ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
ここにない情報はWikiをご覧ください。

会話集/支援会話/アイク


アイク⇔ティアマト

支援レベルC

[ティアマト] (中央左)

あら、アイク。
あなたも訓練?

[アイク] (中央右)

ティアマトもか。
なら、相手を頼めるか?
あんた相手だと学ぶことが多くていい。

[ティアマト] (中央左)

そう? よかった。
もうあなたに私の指導は
必要ないかと思ってたから。

[アイク] (中央右)

何言ってるんだ。
親父から受け継いだ剣技が
本物になるように仕上げてくれたのは
あんただと俺は思ってる。

[ティアマト] (中央左)

ふふ そう言ってもらえると光栄だわ。
……ねえ、アイク。

[アイク] (中央右)

何だ?

[ティアマト] (中央左)

あなたがグレイル団長から
継いだ剣技は……
この世で唯一のものよ。
大事にしてちょうだい。

[アイク] (中央右)

…………
なあ、ティアマト。
ふと思ったんだが……
あんたはいつから親父と一緒だったんだ?
クリミア騎士だったんだよな、ティアマトは。

[ティアマト] (中央左)

……そうよ。
でもその話はまた次の機会に話すわね。
構えてちょうだい。
今は次の戦いのことだけに専念しましょう。

[アイク] (中央右)

……わかった。

支援レベルB

[アイク] (中央右)

ティアマト。いいか?

[ティアマト] (中央左)

アイク?
何か私に用かしら。

[アイク] (中央右)

忘れたのか?
この間、話してただろう。
あんたと親父は
いつから知り合ったんだって。

[ティアマト] (中央左)

あ、ああ……
そういえば、そうだったわね……

[アイク] (中央右)

……嫌そうだな。
なら無理強いはしないが……

[ティアマト] (中央左)

嫌、というか……
自分の過去を話すのが苦手なだけよ。
……でも……
あの人のこと、少しでもたくさん
あなたに知っていて欲しいものね……
わかったわ。

[アイク] (中央右)

ああ、頼む。

[ティアマト] (中央左)

私がまだクリミア騎士だった頃……
クリミアとガリアの交換武官に志願し、
そのガリアでの滞在中に出会ったわ。
王宮で開かれた合同闘技で
あの人の強さを目の当たりにしたの。
襲い来る幾人もの強豪を、まるで
小さな子供をあしらうかのように倒していった。
相手は一体どうして自分が倒されているのかも
分からないほど……鮮やかな剣技だった。
一騎当千とはこのことを言うのかと……
身体が震えたわ。

[アイク] (中央右)

…………

[ティアマト] (中央左)

私も剣を交えたのだけれど……
到底敵うことはできなくて。
けれど、その後も時間の許す限り
相手してもらったわ。
それで、親しくなって……
あの人の家に招かれたとき、
あなたは居たわね。

[アイク] (中央右)

俺が?

[ティアマト] (中央左)

ええ。微笑んだエルナに抱かれて
眠っていたけど……かわいかったわ。
あの人もあなたを見るときの目は
とても優しくて……
剣を構えている時の彼とは別人だった。

[アイク] (中央右)

…………そうか……

支援レベルA

[アイク] (中央左)

なあ、ティアマト……
ありがとう。

[ティアマト] (中央右)

な……なあに? アイク。
あらたまって……

[アイク] (中央左)

明日があるという保障はないからな。
思ったときに伝えておきたい。
……聞いてくれるか?

[ティアマト] (中央右)

え、ええ……いいけど……
いきなりどうしたの?
私、あなたに感謝されるようなこと
したかしら……?

[アイク] (中央左)

ああ。
あんたは……ガリアで母さんを失い、
幼い俺とミストを抱えた親父を
助け、傭兵団を築いてくれた。
そのことに……礼を言いたい。

[ティアマト] (中央右)

…………

[アイク] (中央左)

今まで、何も知らずに来てすまん。
あんたが守ってくれたからこそ
存在するものを、当たり前のように
享受していた。

[ティアマト] (中央右)

……違うわ、アイク。
私は私自身のために……

[アイク] (中央左)

わかってる。
親父を……愛してたんだろう?

[ティアマト] (中央右)

……!!

[アイク] (中央左)

もしも、そうじゃなくて
もっと違った思惑があったとしても
今、こうして俺は生きてるんだ。
その事実に
感謝する気持ちに変わりはない。
親父だって、あんたの手がなければ
ひょっとしたら俺たちと一緒に
死んでいたかも知れん。
その命を、あの時、あそこで
漆黒の騎士に倒されるまで……
支えてくれたんだ。
………本当に、ありがとう。

[ティアマト] (中央右)

…… …… ……
う、う………っ…

[アイク] (中央左)

親父と違って、俺にはまだ経験も力も
ないが……よければこれからも
俺たちを導き、支えてくれ。
……頼む。

[ティアマト] (中央右)

ええ……
ええ、もちろんよ……アイク……

アイク⇔オスカー

支援レベルC

[アイク] (中央右)

オスカー、
ちょっと訓練に付き合って……

どこかへ行くのか?

