ファイアーエムブレム 烈火の剣

会話集/支援会話/カナス


* カナス⇔パント

* 支援レベルC

[カナス] (右)

・・・うーん
どこにいったのかなぁ。
落としたとすれば、
この辺りだと思うんだけど・・・

[パント] (左)

・・・・・・

[カナス] (右)

あ!

[パント] (左)

・・・ん?

[カナス] (右)

すみません、その本は・・・

[パント] (左)

ああ、これは君のかい?
興味のある内容だったから
つい、読み入ってしまった。
すぐに届けなくて、すまないね。

[カナス] (右)

いえ、全然構わないんですけど・・・
それよりも、あなたも古代魔法に
興味をお持ちなんですか?
見たところ専門は
自然魔法のようですが・・・?

[パント] (左)

よくわかるね。

[カナス] (右)

いや、僕でわかるほどだから
あなたが、よほどの使い手なんでしょう。


・・・もしかして、エトルリアの
【魔道軍将】パント様ですか?

[パント] (左)

そうだよ。

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (右)

わ!

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (右)

 わ! 本物だ!?
どうしよう、奥さんに自慢できるな。

[パント] (左)

失礼だが君は?

[カナス] (右)

あ、僕、カナスっていいます。
シャーマンになったばかりで・・・

[パント] (左)

君の奥さんは
魔道士なのかい?

[カナス] (右)

はい。 よく、パント様が
目標だって言ってます。

[パント] (左)

・・・珍しい組み合わせだね。
「古代魔法」を学ぶ者は
より威力を高めるため、
同じ魔道の使い手と
結婚すると聞いていたが。

[カナス] (右)

ええ、本当はそうなんですけど。
僕の場合、元々は学者なんで・・・
特殊といえば、そうなんですよね。

[パント] (左)

学者から、シャーマンに?
それは・・・興味深い経歴だ。
よかったら、話を聞かせて
もらえないかな。

[カナス] (右)

ええっと、実はですね・・・

* 支援レベルB

[パント] (右)

カナス!

[カナス] (左)

こんにちは、パント様。

[パント] (右)

借りた本を返すよ。
とても、素晴らしい内容だった。

[カナス] (左)

お気に召してよかった。

[パント] (右)

古代魔道の専門書も
かなり数、蔵書し
目を通したつもりだったんだが
これだけ内容の濃いものが
まだ残されていたとは・・・

[カナス] (左)

・・・これは、この世に一冊しか
存在しないものですから。
・・・この間、お話ししたとおり
我が一族は、代々
古代魔道を受け継ぐ家系なんです。
この本も・・・本当は、三人いた兄の
誰かが継ぐはずだったんですけど・・・

[パント] (右)

三人ともが
亡くなられたのかい?
それで、君が・・・

[カナス] (左)

いいえ、生きています。
ただ・・・生きている。
それだけですけど・・・

ご存知のとおり
「古代魔法」というのは
「自然魔法」・・・俗に言う
「理」の魔法より強力なもの。
それを使いこなすには、
自分の身に「闇」を取り入れ、
それに屈服しない強さが必要です。
・・・兄たちは「闇」の強さに
取り込まれてしまいました。
生きていて・・・呼吸もしている。
目も開いている。
でも・・・少しも動きません。
一言、声を発することさえも・・・

[パント] (右)

・・・・・・

[カナス] (左)

僕も・・・そうならない
保証はどこにもない。
・・・・・・正直、
とても怖いことだと思います。
でも・・・ 僕は先を見たい。
その欲求を押さえることができない。
・・・やっかいなものですね。

[パント] (右)

知識とは、そういうものだよ。
私も同じだ。

[カナス] (左)

・・・あなたなら
わかってくださると思いました。

[カナス] (中央左)

よかったら、この本を
もらってください。

[パント] (右)

それはできない。
一族に伝わる、大事な品だろう?

