ぼくとわたしのSRPG
👤 カメナード ⌚ 2017/07/20(木) 14:47

皆さんご存知のSRPG…コアなファンが集まりやすく格ゲー、レースゲー、音ゲーなどなどのようにどんどんファンが精鋭化していたところを、FEは他のセールスポイントを強調することで新規層の獲得に努めています。それがいい悪いの価値観の話ではないですが、ちょっと疑問があります。

「SRPGというジャンルはこれ以上進化できないのか?」

…というのも今FEに使われてるゲームルールは実際最初期に完成されたものをちょっとずついじっている状態です。他にあるゲームルールだとTO、新しいもので戦ヴァルといったあたりでしょうか。

FEのシステムの肝は進撃と迎撃のウェーブの繰り返しにあります。
その中で育てた駒をぶつけ合い最終的にステージごとの目標を達成するゲームです。これを暗黒竜から最新作のエコーズまで繰り返し使ってきています。
シリーズものだからそれが普通といわれてはそれまでですが、例えば任天堂のマリオシリーズなどは2Dマリオ、3Dマリオ、箱庭マリオと、同じルールなのに印象が多岐にわたります。アクションだから単純に比べるのも少し変でしょうが。

またあえてお名前を挙げますが、かつてディレクターをされていた加賀氏に今なお強力なファンがついているのは、上のマリオのようにSRPGというジャンルを手探りで開拓していたところが大きいと私は見ています。(暗黒竜、外伝、紋章、聖戦、トラキア、TS、BSと並べてみても基本軸はぶれずゲーム体験がどれもはっきり異なることがわかると思います。)


さて、前置きが長くなりましたがみなさんは
「こんなSRPGはできないかな?」のように考えたことはありませんか?
難しく考えず自由な発想で参加してみてください。


(あ、それと余計なお世話ですが現状のFEに不満がある人にはお勧めです。私もすごく不満があります。ただそれは別の話。
 ではどうすれば面白いSRPGができるのか、自分の期待するゲーム体験は何か、お暇な時にでも一緒に考えましょう。)

他者の意見を尊重しつつ、アイデアの提案はどんどんしましょう。
別にみんなでゲームを作ろう!という話ではないですが、妄想の応酬もなかなか面白いものです。もしかしたら、新しいクリエイターの目に留まるかもしれませんし。せっかく面白い想像しているのに吐き出さないともったいないですよ。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 アルセウス ⌚ 2017/07/20(木) 14:57

幻影異聞録♯FEをプレイした上での投稿でしょうか?

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 カメナード ⌚ 2017/07/20(木) 15:10

まずは私があげておきます。
FEを含めSRPGではたいてい戦争がメインになっています。プレイヤーに戦う理由を与えるために戦争をベースにしているわけですね。「戦争じゃなくてもSRPGってできそうだぞ!」と思いつけるかもしれません…。

本題は私としてはそろそろマス目の概念を壊してほしいところなんです。そもそもマス目があるのは将棋などのボードゲーム由来な部分があります。ただハードの性能、パソコンの性能も上がってます以外の表現もできるようになってきていると思います。
ISのゲームをあげるとわかりやすいのかもしれませんが、『リンカーンVSエイリアン』、あれもマス目ではありますが一つのマスがキャラクターより少し大きく、その中でならキャラクターの自由な位置取りが可能になっています。
こういった表現は戦ヴァルなどを含め海外のXCOMなど新しい流れの中で成長していたものですが、欠点があります。
小隊でしか通用しません。つまりFEでいうところのグレイル傭兵団の戦いくらいまでならこれで表現できますが、軍隊VS軍隊ではこういうことができません。
ゆえにマスを取り払い、移動力に基づいた行動範囲を作ってやります。SLGはすでにこの形態のものが多いですが、SRPGでも使えなくはないだろうと。もしもすでにこの動きを採用しているゲームがあったら教えていただけると知らないゲームなので嬉しいです。やりたい。

(ウォーハンマーというアナログゲームジャンルをご存じであればあの感じだと思っていただけるとありがたいです。)

まずは移動に関してだけ。
こんな風に一つでもいいですし複数でも提案していただいてももっとゲームの基盤づくりでも構いません。
それに対してあーでもないこーでもないと言い合ってみなさんが充実した時間を過ごせたらと思います。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 カメナード ⌚ 2017/07/20(木) 15:16

アルセウスさん
 早速ありがとうございます。
 私はSRPGのジャンルではなかったと感じていますが、何かそのように主張する情熱があるならぜひ教えてください!もしかしたら新しい扉が開けるかもしれません。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 ハーフライフ ⌚ 2017/07/20(木) 17:57