[オスカー] (中央左)

悪いね、アイク。
今日は私が食事係なんだ。

[アイク] (中央右)

ミストは?

[オスカー] (中央左)

洗濯物がまだ終わらないらしくてね。
料理はひさしぶりにやるから、
腕が鈍ってないといいけど。

[アイク] (中央右)

オスカーの料理は久しぶりだな。
楽しみだ。

[オスカー] (中央左)

…本当に?

[アイク] (中央右)

ああ。なんでだ?
あんたの料理はいつも美味かった。

[オスカー] (中央左)

私の印象では…
いつも無反応なセネリオと、
元々、私の料理を食べ慣れていた
弟2人は除外するとして…
団長、ティアマト副長、アイク、
ガトリーは何を出しても完食だけど…
なんでもいいって感じだったな。
毎回、細かな味の差に気づいて
感想をくれたのは…
ミストとシノン、それから
キルロイだけだったな。

[アイク] (中央右)

特に口にだしてなかっただけで、
ちゃんと味わってたぞ? 一応。
食事作りの担当がオスカーから
ミストに交代した日の夕食は…
今思い出しても胸が悪くなる。
さすがの親父も脂汗だしながら
食ってた気がするし。
そういや最近やっと、
ミストの料理もまともになってきたよな。

[オスカー] (中央左)

ああ、君が剣の腕を磨くように
影で一生懸命特訓してるんだよ。
おいしい、って言ってもらえることが
作ってる側には1番励みになるから
そのためにもね。

[アイク] (中央右)

そうか……
これからはちゃんと
旨いと言うようにしよう。

[オスカー] (中央左)

はは ありがとう。

支援レベルB

[オスカー] (中央右)

アイク。
調子はどうだい?

[アイク] (中央左)

オスカーか。
ああ、ちょっと戦う上で
悩んでるところがあってな……

[オスカー] (中央右)

私でよければ相手になろうか。

[アイク] (中央左)

いや、獣牙族や鳥翼族相手には
どう戦えばいいのかって
考えてたんだ。

[オスカー] (中央右)

なるほど……
それは私も思っていたよ。
本来の姿になった彼らは
我々が想定している戦いの範疇を
遥かに超える。

[アイク] (中央左)

そうだ。
獣牙族はその爪の一撃で
岩を叩き割ることも
大地をえぐりとることも可能だ。
鳥翼族には俺たちの死角を
見つけることなどた易いだろう。
それに、空に逃げられてしまえば
俺の剣技など何の意味も成さない…

[オスカー] (中央右)

……やはり、1番いいのは
彼らに手合わせしてもらうことだろうね。
難しいことだけど……

[アイク] (中央左)

……難しい?
そうか?

[オスカー] (中央右)

あ……
いや、うん。
……アイクは……すごいな。

[アイク] (中央左)

? オスカーにすごいとか
言われたくはないな。
あんたは何でもできるし、
たいがいのことは知ってる。

[オスカー] (中央右)

私のできることは、努力すれば
どうにかなるようなものだよ。
……君はやっぱり、団長の子だ。
見習いたいと、私は思うよ。

[アイク] (中央左)

…………

支援レベルA

[オスカー] (中央左)

アイク。

[アイク] (中央右)

オスカー?
……どうした?

[オスカー] (中央左)

…………
大丈夫かい?

[アイク] (中央右)

ああ……問題ないつもりだが。
不安にさせたか?

[オスカー] (中央左)

いや、違うんだ。
その…どんどん戦いが激しくなって…
少し前まではこんな大きな出来事に
私たちが巻き込まれることになるとは
思ってもいなかったから。

[アイク] (中央右)

そうだな……
親父が死んでからこっち……
怒涛の展開って感じだ。
正直、息つく暇もない。

[オスカー] (中央左)

だから……平気かい?
いや、平気な訳ないんだろうが……
私に……何かできることはないか?

[アイク] (中央右)

……ありがとう。
あんたにはずっと面倒や
苦労ばかりかけてる気がする。
こんな頼りない団長に
今まで付いてきてくれただけで
もう充分だ。

[オスカー] (中央左)

アイク……

[アイク] (中央右)

これからも付いてきてくれるか?

[オスカー] (中央左)

ああ、もちろんだよ。
私は、グレイル団長も言ってたように
君のことを家族だと思ってる。
傭兵団は、私の帰る家だから。

[アイク] (中央右)

オスカー……
そうだ、あんたの飯が食いたいな。
またミストと一緒に作ってくれるか?

[オスカー] (中央左)

よし、わかった。
今日は腕をふるうよ。期待しててくれ。

アイク⇔セネリオ

支援レベルC

[セネリオ] (中央左)

それで、今回の支出は…
物資も不足しがちで……
………アイク?
ちゃんと聞いていますか?