[カナス] (中央左)

いえ、これは
僕の母が書いたものですから。
家に帰れば、また別の本を
用意してくれるでしょう。

[パント] (右)

・・・まさか!
この本が、生きている人間によって
書かれたもだというのかい!?
君の母上は、いったい・・・

[カナス] (中央左)

えっと、ニイメっていう
名前で・・・
ちょっと、へんくつな人だから
世間では【山の隠者】と・・・

[パント] (中央右)

カナス! 君は
あのニイメ殿のご子息なのか!?

[カナス] (中央左)

・・・ご存知でしたか?

[パント] (中央右)

【山の隠者】ニイメ殿を
知らぬ魔道使いなどいるものか!
・・・そうか、君が
【山の隠者】の後継者・・・
それは・・・すごいな・・・

[カナス] (中央左)

ど、どうしたんです?

[パント] (右)

し、失礼するよ。
ルイーズに・・・自慢しなくては!

* カナス⇔ニノ

* 支援レベルC

[ニノ] (左)

あ、カナスさん
こんにちは!

[カナス] (右)

こんにちは。 きみは確か、
ニノちゃんだったかな。

[ニノ] (左)

うん、そうだよ。
何読んでるの?

[カナス] (右)

今読んでいるのは
『勇者ローラン』だよ。

[ニノ] (左)


[カナス] (右)

昔々・・・千年前ぐらい前に
竜と戦った英雄の物語だよ。

[ニノ] (左)

ふーん・・・
なんかおもしろそう。
あたしも読んでみたいな。

[カナス] (右)

読んで・・・みたい?
ニノちゃん・・・
この軍に、きみのような
いい子がいて良かった・・・

[ニノ] (左)


[カナス] (右)

本はね、とても
面白いものなんだ。
僕と、あなたとは本当に
仲良くなれそうだ・・・ うう。

[ニノ] (左)

泣かなくてもいいよ。

[カナス] (中央右)

さあ、この本はきみに
あげよう!
よかったら、こっちにある本も
どれでも好きなだけ・・・

[ニノ] (左)

あ、でも
ごめんなさい・・・
あたし・・・自分一人じゃ
本、読めないんだ。

ちゃんと字、
習ったことないから・・・

[カナス] (中央右)

はぁ・・・なるほど。

[カナス] (中央右)

じゃあ、僕が字を教えれば
問題ないかな?

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

ほんと!?
でも、お勉強のジャマじゃない?

[カナス] (中央右)

もちろんだよ。
教えることは常に
新たな発見につながるからね。
僕にできることなら
なんでも言ってくれればいいよ。

(ニノ、上下に揺れる)

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

やったあ!

* 支援レベルB

[ニノ] (左)

カナスさんっ!

[カナス] (右)

やあ、ニノちゃん。
今日も元気だね。
この間の本は
どうだった?

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

うん、おもしろかった!
魔道書のことも、
ちょっとずつわかってきたよ。
「ファイアー」ってちゃんと
書けるようになったし。

[カナス] (右)

・・・理魔道もいいよねぇ。
あの洗練された魔術体系と
理論式はとても美しいんだ。

[ニノ] (左)

そうなの?

[カナス] (右)

僕の妻も、ニノちゃんと同じ
魔道士なんだ。
彼女の魔道書を手にとると、
少し心が軽くなるよ。
理は自然の魔法・・・
精霊との対話で心を解き放つ・・・
自由を感じさせる魔法なんだ。

僕の使う闇魔道が
かなりの精神力を必要とする、
まがまがしいものだから特にね・・・

[ニノ] (左)

あ、わかるかも。
カナスさんのまわり・・・
時々、ちょっと怖いもん。

[カナス] (右)

息子に闇魔道の書を読ませても、
怖がって泣き出してしまうんだ。
由緒ある古代魔道の家系の
後継ぎがこれではいけないと、
僕の母は、色々試してみるんだけど
効果がないみたいで・・・

[ニノ] (左)

ふーん・・・ そうなんだ。
カナスさんの子供って
いくつくらいのなの?

