ファイアーエムブレム 聖魔の光石

会話集/支援会話/ゼト


ゼト⇔フランツ

支援レベルC

[フランツ] (右)

将軍!

[ゼト] (左)

フランツ、
首尾はどうだ?

[フランツ] (右)

はい、まだまだ力は伴いませんが、
僕もルネス騎士団の一員です。
将軍のように、エイリーク様たちを
全力でお守りする所存です。

[ゼト] (左)

よし、いい心掛けだ。
入団当時に比べれば、
面構えも立派になったものだな。

[フランツ] (右)

ほ、本当ですか?
将軍、本当にそう思います?

[ゼト] (左)

ああ、本当だとも。
入団当時の心許ない印象が消えている。
フランツが私の年齢になる頃には、
きっと剣も槍も大した腕になるだろう。

(フランツ、上下に揺れる)

[フランツ] (右)

ほ、本当に?
将軍、本当に本当ですか?

[ゼト] (左)

・・・ああ、本当だが・・・
今は戦闘中だぞ、フランツ。
舞い上がってないで、
目の前の敵に集中しろ。

[フランツ] (右)

はい!!
必ずや将軍の部下の名に恥じない
働きをしてまいります!

[ゼト] (左)

武勲を焦るんじゃないぞ。
無理はするなよ。

[フランツ] (右)

はい!

支援レベルB

[フランツ] (右)

あ、将軍!

[ゼト] (左)

おぉ、フランツか。
また成長したようだな。
まだまだ固いところもあるが、
剣も槍も着実に腕を上げているぞ。

[フランツ] (右)

ほ、本当ですか?
将軍、本当にそう思います?

[ゼト] (左)

・・・私が誉めると、
どうしてそのように問いただすのだ?

[フランツ] (右)

あ、すみません・・・
将軍に誉めていただくと、ついうれしくて。
我らがルネス騎士団を率いる
【真銀の騎士】ゼト将軍は、
僕にとって憧れの存在なんです。

[ゼト] (左)

ははは・・・
お世辞のつもりか、フランツ?

[フランツ] (右)

本当です、将軍。

[フランツ] (中央右)

・・・ルネス城がグラド軍に襲われた日、
将軍は傷を負いながらも多数の敵を振り切り、
見事に脱出を図られました。
そしてエイリーク様を単身でお守りしながら、
無事にフレリアまでたどり着かれました。
もし僕だったら、とてもそれだけの事を
成し遂げられたとは思えません・・・
あれほど不可能を可能にできるのは、
僕が知る限り、将軍お一人です。

[ゼト] (左)

そんなに持ち上げられたら、
フランツの見ている所で失敗はできんな。
・・・しかし、
君はまだまだ若い。
私を越えるほど、もっと成長するだろう。
自分に自信を持て。
私は君に期待している。
その腕と心を、戦場で鍛え上げろ。

[フランツ] (中央右)

ほ、本当ですか?
将軍、本当にそう思います?

[ゼト] (左)

・・・フランツ・・・
しつこいぞ。

[フランツ] (右)

し、失礼しました!

[ゼト] (左)

さぁ、気を引き締めてそろそろ行くぞ。
フランツ、ぬかるなよ!

[フランツ] (右)

はい、将軍!
将軍の背中は僕が死守いたします!

支援レベルA

[ゼト] (左)

頑張っているようだな、フランツ。

[フランツ] (右)

あ、将軍!!
お怪我はありませんか?
将軍のほうからお声をかけてくださるなんて、
嬉しいです。

[ゼト] (左)

いちいち大げさなヤツだな、君は。
・・・だがな、フランツ・・・
本当に嬉しいのは、私のほうだよ。

[フランツ] (右)

・・・??
どういうことですか?

