ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記・マスターバイブル 最終更新日:2001/07/25

会話集/エンディング2

※未編集の仮公開版です。

このデータは山井寿章さんから頂いたものに、まなさんから頂いた追加分をあわせたものです。ありがとうございます。


※プラムの手鏡イベント全てクリア、助けたのはホームズ
 5人の仲間の選択は、ナロンとライネル
 サーシャは編成1回目はホームズ隊でホームズとの会話イベントをこなしている
 2回目はリュナン隊に入れました(3回目はホームズ隊に)
 ジークはMAP5で仲間にしました

(注釈 by かわき茶)
条件式が不完全ですが、こちらを参照してください。

■エンディング(ゼムセリア)

(フォーカス、ゼムセリア)

(背景、水辺の道)

[メル](右)
……アフリード様▼
私が誰だかわかりますか?▼

[アフリード](左)
……無論わかっている▼
君は私の記憶の中の
シルフィーゼと同じだ……▼

メル……▼
久しぶりだな……▼

[メル]
!……▼
知っていながらどうして
何も仰って下さらなかったのです!▼

私は母から、お父様は戦死されたものと
聞かされていました▼
私はまだ幼かったけれど、お父様の面影は
ずっと胸に秘めて、大切にしていました▼

だから、地下神殿でお会いしたとき
すぐにお父様だとわかりました▼
嬉しくて……▼
涙が止まりませんでした……▼

でもお父様は
何も仰ってくださらなかった……▼
どうして……▼
どうしてなのです、お父様!▼

[アフリード]
お前との再会を喜ぶ前に
為さねばならぬことがある▼
それゆえに、心苦しくはあったが
言葉をかけられなかった……▼

[メル]
為さねばならぬこと?……▼

[アフリード]
マルス神殿に戻り
シルフィーゼに詫びねばならぬ▼
彼女に許しを請わなければ
私の過去は戻らないのだ……▼

[メル]
お父様……▼

(画面暗転)

(背景、橋の上)

[エリシャ](左)
ようやく親子の対面がなったわけね▼
よかったわね、メル……▼

[メル]
エリシャ!?……▼
それはどういう意味なの?▼
あなたとお父様は何か関係でもあるの?▼

[エリシャ]
ええ、一時期はね▼
私もあなたと同じように
彼をお父様と呼んでいた事もあったわ▼

[メル]
!……▼

[エリシャ]
そう怖い顔をしないでよ▼
いいわ、何もかも話してあげる▼

今から14年前
私たち母娘はエリアルに住んでいた▼
当時のエリアルは対ガーゼル戦の最前線で
全国から集まった多くの義勇兵たちが
レダの旧領を奪回するために
頑張っていたそうよ▼
私の母も神官として聖戦に参加していたの▼

ある日、一人の魔道士が重傷を負って
教会に運び込まれたの▼
司祭はもはや手遅れだと言って
墓地に埋めるよう命じたそうよ▼

でも母はね▼
その若い魔道士をどうしても
見捨てる事ができなくて
司祭には内緒で看病したの▼

魔道士の意識が戻ったのはその半年後……▼
だけど寝たきりの状態はそれからも
10年続いたわ……▼

体が完全に回復したのは2年前……▼
母は彼の歩く姿を見て
涙を流して喜んだ……▼
そして、その三日後に亡くなったわ▼
無理をしすぎた為の過労死だった……▼

[メル]
お父様に……▼そんなことが……▼
でも……▼それならどうして
マルス神殿に連絡をくれなかったの?▼

[エリシャ]
彼には意地があったのでしょう▼
自分の惨めな姿をあなたのお母様に
見られたくなかったのよ▼

母は、彼が自害することを恐れて
目が離せなかったと言っていた▼
歩けるようになるまでは
生きているのさえ
辛くてたまらなかったみたい……▼

[メル]
エリシャもずっとお父様と一緒に?……▼

[エリシャ]
ええ、4歳のときから
去年……▼17歳で別れる日まで
13年間、一緒だったわ▼

少なくとも、あなたより長い時間
家族として一緒に暮らしていた……▼
もっとも、寝たっきりの彼を
母と私とで見守っていただけだけど……▼

[メル]
……あなたのお母様は
お父様のことが好きだったの?……▼

[エリシャ]
私には笑いながら否定していたわ……▼
だけど、▼わかる……▼女だもの……▼

[メル]
……ごめんなさい、エリシャ……▼
私……▼あなたのことを誤解していました▼
あなたのお母様にも、何と言って
お詫びすればいいのか……▼

[エリシャ]
いいのよ、メル……▼
あなたなら母の気持ちを
わかってくれると思ったの▼

アフリード様はあなたたちにお返しするわ▼
すっきりした形で、あなたとも
お友達になりたかった▼

[メル]
エリシャ
あなたもマルスに来て!▼
私たちと一緒に暮らしましょう!▼

[エリシャ]
ううん、▼気持ちは嬉しいけど
それはやめておく▼
先のことはわからないけど
今はまだ、そんな気になれないわ……▼

[メル]
エリシャ……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(リュナン、バルト要塞に移動)

■エンディング(バルト要塞)

(フォーカス、バルト要塞)

(背景、森の入り口)

[マリア](左)
カトリ!……▼

[カトリ](右)
お母様!?……▼

[マリア]
ああ……▼カトリ……▼
よかった……▼
あなたのことが心配で
無事と聞いたときには涙が出ました……▼

さあ、もっと側に来て▼
あなたを抱きしめさせてほしいの……▼

[カトリ]
お母様……▼

[リュナン](右)
……陛下、わざわざお迎えいただき
ありがとうございます▼

[グラウス](左)
いや……▼本来なら
わしも行かねばならぬところを
病身ゆえに断念したのだ▼
迎えに出るくらいは当然であろう▼

[ホームズ](右)
国王、カトリは確かにお返しするぜ▼
もう狙われる事もないと思うが
後はしっかり守ってくれよな▼

[グラウス]
……ホームズ殿▼
貴公には世話になりっぱなしだな▼
この恩は一生忘れぬぞ……▼

[ホームズ]
そんなことはいいよ▼
それより、カトリの事は頼むぜ▼
間違っても戦争の道具なんかにするなよ▼
そんなマネをしたら
俺は絶対に許さねえからな▼

[グラウス]
無論だ、レダ王の愚は犯さぬ▼
わしを信じてくれ▼

[ホームズ]
レオン公、約束どおり
国王夫妻とカトリのことは頼んだぜ▼
あんたとクラリス神官長になら
俺はカトリを託すことができる▼

[レオンハート](左)
うむ……▼約束は守ろう▼
だがホームズ
貴公はサリアに来てくれないのか▼

[ホームズ]
俺は一つ所に留まるつもりはない▼
まだまだ知りたいことは山ほどあるし
世界を旅して回りたいんだ▼

[レオンハート]
……▼

[ホームズ]
前にも言ったと思うが、現国王の次は
あんたがサリア王になるべきだと思う▼

レオン公が王になれば、サリアは
リーヴェ、カナンに劣らぬ
豊かな大国に生まれ変わるだろう▼

それがサリアの民にとって
一番いいことだと俺は思うんだ▼

それに、シスターレネは
火の神官家直系の大神官だ▼
彼女との間にできた子なら
サリア聖王家の血筋として
何も問題は無いだろう▼

[レネ](左)
あ……▼
ホームズ様……▼
私たちはまだそこまでは……▼

[ホームズ]
いいじゃねえか▼
あんたたちが好きあってるのは
俺にだってわかる▼
何も隠す必要はないだろう▼

(画面暗転)