[カナス] (右)

今年で2つになるよ。

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

え、2つなの?
ムリだよそんなの!
あたし13だけど
ちゃんと読めないのに。

[カナス] (右)

うーん、そうなのか・・・
確かに、僕の母の教育は
ちょっと厳しすぎるのかなぁ。
僕も兄弟もみんな
そうやって育てられたから、
あんまり違和感ないんだけど・・・

(ニノ、上下に揺れる)

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

ムリだよぉ!
早くやめさせてあげて!

[カナス] (右)

そうだね。 でも、僕自身が
まだ修行の旅の途中だから、
当分、家には帰れそうも・・・

(ニノ、上下に揺れる)

[ニノ] (左)

カナスさんっ!!

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (右)

は・・・はい?

[ニノ] (左)

そんな小さな子がいるのに、
ふらふらしてたらダメだよ。
ちゃんと家にいてあげなくちゃ、
その子がかわいそうでしょ。

[カナス] (右)

はぁ・・・
面目ない。

* 支援レベルA

[ニノ] (中央右)

カナスさん!
あたしの家族も紹介するね。
このペンダントのここ、
開けてみて。

[カナス] (中央左)

はい。
どれどれ・・・

[ニノ] (中央右)

これが、あたしの
お父さんとお母さん。
真ん中にいるのが、あたし
その横が多分、双子の弟だよ。

[カナス] (中央左)

・・・素敵な家族だね。

[ニノ] (中央右)

うん。
それからね、
そこに名前がほってあるでしょ。
お父さんの名前はユーグ、
お母さんはアイリス。
それから、弟はカイだよ。

カナスさんのおかけで、
名前わかったよ。

[カナス] (中央左)

それはよかった・・・
でも・・・アイリスか。
それは興味深いな。

[ニノ] (中央右)


[カナス] (中央左)

実はね、僕の妻のお姉さんに、
アイリスという方がいたんだ。
不幸なことに、若くして命を
落とされたと聞いているけど・・・

[ニノ] (中央右)

え?
じゃあ、もしかして・・・

[カナス] (中央左)

そうだね。 もしかすると、
ニノちゃんは、僕の
姪になるかもしれないね。

[ニノ] (中央右)

あたしのお母さんの妹の・・・ええと、
旦那さんがカナスさん?

[カナス] (中央左)

もちろん同じ名前の人なんて
何人もいるから、
ちがうかもしれないけど・・・
でも、もしそうだったら
不思議な偶然だね。

[ニノ] (中央右)

うん、本当だったらいいな。
だって、カナスさん
すごくいい人だもん。
本当のお父さんやお母さんみたいに、
あったかくてやさしいもん。

[カナス] (中央左)

・・・僕も、ニノちゃんみたいな
いい子が、義理の姪だと嬉しいよ。
本当に、そうだといいね・・・

* カナス⇔レナート

* 支援レベルC

[カナス] (右)

あ、すみません。
もしかして、あなたも
お仲間さんですか?

[レナート] (左)

・・・・・・
まあ、なりゆきでな。
レナートだ。

[カナス] (右)

はじめまして。
僕はカナスといいます。

ところで、
質問していいでしょうか?

[レナート] (左)

・・・いきなりなんだ?

[カナス] (右)

はあ、すみません。
実は僕は、知識を求めて
旅をしているんです。

[レナート] (左)

学者か・・・

[カナス] (右)

はい。 ・・・っと
今はシャーマンとして
闇魔道の修行旅ですけど・・・
でも、気持ちはまだ学者です。

[カナス] (右)

司祭様は、この【魔の島】に
おられたと聞きましたが・・・
もしかしたら、
何かご存知ではないですか?
例えば、この【魔の島】にいる
多くの敵たち・・・
金色の瞳をもった彼らのことなど・・・

[レナート] (左)

【モルフ】のことか。

[カナス] (右)


よくご存知ですね。
どこでその名を?

[レナート] (左)

ああ。
昔、少しな・・・

[カナス] (右)

司祭様は、どうお考えですか?
あのモルフたちには、
心はあるのでしょうか?

[レナート] (左)

心?

[カナス] (右)

ええ。 僕は
それが知りたいのです。

エリミーヌ神は教えていますね。
人は神が創ったものだと。
では、
その人が創った彼らは?

