ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

裏技・バグ


* オープニング画面から抜けた直後にプレイを開始する

オープニング画面の戦闘シーンでHPのゲージが減っている最中にSTARTボタンを押してゲームを始めると、次に起こる戦闘シーンでのHPのゲージと数字の表示がおかしくなります。実際のHPへの影響はありません。

* 持ち物が溢れたまま章を終える

シグルドもしくは再行動できるセリスがアイテムを7つ持った状態で、再行動が起こらないように最大限移動する。そして、城を守っている宝持ちの敵を倒し、アイテムを得て制圧する。すると章終了のセーブ画面の後で預かり所へアイテムを預けるかどうかを問い合わせる画面が表示されるもののすぐに消えてしまい、そのまま次章のオープニングに移ってしまいます。この状態のままゲームを進行するとセーブデータが壊れるため、絶対に章終了後でセーブしてはいけません。

預かり所、中古屋、修理屋でアイテム欄を確認すると、無いはずの8番目にアイテムがあります。制圧前にアイテム欄の空きを作っておくか、攻撃した後に再移動できるようにすれば回避できます。

* 城外で街のBGMが流れる

街に入ってから「ユニット」コマンドで外のユニットを呼び出すと、フィールド画面なのに街のBGMのままとなります。

* 増援が出せなくなるとセーブデータが壊れる

まず、敵軍の指揮官に城まで増援を呼びに行かせます。そして、その城の入口から周囲3マスを増援が攻撃できないようなユニット(守備・魔防が高くダメージを受けない自軍ユニットや敵軍と敵対関係にないユニット)で塞いでターンエンドします。すると次の敵軍フェーズで増援が登場できなくなり、セーブデータが壊れるなどの不具合が生じます。

* 数ラウンド続けて戦闘するとレベルアップ時に成長率が正しく評価されない

スキル「とつげき」の効果や闘技場内などで数ラウンド続けて戦闘を継続した後にレベルアップすると、まれにパラメータ成長率と乱数の比較が正しく行なわれません。本来確実に上昇するはずの能力値をも上がらなくなります。また、乱数が使用される個数も不定になります。闘技場内であれば、レベルアップ直前のラウンドでいったんキャンセルして戦闘を続けることで回避できます。

* 闘技場内では武器の消耗が正しく処理されない

闘技場内で闘っても戦闘中は武器が壊れません。ただし使用回数はしっかりと減らされており、キャンセルしたり、戦闘が終了した時点で初めて壊れます。

* 闘技場内では戦闘途中でHPが半分以下となっても待ち伏せが発動しない

闘技場内で闘っている最中にHPが半分以下となってもスキル「待ち伏せ」が発動しません。あらかじめ、HPが半分以下の状態で入った場合は発動します。

* 装備できない武器だけを持っているユニットに本城内で杖を使うとフリーズ

装備できない武器だけを持っているユニットに本城内で杖を使うと、杖を使うシーンでアニメが乱れてフリーズします。

* 所属の異なるユニット同士でも恋愛度が進行する

所属の異なるユニット同士でも恋愛度は進行します。この法則を用い、後で仲間になる敵軍ユニットを仲間にしない状態で隣接させると、本来達成不可能なカップリング(セリスとユリア)を成立させることができます。ただし「こいびと」欄で相手の名が表示されるのは自軍ユニットの方だけです。

* 特定条件下でお出迎えイベントを見るとフリーズ

まだお出迎えイベントを見ていない恋人同士の一方を本城内に、もう一方を本城の入口から1マス下に待機させておきます。そして再移動できない状態のユニットが本城の入口に立って、すぐ下のユニットに対してワープの杖もしくはリターンの杖を使い、本城内にユニットを送り込みます。すると、お出迎えイベント後、杖を使ったユニットが本城の入口で待機した状態となり、本城内のユニットが出撃できなくなります。

杖を使ったユニットを選択すれば通常通り移動できますが、表示されていないことがあります。この場合、自軍ユニット一覧から選択するなどしましょう。別のユニットを動かそうとすると、杖を使ったユニットにもう一度行動させることができます。また、リセット後に再開すれば直ります。

* お出迎えイベントが見られない

まだお出迎えイベントを見ていない恋人同士の一方にレスキューの杖を使って、本城内に呼び戻すとお出迎えイベントが発生しません。ゲームの進行に影響はありません。

* 魔法剣のグラフィックが実際に発動される魔法のものと異なる

「ほのおの剣」と「いかずちの剣」の戦闘グラフィックは、戦闘アニメの設定が「マップ」ならばエル系、「リアル」ではノーマル系となります。ただし、効果はどちらでもエル系となります。