[レオンハート]
シロウ、お前の活躍はリュナン殿から
聞いている▼
サリアに戻った後も
俺を助けてくれるな?▼

[シロウ](右)
はっ、レオン大公!▼
どこまでもお供させていただきます!▼

(画面暗転)

[フラウ](左)
私も久しぶりにサリアに帰るわ▼
ホームズ、いろいろとありがとね▼

[ホームズ]
ああ、クラリス神官長にあんまり
迷惑かけるんじゃねえぜ▼

[フラウ]
うん、カトリのことは心配しないで▼
あたしがちゃんとおもりをするから▼

[ホームズ]
けっ……▼
おもりされるのはお前の方だろうがっ▼

[サーシャ](右)
フラウ、クラリス伯母様たちと
ウエルトに遊びに来てね▼
お母様も喜ばれると思うから▼

[フラウ]
ええ、きっと伺うわ▼
リーザ叔母様にもよろしくね▼

(画面暗転)

[ヴェーヌ](左)
リュナン様、ありがとうございました▼
私もサリアに戻り、王国の再興に
力を尽くす所存です▼

[リュナン]
ヴェーヌ、礼をいうのは僕のほうだ▼
君の努力によって
ノルゼリアの和平は達成された▼
両国民に代わって深く感謝する▼

[ヴェーヌ]
恐れ入ります、リュナン様……▼

(画面暗転)

[マーテル](左)
ではリュナン様▼
私もここでお別れいたします……▼

[リュナン]
マーテル……▼
君との別れは辛いな……▼
また会えるだろうか……▼

[マーテル]
はい、私は天駆ける騎士です▼
求められればどこへでも参ります!▼

(画面暗転)

[リシュエル](右)
マーテル、君に頼みがある▼
私と一緒に火の神殿の再建に
協力してくれないか?▼

[マーテル]
火の神殿の再建?……▼

[リシュエル]
ああ▼
あぶれ出た魔獣たちを元に戻し
サリア神殿をもとの姿に変えたいんだ▼

本来ならばクラリス神官長に
お願いしたのだが
叔母上は王国再建でお忙しい▼
だから……▼

[マーテル]
あら、私はお母様の代わりなの?▼

[リシュエル]
そういうわけじゃないが▼
マーテルは神官としての能力も高いと
叔母上から聞いている▼

たまには神官服を着てみるのも
悪くはないだろう▼

[マーテル]
ふふっ……▼
リシュエルは私に神官服を着せて
メーヴェ様の代わりにしたいのね▼

[リシュエル]
バ、バカなことを言うな!▼
どんな姿をしてもマーテルはマーテルだ!▼
君の素晴らしさは
私が一番よく知っている!▼

[マーテル]
ふーん……▼
リシュエルがそんなことを
口にするなんて意外ね▼
それもお母様から頼まれたことなの?▼

[クラリス](右)
マーテル!▼
リシュエルに失礼でしょう!▼

確かにオクトバス老師は
あなたたち二人が結ばれて
火の神殿を継いでくれることを
お望みでした▼

だけど私は、人の心を弄ぶような事は
いたしません!▼

[マーテル]
お母様……▼

[クラリス]
リシュエル、ごめんなさいね▼
マーテルの我が侭は母である私の責任です▼

[リシュエル]
いえ、クラリス叔母上▼
マーテルはわかっているのです▼
わかっているから余計に
反発するのだと思います▼

[マーテル]
そうよ、わかっていないのは
リシュエルただひとり……▼
まあいいわ、リシュエルが望むなら
神官服を着てあげる▼

でもお母様、誤解しないでね▼
私たちの将来は私たちで決める▼
それだけは覚えておいてね▼

(画面暗転)

[レオンハート]
プラムも俺と共に来てほしい▼
せめて嫁ぐ日までは
お前と共に暮らしたいのだ▼

[プラム](右)
はい、お父様……▼

[レオンハート]
そうか……▼よかった▼
お前の望みはどのようなことでも
叶えてやるつもりだ▼

プラムはこれから何がしたいのだ?▼
サリアの神官として人々に尽くすか▼
それとも好きな男の妻になるのか?▼

[プラム]
まだよくわかりません……▼
でも……▼
踊り子は続けたいの……▼
お父様、許していただけますか?▼

[レオンハート]
踊り子か……▼
そうだな、お前の踊りなら
サリアの人々にも勇気を与えるだろう▼
お前が望むなら拒みはしない▼

[プラム]
はい▼
ありがとうございます
お父様……▼

[バーツ](右)
プラムよぉ……▼
俺はどうしたらいいんだよぉ……▼

[プラム](左)
お兄ちゃん……▼

[レオンハート]
バーツ▼
お前もプラムと一緒に来い▼
トーラス村の祖父も呼んで
今までどおり一緒に暮らせばよかろう▼

[バーツ]
ほ、本当にそれでいいのか!?▼
俺たちもサリアに行っていいのかよ!▼

[レオンハート]
当然だろう▼
お前がプラムの兄ならば
俺にとっても息子ということだ▼
何を遠慮することがある▼

[バーツ]
ううっ……▼
レオン大公……▼
あんたっていい人だなぁ……▼

(画面暗転)

[ゼノ](左)
カトリ……▼
お別れだね……▼
君の幸せを祈っているよ……▼

[カトリ]
ゼノ!?▼
どうしてそんなことを言うの?▼
ずっと一緒にいてくれるって
約束してくれたのに!▼

[ゼノ]
だけど……▼

[カトリ]
お願い、ゼノ……▼
どこにも行かないで……▼

[ホームズ]
ゼノ、俺からも頼むぜ▼
カトリの側にいてやってくれ▼

[ゼノ]
ホームズ……▼
わかったよ、ホームズが戻るまで
僕がカトリの側にいる……▼
それでいいんだろ……▼

[ホームズ]
ああ、俺の代役は
お前にしか務まらねえしな……▼

[ゼノ]
……▼

[ユニ](右)
ゼノの……▼
バカ……▼

(画面暗転)

[グラウス]
ホームズ殿、▼妃とも話したのだが
貴公にぜひ聞いてもらいたい事がある▼

[ホームズ]
うん?……▼
なんかやばそうな話だな▼
今は遠慮しておくぜ▼
俺たちは先を急ぐんだ▼

[グラウス]
貴公はやはり残ってくれぬのか▼
王女は寂しがると思うが……▼

[カトリ](左)
いいえ、お父様、私は大丈夫です▼

ホームズ様▼
あなたはリュナン様と一緒に
旅を続けてください▼

[ホームズ]
ほー、また泣き出すかと思ったが
意外にあっさりしてるじゃねえか▼
ホントに俺がいなくてもいいのかよ▼

[カトリ]
ええ、いろんなことがあって
私も少しは大人になったみたい……▼

もうホームズ様がいなくても大丈夫です▼
私はお父様たちを助けて
サリアの復興に力を尽くします▼

ね、ザカリア将軍▼
私たちだけで大丈夫ですよね▼

[ザカリア](左)
はっ、無論でございます、マリア様▼
サリアの復興に余所者の力は
不要でございます▼

[カトリ]
ホームズ様
ザカリア将軍もこう申しております▼
あなたは自由に何処へでも行ってください▼
私はもう大丈夫ですから……▼

[ホームズ]
お、おい……▼
カトリ……▼

(画面暗転)