[カナス] (右)

彼ら造られた者たちも、
夢を見るのでしょうか?
僕たちのように考え、
悩んだりするのでしょうか?
それともその感情すらも・・・
誰かにつくられたものなのでしょうか?

[レナート] (左)

・・・・・・
さて、な。

俺にはわからんよ。

* 支援レベルB

[カナス] (右)

僕が以前読んだ古代の文献に・・・
【モルフ】という言葉がありました。
人間の似姿をもった、
人間の手による存在・・・
まさか、この目で見ることが
できるとは思わなかったですけどね。

[レナート] (左)

・・・・・・

[カナス] (右)

レナートさんは、
どこでモルフのことを?
エリミーヌ教団の
書物などでしょうか?

[レナート] (左)

昔、な。
・・・この話は
もうやめだ。

[カナス] (右)

はあ、そうですか・・・
残念です。

それにしても・・・
ネルガルとは
わからない人物ですね。

[レナート] (左)

・・・・・・・

[カナス] (右)

彼はそもそもなぜ、
【モルフ】を創り始めたのでしょうか?

【大賢者】アトス様と意見をたがえ、
一人この地にいた時・・・
彼もやはり、
孤独だったのでしょうか?
理解し合える友が
欲しかったのでしょうか?
それで、
そのような存在を求めて・・・

[レナート] (左)

・・・違うな。

[カナス] (右)

え?

[レナート] (左)

創造主は、自分が創った物のことなど
いちいち覚えてはいない。
創って、
ほったらかしたのさ。
彼の興味は、それを創りだした
自分にしかなかった。
残された物たちが行き場を失い、
どこをさまよおうが・・・
彼にとって、
それはどうでもいいことだった。
【モルフ】はただ、
それだけの存在だ。

[カナス] (右)

レ、レナートさん・・・
なぜ、そんなことを
ご存知なのですか?

[レナート] (左)

・・・・・・

[カナス] (右)

ネルガルが【モルフ】を
創り始めたのは、何百年も前・・・
あのアトス様でさえ、
詳しくはご存知ないでしょう。
なのに、なぜ
あなたは・・・?

[レナート] (左)

さあな・・・
知らんよ、
昔のことは忘れた。

* 支援レベルA

[カナス] (右)

あの、レナートさん!
待ってください!
どうしても知りたいことが
あるのです!

[レナート] (左)

なんだ?

[カナス] (右)

・・・・・・
今から僕があなたに尋ねるのは、
ただ「知りたい」からです。
僕は「知る」ために
旅をしていますが・・・
人には、知られたくない事も
あるのだと・・・承知しています。


ですから、回答を得られなくても
それで構いません。

[レナート] (左)

ああ。

[カナス] (右)

教えてください。
ネルガルの創りだした
【モルフ】たち・・・
数百年も前の彼らのことを、
なぜあなたは克明にご存知なのですか?

[レナート] (左)

・・・・・・

[カナス] (右)

僕の考えを言います。
あなたがそれを知るのは、
あなたがその場にいたから。
アトス様と袂を分かった
ネルガルは、常に一人きりだった。
その傍にいたのは、
彼に創られたモルフたちだけ・・・
もしかしたら、
あなたは・・・

[レナート] (左)

・・・・・・
どうした?

[カナス] (右)

・・・・・・
・・・僕は、「知ること」が悪いことだと
思ったことはありません。
でも今は・・・
やはり聞かずにおきます。

[レナート] (左)

そうか。
だったら、次は
俺からの質問だ。

[カナス] (右)

はい?

[レナート] (左)

おまえ、前に聞いたな。
創られた【モルフ】に
心があるのかどうか・・・
おまえはどう思う?

[カナス] (右)

・・・・・・
以前は・・・僕には
わかりませんでした。

でも今は、
わかるような気がします。
創られたモルフにも、
心はある。
僕はそう思います。

[レナート] (左)

・・・悪くない答えだ。


褒美に、一つだけ教えてやろう。
ネルガルが【モルフ】を
創りだした時・・・
たった一人だけ協力者がいた。

そいつは、傭兵で・・・
戦いで失ったものを
取り戻すため
自ら進んで、奴の実験体に
志願したんだ・・・

“人”ではなくなると・・・
・・・知りながらもな。

[カナス] (右)

レナート司祭!
それは・・・・・・!