[ゼト] (左)

私がまだ見習い騎士だった頃、
私にも憧れてやまない騎士がいた。
その方は、剣にも槍にも優れた猛将で、
主君に絶対的忠誠を誓うその姿に、
我ら見習い騎士たちは、
騎士道とはいかにあるべきかを教わったよ。

10年前、世界最強と言われていた暗殺者が
ルネスに身を隠しているという情報を得てな。
こちらの動きがその男にもれないように
たった一人で逮捕に向かわれ、
一騎打ちの末、見事に討ち果たしながらも、
その時の怪我が元で亡くなられたが・・・

[フランツ] (右)

10年前? ・・・!!

(フランツ、上下に揺れる)

[フランツ] (右)

それは、もしかして・・・

[ゼト] (左)

・・・そうだ、フランツ。
当時、ルネス騎士団の長を務められていた
君のお父上だ。

[フランツ] (右)

・・・父が亡くなった頃、僕はまだ幼くて、
残念ながらほとんど記憶がないんです。
すでに母も亡くなってましたから、
兄フォルデと僕は、いつも2人きりでした。
滅多に帰らない父への子供じみた恨み言を
僕が泣きながら口にするたび、
「父さんは王家を守るため、
立派に努めを果たしてるんだ」と、
兄は僕を慰めながらも、誇らしく、
でも、やはり少し寂しげに語っていました。
・・・今でも覚えているのは、
戦闘で受けた深い刀傷が残る広い背中・・・
たまに父が帰ってくるとその背中に登って、
兄と僕は、よく父を取り合ったものです。
勇敢な騎士だったと聞かされて育ちましたが、
僕の記憶の中には、傷だらけの背中しか・・・

[ゼト] (左)

・・・記憶には残っていないかもしれないが、
フランツ、君はお父上の生き写しのようだ。
剣のさばき方、槍の構え、
そして、主君への確固たる忠義の心・・・
君には間違いなくお父上の魂が宿っている。
私が憧れ、目指してきた騎士の
息子であるフランツ、君と共に、
同じ志を持って戦いに挑めることになろうとは、
誠にもって、私は幸せ者だよ。

[フランツ] (右)

そ、そんな風に言っていただいて、
本当にありがとうございます、将軍!
僕、いつか必ず兄を越え、父を越え、
ルネス騎士団一の騎士になります。
ルネス王国の復興のために、
将軍のお側で、将軍と共にがんばります!

[ゼト] (左)

ああ、頼んだぞ、フランツ。
共にルネスのために力を尽くそう。

[フランツ] (右)

はい、将軍!

ゼト⇔ガルシア

支援レベルC

[ゼト] (右)

ガルシア殿。
久しくルネス軍から離れて
おられたにもかかわらず、
その豪快にして爽快な戦い方。
素晴しい・・・敬服いたします。

[ガルシア] (左)

いや、ゼト殿。まだまだだ。
まだわしのみそぎは終わっておらぬ。

[ゼト] (右)

ガルシア殿・・・

[ガルシア] (左)

いくら家族の為とはいえ、
一時でも戦いを捨てた男だ・・・
ゼト殿。残念ながら、今のわしでは
あんた達の腕には、到底およばんのだよ。

[ゼト] (右)

・・・・・・

[ガルシア] (左)

だがな、ゼト殿。
・・・まだこんなものではない!

[ゼト] (右)

!!

[ガルシア] (左)

わしはな・・・
わしはまだ!
こんなものではないのだ!

[ゼト] (右)

・・・すごい気迫だ。
戦士としてのプライドが、
今のご自分を認めさせないのか・・・
どうやら我々は、とてつもない戦士を
目覚めさせてしまったようだ。

支援レベルB

[ガルシア] (右)

ゼト殿。

[ゼト] (左)

ガルシア殿。
あなたの方から声をかけて頂けるなんて、
恐縮です。

[ガルシア] (右)

無駄にわしを立てんでくれ。
声をかけ辛くなる。

[ゼト] (左)

申し訳ありません。

[ガルシア] (右)

いや・・・
あんたたちを見ていると、
若い頃を思い出してな。

[ゼト] (左)

ルネス軍におられた頃ですか?