(背景、森を抜けた道)

[ホームズ](右)
……▼

[リュナン](右)
ホームズ、どうしたんだ▼
何か機嫌が悪そうだな?▼

[ホームズ]
な、何でもねえよ!▼

くそぅ……▼
カトリのヤツ……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(ホームズ、自由都市セネーに移動)

■エンディング(自由都市セネー)

(フォーカス、自由都市セネー)

(背景、街角)

[カティナ](左)
ではリュナン様▼
私たちはここで失礼いたします▼

[リュナン](右)
エリアル国に戻られるのですね……▼

[カティナ]
ええ、エリアルの人々も
父の帰りを待ちわびていると思います▼
建国してまだ20年にもならぬ小国ですが
私たちの祖国には違いありません▼

[ホームズ](右)
エリアルはもともとレダ王国の中の
一つの街に過ぎなかったんだろ▼
それがどうして王国になったんだ?▼

[カティナ]
聖竜戦争でレダ王国が崩壊した後
北部の諸都市はガーゼル教国によって
占領されました▼

ガーゼルの圧政に苦しむ人々は
大陸全土に救いを求めて▼
22年前からおよそ10年間にもわたる
国土回復戦争が繰り広げられました▼

[ホームズ]
ああ、レダ解放戦争だろ▼
多くの戦士たちが大陸全土から
自発的に集まって、ガーゼル軍や
クラニオンと戦ったと聞いている▼

[カティナ]
ええ、私の父テムジンも
元はゾーアの戦士だったのですが
教皇グエンカオスと対立し
早い時期に教団を抜けた一人でした▼

父はその後、自由戦士として名を成し▼
レダ解放戦争では
数百名の配下をもつ傭兵隊長として
聖戦に参加しました▼

[ホームズ]
ああ、テムジンは聖戦を戦い抜いた
6英雄の中でもダントツの人気だな▼
剣の腕ではヨーダもかなわねえと
言っていたぜ▼

[カティナ]
それはわかりませんが
難攻不落といわれていたエリアル砦を
ガーゼル軍から奪回したときは
奇跡とまで言われました▼

ガーゼルの圧政下で苦しみ続けていた
エリアル市民は
父に国王になってくれるよう頼みました▼

無論父は固辞したのですが
街を挙げての嘆願に拒みきれず▼
翌年、エリアル市は王制に移行して
父が初代国王となったのです▼

[ホームズ]
ふーん……▼なるほどな……▼
それで伝説の傭兵王
テムジンが誕生した訳か……▼

[テムジン](左)
カティナ、余計な話はするな▼
行くぞ▼

[カティナ]
はい、お父様▼

[テムジン]
サムソンもご苦労だったな▼
諸国から勇者を探し出し
聖戦に参加させるという仕事を
お前は見事成し遂げてくれたようだ▼

[ホームズ]
な、なんだと!▼
サムソンは俺たちを騙していたのか!▼

[サムソン]
まあ、そう怒るな、ホームズ▼
私がいようといまいと
お前たちの進む道が
変わったわけでもあるまい▼
お互い、助け合っただけのことだろう▼

[ホームズ]
サムソンよお▼
お前はいったい何者なんだ?▼

[テムジン]
この者は私の右腕、次期エリアル王だ▼

[ホームズ]
げっ……▼

[テムジン]
そして我が娘、カティナの良人でもある▼

[ホームズ]
な、何だとっ!?▼

[カティナ]
ふふっ……▼
彼がいろいろお世話になったみたいね▼
ありがとう、ホームズ……▼

[ホームズ]
お、おい、サムソン……▼
そりゃ、ねえだろう……▼

[サムソン]
ふっ……▼

(画面暗転)

※リーリエが誰とも結ばれなかった場合のみ

{

[リーリエ](左)
らーらーらー▼

[ホームズ](右)
リーリエ、今日も楽しそうだな▼
何かいいことでもあったか?▼

[リーリエ](左)
あたし、ここでお別れします▼
さよならっ▼

[ホームズ](右)
おい、ちょっと待て!▼
いったい何処へ行くつもりなんだ?▼

[リーリエ](左)
ひ・み・つ…▼
じゃ、ばいばい!▼

[ホームズ](右)
なんだ、あいつ▼
思い切りダッシュして▼
行っちまいやがった…▼

[リュナン](右)
オークスの街に知り合いの
おじさんがいるそうだ▼
歌手にしてもらえるとか言っていた▼

[ホームズ](右)
ふーん…▼そりゃ初耳だが
まあ、よかったんじゃねえか▼
そのうち、ヒマができたら
俺達も見に行ってやろうぜ▼

[リュナン](右)
ああ、そうだな…▼

(画面暗転)

}

[ホームズ]
しかし、何かむかつくぜ……▼
何なんだよ、あの態度は……▼

[リュナン]
ふっ……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(リュナン、マール王宮に移動)

■エンディング(マール王宮)

(フォーカス、マール王宮)

(背景、城門前)

[リチャード](左)
ようやく俺の国についたな▼
ホームズ、リュナン
王宮に寄って行くか?▼
今回に限っては
特別に招待してやってもよいぞ▼

[ホームズ](右)
いらねえよ▼
俺たちは先を急ぐんだ▼
お前たちだけで帰りやがれ!▼

[リチャード]
ふっ……▼
では次に顔を合わせるのは
俺とティーエの挙式の時だな▼
招待状くらいは送ってやろう▼

[ホームズ]
ああ、楽しみにしているぜ▼
じゃあな、お二人さん▼
頑張って幸せになりなよ▼

[リュナン](右)
ティーエ王女▼
いつの日にかまた会おう……▼

[ティーエ](左)
はい、あなたたちもお元気で……▼

※エリシャが生存している場合のみ

{

[エリシャ](左)
ホームズ、私もマールに残るわ▼
しばらくここにいて
ティーエ王女を助けてあげたいの▼

[ホームズ]
ああ、それはいいな▼
お前がついていりゃ
リチャードも少しは大人しくなるだろう▼

頼むぜ、エリシャ▼
ティーエに協力して
レダの再興を手伝ってやってくれ▼

[エリシャ]
ええ……▼
レダ王国の再興は母の願いでもあったし
私なりに頑張ってみるつもりよ▼

安心して、ホームズ▼
リチャードの勝手にはさせないわ▼

[ホームズ]
エリシャって、初めの頃に比べて
すげえパワーアップしたよなぁ……▼

}

※ゼノとユニが結ばれる条件を満たしている場合のみ

{

[ホームズ](右)
ゼノ、やっぱりゴルフォ市に行くのか?▼
もう少し待てねえのかよ▼

[ゼノ](左)
ごめん、ホームズ▼
ずっと前から考えていたことなんだ▼
それに、これは僕自身の問題だし▼

[ホームズ](右)
お前の両親については
俺の親父も調べたんだぜ▼
だけど手がかりはなかったと言っていた▼
もういいじゃねえか、親の事なんて▼

[ゼノ](左)
僕は知りたいよ▼
カトリと両親の再会を見て
僕にも少しだけ希望がわいてきたんだ▼
親が誰で、なぜ僕を捨てたのか?▼
探してみたいんだ、僕の全てを…▼

