ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記・マスターバイブル 最終更新日:2001/06/30

会話集/MAP18 黒い森

※未編集の仮公開版です。

このデータはBLI-ZARD改さんから頂いたものです。ありがとうございます。

category:ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 chapter:18 title:黒い森 【MAP18 黒い森】 ■オープニング (フォーカス、リュナン) { [リュナン] オイゲン あれがバルト要塞か▼ [オイゲン] さようです▼ 砦としての規模は さほどではありませぬが▼ 地形を利用した堅固な要塞として 知られております▼ 確かに この森では身動きは取れませぬし 前に出ればクインクレインや 投石器に狙い撃たれます▼ よほどうまく戦いませんと……▼ [リュナン] そうだな……▼ だがオイゲン▼ バルト軍団は守備兵の大半を 後方に引き上げたとも聞いている▼ 事実だろうか?▼ [オイゲン] はい、帝国も 打ち続く戦いで兵力の消耗が激しく 後方で再編をしているとか▼ バルトの攻略は今を置いてはありませぬ▼ [リュナン] そうか……▼では決戦だな……▼ 全軍に総攻撃を命じろ▼ これより、バルト要塞を攻略する!▼ } (フォーカス:バルバロッサ) (背景:城内) { [エストファーネ](右) 将軍、ユトナ連合軍が 追っているそうですね▼ 本当に大丈夫ですか?▼ [バルバロッサ](左) お任せください、エスト様▼ このバルバロッサ、敵が幾万来ようとも 死守してごらんにいれます▼ [エストファーネ] いえ、父上は 決して無理はするなと申しておりました▼ 戦いに利非すれば ただちにリーヴェラインまで撤退せよと▼ 申しておりました▼ 将軍 これは私の願いでもあります▼ どうか、無理はなさらないで▼ お願いです▼ [バルバロッサ] エスト様は変わられませぬな▼ まだ赤子だった頃から、おそばに 仕えさせていただきましたが▼ 亡くなられたお母上に似て 小さい頃からお優しい性格でした▼ 戦いを前にして姫にお会いでき このバルバロッサ▼ もう思い残すことは何一つございません▼ [エストファーネ] バルじい!そんな悲しい事を言わないで! 私はいや!▼ じいを失うなんて絶対いやだからね!▼ [バルバロッサ] エスト様▼ そんなに泣かれては お美しい顔がだいなしですぞ▼ ほら、涙をお拭きください▼ 大きくなられたというのに 中身は小さい頃と 何一つ変わっておられませぬな▼ [エストファーネ] 夜中に怖い夢を見て泣いているとき▼ いつも真っ先に来て、抱いてくれたのは バルじいだった▼ バルじいの大きな胸に抱かれると 私は安心して眠れた▼ そんなじいを、この戦争は……▼ [バルバロッサ] それを言ってはなりませぬ▼ さあ、エスト様▼ まもなく戦いが始まります▼ お父上のもとにお戻りください▼ だれか!▼ エスト姫をゼムセリアまでお送りせよ……▼ [エストファーネ] バルじい……▼ [マホバ] くっくっく……▼ かつてはカナンの盾として 勇名をはせた名将も 小娘にはかなわぬと見える……▼ [バルバロッサ] ガーゼルの魔獣使いか……▼ おぬしらに用はない▼ さっさとわしの前から失せろ!▼ [マホバ] 将軍の娘はかつて黒騎士団長も務めた英雄 シルヴァ殿……▼しかしノルゼリア事件の後 敵方に寝返り今も行方知れずとか▼ 将軍もさぞや肩身の狭い事でしょうな……▼ [バルバロッサ] ……▼ [マホバ] ふっふっふ・・…▼まあよい……▼ 異教徒どもの血肉は魔獣たちの好物じゃ▼ 喜んで食らうじゃろうて……▼ } 【民家】※ミンツで訪れたとき { [ミンツ](右) おい、マーサ、生きてるか?