* 男性ユニットにいのりの剣を装備させる

壊れたいのりの剣を中古屋に売り、それを装備させたい男性ユニットが購入して装備してから修理する。一度他の武器に装備を変えれば元に戻ります。

* 魔道書を完全に使い切ってから修理すると装備できなくなる

魔道書を完全に使い切ってから修理すると、その魔道書を装備できなくなります。これは魔道書を使い切ったときに装備から外されてしまうことが影響しているようです。一旦、預かり所に入れてから引き出して「そうび」コマンドを使うか、こちらから敵軍ユニットに攻撃を仕掛ければ装備できます。

* リングのパラメータ上昇効果がなくなる

同じパラメータ上昇効果を持つリングを2つ所持した状態で1つだけ預かり所に預けるか、道具屋に売却します。すると、そのリングの効果がなくなってしまいます。手元に残した方のリングをいったん預かり所に入れて出すと元に戻ります。

* 特定条件下でリターンリングの効果が発揮されない

再移動できるユニットにリターンリングを持たせ、最大限移動した状態で戦闘などの行動を起こすと、「しろにもどる」コマンドが表示されません。よって、本城に戻ることができなくなります。

* シビリアンの戦闘アニメがアーチナイトになる

アニメ設定を「リアル」にした状態でシビリアンに杖を使うと、シビリアンのグラフィックがアーチナイトのものになります。

* レスキューの杖で無限行動可能になる

本城を守っているユニットに対して、本城内からレスキューの杖を使うと、本城の入口以外でも「しゅつげき」「しろにもどる」コマンドを選択できるようになり、無限行動可能になります。また、本城内に存在するという扱いになるため、HPが毎ターン回復します。「とつげき」コマンドで敵軍ユニットに攻撃を仕掛けることもできますが、下方向以外に攻撃した場合、こちらから攻撃できず、一方的に攻撃を受けてしまいます。他のユニットで本城を守れなくなり、敵軍ユニットに本城を攻撃されるとフリーズします。

このバグを利用することで本来到達不可能な場所に先行できるため、イベントの整合性が保たれないことがあります。例えば、第九章でコープルとディスラーが登場する前にルテキア城を制圧した場合などです。

* 踊るとレスキューの杖を併用する

スキル「踊る」とレスキューの杖を併用すると、まれにフリーズするなどの現象に見舞われます。

例えば、第五章でこれを行なった直後にヴェルトマーを制圧すると第六章のオープニングイベントが見られなくなります。

* サイレス状態に陥ると魔法剣で反撃できなくなる

サイレスを掛けられた状態では反撃時、魔法剣を使って攻撃できません。こちらから攻撃を仕掛ける場合、サイレスによる影響はありません。

* 太陽剣の回復量がおかしい

スキル「太陽剣」を発動させて敵軍ユニットを倒すと、戦闘画面では与えたダメージの分だけHPが回復したように表示されますが、フィールド画面に戻った後でHPを確認すると、実は与えたダメージ量に関係なく、(自分の攻撃力−敵の防御力)の値だけ回復していることが確認できます。ちなみにリザイアや大地の剣では起こりません。

* 特定条件下で連続が発動するとフリーズする

 スキル「連続」の発動率が負の状態で戦うとまれにフリーズします。例えば、すばやさが10未満のユニットに重さ30のこわれた剣を装備させるなどです。

* ヘルで追撃されると戦闘中のHPの表示がおかしくなる

敵軍ユニットから2回連続でヘルを喰らうと戦闘中のHPの表示が0になりますが、戦闘終了後に確認すると正しく1となっています。終章に登場するツェーンで確認できます。

* ヘルに対しては祈りの効果が発動しない

スキル「祈り」が発動する状態でもヘルに対しては回避率が上昇しません。

* バルキリーの杖を使うとき、死亡者の装備アイテムが化ける

本城内でバルキリーの杖を使うと、蘇生するユニットの選択画面になります。このとき、ユニットを選択してXボタンを押すと死亡時のステータス画面が出ますが、この画面でLボタンもしくはRボタンを押した(仮に2人以上の死亡ユニットが存在する場合でも画面に変化なし)のちにBボタンでキャンセルします。そして、再びXボタンでステータス画面を見ると、装備していたアイテムが「てつのやり 98」などと化けてしまいます。このままの状態で生き返らせるとそのアイテムが手に入りますが、セーブを行うとまれにセーブデータが壊れます。