[リュナン](右)
ゼノは孤児だったのか?…▼

[ゼノ](左)
ええ、僕は幼い頃に
トレンテ郊外で捨てられていました▼
農夫が拾って育ててくれたのですが
僕が5歳の時に病気で亡くなって▼
その後、13歳で逃亡するまで
ゴルフォの貴族の家で
奴隷として働かされていました…▼

[ホームズ](右)
わかったぜ、ゼノ
お前の好きにしなよ▼
だけど俺の力が欲しい時は遠慮するな▼
いつでも飛んでいって助けてやるからよ▼

[ゼノ](左)
うん…▼
ありがとう、ホームズ…▼

(画面暗転)

(背景、家の中)

[ユニ](左)
ゼノ、私も一緒に行っていいよね?▼

[ゼノ](右)
うん、もちろんだよ▼
ユニには一緒に来て欲しいんだ▼

[ユニ](左)
あたし…▼ゼノは幸せだと思う…▼

[ゼノ](右)
えっ?…▼
どうして?…▼

[ユニ](左)
だって家族が生きてるかも
知れないのでしょ▼
あたしの家族はみんな
イストリア兵に殺されちゃったから
探すこともできないもん…▼

[ゼノ](右)
そうか…
ユニの生まれはベネト市だったな…▼

[ユニ](左)
…2年前…▼
館では私の13歳の誕生日を祝う
パーティが開かれていたの…▼
その時、イストリア兵が突然襲ってきて
人々を殺し、館を荒らし回ったの。▼
貴族だった私の両親は殺され
幼い3人の妹達も
酒に酔ったイストリア兵たちに▼
まるで玩具にされるかのように
燃え盛る火の中に投げ込まれたわ▼
あの子たちの泣き叫ぶ声は
今も、忘れられないよ…▼

[ゼノ](右)
…ユニはよく無事だったな▼
きっと女神が守ってくれたんだ…▼

[ユニ](左)
ううん…▼
あたしは…▼
兵士にすがって命乞いをしたの…▼
死ぬのは怖かった…▼
だから夢中で…▼命乞いをしたの…▼

[ゼノ](右)
ユニ?…▼

[ユニ](左)
…その日から
女の子の服は着なくなった…▼
顔もわざと汚してきた…▼
あたしだって…▼
カトリのようにきれいでいたかった▼
だけど…▼
怖かったの…▼
もう二度と…▼嫌だったの…▼

[ゼノ](右)
ユニ…▼
これからは僕がユニを守る…▼
もう他の誰にもユニを渡さない…▼
だから、もう忘れろ…▼
嫌なことはみんな忘れるんだ…▼

[ユニ](左)
ゼノ…▼
少し目をつむっていて…▼

[ゼノ](右)
えっ?▼
どうして…

[ユニ](左)
お願い…▼

[ゼノ](右)
うん、わかった…
…▼(姿が消える)
…▼

[ユニ](姿が消えている)
もういいよ…▼
目を開いても…▼

[ゼノ](右)
あっ…▼

[ユニ](左:頬が紅くなり、衣装が変わっている)
あたし、頑張るから…
ゼノ…▼
いつまでも一緒にいてね…▼

#ユニが会話の中で「あたし」と「私」と言っていました。貴族時代と現在で使い分
けてる?(by まなさん)

}

[ユニ](左)
ホームズ……▼

[ホームズ]
なんだ、お前▼
まだ残っていたのか?▼

[ユニ]
だってあたし▼
帰るとこなんてないもん……▼

[ホームズ]
お前はベネト市で生まれたんだろ▼
だったらマールの北じゃねえか▼
一人くらいは知り合いがいるだろう?▼

[ユニ]
……▼
わかった……▼
あたし……▼ベネトの街に行く……▼
さようなら……▼ホームズ……▼

[ホームズ]
ユニのヤツ……▼何で泣いてんだ?……▼

(画面暗転)

(背景、森の中)

[ヴェガ](右)
ふっ……▼
これではしばらく仕事に
ありつけそうにもないな……▼

まあよかろう……▼
久しぶりにシュラムの里に帰るか……▼

[クリシーヌ](左)
ヴェガ、途中まで一緒に行かない?▼
一人で退屈してたのよ▼

[ヴェガ]
クリシーヌか▼
お前はどこに行くつもりなのだ?▼

[クリシーヌ]
イストリアに帰るわ▼
他に行くあてもないしね▼

[ヴェガ]
いいだろう▼
イストリアまでなら邪魔にもならぬ▼

[クリシーヌ]
ありがと▼
シュラムの死神が用心棒なら
これほど心強い事はないわね▼

[ヴェガ]
お前一人くらいならいつでも守ってやろう▼
双剣のアルドは俺の親友だからな……▼

(画面暗転)

(背景、城門前)

[ロウ司祭](左)
ホームズ殿、おいでと知り
教会より駆けつけてまいりました▼
お元気そうでなによりです▼

[ホームズ]
ロウ司祭……▼

[ロウ司祭]
一連の出来事については
サリア村のクラリス神官長より
知らせをいただきました▼

いずれこのような事もあろうかと
心配しておりましたが
カトリが無事救出されたと知り
安堵いたしました▼

これも全てあなた様のおかげ……▼
カトリの養父として
心よりお礼を申し上げます……▼

[ホームズ]
ロウ司祭、一つ聞きたいんだが……▼

[ロウ司祭]
はい、何でございましょう?▼

[ホームズ]
あんた、俺たちと一緒に
グラナダまで行った記憶があるか?▼

[ロウ司祭]
は?……▼
いえ、私はずっと
マール教会におりましたが……▼

[ホームズ]
だろうな……▼

[ロウ司祭]
ホームズ殿?……▼

[ホームズ]
……いや、いいんだ▼

それよりロウ司祭
カトリは泣いていたぜ▼
あんたに会えなくて寂しいってよ▼
そろそろ会いにいってやれよ▼

[ロウ司祭]
はい……▼
私も辛いのですが……▼
今はまだ……▼
もう少し時間が必要でしょう……▼

(画面暗転)

(背景、港)

[メルヘン](左)
おい、ホームズ▼
すまねえが……▼
俺もここらでお別れするぜ▼

[ホームズ]
うん?……▼
誰だ、お前は?▼

[メルヘン]
おいっ!▼
ふざけるのはやめてくれ!▼
まさか俺を忘れちまったってんじゃ
ねえだろうな!▼

[ホームズ]
おい、リュナン▼
こいつは誰なんだ?▼

[リュナン]
僕が知るはずはないだろう▼
ホームズの仲間じゃないのか?▼

[ホームズ]
俺は知らねえぜ▼
こんな不細工なヤツはよ▼

[メルヘン]
お、お前らなぁ……▼
覚えていろよーーーっ▼

[ホームズ]
うん?……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(ホームズ、セネー海西へ)

■エンディング(セネー海西)

(フォーカス、セネー海西)

(背景、船上)