▼ [マーサ](左) ミンツ! このろくでなし!!▼ 今ごろやってきて何言ってるんだい!▼ [ミンツ] まあそう怒るな▼ 俺もいろいろと忙しいんだ▼ [マーサ] フンッ▼ どうせまた、どこかの小娘の尻でも 追い掛け回しているんだろ▼ それであたしに何の用だい?▼ [ミンツ] お前に預けておいたあれな 返してくれないか▼ [マーサ] あれって、あれかい?▼ いいよ、こんなもの あたしにゃ何の役にもたちゃしない▼ (再移動の書入手) } 【戦闘時会話】 [マホバ] くっ…… 息子たちよ、何をしておる こやつらを、わしに近づけるなっ! (撃破時) [マホバ] くっ…… ガーゼル神よ こやつらに災いあれ……! [バルバロッサ] この命に代えても…… ここは渡さぬ……! (撃破時) [バルバロッサ] ぐっ……もはやこれまでか…… だが、まだ倒れるわけにはゆかぬ…… とくと見よ! このバルバロッサの最後を! 【バルバロッサ撃破OR30ターン目】 (背景:城内) { [部下](右) し…将軍…ひどいお怪我を…▼ [バルバロッサ](左) かまわぬ!▼ それより、兵士達の退避は完了したか?▼ [部下] はっ!▼ 中におりますのは、 将軍と私だけでございます▼ [バルバロッサ] うむ…貴君も早々に退避せよ▼ [部下] ……嫌でございます!▼ [バルバロッサ] …退避せよ これは命令だ…▼ [部下] ですから、嫌だと申しております▼ 要塞としての機能を残したまま▼ このバルト要塞をあけわたすわけには いかない…▼ 将軍は、そうお考えなのでしょう?▼ この私めの最初で最後の命令違反です▼ どうかお許しください▼ [バルバロッサ] ………………勝手にせよ▼ [部下] はっ! ありがとうございます!▼ 実のところ、兵士達を退避させるのは▼ 一苦労でございました▼ 皆、解っているのです…将軍のご決断を▼ それゆえ誰もが、 将軍と運命を共にすることを望み 中に残ろうとするものですから・・・・・・▼ [バルバロッサ] ………馬鹿どもが……▼ 彼らにはまだまだカナンの為に なすべき事があると言うのに…▼ ……だが、私は彼らを誇りに思う……▼ ガーゼルの如き輩が我が物顔でのし歩く カナンにあって……▼ 未だ彼らはカナンの軍人なのだな……▼ これほど、嬉しい事があろうか▼ [部下] ……………… [バルバロッサ] では、行くとするか▼ [部下] はっ!▼ [バルバロッサ] このバルバロッサ、十分に生きた…… 思い残すことはもはやなし▼ いや、唯一エスト様の花嫁姿を▼ この目で見れなかったことが心残りか………▼ シルヴァよお前がカナンの為に 動いているのは知っている……▼ カナンの未来を頼んだぞ▼ エルンストよ後は任せたぞ▼ 貴様一人に任せるのは心苦しいが▼ バルカ様とジュリアス様をお支えしてくれ▼ バルカ様、この老体……▼ 力及ばず果てます事をお許しください▼ おお、我らが祖国 雄々しきカナンよ カナンの未来に栄光あれ!!! (砦爆発) } 【制圧後】 (背景:城前) { [リュナン] オイゲン、あの老将は……▼ [オイゲン] 見事な最期でありましたぞ▼ さすがはカナンの盾とも称される武人▼ 私もかくありたいものですな▼ [リュナン] そうか……▼ 立派な人物であったのに 残念なことをした……▼ [オイゲン] 公子 それは若いがゆえの感傷というもの▼ 我ら老兵は、老いの病で苦しむよりは 戦場で花と散りたいと願っております▼ かの将軍も、公子のような勇将と戦えて さぞや本望でありましょう▼ [リュナン] 