王宮) (背景:城内玉座前) ※MAP4でロジャーもメルも倒していなかった場合 { [コッダ](右) あの難攻不落のグラム砦を 解放軍に奪われただと?▼ ……それで貴様はおめおめと 逃げ帰ってきたというのか?▼ [ロジャー](左) はっ……▼ 申し訳ございません▼ [コッダ] 聖騎士ともあろう貴様が無様なことよの▼ はーん……▼そうか、あの娘か▼ あの娘がお前を腑抜けにしておるのだろう▼ 聞けば貴様を追ってマルス神殿を出たとか▼ 男に狂って神官の戒めを破るとは 大神官エーゼンバッハの孫ながら 恥知らずな娘よの▼ [ロジャー] !……▼ [コッダ] ロジャー、娘はわしが預かっておく▼ その方がお前も心置きなく戦えるだろう▼ [ロジャー] メルとは婚礼を間近に控えた仲です▼ 離れるわけにはまいりません!▼ [コッダ] 何だとっ▼ 他の将兵は 妻子を人質に差し出しておるのだ▼ たかが女一人に何をうろたえておるか!▼ [ロジャー] 宰相!……▼ [コッダ] なに、心配するな▼ むろん危害は加えぬし 反乱軍を掃討できれば返してやる▼ だがどうしても嫌だというなら 貴様に敗戦の責任を取ってもらうぞ▼ 一族もろとも処刑となるが それでもよいのか!▼ [ロジャー] くっ……▼ [メル] ロジャー ここは宰相のいう通りにして▼ 私なら大丈夫だから……▼ [ロジャー] メル……▼ [コッダ] まあ、案ずるな▼ その女はわしが大切にしてやるゆえ 安心せよ▼ 悪いようにはせぬよ、ふっふっふ▼ [ロジャー] ……▼ [コッダ] ロジャー 貴様はベロム将軍の指揮下に入れ▼ 貴公ら二人で王宮の守りを固めるのだ▼ [ベロム] 御意!▼ [ロジャー] ……▼ [コッダ] ドメスは配下の部隊を引き連れて ウエルト大橋を守れ▼ 王宮守備隊の中から 使えそうな奴を連れて行け▼ 絶対に奴らを通すなッ!▼ [ドメス] お任せを▼ このドメス、必ずや 敵を撃破してご覧に入れます!▼ } ※MAP4でロジャーかメルを倒した場合 { [コッダ](左) あの難攻不落のグラム砦を 解放軍に奪われただと?▼ ……くうぅ、▼どいつもこいつも……▼ ドメス、もはや 任せられるのはお前しかおらぬ▼ ウエルト大橋を守り 絶対に奴らを通すなッ!▼ [ドメス](右) お任せを▼ このドメス、必ずや 敵を撃破してご覧に入れます!▼ } (マップ切り替え 全体マップ) (ウエルト王宮にドメス率いるコッダ軍団が出現、ウエルト大橋に進軍する) (マップ移動、グラムの森) { (背景、室内) [マーロン](左) よく戻られました、リュナン殿▼ エーゼン老師は……?▼ [リュナン](右) 残念ながら、亡くなられました……▼ 神殿に攻め入った ガーゼル魔道軍に襲われて……▼ [マーロン] ……信じられませぬ▼ まさかエーゼン老師ほどのお方が……▼ [リュナン] ウエルト王宮の方では 何か変わった動きは?▼ [マーロン] コッダは王宮の守りを固めると同時に ウエルト大橋にも一軍を 差し向けたようです▼ あの要衝を奪われたのは 少々手抜かりでありましたな▼ [オイゲン](右) 心配には及びませぬ▼ 私に秘策がございます▼ [マーロン] ほう……▼秘策と申されますと?▼ [オイゲン]ふっふっふ それは見てのお楽しみですな……▼ } (画面切り替え 全体マップ) (フォーカス、ウエルト王宮) (背景、城内部屋) ※MAP4でロジャーもメルも倒していなかった場合 { [ナルサス](右) こんちわ▼ [リーザ] !……▼ だ、誰なの!?