[リュナン](右)
ホームズ▼
地下神殿のことだけど
僕にはまだ信じられない▼
あれは現実の出来事だったのか?▼

[ホームズ](左)
俺もモースの話を聞いていなけりゃ
我が目を疑っただろうな▼

エミユ神話については
俺もいろいろと調べていたが
まさか事実だとは思わなかった……▼

[リュナン]
どういうことなんだ?▼
ホームズ、詳しく話してくれないか▼

[ホームズ]
いいだろう▼
少し長くなるが
俺がモースから聞いた話を
すべて話してやろう▼

今から千五百年ほど昔の事▼
古代種族エミユの王女が
4人の従者とともに
島大陸リーベリアに渡ってきた▼

彼らは数百万年にもわたり
地上に君臨した高等種族で▼
不滅の肉体と高度な魔法力を有して
その寿命は数千年に及んだという▼

しかし、新しく人類が生まれ
道具を使うようになったころには
種としての滅亡の時を迎えていたらしい▼

[リュナン]
……▼

[ホームズ]
エミユの王は次なる時代を
新しく生まれた人類に委ねると定め▼
エミユ種族にはその力を封印するか
大地と同化して眠りにつくかの
選択を課した▼

だが、これに反対する一派が
反乱を起こしたため▼
王は大いなる力を秘める自分の娘が
彼らに利用されることを恐れて
他の大陸で眠りにつかせることにしたんだ▼

[リュナン]
……エミユ伝説は
世界に流布している古代神話だ▼
だが僕には
事実だなんて信じられない……▼

[ホームズ]
まあ、俺の話を最後まで聞いてくれ……▼

王女の従者たちは
リーベリア大陸の中央にそびえる
シエロ山の地中深くに神殿を設け
王女に眠りにつくよう促した▼

そして神殿が土地の住民に
侵されることがないように
守護の魔獣を生み出し▼
神殿を侵す者は
神の怒りに触れると噂を流して
再び北の大陸へと去っていったそうだ▼

[リュナン]
……▼

[ホームズ]
大陸北部の先住民であるゾーア人たちは
邪神ガーゼルを信仰する
野蛮な人間たちだったが▼
従者たちが流布した
「災いをなす暗黒の神」の存在を知って
エミユの地下神殿を
ガーゼル神殿として崇めるようになった▼

[リュナン]
ガーゼル神はエミユが作り上げた
幻想の神だというのか?……▼

[ホームズ]
そういうことだ……▼

それから五百年ほどのち、ゾーア人と
他の大陸から渡ってきたユグド人との間で
大きな戦争が起きた▼

もともとは、野蛮な山岳民である
ゾーア人が仕掛けた略奪戦争だったが▼
進んだ文明を持つユグド人たちは
やがてゾーア人たちを圧倒し▼
抵抗を続ける戦士たちを
パンタナの沼地に追い詰めたんだ▼

[リュナン]
……▼

[ホームズ]
戦士たちは邪神の力を得んとして
神殿に入り込み、守護魔獣との戦いで
多くの者を失いながらも
一握りの戦士が「眠りの間」に到着した▼

部族の若き長、カルバザンは
神殿の中央に眠る白い巨竜を
邪神ガーゼルの姿と信じて▼
巨大な力を得るとされる伝説の
「邪神の血」を飲むことに成功した▼

そして、不老不死の肉体と
人類を超越した強大な力を手に入れたんだ▼

[リュナン]
それが邪神皇帝
カルバザンの正体だと?……▼

[ホームズ]
ああ……▼

彼は自分の体にガーゼル神が
降臨したとして、ひれ伏すゾーア人たちに
ユグド人の殲滅と、ゾーア帝国の建国を
宣言し、自らを邪神皇帝と称したらしい▼

そして、神の力を独り占めするため
何人もの奴隷の娘を生け贄として
「邪神の祭壇」に送り込んだそうだ……▼

[リュナン]
……▼

[ホームズ]
47人目の少女が犠牲となるとき
その強い悲しみと、救いを求める声が
エミユの王女を眠りから目覚めさせた▼

娘の心を読んだ王女ミラドナは
自分の血が人間に奪われたことを知り
愕然とした▼

エミユ神族の掟として
もっとも避けねばならぬことが
人間との接触であり、それを犯せば
人類までが滅亡すると信じられていた▼

ミラドナは、魔獣に襲われ
命が尽きようとしていた娘を救うため
自分の血を一滴、その口に流し込んだ▼
そして目覚めた娘に
エミユの聖剣と守護の腕輪を手渡して
人類を救うように求めたんだ▼

[リュナン]
女神ユトナはエミユ神族の力を得た
人間の娘だったというのか!?……▼

[ホームズ]
そういうことだ……▼

地下神殿から脱出したユトナは
反皇帝の戦いを続けるゾーア人の青年
カーリュオンと巡りあい
彼に自らの運命とエミユの聖剣を託した▼

普通の剣では

傷一つつけられなかったカルバザンも
エミユの聖剣の前には抗するべくもなく▼
最後には地下神殿に追い詰められて
カーリュオンの一撃に胸を貫かれたそうだ▼

[リュナン]
カーリュオン伝説……▼

[ホームズ]
……リーベリアに再び平和が甦り
カーリュオンは統一国家リーヴェラントを
建国して、その皇帝となった▼

彼はユトナ皇后と共に
理想の王国を築き上げ
その生涯に四女をもうけて
波乱の人生を終えたという……▼

俺たちが知るカーリュオン伝説や
ユトナ神話とはずいぶん違うが
これが真実の
リーベリア創世記というわけだ▼

[リュナン]
真実の……▼
リーベリア創世記か……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(リュナン、ソラの港へ移動)

■エンディング(ソラの港)

(フォーカス、ソラの港)

(背景、港)

[リュナン](右)
ソラの港……▼
あの日からもう一年にもなるのか……▼

[ホームズ](左)
俺たちの旅はこの港から始まったんだ……▼
リュナンも俺も
よく生き延びて来れたと思うぜ▼

[リュナン]
そうだな……▼多くの人たちに助けられて
僕たちは帰ってきた▼
彼らへの感謝の気持ちを、僕たちは決して
忘れてはならないと思う……▼

(画面暗転)

(背景、浜辺)

[シルフィーゼ](左)
あなた……▼

[アフリード](右)
シルフィーゼ!?▼
迎えに来てくれたのか!▼

[シルフィーゼ]
はい……▼
メルから知らせが届いて
信じられない想いで……▼

でも、本当だったのですね……▼
あなたがご無事で
いらっしゃったなんて……▼

[アフリード]
すまない……シルフィーゼ……▼
私は……▼

[シルフィーゼ]
いえ、何も仰らないで!▼
あなたが無事でいてくだされば▼
それでよいのです▼

[アフリード]
シルフィーゼ……▼

[シルフィーゼ]
まるで夢のよう……▼
あなたにもう一度お会いできるなんて……▼

[メル](左)
お母様……▼

[ロジャー](右)
よかったな、メル……▼

[メル]
お母様……▼
あんなに嬉しそう……▼
過去の経緯なんて、お母様にとっては
どうでもよいことだったのね……▼

[ロジャー]
それほどに、アフリード様を
信頼されているということだろう▼
メル、私たちも
お二人のようになりたいものだな▼

[メル]
ええ……▼本当に……▼

(画面暗転)

(背景、港)