* アイテム一覧では128個までしか表示できない

自軍のアイテムを総計129個以上持った状態でアイテムの一覧を表示すると、129個目からのアイテムの名称と所持者の表示が乱れます。ゲームの進行に影響はありません。

* 第三章でエルトシャンよりも先にシャガールを倒す

第三章でエルトシャンよりも先にシャガールを倒すと、エルトシャンとラケシスの会話イベントが発生しません。

* 第四章でまもりの剣を入手するとフリーズする

第四章のシルヴィアでまもりの剣が入手できる村に訪問すると、フリーズして踊りのBGMが鳴り続けることがあります。いったんリセットし、再開直後に訪問すれば大丈夫です。

* 第四章でシレジア城が制圧されたターンにウインドマージの出現を阻害する

第四章でシレジア城が制圧されたターンの間に、次ターンに出現するウインドマージの出現位置へ自軍ユニットを配置すると、本来登場できないか隣接3マス以内に登場するはずのウインドマージが出てくるものの自軍ユニットと重なります。以降、その自軍ユニットを選択することができません。重なっていたウインドマージを倒すと元に戻ります。

* 第五章でエスリンやレンスター兵の指揮官がバイロンになる

第五章でシグルドとバイロンの会話を発生させないでリューベック城を制圧するか、乱数を調整するなりして敵軍ユニットでバイロンを倒します。すると、その後登場するエスリンやレンスター兵の指揮官がバイロンとなり、増援のトラキア兵へ積極的に攻撃を仕掛けるようになります。

* 第五章でキュアンがマゴーネを倒した場合

第五章で乱数を調整するなりしてキュアンのゲイボルグで必殺が出るように仕組み、マゴーネを倒します。キュアンたちを生存させるとフィノーラ城まで進軍して城の前で待機を繰り返しますが、シグルド軍が同城を制圧すると消えてしまいます。その後、通常通り、キュアンが戦闘に敗れたものとして物語が進行します。

* 第五章をアイテム欄の一番下や預かり所に神器を置いてクリアする

第五章終了後、子にアイテムの継承が行われます。このとき、同名の武器を継承していない場合に限って子に初期装備が1つ追加されます。そして、子供の初期装備(入手可能な場合のみ)→親の所持アイテム→親の預かり所アイテムの順にアイテムを並べたとき、8番目以降に神器があるとセーブデータが壊れてしまいます。アイテム欄の一番下や預かり所に神器を置かないことで自衛しましょう。

* 第六章でセリスの指揮レベルがおかしい

第六章開始直後、一度リセットするまではセリスの指揮レベルが2となっています。一度リセットして再開すれば3になります。他にもこれに関連する不具合が見受けられるため、第六章をプレイし始める前に、はやる気持ちを抑えて一回は必ずリセットしておきましょう。

* 第六章でヨハルヴァとヨハンを恋人同士にする

第六章でイザーク制圧前に、ヨハルヴァで占い屋でラクチェ(ラドネイ)との恋の行方を見ると相手の名前がヨハンになっています。そのまま結ばれた場合、ステータス画面の「こいびと」欄にもヨハンと表示されます。一度リセットして再開すれば正しい表示なります。

* 第七章でダーナ制圧後の会話に誤字

第五章までシルヴィアが恋人を作らないか、もしくは死んだ状態で第七章まで進み、ダーナを制圧すると、アレスがレイリアのことを「リーン」と呼びます。単なる誤字でしょう。

* 第七章でアレスが倒されていてもダーナ制圧後の会話が発生する

第七章でアレスがすでに倒されている状態でダーナを制圧すると、その直後の会話イベントに倒されているはずのアレスが登場します。

* 第七章でメルゲン城が制圧されたターンに敵軍ユニットの出現を阻害する

第七章でリーフたちを追跡するアーマー軍団が増援を呼びに城へ戻るタイミングで、メルゲン城を制圧すると、次ターンに出現する敵軍ユニットとアーマー軍団の増援が重なります。

* 第七章でティニーのユニットグラフィックがおかしい

第七章で敵軍ユニットのティニーが登場した直後、ユニットグラフィックがマップ上でのみマージではなくサンダーマージのものになっています。一度、リセットして再開すれば直ります。

* 第七章でティニー(リンダ)を仲間にしないでクリアする

ティニー(リンダ)を仲間にしないで第七章をクリアすると、敵軍ユニットとして第八章で仲間に加わりますが、出撃させるとフリーズします。また、闘技場へ入れても経験値がもらえません。