[アイク] (中央右)

ん?
ああ、聞いてなかった。
すまん。

[セネリオ] (中央左)

………

[アイク] (中央右)

悪いが、もう1度
最初から報告してくれ。

[セネリオ] (中央左)

少し、休まれてはどうですか?
ひどくお疲れのようですよ。

[アイク] (中央右)

…わかるのか?

[セネリオ] (中央左)

はい。
調子の悪い時のアイクは
眉間の皺が深くなりますから。

[アイク] (中央右)

…妙な判断だな。

[セネリオ] (中央左)

とにかく、休んで下さい。
その間のことは
僕がうまくやっておきますから。

[アイク] (中央右)

じゃあ、そうさせてもらうか。

[セネリオ] (中央左)

はい。

[アイク] (中央右)

……他の奴にも
それぐらい愛想がよければ
いいんだが……

[セネリオ] (中央左)

え、なんですか?

[アイク] (中央右)

なんでもない。
じゃあ、頼むな。

[セネリオ] (中央左)

…はい。

支援レベルB

[セネリオ] (中央右)

………

[アイク] (中央左)

セネリオ、ちょっといいか?

[セネリオ] (中央右)

は、はい。
どうかしましたか、アイク?

[アイク] (中央左)

…いいかげん、話してみないか?
どうしてそんなに
ふさぎこんでいるのか。

[セネリオ] (中央右)

あ… ………

[アイク] (中央左)

………

[セネリオ] (中央右)

……あの……
……………………
…アイクは、自分が何者であるか…
悩んだことはありませんよね?

[アイク] (中央左)

自分が何者か…?
…そうだな、特にない。
親父と母さんの子で、それに
不満を持ったこともないし。

[セネリオ] (中央右)

……ご両親の存在は、大きいでしょうね。
周囲に自分の幼い頃を知る者が
存在するかどうか…
それは幼子が自我を形成していく過程では、
必要なものなんだろうと思います。
何も知らない生き物が、確固たる
1人になるには…それを肯定して
後押ししてくれる大人がいないと……
幼子は進む道がわからなくなり…
自分がいったい何であるかすら
わからなくなってしまう。

[アイク] (中央左)

セネリオには、親の記憶がないのか?

[セネリオ] (中央右)

ええ。僕を育てた女は、
少なくとも僕を生んだわけではない。
あの女の口癖は…
『どうして私が?』
『世の中は不公平だ』
『近寄らないで』…でした。
一片の愛情もなく、
なんらかの義務によって
僕の面倒をみているだけのようでした。

[アイク] (中央左)

……

[セネリオ] (中央右)

それから…4つぐらいの時、
付近に住んでいた賢者が……
僕を引き取りたいと申し出ました。
その子供には…類稀なる
魔道の才があるからと言って…
女は大喜びで賢者に僕を譲りました。
よく覚えています。
僕があの女の笑った顔を見たのは
あの時だけでした。
心の底から嬉しそうでしたよ。
やっかい払いだけでなく
僅かばかりでしたが礼金まで
手にすることができたのですから。

[アイク] (中央左)

……

[セネリオ] (中央右)

賢者は死期が近く、
自分の知識を受け継ぐ者を求めていました。
時間がないと言って、
寝食の時間をも惜しんで魔道の修行に
明け暮れさせられました。
でも…僕にとっては、
女との生活よりはるかにましでした。
自分が何者であるかを
振り返る余裕もなかったので。
2年後、賢者が死んだ時には……
僕は一通りの魔道を身につけていました。
賢者の館に食べる物がなくなったので、
外に出て町に行きました。
そして……
僕は…初めて気付きました。
自分が一言も口がきけないことに。

[アイク] (中央左)

…セネリオ……

[セネリオ] (中央右)

読み書きはできました。
相手の言葉も理解できます。
だけど…自分では何も話せない。
仕方なかったんです。
女も賢者も、僕に一方的に
言葉を投げつけはしたものの
返事を必要としなかったので……

[アイク] (中央左)

…セネリオ!!

[セネリオ] (中央右)


…あ…
す、すみません……
こんなくだらない話を…

[アイク] (中央左)

くだらなくない。
それが理由でおまえは…
ふさいでいたのか?
もしかして、幼い頃、
おまえが暮らしていたのは
ベグニオンだったのか?