死に急ぐは愚か者のすることだと 父上は申されていた▼ 人として生まれたからには 最後まで生きる努力をすべきだと▼ オイゲン お前はそう思わないのか▼ [オイゲン] はあ▼ 人は誰しもグラムド大公のように 強い者ばかりではありませぬ▼ 公子は生まれながらにして 優れた才能を持ち さらに御父上の名声をも受け継がれました▼ ですが そのような恵まれた環境に 生まれることが出来るのは ほんの一握りの者だけ▼ 大多数の人間は 不安と絶望の中で細々と生きて 老いて病に苦しみ▼ やがてその名を知られることもなく 一人寂しく死んでゆくのです▼ [リュナン] ずいぶん悲観的だな……▼ オイゲンの話も わからなくはないが……▼ [クラリス] 失礼いたします▼ お話はおすみでしょうか?▼ [リュナン] あなたは?……▼ [クラリス] サリアの森から参りました▼ 私は大神官オクトバスの娘 クラリスと申します▼ [リュナン] クラリス様!?…… ああ、あなたが……▼ [クラリス] リュナン様は、私をご存知なのですか?▼ [リュナン] ウエルトのリーザ王妃から お話は伺いました▼ バルト要塞を制圧できたら サリアの森のクラリス神官長を 訪ねるようにと・・…▼ [クラリス] そうですか、リーザが……▼ ではリュナン様 サリアの村においでください▼ お話はそちらでいたしましょう▼ } マップ上 (フォーカス:サリアの村) (背景:民家の部屋) [グエンカオス] どこだ?▼ どこに隠したのだ?▼ [村長?] わ、わしらは何も知らぬ▼ 許してくれ……▼ [グエンカオス] そうか……▼ ならば死ね!▼ (効果音) [村長] ううっ……▼ } (背景:村<森?>) { [クヌード] グエン様▼ これだけ探しても見つからぬとなると やはりオクトバスの娘が 持っておるのでございましょう▼ [グエンカオス] そうであろうな……▼ [クヌード] 間もなくバルトの森から 戻るとのことでございます▼ お任せください▼ リングオブリーヴェは必ず 取り戻してごらんにいれます▼ [グエンカオス] うむ……▼ ここはおぬしに任そう▼ わしはラキスを奪わねばならぬのでな▼ [クヌード] ラキス!?……▼ ではアーレスの娘が 生きていたのでございますか?▼ [グエンカオス] そうじゃ▼ セルバ草原に現れおったわ▼ これで4人、すべてがそろった……▼ [クヌード] ははっ!……▼ では、いよいよ……▼ [グエンカオス] うむ……▼儀式の日は近い▼ それがためにも 今一度ミュースが必要じゃ▼ クヌード、ぬかるなよ▼ [クヌード] ははっ! グエンカオス教皇様▼ } 移動後MAP19へ。

このデータはぬお〜!さんから頂いたものです。ありがとうございます。

category:ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記 chapter:18 title:黒い森 マップタイトル MAP18 黒い森 (バルト要塞) (タイトルフレーム下部にリーヴェのエムブレム) (背景、フィールドマップ、全景一望) (編成画面→戦闘) (自軍ユニット配置) (フォーカス、リュナン) (背景、開けた森) { [リュナン](右) オイゲン あれがバルト要塞か▼ [オイゲン](左) さようです▼ 砦としての規模は さほどではありませぬが▼ 地形を利用した堅固な要塞として 知られております▼ 確かに この森では身動きは取れませぬし 前に出ればクインクレインや 投石器に狙い撃たれます▼ よほどうまく戦いませんと……▼ [リュナン] そうだな……▼ だがオイゲン▼ バルト軍団は守備兵の大半を 後方に引き上げたとも聞いている▼ 事実だろうか?