[ガルシア] (右)

ああ。あの頃は血気盛んで、戦で功を成し
名を上げる事ばかりを考えておった・・・
だがおかげで国王陛下にも、
よくお声をかけて頂いた。

[ゼト] (左)

ファード陛下は、我々軍の者を
よくご覧になっておいででした。
働きの良い者には
ねぎらいの言葉をかけてくださり、
良くない者には
叱咤激励されていた・・・
本当に、心から尊敬とご信頼申し上げるに
値する素晴らしいお方でした。

[ガルシア] (右)

・・・まことに惜しい方であったな。

[ゼト] (左)

我々がルネス城を脱出した際は、エイリーク様
を無事お連れするのが精一杯で・・・
あの時ほど
自分の無力を痛感した時はない!・・・
・・・無念です。

[ガルシア] (右)

・・・すまん
あんたを責める気ではないんだ。
国家が一大事という時に
呑気に山暮らしをしていたわしだ。
あんたを責める資格なぞ・・・

[ゼト] (左)

何をおっしゃる、ガルシア殿!
今こうしてエイリーク様、エフラム様と共に、
ルネスの為に戦っているではありませんか!
恥じる事など何もないはず!

[ガルシア] (右)

ゼト殿・・・

[ゼト] (左)

亡き国王陛下を思う心がおありならば、
この戦に勝って、
共に陛下の墓前に勝利を報告しましょう!

[ガルシア] (右)

ああ! 必ず勝とう!

支援レベルA

[ゼト] (右)

ガルシア殿。

[ガルシア] (左)

おお、ゼト殿!

[ゼト] (右)

どうやら、すっかり吹っ切られた様ですね。
以前よりもずっと、生き生きしておいでだ。

[ガルシア] (左)

やはりわしは、戦の中でしか
生きる事ができない男のようだ。

[ゼト] (右)

それでこそ勇猛果敢な
ルネスの戦士ガルシア殿です。
もう戦うことに戸惑いを見せられた
あの頃のあなたはいない。

[ガルシア] (左)

ああ、もう2度と迷うことは無い。
だがな、ゼト殿よ。

[ゼト] (右)

はい。

[ガルシア] (左)

あの頃の・・・家族の為に戦いを捨て、
臆病になっていたわしも・・・
実は嫌いではないのだ。

[ゼト] (右)

ガルシア殿・・・

[ガルシア] (左)

あの頃があるからこそ今がある。
今なら心穏やかに過去のすべてを
受け止めることができる。

[ゼト] (右)

・・・・・・

[ガルシア] (左)

ゼト殿よ、今だから言おう。
家庭を築くというのもな、そう悪くないぞ。

[ゼト] (右)

ガルシア殿。改めて口にされなくとも、
あなたを見ていれば十分解りますよ。

[ガルシア] (左)

ふふふ・・・そうか。
ならば、ゼト殿!
早く嫁をもらえ!
いいものだぞ、帰る家があるというのはな。

[ゼト] (右)

ガルシア殿・・・
私がガルシア殿の境地に達するには、
まだまだ時間がかかりそうですよ。

ゼト⇔ナターシャ

支援レベルC

[ナターシャ] (左)

これは、ゼト様。

[ゼト] (右)

・・・ナターシャ殿。
怪我人の元へ急がれるのはありがたいが、
きちんと周りを見ておられるか?
先日、危険な目に遭われていたようだが・・・

[ナターシャ] (左)

ご心配をおかけして申し訳ありません。
怪我をされた方がいらっしゃると、
つい後先を考えずに駆け寄ろうとして・・・
これからは気をつけるようにいたします。

[ゼト] (右)

元々、グラド帝国の方とはいえ、
今やあなたは我が軍にとって
なくてはならない存在です。
万が一、あなたが怪我をすれば、
それだけ傷ついた兵士を癒す手も遅れる。
どうか、ご自身を大切に。

[ナターシャ] (左)

そうおっしゃるゼト様ご自身、
この軍にとってなくてはならない存在です。
私もゼト様を拝見しておりましたが、
お一人で敵兵を引きつけたり、
捨て身で仲間の救援に向かわれたり、
危険な事ばかりなさいます。
どうか、ご無理はなさらないでください。