[セネリオ] (中央右)

…違います。
……僕が言いたかったのは…
………………
いえ、もういいんです。
すみません、失礼します。

[アイク] (中央左)

待て、セネリオ…!
…………

支援レベルA

[アイク] (中央右)

……

[セネリオ] (左端)

……

[アイク] (中央右)

…この間の話を聞いてから、
俺なりにない知恵を絞って考えた。
けど、わからん。
おまえが自分の存在について
何か不安をもっているんだろうって
それ以外は何もな。
だから、やっぱり話を聞くしかない。

[セネリオ] (中央左)

……どうして、
放っておいてくれないんですか?
僕には…あなたしか
頼る相手がいないのに……
あなたに嫌われたら……
もはや生きてはいけないのに……

[アイク] (中央右)

だからだ。
おまえは俺以外の誰にも
心を開こうとしない。
だったら、俺がなんとかしてやらんと
おまえはいつまでも
苦しみを抱えたままだろうが。

[セネリオ] (中央左)

………アイク…
僕は… 僕は……

[アイク] (中央右)

俺を信じろ。
おまえがたとえ何者でも、
俺がおまえを認めてやる。

[セネリオ] (中央左)

………ぅ……
………………………
…………はい……
………………
…僕は…おそらく……
【印付き】なんです。

[アイク] (中央右)

【印付き】…
なんだ、それは?

[セネリオ] (中央左)

ベオクとラグズの…混血です……
女神の定めし理を犯したために…
どちらの種族からも…
忌み嫌われる不浄の存在……

[アイク] (中央右)

……よくわからんが、
とにかく、おまえは
ラグズの血をひいてるってことだな?

[セネリオ] (中央左)

…はい。
僕の額にある模様は、その証…
ベグニオンの大神殿マナイルで……
古い書物を調べていて…知りました。
それまでは…
魔道士が、より強い魔力を得るために
行なう【精霊の護符】なのだとばかり……
賢者は、それに目をつけたと
話していましたので………

[アイク] (中央右)

それで?

[セネリオ] (中央左)

え… それで、とは?

[アイク] (中央右)

おまえが、ラグズの血が混じった
印なんとか…なのはわかった。
それで、それがどうしたんだ?

[セネリオ] (中央左)

それがどうしたって…
不快じゃないんですか!?
自分の傍らに…こんな
何にも属さない存在がいて…!

[アイク] (中央右)

………いや。
特になにも変わらん。
セネリオはセネリオだろう。
俺の団の有能な参謀だ。
おまえがいないと、
団はたちまち立ち行かなくなる。

[セネリオ] (中央左)

…………アイク…
僕は… だからあなたが……

[アイク] (中央右)

ん?

[セネリオ] (中央左)

ガリアです…
僕が賢者と暮らしていたのは…
ガリアにある小さな村でした。
そこには、何人かのベオクが
集まって暮らしていて……

[アイク] (中央右)

…ガリア?
おまえ、それって…

[セネリオ] (中央左)

賢者が死に……口のきけない僕は
飢えて死にかけていた……
そんな僕に
あなただけが、手を差し伸べてくれた。
だから……
あなただけが、僕にとって
特別になったんです……

アイク⇔レテ

支援レベルC

[アイク] (中央左)

よし……このくらいか……
……ん?

[レテ] (中央右)

熱心に鍛えているようだな。

[アイク] (中央左)

レテか。見てたのか?

[レテ] (中央右)

ああ、興味があった。
今後ベオクの戦い方を
どれだけ知っているかが
勝敗を分けるだろうからな。
貴様らに遅れを取るわけにはいかん。

[アイク] (中央左)

それで、俺を研究か?

[レテ] (中央右)

安心しろ、戦いに紛れて
おまえの寝首を掻こうとは思っていない。
そんなことには何の意味もないし、
そんな姑息で卑怯な手段を使うのは
ベオクくらいのものだ。

[アイク] (中央左)

そうか。
ラグズは正々堂々と正面から
戦うのが普通なのか?

[レテ] (中央右)

……大抵はな。
すべてがそうとは言い切れないが。
まあ、どんな小細工をしようと
我々には匂いでわかる。
闇に潜もうとも無駄な話だ。
……鼻を潰されれば話は別だがな。

[アイク] (中央左)

レテ。
また次の機会でいい、
獣牙族の戦い方を教えてくれないか?

[レテ] (中央右)

そういうことなら請け負おう。
全力で相手してやる。

[アイク] (中央左)

ああ、頼む。

支援レベルB

[レテ] (中央右)

おい。

[アイク] (中央左)

レテか。
どうした?

[レテ] (中央右)

先の戦い、なかなかのものだった。
思っていたよりはやるようだな。

[アイク] (中央左)

俺のことか?

[レテ] (中央右)

そうだ。他に誰がいる?

[アイク] (中央左)

……意外だな。
俺はあんたたちの驚異的な力に
いつも驚いているんだが。

[レテ] (中央右)

お互い、まったく
違う戦い方をするからな。
動きや考えが読めないのも
あるだろうが…
おまえたちは意外と素早く、
細やかに反応する。
自分の身体とは別の刃を
よくあそこまでうまく操るものだ。
鍛錬の賜物なのだろうな。

[アイク] (中央左)

ああ。
俺たちはあんたたちのような爪も牙も
持ち合わせていないからな。
いかにして武器を
自分の身体の一部にするか……
そのためには
日々訓練を欠かす訳にはいかん。

[レテ] (中央右)

ふん……なるほどな。
では私もおまえたちを見習って
鍛錬に励まねばならん。
この間の約束を覚えているか?

