ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記・マスターバイブル 最終更新日:2001/06/12

会話集/デモ

■タペストリー

(原文)

Once upon a time in the reign of Dark Load,
there was a warrior in slavery.

Leading folks seeking for freedom,
the warrior fought against Gerxel,
the Evil Dark Load.

Furious flame of Evil Deity
burned folks into despair.

Brave warrior fought with all his might,
but was about to be burned in the evil flame.

(クリア)

He prayed God for power,
glowing power to destroy evil darkness.


At that moment,
a sacred Goddess following a white dragon
extinguished the flame of Evil Deity.

(クリア)

The smiling sacred told,


"Thou, the brave, the beauty.
Thou have this sword to concur Evil,
to accomplish my will."

(クリア)

Utra(*1) was the name of her sacred,
being the daughter of Mother earth Miradona,
and was a small Goddess of giant dragons.


The brave warrior, got the love of her sacred,
defeated the Dark Load.

(クリア)

The brave became a king,
and led his land to an eternal prosperity.

The body of the brave is buried in piece,
now with his fellow collegues.(*2)


But, his profound love for the freedom,
never perished from his realm.


*1:おそらく Utna , *2:正しくは colleagues

(全訳)

はるか昔、暗黒神の支配する時代に一人の奴隷剣士ありき。
自由を求める民衆を率いて、暗黒神ガーゼルに立ち向かうなり。
絶望の中にあった人々は、邪神の烈火に焼かれた。
勇敢な戦士は全力でもって戦ったが、力およばず
今まさに邪悪なる炎に焼かれんとしていた。
彼は悪を打ち破れる力を天に求めた。
その瞬間―――
白竜を従えた聖女が舞い降り、邪神の炎をかき消した。
そして聖女は微笑み、語りかけてきた。
「汝は勇敢、そして精悍。この剣でもって、
邪悪なる者たちを打ち破らんとする我の意思を受け継ぐがよい。」
ユトナと名のったその聖女は、大地母神ミラドナの娘であり、
巨大な竜たちを従える小さな女神であった。
聖女の慈愛をうけた勇敢な戦士は、見事ガーゼルを打ち破った。
彼は王となり地を治め、民をとわの栄華へと導いた。
もはや彼もその仲間もこの世には存在しない。
しかし、自由を深く愛する心がこの地から忘れ去られることはなかったのだ。


†ちなみに終盤でもっといい和訳が出てきます。これは意訳なので突っ込まないでください(^^;

Thanks!!

黒神さん


[←戻る] [オープニングへ→]