[ゼト] (右)

知らぬうちにご心配をおかけしていたようだ。
それはすまない事をした。
私もなるべく無茶な行動は慎もう。
あなたも無理をなさらないように。

[ナターシャ] (左)

・・・ええ、ゼト様。どうかご無事で。
あなたに神のご加護を・・・

支援レベルB

[ゼト] (右)

ナターシャ殿!
昨夜、倒れられたと聞いたのだが、
もう大丈夫なのですか?
戦場に出るよりも、休まれたほうが・・・

[ナターシャ] (左)

あ、ゼト様。
・・・すみません・・・
先日の過酷な戦闘で多くの怪我人が出られ、
私も力を使い果たしてしまって・・・
ですが、夜はゆっくり休ませていただき、
体調もすっかり回復いたしました。
またゼト様にご心配をおかけしてしまい、
申し訳ありません。

[ゼト] (右)

やれやれ・・・
エイリーク様といい、あなたといい、
我が軍の女性は、仲間のためなら
我が身を削ろうとされる方ばかりだ。

[ナターシャ] (左)

・・・そんな・・・
私など皆様の足手まといになるばかり・・・
ゼト様にもご心配ばかりおかけして、
何一つ満足にできませんのに・・・

[ゼト] (右)

傷を受けた兵士の元へ率先して走り寄り、
ときには自ら傷を負ってまで
仲間を癒すあなたの事を、
皆がどうお呼びしているか、ご存じですか?

[ナターシャ] (左)

・・・存じ上げませんが・・・

[ゼト] (右)

「戦場に現れる癒しの精」ですよ。
皆、あなたをそう呼んでいます。

[ナターシャ] (左)

・・・癒しの精?・・・
そ、そんな、とんでもない・・・

[ゼト] (右)

・・・最初、私は敵国のあなたの言葉を
信用すべきかどうか迷いました。
しかし、戦場でのあなたを見ていて、
自分が間違っていた事に気づいた。
傷だけでなく、心まで癒すあなたの力で、
我が軍兵たちがどれほど助けられたか・・・
国という垣根を越えて示してくださる
あなたの優しさと思いやりに感謝しています。
皆が呼んでいる通り、
確かにナターシャ殿は癒しの精だ。
あなたのような方を仲間にできて、
我々は本当に幸運だったと思っています。

[ナターシャ] (左)

・・・仲間、ですか・・・

[ゼト] (右)

・・・かけがえのない仲間、
・・・いや、かけがえのない存在です。

[ナターシャ] (左)

す、すみません・・・
私ったら・・・
・・・どうぞ戦列へお戻りください。
神よ、どうかゼト様をお守りください。

[ゼト] (右)

・・・ナターシャ殿・・・
私が怪我をした時には、無茶をせず、
すぐにあなたの側まで戻ります。
その時には、また手当をお願いします。

[ナターシャ] (左)

は、はい、必ず!
でも、どうか怪我などなさらないで・・・

支援レベルA

[ナターシャ] (左)

ゼト様。

[ゼト] (右)

ナターシャ殿、お怪我はないか?

[ナターシャ] (左)

ゼト様こそ、大丈夫ですか?

[ゼト] (右)

ええ、何とか無事です。
しかし、この戦いの間、
何度もあなたに助けられた。
傷ついた体を癒してくれたのは、
いつもあなただった。

[ナターシャ] (左)

助けていただいたのは、
いつも私のほうです、ゼト様。
敵兵に囲まれた時も、戦陣から外れた時も、
いつもゼト様が私を救ってくださいました。

[ゼト] (右)

ナターシャ殿・・・
いつかはグラドへ帰るおつもりか?

[ナターシャ] (左)

・・・ええ・・・
神殿に戻って神にお仕えしなければ・・・

[ゼト] (右)

・・・本当にそうなさるおつもりか?

[ナターシャ] (左)

・・・ゼト様・・・

[ゼト] (右)

ルネスの地で、これからの人生を
過ごすことはできないのだろうか?