[アイク] (中央左)

もちろん。
頼めるか?

[レテ] (中央右)

こちらこそ頼もう。
お互い、手を抜くのは無しだ。
いいな?

[アイク] (中央左)

わかった。
……行くぞ!

支援レベルA

[レテ] (中央右)

来たぞ、アイク。

[アイク] (中央左)

ああ、今日もやるか?

[レテ] (中央右)

おまえはこのところ
めざましい成長を見せているからな。
私も負けてはおれん。

[アイク] (中央左)

そうか?
……あんたに褒められるのは
嬉しいもんだな。

[レテ] (中央右)

なんだ。ひょっとして……
最初に会った時のことを
根に持ってるのか?

[アイク] (中央左)

そういうわけじゃない。
あんたは強いからな。
強いやつに褒められるのは
単純に嬉しいだけだ。

[レテ] (中央右)

ふん……
えらく買いかぶられたものだ。
…………
なあ、アイク。

[アイク] (中央左)

何だ?

[レテ] (中央右)

この戦いが終わって……
すべてが終わったら……
ガリアに来ないか?

[アイク] (中央左)

ガリアに?

[レテ] (中央右)

ああ。ガリアで鍛錬すれば、
おまえはもっと強くなれるはずだ。
ガリアの環境は、ベオクにとっては
生きていくのも厳しい地だと聞いた。
しかし、だからこそその地で
おまえはおまえの父から受け継いだという
その剣技を……
更なる極みへ導くことができると思うんだ。

[アイク] (中央左)

…鍛錬の相手は、当然
レテがやってくれるんだよな?

[レテ] (中央右)

お、おまえが…
それでいいなら…私に異論はない。

[アイク] (中央左)

なら、ガリア暮らしも悪くない。

[レテ] (中央右)

よし、じゃあ約束だ。
いつでもおまえの気の向いたときで構わない。
私はその時を楽しみに待っているからな。

[アイク] (中央左)

わかった。約束しよう。

アイク⇔リュシオン

支援レベルC

[アイク] (中央左)

リュシオン。

[リュシオン] (中央右)

アイクか。どうかしたのか?

[アイク] (中央左)

様子を見に来ただけだ。
調子はどうだ?

[リュシオン] (中央右)

大丈夫だ。何も問題ない。

[アイク] (中央左)

…問題ないっていうには
説得力のない顔色だけどな。

[リュシオン] (中央右)

……私たちサギの民は【正】に近い存在。
【負】の気に満ちる戦いの場では…
体調万全というわけにはいかない。
だが、倒れる前に自ら休むよう
心がけているから…どうか最後まで
共に戦わせて欲しい。頼む。

[アイク] (中央左)

自分で気をつけているなら、
俺に文句はないが…
精のつく食べ物とか、
少しでも助けになるものがあれば、
なんとか用意するぞ?

[リュシオン] (中央右)

…その気持ちだけで十分だ。
実は私も…昔はこの軟弱な身体を
うとましく思っていて……
試したことがあるんだ。
肉、魚、酒… ティバーンの好物を
並べて端から口に入れてみた。

[アイク] (中央左)

…どうだった?

[リュシオン] (中央右)

10日ほど生死の境をさまよった。
どうやら私たちサギの民は
新鮮な木の実以外はうけつけない
体質らしい。

[アイク] (中央左)

…捨て身な行為だな。

[リュシオン] (中央右)

ティバーンのようになりたかった。
大きく逞しい身体、翼…
私がそれらを持っていれば、
自らベグニオンに乗り込んで
ニンゲンたちに復讐してやれるのに…
毎夜、女神に祈り…力を乞うた。
でも………叶わなかった。

[アイク] (中央左)

…あんたの気持ちは、なんとなく
わかる気がするが……
かえって良かったんじゃないか?

[リュシオン] (中央右)

どうしてだ?

[アイク] (中央左)

戦いの気だけで体調を崩すあんたが、
直接、相手を傷つけるような
真似をしたら…ただじゃすまんだろう。

[リュシオン] (中央右)

……そうだな。
絶望に心を支配されていた時には
命と引き換えにしても構わないと
真剣に考えていた。
だが…今は生きていて良かったと思える。
生きていたからこそ、リアーネに会えた。

[アイク] (中央左)

リュシオン…あんたは、
思った以上に男らしいな。

[リュシオン] (中央右)

精神力だけなら、
他にひけはとらないつもりだ。

支援レベルB

[アイク] (中央右)

リュシオン!

[リュシオン] (見えない位置・左)

ここだ、アイク。

[リュシオン] (中央左)

戦いの話か?

[アイク] (中央右)

ああ。次の作戦では
あんたの力が勝敗の要になるだろうって
話になった。体調はどうだ?