▼ [オイゲン] はい、帝国も 打ち続く戦いで兵力の消耗が激しく 後方で再編をしているとか▼ バルトの攻略は今を置いてありませぬ▼ [リュナン] そうか……▼では決戦だな……▼ 全軍に総攻撃を命じろ▼ これより、バルト要塞を攻略する!▼ } (フォーカス) (背景、光差す玉座の間) { [少女](右) 将軍、ユトナ連合軍が 迫っているそうですね▼ 本当に大丈夫ですか?▼ [バルバロッサ](左) お任せください、エスト様▼ このバルバロッサ、敵が幾万来ようとも 死守してごらんにいれます▼ [エストファーネ] いえ、父上は 決して無理はするなと申しておりました▼ 戦いに利非ずば ただちにリーヴェラインまで撤退せよと▼ そのように将軍にお伝えせよと 申しておりました▼ 将軍 これは私の願いでもあります▼ どうか、無理はなさらないで▼ お願いです▼ [バルバロッサ] エスト様は変わられませぬな▼ まだ赤子だった頃から、お側に 仕えさせていただきましたが▼ 亡くなられたお母上に似て 小さい頃からお優しい性格でした▼ 戦いを前にして姫にお会いでき このバルバロッサ▼ もう思い残すことは何一つございません▼ [エストファーネ](悲しげな表情) バルじい!▼ そんな悲しいことを言わないで! 私はいや!▼ じいを失うなんて絶対いやだからね!▼ [バルバロッサ] エスト様▼ そんなに泣かれては お美しい顔がだいなしですぞ▼ ほら、涙をお拭きください▼ 大きくなられたというに 中身は小さい頃と 何一つ変わっておられませぬな▼ [エストファーネ] 夜中に怖い夢を見て泣いているとき▼ いつも真っ先に来て、抱いてくれたのは バルじいだった▼ バルじいの大きな胸に抱かれると 私は安心して眠れた▼ そんなじいを、この戦争は……▼ [バルバロッサ] それを言ってはなりませぬ▼ さあ、エスト様▼ まもなく戦いが始まります▼ お父上のもとにお戻りください▼ だれか!▼ エスト姫をゼムセリアまでお送りせよ……▼ [エストファーネ] バルじい……▼ } (画面暗転) { [祈祷師マホバ](右) くっくっく……▼ かつてはカナンの盾として 勇名をはせた名将も 小娘にはかなわぬと見える……▼ [バルバロッサ](左) ガーゼルの魔獣使いか……▼ おぬしらに用はない▼ さっさとわしの前から失せろ!▼ [マホバ] 将軍の娘はかつて黒騎士団長も務めた英雄 シルヴァ殿……▼しかしノルゼリア事件の後 敵方に寝返り今も行方知れずとか▼ 将軍もさぞや肩身の狭い事でしょうな……▼ [バルバロッサ] ……▼ [マホバ] ふっふっふ……▼まあよい……▼ 異教徒どもの血肉は魔獣たちの好物じゃ▼ 喜んで食らうことじゃろうて……▼ } (拠点からマホバ出現、拠点から一マス空けて左上に配置) (マップ最北東と最南東に祈祷師出現) ■民家を訪ねる ※ミンツ以外で訪れたとき (背景、酒場) { [若い女将](右) ここは軍団の兵士たちのために 作られた酒場なんだよ▼ バルバロッサ将軍が 自分の私財をなげうって作ったのさ▼ 将軍はね▼ 若い兵士たちにいつも言っていた▼ 死んではならぬ▼ 生きて祖国へ帰るのだ、とね……▼ 今度の戦いだって 将軍は一人砦に残るつもりだった▼ ところが将軍を慕う兵士たちは 自分たちも残ると言って聞かない▼ それでやむなく、クジ引きで 少数の兵士が残ったってわけさ▼ ねぇ、あんた 笑っちゃうだろ▼ バカな男たち▼ みんな死んじまってさ……▼ } (扉閉まらない) ※ミンツで訪れたとき (背景、酒場) { [ミンツ](右) おい、マーサ、生きてるか?▼ [マーサ](左) ミンツ!▼ このろくでなし!!