[ナターシャ] (左)

・・・・・・
ゼト様、それは・・・

[ゼト] (右)

・・・・・・・
遠まわしな言い方だった。
改めて言おう、
ナターシャ殿。
もし戦が終わったら、私と一緒に・・・
暮らす事はできないだろうか?

[ナターシャ] (左)


ゼト様・・・
でも、私は神に・・・

[ゼト] (右)

あなたがシスターだからといって、
想い会う2人を神が引き裂くはずはない。
ナターシャ殿、神は必ずあなたを、
私たちを祝福してくださるはずだ。

[ナターシャ] (左)

・・・ええ、ゼト様。
私も・・そう信じます。

[ゼト] (右)

これまであなたを慈しんでこられた神に、
静かに我々の幸せを誓おう。

[ナターシャ] (左)

ゼト様・・・
そのお約束、必ずお守りください。
戦乱が終わるまで、
私はあなたをお待ちしております。

[ゼト] (右)

必ずだ・・・
必ず守ろう、ナターシャ。

ゼト⇔クーガー

支援レベルC

[クーガー] (右)

あんたの槍さばき、見事だな。

[ゼト] (左)

誉めていただいて恐縮だ。
私はルネス王国騎士団の
長を務める・・・

[クーガー] (右)

あんたの名前は、もちろん知っている。
【真銀の騎士】ゼトだろう。

[ゼト] (左)

・・・いかにも。
そういう君は、グラドで勇躍していた
竜騎士のクーガーだな。

[クーガー] (右)

あんたに名前を知ってもらってるとは、
俺も捨てたもんじゃないな。

[ゼト] (左)

もちろんだ。君と君の兄グレンの実力は、
我がルネス騎士の中でも噂になっていた。
我が国には竜騎士が存在せぬゆえ、
他の将軍たちよりも、特にな。
しかし、君が我が軍へ参加してから、
その戦いぶりを私も見ていたが・・・

[クーガー] (右)

ほぉ、そうかい。
で、俺の腕前、あんたから見てどうだ?

[ゼト] (左)

一度、手合わせを願いたいほどだ。

[クーガー] (右)

よしてくれよ。
あんたには、勝てそうもないからな。

[ゼト] (左)

口ではそう言ってても、自信はあるのだろう?
負けるはずがないと、顔に書いてあるぞ。

[クーガー] (右)

ははは・・・
主君一筋の堅物かと思っていたが、
どうやら、そうでもなさそうだな。
一度ゆっくり話したいもんだ。

[ゼト] (左)

そうだな。
私も君に興味がある。
この場が落ち着いたら、ぜひ話が聞きたい。
楽しみにしているよ、クーガー。

[クーガー] (右)

ああ、必ず誘えよ。

支援レベルB

[クーガー] (左)

よお、ゼトじゃないか。

[ゼト] (右)

おお、クーガーか。
ちょうど良かった。
一度聞きたいと思っていたんだが、
元々、君は騎士の家系なのか?

[クーガー] (左)

なぜ、そんな事を聞く?

[ゼト] (右)

君の槍術があまりに見事だからだ。
幼い頃から訓練を積んできたのか?

[クーガー] (左)

いや、俺は貧乏農家の生まれだ。
槍は軍に入ってから始めた。
しいて言えば、農作物を狙う鳥や獣を
石や棒で追い払うのが、
子供の頃の俺たちの役目だったから、
それで多少鍛えられたのかもしれないな。

[ゼト] (右)

ほぉ、意外だな・・・
しかし、農家からなぜ軍に入ったんだ?

[クーガー] (左)

偶然の成り行きみたいなもんだ。
・・・子供の頃住んでいた村に偶然、
グラド皇帝が通りがかられた事があってな。
村を練り歩くきらびやかな行軍を
俺と兄貴は木の上に登って見てたんだ。
そしたら野犬が現れて、王の輿に襲いかかった。
俺たちは必死で石を投げたよ。
結局、すぐに野犬は追い払われ、
俺たちも一緒に連行されてしまった。

[ゼト] (右)

助けようとしたのにか?