[リュシオン] (中央左)

…そうだな。
空の高みまで上がれば、
多少は【負】の気から逃れられるようだ。
今も風をあびて、少し楽になった。
次の一戦ぐらいはもつだろう。

[アイク] (中央右)

……あんたのその様子を見てると、
どうしても戦わせたくなかった
フェニキス王の気持ちがわかるな。
本当に、無理をさせてすまない。

[リュシオン] (中央左)

自ら望んでここにいる私に…
それを言うのは侮辱だぞ?

[アイク] (中央右)

……そうだったな。すまん。
あんたがこの類の気遣いを嫌がるって
ことはわかってるつもりなんだが……

[リュシオン] (中央左)

…おまえでなければ、
とっくに殴って黙らせているところだ。

[アイク] (中央右)

……サギの民は、まったく攻撃
できないんじゃなかったのか?

[リュシオン] (中央左)

…………
殴るぐらいはできる。ただ…

[アイク] (中央右)

ただ?

[リュシオン] (中央左)

殴られた相手より、
殴った私の拳のほうがダメージが大きい。

[アイク] (中央右)

具体的に言うと?

[リュシオン] (中央左)

…以前、タナス公の顔面を
殴りつけた時は……
奴は鼻血をだしただけだったが、
私は手の甲の骨にひびがはいった…

[アイク] (中央右)

…………

[リュシオン] (中央左)

…………

[アイク] (中央右)

漢だな。

[リュシオン] (中央左)

ああ、まあな。

支援レベルA

[アイク] (中央右)

リュシオン。

[リュシオン] (中央左)

……アイク…わかっている。
自分のことだ。
誰よりもわかっている。
………だが、どうか…
最後までは…やらせてくれ。

[アイク] (中央右)

…………
全てが終わった途端、
命まで尽きるってのじゃなければ…

[リュシオン] (中央左)

……
メダリオンの気が落ち着けば…
私の身体も元に戻るはずだ。
大丈夫、私の精神力はまだ…
少しも挫かれてはいない。
アシュナードに対峙し…
事の真相を確かめなくてはならない。

[アイク] (中央右)

リュシオン。
俺があんたを助けよう。

[リュシオン] (中央左)

私を特別扱いするなと…

[アイク] (中央右)

だから、あんたも俺を助けてくれ。

[リュシオン] (中央左)



[アイク] (中央右)

俺たちがそれぞれ備える力は、
質のまったく違うものだ。
互いに助け合えば…
これからの戦いでも勝ちを掴めるだろう。

[リュシオン] (中央左)

……そうだ…な。
わかった。よろしく頼む。

[アイク] (中央右)

こっちこそ、最後まで頼むな。

アイク⇔ライ

支援レベルC

[ライ] (中央左)

よう、アイク。
この期に及んで、まだ訓練か?

[アイク] (中央右)

俺は… 剣の鍛錬を欠かしたことはない。
どんなにわずかな時間だけでも、
必ず剣を振るうようにしている。
こうしてると、精神集中できて
落ち着くっていうのもあるしな。

[ライ] (中央左)

なるほど。
おまえの強さには…
親父さんから受け継いだ
とびきりの才能だけじゃなく、
たゆまぬ努力の裏づけってのがあるんだな。
どうりで、見るたびに成長してるわけだ。
結構けっこう………

[アイク] (中央右)

…………

[ライ] (中央左)

あ、オレ… もしかして邪魔してる?
そんじゃ……

[アイク] (中央右)

待て。
何か用があって来たんじゃないのか?

[ライ] (中央左)

……ちょっとばかし
余計な心配をしてるだけだ。
おまえさ、どんなに休めっていっても
休もうとしないし。
…今も、話しかければ
手を止めるかと思ったけど……
見事失敗のようだから退散するよ。

[アイク] (中央右)

……なんだ。俺は
そんなに危なっかしいか?

[ライ] (中央左)

それを聞くか!?
おまえみたいな強引で直線な将軍、
どこ探したって居ないって。
『めんどくさい! 突っ走る!』って
どこが作戦だよそれって、呆れるばっかりだ。

[アイク] (中央右)

別に… 俺は俺だ。
他の誰かと同じでなくても構わんだろう。

[ライ] (中央左)

……で、これだよ。
なに? その脈絡のない自信は。
ベオクって、人と同じことをして
安心感を得る種族だから…
なんかぷか〜って浮いてるぜ、おまえ。

[アイク] (中央右)

悪かったな。

[ライ] (中央左)

そいでもって、ベオクのことをこんなに
気にしちまうオレは…
ラグズじゃあ、やっぱり浮いてるわけよ。
ぷかぷか ぷかぷか オレは魚かっての。

[アイク] (中央右)

……ぶっ
猫のくせに自分を魚に例えるなよ。

[ライ] (中央左)

おっ! 笑ったな。
よ〜しよし。その調子で肩の力抜いてろよ。

[アイク] (中央右)

わかった。休憩する。
ついでに茶でも飲めばいいのか?