▼ 今ごろやってきて何言ってるんだい!▼ [ミンツ] まあそう怒るな▼ 俺もいろいろと忙しいんだ▼ [マーサ] フンッ▼ どうせまた、どこかの小娘の尻でも 追い掛け回しているんだろ▼ それであたしに何の用だい?▼ [ミンツ] お前に預けておいたあれな 返してくれないか▼ [マーサ] あれって、あれかい?▼ いいよ、こんなもの あたしにゃ何の役にもたちゃしない▼ } メッセージ 再移動の書を手に入れた ■拠点右下の民家を訪ねる ※ギルドのカギを持っていない場合 { [騎士] こうして戦いの様子を 見ていると バルト戦役のことを 思い出します……▼ あのとき私は マール軍の兵として ここで戦っていたのです▼ 戦いの最中、私の目の前で 王が戦死され……▼ 王をお守りできなかったことを 悔やんだ私は、その場で 自らの命を絶とうとしました▼ それを止めてくださったのが 敵側の将であるはずの バルバロッサ将軍だったのです▼ ……将軍は捕虜の私にも この建物の番という仕事と 他の兵士たちと変わらぬ生活を 与えてくださいました▼ 祖国マールを 裏切ることはできませんが 将軍やカナンの兵士たちにも 死んで欲しくない……▼ 複雑な気分です……▼ } ※ギルドのカギを持っている場合 { [騎士] ……ああ それをお持ちなのですか▼ では、奥へどうぞ……▼ } (秘密の店へ) ■最も右下の民家を訪ねる { [男] バルト要塞も ついに陥落したのか……▼ ここは軍団の倉庫だが もう大したものは 残っちゃいねぇ▼ この「勇者の証」を やるから さっさと出て行ってくれ▼ メッセージ 勇者の証を手に入れた } ■バルバロッサ撃破するor30ターン目経過する (フォーカス、バルバロッサ) (バルバロッサ、拠点内へ) { [部下](右) し…将軍…ひどいお怪我を…▼ [バルバロッサ](左) かまわぬ!▼ それより、兵士達の退避は完了したか?▼ [部下] はっ!▼ 中におりますのは、 将軍と私だけでございます▼ [バルバロッサ] うむ…貴君も早々に退避せよ▼ [部下] ……嫌でございます!▼ [バルバロッサ] …退避せよ これは命令だ…▼ [部下] ですから、嫌だと申しております▼ 要塞としての機能を残したまま▼ このバルト要塞をあけわたすわけには いかない…▼ 将軍は、そうお考えなのでしょう?▼ この私めの最初で最後の命令違反です▼ どうかお許しください▼ [バルバロッサ] ………………勝手にせよ▼ [部下] はっ! ありがとうございます!▼ 実のところ、兵士達を退避させるのは▼ 一苦労でございました▼ 皆、解っているのです…将軍のご決断を▼ それゆえ誰もが、 将軍と運命を共にすることを望み 中に残ろうとするものですから・・・・・・▼ [バルバロッサ] ………馬鹿ものどもが……▼ 彼らにはまだまだカナンの為に なすべき事があると言うのに…▼ ……だが、私は彼らを誇りに思う……▼ ガーゼルの如き輩が我が物顔でのし歩く カナンにあって……▼ 未だ彼らはカナンの軍人なのだな……▼ これほど、嬉しい事があろうか▼ [部下] ……………… [バルバロッサ] では、行くとするか▼ [部下] はっ!▼ [バルバロッサ] このバルバロッサ、十分に生きた…… 思い残すことはもはやなし▼ いや、唯一エスト様の花嫁姿を▼ この目で見れなかったことが心残りか………▼ シルヴァよお前がカナンの為に 動いているのは知っている……▼ カナンの未来を頼んだぞ▼ エルンストよ後は任せたぞ▼ 貴様一人に任せるのは心苦しいが、▼ バルカ様とジュリアス様をお支えしてくれ▼ バルカ様、この老体……▼ 力及ばず果てますことをお許しください▼ おお、我らが祖国(自動改行) 雄々しきカナンよ(自動改行) カナンの未来に栄光あれ!!!