* 第八章でライトニングの魔道書が2つに増える

第八章でホークが登場する前に、道具屋でライトニングの魔道書を購入します。その魔道書を装備した状態でホークを仲間にすると、本来、ホークの手に渡るはずのライトニングをすでに購入してしまっているためか、ホークが持参してきた分とあわせて2つに増えてしまいます。購入しないか、道具屋で売り払った場合はそれをホークが装備して登場し、これが本来の動作です。一度リセットすると購入したライトニングが消滅します。

* 第八章でファバルを仲間にしないでコノートを制圧する

第八章でファバルを仲間にしないでコノートを制圧し、一度セーブしてからリセット後、再開します。敵軍ユニットとして再登場します。パティで会話すると仲間になり、移動しないものの攻撃を仕掛けると反撃されます。アサエロでは起こりません。

* 第八章でファバル(アサエロ)とイシュタルが登場する前にコノートを制圧する

第八章でファバル(アサエロ)とイシュタルが登場する前にコノートを制圧すると、その後、敵軍ユニットとしてファバル(アサエロ)が、中立軍ユニット(緑色)としてイシュタルおよび撤退時に同色のユリウスが登場します。この状態のままゲームを続行すると高い確率でフリーズします。

登場イベントをスキップしなければフリーズせずに済みますが、できるだけ彼らを登場させてからコノートを制圧するようにしましょう。

* 第八章でファバル(アサエロ)を仲間にしないでクリアする

ファバル(アサエロ)を仲間にしないで第八章をクリアすると、敵軍ユニットとして第九章で仲間に加わりますが、出撃させるとフリーズします。また、闘技場へ入れても経験値がもらえません。

* 第九章でオープニングイベントにアルテナの亡霊が出現する

第八章でアルテナを倒しておき、そのまま第九章に進むとオープニングイベントのみに登場します。その後はアルテナが死亡したものとして進むため、ゲームの進行に影響はありません。

* 第九章でルテキア軍の敵を倒す前にグルティアを制圧する

第九章でルテキア軍ユニットを倒す前にグルティアを制圧するとフリーズします。先にルテキアを制圧するか、ルテキア軍をすべて倒してからグルティアを制圧しましょう。

* 第九章でアルテナを撃破したターンにグルティアを制圧する

第九章でアルテナを倒したターンにグルティアを制圧すると、アリオーンの登場イベントがなくなり、そのためグルティアの城壁が開きません。このことはつまりトラキア城へ進軍できず、ゲームを続行できないことを意味します。アルテナを撃破したターンに制圧しないようにしましょう。

* 第十章と終章ではヒルダの血族が異なる

ヒルダの血族を確認すると、第十章ではファラ傍系ですが、終章ではダイン直系となっています。恐らく終章の表示が間違っているものと推測されます。

* 第十章でバサーク状態のイシュタルは戦闘アニメの色が通常状態のものと異なる

第十章でイシュタルにバサークを掛けてユリウスと戦わせると、戦闘アニメのボディが黄色に、画面下部の背景色が緑色になります。

* 終章で敵軍ユリアが散り際の台詞を言う際の顔が設定により変わる

終章で敵軍ユリアが散り際の台詞を言う際、戦闘アニメの設定がマップならば「ああっ・・・セリス様」の台詞で顔グラフィックが通常の穏やかなものに戻りますが、リアルだと洗脳状態のまま戻りません。

* 終章でユリウスを再移動できるユニットで撃破する

終章でユリウスを再移動できるユニットで撃破すると、その後のエンディングで表示される勝敗数のうち、負け数に大きな値が加算されます。戦闘評価が大きく下がってしまいますので注意しましょう。

もしもこの現象に遭ってしまった場合、第十章終了直後にセーブしたデータから終章をやりなおせば大丈夫です。終章へ進む前にこの時点のセーブデータを必ず残しておきましょう。

* 終章でトラキア軍がバーハラ城を制圧する

終章でアルテナもしくはアリオーンが倒された場合、中立のはずのトラキア軍がまれにバーハラ城を制圧してしまうことがあります。


■ 最終更新日
2007/05/31
■ Thanks!
蒼紅紫碧さん、山猫さん、てるてるさん、元名さん、淵さん、leverさん
■ 完成度向上にご協力を
誤字・間違いなどを発見した場合はメールフォームにてお知らせください。追加情報、ご覧になられた感想などもどうぞ。