[ライ] (中央左)

おう。飯と仮眠付きだと、文句なしだ。

支援レベルB

[アイク] (中央左)

ライ。

[ライ] (中央右)

ん? なんか用かい?

[アイク] (中央左)

……もしかして訓練中か?

[ライ] (中央右)

お、するどい!
努力家のアイク将軍殿に
置いてけぼりくわされないように、
ちょいとばかりね。

[アイク] (中央左)

いい心構えだな。

[ライ] (中央右)

あ〜… やだね。
嫌味も通じないのかよ、おまえ。
訓練てなあ、嘘だ。
こっちの姿でやっても意味がない。

[アイク] (中央左)

じゃあ、なにをやってたんだ?
筋を伸ばしてたように見えたけど。

[ライ] (中央右)

そのとおり。体を伸ばして
緊張をほぐしてただけだ。

[アイク] (中央左)

なんだ。獣牙族の特別な
訓練術かと思って期待したのに。

[ライ] (中央右)

期待に背いて申し訳ないが、
化身してなければ、
オレもおまえもそう変わらないんだって。
見たまんまな。

[アイク] (中央左)

なるほど。
俺に尻尾が足りないぐらいか。

[ライ] (中央右)

尻尾はいいぜ〜。
急に身体の向きを変える時とか
高い場所を渡る時、
バランスとるのにすっげえ重宝する。
尻尾なしの人生なんて
考えられないぜ。

[アイク] (中央左)

寝る時には邪魔そうだけどな。

[ライ] (中央右)

ところがどっこい。
うまい方法があんのさ。

[アイク] (中央左)

どんな?

[ライ] (中央右)

それはだなあ……
…おっと、危ない危ない。
危うく誘導尋問に
ひっかかるところだったぜ。

[アイク] (中央左)

尋問って、普通に聞いただけだろ。

[ライ] (中央右)

いいか、アイク。
これはラグズの種族全体に関わる
秘密だからな。
おいそれとベオクのおまえに
ばらすわけにはいかないんだ。

[アイク] (中央左)

そうか。
じゃあ、別にいいか。

[ライ] (中央右)

お〜い。
そこはもっと食い下がるところだぞ?

支援レベルA

[ライ] (中央左)



[アイク] (中央右)

…ライ、どうした?

[ライ] (中央左)

アイクか…
おどかすなよ。

[アイク] (中央右)

……ここんとこ
やけに張り詰めてるな?

[ライ] (中央左)

王都が近づいてきて…
デイン王の……
いや、奴自身というよりは
メダリオンのか?
とにかくそれが発する
【負】の気にあてられて…
全身の毛が逆立ってる。

[アイク] (中央右)

ラグズは敏感だな。

[ライ] (中央左)

…これに反応しない
ベオクが空恐ろしいよ。
どうして平気でいられるんだか…
この…威圧感は……
ちょっと尋常じゃない。

[アイク] (中央右)

俺は、傍にいないほうがいいか?

[ライ] (中央左)

そうだな…
……いや、やっぱり居てくれ。
すぐに落ち着くから……
……………

[アイク] (中央右)

………

[ライ] (中央左)

…………ふぅ
…悪かったな。時間とらせて。

[アイク] (中央右)

大丈夫か?

[ライ] (中央左)

ああ。もう平気だ。
オレともあろうものが、
ベオクにこんな弱みを
見せちまうなんて…世も末だ。

[アイク] (中央右)

俺を、信用できないのか?

[ライ] (中央左)

してるさ。
…でも、全部じゃない。
オレのほとんどの部分は
おまえを認めてるが……
まだ獣牙の同胞のように
手放しってわけには…なかなかね。

[アイク] (中央右)

俺は信用してるぞ。

[ライ] (中央左)

……真顔でさらっと
言ってくれるね〜。
ほんっと、おまえって…

[アイク] (中央右)

俺って?

[ライ] (中央左)

バカだな。

[アイク] (中央右)

なんだと?

[ライ] (中央左)

そうやって、だれかれかまわず
信用してたら…
いつか絶対に
足元をすくわれるからな!
覚えとけよ!!

[アイク] (中央右)

こら、待てよ! ライ!
…ったく、気安いのか
気難しいのかわからん奴だな。

アイク⇔エリンシア

支援レベルC

[アイク] (中央右)

エリンシア姫。
どうかしたのか?

[エリンシア] (中央左)

あ……アイク様。
その、戦う支度をしていたのですが
剣がうまく腰におさまらなくて……

[アイク] (中央右)

ちょっと見せてみろ。
…ああ、鞘を結ぶ
腰の止め金がきちんと留まってないな。
これをはめるのには少しコツがいる。
少し動かないでくれ。
…………
よし、これで大丈夫だ

[エリンシア] (中央左)

ありがとうございます、アイク様。
……私、だめですね。
1人で戦支度もできないなんて……
他の方はもうすっかり済ませているというのに…

[アイク] (中央右)

最初は誰だってそんなものだ。
俺も、少し前までは
姫と同じようなものだったからな。

[エリンシア] (中央左)

アイク様が?