[ナロン](左)
リュナン様、僕はここでお別れします▼

[リュナン]
ナロンも行ってしまうのか?▼

[ナロン]
はい、ヴェルジェには
病気の母親が待っていますから……▼

[リュナン]
なんだって!?▼
それならどうして遠征軍に参加したんだ?▼

[ナロン]
母の願いです……▼僕に父のような
立派な騎士になって欲しい……▼
それだけが望みだと言っていました▼

[リュナン]
ナロンの父上は騎士だったのか?▼

[ナロン]
僕は知りません▼
カナンの将軍らしいのですが
僕には何も話してくれませんでした……▼

[リュナン]
そうなのか……▼

[ナロン]
では、失礼します、リュナン様……▼

(画面暗転)

[ラケル](左)
じゃあ、私も村に戻ります▼
役に立てたかどうかわからないけど
やっぱり戦争は嫌だから
これからは普通の猟師として暮らします▼

[サーシャ](右)
ごめんなさい……▼
私が無理をお願いしたばかりに
辛い思いをさせてしまって……▼
本当に……▼ごめんなさい……▼

[ラケル]
いいえ、サーシャ様のせいではありません▼
私の心が弱いから……▼
サーシャ様には感謝しています……▼

[サーシャ]
ラケル……▼

[ラケル]
ときどきは村にも遊びに来てください▼
また一緒にお料理を作りましょう▼

[サーシャ]
ホント!▼
うん、きっと行く!▼
ありがとう、ラケル▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(ホームズ、ウエルト王宮に移動)

■エンディング(ウエルト王宮)



(フォーカス、ウエルト王宮)

(背景、城の前の道)

[ホームズ](右)
ふぅ……▼
どうやらウエルト王宮に
たどり着いたようだな▼
まったく、大変な旅だったぜ▼

[トムス](左)
じゃあ俺は
ここから帰らせてもらいます▼

[リュナン](右)
トムスはロト村に帰るのか?▼

[トムス]
ええ、帰ってまた猟師をやんなきゃ▼
俺、弟や妹たちが7人もいるんです▼
食わしてゆくだけでも大変なんすよ▼

[リュナン]
そうだったのか……▼
悪かったな、無理をさせて……▼

[トムス]
いいっすよ▼
バーツの口車に乗せられたのが
運の尽きだったけど
俺なりに満足感はあったから……▼

[ホームズ]
お前は役に立ったぜ▼
固いのだけがとりえだったけどな▼

[トムス]
へっ……▼ホームズよぉ▼
木箱の中に入っている者の身にも
なってくれよな……▼

(画面暗転)

(背景、王宮中庭)

[マーロン伯](左)
ロファール陛下、お待ち申しておりました▼
無事のご帰還、おめでとうございます▼

[ロファール](右)
マーロン伯爵、卿には感謝している▼
よくぞリーザを守ってくれた▼
心より礼を言うぞ▼

[マーロン伯]
何を申されます▼
私などは何のお役にも立っておりませぬ▼
王国が無事であったのは
全てリュナン殿のお力によるものです▼

[ロファール]
いずれにしても、卿には宰相として
今後も働いてもらわねばならぬ▼
まだまだ引退は許さぬぞ▼

[マーロン伯]
ははは、これは困りましたな▼
王のご帰還あれば
隠居のお許しを願いたかったものを……▼

[ロファール]
だろうと思ったぞ▼
だがまだ当分は無理だな▼
私の側にあって働いてもらわねばならぬ▼

[マーロン伯]
王のご命令とあれば是非もありませぬな▼

[ロファール]
リーザは元気にしているか?▼

[マーロン伯]
はっ、王宮でお待ちでございます▼
陛下の無事を信じておいででしたが
ご生存の知らせを受けられてからは
それはもう嬉しくてたまらないご様子▼
早速、お会いなさってくださいませ▼

(画面暗転)

[エステル](右)
お父様、私はヴェルジェに戻っているわ▼
当分の間は私がお父様の代わりに
領主の仕事をしてあげるわね▼

[マーロン伯]
うむ……▼まあやむをえぬな▼
ラフィンがいない以上、もはやお前しか
わしの後を継げるものはおらぬでな……▼

[エステル]
……▼

(画面暗転)

[ライネル](左)
リュナン公子、世話になったな▼
俺も一先ず我が家に帰るぜ▼
美人のワイフが待っているからな▼

[ノートン](右)
ライネル、俺も一緒に行かせてもらうぜ▼
美人のワイフとやらを
見学させてもらおうじゃないか▼

[ライネル]
おう、いいぜ▼
俺の自慢のワイフだ▼
あまりの美しさに腰を抜かすなよ▼

[ホームズ]
そいつは俺も見てみたいな▼
リュナン
ちょっと行ってきてもいいか?▼

[ライネル]
ホームズはお断りだな▼
俺はマナーを知らねえヤツは
家には呼ばないことにしているんだ▼

[ホームズ]
ちぇ、勝手にしやがれっ▼

(画面暗転)

[ロジャー](左)
メル、私たちはグラムに戻ろう▼
今日は王宮も大変だろうし
リーザ様へのご挨拶は
また後日にでも伺えばいいだろう▼

[メル](左)
ええ、そうね▼
リュナン様、私たちはここで失礼します▼

[リュナン]
ロジャー、メル
君たちの幸せを祈っている▼
婚礼の時は僕たちも招待してほしい▼

[メル]
リュナン様とメーヴェ様▼
ホームズ様とカトリ様▼
ロジャーと私……▼
時期を外さなければいけませんね▼

[ホームズ]
おい、メル、俺たちはまだ……▼

[メル]
お二人とも、幸せになってくださいね▼
私たちも頑張ります……▼
じゃ、ロジャー、行きましょう▼

[ホームズ]
おい……▼

(画面暗転)

[ケイト](左)
サーシャ様、私もここで失礼します▼
王妃様には後ほど、ご挨拶に伺います▼

[サーシャ](右)
どうしてなの?▼
ケイトも一緒に来て欲しいのに……▼

[ケイト]
父の墓前に帰国の報告をしたいのです▼
勝手を言って申し訳ありません▼

[サーシャ]
あ……▼
ごめんなさい
気がつきませんでした……▼

[ケイト]
父は私を許さないでしょう……▼
私には騎士を続ける
資格はないのかもしれません……▼

[サーシャ]
ケイト……▼

(画面暗転)

[ホームズ](左)
リュナン、俺はちょっと用があるんだ▼
王宮へはお前たちだけで行ってくれ▼

[リュナン]
用がある?……▼
僕にも言えないことなのか?▼

[ホームズ]
ああ……▼
それに俺が王宮に行く理由もないだろう▼
めんどくさい場所は苦手なんだよ▼

[リュナン]
わかった……▼
ホームズがそこまで言うのなら
僕たちだけで行ってくるよ▼

[サーシャ]
えーっ
どうしてなの、ホームズ▼
こんなところでお別れなんて
私、聞いていないわ!▼

[ホームズ]
お前が聞いていなくても
俺には関係ねえんだよ!▼
ぐだぐだ言ってねえで
さっさと王宮に帰れ!▼

[サーシャ]
どうしてなの?▼
ブローチの事なら
思い出してあげたでしょう▼
お母様のに似てるからって
怒るのはおかしいと思う▼

ホームズってなんだか子供みたいで
私、心配なの……▼

[ホームズ]
ふんっ
サーシャに心配されてりゃ世話ねえな▼

いいから、もう行け▼
またヒマができたら遊びに来てやるからよ▼

[サーシャ]
本当ね、▼約束よ、ホームズ!▼

[ホームズ]
ああ、約束してやる▼
俺はな、サーシャ……▼
お前の事は大事に思っているんだ……▼

[サーシャ]
うん!……▼
ありがとう、ホームズ▼
私もあなたが好きよ!▼

[ロファール]
……▼

(画面暗転)