[レナート] (左)

遠い・・・遠い昔話だ。

* カナス⇔ヴァイダ

* 支援レベルC

[ヴァイダ] (右)

おい、あんた!

[カナス] (左)

あ、どうもこんにちは。
僕はカナスといいます。

[ヴァイダ] (右)

んなこたぁ、
聞いちゃいないんだよ!
あんた、戦いの最中に
何読んでんのさ!?

[カナス] (左)

あ、はい。
今読んでるのは
『人竜戦役』です。
千年前に起きた人と竜の・・・

[ヴァイダ] (右)

聞いちゃいないんだよ、
んなことは!
戦いの途中に
何やってんだって言ってんだよ!

[カナス] (左)

はぁ、すみません・・・

[ヴァイダ] (右)

ったく、あんたみたいなのが
同じ仲間とはね。
この軍はいったい
どうなってんだい?
ちっ、あたしがこいつらの分まで
戦うしかないか・・・

[ヴァイダ] (右)

さっさとどきな、
踏み潰されたいのかい!

[カナス] (左)

はぁ、すみません・・・

* 支援レベルB

[ヴァイダ] (右)

ちっ、また
あんたかい・・・
よくよくめぐり合わせが
悪いようだね。

[カナス] (左)

ヴァイダさん、
おひさしぶりです。

[ヴァイダ] (右)

あいもかわらず、
くだらないお勉強かい。
よく飽きないもんだね、
まったく。

[カナス] (左)

はい、知ることは
楽しいですからね。
ちなみに今読んでるのは
『闇ま・・・

(ヴァイダ、上下に揺れる)

[ヴァイダ] (右)

聞いてないんだよ、
んなことは!

[カナス] (左)

はぁ、すみません・・・

[ヴァイダ] (右)

何であたしが、あんたみたいなのと
組まされてんだよ!

(ヴァイダ、上下に揺れる)


[ヴァイダ] (右)

くそっ!
よこしなっ!

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (左)

ああっ!
か、返してください。

[ヴァイダ] (右)

アンブリエル!
いいから食っちまいな!

(カナス、上下に揺れる)

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (左)

ああ、やめてください。
そんなおいしそうに・・・

* 支援レベルA

[ヴァイダ] (右)

おい、あんた!
こないだ取り上げたのに、
まだこりてないようだね!

[カナス] (左)

こんにちは、
ヴァイダさん。
ちなみに今読んで・・・

[ヴァイダ] (右)

聞いてない!

[カナス] (左)

はぁ、すみません。
ヴァイダさんのお役に立とうと、
今日は戦いの本を読んでいました。
飛竜という生き物についての
本なのですが・・・

[ヴァイダ] (右)

飛竜だぁ?

[カナス] (左)

はい。
ご存知ですか? 飛竜とは
実に謎の多い生き物なのです。
この書物によれば・・・
全身真っ白でおもに湖に出没し、
ときおり思い出したように
カーと鳴く生き物だとか。

一度でいいから、
本物を見てみたいものですね。

[ヴァイダ] (右)

あんた・・・バカかい?

[カナス] (左)

え?
なにか違ってましたか?

[ヴァイダ] (右)

これだから学者ってのは・・・
そのくだらない本
よこしなっ!

[ヴァイダ] (右)

アンブリエル!
新しいエサだよ!

(カナス、上下に揺れる)

[カナス] (左)

ああっ、また
そんなおいしそうに・・・


■ 最終更新日
2006/02/08
■ Special Thanks!!
フルハトさん、K-sonさん、竜宮出雲さん
■ Thanks!
Luteさん、狼也さん
■ 完成度向上にご協力を
誤字・間違いなどを発見した場合はメールフォームにてお知らせください。追加情報、ご覧になられた感想などもどうぞ。