(一気に流れる) } (砦、爆発する) (カーソル自軍へ) 【制圧後】 (背景、砦入り口前) { [リュナン](右) オイゲン、あの老将は……▼ [オイゲン](左) 見事な最期でありましたぞ▼ さすがはカナンの盾とも称される武人▼ 私もかくありたいものですな▼ [リュナン] そうか……▼ 立派な人物であったのに 残念なことをした……▼ [オイゲン] 公子 それは若いがゆえの感傷というもの▼ 我ら老兵は、老いの病で苦しむよりは 戦場で花と散りたいと願っております▼ かの将軍も、公子のような勇将と戦えて さぞや本望でありましょう▼ [リュナン] 死に急ぐは愚か者のすることだと 父上はよく申されていた▼ 人として生まれたからには 最後まで生きる努力をすべきだと▼ オイゲン お前はそうは思わないのか▼ [オイゲン] はぁ▼ 人は誰しもグラムド大公のように 強い者ばかりではありませぬ▼ 公子は生まれながらにして 優れた才能を持ち さらに御父上の名声をも受け継がれました▼ ですが そのような恵まれた環境に 生まれることが出来るのは ほんの一握りの者だけ▼ 大多数の人間は 不安と絶望の中で細々と生きて 老いては病に苦しみ▼ やがてその名を知られることもなく 一人寂しく死んでゆくのです▼ [リュナン] ずいぶん悲観的だな……▼ オイゲンの話も わからなくはないが……▼ [クラリス](左) 失礼いたします▼ お話はもうおすみでしょうか?▼ [リュナン] あなたは?……▼ [クラリス] サリアの森から参りました▼ 私は大神官オクトバスの娘 クラリスと申します▼ [リュナン] クラリス様!?……▼ ああ、あなたが……▼ [クラリス] リュナン様は、私をご存知なのですか?▼ [リュナン] ウエルトのリーザ王妃から お話は伺いました▼ バルト要塞を制圧できたら サリアの森のクラリス神官長を 訪ねるようにと……▼ [クラリス] そうですか、リーザが……▼ ではリュナン様 サリアの村においでください▼ お話はそちらでいたしましょう▼ } Now Loading… (背景、ワールドマップ) (フォーカス、サリアの村) (背景、屋敷の一室) { [グエンカオス](右) どこだ?▼ どこに隠したのだ?▼ [村人] わ、わしらは何も知らぬ▼ 許してくれ……▼ [グエンカオス] そうか……▼ ならば死ね!▼ (効果音、闇の魔法、続いて雷のほとばしる音) [村人] ううっ……▼ } (背景、森と山を遠くに望む村) [暗黒司祭](左) グエン様▼ これだけ探しても見つからぬとなると やはりオクトバスの娘が 持っておるのでございましょう▼ [グエンカオス](右) そうであろうな……▼ [暗黒司祭] 間もなくバルトの森から 戻るとのことでございます▼ お任せください▼ リングオブリーヴェは必ず 取り戻してごらんにいれます▼ [グエンカオス] うむ……▼ ここはおぬしに任そう▼ わしはラキスを奪わねばならぬでな▼ [暗黒司祭] ラキス!?……▼ ではアーレスの娘が 生きていたのでございますか?▼ [グエンカオス] そうじゃ▼ セルバ草原に現れおったわ▼ これで4人、すべてがそろった……▼ [暗黒司祭] ははっ!……▼ では、いよいよ……▼ [グエンカオス] うむ……▼儀式の日は近い▼ それがためにも 今一度ミュースが必要じゃ▼ クヌード、ぬかるなよ▼ [クヌードという名の暗黒司祭] ははっ! グエンカオス教皇様▼ } (背景、ワールドマップ) (サリアの村 に ガーゼル軍出現) ■サリアの村に到着したとき Now Loading… →MAP19 巡り会い(サリアの村)≠ヨ
[←戻る]