▼ [ナルサス] あ、オレ、味方▼ 解放軍に頼まれて様子を見にきたんだ▼ 心配はいらねえよ▼ [リーザ] 解放軍?……▼ [ナルサス] ウエルト解放の軍隊だってさ▼ オレにはよくわからないけど サーシャって小娘が 盟主だってんだから笑っちゃう▼ [リーザ] ああっ……▼ マーロン伯爵がついに 立ってくれてのですね……▼ 疑って申し訳ありません▼ 私は元気でいると伝えてください▼ それとこの天馬の笛をサーシャ王女に……▼ [ナルサス] お安い御用だけど それだけでいいのか?▼ 城から逃げたいなら手を貸してやるぜ▼ [リーザ] いえ、私が城を出れば 宰相を迎えるものがいなくなります▼ 私の代わりに 地下牢に囚われている人質を 助けてあげてください▼ [ナルサス] おーけー▼  (足音、ナルサスが去る) [リーザ] ユトナ神よ、どうかサーシャを……▼ お守りください……▼ (背景:地下牢) [コッダ(ナルサス)](右) おい、人質を出せ▼ [牢番](左) これはコッダ宰相 突然どうされたのですか?▼ [コッダ(ナルサス)] どうもこうもない 人質に用があるのじゃ▼ 早く連れてきやがれ!▼ [牢番] は?……▼ [コッダ(ナルサス)] いや……▼コホンッ▼ さっさと連れてこぬか▼ それとも何か不信なことでも あると申すのか?▼ [牢番] いえ、めっそうもございません▼ しばらくお待ちくださいませ▼  (足音、牢番がその場から去る) [コッダ(ナルサス)] ……▼ とほほ……▼ なんでオレがこんな不細工な オヤジに変装しなけりゃなんねえんだ?▼  (足音、牢番が戻る) [牢番] 人質を連れてまいりました!▼ [コッダ(ナルサス)] お、おお、そうか、ご苦労であった▼ お前はもうよい、とっとと失せろ!▼ [牢番] はあ……▼  (足音、牢番がその場から去る) [コッダ(ナルサス)] ふーむ、美しいおなごじゃのぉ……▼ [メル](左) !……▼ いやらしい目つきで見ないで!▼ それ以上寄ったら、ただではおかないわ!▼ [コッダ(ナルサス)] おいおい、ちょっと待て▼ [ナルサス] ふー、暑苦しかったぜ▼ どうだい、オレの変装は?▼ 実物はこんな美男子なんで驚いたろ?▼ [メル] あ……▼あなたは……▼何者なの?▼ [ナルサス] 説明は後だ▼ とりあえず城から脱出しようぜ▼ [メル] ええ……▼ 今はあなたを信用するしかないみたいね▼ [ナルサス] ところでお前さ▼ [メル] え?▼ [ナルサス] 男はいるのか?▼ [メル] !……▼  (効果音) [ナルサス] ちぇ、顔の割には気の強い女だぜ……▼ いててて……▼ } ※MAP4でロジャーかメルを倒した場合 { ※ロジャーとメルを殺した場合 { [ナルサス](右) こんちわ▼ [リーザ](左) !……▼ だ、誰なの!?▼ [ナルサス] あ、オレ、味方▼ 解放軍に頼まれて様子を見にきたんだ▼ 心配はいらねえよ▼ [リーザ] 解放軍?……▼ [ナルサス] ウエルト解放の軍隊だってさ▼ オレにはよくわからないけど サーシャって小娘が 盟主だってんだから笑っちゃう▼ [リーザ] ああっ……▼ マーロン伯爵がついに 立ってくれてのですね……▼ 疑って申し訳ありません▼ 私は元気でいると伝えてください▼ それとこの天馬の笛をサーシャ王女に……▼ [ナルサス] お安い御用だけど それだけでいいのか?