(背景、玉座前)

[リーザ](左)
ロファール陛下……▼
よく……▼
よくご無事で……▼
お戻りくださいました……▼

[ロファール](右)
リーザ、いろいろと苦労をかけたな……▼
私の愚かなるがゆえに
お前たちまで苦しめてしまった▼
すまなかったと思っている……▼

[リーザ]
陛下、そのような事は
仰らないでくださいませ▼

陛下は私たちウエルトの誇り▼
何を恥じる事がありましょう▼
国民も皆わかってくれております!▼


[ロファール]
リーザ……▼
お前はよき妻だ……▼
私こそ、お前を誇りに思う▼
これからも私を助けてくれるか……▼

[リーザ]
はい、陛下……▼
この命ある限り……▼
あなたと共に歩んでまいります……▼

[サーシャ](右)
お母様……▼

[リーザ]
サーシャ……▼
あなたもよく頑張りましたね▼
あなたの勇気が、陛下を私の元に
返してくれたのです▼

サーシャ、ありがとう……▼
あなたは私の誇りです……▼

[サーシャ]
ああっ……▼
お母様……▼

[リーザ]
今夜は女神様に祈りましょうね▼
失われた尊い命とこの幸せに
私たちは感謝せねばなりません……▼

リュナン様、あなたには何といって
お礼を申せばよいのか……▼
本当に……▼
感謝の言葉もございません……▼

[リュナン]
リーザ様
お礼を申し上げるのは私の方です▼
この勝利はリーザ様のお心によるもの……▼
深く感謝いたしております……▼

[リーザ]
リュナン様……▼

[リュナン]
本日はお礼を申し上げたくて
王宮にお伺いいたしました▼

私たちはまた旅立たねばなりません▼
後日、また改めて
ご挨拶にお伺いいたします……▼

[サーシャ](左)
リュナン様も行ってしまわれるのですか?

[リュナン]
久しぶりに戻ってきたんだ▼
親子で積もる話もあるだろう▼
今日のところは失礼するよ▼

サーシャにはまた会いに来る▼
もちろんホームズも一緒にね▼

[サーシャ]
ええ、お待ちしています▼
きっと来てくださいね!▼

(画面暗転)

(背景、王宮廊下)

[ロファール]
リュナン公子▼
すまぬがリーザを
彼の元に案内してくれぬか▼

[リーザ]
あなた!?……▼

[ロファール]
一目会うくらいはいいではないか▼
ヴァルスに遠慮をしているのなら
彼はそれほど小さい男ではないぞ▼

[リーザ]
いえ……▼
そうではありません……▼
私は……▼
あなたに申し訳なくて……▼

[ロファール]
ははは……▼
俺も小さく見られたものだな▼

リーザ、リュナン殿と一緒に行って来い▼
母と子なのだから
会えば心が通じるはずだ……▼

[リュナン]
リーザ様、参りましょう▼
私がご案内いたします!▼

(画面暗転)

(背景、王宮中庭)

[リュナン]
ホームズ、待たせたな▼

[ホームズ](左)
ああ、待ちくたびれたぜ▼
じゃあぼちぼち行くか▼

[リュナン]
その前に、君に会って欲しい人がいるんだ▼

[ホームズ]
うん?……▼

[リュナン]
リーザ様、彼がホームズです▼

[ホームズ]
!……▼

[リーザ](右)
ホームズ様……▼
娘がお世話になったそうですね……▼
心より、お礼を申し上げます……▼

[ホームズ]
いいよ、そんなことは▼
リュナン、行こうぜ!▼

[リーザ]
……▼

[ホームズ]
俺はサーシャが好きだ▼
あのガキは素直で可愛いからな▼
だからウエルトには
ちょくちょく遊びに来るぜ▼

それでいいだろ、王妃様よ▼

[リーザ]
は、はい……▼
サーシャもきっと喜びましょう……▼

リュナン様、ホームズ様が
このウエルトに再びおいでになる日を▼
私たちは心より
お待ち申し上げております……▼

(画面暗転、ワールドマップに)

(リュナン、ソラの港に移動)

■エンディング(旅立ち)

(フォーカス、ソラの港)

(背景、港)