[クーガー] (左)

どうやら、野犬だけではなく、
兵士にも石が当たってたみたいでな。

[ゼト] (右)

ははは・・・
それで、どうなったんだ?

[クーガー] (左)

取り調べ室に、突然、王が現れたんだ。
「その者たちは、わしを救おうとしたのだ。
それすらわからんかったのか?」と、
王は、兵士たちを一喝されたよ。
薄汚い俺たちを、王は来賓室に招き入れて、
見た事ないような豪華な食事を与えてくれた。
俺たちも口のきき方を知らないガキだったから、
生まれた村の事やいつもの仕事の話なんかを
王を相手にベラベラと話してな。
それを王はニコニコしながら聞いてくれた。
そして、「石や棒で鳥や獣を追い払えるなら、
これからは槍で敵を追い払わんか?」と・・・

[ゼト] (右)

それで、取りたてられたというわけか。

[クーガー] (左)

そういう訳だ。
・・・だが、王は変わってしまわれた。
俺はそれが信じられない・・・

[ゼト] (右)

・・・私は騎士の家系に生まれ、
当然のように騎士になった。
槍と剣の腕を磨き、知識を高め、
王に忠誠を誓い、国のために働く・・・
それゆえに、亡きルネス王には
我が子同様、目をかけていただいた。
・・・君とは生まれも育ちも違い、
考え方も生き方も違うが、
主君に対する敬愛の念は同じかもしれないな。

[クーガー] (左)

そうだな・・・
だが、あんたを可愛がってくれた
ルネス王はもうこの世にいない。
俺を可愛がってくれたグラド皇帝が、
あんたの王の命を奪った・・・
俺の王も、もういないも同然だ・・・

[ゼト] (右)

・・・私には、新しい主君がいる。
クーガー、君にもきっと・・・

[クーガー] (左)

ああ、そうなるといいな・・・

支援レベルA

[ゼト] (左)

話したい事があるんだ、クーガー。

[クーガー] (右)

ああ、ゼトか。
一体、どうしたんだ?

[ゼト] (左)

前から考えていたんだが、
このあいだの君の話を聞いて、決めた。

[クーガー] (右)

前から考えていた事?

[ゼト] (左)

・・・クーガー、聞いてくれ。
ルネス騎士団の長として申し入れる。
君を我が騎士団に、正式に迎え入れたい。

[クーガー] (右)

なんだって?
俺をルネス騎士団に!?

[ゼト] (左)

ああ、そうだ。
戦場での戦いぶりを見ていて、
君を騎士団に誘う事をずっと考えていた。
そして君と何度も話しているうちに
槍の腕前だけでなく、
心の強さや優しさを知り、
私は君を、人間として、兵士として、
命を預けて共に戦える男だと思ったんだ。
エフラム様は、君の期待に応える王になる。
あの方の元で、共に命を賭けてくれないか?

[クーガー] (右)

そんな風に思ってくれて感謝するぜ。
ありがとうよ、ゼト。
・・・だが、俺の故郷はグラドだ。
ルネス騎士団には入れない。

[ゼト] (左)

・・・そう言うと思ったよ、クーガー。

[クーガー] (右)

俺の主君は、グラド皇帝一人なんだ。
あの方が犯してしまわれた間違いを正す事が、
今の俺の成すべき事だ。
俺は、そのためにここにいる。
わかってくれ・・・

[ゼト] (左)

ああ、わかっている・・・
君のような男と出会えて良かった。

[クーガー] (右)

俺もだ、ゼト。
とりあえずこの戦を、終わらせようぜ。

[ゼト] (左)

そうしよう。
戦が終わったら、ゆっくり酒でも飲もう。

[クーガー] (右)

ああ、楽しみにしている!


■ 最終更新日
2004/10/09
■ Special Thanks!!
天城さん、カナミさん、やごろーさん
■ 完成度向上にご協力を
誤字・間違いなどを発見した場合はメールフォームにてお知らせください。