[アイク] (中央右)

ああ。
だが俺は親父から、いかなる環境でも
生き抜く術と、剣の扱いを
何より先に叩き込まれたからな。
姫とは根本が違うのかも知れんが。

[エリンシア] (中央左)

そうなのですか……

[アイク] (中央右)

だから姫、背伸びはしなくてもいい。
あんたは俺たち生まれながらの
傭兵とは違うんだ。
慣れないところで無理をすると…
戦場で死を招くぞ。

[エリンシア] (中央左)

わ、わかりました……

[アイク] (中央右)

……とにかく、必要以上に
思い詰めないようにしてくれ。
できないことを自覚して、
他人に助けを求めることは…
恥でもなんでもないんだからな。

[エリンシア] (中央左)

はい……

[アイク] (中央右)

…………

支援レベルB

[アイク] (中央左)

…まだ、ここにいたんだな。

[エリンシア] (中央右)

あ……アイク様。
その…自主訓練をしていました…
少しでも足手まといにならないようにと
思いまして……

[アイク] (中央左)

……そうか。
だが、訓練なら誰か相手がいた方が
いいんじゃないのか?

[エリンシア] (中央右)

……この張りつめた状態で…
あきらかに実力の劣る者の
相手をさせるのは…とても心苦しくて……

[アイク] (中央左)

…さっきは、他人に頼ることに
躊躇するなと言ったつもりだったが…
上手く伝わらなかったようだな。

[エリンシア] (中央右)

いえ、その…
ご忠告は身にしみています。
ですが…その……

[アイク] (中央左)

……自分の力の無さを感じ、
焦る気持ちはよく分かるつもりだ。
俺も親父の遺したグレイル傭兵団を
継ぐと決めた時……
居てもたってもいられなかった。

[エリンシア] (中央右)

…………

[アイク] (中央左)

まあ、国と傭兵団じゃ重みがまったく違うか。
すまん、偉そうなことを言ったな。

[エリンシア] (中央右)

いいえ……
おっしゃるとおりです。
これから自分が背負うものの大きさを思うと
自分の至らなさが……辛くて……

[アイク] (中央左)

俺がこの1年…
戦いを通して学んだのは…
1人だけでやれることなんて、
実はそんなにないってことだ。
仲間が俺を支えてくれて、
俺がそれを頼りにできたからこそ…
成し得たことばかりじゃないかと
そう思っている。
あんたも同じだ。
あんたは1人じゃない。

[エリンシア] (中央右)

…………はい……!

支援レベルA

[エリンシア] (中央左)

…………

[アイク] (中央右)

いよいよ、明日は王都だな。

[エリンシア] (中央左)

……はい。

[アイク] (中央右)

心境は?

[エリンシア] (中央左)

…とても不安です。でも……
やっとたどり着いた。
やっと帰って来られた。
その2つの喜びの方が強いです。

[アイク] (中央右)

強くなったな。

[エリンシア] (中央左)

すぐ傍に…
良いお手本がありましたから。

[アイク] (中央右)

悪いの間違いだろう。
あんた南の海で
自分がなんて言ったか覚えてるか?

[エリンシア] (中央左)

な、なんですか…?
私なにか変なことを言いましたか?

[アイク] (中央右)

『ぶっとばしてさしあげましょう!』
だったか?

[エリンシア] (中央左)

あ… あれは…
少しアイク様たちの真似を
してみたかったんです。
私も、みなさんのように
たくましくなりたくって……

[アイク] (中央右)

あれには、さすがに面食らった。

[エリンシア] (中央左)

フフ ……なんだか
とても、なつかしいですね。

王都を逃れた時…
ガリアで…クリミアの敗戦を
聞かされた時…
これから先、自分を待つものは
絶望だけだと思い覚悟していました…
…だけど、こうして振り返ってみると
希望がいくつもありました……
とても暖かな希望の光が……

[アイク] (中央右)

そうだな……

[エリンシア] (中央左)

私は…この希望を胸に……
明日の戦いに臨みます。
デイン王を倒し、
クリミアを取り戻すために。

[アイク] (中央右)

俺は、あんたに雇われた傭兵だ。
あんたの望みを叶えるために
全力を尽くすと約束する。

[エリンシア] (中央左)

アイク様……


■ 最終更新日
2005/05/14
■ Special Thanks!!
朋さん、オレントさん、amomeさん、キッキさん、AIさん、フィジャックさん、いんふぃにてぃさん
■ Thanks!
mintさん、ヨッシーさん、軌跡さん、sachikohimeさん、ルードさん
■ 完成度向上にご協力を
誤字・間違いなどを発見した場合はメールフォームにてお知らせください。