▼ 城から逃げたいなら手を貸してやるぜ▼ [リーザ] いえ、私が城を出れば 宰相を抑えるものがいなくなります▼ 私は市民たちとともに 最後まで王宮に残ります……▼ } (画面切り替え、全体マップ) (フォーカス、グラムの森) ※MAP5でジークを仲間にし、ケイトが生存している場合のみ { (背景、森) [ジーク](左) ウエルトに女騎士とは珍しいな……▼ [ケイト](右) あなた……▼ バージェの騎士と聞いたけど本当なの?▼ ラフィンは見たことも無い奴だと 言ってたけど……▼ [ジーク] 私を疑っているのか?▼ ならば証拠を見せてやろう……▼ 私の背中をよく見てみろ!▼ [ケイト] !……▼ ひ……▼ひどい……▼ これは……▼鞭で打たれた傷痕?……▼ [ジーク] そうだ、ガーゼルに捕らえられて ゾーアの谷で奴隷として働かされた▼ そこは地獄だった▼ 女や子供ですら鎖に繋がれ鞭で打たれて まるで家畜のように働かされた▼ 私は見るに見かねて 子供たちを守ろうとした▼ その結果がこの拷問だ▼ 見ればわかるだろうが 茨の鞭で皮膚は破れ肉もそげた▼ 生きているのが不思議なくらいだった▼ [ケイト] ひどい……▼ なんというひどい事を……▼ [ジーク] 私一人なら我慢もできた▼ だが私のために幼い兄弟まで拷問を受け 泣き叫ぶ声が聞こえてきた……▼ もう我慢ができなかった▼ 彼らを救うためにはガーゼルに許しを請い 暗黒兵になるしかなかったのだ……▼ 私を愚かと思うなら笑え……▼ 騎士としての誇りも何もかも…… あの時に捨ててしまったのだから……▼ [ケイト] ごめんなさい……▼疑ったりして……▼ ガーゼルに征服された国々の悲惨さは 噂では聞いたことがあったけど そこまでひどいとは知らなかったの……▼ 私……▼恥ずかしいわ……▼ [ジーク] いや、恥ずかしいのは私も同じだ▼ 君はたしかケイトといったな▼ 頼む、このことは黙っていてくれ▼ 皆には知られたくないのだ▼ [ケイト] ええ、わかったわ▼ ねえ、ジーク▼ 困った事があれば私に言って▼ あなたの力になりたいの……▼ } (移動後MAP6へ)

このデータは小泉八雲さんから頂いたものです。ありがとうございます。

1)リュナン⇔ジーク ジーク「君が指揮官か?      私は戦うつもりはない、剣を収めてくれ」 リュナン「何者だ?……」 ジーク「私はジーク      北の小国、バージュの騎士だったが国は滅亡し、家族はガーゼルの      奴隷となった」     「私は家族の命と引き換えに      暗黒兵となったが      もう我慢ができない……      頼む、貴国に亡命させてくれ      私も貴公らと共に戦い      祖国を解放したいのだ!」 リュナン「亡命者か……      オイゲンはどう思う?」 オイゲン「いや……まことに気の毒な話……」      「ジーク殿、喜んでお迎えいたしますぞ       祖国解放のため       共に力を尽くしましょうぞ」 ジーク「すまぬ……      聞き届けてくれたからには忠誠を誓う      なんなりと命じてくれ」 リュナン「……」 2)エンテ⇔マルジュ エンテ「マルジュ!?     これはいったい……」 マルジュ「僕にもわからない……       あいつらは何者なんだ?       老師や母上は、僕にエンテを守りと言った       一体どういうことなんだ!」 エンテ「老師様はどこなの!      シルフィーゼ様はご無事なのですか!」 マルジュ「そうだ、母上が……       エンテ、僕はみんなの元に戻る       君はここをうごかないでいてくれ」 エンテ「いえ……私も行きます      私はもう逃げない……      私の為に人が傷つくのは      もう嫌なのです!!」
[←戻る]