何でもかんでも戦闘で解決するんじゃなく、交渉で兵を引かせるとかの選択肢があればいいんじゃないでしょうか。
それにはモロドフ伯(マリナス)みたいな非戦闘員の政治家が必要不可欠ですが。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 ハーフライフ ⌚ 2017/07/20(木) 18:09

恋愛要素を充実させたければ、軍隊を男女同数にするよりも、太閤立志伝みたいに宿屋の看板娘か、あるいは城の貴婦人を口説けるようにすればいいです。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 カメナード ⌚ 2017/07/20(木) 20:24

ハーフライフさん
SLG寄りにして戦術と戦略両方やらせるSRPGはあまりみたことないですねえ!外交場面は割とシナリオで消化されちゃいますからそういう要素を入れるのも面白そう。外交で切り抜けていくゲームだとRPG感は減っちゃいますけど(笑)
それでも同盟締結とか救援要請などをプレイヤーの任意にさせてみたりするのは遊びの幅が増えそうです。

あと恋愛…SRPGのサガというか昨今のJRPGでは割と普通な要素なんですよね。味方と恋愛…ということにこだわると男女ほぼ同数用意しなくちゃいけない。ロマンス要素を膨らませるならネームドのモブとのからみも俄然ありだということですね。
共闘感を売りにしすぎて、男女が一緒になると必ず恋愛に発展する現状を解決できる一つの手かもしれません。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 ハーフライフ ⌚ 2017/07/20(木) 21:21

カメナードさん
ARPGだとむしろ外交で切り抜けていくのが普通ですね。フォールアウト3のオータム大佐など(話し合いで解決できるラスボス)。
敵を見つけたら問答無用で斬りかかるのはJRPGだけです。

他に思いついた事ですが、攻撃呪文を攻撃にしか使わないのはおかしいです。魔道は人殺しの道具ではないというウェンデル司祭の言い分が矛盾してしまいます。
ファイアーの呪文ひとつでも、野営で焚き火に使う、武器に宿して火矢にする、山火事を起こして敵軍を火だるまにする等、使い道がたくさんあると思います。自分がやってみたいのは酒樽を爆発させる、いわゆるFPSのドラム缶撃ちみたいな物ですが。火の玉を撃つか、火炎放射にするかでも用途が異なりますね。

あと、くにおくんで道端に落ちているゴミ箱や金属バットを敵にぶつけたりできますが、剣士(弓兵でも)がこういう戦い方をしたら面白いと思います。ジャッキー・チェン映画でもテーブルクロスを巻きつけるなど、拳法以外の方法で敵を倒すシーンは多いですが。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 YM ⌚ 2017/07/20(木) 21:24

最近はSRPGStudio製のゲームを色々とプレイしていますがその中で比較的変わってるなと思うものを二つほど・・・

ひとつはシスターズポゼッション。
男性の精神が女性の身体に憑依するということがシナリオ上でもゲームシステム上でも主題になっているのが最大の特徴で、憑依の組み合わせによってとれる戦術が変わったりするので有効な組み合わせを探したりマップによって組み合わせを変えてみたりも面白い。
ファンタジーでありながら現代戦のような戦いもあって戦記物としても面白い。

もう一つは製作途中だけど新説魔法少女。
過去にSRPGツクールで作られたゲームのリメイクで、謎の侵略者と戦士の素質がある中学生達が戦うというシナリオ。
もし自分がとんでもない力を与えられて怪物と戦うことになったら・・・親友を守るために立ち向かったり、怪我を負ったことで戦いに恐怖を感じたり中にはその力で歪んだ正義を執行してしまったりと様々。
ゲームシステムは射程が全体的に長めでMPの要素もあってスパロボみたいな感じ。

Re: ぼくとわたしのSRPG
👤 ぽーま ⌚ 2017/07/20(木) 23:33

面白そうなスレですね。ちょっと投稿してみたいと思います。
新しいシステムなのかは分かりませんが、FEの魔法を範囲攻撃にしたらどうだろうみたいな事を思いつきました。今のシステムだと殆ど1対1の戦闘なのですが、範囲攻撃を導入すれば敵陣が十字になるように釣ろうとか、考えるベクトルが増えて楽しそうだなぁって感じました。
FFTA2のようなキャラの行動順が素早さで決まるようなアクティブターンシステムだと範囲攻撃は見た事があるのですが、FEみたいなターン制のSRPGだとあまりないのかなと。
ただこれって新しいんでしょうかねえ……

このトピックに投稿