コラム

北米版 FIRE EMBLEM/購入から開封まで


予約・購入〜到着

随分前に、海外発送を承っている北米の通販ゲームショップで予約注文しました。発売日から到着まで12日もかかりました。ちなみに早いショップだと3日程度で届きます。どのショップでも PayPal のアカウントかクレジットカードを持っていれば、購入手続き自体はすぐできるようですが、本人確認のために別途、クレジットカードの請求書および身分証明書のスキャンイメージを求められる場合がありますので注意しましょう。また、本体と同じぐらいの送料がかかります。

以前に北米版エストポリス伝記(GBA)を購入したことがあり、慣れていたので注文がスムーズに進みましたが、言語や文化の壁は厚く、安易な気持ちで海外の通販ショップを利用することはあまりお勧めできません。金銭が絡むため、英語でのメールのやりとりに不安がある場合は日本の輸入ゲームショップをあたりましょう。(英文作成は辞書を引きながらできますが、誤訳が起こりやすい機械翻訳は避けたほうが無難です。市販の文例集などを参考に。)

利用歴のある海外ゲーム取り扱い通販ショップを以下に列挙します。他にも様々なショップがありますのでサーチエンジンなどで探してみてください。

言語評価店名理由
英語○普通therage.com
http://www.therage.com/
発送が遅く、さらに西岸側でなくニューヨークのショップであるためか日本までの到着にもかなりの日数が掛かります。本来は本人確認のための書類をいくつか提示しなければならないそうですが、私の場合は必要ありませんでした。梱包が丁寧です。価格が他のショップよりやや高めですが、到着までゆっくり待てる人なら。
日本語△微妙KIYOMAN GAMES商品の在庫が無かった場合、そのまま連絡もなくキャンセル扱いにされてしまいます。発送システムに問題があるようで、到着まで不安感がぬぐいきれません。
英語×最悪EBgames.com
http://www.ebgames.com/
注文から14日後、一方的にキャンセル。ちなみに2回経験しています。キャンセルの理由を尋ねたところ、「クレジットカード番号から本人の身元確認ができなかったため」との返答がありました。一体どのような手順で身元確認をしているのか聞いてみましたが、そのことに関しては幾度と無くクレームを送っても答えようとせず、常に「不便を掛けて申し訳ない」の定型文を返してきます。また、この店のサイトで参照できる注文履歴には一度入力した住所やクレジットカード番号が残り続け、消すことができません。かなり有名な店のようで、実際に購入できた方もおられるようですが、絶対にオススメできません。(なお、日本の顧客に注意を促す許可を頂いております。)

総費用は次の通りです。通常、1万円未満のゲームソフトには関税が掛りませんが、まれに取られてしまい(FedEx で送った場合は特に確率が高いとの噂)、後ほど請求される場合もありますので参考程度に見てください。

摘要金額
本体34.99$
送料 (UPS EMS + 補償付き)27.04$
0.00$
合計62.03$

購入はトラブル覚悟+自己責任で。

パッケージ

パッケージの表と裏です。現地ではシリーズ第1作目となるためか、サブタイトルの「烈火の剣」が書かれていません。日本のものより箱や説明書が大きいものの、ソフトのサイズはまったく一緒です。

北米では大半のゲームソフトのパッケージに、内容の審査結果が書かれています。「万人向け、ただし暴力表現あり」となっています。暴力表現…確かにそうかも知れません。

中身を全部出したものです。右下の小冊子はFEだけでなく、他のGBAソフトの紹介も含めたチラシです。

訴訟大国で発売されているだけあって、かなり本格的な注意書きが添えられています。細かくて読みづらいです。

カートリッジの前面と裏面。左が日本版、右が北米版ですが、裏を見るとどっちも「MADE IN JAPAN」(赤線部参照)です。

デモ

気になっている方が多数いるのではないかと思いますが、北米仕様のGBAソフトは日本仕様のGBA本体、GBASP本体、GBプレイヤーのいずれでも動作します。北米仕様の本体を別途購入する必要はありません。ちなみに上の写真は日本仕様のGBプレイヤーで動作させたものです。

デモの流れは日本版とまったく一緒です。ユニットの紹介を見ると、「ペガサスナイト」は北米版でもそのまま「Pegasus Knight」でした。ただしゲーム中のパラメータ表示画面では「Peg Knight」と妙な省略表記になっていました。文字数が多すぎて枠に収まらなかったものと思われます。

内容

おおまかなストーリーや優れた操作感は日本版と同じです。(戦略重視ならば)別に英語が分からなくても十分楽しめるのではないでしょうか。細かなストーリーの差異についてはこれから購入される予定の方の楽しみを奪わないよう、時間をおいて徐々に公開していきたいと思います。

おことわり

コラム中に引用した画像の知的財産権・肖像権はすべて(株)任天堂、(株)インテリジェントシステムズ、(株)Nintendo of America に帰属します。本文章は当該商品の評価を主としており、画像の掲載はあくまで従たるものです。


■ 最終更新日
2003/11/15
■ 完成度向上にご協力を
誤字・間違いなどを発見した場合はメールフォームにてお知らせください。