[ホームズ](左)
リュナン
ついに俺たち二人になっちまったな▼

[リュナン](右)
ああ、リーザ様にもお会いしたし
もう遣り残したことはない▼

[ホームズ]
そうだな……▼

[リュナン]
ホームズはこれからどうするんだ▼
グラナダに帰るのか?▼
それともサリアに行くのか?▼

[ホームズ]
グラナダに帰ったら
親父は本気で引退しちまうだろう▼
ヤツに楽をさせるのは気にくわねえな▼

[リュナン]
本当はヴァルス提督の事を
気遣っているんだろ▼
だからグラナダには帰らないんだ▼

[ホームズ]
ふんっ
俺はお前みたいにお人よしじゃねえ▼
ヘタな勘ぐりはよしてくれ▼

[リュナン]
じゃあサリアに行くのか▼
カトリは待っているだろう?▼

[ホームズ]
だ、誰があんなヤツのことなんか!▼
急に態度を変えやがって▼
何がホームズ様だよ▼
くそっ、思い出したらまた腹が立ってきた!▼

[リュナン]
やっぱりあのことで怒っていたのか▼
だけどカトリは確かに変だったな▼
もうホームズが嫌いになったのかな?▼

[ホームズ]
ガーゼルにとりつかれたんじゃねえのか▼
地下神殿でもおかしかったからな▼

[リュナン]
そういえばカトリ
目つきも何か変だったな……▼

[ホームズ]
そうなるとエンテだって危ねえぜ▼
実は邪神に操られているんじゃねえのか▼

[リュナン]
ホームズ、嫌な事を言うなよ▼
エンテは何も変わっていないよ▼

[ホームズ]
いや、急に素直になっただろう▼
俺が知っているエンテは
あんなに可愛げはなかったはずだ▼

[リュナン]
エンテはもとから可愛いんだ▼
それは僕が一番よく知っている▼

[ホームズ]
それはどうだかな▼
女はわからねえぜ▼

[リュナン]
おい、ホームズ!▼

[ホームズ]
なんだよ、最初に突っかかってきたのは
リュナンだろうが!▼

[リュナン]
ふっ……▼

[ホームズ]
ははは……▼

[リュナン]
そういえば
昔もよく些細なことでケンカしたな▼

[ホームズ]
お前と俺は性格が正反対だからな▼
だけど仲直りも早かった▼
お互い、認め合っていたからだろう▼

[リュナン]
僕はホームズが好きだった▼
苦しい時や悲しい時は
いつもホームズに頼ってばかりいた▼

兄弟がいない僕にとって
ホームズは兄のような存在だった▼

[ホームズ]
俺だって同じさ▼
お前は俺とは違ってしっかり者で
頼れる弟って感じだったな▼

[リュナン]
ホームズとこんな話をするのも
久しぶりだな▼
なんだか幼い頃の日が
戻ってきたみたいだ……▼

[ホームズ]
なあ、リュナン▼
一年前の約束、果たさないか▼
この戦争が終わったら
一緒に旅に出たいって言っていたろ▼

[リュナン]
うん……▼
僕も自由な旅がしたかった……▼

[ホームズ]
じゃあ、行こうぜ▼
また皆を集めてさ▼

[リュナン]
だけど……▼

[ホームズ]
エンテのことだろ▼
もちろん彼女も誘えばいい▼
リーヴェ王宮まで迎えに行って
こっそり連れ出せばいいんだよ▼

[リュナン]
エンテは来てくれると思うけど
カトリはどうする?▼

[ホームズ]
あんなヤツのことなんか
どうでもいいんだよ!▼
くそう……▼

[リュナン]
ホームズはもう少し考えたほうがいい▼
カトリは女の子なんだから……▼

[ホームズ]
……正直に言うとな▼
カトリのあの話以来
俺も少し反省してるんだ▼
ちょっと調子に乗りすぎたかなって……▼

[リュナン]
ホームズは相手の気持ちを
考えない時があるからな▼
でも、それがホームズの
いいところでもあるんだけど……▼

[ホームズ]
とにかくアシカ号に乗ろうぜ▼
考えるのは船出してからでも
遅くはないだろう……▼

(画面暗転)

(背景、船上)

[ホームズ]
じゃあ行くか▼
風の具合もちょうどよさそうだ▼

[リュナン]
まずはサリアに行ってカトリたちを乗せ▼
その後、リーヴェのエンテを迎えにいこう▼
ゼムセリアからリーヴェ河を
さかのぼればいいだろう▼

[ホームズ]
カトリ、来てくれるかな……▼

[リュナン]
素直に頼めば大丈夫だよ▼
カトリならきっとわかってくれるさ▼

[ホームズ]
俺と一緒に来てくれってか?▼
そりゃあちょっと厳しいぜ……▼

[シゲン](右)
カトリを失ってもいいのか?▼

[ホームズ]
うーん……▼
それはちょっとな……▼

[シゲン]
今のままじゃ、お前は絶対に捨てられるぜ▼

[ホームズ]
うーん……▼
それもちょっとなぁ……▼

うん?▼
おいっ、なんでシゲンがいるんだよ!▼

[シゲン]
ふっ……▼
やっと気づいたか▼

カトリ
ホームズがお前に話があるそうだぜ▼

[ホームズ]
カ、カトリも来ているのか!……▼

[カトリ](右)
ホームズ……▼
よかった……▼
やっと会えた……▼

[ホームズ]
バ、バカやろっ!▼
よくも……▼

[リュナン]
ホームズ!▼

[ホームズ]
あっ……▼
いや、来てくれて嬉しいな▼
俺もカトリに会いたかったんだ▼

[カトリ]
えっ?……▼
ホームズ……▼本当なの……▼

[シゲン](左)
どうだ、カトリ▼
俺のクスリは効いただろう?▼

[カトリ]
クスリ……▼って何ですか?▼

[シゲン]
俺がカトリに教えた呪文さ▼
ホームズ様、私は一人でも大丈夫です▼
何処へでも好きなところへ行って下さい▼

なっ、カトリは
俺が教えたとおりに言ったんだろ?▼

[カトリ]
ええ▼
彼を楽にする呪文だとシゲンが言ったから
私、頑張って覚えました▼

でも、本当にあれでよかったの?▼
ホームズ、怒っていたみたいだから
私、心配でたまらなかったの……▼

[シゲン]
よかったんだよ、あれで▼
なあ、ホームズ▼

[ホームズ](右)
うぐぐ……▼
シゲンが裏で操っていたのか……▼
許せねえ!▼許せねえぜっ!▼
おい、シゲン!!▼

[シゲン]
おーい、リュナン、お前には
メーヴェ王女を連れてきてやったぜ▼

宮廷内の整理はついたから
しばらく帰ってこなくてもいいって
オイゲンから預かってきたんだ▼

[ホームズ]
ふーん、ようするに
二人で旅でもして来いってことか▼
さすがはオイゲンだな▼
こういうところにはよく気がつくぜ▼

[リュナン]
エンテ、君を迎えに行くつもりでいたんだ▼
来てくれて嬉しいよ▼

[エンテ](左)
本当は、私もリュナン様と一緒に
行きたかったの▼
だけど正直に言えなくて……▼
そんな私の気持ちをオイゲン将軍は
察してくれました▼

王国の事は何も心配いらないから
リュナン様と共に好きなだけ
旅をしてきなさいと言ってくれました▼

[リュナン]
オイゲンがそんなことを……▼

[エンテ]
それに、もう一つ▼
これからはエンテではなく
メーヴェと呼んでもらいなさいと……▼

[リュナン]
だけど君は、エンテと呼ばれるほうが
好きなのだろう▼

[エンテ]
オイゲン将軍はこうも言われました▼
グラムド大公から聞いた話だが
メーヴェと言う名は亡くなられた
母上がつけられたもの▼

大海を飛び回る海鳥のように、自由に
健やかに育って欲しいという願いから
メーヴェという名に
決められたそうです……▼

[リュナン]
メーヴェ……▼
そうか、ユグド文字では
海鳥のカモメという意味だったな……▼

[エンテ]
はい……▼
その話をお聞きして
私は涙が止まりませんでした▼

私はお母様に愛されていた……▼
お母様は、私の運命を予感して
メーヴェという名を与えて下さいました▼

そんな事とは知らずに
王国名に似ているからという理由で
この大切な名前を嫌ってた自分が
とても恥ずかしくなりました……▼

[リュナン]
うん、僕もメーヴェの方が好きだ▼
メーヴェの方が絶対似合っているよ▼

[ホームズ]
ああ、俺もメーヴェがいいと思うぜ▼

[カトリ]
私もメーヴェ様の方が好きです!▼

[ホームズ]
名前が二つも三つもあったら
ややこしいしな▼
親がつけた名前で我慢するしかねえだろう▼

[カトリ](左)
えっ、そうなの?……▼
私もマリアに戻した方がいいのかな……▼

[ホームズ]
バ、バカやろ!▼
お前はカトリだ!▼
それ以外の名前は俺が許さねえ!▼

[カトリ]
よかった……▼
私、司祭様につけていただいた
この名前が大好きなの▼

[ホームズ]
俺も好きだぜ、▼カトリはよ……▼

[リュナン]
メーヴェか……▼
確かに、広く大きな感じがする▼
澄んだ風を一杯に受けて
メーヴェにも大きく羽ばたいて欲しいな▼

[エンテ(メーヴェ)]
はい……▼
リュナン様と一緒なら……▼

[シゲン]
おい、名前講義はそれくらいにして
そろそろ行かないか?▼

なあ、シエラ▼
俺たち、退屈しちまうよなぁ……▼

[シエラ](左)
ふっ……▼

[ホームズ]
げっ、シエラまで来てやがる……▼

[シゲン]
じゃ、行くぜ▼
俺たちの新しい旅立ちに……▼

[リュナン]
大いなる勇気と……▼

[シエラ](右)
自由な夢と……▼

[カトリ](右)
永久の優しさと……▼

[メーヴェ](右)
真実の愛に……▼

[ホームズ](左)
よし▼
シーライオン、▼出撃だ!▼

(画面暗転、ワールドマップに 表示されるのはリュナン)

(船が出港する)

(MAPターン数とユニット最終ステータス表示へ)


[←戻る]